コルト社身売り。アメリカ軍事企業の凋落は続く。

コルト社身売り。アメリカ軍事企業の凋落は続く。

Czech gunmaker CZG buys Colt in cash and stock deal
https://jp.reuters.com/article/czg-colt-idUSL1N2KH3HO

>CZG-Ceska Zbrojovka Group said on Thursday it would acquire group Colt Holding Company for $220 million and CZG shares as the Czech gunmaker expands in the larger U.S. market.

>CZG, whose firearms include CZ (Ceska Zbrojovka), Dan Wesson and Brno Rifles, is active already in the United States and building a factory in Little Rock, Arkansas.

>The Czech group said it would acquire 100% in Colt Holding, the parent of Colt’s Manufacturing Company and a Canadian subsidiary, for the cash consideration and 1.099 million pieces of newly issued CZG stock.

CZブランドでおなじみのCZG社が米国のコルト社を買収しました。
元共産国の銃器メーカーが、米国の象徴とも言えるコルト社(そしてコルト・カナダ)を傘下に収めたわけです。

この遠因にはコルト社が米国でも工場や子会社を持つH&K、グロック、FN、SIGなど外国のメーカーに開発力で劣って、市場の求める製品を開発できないことが大きいと思います。

長い間見本市でもコルト社(そしてコルト・カナダ)の画期的な新製品を見たことがありません。

いつも申し上げておりますが、米国上場企業は株主から四半期ごとの利益と株価の上昇を極めて強く要求されます。
そのためには利益は中長期に対する投資よりも、配当に回されます。投資とはすなわち新製品開発、基礎研究、設備投資、従業員の訓練や昇給などです。例えばホンダジェットのように10年単位での開発、まして成功するかどうかわからないプロジェクトにはなおさらカネをだしません。
またバランスシートをきれいにするために、固定費用、すなわち工場などの生産設備や従業員もできるだけ少なくします。これは即ち空洞化を招きます。社内に具体的な技術に詳しい熟練した社員がいなくなり、あらゆることはアウトソーシングしてしまいますから、メーカーとしての知識や経験、ノウハウの蓄積ができない。
技術はベンチャー企業を買って補います。

研究開発は得てして国防総省などの「スポンサー」がいれば行います。ですが、コルトのような小火器メーカーでは中々予算は出てきません。まだしもジェネラルダイナミックスなどの複合企業の小火器部門の方がカネを出します。恐らくコルト社が軍の次世代の小火器の契約をとることは極めて困難でしょう。それ故に身売りをしたのではないかと思います。ですが世界最大の民間市場や警察など法執行機関向けの製品であれば、CZGはコルトの看板や営業網を使って利益が取れると踏んだのでしょう。

そして米国企業は利益が出たり、でなくてもカネを借りて自社株買いをします。市場の株式の総数が減れば、その分1株あたりの株価はあがります。

実質的な企業としての価値が上がらないまま、あるいは下がっても株価が上り、配当が増えれば投資家は喜びます。

この傾向は決してコルト社だけの問題ではありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2021年03月09日 18:24
「ジェナラルダイナミックスなどの複合企業」
ジェネラルダイナミックスですかね、あえてこう書いているならすいません。外来語の発音をカナに直すとどれが良いのかって問題も出ますから。

コルトって連邦破産法申請していませんでした?結構前から景気が悪くて傾いていた記憶が。なので別に驚きません。M4で結構儲けたのでは?と思わなくもないですけどそうでもないんですかね?
CZですか。銃マニアには珍しくもないブランドですが、知らない人には驚かれるんでしょうね。アメリカの心をチェコが買ったとか言うのでしょうか?ただ買収額が安い気がするので変な負債を隠して無ければ北米に拠点も築けるし自社製品も一緒に売るとか宣伝には良いかも知れませんね。名門コルトと言えど単独で生き抜けるほどこの世界は甘くないという事でしょうね。LM辺りに買い取って貰えば左うちわだったかも知れませんが、買うほどの魅力が無かったのでしょう。
$220万ドルなら日本企業でも買えたかも知れませんが、豊和の規模で買うとも思えないしそんな博打をしても多分共倒れでしょう。他の防衛企業も色気がある位ならとっくに買収していますよね。

どうでも良いことかも知れませんがCZが親会社になったらコルトパイソンを現代風にして復活させて欲しいかな。
銃身のヒートシンクがカッコいいので。復刻版もありますが
リニューアルするとガンマニアに売れないかな、と。
それとコルトを進化させるなら拳銃が正規の所収者の手から離れると撃鉄が落ちないギミックを付けると警察にも喜ばれるかも知れません。銃を奪われても安心。これからは拳銃もITですよ。銃もサイバーに進化させましょう(笑)。
キヨタニ
2021年03月09日 19:26
ご指摘ありがとうございます^_^

>やれやれさん
>
>「ジェナラルダイナミックスなどの複合企業」
>ジェネラルダイナミックスですかね、あえてこう書いているならすいません。外来語の発音をカナに直すとどれが良いのかって問題も出ますから。
>
>コルトって連邦破産法申請していませんでした?結構前から景気が悪くて傾いていた記憶が。なので別に驚きません。M4で結構儲けたのでは?と思わなくもないですけどそうでもないんですかね?
>CZですか。銃マニアには珍しくもないブランドですが、知らない人には驚かれるんでしょうね。アメリカの心をチェコが買ったとか言うのでしょうか?ただ買収額が安い気がするので変な負債を隠して無ければ北米に拠点も築けるし自社製品も一緒に売るとか宣伝には良いかも知れませんね。名門コルトと言えど単独で生き抜けるほどこの世界は甘くないという事でしょうね。LM辺りに買い取って貰えば左うちわだったかも知れませんが、買うほどの魅力が無かったのでしょう。
>$220万ドルなら日本企業でも買えたかも知れませんが、豊和の規模で買うとも思えないしそんな博打をしても多分共倒れでしょう。他の防衛企業も色気がある位ならとっくに買収していますよね。
>
>どうでも良いことかも知れませんがCZが親会社になったらコルトパイソンを現代風にして復活させて欲しいかな。
>銃身のヒートシンクがカッコいいので。復刻版もありますが
>リニューアルするとガンマニアに売れないかな、と。
>それとコルトを進化させるなら拳銃が正規の所収者の手から離れると撃鉄が落ちないギミックを付けると警察にも喜ばれるかも知れません。銃を奪われても安心。これからは拳銃もITですよ。銃もサイバーに進化させましょう(笑)。
キヨタニ
2021年03月09日 19:26
ご指摘ありがとうございます^_^

>やれやれさん
>
>「ジェナラルダイナミックスなどの複合企業」
>ジェネラルダイナミックスですかね、あえてこう書いているならすいません。外来語の発音をカナに直すとどれが良いのかって問題も出ますから。
>
>コルトって連邦破産法申請していませんでした?結構前から景気が悪くて傾いていた記憶が。なので別に驚きません。M4で結構儲けたのでは?と思わなくもないですけどそうでもないんですかね?
>CZですか。銃マニアには珍しくもないブランドですが、知らない人には驚かれるんでしょうね。アメリカの心をチェコが買ったとか言うのでしょうか?ただ買収額が安い気がするので変な負債を隠して無ければ北米に拠点も築けるし自社製品も一緒に売るとか宣伝には良いかも知れませんね。名門コルトと言えど単独で生き抜けるほどこの世界は甘くないという事でしょうね。LM辺りに買い取って貰えば左うちわだったかも知れませんが、買うほどの魅力が無かったのでしょう。
>$220万ドルなら日本企業でも買えたかも知れませんが、豊和の規模で買うとも思えないしそんな博打をしても多分共倒れでしょう。他の防衛企業も色気がある位ならとっくに買収していますよね。
>
>どうでも良いことかも知れませんがCZが親会社になったらコルトパイソンを現代風にして復活させて欲しいかな。
>銃身のヒートシンクがカッコいいので。復刻版もありますが
>リニューアルするとガンマニアに売れないかな、と。
>それとコルトを進化させるなら拳銃が正規の所収者の手から離れると撃鉄が落ちないギミックを付けると警察にも喜ばれるかも知れません。銃を奪われても安心。これからは拳銃もITですよ。銃もサイバーに進化させましょう(笑)。
Suica割
2021年03月09日 22:39
やれやれ様
コルトは、持ち主が何回も変わったり、外部から救済支援をもらっていたように思います。
やれやれ
2021年03月10日 11:03
Suica割さん、
ありゃ、そうでしたか。結局どこも持て余してしまった結果がCZなんでしょうね。銃なんてそんなに代わり映えしない物の様に見えて
意外とそうでもないようで。基本は変わらなくても使い勝手とかは進化させないとモノとして劣っていくと言う事なんでしょうね。
ブロガー(志望)
2021年03月14日 23:08
お邪魔します。
 最近航空機がエンジンの部品を落っことして、民間の住宅とかを"爆撃"していると伝えられています。また菊は宿根草ですが、菊を栽培している人達は同じ株から何回も咲かせるのではなく、挿し木で株を更新しているとも聞いた事があります。「モノ及び付加・効用価値を生み出す」よりも「分配というか奪い合いが中心になり、それに長けた人達が主導権を握る」というのは企業または産業の「老化」ではないかとも思ったりもします。となれば下手に「老化防止」「若返り」を狙うよりは"挿し木"で新しい株を作るべきではないかと。家電大手をリストラされた技術者がアイリスオーヤマで製品を作り、老舗の三菱がスペースジェット開発に失敗する一方で自動車メーカーのホンダがホンダジェットを開発するように。