スペースジェット失敗の理由

三菱重、国産ジェット旅客機の開発を凍結へ=関係筋
https://jp.reuters.com/article/mitsubishi-aircraft-jet-idJPKBN2771VM

>三菱重工業7011.Tが国産ジェット旅客機「スペースジェット」(旧MRJ)の開発を凍結する方向で調整していることが22日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で顧客の航空会社の経営が悪化しており、航空機に対する需要は当面回復しないと判断した。事情に詳しい複数の関係筋が明らかにした。

 コロナという想定できない災難も大きかったわけでしょうが、そもそも旅客機開発をなめていました。

ぼくは既に2008年の「諸君!」の記事で警告していました。

10年前のMRJに関する記事。
https://kiyotani.at.webry.info/201807/article_5.html

>筆者にはMRJのプロジェクトは途中で挫折し、経産省が投資する資金は死に金になると予想している。その理由として第一に、当の三菱重工にプロジェクトを何が何でも成功させるといった気魄が感じられない。第二に、このような巨大プロジェクトには三菱のみならず他の国内メーカーの協力が必要だが、そのようなコンセンサスが業界にない。第三に政府に防衛航空産業育成のグランドデザインが欠如しており、明確なビジョンがないことが挙げられる。

>防衛省、国交省、財務省など関係省庁の間に充分なコンセンサスが出来ていない。そんな現状のまま、思いつきで小出しの補助金を出しても、軍事において下策とされる「兵力の逐次投入」を行うに等しい。

>6月に開催されたパリ航空ショーにおいて、三菱重工がスポンサーとなってMRJプロモーションのためのレセプションが日本大使公邸を借りて行われた。ところが筆者の得た情報によると参加者約300名の内日本の業界関係者が約250名、フランス人が30名、その他20名ほどがスウェーデン人など他の外国人であったという(なお、在仏日本大使館に確認したところによると参加者は約280名、内外国人が90名とのことである)。いずれにしても国際的な航空ショーでのレセプションとして日本人の比率が多すぎる。
 
>パリ航空ショーは英国のファンボロウ航空ショーと並び、世界中の航空業界関係者が集まる航空業界最大のイベントである。レセプションを開くのであれば、国内の業界関係者よりも潜在的顧客である各国のエアライン、プロジェクトに投資をしてくれそうな投資会社や銀行、リース会社(旅客機はリースで運用されることが多い)、メディア、特に航空専門誌などの関係者を優先的に招待すべきだろう。

>海外への情報発信の千載一遇のチャンスで、日本人同士で飲み食いしているようではやる気を疑われても仕方あるまい。在仏日本大使館によると外国人の参加者を絞ったのは、「大使公邸のキャパシティの問題」であるとのことだったが、ならば初めからホテルの宴会場を借りればいいだけの話である。大使公邸を借り切るメリットはない。
別な事例を挙げよう。

>端的に言えばMRJ事業は三菱重工一社(三菱グループが支えるにしても)が背負うには、その企業規模からみても荷がかちすぎる。しかも多くの事業部門を抱えるデパートのような三菱重工には専業メーカーのように果敢に判断を下して、迅速に投資を行うといった経営判断が出来ない。
 
>同社が造船、工作機械、原発、宇宙ロケット、エアコンなどの他の部門の研究開発費や設備投資を削り、それらの部門の競争力を犠牲にしてまでMRJのプロジェクトに賭けるとは考えにくい。我が国の造船業界をみても積極的な投資を行ってきたのは専業メーカーであり、三菱重工や川崎重工のような総合重機メーカーではない。


三菱重工と経産省がまだスペースジェットを諦めないならば、手はあるでしょう。エアバスだって利益でるまで30年はかかったわけですから、ここで諦めるのはもったいない、という気もします。

例えばコロナが収まるまで、つなぎとして防衛省で買い支えるというもありでしょう。軍用機ならば民間機のように型式・耐空証明を取る必要もありません。

E-2Cの後継としてE-2Dが導入されていますが、元が艦載機なので居住性が悪い。Dは簡易ギャレーと簡易トイレが付きましたが長時間のフライトは苦行です。
E-2Dのシステムをスペースジェットに移植して一ダースぐらい調達すればよろしい。進出速度が高くなり、生存性も高くなる。またより高空を飛べるので探知範囲も広くなる。ノースロップ・グラマンが嫌だと駄々こねるならば、サーブのグローバルアイのシステムを採用すればいいんです。

更に海自のOP-3C、UP-3D、EP-3などの後継機のプラットフォーム、ついでに空自のRC-2の調達を停止してスペースジェットに切り替える。P-1やC-2は調達&維持費用がバカみたいに高いわけ、スペースジェットの方が安いでしょう。コンポーネントの多くは汎用品ですからね。さらには河野太郎氏が主張していた政府専用機も3機ぐらい揃える。
そうであれば20~30機は調達できるでしょう。
このくらい買うならば10年ぐらいは喰いつないで行けるでしょう。その間に運用しながら型式・耐空証明を取ればいい。
スペースジェットには多額の税金が投入されています。今後の日本の航空産業を考えるならば世界で売れる完成機を作れるメーカーは必要です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Goodman80
2020年10月23日 15:59
三菱重工や川崎重工に能力が有れば救済すべきと思いますが、技術力以外の部分に大いに問題が有ると思います。国内ならば不具合が出ようが、データを改ざんしようが何とかなりますが、海外では全く通用しません。今回のMRJの件で今後は一層厳しい検証が行われるでしょう。これを懐柔して製品が売れる様に交渉する能力は企業にも国にも有りませんし、今後変化する可能性も極めて低いと思います。
今後、日本の航空機産業を救うために多額の税金を投入することは、他の防衛産業を含め極めて難しい。世界で通用する製品を製造出来る企業のみ、救済し、世界での販売に協力すべきでしょう。工数の水増しや、データの改ざんをする企業など、早急に排除すべきです。
Suica割
2020年10月23日 17:32
ボンバルディア、サーブ、エンブラエル、日本連合で組んで、第二のエアバス作って頑張るくらいの慎重さと戦略性が無いと無理ですね。
日本の金出したのに儲けが少ないプラン?
そんなのはどうでもいいのです。
まずはきちんと成功させないと。
欲張っても、プロジェクトがポシャったら、儲けどころか損しか残らないですから。
通りすがりの名無し
2020年10月23日 17:53
やる気のあるものたちだけを中心としてカーブアウトし、日本飛行機やらを統合していれば、たぶん違ったかもしれませんね。

清谷氏はたまに口悪くなるのが残念ですが、まだ有効活用すべきってのは本当優しい方だと思います。僕も出来る限り有効活用した方がいいとも思いますね。
政府専用機にするのはちょっとアレですが。
でも三菱はリコールや不正のイメージは未だに拭え難いかと。
>>OP-3C、UP-3D
これはP3Cの派生型ですかね?
KU
2020年10月24日 06:06
せっかく大金を投入してきたわけだし、ここで投げ出すのも勿体ないし仰るとおり、海自や空自向けに買い取るというのも悪くないですね。

>地上イージス代替は「新型艦」軸に 自民国防議連

http://www.sankei.com/smp/politics/news/201023/plt2010230016-s1.html

政府内には未だに、箸にも棒にもならない専用艦に拘る方がおられるようで。


>次期戦闘機の開発、着実に進めたい=三菱重のSJ開発凍結報道で官房長官

http://jp.reuters.com/article/kato-idJPKBN2780H2

こちらの案件は潰しても良さそうですけど。
やれやれ
2020年10月24日 17:05
「ぼくは既に2008年の「諸君!」の記事で警告していました。」
流石に鋭い洞察ですね。業界や防衛省から漏れ聞こえてくる噂で三菱の体質を理解していたからでしょうか。
私も赤字の部分を前もって読んでいれば最初から眉に唾つけてMRJを見ていた事でしょう。
しかし当時は三菱を信じて期待していました。MU2,MU300と苦労しながらも自前でビジネス機を設計製造し型式証明も取ったわけですから。とりわけMU300は墜落事故が頻発した頃でFAAの審査が甘いのではないかという事で審査が厳しくなった第一発目というババを引いてしまい相当苦労して型式証明を取ったんですよ。オイルショックとか色々あって販売が低迷しホーカーに事業を売って撤退。その後ホーカーでベストセラー機になり空自もT400として採用など皮肉な事もありましたが飛行機としては今でも派生機を造っていますから良いものだったのでしょう。YS11の件もあったし色々な苦労も苦渋も舐めてきた三菱だから今度は大丈夫と思った自分が馬鹿でした。度重なる遅延と漏れ聞こえる悪い噂(外国人オブザーバーの意見を無視して日本人だけで好き勝手な設計)そして型式証明取れそうにない設計だと言うことを指摘されそれを漸く理解して大量の外国人技術者を雇い入れて設計見直し。この辺で完全に呆れてしまい型式証明取得するための戦略が全く無い事にも失望しました。過去苦渋を舐めた経験が数十年の間にすっかり消えてしまい、設計もしたことがない日本人技術者が根拠もなく増長し苦言に耳をかないなど惨憺たる有様だと分かり期待しなくなりました。これで型式証明とれるのかと。あと部品メーカも三菱子飼いのメーカだけを選定していた事を部品メーカに聞いて驚きました。旅客機の部品を作っているとあるメーカがMRJプロジェクトに参画すべく打診した所、書類審査の段階で落とされて選定にすら参加させてもらえなかったとボヤいていました。公開募集の体を取っているだけで最初から参画企業は決まっていたようです。問題はそれらの企業は三菱絡みだから当然軍用機絡みであり旅客機部品の経験がなかった。これも足を相当引っ張ったようです。結局再設計の過程で国産部品が排除され海外部品メーカが採用され全体の7割は外国製部品となりました。
これも型式証明を理解して戦略的に部品メーカを選定すれば、同じ国産メーカでも経験のある部品メーカで固めるとか育成するとかすればもっと割合は減ったでしょう。
トドメはエアショーでも売る気の無さです。エンブラエルが30億円後半なのにMRJは割引して45億円とか5~10億円も高価(今は値引きされもう少し安いらしい)。なのにエアラインには最新機で低燃費で使いやすからペイできる。いいでしょコレ、売ってやるから買えよって態度で営業していたそうで...呆れて物が言えません。この辺の裏情報は殆どが海外のエアショーで部品メーカや現地で知り合ったマスコミからの情報です。日本でぼーっとしていたらチコちゃんに叱られる所でした。ボヤキが長くなったの一旦切ります。
マリンロイヤル
2020年10月24日 17:19
「ああ、やっぱりダメだったか」という感想しかないが、F3戦闘機開発なんてもっと無謀だ、という事もハッキリしましたね。
やれやれ
2020年10月24日 17:31
「三菱重工と経産省がまだスペースジェットを諦めないならば、手はあるでしょう。エアバスだって利益でるまで30年はかかったわけですから、ここで諦めるのはもったいない、という気もします。」
一応産経の情報では型式証明までは取るようです。
ここで取るだけ取らないと毎年敷居が上がり下手すれば大幅な設計変更をしないといけなくなり試験も途中に戻ってやり直しとか恐ろしい事になる可能性もありますから。
一応型式証明取得対応した試験機が2機名古屋飛行場(小牧工場)に転がっていますからそれが渡米できてコロナが収まってくれれば試験が再開できるんですけどね。
それとここで型式証明を取らないと稼ぎ頭となると目されるM100の開発もできません。1回型式証明を取っておけば派生機種は型式証明も派生機種扱いで低くなるので取りやすくなる特典があります。そこまで頑張るかどうかは分かりませんが、将来へ希望を残すなら取るだけはしないと本当に金をドブにすてるだけで終わりますね。

「例えばコロナが収まるまで、つなぎとして防衛省で買い支えるというもありでしょう。軍用機ならば民間機のように型式・耐空証明を取る必要もありません。」
そうなんですが無駄遣いのような気がします。
早期警戒機はともかくOP-3C、UP-3D、EP-3、RC-2ついでにEC-2とか機体内に装置が収まるのでしょうか?この辺の情報を持ってないのでなんとも。
しかしそれなら最初から戦略的にMRJを使うことを当初から
考えていれば後から延命のためにこの様な事を考えなくても良かったのでは?と思わなくもないです。

「その間に運用しながら型式・耐空証明を取ればいい。」
敷居は年々上がるので取るならできるだけ早い時期が良いです。1回取ってしまえば当分安泰ですから。逆にそうしないと毎年上がる敷居により設計変更が増えすぎてよいよ型式証明とる期間が延びる恐れが生じます。今でも猶予期間を超えてしまって毎年対応になっているのですから5年10年経つと恐ろしい事になりそうです。型式証明対応の設計変更を繰り返しまた型式証明の敷居が上がりまた設計変更の負のループに陥り永遠に型式証明取れない事も考えられますから(可能性としては)。
やれやれ
2020年10月24日 17:48
通りすがりの名無しさん、
「これはP3Cの派生型ですかね?」
そうです。P3Cで運用していた機体を改造して作ったのもあります。


KUさん、
「>地上イージス代替は「新型艦」軸に 自民国防議連」
これは船ごと米国から買えといってるんでしょうかね?
船体の開発はこれからだし運用試験して使える目処が経つのは早くて5,6年後?日本に輸入1号艦が来るのは10年後でしょうか?
普通に今のイージス艦をそのまま増やすかレーダーをSPY6に変えた新しいイージスシステムを載せるかでよいのではと思いますが。
何でも思い通りに行けば苦労しません。お花畑全開で鬱。
カド
2020年10月24日 21:32
キヨタニさんは当初からバッサリ斬ってましたが武士の情けかしっかり国内需要の案も提示しますね。
日本企業と無知な政治家への告発、問題提起は緩めずお願いします。
今は提灯持ちの記事でますます密着的に入り込むマスコミも増えてるのでしょうかね。
稀有な存在なキヨタニさんをこれからも応援しております。
KU
2020年10月25日 08:51
>岡村隆史さん結婚で藤田孝典さん「お祝いムードに水を差すようで申し訳ないが、わずか半年前に起こった彼の風俗発言を振り返りたい」

http://getnews.jp/archives/2781366

ウザいという感想しか抱けませんが( ´-`)。こーゆー人は、日常生活でも何かしら周りに噛み付いてはウザがられているんだろうなあ(個人の感想ですw)。


>>>イージス艦

>イージス代替策で海自を活用

http://this.kiji.is/692842702991279201

海上自衛官の皆が皆、艦船勤務に向いているとわ限りませんよねえ...。
ブロガー(志望)
2020年10月25日 15:28
 三菱スペースジェットですが、「失敗作になった七試艦戦になるか、零戦に繋がった九六艦戦になるか。」と思っていたら「結局出来なかった烈風」になってしまったように思われます(烈風の場合はまだ「欧米に何とか追いついた日本に、1000馬力から2000馬力へといった急激な変化に追随し切れれるだけの力は無かった」のかも知れませんが)。尤もコロナ不況で既存の航空機メーカーも苦しくなるでしょうか。自分はホンダジェットが「間に合った」と「遅過ぎた」(例えば超大型旅客機は実質747一代で終わってしまった)のどちらになるのかと思ったりもします。
 それから清谷様の質問に対する防衛大臣に関してですが、質問の「内容」には興味が無いのかも知れません。「こいつは俺達の"悪口"を言う事に自分の存在理由を見出しているんだ。」ぐらいにしか思っておらず、例えば「お前の兄ちゃん腹下し野郎」というのと変わらないのではないかと。前大臣の場合本音は同じでも「批判にも耳を傾ける"ふり"ぐらいはしておかないとヤバい。」ぐらいの意識はあったのではないかとも思ったりもします。
 最後に戦闘機に関してですが、日本人は未だに「航空機同士が機銃で撃ち合う」第二次大戦レベルで止まっているのかも知れません。戦後は純然たる対空戦闘専用機(旧ソ連の大量の対艦ミサイルから空母を守るF14とか)は寧ろ少数で、多数は「戦闘機」というよりも「汎用小型戦術機」になっているように思われます。それに今航空機の主たる脅威はミサイルですので、マッハ2代のF15よりマッハ1.4でもステルス機であるF35の方が「ミサイルで狙い難い、当て難い」のかも知れません。
MM
2020年10月25日 23:07
空中分解で落ちる前に辞めて吉!

いろいろ調べたいたら(たぶんご存じと思いますが)
ヤバイ欠陥がぞろぞろ出て来る航空機だったよ・・・

・あの欠陥機のコメットMk.4と同じスペック・・・
巡航速度がM0.78最高高度約1万1900メートルって何なん?(運用限界なの?到達限界なの?)
・最近の普通の飛行機は乱気流を避けるのに1万3000~1万5000上れる能力があるらしいけど。
MRJは乱気流が起きたら下降するしかないらしい・・・
・強化拡張できない胴体。これ以上太くするのは構造的に無理らしい。気圧に耐えられんそうで・・・
・最近の旅客機に鬼門な低翼配置。着陸時の低空飛行で強めの機首下げ挙動を見せるらしいぞw今時珍しい!(離着陸性能の改善も目指して今は中翼が主流、んでもって低翼は荒れてる空港は無理な。しかし
リージョナルが必要なのは田舎の荒れてる空港という・・・あれれ?誰が買うん?)
私にしか操縦できないピーキーな機体でプロ気分か!
地面効果で延々飛んでくれるらしい・・・
というかリージョナルって短い離着陸距離で飛べるのが利点で荒れてて短い田舎の空港にこそ必要な訳で・・・
・「最新のコンピュータで設計した翼です!」
アメリカ人「せやけど・・アルゴリズムが20年前のやど!やから構造古いやんけ!どないするのや!」
・ローンチカスタマー「発注前の段階で内装から何から三菱で決めてどうする。ボーイングでも、わしらと話は詰めるで」
・ローンチカスタマー「普通の会社はわしらにも開発の主導権あるんやで!照明」「座席」「座席間隔」「搭乗員スペース」とにかく詰め合わせの調整を徹底するやけど。なんで発注前の段階で内装から何から三菱で決とるねん!順番が違うやろ!」
・必要な離着陸距離が予想より長くなって運用できる
空港が限られてしまうとか・・・
運航会社 「うちの路線じゃあ・・・使えまへん」


これと真逆の飛行機を作ったら売れるということが解って良かったんじゃない?
















やれやれ
2020年10月26日 11:43
ブロガー(志望)さん、
ホンダジェットはコロナで間に合ったと思いますよ。
と言うのは自家用ジェット機はある意味機内でコロナの心配が不要な飛行機とも言えます。特に自分が免許を持って操縦する場合は。
乗客乗員共に素性が分かっており連絡もすぐできますから、仮にクラスタが起こってもその飛行機に乗っている人に限られます。
皆白だったら当然白な訳で、1人で乗って操縦する場合は飛行以外で自己責任。空港での感染の可能性も最小限だし空港までの行き来で感染する可能性も排除できるでしょう(小型機持っている人が公共交通機関を使うとは思えません)。

MMさん、
「巡航速度がM0.78最高高度約1万1900メートルって何なん?(運用限界なの?到達限界なの?)」
最高高度ですね。エンブラエルの旅客機にしてもB737やA320にしてもせいぜい同程度で13000mまでは上がりませんけど。

「・強化拡張できない胴体。これ以上太くするのは構造的に無理らしい。気圧に耐えられんそうで・・・」
もともと細く作って空気抵抗を減らし燃費を上げる、代わりに室内を最大限にして内径と外径の差を小さくするコンセプトです。
それに短距離運用前提のRJに何を期待しているんですか?

「今は中翼が主流、んでもって低翼は荒れてる空港は無理な。」
主流は低翼機で主流の中翼機は知りませんけど。

他にも突っ込みどころが満載なのできりがないからこれくらいにしておきますが、MRJのコンセプト自体は間違っていません。
設計が古いのはむしろエンブラエル等の方で、これは型式証明の関係もあり迂闊に機体設計を1から見直して変更する訳にいかないのと型式証明も1から取り直しになり費用と時間が馬鹿にならないからです。B737も安いし売れ続けているからA320と比べて色々問題があっても大金掛けて完全にリプレースする機体の開発がなおざりになっています。そういった理由で既に信頼性が証明されている機体をベースに改良している訳で。
問題点は三菱と言う会社自体の問題です。腐すならロクデナシな三菱の方です。
Suica割
2020年10月26日 12:08
MM様

社会貢献も兼ねて、荒れた空港打ち直ししてやれば買ってくれる会社はあるかもしれません。
あとは、空港が会社に圧力かけてくれて売れるというほとんど政商な売り方ならいけるように思いますが。
aaa
2020年10月26日 12:28
結局何でも補助金漬けにするしか芸がない。

景気対策ならそれもアリだが。

仕事になってないよね。

なにやってもそう。

民間サラリーマンの劣化もすでに顕著ってとこ。

何なんだろうかね。
やまだ
2020年10月26日 17:32
同じエンジン積んだエンブラエル EーJet が登場した時点で三菱MRJは詰んだ・・・・

モデルによっては離陸滑走距離がMRJより100メートル以上も短い。
速度もこっちは0.82だ。
しかも胴体はオールアルミ合金製でありながら同規模のMRJより軽いという。
やれやれ
2020年10月26日 18:51
やまださん、
エンジンメーカは三菱にしか売らないなんて事はしませんから
そうなることは三菱含め?誰でも予想できた事ですよね。
だからエンブラエルやボンバルディアより遅れて型式証明を取るなんて事はあってはならなかったのですが、最初に次世代機でスタートしたにも関わらず自ら何度もズッコケて全く優位な位置を保てないまま今やドンジリをヨタヨタ走っている訳ですからね。しかも他社より高価。今やどこを切ってもMRJに良いところがないのが何とも(有っても誤差の範囲)。先進的な設計思想だけでは売れるはずもなく。せっかくのビジネスチャンスを自らフイにしたうえに三菱だけで1兆円近く無駄にしそうなのがね...
偽陸士
2020年10月28日 03:50
aaa様。

補助金は触れた物を全て劣化させます。
当事者が市場のニーズに答えようとしなくなります。

補助金を貰い、規制で守られる者は役人と同じで世間が見えなくなります。



やれやれ
2020年10月30日 14:48
ようやく大本営も認めたようで。

三菱重工、国産旅客機の開発凍結 コロナ禍で需要急減―日の丸ジェット遠のく
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020103000734&g=eco&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

型式証明は取るようです。米国で試験を再開できない限りいつになるのかは分かりませんが。

全部既知の事ばかりなので意図的にリークしたんでしょうね。
aaa
2020年11月08日 12:38
返信ありがとです

三菱重工も実力不足ということでしょう

これで新型戦闘機開発などは無理でしょう

単に三菱マンのプライドを満たすだけかと

MRJがポシャっちゃったから、つなぎで新事業を税金で、ということでしょう

YS11も評判は最悪などなのに販売に踏み切って大赤字といういう。

結局無理かと。

繰り返し失敗と。

国産機は。

三菱重工もコンサルあたりに経営戦略ではなく、企業診断などをお
願いした方が良いのでは?

失敗繰り返しではどうしようもない。

企業体質に欠陥があるということかと。
Suica割
2020年11月08日 14:54
aaa様

サーブと共同開発なら目があったかもしれない。
ハッキリ言うと、見栄等ビジネスには不要。
プロジェクトを成功させるという事が利益と信頼を生む。
その意味では、三菱は大事なことをわかってない。
Suica割
2020年11月08日 15:08
ハッキリ言うと、防衛装備も共通化させるものが間違ったように思います。輸送機はブラジルのC390と哨戒機はエアバスと4発ジェットをいじるのかベストだったように思います。
A330かA340が4発ジェットだったので、1から開発するよりは、新設計でも、経験ある分マシではないかと思います。
上手くすれば、欧州共通哨戒機になって、コストも下がるでしょうし、装備のアメリカ一択よりはマシな装備体系になるでしょうし。