電気自動車は「正義」か?

電気自動車は「正義」か?

既に欧米を中心に地球温暖化のためにはすべての自動車をEV(電気自動車)にしろという話があたかも絶対正義、あるいは自明の理のように語られており、それに異を唱えると「異端者」「魔女」呼ばわりされそうな感じすらでてきました。

ですがEVが自動車の最適解でしょうか。
かつてのグリーエナジーは穀物メジャーが強力なロビーイングをやっていました。環境のため、CO2削減のためとっていましたが、とうもろこし燃料にするのはいかにも怪しげな話でした。例えばアマゾンの森林を全部とうもろこし畑にして燃料作ればそれはエコか、ということになります。環境負荷を考えればサトウキビのカスとか、廃材とか不要なものを使う、あるいは効率的に培養できるユーグレナなのようなものであれば、合理性はありますがとうもろこしでは説得力がありません。

ですがそれがブームになって政府が動き出し、挙句の果てにまるで毛沢東の大約新計画みたいな「偉大な失敗した実験」におわるることもあるわけです。

【独自】「飛び恥」なくす…航空新燃料SAFを羽田と成田で備蓄へ
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210410-OYT1T50240/


電気自動車が「排ガス」
電池製造でCO2、再エネに期待

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70853300Z00C21A4MY1000/

>電気自動車(EV)は「排ガス」を出さず脱炭素にうってつけの技術に思えるが、死角がある。製造時にガソリン車を上回る二酸化炭素(CO2)が出る。さらに、充電する電気がクリーンでなければ、電気を使うたびに温暖化ガスを排出しているようなものだ。2050年までに温暖化ガス排出量を実質ゼロにしようと、日本などの主要国は30年代にガソリン車の新車販売を禁じる。EVの普及は切り札になるのか、それともイメージ先行なのか。

>20年12月、欧州連合(EU)の欧州委員会がEVなどの電池の生産に環境規制を課す案を公表した。24年7月から、製造から廃棄までのCO2排出量の報告を義務付け、27年7月には排出上限を定める。


>盲点は動力源の電池だった。EVにも力を入れるマツダは19年、工学院大学教授だった稲葉理事長と共同で、先行研究も参考にして分析した。製造工程全体でEVはガソリン車の2倍を超えるCO2を排出する計算になった。EVは電池をつくるだけでエンジン製作の4~5倍となる約6トンのCO2を出すという。主流のリチウムイオン電池は多様な金属の化合物を使い、金属の製造や化学工程で大量のエネルギーを消費する。

>米アルゴンヌ国立研究所の研究者が19年に公表した論文によると、リチウムイオン電池の製造ではリチウムやマンガンなどでできた正極材料の作製に最も多くのエネルギーを費やす。全体の4割を占めるという。リチウムイオン電池に使うアルミニウムの製造にも大量の電気が要る。

>充電の電気がCO2と関わっていても、走行距離が長ければEVが有利になる。だが米国では6万キロ、欧州では7万6千キロ走って、やっとEVのCO2排出量がガソリン車を下回った。日本では11万キロの走行が必要だった。

>EVとガソリン車の比較を巡っては英国で20年に「EVがガソリン車よりCO2の排出を減らすには5万マイル(約8万キロ)も走る必要がある」との趣旨の試算を自動車会社と関わる団体が公表し、一部報道で「(ガソリン車を有利に見せる)誇大広告だ」との批判も出た。


工業製品の環境負荷を評価するライフサイクルアセスメントに詳しい日本LCA推進機構の稲葉敦理事長は「欧州の規制に対応できるように日本の規制の枠組みも考えないといけない」と指摘する。

なぜEVにも規制が必要なのか。ガソリン車はガソリンをエンジンで燃やし、CO2などを出して走る。EVは電池にためた電気で必要な運動エネルギーを得る。電気でモーターを動かし、走行時にCO2を出さない。だからこそクリーンな車とされてきた。

盲点は動力源の電池だった。EVにも力を入れるマツダは19年、工学院大学教授だった稲葉理事長と共同で、先行研究も参考にして分析した。製造工程全体でEVはガソリン車の2倍を超えるCO2を排出する計算になった。EVは電池をつくるだけでエンジン製作の4~5倍となる約6トンのCO2を出すという。主流のリチウムイオン電池は多様な金属の化合物を使い、金属の製造や化学工程で大量のエネルギーを消費する。

米アルゴンヌ国立研究所の研究者が19年に公表した論文によると、リチウムイオン電池の製造ではリチウムやマンガンなどでできた正極材料の作製に最も多くのエネルギーを費やす。全体の4割を占めるという。リチウムイオン電池に使うアルミニウムの製造にも大量の電気が要る。

EVは充電の電気がクリーンかどうかも問われる。自宅や充電ステーションの電気は多くが電力会社から届く。太陽光、水力、風力など再生可能エネルギーや原子力発電の電気であればCO2排出は抑制される。化石燃料を燃やす火力発電の電気なら、CO2を出しているとみなされる。

再生エネの割合は国によって違う。マツダと稲葉理事長は日米欧中豪の5カ国・地域について、「製造」「使用」「廃棄」などを通じたEVとガソリン車のCO2排出量を比べた。

充電の電気がCO2と関わっていても、走行距離が長ければEVが有利になる。だが米国では6万キロ、欧州では7万6千キロ走って、やっとEVのCO2排出量がガソリン車を下回った。日本では11万キロの走行が必要だった。

米国はガソリン車の燃費などが悪く、EVが有利になりやすい。欧州は再生エネや原子力発電の割合が高く、CO2をともなう発電が少ない。日本はガソリン車の燃費が良いうえに火力発電頼みが裏目に出る。結果として、EVが多くのCO2を出す。マツダは研究を踏まえ、あえて電池の容量を抑えた同社初の量産型EVを1月に発売した。

EVは真の温暖化対策になり得るのか。京都大学の藤森真一郎准教授らは、世界で50年にEVが100%導入された場合の未来をコンピューターで描き出してみた。CO2排出量の削減効果をシミュレーションしたところ、火力発電に依存した現状のままでは、EVを大量導入してもCO2排出量はほとんど減らず、増加する可能性すらあった。

藤森准教授は「EV製造時の排出量削減やエネルギー効率の向上、供給する電気の再エネ化などを進めないとEV導入の脱炭素効果は上がらない」と指摘する。

EVとガソリン車の比較を巡っては英国で20年に「EVがガソリン車よりCO2の排出を減らすには5万マイル(約8万キロ)も走る必要がある」との趣旨の試算を自動車会社と関わる団体が公表し、一部報道で「(ガソリン車を有利に見せる)誇大広告だ」との批判も出た。

製造時のCO2の排出量については研究によってまちまちで評価が定まっていない面もある。それでもEVの導入がムダだという専門家は少ない。EVが切り札になるかどうかは国を選ぶ。EVは各国・地域が再生エネの導入や製造工程の脱炭素化に真摯に取り組んでいるかを映す鏡なのだ。


つまりCO2削減のためにはまず電力ソースである発電を「クリーン」にしなければならず、また電池や車体などの製造も含めたライフサイクルでのCO2削減が、その他の動力の車輌よりも優れている必要があります。

ところが、特に欧州を中心に政府、業界、メディア、環境団体までがEVこそが正義であるかのような、まるでEV十字軍の様相を呈しています。

別な問題としては冬のシベリアのような極低温や砂漠のような高温地帯において、確実にEVが稼働でき、性能を発揮できるのかも問題です。

また「給油」をどうするのか?内燃機関の燃料補給ほど短時間に「給油」はできません。急速充電のための技術も必要です。更に電池の廃棄や再利用も完備しないといけません。

これは民間もそうですが、軍隊でも大きな問題でしょう。更に軍隊では兵站を入れ替えないといけないので、深刻な問題です。そして充電時間も問題です。同時に多くの車輌を短時間で充電することは不可能なので、電池を標準化して、しかも取り外しを容易にしないといけません。であれば、既存の車輌の手直しでは済まないということになります。

例えば既存の内燃機関、あるいはより効率の高いハイブリッド機関にそのまま使える、いわゆる「ドロップイン」が可能な燃料を使う方が合理的でしょう。それもいきなり「グリーン燃料100%」とはいきませんから徐々に変えていけば現実的です。
環境負荷の順に石油由来燃料>天然ガス由来燃料>バイオマス(不要品由来)・藻、という順になるでしょう。それが可能であれば軍民問わずに既存のインフラを使えます。

いきなりEVありきだと、痛みを伴って結局大失敗だったということになりかねません。

また車輌以外のビークル、即ち艦船や航空機ではむしろ「ドロップイン」燃料を採用する方が有望でしょう。艦船の場合は統合電気推進と合成燃料の組み合わせが有望だと思います。とくに今後は推進以外の電力の増加は続くでしょうから尚更です。
米海軍の調査によれば強襲揚陸艦の場合、統合電気推進を採用した場合に40年のライフサイクルで250万ドルの燃料費が浮くとのことした。

既に米軍では既存の燃料と合成燃料のブレンドを既にしようしています。もっとも計画は順調には行っていないようです。これは推進派であったオバマ政権から反対派になったトランプ政権になったことも影響しているようです。
それもバイデン政権になって潮目が変わっているようです。米陸軍はキネテックと組んだBAEシステムズに3千200万ドルでブラッドレーICVのハイブリッド型試作車両2両の製作を契約しました。

今一度冷静になって、何が環境負荷に最も優しく、また現実的で変革の痛みがすくない手段なのかを模索するべきだと思います。
理性なきEV十字軍では「大約新計画」になる可能性が少なくないかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2021年04月14日 15:14
送電の効率も。アメリカのような製油所が遠いところは、ガソリンを運ぶエネルギーが問題とか。問題だらけ。
政治家は耳障りのよい概念しか理解できない。全体図を描かないで一部しか見ないのは怖いです。
やれやれ
2021年04月14日 15:29
「今一度冷静になって、何が環境負荷に最も優しく、また現実的で変革の痛みがすくない手段なのかを模索するべきだと思います。
理性なきEV十字軍では「大約新計画」になる可能性が少なくないかと思います。」

残念ですがそうはならないと思います。同じ様な考えのトヨタが既に大きく出遅れている事からも分かると思いますが、最初に市場を確保した方が有利です。後からとなると高性能の上に安くしないと売れないでしょう。FCVが、と言う考えもありますが、水素ステーションをトヨタが積極的に増やしている訳でも国が増やしている訳でもありません。水素を再生エネルギーから作らない限りFCVでのCO2排出量は増えます(今は化石原料からCO2と水素を作っている)。
あとバッテリを作るとエンジンを作るよりCO2の排出量が多いと言いますが、エンジン車は完成後走行中CO2を出すわけで、HVにしてもライフサイクルで見ればCO2はEV車より多く排出するでしょう。
更に再生エネルギーでEV車を充電すればその差はもっと大きくなるかと。

それと言い出しっぺの欧州がEV化に遅れたとしたらこれ幸いと中国が席巻するだけの事です。BYDのEVバスのように。どこにも日本車の居場所が無くなってから騒いでも後の祭り。GAFA等の自動運転EV車を組み立てる工場に成り下がればまだマシな方だと思います。
中国にイニシアチブを握られたら悲惨でしょうね。まず勝ち目が見えません。中国、EU、USAに先んじて日本車にEVあり、将来も安心して日本車を買って下さいアピールが無いと有象無象のEV車に埋もれるでしょう。それ故にバッテリ交換方式にしろ内蔵固定式にしろ日本が技術的優位に立たないといけないのに後塵を拝しているのはドローンと同じ構図だと思いませんか。敵は自動車会社だけでなくIT企業や他の業種も参入を目論んでいます。果たして10年後、20年後日本車がどうなっているか検討もつきません。埋もれている可能性も十分あります。
それと重要なのは自動運転技術です。ホンダからも数量限定で発売されましたが、遠からず自動運転の時代が訪れます。エンジン車でも可能ですが、制御の容易さはEVの方がずっと上です。
EVの次は自動運転のEVが来ます。2040年頃には普通になっているでしょうね。ここはIT企業の独壇場になり自動車会社もその軍門に降ることになります。トヨタ始め多くの自動車メーカがNVIDIAと提携している事でも分かります。自動車会社単独では畑違いの上に荷が重いんです。その辺も含めて舵取りを誤ると大変な事になるでしょうね。

少々遅いくらいですが自動車産業のポートフォリオをしっかり作って将来を見据えていないととんでもない事になるでしょうね。
自衛隊の装備のような事にならない事を祈るだけです。
Goodman80
2021年04月14日 15:33
根拠のないエセエコだのEVだの水素燃料等は直ぐに破綻します。要は本当の未来の為の燃料を開発する事です。茶番には適当に話を合わせ、ユーグレナ軽油とかを開発すべきでしょう。化石燃料はもう少し持つのですから、それまでにまだ時間は有ります。
リチウムなどは劇毒なのに廃棄などどうする気なんでしょうかね。これも再利用して再資源化するとか。今でも廃棄に物凄くお金がかかるんですが。その内そこら中に不法投棄されて、川や海が汚染されてヤバい事態に。
ミスターフリゲート
2021年04月14日 17:14
そう言った結果が日本メーカーの没落を早め、中国EVの進出を許しているわけです。軍隊がどうのこうの関係ありません。理屈を言っても世界は耳を貸さないでしょうよ。波に乗らなければ悲惨な目に合います。
エンジンは各工場を統合合併して発展途上国やHV、中古車のレストア向けに残しておき、重工業やプラントは再生可能エネルギー発電や電池の低環境負荷リサイクル、水素の低環境負荷技術のために投資、人材を保護すべきでしょう
19190213
2021年04月14日 21:56
スキージャンプの板の長さや背泳ぎの潜水等(実際はこれらは違うそうですが)、ルールを変えて戦いの場の争点をずらしたいと言うのが欧州や米国の視点なんじゃないでしょうか。
中国は確かにEVでリードし原発や三峡ダムを始めとするダム群で化石燃料に頼らない発電があるといっても主力は確か石炭火力発電のはずです。
それに産業があればどうしても排ガスは出てしまう。

彼ら欧州や米国はそういった観点から中国から製造業を規制の低い各地に散らして一強を防ごうとしているんじゃないですかね?
それが巧くいくとは限りませんが、根っこは環境に悪いと言うよりも美味しい思いを一人でしているんじゃないよというのが本音かもしれません。
やれやれ
2021年04月15日 09:07
19190213さん、
「ルールを変えて戦いの場の争点をずらしたいと言うのが欧州や米国の視点なんじゃないでしょうか。」
それはいつもの事じゃないでしょうか。珍しい話ではありません。
それでルールが覆った事があったでしょうか?答えはそれです。
それに何れ全てをEV化することは日本の自動差産業も分かっていたことです。要するに自分たちの想定より5~10年前倒って泡吹いたって話です。それは欧米も同じですが自ら率先して行うことと、やりたくないけどどうしようでは大きく結果が異なります。

やれやれ
2021年04月15日 09:09
スクープ!住友重機械が機関銃生産から撤退へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/cd85ddc92658a9f48123934410e65121325c1204

例によって酷使様、ネトウヨのコメントが酷いw
しかも最後まで読んで清谷さんの記事でがっかりとかw
意味がわからないw

好意的な内容のコメントは状況をよく理解している人なんでしょうね。
ssao
2021年04月15日 09:28
またTwitter凍結されました?
PAN
2021年04月15日 09:51
EVの
PAN
2021年04月15日 10:24
EVの問題は、社会インフラのありかたを含めて、さまざまな要素を含んでいます。例えば車両だけに焦点を当てても、モーター駆動にすることで得られるメリットとデメリットと、電気をいかに供給するかに区物して考えるべきでしょう。
モーター駆動に関しては、構造が簡単になり制御しやすくなるなど、内燃機関駆動に比べて圧倒的にメリットが上回ります。一方で後者の電力供給システムについては、EVであればバッテリー問題となりますが、実はFCVやシリーズハイブリッドといった選択肢もあるわけです。日産は主力小型車のノートをすべてシリーズハイブリッドに切り替えましたし、トヨタやホンダにしたってFCVを実用化しています。日本にEVの技術がないわけではなく、それを市場投入する様々な条件が満たせられないために、国内で商品化が行われていないにすぎません。

例えば、現在のガソリン車やディーゼル車すべてをEVに置き換えたとしたら、あっという間に国内の電力供給能力は不足します。とてもじゃないけど再エネ発電の増加で賄える量ではありません。かといって火力発電の増産では元も子もないわけですから、新規の原発を相当数作らなければ間に合わないというジレンマに陥るわけです。そのあたりの事情は実は欧州でも中国でも同じなわけですが、そこには口をつぐんでのEV十字軍がまかり通っているわけです。

日本は、次世代のエネルギー戦略として、今世紀に入ってから水素サイクルの構築を進めてきました。それは東日本震災で停滞を余儀なくされたわけですが(原発の停止)、再びその歩みは始まっています。FCVは自家用小型車は難しい(コストやインフラ整備の点で)と思いますが、大型商用車では今後増えていくと思います。
一方、都市部のシティコミューターや小型商用車ではEVのメリットが勝ります。シリーズハイブリッド車も含めて、当分は適材適所的な使い分けを進めることが現実的だと考えます。
海外のEV十字軍の雑音に惑わされすぎないほうが、長い目で見たらいいと思いますよ。自動車メーカーにしても、国内外で使い分ければいい。欧州や中国向けに、EVノートやEVミライを生産するのは、メーカーとしてもさほど難しいことではないですよ。(ただし価格的に競争力があるかどうかが未知数ですけど)
キヨタニ
2021年04月15日 10:35

されました^_^

>ssaoさん
>
>またTwitter凍結されました?
Goodman80
2021年04月15日 11:00
朝日新聞がまたよく判らない国防論を掲載しました。
台湾有事は「対岸の火事」ではない 日本がアメリカに求められる「責任の分担」
https://globe.asahi.com/article/14329810
国防白書の丸写しなのか米国の研究員や元海将などにインタビューとやらを行っています。米軍や西側先進国との共同防衛構想(唯の中国虐め?)に基づいたものでも無く、やたらに海自のFFMや哨戒艦を持上げています。FFMみたいに中途半端な武装を詰め込みそれを少人数で担当するというブラック企業艦が使えると思っているんでしょうか?哨戒艦が対峙するであろう中国の艦艇は何を想定されているのか、元海将様も頭が大丈夫なのかレベル。
米国の言う通りに船の数だけは増やしても、構想まで理解していないのでこの手の船を作りまくる。台湾有事など起こっても足手まといにしかならず、せいぜいミサイルの弾除けに使われれのが精々。
韓国と違って中国との距離も真面に決められないため、西側諸国の補給兵站基地を自前の費用で喜んでやる始末。西側諸国のボランティアポチ状態。真面な兵器が購入できる内に、少しは国家戦略を理解して欲しいものです。
ミスターフリゲート
2021年04月15日 12:34
清谷氏
EVの推進を欧州ができるのはクリーンエネルギーが普及しているからです。はっきり言ってEVを渋るトヨタ社長と同類です。世界の現実を見ていないんです。もう日本基準で考えられないです。
アクアビット
2021年04月15日 13:13
やれやれさん、
私も同じ様に考えますね。製造時のCO2排出にしても投入カロリーとの比を考えればEVが有利ですし、運用時のCO2排出も自動車エンジンよりも熱効率で勝る火力発電で充電したEV車の方がエコロジーです。

但し、清谷さんも触れてますが長距離輸送では充電の要らない燃料が有利と考えられます。

要は燃料対EVの聖戦を行うのではなく、運用の向き不向きやエネルギー効率を考え、社会全体で取り組みを行うのがベターでしょう。
Goodman80
2021年04月15日 14:01
ミスターフリゲートさん
欧州と言っても比較的規模が日本に近いイギリス、ドイツやフランスは日本と大差ありません。これらの国はトヨタやマツダ等との開発競争に敗れ、言いがかり的にEV等を持ち出しているに過ぎません。
日本は欧州とは違い風力発電がほぼ使えないので、先ずは原子量発電を復活(新規追加はしない)させ、国土の事情に合った地熱発電やバイオマス発電等を進めて行くべきでしょう。
EVや水素燃料車等が運用可能なのは自然に恵まれた国家のみです。これらの国でさえ、日本並みになれば事情は大きく変わります。
今、無理なEV計画を実行すれば簡単に国家は破綻します。
ミスターフリゲート
2021年04月15日 18:47
Goodman80 さん
日本はともかく、欧米ではEVの流れです。トヨタもやむなくEVを出すと言っていますし、マツダもmx30をヨーロッパに進出させる予定です。
少なくとも海外はEVFCV、周辺の人インフラやサービスの輸出をしないといけないのですが、既にヒュンダイなども出ている状態。
日野もEVトラックを導入予定です。
日本はまず再生可能エネルギーを徹底的に普及させる共にスマートグリッドを推進させ、どうしても足りないなら原発という方向性にすべきかと。
原発は武力攻撃を受ける可能性があるほか、地震なんか起きたら取り返しがつきません。僕は原発はとてもではないですがおススメできないかと
やれやれ
2021年04月15日 19:22
アクアビットさん、
私も長距離、特に高速バスや大型トラックの長距離輸送には
今の所バッテリ式は不向きと認識しています。
なので当分はHVあるいは普及が進めばFCVが有力と思います。
バッテリ交換式でも良いのですがバッテリが普通乗用車より
圧倒的に大きく重くなるので余程考えた作りを考えないと容量が増えても直ぐには普及しないのではないかと。
欧州は再生ネルギーを使って水の電気分解で水素を作って
この手の用途に利用しようと考えているようですね。
あとはどこまでできるか分かりませんが鉄道利用での貨物が増えるかも知れません。コンテナで移動し最寄りの貨物駅からEVトラックと言う方法です。
何れにしろ長距離トラックなどはEV化されるとすれば一番最後なのかな、と思います。
やれやれ
2021年04月15日 19:33
Goodman80さん、
東電の柏崎でのやらかし、関電の袖の下問題、九電の川内原発のテロ対策の遅れなどとても原発を稼働させて良い状況とは思えません。電力会社はどこまで本気で原発を稼働させたいのか疑わしい限りです。フクイチがあっても何の反省も無いし対策にも後ろ向き。原発だけ稼働させたいとか子供かよと思うばかり。それに使用済み核燃料のプールがそろそろ満杯で保管する所がありません。これはフクイチ前からの問題ですが未だに何もなし。もしフクイチが無ければ順調に運転が進みとっくに原発は稼働できない状況になっていたでしょう。今のままでも遠からず原発から使用済み燃料を取り出すことができなくなり自動的に再稼働不可に陥ります。それでも国も電力会社も何もしようとしません。動かすだけ動かして止まったらさあどうしよう?と言うのが透けて見えます。面倒な事は先送りし将来のことを何も考えてないんですよ。期待するだけ時間の無駄だと思います。
Goodman80
2021年04月15日 20:38
ミスターフリゲートさん
日本は今、原発停止させているので発電の主力は石炭と天然ガスです。日本の地形、環境上水力発電も増やすことは難しいと思います。風力発電も難しく太陽光発電も環境破壊の恐れが大きい。欧州と言っても国によって事情は様々です。革新的な燃料や発電システムでも出来ない限り改善は困難です。理想と現実は上手く両立すべきです。EVは理想かもしれませんがベストでは有りません。中国の発電は半分以上石炭発電で基本化石燃料によるものです。カナダやブラジル、北欧と同じことは日本では出来ません。今の日本で出来ることを現実的に模索していくしか道は有りません。
偽陸士
2021年04月16日 01:37
EVも国や地域によってバッテリーのみタイプか、何らかの燃料を使って発電し充電もするタイプになっていくように思えます。

アイスランドやニュージーランドみたく地熱発電が盛んならバッテリーのみでも問題は無いでしょうし、天然ガスに恵まれているならガスのハイブリッドカーになるでしょう。

日本の場合は原発よりも間伐材を燃やすか、大麻草由来のエタノールが合ってると思いますが。
けどしばらくは天然ガスが主力になるかと。
スタッドレスタイヤ
2021年04月16日 02:50
EV、もとい自動車産業とエネルギー政策は不可分の関係にありますが、その意味では欧州と日本を一緒くたにして語ることがそもそも無意味でしょう。
第1に電力供給の体制が違います。欧州は近隣諸国で電力を融通しあう、あるいはパイプラインを敷設する等してエネルギーと電力のネットワークを築き、各国へ安定的に供給できる体制が出来ています。翻って日本はと言えば、もとより資源の貧しさから化石燃料を輸入しているところ、先の震災で原発は吹っ飛び、再生可能エネルギーも安定供給など望むべくもありません。政治的緊張を抱えた隣国とのネットワーク構築などほとんど絶望的です。
第2に自然環境が違います。比較的穏やかな環境で太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの供給に向いている欧州と異なり、日本は常に地震・台風・大雨の脅威に晒されています。そのため、再生可能エネルギーを主要電源とするなどほとんど考えるべくもありません。唯一可能性があるとすれば地熱発電くらいでしょうが、これとて開発が一部規制緩和されたに過ぎず、これをもって火力・原子力発電を置き換える規模には至っていません。
第3に、これは日本だけの事情ですが、世界全体に占める温室効果ガスの排出量はたった3%そこらです。つまり日本がコツコツ環境負荷を減らそうと減らすまいと、地球全体の趨勢にはハナクソほどの影響しかありません。
こういった事情を全部叩き捨てて「バスに乗り遅れるな」の号令一下思考停止でEVへ突進するのは、三国同盟へ走った戦前日本が重なって見えてしまいます。

とはいえ……世界でEV推進の流れが決定的になったとして、各国に自動車を輸出して稼いでいる日本の自動車産業が果たしていつまで経っても日本向けの「ガラパゴスカー」を、わざわざ生産ラインを2つ保持してまで作ってくれるかというと、それもまた不安なところです。それも、超少子高齢化・人口減少で将来的な市場のシュリンクは火を見るよりも明らかなこの国で。

今、日本がやるべき事は2つあると思います。1つはルールメイキングです。欧州勢がゴリ押しするEVに待ったをかけ、何でもかんでもEVはアカン、当面はHV等とのミックスユースで"ソフトランディング"を目指すべきだと堂々と発言するのです。日本人が国際ルールの策定なんか出来っこないだろと笑うなかれ、最近は5Gの規格策定に重要な立場で参画したりもしています。要はやろうと思えば出来ないことは無いのです。実際トヨタは先日報道されたようにロビイング活動をしているようですが。
もう1つは水素エネルギーの推進です。いかに火力発電所で使用する天然ガスの価格が上昇しているとはいえ、それでも水素エネルギーを電源とするためのコストには遠く及びません。先述のルールメイキングで時間を稼ぎながら、少しずつでも推進していくしかありません。

欧州であれ日本であれ、この話を突き詰めていけば最後には原発稼働の壁にぶち当たることになるのは自明のことと思いますが……どうやらあっちの人たちにはCO2よりも放射性物質の方がクリーンに見えるようですね(笑)まぁ、残念ながら日本が原発再稼働にズルズルべったりと進んでいき、再び先のような悲劇に見舞われることはすでに見えているようなものですが。何しろ学習能力ゼロの国ですからね!
Goodman80
2021年04月16日 12:07
やれやれさん

原発自体に問題が有るのではなく電力会社の管理体制に問題が有るのです。福島の原発に関して製造会社の東芝は余りに酷い管理状況を見て最低限の提案を行いましたが、激高した東電側はその後独自の管理体制を行い、かのような事故を引き起こしたのです。管理や設備を見直した上で、しっかりとした管理の元運用すれば問題は有りません。電力会社は半官半民ですので、原発を停止させた経費等は電気代もしくは税金投入で解決しています。
先ずは今ある設備で出来るだけのCO2削減を行いつつ、日本の知識、技術等をフル投入すべきです。環境の異なる地域と同等の事は出来ませんから、無駄に高い技術力は有効に活用することで理想に近づいて行くべきです。
19190213
2021年04月16日 22:40
スタッドレスタイヤさま
とてもそそられる意見ですね。
なんとかウチの国でもやっていけるような形になると良いのですが。
やれやれ
2021年04月17日 15:26
Goodman80さん、
「原発自体に問題が有るのではなく電力会社の管理体制に問題が有るのです。」
これこそ正に最低と言っているのと同じです。原発と言うものを扱えない人間が扱おうとしている事自体が間違いだとは思いませんか?しかもそれを手放さない。
自民も原発推進ですが今は悪者になりたくないので目立ったアクションはありません。国家運営にする事もしないでしょう。汚い所は電力会社に丸投げでフォローもしない。
日本と言う国には扱えない代物なんですよ。責任を持ちたくないけど動かしたいでは話になりません。

それと使用済み核燃料の問題はそういった事とは別の次元に存在する問題です。トイレのないマンションは何れ部屋中全て汚物の入った袋で住むことすらできなくなるでしょう。
外(外国)に捨てにいけませんからね。カナダが日本に保管場所を提供するよって話がありますが10万年分の保管料をどう払うのか?国際的に統一された取り組みでもない限り保管場所は日本のどこかにするしか無いでしょう。
偽陸士
2021年04月17日 15:33
Goodman80様。

日本に原発は不向きです。

世界でも希なプレートが三つもぶつかり、周辺は世界でも有数な荒れた海域。

原発に向くのは地震の無い大陸のど真ん中で大きな湖の在るところです。

日本こそ地熱発電や豊かな植生を活かしたバイオマス燃料を進めるべきです。

それにドローン攻撃どころか、サイバー攻撃にも不安があり、テロ対策も警備員に忖度させる日本人のメンタル。

この国には過ぎた物です。
ミスターフリゲート
2021年04月17日 15:50
偽陸士さん やれやれさん
自分も同感ですね。地震でまた原発が吹っ飛んだら、それこそ日本の未来は消えるだけです。まずは再生可能エネルギーやスマートグリッドの普及、LNG発電などのコージェネレーションシステム化などをし、どうしても無理なら原発という手もありますが。とはいえあまり原発は使いたくないです

Goodman80 さん
申し訳ないですが、自分も原発はハードプレイかと。どうしても再稼働するなら、再生可能エネルギーやスマートグリッドの普及などを徹底的にやり、どうしてもなら原発を再稼働すると。
Goodman80
2021年04月17日 16:42
やれやれさん 偽騎士様
原発が不要だろうが危険だろうが、現実に日本各地に存在します。停止させていても危険であることには変わりは無く、廃炉となると途轍もない費用と期間が掛かり、廃棄物を捨てる場所すらありません。
負の遺産だろうがとりあえず使って、使用が出来なくなった状態で廃炉するしか無いのです。とりあえず使って、その内に新しい物が開発されるのを待つしか有りません。
地熱発電など危なくて使えません。大規模な施設は原発より危険です。豊かな植生など使えない杉くらいしか有りません。バイオマス燃料などに使える物など此れから模索していくしか無いでしょう。豊かな物など海の水位しか無く、汚染等で近海の物は使えません。自然環境は余りにも厳しく風力発電や太陽光発電にも全く向いていません。
ミスターフリゲート
2021年04月17日 18:44
74. 名無しの共和国人民 2021年04月17日 15:10 ID:vugnaJOs0
自動車はプレミアム市場に食い込めず敗北してるし、低価格帯での競争では韓国中国に勝てない事は確定している

もうどうせ無理だろ
偽陸士
2021年04月17日 21:06
Goodman80様。
ミスターフリゲート様。

EVもグロホも地熱発電も取り敢えず挑戦してみようじゃありませんか。

最初は摺り足差し足忍び足で。
活用出来る様になれば儲け物です。

選挙で投票率が低く、且つ有権者にバランス感覚が無いのでこんな無駄遣いが白昼堂々と罷り通るのです。

とはいえ無い物ねだりばかりしても仕方ありません。

EVも政府調達をベンチャー企業を優先し、ドローンもトルコやイスラエルから安いのを仕入れて使ってみましょう。
地熱発電も杉の間伐材も研究は進めるべきです。






やれやれ
2021年04月17日 22:18
Goodman80さん、
「自然環境は余りにも厳しく風力発電や太陽光発電にも全く向いていません。」
まずその思い込みを捨てなければ何も始まりません。
太陽光発電など日本に非常に向いていますよ。
豪雪地帯は雪の対策が大変でしょうけどそれ以外の所では
設置できる屋根は無数にあります。山を切り開かなくても空き地も一杯あります。家庭用は地産地消で自己消費すればいいんですよ。大規模な工場も同じく。電力会社から買うのをどんどん少なくすればそれだけで十分です。
風力だって真面目に事業化すれば一杯風吹いていますよ。
台風がとかよく言われますが台風の度に全部壊れますか?
むしろ台風に耐える風車を作れば世界中に売ることができますよ。そういう事を長年怠って来たから衰退するんです。
シンガポールでさえ海上に太陽電池を敷き詰めて発電する事を考えています。将来を考えて持続性のあるエネルギーをどうするのか真面目に考えてこなかった、大事故を起こしても原子力に頼ろうとするあまりやらなかった事がツケとして今来ているわけです。発送電分離を行っていればもっと再生可能エネルギーを増やせたし電力会社間の電力取引もできて電力の融通もできたでしょうが未だに進んでいません。東日本大震災の時に痛い目にあってなんとかするはずが10年経ってもできていない。電力利権を離したくないのでしょう。なら最初から東電などの大手電力会社を極力利用しない新しい仕組みを考えたほうが早いかも知れません。兵糧作戦です。発電で金儲けができなくなると本気で危機感が生まれれば送電網に課金するほうが儲かることに気づくでしょう。
結局日本が衰退している原因は何も変えたくないけど金は欲しい、しかし儲からないから余計変えたくないと後ろ向きの発想が負のスパイラルで蔓延しているからではないでしょうか。そりゃ何もしなければ楽ですからね。その代わり新陳代謝が無いので老人となって衰退します。
やれやれ
2021年04月17日 22:21
Goodman80さん、
結局キャンセルしてなかったんですね。
直ぐに使えなくなるゴミを引き取ると...
トライトンに追い金払っても買い換えさせてくれって
言ったほうがマシかもしれません。
どうなることやら。
やれやれ
2021年04月17日 22:42
ミスターフリゲートさん、

佐川の新EVは「中国車」じゃない? 日本発のファブレス方式でEV市場の覇権を狙う
https://kuruma-news.jp/post/367079
日本で設計して製造委託と言うことらしいです。
ただ委託先に日本の自動車会社が候補にも上がらないところが何とも。

日野自動車初の「量産EVトラック」、その実力は?
https://newswitch.jp/p/26857
こっちは2トントラック位ですかね。
価格が公表されていませんが価格次第では売れるかも?
ブロガー(志望)
2021年04月17日 22:43
お邪魔します。
 かつてヒトラーが大恐慌をいち早く克服し、旧ソ連が人類初の人工衛星や有人宇宙飛行を成し遂げた際に「これからは全体主義」「これからは共産主義」といった向きがありましたが、その後は両方とも仇花で終わりました。また戦間期の双発戦闘機ブームも、「戦闘機に必要なのはパワー」というのは間違っていませんでしたが、その「正解」は大戦後半に出現した「コンパクトで強力なエンジンを積んだ単発戦闘機」だった事を思えば、「今の」電気自動車は「正解」ではないかも知れません。それから事が大きくなれば成程「政治」が占める割合が大きくなります。たとえ日本や中国やその他の途上国から優れた電気自動車が出てきたとしても、「労働者の権利や労働環境」「製造時の環境負荷」といったものが問題視されるかも知れません。要するに「一つの籠に卵を盛ろうとしている」事がリスクなのではないかと。
ドナルド
2021年04月17日 23:27
私の中では、地熱、風力、太陽光の順番に、できることは山のようにあると思いますがね。

今、コロナで観光客が減ってますから、温泉利権を地熱発電用に買ってしまう良い機会ではないでしょうか?誤解があるようですが、別に地熱発電をしたからと言って温泉がゼロになるわけではありません。発電の排水は普通に温泉は使えます。もちろん湯温は下がるでしょうけど、そもそもお風呂って45-50度ですなら、「もう発電に使いにくい湯温」なので両立するのです。日本の電力需要を全て賄うことは不可能ですが、原発の半減くらいには役立つのでは?安定電源なので、風力や太陽光とは全く異なる種類の電源です。ニュージーランドの地熱発電所は日本製だそうなので、どんどん導入すると良いのですが。箱根の大涌谷に、でかいやつ作りません?良いシンボルになると思いますが。。。

風力、太陽光については、それこそスギを切って斜面に太陽光パネルや風車をバンバン配置する、くらいの無茶だってやって良いわけです(花粉症対策にもなるし)。山の緑が損なわれますが、杉の人工林は既に山の(本来の)緑を大きく損なっているので、個人的に大差ありません(まあ、私が花粉症なので、バイアスはかかっているでしょうけど;笑)。風力発電で鳥が被害を受けますが、原発事故でも鳥は被害を受けるので、個人的には「電気のない世界に生きるか、鳥対策は頑張った上で、風車をたくさん設置するか」で言えば、私は後者を選びます。

電気自動車のリチウムイオン電池作りだって、ニュージーランドやアイスランドのような自然エネルギーの余りまくっている国の発電量を活かせばよい。実際そういう国ではひたすらアルミの精錬をしています。電気が余っているから。国内の電力消費は電力消費として、電気自動車などの産業用に必要な電力は、一定部分はアウトソーシングすれば良いのです。今からなら、オーストラリアの砂漠に太陽電池敷き詰めても良いし、海上プラットフォームでもできるかもしれない(大海原のど真ん中は、生命活動のほとんどないいわば「砂漠」であり、世界の光合成にほとんど寄与しませんので)。

生き残るために、もっともっとやるべきこと、やれることはある。
Goodman80
2021年04月18日 10:50
太陽光発電で発電所並みの発電量を確保するには山手線内側程度の面積が必要になります。建設費用、維持管理には膨大な予算が必要です。風力発電発電は一定の風力が持続的に必要ですが、日本では望めません。台風が来ると風車を固定しますが、数年で破損して落下の事故は後を絶ちません。地熱発電も小規模なもの以外実用化されていません。これらの発電システムも能力向上し、新たなエネルギーが開発されるかもしれませんが、未だ長い時間が必要です。CO2を削減するのであれば火力発電所を停止させるべきで、原発の再稼働が必要です。今ある設備を使うだけです。無駄な核アレルギーは忘れて、現実を見直すべきです。今の日本の現状をもう一度見直して下さい。無駄な経費を負担するだけの能力は今の日本には有りません。とりあえず今を生き延びて、外国で開発されたものを選別して導入していくことがベストです。
偽陸士
2021年04月18日 19:35
Goodman80様。

>無駄な核アレルギーは忘れて、現実を見直すべきです。今の日本の現状をもう一度見直して下さい。無駄な経費を負担するだけの能力は今の日本には有りません。


日本の国土で安全の原発を稼働させるのは不可能です。
何処のメーカーでも日本の地震に耐えられる原発など造れますまい。
例え一度の地震に耐えられても繰り返し受ける揺れにより設備の強度は下がります。
また既存の原発に至っては一般住宅で採用されてる様な耐震基準さえ有りません。
揺れの強さを示すGalでさえ用いられていません。

もし原発を新設するなら廃棄物の最終処分場を建設しそこに運び込む。
発送電を分離し発電コスト、安全対策を競い合わせることが最低の条件です。

これすらクリアー出来ない国が原発に火を入れようものなら、イラクのオシラックの様に空爆されても仕方ありますまい。

汚染水すら電力会社のバランスシートを守る為に、コンクリート製の地中ダム、ロシアの汚染除去技術の導入を行わないで海に垂れ流す。

周辺国の言い分の方に義も理も在ります。
19190213
2021年04月18日 20:31
原発が現状効率を見ればベストというのは解るんですよ。

ただ・・・・実際にできますかと言えば割かし難易度は高いと思います。
先ず国民が安心できるだけの材料が少し少ないかと思います。
個人的にはですが、古い原発自体は緩やかに閉鎖して欲しく思いますが。

Goodman80
2021年04月18日 21:43
偽陸士様 19190213様
原発を使用しないとなると化石燃料で発電し続ける事に成り、CO2の削減など全く不可能です。又、原発は災害に対する事故の発生しないように、管理を万全にし、封印し続ければなりません。それでも、災害やテロで放射能漏れ等の事故は発生します。化石燃料を使った発電所や水力発電なども災害に強い訳では有りません。
未来のエネルギーが開発される迄、つなぎとして原発の稼働は必要です。直ぐに解決できる便利なドラえもんの道具など無いのです。
19190213
2021年04月19日 06:35
goodman80様
理解はしてますよ。
ただ、出来るだけの材料が足りないと思うのです。
311は日本人に強い衝撃を与えました。
多くの人間が再稼働を納得できるだけの説明と安全対策が必要かと思います。
偽陸士
2021年04月19日 09:12
Goodman80様。

火力発電で爆発があっても、そこで人が住めなくなる事は有りません。

原発は場所と気象条件によっては、人が住めない国になります。
スイスに至っては侵略された時の最期の手段にしてましたから。

そのうえCO2の削減どころか海水を温めるので、海水中のCO2が放出され更に温暖化を悪化させます。

ドラえもんどころかパンドラの箱です。
Goodman80
2021年04月19日 10:10
偽陸士様 19190213様
原発は廃炉しない限り存在し続けます。ミサイルやテロの目標になり、災害では放射能漏れ等の危険が有ります。稼働させなくても厳重な警備は必要です。問題を先送りして、負の遺産として残し続けるのですか?
やれやれ
2021年04月19日 10:48
Goodman80さん、
「太陽光発電で発電所並みの発電量を確保するには山手線内側程度の面積が必要になります。」
たったその程度でいいのですか?なら楽勝ですね。
1箇所でその大きさでなければならないという事はありません。
各家屋の屋根だって工場だって耕作放棄地だって空き地だって日本中にたくさんありますよ。フクイチの周辺だって高汚染の所は除染しないで太陽電池で覆ってもいいんですよ。
日本は狭くて土地がないからと嘆く向きもありますが、その僅かな土地すら持て余している現状を鑑みれば実にもったいないと思いませんか?太陽電池パネルの下に別の産業を入れてもいいんですよ。
それこそ土地の有効利用と言うもの。個人や零細企業で独自の取り組みをしている所はありますが、大規模と言う面ではまだまだですね。
他にも再生エネルギーを得る方法は色々ありますが、結局実用化するのが早いのは欧州とかですね。日本は原発に拘るあまりそっちに力を入れてこなかった過去がありますから。少しは見直さないとエネルギーを輸入することになります(今でも石油、石炭、LNGで火力は輸入と言えるでしょう。原発は既に輸入ですが。)。
Goodman80
2021年04月19日 13:57
楽勝な事を行うのは基本お役人なのでまず不可能ですね。民間がやるにしても許可するのは役人ですし、役所主導の経営会社が優先的に許可されています。今も様々なプロジェクトが各地で行われていますが、真面な物は有りません。民間主導は故意に潰されています。あと数年で全て廃棄されるでしょう。使えそうなものを見繕って民間が再編していくしかないのでは。見返りがる事しか役人は動きません。
それと太陽パネルの維持管理は意外と手間がかかります。この国の自然環境は過酷です。
偽陸士
2021年04月19日 15:44
Goodman80様。

>偽陸士様 19190213様
原発は廃炉しない限り存在し続けます。ミサイルやテロの目標になり、災害では放射能漏れ等の危険が有ります。稼働させなくても厳重な警備は必要です。問題を先送りして、負の遺産として残し続けるのですか?

はい。
負の遺産以外の何でもありませんし、それ以外の何物にも成れません。

被弾した時に稼働中と冷温停止中では、雲泥の差があります。

また津波やその前の引潮、果てはクラゲで冷却水が止まれば原発など稼働出来ません。

プルート(冥王)に魅いられ、踊らされるのはもう止めにしましょう。

再稼働なら最終処分場が出来てからです。
それと汚染水の海洋放出する前に、やるべき事をやらない日本に味方する国は無いと思いますが。
Goodman80
2021年04月19日 20:17
偽陸士様
>それと汚染水の海洋放出する前に、やるべき事をやらない日本に味方する国は無いと思いますが。
味方はしないでしょうが、文句も言わないでしょう(変な国は除く)。言えばどこぞの党首みたいにブーメランが帰ります。原発持っている国は言えないんですよ。やるべきこと以下の事しかやっていないで、放出しているんですから。
原発反対とか元首相みたいなことはもう古いですよ。かのグレタさんも最近大人しくなりました。夢想と理想は分けた方が良いですよ。もう少し現実を見ましょう。
19190213
2021年04月19日 22:07
Goodman80さま
何を以て納得するかですよ。
貴方も私も元自ですよね。
ここで死んでくれと言われた時にどうやって納得するか。
生命体の1個体として考えた時に死ねという命令はかなり酷で”非合理的”なものですよ。
割りにあわないし生命体としてはかなり無理がある。
だから、それぞれ理由を作って”納得”するしかないんだと思います。
今回で言えばそりゃ原発を使う方が合理的だったとしても、”納得できるだけの”理由と安全策はあるのでしょうか?
結局は我々は人間であるので感情も無下にはできないと思います。
偽陸士
2021年04月20日 01:54
Goodman80様。

味方はしないでしょうが、文句も言わないでしょう(変な国は除く)。言えばどこぞの党首みたいにブーメランが帰ります。原発持っている国は言えないんですよ。やるべきこと以下の事しかやっていないで、放出しているんですから。

文句どころか抗議されてますが・・・・
相手国は変でしょうが、言ってる事はマトモですよ。
中国、ロシアが同じ事をすれば日本人だって発狂するでしょうよ。

>原発反対とか元首相みたいなことはもう古いですよ。かのグレタさんも最近大人しくなりました。夢想と理想は分けた方が良いですよ。もう少し現実を見ましょう。

グレタが日和ったか知りませんが。
原発反対、古臭い、大いに結構。
共産主義もバブルも最初は新しい理論だとして、持て囃されたものです。
原発も同じです。
お湯を沸かすなら化石燃料でも充分です。
原発は熱の8割は捨ててます。
コストも太陽光に負けてます。
これが現実です。

元首相の主張ですが、沖縄の人達からすれば当然で、反対するなら米軍ヘリの低空飛行も事件事故も甘受してからにしなさいと言われるでしょう。
ひゃっはー
2021年11月15日 21:22
フランスは電力の70%を原発から供給していて、二酸化炭素を出していないから、どんどんEVを導入すればいいでしょう。でも日本はこれ以上、原発は作れないだろうから、EVの導入なんか止めてくれ。
ただ、石炭火力で電気を作っているのは批判されて仕方がないと思うけど。