海自FFMに対する評価。

海自のFFM二番艦が一番艦に先んじて進水しました。
FFMの最大の目玉はその艦としての能力ではなく、クルー制の導入でしょう。
音響艦ひびきで試験的に導入されたクルー制はFFMで本格的に導入されることになります。3隻あたり4チームのクルーが編成される予定です。

それが可能となったのはまず船体の小型化と省力化で乗員を通常のDDの半分、イージス艦の三分の一程度に抑えることができたからです。
また艤装の標準化を厳格に行ったことです。これまでの護衛艦では同じ型でも艤装がその都度異なっていたので、例えば一番艦と5番艦ではまったく違っていたりしました。これだとクルーが交代したときに戸惑い、支障が出てきます。戦闘時ならばそれはなおさら深刻になります。


逆に言えば既存の護衛艦はそれ故にクルー制を導入できない。特にイージス艦のようにクルーの数が多いなら尚更だ、ということです。艤装に関して言えば、修理のときに共通化すればある程度は可能となるとは思いますが、検討はすべきです。
またクルー制度を全面的に導入するのであれば、今後建造されるイージス艦を含めて護衛艦、潜水艦の艤装の共通化が必要となるでしょう。特に最もクルーの確保が難しい潜水艦は最優先ではないでしょうか。


クルー制を導入したFFMは現在行われている海賊対処などの海外任務では大きな期待がもたれているでしょう。既に英海軍などではおこなわれていますが、フネを派遣して交代のクルーは航空機で現地の港まで移動して現地で乗り込む、ということができればわざわざフネが往復することなく(その分燃料費も浮く)、クルーの負担も減ります。例えば中東と日本の間の移動が片道2週間とすれば往復で一ヶ月です。その時間がセーブできます。
現在この移動期間があるために半年交代となっていますが、クルー制ならば2~3ヶ月交代ということも可能となります。

ただ一方で艦のコンセプトは歪んでいるように思えます。建造費はゆき型と同程度にすぎません。それでまともな現代的なフリゲイトが建造できるのか?というのがそもそもの疑問となります。

実際に取材していると「安く作ること」が目的化しているように思えます。搭載機器でも世界を見れば安くて高性能のものが多数あるのに、国内業者発注ありで、「安くなるから低性能でいいでしょう?」という調達が見られます。これはコンピュータやジャイロ、レーダーなどで顕著です。


再三申し上げて来ましたがRWS(リモート・ウェポンス・テーション)はその好例です。
実績のなく、高くて低性能な国産RWSを採用しています。そもそも採用にあたって評価したのは日本製鋼所とコングスバーグだけです。英国、イスラエル、海軍用RWSを生産している国々のメーカーの製品をきちんとリサーチしていません。
特にトルコを調査していなのは問題です。トルコのアセルサンは多くの海軍用RWSを開発し、輸出実績も少なくない。そして価格は欧米よりもかなり安い。コスト低減を真剣に考えるならばアセルサンの製品の調査はマストのはずでした。ところがそんなことはやっていない。

採用された日本製鋼所のRWSにしても既存の艦に搭載して運用試験すらしていない。それで採用されているわけです。そもそも陸用に開発されたRWSですから、海上で監視や目標探知が問題なくできるか。塩害対策は万全かなどと調査するべきことは少なくなかったはずです。

そして割高な国産RWSに下駄を履かせるために、レーザーレンジファインダーや自動追尾装置を外しました。艦にセンサーがあるからいいのだと強弁していますが、であればどこの国のRWSもそうしていますが、ぼくの知る限りそんなものは存在しません。
海幕も装備庁もなんのためにRWSを導入するのかという、そもそも知らないのではないでしょうか。近接している高速艇やドローンなどを排除するためにはレーザーレンジファインダーや自動追尾装置は必須です。また交戦が正当かの証拠保全のためには録画機能も必要ですがこれもないようです。

そしてコスト削減ならば高くて信頼性の怪しい住友重機制の12.7ミリ機銃ではなく、オリジナルのFNのものを調達すべきだったでしょう。ところが国内業者に金を落とすためにわざわざ高くて高性能選んでいるわけです。

海幕はRWSの導入を単に機銃の数を減らし、見張りと共用化することによって省力化することが目的だったのではないでしょうか。艦内から見張りができれば担当者の負担も減ります。それらができればいいということでしょう。

装備庁の説明では他に機銃も搭載しません。つまり最低でも180度ぐらいはRWSの死角となります。特に艦の後方はがら空きです。他の護衛艦と違い、後部に搭載されているは機関砲を装備したCIWSでなく、ミサイルのみを搭載したSea RAMです。
他国の水上戦闘艦のように、死角ができないように12.7ミリ及び、7.62ミリ機銃や7.62ミリのミニガンも搭載されていません。調達コストとクルーを減らすためでしょう。
また他国で搭載されている中口径機関砲のRWSもありません。これでは主砲と12.7ミリ機銃を搭載したRWSの間はがら空きとなります。またドローン対策でも問題です。今のRWS2基ではほとんど役に立たちません。

それから機関も問題です。これはFFMに限ったことではないのですが、海自の護衛艦は30ノット以上の最高速度が求めています。

先週の海幕長会見でも尋ねましたが、高度な機密でいえないと言われましたが、おそらくは米海軍の空母の護衛でしょう。ですがこの程度のことは民主国家ならば当然納税者に説明するような話で秘密でもなんでもありません。

護衛艦の最高速度を欧州の水上戦闘艦並に27~28ノットにすればエンジンの調達費用もそうですが、燃料費や維持整備費が格段に下がります。更に統合電気推進にすれば尚更です。
そうすれば船体にも余裕がでるし、エンジンの場所も自由にレイアウトできます。船体の余裕ができれば、乗り組む員の居住環境の改善もできますし、浮いたアブラ代を航海手当に回すこともできます。そうすれば多少なりとも、リクルートも楽になるでしょう。
「海軍かっこいいぞ、フネは楽しいぞ、カレーがうまいぞ」という宣伝だけでは人は集まりません。

またスペースが余分にできるならば、イージス艦ならば搭載ミサイルも増やせるし、その他の艦では例えば水陸両用部隊や特殊部隊を収容することもできるようになります。欧州ではそういうフネも増えています。

後は旧式艦やミサイル艇の早期の退役、FFMの隻数低減、警備艦はキャンセルして、フネの数を減らすべきです。今後クルー制の導入は潜水艦も含めてFFM以外にも広がるでしょう。そうすれば艦の稼働率は上がります。より少ないフネで回せるはずです。
また逆にクルー制を導入するのであれば、隻数を減らさないと人間が不足します。

今のように充足率が8割もなく、医官も乗っていない護衛艦では戦争できないでしょう。
10倍に薄めたカルピス10杯よりも5倍に薄めたカルピス5杯のほうが良いでしょう。

その分UAVで水上監視を行えばいい。先日の会見で海幕長はUAVではフネの機能を完全には置き換えられないと仰っていましたが、ISRや哨戒は可能であり、またソノブイや単魚雷の搭載も可能です。さらにもうせば調達&維持コストが法外に高いP-1も調達数を減らすべきです。
現実問題として現在の隻数を維持したまま、艦艇乗員の充足率を上げるのは無理です。
根性論では問題は解決しません。海幕は充足率やその他の情報を米海軍並に納税者に開示すべきです。あれもこれも秘密にすれば、外部のからの批判や提言もはいってこず、唯我独尊になります。それをやっていた帝国海軍と大日本帝国がその結果どのような末路をたどったか今更言うまでもないでしょう。


それから海幕長には、アショア代案でイージス艦増勢になった場合、レーダーはSPY7SPY6と混成にするのかと尋ねました。海幕長の回答は
まだ採用をSPY6に絞ってない、SPY7で統一もありうるとのお話でしたが、これを信じる人がどれだけいるのでしょうか。
まあ、大人の事情があるかとは思いますが。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

KU
2020年11月22日 22:23
>>>艤装の標準化

竹内修さんもTwitterで、その点は評価されていましたね。棚の配置も統一していると。


>>>RWS

何年か前に掲載されたイメージ図↓

http://livedoor.blogimg.jp/ddogs38/imgs/b/1/b139a6d2.png

だと、たしかOTOメララのRWS が載っていましたよね。ついに海自も海外製のRWS採用に踏み切ったか!と小躍りしていたら( ´∀`)、日本製鋼所謹製よ再びですかorz。例え世艦とかで海外製の装備品を見掛け、これとか良くネ?とか言ってもガン無視されるんだろうなあ...。伝統墨守だか何だか知らんけど。井の中の蛙。
typhoon
2020年11月22日 23:48
米イージス艦への高速ボート自爆攻撃やイスラエル海軍ステルスコルベット艦へのラジコン爆弾攻撃などの教訓なんて他人事なんでしょうね…結局、海自に犠牲が出ない限り目が醒める事は無いのではないでしょうか?
いえ、最悪それでも目が醒めないかもしれないですね。

因みに、日本に寄港した英海軍の強襲揚陸艦やフリゲート艦にはミニガンや7.62機銃が多数配置されてましたから、114ミリ砲及び30ミリ機関砲などの大中口径砲よりも接近された際の迎撃に小口径機銃で対処する意思が明確に表れてます。
まあ、実戦を経験した軍とそうじゃない軍の差と言ってしまえばそれまでなのですが…とは言え、他国の戦訓を活かす事は出来る筈なんですがね!とにかく残念です。
通りすがりの名無し
2020年11月23日 08:41
FFM、コンセプトの練り直しが必要ってことですね。機関や近接防御能力などで。

>>UAVで洋上哨戒
mq9ガーディアンの武装型ですかね。それに空対艦ミサイル、FFMやイージス艦などとリンクさせる感じでしょうか。

>>FFMの削減
最大でも10隻ほどとして、残りをイージス艦などにする感じでしょうか?
KU
2020年11月23日 08:49
>【独自】安倍前首相の秘書ら、東京地検が任意聴取 ···「桜を見る会」前夜祭の会費補填巡り

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/19264739/

聴取キタ━(゚∀゚)━! ぜひ、起訴まで持っていってほしいですね。
Goodman80
2020年11月23日 11:35
進水の様子を見ましたが、意外にデカい。中途半端な兵装を此れでもかと詰め込んだ器用貧乏な船(要するに使えない)。平時の兵員数は抑えられていますが、ベット数は1.5倍程度確保されている様なので、一般兵士は大して恩恵は無いでしょう。地方隊の旧式DDやDEの代替え用に使って、余った兵士とミサイル艇、掃海艇の人員で哨戒艦を運用すること位しか、思いつきません。こんな船に乗せられて、長期間海の上で、兵員が集まると思っているのでしょうか。哨戒艦の内容も全く期待出来ません。中国がFFMクラスの054A型を20隻、056型を26隻5年間で建造するらしいので焦る気持ちは判らないでも無いですが、もっと真面な事を考えて艦の建造プランを考えてほしい物ですが、無理だろうな。
新規建造のイージス艦はアーレイバーク級フライトIIIの輸入を。
通りすがりの名無し
2020年11月23日 14:10
Goodman80さん
>>新規建造のイージス艦はアーレイバーク級フライトIIIの輸入を。
国産もライセンス産も止めて完全輸入と?
それともコンセプトのみ輸入ということでしょうか?
Goodman80
2020年11月23日 16:27
通りすがりの名無しさん
フライトIレベルのこんごう型でさえ、アーレイ・バーク級フライトIIIと同じ大きさで、フライトIIAレベルのまや型に至っては10m長い全長です。新規調達予定のイージス艦は、乗員の居住性の改善の為、其れよりも大型化すると言っています。日本側の船体設計が明らかに問題ありとしか思えません。旗艦能力の有るイージス艦が8隻も有るですから、旗艦能力も今後の艦には不要です。国内の設計に対する不信から、アーレイ・バーク級フライトIIIを輸入するのが最善であると考えます。FFMの様なゲテモノ艦を平気で完成させる海自の常識に幻滅を感じるしか有りません。
2020年11月23日 17:10
この際自衛隊は解体して国防は在日米軍に完全委託した方が良いでしょう。
通りすがりの名無し
2020年11月23日 17:19
Goodman80さん
旗艦能力を省くくらいなら国産でもできると思うのですが。それでも国産もライセンス産も一切認めないと?
Suica割
2020年11月23日 21:20
お値段叩くにしても、高い低性能装備を入れるのではなく、安くていいものにするという方向でするべきだった。
一つあるとすれば、自衛隊は買い物が下手。
通りすがりの名無し
2020年11月23日 22:59
名無しさん
>>国防を米軍に委託
そんなのアメリカの判断で決まるため、期待できません。本気で言っているんですか?
Goodman80
2020年11月24日 07:32
通りすがりの名無しさん
ライセンス生産なら、まあ良いでしょうが、FlightⅢは約2,000億円、FMSで輸入なら約2500億円、ぼったくりライセンス生産で約3200億円と言った処でしょうか。
名無しさんが言っているのは、日本政府には国防に関する能力が無い(裁量権自体持たされていない)、「だったら、丸投げでも、同じじゃん」と言う事を言われているのだと思います。白人派遣国家の防波堤替わりに使われる植民地国家の悲哀は感じられますが。
Goodman80
2020年11月24日 08:02
オーストラリアで導入試験予定のリンクスの画像が公開され、不思議な部屋の中の写真も。
独ラインメタル 豪州軍向けの次世代戦闘車両KF41「リンクス」の試験車両を公開
https://trafficnews.jp/post/102042
電波暗室内での試験画像ですが、この車両の電波反射率でも測定しているのでしょうか。もしかしたら、ステルス仕様になっているのかも知れません。
通りすがりの名無し
2020年11月24日 09:53
Goodman80さん
>>「だったら、丸投げでも、同じじゃん」
これは調達に対して言っているのですか?
それとも米軍に委託させても同じだということで?
まさかあなたも国防を捨てろと言うのですか?
スタッドレスタイヤ
2020年11月24日 12:46
>そして割高な国産RWSに下駄を履かせるために、レーザーレンジファインダーや自動追尾装置を外しました。
>艦にセンサーがあるからいいのだと強弁していますが、であればどこの国のRWSもそうしていますが、
>ぼくの知る限りそんなものは存在しません

RWSとは一体……
紛らわしいですし「RWSモドキ」とか「RWSダマシ」ってちゃんとした呼称を付けておいて欲しいですね(笑)


>まだ採用をSPY6に絞ってない、SPY7で統一もありうるとのお話でしたが、これを信じる人がどれだけいるのでしょうか。
>まあ、大人の事情があるかとは思いますが

歯に衣着せぬ清谷さんにしてはお優しい言い方ですね(笑)
この件は特捜も探っているそうですが、まぁSPY7の採用中止とか黒幕のタイーホなんて期待できそうも無いですね……。
Goodman80
2020年11月24日 22:09
通りすがりの名無しさん
>まさかあなたも国防を捨てろと言うのですか?
そんなもの最初から有りません。日本列島はロシアから米国本土を守る為の防衛線だったのが、中国が加わっただけです。在日米軍の弾除けに過ぎない自衛隊に、そんな必要性は求められてはいないのです。陸上イージスも新型イージスも使命は米国本土へ飛んでいくミサイルを途中で撃墜することです。一応国家としての体裁を辛うじて許されているに過ぎません。米国政府>在日米軍>日本政府>防衛省>自衛隊と言った処でしょうか。
偽陸士
2020年11月24日 22:53
通りすがりの名無し様。

>まさかあなたも国防を捨てろと言うのですか?

国防を捨てる人は此処には来ません。(笑)

今、問われているのは国産兵器と面子に拘りこの國の独立と自由を失うか、兵器産業を切り捨て面子も捨てて独立と自由を護り抜くかその覚悟です。

自分は他の心優しい皆様と違い、国産と云うだけで憎いのですが。

どうしても国産にしたいなら、武装する権利を役人に独占させるのをやめさせてからですね。

規制は品質を殺す。
偽陸士
2020年11月25日 00:52
Goodman80様。

>そんなもの最初から有りません。日本列島はロシアから米国本土を守る為の防衛線だったのが、中国が加わっただけです。在日米軍の弾除けに過ぎない自衛隊に、そんな必要性は求められてはいないのです。陸上イージスも新型イージスも使命は米国本土へ飛んでいくミサイルを途中で撃墜することです。一応国家としての体裁を辛うじて許されているに過ぎません。米国政府>在日米軍>日本政府>防衛省>自衛隊と言った処でしょうか。

最初から無かったとは思いませんでした。

確かに日本はアメリカの属国には違いありませんが、属国にしても隷属の程度に違いはあります。

自らの裁量を拡大する努力は何処の国もやってます。
ただギリシャみたく東西をフラフラする器用さは日本には荷が重いですが。

ただアメリカの勝利の方程式に日本が入っているかは、怪しいものがあります。

ならば我々の独自の試算を、幾つも用意する必要があります。

役人にゃ無理かな。(笑)
通りすがりの名無し
2020年11月25日 02:27
偽陸士さん
武装する権利を民間にも、ですか。良いのもしれませんが、規制緩和したらで効果はあるのかはわかりませんし、心理的な抵抗もあるのかとあります。
私としては、航空機、砲・銃その他武器システム、装甲車などは国産にこだわる必要はないと思っていますが、艦艇は造船技術の継承も考えると、ちょっとなあとあります。それに90式対艦ミサイルのように、ハープーンより射程の長いミサイルは、残してもいいのではと思ってしまいます。
因みに、陸海空全てに言えたことですが、ライセンス生産ということにはどう考えで?

Goodman80さん
では国防自体でたらめだと?なら今後どうすべきなんですか?自分は戦略や調達などの体制を見直しすべきと思うのですが
偽陸士
2020年11月25日 11:36
通りすがりの名無し様。

規制撤廃は市場に拠る淘汰を企業達にもたらします。

>因みに、陸海空全てに言えたことですが、ライセンス生産ということにはどう考えで?

ライセンスだと向こうからコンポーネント買ってきて組み立て、割高なばかりか技術がみにつか無いのが問題かと。

それよりは昔、エアバスと川重がやろうとしてた合弁事業の方が良いと思います。
Goodman80
2020年11月25日 12:05
通りすがりの名無しさん
米国の無茶ぶりに無能な官邸、防衛省及び自衛隊が稚拙な対応する為に、イージスアショアや島嶼防衛等、余計な予算を使い、迷走し続ける訳です。御用有識者では無く真面な第三者を検討に加えることで、米国の求める状況に近づけると思われます。在日米軍は自衛隊が自国よりいい装備は出来ない様に制御していますが、偶に性能の良い物を開発する企業は確実に潰されています。それは、官邸、防衛省及び自衛隊についても同じです。

偽騎士さん
日本は属国では無く保護国レベルなので、在日米軍により未だに統治されている状況です。その状況を掻い潜って改革を行う様な人間は、即刻潰されるので、大統領の靴を舐める様な総理のみ続投を許される現在、存在すること自体が極めて難しいでしょう。中国は失敗すれば今の日本状態にされるので、過去の日本帝国の失敗を綿密に調査して、慎重にかつ大胆に行動している様です。周りの状況も過去の失敗も顧みない日本の小役人達には不可能と思いますが。
気殺
2020年11月25日 21:04