堀口英利さんへの公開質問状その56ロンドン大学通学は日本国首相よりも「激務」なのですか?

堀口英利さんへの公開質問状その56
ロンドン大学通学は日本国首相よりも「激務」なのですか?

ぼくと堀口英利さんとの諍いは重度の難病者が総理大臣になるべきか、否かということでした。
ぼくは安倍前首相が持病の潰瘍性大腸炎を理由に二回も政権を放り出した事実を挙げて、危機管理上、重度の難病患者は総理大臣になるべきではないと主張しました。

堀口英利さんへの公開質問状まとめ その5
https://kiyotani.at.webry.info/202104/article_14.html

これに対して安倍前首相と同じ潰瘍性大腸炎だと自称する堀口英利さんは、いかなる難病患者でも総理大臣含めてすべての職業に就けるべきだと主張しました。

常識的に考えれば、健康状態によってできない職業はあります。全盲の人間がパイロットや運転手にはなれないでしょう。糖尿病で下肢を切断した人間は自衛官にはなれないでしょう。
総理大臣ともなれば、分単位でスケジュールが詰まっており、時差のある海外への渡航も非常に多い。また国の命運を左右する判断をしなければならないわけです。当然ストレスは常人の比ではありません。ストレスはどのような病気にとってもいいわけがありません。それが病気を悪化させることは歴史的な指導者を見てもあきからです。

ところが堀口英利さんはご自分が総理大臣にでもなりたいのでしょう。先のような主張を繰り返し、それを補強するために、総理大臣の責任や重圧は一般国会議員と同じ、パイロットより総理大臣の責任は軽いとかトンデモな主張をしたわけです。

そして、ぼくが重度難病者は総理になるべきではない、との主張を自分が潰瘍性大腸炎患者という立場を「悪用」して、ぼくがすべての難病者に対する差別を行っている差別主義者であるかのように執拗に宣伝しました。

はじめぼくは彼のツイッターをみて、「東洋アフリカ研究学院」「キングス・カレッジ 戦争学科」とあったので、どちらかの大学を卒業してもう片方の大学の別な学部あるいは、修士コースに在学しているのかと思いました。
つまり大学生だとしてもある程度軍事の教育を受けている人間かと思っていました。ですから何でこんなトンデモを言っているのだろうと思いました。


ところがその後調べて見ると堀口英利さんは「東洋アフリカ研究学院」を卒業したというのも怪しく、単に同校の英国大学へのプレコースであるIFCを終了しただけのようであり、本人が在学していると主張するキングス・カレッジもぼくと論戦になった時点では入学もしていませんでした。
その後の論争で堀口英利さんは、キングス・カレッジ在学証明の書類と称するものを公開していますが、それらはいずれも入学前の日付のものであり、現在の在学を証明するものではありません。

堀口英利さんに対するツィートをみていると同じように「勘違い」された人が多いようにおえました。堀口英利の曖昧な肩書は非常に誤解を招くものであり、「ロンドン大学の方から来ました」と揶揄されても仕方がないでしょう。そのような指摘を受けても堀口英利さんはプロフィールに変更を加えていません。

さて、前置きが長くなりましたが、堀口英利さんの主張しているように、重度の難病患者でも総理になるべきでしょうか。
そうであれば何で堀口英利さんは、潰瘍性大腸炎を患ってロンドン大学の通学を諦めて帰国したのでしょうか?
これが、医療体制が未熟な途上国ならともかく、英国の首都ロンドンです。医療体制は完備されています。日本語が通じる病院もあります。

ロンドン大学の学生は日本国総理大臣よりも激務なのでしょうか?
常識的に考えればそれはないでしょう。

ルーズベルトも潰瘍性大腸炎だったなど主張していた堀口英利であれば、同じ潰瘍性大腸炎であれば大学に通えたのではないでしょうか?
勉強は大変かもしれませんが、大統領や首相のような激務でもなく、外遊の必要もなく、国家の命運を左右する決断を迫られる立場でもないでしょう。

ぼくに対する主張ならば、有言実行すべきだったでしょう。
自分ができないことをできる主張して人の主張を捻じ曲げて差別主義者呼ばわりするのは卑怯であり、アンフェアです。

なんで「その程度」のことができなかったのでしょうか?
そして自分の難病を他人を攻撃する道具にしか使わないというのは難病者全体の評判を下げ、世間の偏見を招くものとは思いませんか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2021年04月21日 11:50
うーむ。体壊す・病気を患った人で、いざという時に倒れたりしたら政治が機能不全になって洒落にならないから、リスク面でおススメしないということなのでしょうか?
ミスターフリゲート
2021年04月21日 15:46
陸自のいじめの件で左翼の反応
39. 名無しの共和国人民 2021年04月21日 03:16 ID:nO15OBQW0
で、自衛隊が何やってるかというと、これ↓

https://archive.ph/mLGJp
被害者が激白!「陸上自衛隊練馬駐屯地の陰湿いじめのすべて」

この国の「防衛」って個人に嫌がらせすることなんすかね
41. 名無しの共和国人民 2021年04月21日 06:19 ID:rKv1AeMp0
で、そのときの言い訳はきまって
「彼がクラかったので、仲良くしようとスキンシップのつもりだった」
「彼も嫌がってはいなかった、むしろ感謝していたようだった」
凶悪な加害者ガキの
「プロレスごっこだった、ふざけっこだった、悪気はなかった」
「彼も笑っていたし、なんで自殺なんかしたのかボクわかんない」
と寸分違わない。
自衛隊は大きな子供の集団とみえる。

問題はこの後
44. 名無しの共和国人民 2021年04月21日 08:34 ID:dRB8GczZ0
>>41
だから、違憲かどうかに関係なく、自衛隊やその他の軍事組織なんか、解体・解散、これしかない。そもそも真面目に戦争する気ないだろ! ないから、内輪でそんなバカげたことにうつつを抜かしていられるんだ。こんな集団が戦争したって、絶対勝てっこない。本当に北朝鮮や中国が攻めてきたら、そのときゃ見てみな、十中八九、丸腰の一般国民を盾にして真ッ先にトンズラするから。 共感者5

46. 名無しの共和国人民 2021年04月21日 08:55 ID:vlAqDgx.0
>>44
国防どうすんだよ (私です)
共感者なし

48. 名無しの共和国人民 2021年04月21日 09:44 ID:e8z5T6Oh0
>>46
そんなのいらねぇよ
攻め込まれたら黙って降伏しとけ
共感者4

49. 名無しの共和国人民 2021年04月21日 09:55 ID:L81TGTY40
>>48
ふざけるな。家族とか殺されようが黙って見てろと?
共感者なし

50. 名無しの共和国人民 2021年04月21日 11:11 ID:dRB8GczZ0
>>49
だから今の自衛隊だと、貴様の家族が殺されるのを黙って見ているどころか、積極的に侵略者に差出すぞってことだ分かったかクソボケ!!
共感者 6

自衛隊はすぐ逃げるどころか差し出すなどと適当なことを言いたい放題いう始末。それに同調してハートを押すバカども。
最悪なのは「国防などいらねえ。黙って降伏しろ」とへいきで抜かしたバカです。
偽陸士
2021年04月21日 15:48
おやおや。

重病で学業を断念された方が、お一人で他人のTwitterのアカウントを何度も停止させる。

Twitter社の手続きが甘いのか、それとも他にどなたか協力者でもいらっしゃるのかしら。

他人を貶したかと思えば、今度は自己批判する。
単独で自身で考えての行動には見えない。
19190213
2021年04月21日 18:21
命令権者ってどうなんですかね?
例えば、 76条では命令権者は内閣総理大臣となってますが例えば総理が有事に体調が悪くなって意思疎通ができない或いは暗殺や事故で指揮ができないとなれば、総理を決め直してとかやっている暇は無いわけですよね。
せめて指揮ができない場合は次級者に指揮の継承をやらせる位はやらないと組織として脆弱ではないのかと。

それに、体調が悪くなりそうな人として登板したならば、次級者を例えば二人にするとか次級者は他の業務を兼任させないとか年寄りを次級者につけないとか、カバーする策は立案できたはずだと思うんですよね。
安倍さんは実際そういうことをやっていない訳で・・・。
そこは一寸やって欲しかったなと。
ミスターフリゲート
2021年04月21日 20:49
48. 名無しの共和国人民 2021年04月21日 09:44 ID:e8z5T6Oh0
>>46
そんなのいらねぇよ
攻め込まれたら黙って降伏しとけ

61. 名無しの共和国人民 2021年04月21日 20:27 ID:4NxqvmLP0
>>48
必死こいて国守った所で、待っているのは超高齢化社会と30年以上経済が停滞した無能共が仕切る衰退途上国だからな
いっぺん統治して貰うのもありかもしれんな

いやもう左翼ですらない。
偽陸士
2021年04月21日 22:59
19190213様。

国に限らず組織の指揮官のバックアップをどうするか、深刻な問題です。
部隊なら階級や期別、警察組織なら席次を決めておきトップが人事不省になった場合に備えます。

ですが、行政のトップにこれらのルールが無いのは不味いかなとは私も思います。
Goodman80
2021年04月22日 15:22
今後の日米関係はかなり厳しいものになって行きそうです。
首脳会談のハンバーガーは中国への秘密メッセ―ジ?
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65015
日本の首相程度ならハンバーガーで十分が本音なら、今の在日米軍の国内での無法さにも納得できます。日本政府も本気で日本の経済や防衛について考え直す必要が有ると思います。