堀口英利さんへの公開質問状その43堀口英利さんはタダで高級ホテルに泊まって自慢したいんですか?

堀口英利さんへの公開質問状その43
堀口英利さんはタダで高級ホテルに泊まって自慢したいんですか?

堀口英利さんは、ダダで高級ホテルに泊まれたことが余程ご自慢のようです。
IMG_7725s.png

>先日は某社からのご招待で、ザ・ペニンシュラ東京に宿泊しました。
客室から眺める皇居と日比谷公園は格別でした。
誕生日や記念日に、再び泊まりたいものです。



ツイッターをみると堀口英利さんはよく「某社」から「ご招待」が多いようです。
世の中には奇特な会社があるものですね。堀口英利はご自身も認めているように
何の実績もない学生です。そして現状は最終学歴が「高校卒業」の大学生です。

普通に考えれば、その恐らくは何のメリットもない学生に、全く不要であろう高級ホテル宿泊をプレゼントするという会社って想像がつきませんね。

例えばぼくもパリやロンドンなどで招かれた場合はホテル宿泊が先方持ちという話もありますが、せいぜい4つ星クラスです。それに外国から来るから出してくれるわけです。現地の同業者には出してくれません。しかも近年はそういうセミナーやイベントもほとんどありません。

東京に海外の防衛大手の役員クラスが来る場合、相手のホテルで会うことはありますが、その場合レストランやコーヒーショプ、ビジネスセンターのラウンジなどで会います。相手が東京圏内に住んでいるぼくにそのホテルの宿泊費を払う理由はありません。

そしてコロナ禍の昨今、セミナーの類もほとんどないでしょう。堀口英利さんは衆議院議員のインターンをやっているというお話ですから、東京通勤圏にお住まいでしょう。
常識的にそういう人物に宿泊を提供するということはビジネス関連でも普通はありえない話です。まあ、世の中には思いもしない事実やからくりがあったりしますけども。
例えばオーナー企業の社長に気に入られて、娘の婿候補になってご招待とかはあるかもしれませんが、それを経費でやると税務署には睨まれますよね。
まったくもって不思議な会社ですね。

しかし堀口英利さんは写真がお上手ですね。まるでプロ並みの腕前です。


■本日の市ヶ谷の噂■
陸幕は軽装甲機動車の後継車両の乗員を8名にするも、今度も全員下車して戦うというドリフのコントのような運用を継承との噂。


#堀口英利 #迷い箸おじさん #SOAS #ロンドン大学 #学習院大学
#学習院大学ヨット部 #東洋アフリカ研究学院 #キングス・カレッジ
#退学  #KCL #IFC

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2021年03月24日 17:25
何の確証もありませんが、実は自腹、或いはお金持ちと言われる実家の招待かもしれないと愚考します。
個人的にはどうでもいい話ですね。

そんな事より
「陸幕は軽装甲機動車の後継車両の乗員を8名にするも、今度も全員下車して戦うというドリフのコントのような運用を継承との噂。」
という事は普通の装輪装甲車を軽装甲機動車の代わりとして使用するということですかね?少なくとも4人乗りよりはマシでしょうね。それにしてもお留守番?無線係?を残さないのはどうなんでしょうね。玉砕するなら全員で突撃なのでしょうか?
ミスターフリゲート
2021年03月24日 19:07
堀口さん、もうめちゃくちゃですね(棒)

装甲車の件
後継車両って一体なんですかね。普通のAPCなのか。仮に本当なら、軽装甲機動車の変な運用方法が染み付いてしまったのか。
ただ、あくまでも噂でしかないのがあれですね。「本日の市ヶ谷の噂」ってのは、なんか説得できるようなソースさえあれば説得力増すと思うのですが
19190213
2021年03月24日 23:00
まぁ状況によりますが機械化歩兵というのは下車戦闘もしますね。
所詮は装甲車であって戦車程固くはないんで下手打てばRPGで全員戦死もあり得ます。これはアクティブ防御装置や籠型のアーマーなんかを付けたりもすれば緩和出来なくはないですが、敵襲受けましたの後で反撃する時は下車させることも多いです。
理由に関しては歩兵は展開し適度に分散してなんぼの兵科なんで分隊の火力を出すには状況次第じゃ下車もあるってところです(これは米軍も同じです)。

例えば待ち伏せ喰らって車が動けるのに(機動力があるのに)敵のキルポイントで下車するのはアカンですよ。
そのまま突破するか後退して敵の火点を避けてから下車して戦闘とかになる感じだった気がしますね。

それに敵火を浴びた地形がどうなのかとかそれぞれありますし勿論下車しないで逃げた方が良い時もありますよ。
どっちかに拘って柔軟性を無くすのはアカンです。

低強度紛争なのかそれとも正規戦なのか。
低強度紛争でも元正規兵あがりで構成されていてキルポイントに地雷やIEDそして複数のRPG、軽機関銃なんかをきっちりおいて地獄のように待ち構えているのかどうかとか(もう正規戦の歩兵と変わらん)。
ケースバイケースだと思います。

一時確かに機械化歩兵は下車しなくても戦えるという認識があったのですが歩兵の火力が強くなり現代の戦場は甘くなかったようで装甲車事丸焼きにされる事例も少なくはなかったので装甲車なのにタンクデサントするなんて本末転倒なこともあったようです。
陸自の場合、籠型装甲やアクティブ防護装置やRWSなどを”まとも運用したことがない”ので現場の人間からすれば身を守る為にも歩兵が分散したがる傾向も否めませんがね(結局はモノがあるかないか。現場に全部返ってくる。)。

まぁ市街地戦をこちらから仕掛ける時(掃討するとき)は下車するんで具体的にどの辺りを指して変なのかというのは文脈によりけりかなと。
19190213
2021年03月24日 23:41
もし車外に出ない前提で戦うBMP1の構想をやるならば打たれ強さも必要ですがBMP3並みの火力が必要ですし今まで日本の装甲車両でそのレベルに達したものはかろうじてFV位かなぁと。
当然ご存知WAPCも全然そのレベルに達していなかったわけです。

ロシアがBMPシリーズで三代目にようやく花が咲いたのとBMP-Tのような歩兵掃討もできる怪物を作り出したのを見れば、”本腰”をいれないと到底良い物はできないのは明白ですし、現場の人間は乗車のままでは戦えないよねと。

もし防衛省が、本気でアクティブ防護装置もケージ装甲も底板のV字装甲もRWSか東側車両のような重火力を構成しますってなるのだったら現場は運用を見直すべきですかね。
なさそうな話ですが・・(まぁ車両幅で制限しているようではね。何せ重いので足回りが)。

”運用がおかしい”のではなく”車両がそれに適さない”故に仕方がなくの傾向が強いんではと思ったりです。

多分お嬢様みたいな車両がでてくるんだろうなと。
せめて・・せめて・・固いのか、火力が良いのかどちらかは欲しいところですがね。
海外派遣つれていけるレベルであって欲しいのですが・・・(安定の少数海外製購入の方がマシ?)。

清谷様が常々海外製を買えと言うのも得心の結果です。


最悪キルドーザーみたく隊員が自分で装甲張り付けるような珍事になった時には悲しいですね。
https://toyokeizai.net/articles/-/298740
19190213
2021年03月24日 23:46
失礼これLAVの話ですね。
間違えました。
Goodman80
2021年03月25日 08:33
軽装甲機動車の後継車両なら、こんなものはいかがでしょうか?
MAV-5装甲車
http://combat1.sakura.ne.jp/MAV-5.htm
ベースがトラックなので、整備性も価格も抑えられるようです。まあ、三菱製の訳の分からないものになるんでしょうが。
ミスターフリゲート
2021年03月25日 11:39
軍事とは関係ありませんが、これを見てください。

さらば「日本製」…まもなく日本の「基幹産業」がどんどん消えてなくなる!
https://news.yahoo.co.jp/articles/9b8684649ce449a60f491e25ff9b46ee8aa3920a/comments

酷いのは、もうヤフコメ民も完全に諦めきっていることです。5chなんかはもっとです。「AVだけ作れ、アニメも漫画も終わり、自動車はEV化に対応できない、もう中国東南アジアに出稼ぎや売春する時代が来る」
です。どうしろと。もう全て諦めて滅びるしかないんですかね
やれやれ
2021年03月25日 15:24
ミスターフリゲートさん、
その記事は読みましたが、その通りです。
なぜそうなったのかは実に簡単な話で産業の転換ができずに
成功体験だけにこだわっていたからです。
製鉄は昔は盛んでしたが、今や建てるものも少なくて国内需要でも鉄余りで過去の産業に落ちぶれました。高炉も古くなったし水素で製鉄する次世代技術の開発も不景気でやってないでは縮小に向かうしかありません。今後は中国の内需が縮小するにしたがって中国製の安い鉄が出回り日本製のは売れなくなるでしょう。製鉄では無く鉄を素材とした加工ビジネス、廃鉄からリサイクルするビジネスにでも転換する必要があるでしょう。不要な人は別の産業を立ち上げて移すしかありません。
どうしても製鉄で中国に勝ちたいなら中国より安くて高品質、大量に作る事が絶対条件になります。同程度の価格と品質では勝てません。日本中を製鉄所だらけにしても不可能でしょう。

エンジンと雇用は当然減るでしょう。それはCO2云々以前から予告されていました。特に自家用車は何れEVにとって変わられる事は既定路線でそれが少しばかり早まったに過ぎません。以前自動車工業会としてのトヨタ社長の物言いに怒りましたが、裏では遅れながらもEV化を進めています。なのにエンジンを延命と言うのは切り替わるまでは部品メーカを生かして、用がなくなれば切り捨てると言うに等しい事です。だから今からM&Aやエンジン部品からの業種転換、店じまいについて真面目に議論してソフトランディングの道を探るべきなのに、トヨタのやり口は延命の嘆願はしたから後は好きにどうぞと言う事です。真剣に部品メーカの事を考えているとは思えません。もっとも部品メーカも近未来に起こる事は分かっているだろうから手をこまねいている様では社長はじめ無能揃いとなります。その辺の舵切りが上手くできるかどうかが生き残る企業の資質と言えるでしょう。

30年も40年も同じ内容の仕事しかしていないと何れ他に仕事を取られて衰退すると言うことです。アメリカも日本に製品市場を奪われて衰退しましたが、IT他GAFAが勃興し別の方向で大きくなりました。今の日本は昔のアメリカの産業と同じで新しい産業に切り替えていかないと途上国に産業を取られてジリ貧になると言うことです。

19190213
2021年03月25日 18:25
https://www.youtube.com/watch?v=hWu-UwElHR8
中国でテスラ超え!50万円の電気自動車「人民の足」

家電感覚で車を買い替える日がくるかもしれません。
いずれは中国車で日本は多い尽されるかもしれませんね。
2050年には発展途上国、女性はワンコインを求めて体を売るなんて過激なワードを目にしましたがあながち間違いじゃないと思います。

正しいのかそうでないか・・どちらにせよ今の自民のようにお友達だけを食わせてれば酷い有様が待っているのではないかとは思いますがね。
ミスターフリゲート
2021年03月25日 18:39
やれやれさん
せめての救いはトヨタは嫌々ながらもEV化に動いていることです。新たな産業しかないと言いますが、5ch民はもはや完全に見限っているものしかおらず、やれ出稼ぎど売春、AVで食ってけという有様です。終いにはもう中国に統治されろと言い出す者まで現れる始末。
ミスターフリゲート
2021年03月26日 10:15
1919023さん
もう日本の終わりは確定なんですかね?
やれやれ
2021年03月26日 11:41
ミスターフリゲートさん、
トヨタは別に嫌々ながらというわけではないでしょう。
出すタイミングを図っているんだと思います。
しかしそれが世界の動きについていけてない。
下手をするとトヨタでさえ傾く恐れがあります。
まだこの世に出てもないAppleCarをAppleは40年
修行して出せみたいなトンチンカンな事言う社長ですよ。
GAFAが従来通りの自動車開発、設計をするわけないでしょう。
からかっただけかも知れませんが、センスの悪さ、頭の悪さ、
時流が見えてないと自分で言っているようなもの。
例えばiPhoneを製造している事で有名な鴻海(FOXCONN)は
最近EV車のプラットフォームを発表しました。自動車とは無関係な
コンピュータとかスマホとか比較的小さい物を組み立てている会社ですよ?誰がそんな事を予想したでしょうか。簡単に言うと車体を載っければ完成です(現実はそこまで単純では無いですが)。つまりFOXCONNと手を組めばどこの会社でもEV車を出せる可能性があると言うことです。他にも他業種からEV車の開発の話があります。
Googleも自動運転の開発に積極的です。自前の自動配達車も
やろうとしている様です。Appleを笑っていたら20年後は
トヨタの看板下ろしてAppleCarを作る会社に落ちているかも知れません。自動運転でも遅れていますからね。

今の日本人の悪い所は商機を見定める感覚が無いことです。
色々な国で色々発表しているタイミングで遅れなく、
できればもっと先の事まで発表する位でないといけないのに
商品が完璧に仕上がったら発表のようなのんびりしている
事が問題です。

我社のEV戦略はこうで、今後このような形で進めていく
予定ですと言うポートフォリをを示せていない。今はどこの
自動車会社も全てを開示している訳ではないでしょうが、
日本の取組みはもっと遅い。分かりやすく言うとうちもやっていますアピールが積極的では無い事です。仕方なくやってますと
思われては将来のユーザーからあそこはEVやってないから
選択肢から外すと言われたらそれで終いです。トヨタなどはFCVもやっていますが水素ステーションを積極的に増やすでもなく人任せ。
そうこうしているうちに他のFCV車が水素ステーションを広めたら
皆そっちの方を向くでしょう。先行していたトヨタは相乗りさせてもらう立場に落ちます。これでは商売のセンスが無い。それでも先行しているし、技術もあるから勝てると思っている日本人は愚かだと思います。その場合は既に1段低い位置に見られているとも知らず。先行者はインフラがなければインフラを自前でも政府への働きかけでもなんでもして増やし先行者利益をまず確保できる大勢にもっていくべきだと思いますがね。美味しい所取りだけしたいなら他所より高品質で低価格にする必要があります。それで利益を出せれば良いのですが。

まあかように成功体験と言う甘い蜜は脳みそから離れないんですよ。やり方次第で盛り返せる、なんとかなる、で商機を見誤ると誰から見ても圧倒的な負け組になってようやく重い腰を上げて転進するような第二次大戦でお馴染みの光景が見えるような。半導体も液晶も、鉄も造船も他にも色々。どうしても負けたくないなら勝っているうちに先行投資をバンバン行って新しい技術や改革、新規開拓で振り切らないと難しい。同じ土俵で勝てる見込みができなくなったら早い段階で転進して別の方向で開拓する、そういうセンスが無いと難しいですね。
ミスターフリゲート
2021年03月26日 12:36
やれやれさん
とにかく、トヨタ始め今の日本企業が最善の選択と結果を残せるよう、見守るのみです
19190213
2021年03月26日 14:09
いやーどうなんでしょうね。
ただ、確かこれ言っているのがジムロジャース辺りなんで一寸過激に言っている感は否めないかなと。

まぁ敢えて個人や労働者という視点から見ると、このままのやり方じゃそれに近くはなるかもしれませんな。
偶に海外の求人見るんですけれども、中国なんかは特定の業種や人材は給与がクソ高いです。
勿論為替差もありますが、優遇しているという意思がはっきりしてます。
それは製造業のノウハウを持つ現場のベテランだったり品質管理なんかができる中堅層だったりを優遇しているってことなんですわ(研究者だけじゃなくて)。
退職した後でも良いと言う企業も沢山あるんで技術屋さんは国内で喰えなくなったらそりゃいきますがなと。
向こうからすればその時は高くついてもノウハウ吸えれば、いい訳ですからね。
実質的に中国の製造業を育てたのは先進国のお金だけではなくてそういう技術者の支援もあってこそなのかもしれません。
かつて維新の際そして近代陸軍となった時にも西洋から色んなお雇い外国人がやってきて日本に技術を与えました(砲兵だとね、日露以前のその手の外国人技術者との逸話が多くて一見補給軽視に見える陸軍ですが物凄く考えてはいた形跡が伺えます。ただし、昭和では砲兵科の運用というよりは上級司令部の運用が正しくはなかったことや海上護衛を完遂できず海没した事例が多い。)。
一足飛びに日本が世界に飛び出てあっという間に列強になったのも別に日本人が特別だからという訳じゃなくて今の中国のように”できること”と”やりたいこと”を理解した上で教えを乞うて実行しているだけのことなのかもしれませんね。

確かに日本の製品は今や価格差で競争できないともなれば現場技術者にもお金は回せないかもしれません(品質も既に・・)。
そしてそれは、国民の購買力の低下に繋がります。
デフレスパイラルを抜け出せないのも国民の購買力(意識を含め)の低下が一つの原因であるのだろうなと思います。

又、最近 ”「意味のないクソ仕事」をする人ほど給料が高い”こういう記事を目にしました。
ブルシット ジョブと呼ばれるそれは、幾つかの類型に当てはまるんですが、中間管理職もそれに値することがあるらしいのです。
全部不要と断定はできませんが、生産をしている労働者に対して実は殆ど生産活動をしていない人々。
これらを比した時に給与水準は生産活動をしていない人々の方が高いようです。
それで喰えないとなれば技術や知識がある方は国やブルシットワーカーを見限って海外に行くのもまた必然。

そういう環境下になっているのであれば国という単位を通して自分を見るんではなくて一先ずは個人が生き残る事を優先していくべきかと思います。
個人に必要なのは、やはりまず海外で仕事ができるように英語か中国語。
そして自分の専門を生かした職業(確か清谷様は会計の仕事を勧めていましたがその手の求人もあります。)。

学生時代に嫌々取った国家資格や専門性がなんだかんだ今も拠り所ではあるんですが、私はいかんせん中国語や英語ができない。
2050年問題が解決されなければ淘汰されてしまう。
貴方はこうなるべきではない。


確かにこうなって欲しいというwillとこれはできるcanが、国際政治関係では自分の中のナショナリズムと違うことが起きるかもしれません。
ですが万が一ジムなんちゃらが言うようなことが起きた時になってから無力に苛まれても仕方がない(家族を守れるのは自分だけです。)。
日本はそうなるかという質問でしたが私からは正確には解らないとしか言えません。
ただ、物心両面の準備を事が起きる前に済ませるのは上策と思います。
お金を使うのは楽しいですし逆はとてもつらい物です。
デューイは学習者が自身が使って有益と実感できる知識でなければその価値を見いだせないと言っていたような気がしますが、まさに資格や勉学という物はその側面を秘めています。
使う環境下であればきっとそれに価値を見出せるでしょうし苦痛に耐えモノにできるでしょう。できない場合は環境を変えましょう。
勉学頑張ってください。