変わらない住友重機の無責任体質。

住友重機、機関銃の設計図を中国に流出させていた 外為法に抵触
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3760a90c31d355de79ed7230361c92ee64fcc6d

>「試験に当たり、住重はサンプルを作りました。その過程で、ある下請けの企業が、更にその下請けとして深センにある中国企業を選んでしまったんです。それだけでなく、機関銃のパーツの設計図まで渡してしまっていた」

>防衛産業の場合、設計図などの国外流出は、外為法に抵触することからご法度。仮に国外に出す場合は事前に申告しなければならないが、住重はその管理体制を十分に取っていなかった。

>「設計図が外為法の規制対象であることを下請けに明示していなかったんですね。防衛省や、外為法の監督官庁である経産省はこれを把握。4月末、住重と下請けに指導が行われました」



これは先週の週刊新潮に掲載された記事です。件のジャーナリストはぼくではありません。

ぶっちゃけた話実害はありません。中国当局が知っても、苦笑しているかもしれません。
住友重機にそこまでの技術力はありません。これが、国士様が大絶賛する国内兵器メーカーのレベルです。

防衛事業は規模が小さく、住友重機の機銃ビジネスも町工場レベルです。そして輸出するわけでもなく世界の市場と戦うわけでもない。当然意識もそこいらの町工場と同じレベルだったということです。

だから経営者も防衛部門のことは気にしないわけです。現状維持が精一杯で儲けがでるわけでもない。とりえず防衛省に言われた通りに作っていればいい。

ですからエース級の人材は投入されないし、教育や設備投資もされない。
そら、市場で生き残りのためにしのぎを削っている外国のメーカーとは意識も段違いです。それは普段H&K、FN、SIGその他海外のメーカーと話していると実感します。

経営者にしても諸外国の5~10倍の製品を作っていて、しかも40年以上に渡って性能や品質を偽ってきた商売が未来永劫続くと思っているのでしょう。それとやめると言うと面倒くさいので、自分の代ではやらず、先送りにしてきたのでしょう。
メーカーとしての能力がなく(責任の半分は防衛省にあるとしても)低品質高価格のクズのような兵器を防衛省に納めることは国家と納税者に対する背信行為です。それは上場企業として許されないことです。当然株主に対する背信行為でもあります。
そして今度のようなスキャンダルがあれば会社全体の評判を下げたり株価をさげることにもなるでしょう。しかも以前に品質、性能偽装がバレた件があっても、反省もしなかったし、会社の意識が変わらなかったということです。

下村真司社長には経営者としての自覚が欠けているのでないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

マリンロイヤル
2021年05月20日 12:29
コレ、防衛産業に限りませんでしょう(笑)情報漏洩が、日本企業凋落の原因なのはハッキリしてますよ。中国南鮮だけじゃなく、アメリカのCIAも日本企業をスパイして情報抜いてますから。日本企業は「企業秘密の保全」をキッチリやらないと復活はありません。
KU
2021年05月20日 12:41
>>>件のジャーナリスト

話している内容は清谷さんが書いておられたとおりだし、てっきり清谷さんが取材に応じられたのかと勘違いしておりました。まさか、記者の頭の中にだけ存在する架空のジャーナリストですた、なんてオチぢゃないですよね(^_^;)。


>菅総理の答弁が「壊れたレコード」から「やぎさん答弁」に変化中

https://friday.kodansha.co.jp/article/181347

>>>答えてこなかったからこそ、きちんと答える能力が育たなかった

これが一番、納得できる( ´∀`)
ミスターフリゲート
2021年05月20日 12:56
昭和で左翼が武器輸出を禁止したツケでしょう。昭和で武器輸出が許可されていたらまだ違ったはずです。とは言っても結局はメーカー次第ですが。そもそも日本は銃器が得意っていうイメージもないですし、大したことではないのかもしれません
055
2021年05月20日 13:28
ぶっちゃけた話実害はありません。中国当局が知っても、苦笑しているかもしれません。←(笑)
Goodman80
2021年05月20日 19:23
日本にも大いに関係するかも?
ステルス爆撃機「H-20」の運用拠点? 中国江蘇省の空軍基地に登場した機密性の高い施設
https://grandfleet.info/china-related/a-highly-confidential-facility-that-appeared-at-an-air-force-base-in-jiangsu-province-china/
基本的の米国向けの機体だから、日本への直接的な影響は無いと思われるが、嘉手納基地や三沢基地の配備の機体等には影響が発生するだろう。
やれやれ
2021年05月20日 21:59
米国、可変サイクルを採用した次世代の戦闘機用エンジン「XA100」がテストを完了
https://grandfleet.info/us-related/next-generation-fighter-engine-xa100-with-variable-cycle-completed-in-the-us/

同じ試作でも住重とは異次元の違いですが、F35用の次世代エンジンの試作で既に地上試験が終わったようです。
IHIのXF9は地上試験すらまだ終わってないというのに。

本番用の試作エンジンは2025年にできるようでそれを実機に載せてテストするんでしょうか。
おまけにPWも同じ開発プログラムのXA101を開発中でどちらかを選ぶのでしょうか?それとも別の機体にも採用されるのか。
どちらが選ばれるにしろF35向けに量産されるのは2030年頃でしょうか?ちょっと今のF135の問題には間に合いそうにないですね。
それにしても新世代エンジンをポンポン開発する能力と資金には舌を巻くしか無いですね。
馴れ合いの日本と違いこういう競争試作をしてこそ複数企業がある意味があると言えるのですがね。
ミスターフリゲート
2021年05月20日 22:16
情報そのものはゴミだったからまだいいが、情報管理の甘さは本当に深刻過ぎます。いい加減サイバーに対する防衛やスパイ防止法とかも本気で考えるべきだと思います
Goodman80
2021年05月21日 09:15
UAVの国産化を進めるカザフスタン軍、ARを近接戦闘に活用する米陸軍
https://grandfleet.info/military-trivia/kazakh-army-promoting-domestic-production-of-uav-us-army-utilizing-ar-for-close-quarters-combat/
少数精鋭?で守るしかない日本にARや新型照準器やドローン等は一番必要な物だと思うのだが、上層部は箱もの好きだから良くて訓練機材程度の配備に留まるのだろう。防弾スーツ等個人用装備が重視されているのに何時迄放置する気なのか、予算だけ増やしても使い方を知らない頭が貧相な脳筋バカでは真面な使い方も判らない。
偽陸士
2021年05月21日 23:09
ミスターフリゲート様。

>情報そのものはゴミだったからまだいいが、情報管理の甘さは本当に深刻過ぎます。いい加減サイバーに対する防衛やスパイ防止法とかも本気で考えるべきだと思います

その前に中共の街頭監視カメラや対戦車ミサイルカメラを売りまくる日本企業、ソフトの開発拠点を中共に置いてるセキュリティーソフト会社とそのユーザーを政府調達から排除するのが先です。

確かに誰が武器を作り誰に売るのも自由です。
しかし日本政府に敵対する相手方に武器を売りまくる企業から、日本政府が調達をしてやる義理も道義も在りません。

また相手方も内製化を促進するでしょうが、日本が進んで紛争を助長する必要はありませんから。

武器ネットワークは何処を観ているのか。(笑)
それともやはり大企業は反撃してくるから、見て見ぬふりかな?