堀口英利さんへの公開質問状その60誹謗中傷をしているのは堀口英利さんの方ではないですか?

堀口英利さんへの公開質問状その60
誹謗中傷をしているのは堀口英利さんの方ではないですか?


IMG_7984.PNG
>清谷信一さんは自身のブログで、私に関して「面白い情報が入ったので公開質問状で明らかにする」と脅迫してきました。
>芸能人や経営者・政治家でもないのにプライベートを公開される理由はありません。どう考えても「公開質問状」の範疇も逸脱しています。
>極めて不当な「プライバシーの侵害」です。


面白いですね。「面白い話」が何で「脅迫」なのでしょう。もしかして堀口英利にとっては「面白い話」というのは公開されれば自分の不利になるスキャンダルみたいなものなのでしょうか?
そういう後ろ暗いことをお持ちなのでしょうか?

そもそも堀口英利さんは不特定多数に威張ったり、お涙頂戴で同情を買ったりするためにツイッターやNoteで顔や氏名、学歴を出して自己宣伝してきました。

IMG_7369.PNGIMG_7369.PNG
そしてそれらを引用して他人を叩いたりしてきました。例えば、うちの家系は7人も開業医、勤務医じゃないぞ、がいる裕福な一族だあ!、とかたった数ヶ月在籍しただけのキングス・カレッジを持ち出して、軍事安全保障の体系的な教育を受けている事情通を気取ったりしてきました。
挙げ句はそれで女の子に食事のマナーがなってないと「公開処刑」し、世間から避難されて「迷い箸おじさん」なる不明様なあだ名をつけられて追い詰められて狂言自殺をおこしたりしています。

IMG_7982.PNG
>私の論考が朝日新聞「論座」に掲載されたことから「プロデビューしたなら説明責任がある!」と仰せです。
>しかし、「在学証明書は無効だ!」との意味不明なイチャモンや、家庭事情や私生活に関する言い掛かりまで受忍しなければならない理由はありません。
>清谷さんの言動は単なる「嫌がらせ」です。



ツイッターなどの略歴がわざと他人に誤解を与えるような曖昧なものでした。ぼくに議論をふっかけたときも、キングス・カレッジ入学前だったのに「キングス・カレッジ 戦争学科」とか「東洋アフリカ研究学院」とか大学名だけを書いていました。未だにそうでしょう。
普通これをみれば、どちらかの大学を出て、もう一つの大学の学部あるいは修士や博士課程にでもいっている人間かと思ってしまうでしょう。ぼくもそう思いました。

堀口英利さんはお前が勝手に勘違いしたのだ、というのでしょう。ところが「キングス・カレッジ」は入学すらしておらず、「東洋アフリカ研究学院」卒業も大概怪しかったわけです。
それを追求されるのは人権侵害だとは片腹痛い話です。

堀口英利さんはFacebookでは「東洋アフリカ研究学院」をプレコースのIFC、大学の3年間のコースを併せて1年で「卒業」したという「設定」になっています。ですが、飛び級で入学、卒業するくらいであればIFCなんぞに通う必要がないわけです。
それに事実だとすればノーベル賞受賞者級の天才ということになりますが、その割には「体系的な軍事安全保障の教育を受けてきた」と自画自賛で大威張りしている割には、カスのようなWEB論座の「論考」を書いているのは極めて不思議な話です。

IMG_7428.PNGIMG_7430.PNGIMG_7427.PNG
そして「東洋アフリカ研究学院」を「卒業」されているであればそれが堀口英利さんの現在の最終学歴ですが、それをWEB論座の略歴に乗せないのは極めて不自然です。特に堀口英利さんは先に上げたようにたかが数ヶ月キングス・カレッジに在籍しただけで「軍事・安全保障のオーソリティ」を気取るような学歴自慢が大好きな性格です。
であれば尚更「東洋アフリカ研究学院」「卒業」を自慢したくなるはずです。


更に申せば堀口英利さんが主張している「在学証明」とやらは在学証明にはなりません。
それらは入学前に出された書類であり、ある意味入学許可証、または合格通知のようなものです。現在在学している証明証ではありません。
それで在学証明証というのであれば、堀口英利さんは退学された学習院大学の学生ですと「学歴詐称」することも可能です。

在学を証明するならば入学してからの在学証明書あるいは学生証を出すべきですが、出せないのは何か言うに言われぬ深刻な問題があるからではないでしょうか?



つまりご自身の主張の論拠となっている「設定」がちぐはぐ、まちまちで怪しいわけです。そのような人物から因縁をつけられて執拗な嫌がらせを受けている身としては、分析・検証して反論したくなるのは当然だと思いますよ。
何も隠していることを暴いたわけではなく、堀口英利さんご自身が公開している「公開情報」を分析しているだけです。なんの問題があるのでしょうか?


IMG_7983.PNG>というか、「プロデビュー」したら何でもかんでも大っぴらにされて良いのなら、
例えば裁判履歴は誰でも閲覧できますから、同等と公開しても構いませんよね。
>例えば、清谷さんご自身が公式Webサイトで公開している裁判、「東京地方裁判所平成10年(ワ)第17908号」とか。
www5e.biglobe.ne.jp/~kiyotani/toso…




裁判履歴晒せば脅せる、と思っているみたいですが、頭が悪いですね。ぼくは全く気にしないし。それに今まですでに堀口英利さんはその裁判の履歴を既に晒して手札を切っているじゃないですか。頭が悪いのか健忘症なのかどちらでしょうか。

こういうのを嫌がらせというのですよ。

それにプロバイダーへの書類や直接関係ないぼくの会社の謄本とかも今まで嫌がらせの目的で晒してきたじゃないですか。そういう嫌がらせをするからこの道30年の調査報道のプロを怒らせて延々とご自分のことを追求されているんですがね。

ぼくより堀口英利さんの方がよほど社会通念上問題だと思いますよ。こういう嫌がらせや狂言自殺を「ボス」である代議士が知ってどう思うでしょうかね?
「堀口君、さすがだ!大したもんだ!」と頭をなでてもらえるとでも思っているのでしょうか。


IMG_7888.PNG
IMG_7875.PNGIMG_7874.PNG

#堀口英利 #迷い箸おじさん #SOAS #ロンドン大学 #学習院大学
#学習院大学ヨット部 #東洋アフリカ研究学院 #キングス・カレッジ
#退学 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

匿名超希望
2021年05月02日 01:40
あれだけ自己顕示欲が強いのにオンラインで受講しているキングス・カレッジの授業内容について全く語らないから、本当にキングス・カレッジの授業についていけてるのか疑問だよね。そもそもキングス・カレッジの正規の学生なのかどうかも怪しくて、実は聴講生とか客員研究員みたいなものなんじゃねとすら思う。

あと彼の学費や生活費の資金源は本当に謎。貧乏性の毒親が金を出してるとは考えにくい。高級スーツや高級腕時計を購入して、高級ホテルに宿泊し、おそらく横浜市中心部と思われるマンションで一人暮らしをしているようなのだけど、贈与税とかきちんと払ってるのかな?
ミスターフリゲート
2021年05月02日 03:38
日本の基幹産業、まもなく消滅か 失われた30年はまだ幸せな停滞 転落の時代の幕開けだ [128781568]
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1619869418/l50

メディアはもうこんな感じで報道してて洒落になりません。どれだけ頑張っても凋落というなど、全く希望がないように言うばかり。どう食っていけと
ミスターフリゲート
2021年05月02日 03:47
日本のインバウンド収入、先進国で一番消失 観光立国(笑) [399259198]
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1619888726/l50
東南アジアに出稼ぎ、女を売れだの。もう聞きたくも見たくもない。もう救いがなく破滅は絶対的なのかよこの国は
ミスターフリゲート
2021年05月02日 03:53
【朗報】嫌儲発の「もう終わりだよこの国」、マジで大流行の兆し TwitterやFacebookでも使う人が増える [417832564]
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1619858726/573-673

挙句嫌儲は終わり終わりが正しいかのように狂喜乱舞しているありさま。
自民もそうですが、こういう連中も国を壊していると言うのに。
19190213
2021年05月02日 10:15
兵は詭道なり。故に能くすれども、之に能くせざるを示し、用うれども、之に用いざるを示し、近けれども之に遠ざかるを示し、遠ざかるも之に近づくを示し、利して之を誘い、乱して之を取り、実すれば之に備え、強ければ之を避け、怒らせて之を撓しめ、卑しくして之を驕らしめ、佚すれば之を労し、親しみては之を離し、其の備え無きを攻め、其の不意を出ず。

とも言いますからね。
自軍を強大に見せることも悪くはない選択です。
今風に言えばセルフプロデュースでしょうか?
先ずは形から入って仕事を貰って熟練者になる。
それは一つの選択ではあると思います。
ただしその選択をした結果自身に返ってくるリスクというのは自分が責任を取らないといけない。
小池さんが何処かの大学を卒業したのしてないのと同じように痛い小骨となって常に返ってくる。
確かに若者は自分と他者を比較しそれそのものが生きる目的となり易いです。
ですが、それはとても陥りやすい安易な道です。しかも後半には落とし穴付きの。
短期的にみれば気持ちが良いかもしれません。
ですが、齢を重ねた時にその経験が財産となっているかどうかは定かではありません。
学生から社会に羽ばたきたいと言う気持ちは否定しませんし一度大学で躓いて出遅れたことを気にする気持ちも解ります。
ですが、在学しつつも記事や論文は寄稿できます。
そして羨ましいことに海外の大学へ行ける位の学力はある訳ですから、しっかり学問を納めるべきと思います。
きっと大きな財産になるはずですし30代になって同期と比べた時にも誇れるものになるはずです。
焦る必要はないのです。
何にせよ、如何に自分を大きく見せたところで実力が伴わなければ嘘つき政治家か詐欺師にしかならないので本当に自分を誇れるものにしたいのならば足場をもっと固めるべきです。
優れた将はまず防御にて足場を固め敵に手段を無くさせ敵の情報を精査し急所を潰します。
勿体ないと言わざるを得ません。

さて寄稿された文章ですが、否定とも肯定とも言い難いなとは思います。
普段、乱文+誤字+小泉構文亜種を多用してしまっている私が言えた話ではないのですが、何故か少し継ぎ接ぎを感じてしまった印象もありました。
又、実際に当該元幹部がどういった方でどういった訓練を現役に施したかというところまで詳しく取材したようには見えませんでしたし、人格的にも優れた方が多いSを知ったように書くのは最低限度取材をしてから書いて欲しいなとは思います。先鋭化している海外の部隊もあるというのは事実ですが、あくまでも足を一歩も運ばないで言われると一寸心理的には知り合いを貶されたようで嫌だなと。
ただ、一部には評価はされている。
故に寄稿したこと自体は良かったのだろうと思いますし、食えない程に不味いわけでもなかった訳です。

あえて拉麺屋に例えると清谷さまと比較した時に清谷さまはどちらかと言えば、人によって評価が別れるがコアなファンがいる拉麺屋です。
堀口氏はどうでしょうか?
仮に商業として見た時に、誰でも食える拉麺であるカップ麺を目指すというのも悪くはないとは思いますよ。ビジネスとしてみれば、受けがよいように書くのも悪くはないわけです。
文屋として正しいかどうかは別として、それも手ではあるとは思います。
ただ、もっと正確に取材をして欲しいとは思います。
やれやれ
2021年05月02日 16:02
ミスターフリゲートさん、
「日本の基幹産業、まもなく消滅か 失われた30年はまだ幸せな停滞 転落の時代の幕開けだ [128781568]」
5chの書き込みを読んで余計落ち込んでも仕方有りませんよ。
ただし>>1の元ネタはそんなに間違っていませんが。
何がまずかったのかと言うと
・成功体験にあぐらをかいた。
・不景気になって研究など将来投資を怠った。
・サラリーマン社長が抜本的な改革をせず結果として緩やかな死を望んだ。
・選択と集中の選択を間違えた。
・新しい産業にチャレンジしなかった。
などなど色々ありますが、平たく言えばバブル以降安定志向で来た結果、成長せず衰退に転じたということです。
鉄鋼も家電も自動車(これからですが)も抜本的な改革を
怠った結果と言えるでしょう。無理なら無理で違うことに邁進になければならなかったのにそれだけに集中し引っ張るだけ引っ張って行き詰まって終了と言う最悪の方法を選択した。
そういう事です。
今は素晴らしいサラリーマン社長が少なくなった、凡人以下の政争しかしない社長しかいなくなった、未来志向の社長がいなくなった事が大きいでしょうね。
創業社長でも同じ様な人がいますけどまだ判断が早い、独裁だから進路を直ぐに決められると言う良い側面もあります。
ブラックの噂が絶えない日本電産の社長も次世代はEV車のモーターと早くから取り組んでいたから伸びる会社と見られています。
このようにこれからも伸び続けると思われる会社もあります。
日本全体では下降線でも上昇カーブの会社はあるでしょう。
未来がどうなるかある程度予測できてそこで儲ける算段を前もって準備できるかどうかが生き残る可能性のある企業だと思います。
戦略も戦術もなく生き延びた企業は単に運が良かっただけでしょう。そんな企業は珍しいと思いますよ。
ニ読者
2021年05月03日 19:33
ミスターフリゲートさん
あなたは、くだらないネットのスレッドやスポーツ誌並みの飛ばし記事を熟読して鬱々となるより先に、やるべきことがあるのではないですか?
アンガーマネジメントと、「~と?」みたいに考えと答えを他者に求める前に自分の確固たる考えと答えを提示できる思考力を鍛えること、その材料となる情報の適切な取捨選択です。
どうも失礼しました。