韓国に全く太刀打ちできない、日本のヘリ産業と無能な政府と防衛省の産業政策。

9月30日付けのJaen’s Defence Weekly では「Korean and European agencies on relocation of H155 helicopter production 」という記事が掲載されています。
エアバスヘリのH155の生産ラインを韓国の泗川のエアバスヘリとKAIの共同生産工場に移すということです。
韓国は自国生産のLUH、LAHはH155をベースにしており、これらに加えたポートフォリオを獲得したことになります。そして生産効率をたかめてコストを低減することだけではなく、エアバスヘリからの技術導入によってKAIはより技術を高めることができでしょう。無論LUHとLAHの輸出を通じてより多くのことを国際市場で学ぶでしょう。
韓国は2022年から韓国陸軍用に200機以上のLAHを生産、またエアバスヘリは300~400機のLAHを国際市場で売れると見込んでいるそうです。

これは日本のヘリ産業の凋落と好対照です。
本来陸自のUH-Xはエアバスと川重のジョイントベンチャーが本命でした。UH-Xをスプリングボードとして活用して、第二のBK117となり、内外の市場で1,000機以上を販売する予定でした。またそうであればスバルのヘリ部門は仕事を失ってヘリメーカーが二社に集約され、その後の集約も射程に入るはずでした。そうであれば国内外の市場で日本のヘリメーカーの生き残りはかなり現実的になったはずです。

ところが取材する限りでは高価な米国製の兵器を買うために官邸と一部の内局官僚が組んでこの話を潰したようです。

このため防衛省におんぶに抱っこの、子供部屋おじさんみたいな3社体制(エンジンは2社)が維持されることになりました。自衛隊以外の内外の市場にでることは夢の夢となりました。それは市場における厳しさを通じてメーカーの体質改善をする機会でもありました。我が国のヘリ産業は日本政府と、防衛省によって座敷牢に閉じ込められて、緩慢な死を迎えるでしょう。それまでまた膨大な税金が空費されることになります。そして産業の資源も食いつぶします。

ヘリ産業の自立は日本の航空産業にとって大きな前進となるはずでした。韓国政府と比べると余計に日本政府と防衛省の無能が際立ちます。


Japan In Depthに以下の記事を寄稿しました。
危機管理意識欠ける防衛大臣と記者クラブ
https://japan-indepth.jp/?p=54238

日本学術会議は解散したら?
https://japan-indepth.jp/?p=54181

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

通りすがりの名無し
2020年10月19日 21:06
ヘリだけでなく他の軍事系にも言えるかと。しかし今後どうなるのですかね。川崎は一応新しいUAVを開発して実証実験に入るとありますが。個人的にはこれからはUAVの時代なので期待したいところですが、わかりませんね。少なくともヘリにはスバルは外してCOIN機でも作ってもらった方がいいようにも。清谷氏はどう考えで?
キヨタニ
2020年10月19日 21:27
最大の問題は政府、防衛省に産業育成の当事者能力もビジョンもないことです。

COIN機にしても輸入の方が高性能、低価格でしょう。

>通りすがりの名無しさん
>
>ヘリだけでなく他の軍事系にも言えるかと。しかし今後どうなるのですかね。川崎は一応新しいUAVを開発して実証実験に入るとありますが。個人的にはこれからはUAVの時代なので期待したいところですが、わかりませんね。少なくともヘリにはスバルは外してCOIN機でも作ってもらった方がいいようにも。清谷氏はどう考えで?
やれやれ
2020年10月19日 21:31
当然この記事のことは知っていましたが...
あまりに虚しくなったので書きませんでした。
韓国のほうが戦略的にヘリを調達し外販まで考えている。
スリオンの様に独自とは遠いほぼライセンスに近いのに実力が無く
欠陥だらけのヘリもありますが(それでも大分良くなったから軍や警察に納入が進んでいるのでしょうけど)国産化するなら自衛隊どころか積極的に海外にも売り歩くべきでしょうけど、パリエアショーでスバルに話を聞く限りそんな野望は無さそうです。412EPXも国内のベル機の置き換えができれば良い程度みたいですね。とてもマンセーできる代物では無いかと。
通りすがりの名無し
2020年10月19日 21:39
うーむ、企業は頑張っているのに、政府が無能なせいでこうなっていると。官僚を入れ替えるか、民間からの叩き上げ、帰国留学生を起用するか、清谷氏がずっと前から主張してる、「調達用の企業作ってそれでいろいろ防衛産業について指示とか出す」ってことでしょうか。
キヨタニ
2020年10月19日 22:26
企業は頑張っているフリをしているだけです。
防衛省に寄生して食うことだけ考えて、リスクとって内外市場で
勝負をする気位もありません。
寄生虫です。

>通りすがりの名無しさん
>
>うーむ、企業は頑張っているのに、政府が無能なせいでこうなっていると。官僚を入れ替えるか、民間からの叩き上げ、帰国留学生を起用するか、清谷氏がずっと前から主張してる、「調達用の企業作ってそれでいろいろ防衛産業について指示とか出す」ってことでしょうか。
通りすがりの名無し
2020年10月19日 22:56
いくつか質問ですが、
・政府、企業ともにどうすればいいんでしょうかね。個人的は官僚を総入れ替えして、民間からのが出向者中心とするとか
・川崎はUAVの実証実験も行うわけですが、どう考えで?個人的にはまだ実験段階なのでわからないですが
キヨタニ
2020年10月19日 23:41
やるべきことはシンプルです。
それが官民ともにできない。

ぼくはかなり悲観的です。
個人的に出来ることはやってはいますが、過大な期待はしていません。

>通りすがりの名無しさん
>
>いくつか質問ですが、
>・政府、企業ともにどうすればいいんでしょうかね。個人的は官僚を総入れ替えして、民間からのが出向者中心とするとか
>・川崎はUAVの実証実験も行うわけですが、どう考えで?個人的にはまだ実験段階なのでわからないですが
>
やれやれ
2020年10月20日 00:36
通りすがりの名無しさん、
清谷さんの仰る通りです。海外の展示会に行って日本企業のブースに行って営業さんとお話してみればよく分かります。
昨年行われたパリエアショーに行ったのですが、何だかんだで日本企業のブースで早朝から12時頃まで話し込んでしまいました。
例えばスバルですが、UH2ことベル412EPXですが模型が展示してあるだけ。売り込みに来たのかと思ったら宣伝だけ。南米北米はベル社の担当、欧州はベル社ですがエアバスが強くてほぼ負け。スバルはアジア担当で販売はベル社とかぶらない所。販売は主に自衛隊のUH2で民間は既にベル社の412シリーズを購入している顧客のリプレースだけ。豪州から日本までアジアの大部分が販路なれど販売店や事務所を設けるわけでも無く積極的に打って出るわけでも無く顧客からお呼びがあったら伺いますって感じだそうで。拡販が目的ではなく今いる顧客をエアバスに奪われないように代品を用意しまいたって感じなんですよ。売り込みに金かけてもそうそう売れないかも知れないですが意気込みがその程度なんですよ。
エアロスバルことFA200の後継も作る気無し。他に売るものも無し。何がしたかったのか?
IHIも売るものはイプシロンロケットでジェットエンジンは無し。エンジンの部品製造やメンテナンスができますよって感じ。自前のエンジンを旅客機向けに開発する金も能力もありませんと白旗。軍用エンジンは防衛省の絡みもあるかも知れませんが一切無し。XF9も写真も何もありません。
川重は新型のドローン向け?小型ジェットエンジンなど面白い物もありましたが基本的には航空機部品作れます、です。
C2,P1もカタログなどはありますが宣伝は装備庁まかせ。
まあ企業が独自に売り込んでも売れるものでも無いですから。引き合いはあるそうですが、話題に上がらないと言うことは売ってはいけない国(米国に敵対など)には興味を持たれているのでしょう。新明和もUS2のカタログなどは飛ぶように出ていきますが飛行艇は客寄せパンダだそうです。目的はあくまで航空機部品の製造できますって所です。川重同様単独で販売できるものでも無いですし。
C2、P1、US2に共通しているのは型式証明を取れないから民間に販売したくてもできない事でしょう。あと性能の割に高すぎる。三菱の旅客機MRJ(スペースジェット)ですら型式証明取れなくて(旅客機には当然必須)頓挫しかかっていますからね。安全第一の民間機の壁は軍用機よりずっと高いのです。そんなこんなで売れそうなものは航空機の部品製造に落ち着くわけです。それ以上のことは金がかかりすぎてできない、技術的に設計できない、整備拠点が作れない等など。
航空機メーカとしては小規模のメーカが細々部品を作っているのが日本の航空業界の現実ですよ。最大顧客は防衛省で、民間機だけで独り立ちできない企業ばかり。だから寄生虫呼ばわりされる訳です。集約して企業規模を大きくして独自の航空機やヘリを海外に売りまくる、防衛省なんて二の次位の気概が欲しい所です。
Goodman80
2020年10月20日 08:51
日本の技術レベルが低いとは思いません。世界でも十分通用するレベルの製品は造れていると思います。しかし、それを売る為の企業、政府のバックアップ体制が全くできていない。造った製品がどこで売れるのか、どうすれば売れるのか、売る為の体制はどうすればいいのか等が全く無いのです。韓国の営業は英語が出来ます、必要が有れば日本語も覚えます。彼らの英語は商売の交渉や契約の為の物です。日本の企業や政府にはこの手の人材は殆どいません。
技術者がどんなに良いものを造っても売れる”製品”にならないのです。その内製品のコンセプトや情報を盗まれて、他国で”製品化”されてしまうのです。これが出来るトヨタ等の企業は世界中に生産拠点を持ち、日本企業などでは無く世界企業に昇格出来たのです。まあ、これらの企業の世界戦略を表面だけ真似る企業ばかりの様で、実績は全く上がっていないようで、逆に損失ばかりのおバカ企業も。
Goodman80
2020年10月20日 13:20
令和3年度防衛要求予算は5.5兆円でGDP比約1%、NATO最低の国家で約1.3%なので同率にすると約7.2兆円、米国の要求2%とすると11兆円となり、一省庁の管理できる金額を超えています。元々、防衛省は海上保安庁や警察庁よりも格下で、米国からの圧力等で格上げされただけなので、中身は同じです。公務員の中でも本当に残りかすの様な人材が採用される場所です。こんな連中に膨大な予算を任せるから碌なことになる訳が有りません。
予算や情報機密、外国や企業との調整等の為、関係官庁から人材を派遣して、共同で管理監督すべきでしょう。増大する予算を防衛省職員だけに管理させるのは、負担が多く改善すべきです(能力的に無理)。関係会社等の民間の力も活用すべきです。特に必要な情報を入手する為には多くの予算、人材を投入すべきです。予算が豊富になるのですから、優秀な人材を集め、活用できる官庁に成って貰わねば、予算の無駄遣いに成ってしまいます。予算に見合った一流の官庁に成って貰いましょう。
Suica割
2020年10月20日 18:08
実は日本とアメリカでは、国防関係費用の計上の項目というか物差しが違うというのは知った事がありますね。
アメリカは医療費も年金も全部コミコミ、宇宙関連予算も含めてなんですが、日本の場合、防衛費を小さくするために、それらを除外して計上しているという事を聞いた事があります。
それが正しいなら、日本の防衛費は意外に大きいのかもしれません。
人件費の中身も本当の内訳をしっかり調べる必要がありますし、国民の利益のためにも、実情を明らかにするべきでしょうね。
Goodman80
2020年10月21日 08:55
米軍は陸海空軍夫々が構築している情報共有システムで陸空軍で情報を”見れる”方向で調整している様です。
The Army and Air Force are finally on the same page with a plan to connect the military. What happens next?
https://www.c4isrnet.com/digital-show-dailies/ausa/2020/10/20/the-army-and-air-force-are-finally-on-the-same-page-with-a-plan-to-connect-the-military-what-happens-next/
陸自はそれなりにやろうとはしているみたいですが、空自や海自は聞いたことも有りません。少しは進んでいるんですかね、自分の勉強不足であれば良いと思っているんですが。
Suica割
2020年10月21日 17:14
まずは、コマーシャルベースの武器(民間人所有が認められている武器。アメリカにおいての拳銃等)や民間でも使う製品については、武器輸出の範疇から除外する事からはじめるような地道な努力が必要ですね。
軍用専用品でないものから、開発努力をしていくような真面目さがないと、コストパフォーマンスや維持に関する感覚も身につかないし、どのようなものがユーザーが好むのかというデータも得られません。
Goodman80
2020年10月21日 19:04
アルメニアに展開したロシア軍が、地上ベースの電子戦システム「Krasukha(クラスハ)-4」を使用して、アゼルバイジャンもしくはトルコのバイラクタルTB2の撃墜に成功したようです。
アルメニア駐屯のロシア軍、48時間で9機の「バイラクタルTB2」無力化に成功か
https://grandfleet.info/russia-related/russian-army-succeeds-in-neutralizing-bayraktar-tb2/
唯、バイラクタルTB2はGPS信号や通信が途絶した状態でも、自律的な飛行で基地に帰還すると言う事なので、クラスハ-4が何処まで撃墜に関与したのか、本当に撃墜できたのか等を含め、今後の情報を待つ必要が有る様です。
通りすがりの名無し
2020年10月21日 23:41
Goodman80さん
これは非常に興味深いですね。日本もこれを研究して導入を進めていくべきでしょう。
スタッドレスタイヤ
2020年10月22日 15:36
メーカーがその気になってくれさえすれば、あとは海外にネットワークを築いてる商社が販路の確立から何からめんどくさいあれこれを引き受けてくれるんですがね……。
メーカーに「その気」が無いからなぁーんにも始まらないという……苦笑
Goodman80
2020年10月22日 17:23
健軍駐屯地に新編される電子戦部隊の能力はどの程度の物なのかが心配。将来、機能向上の為、イスラエル製などの機材が追加される予定らしいが、自分で調べた感じでは、一周も二周も遅れた機材の感じだった。自衛隊の先見性の欠如、正面装備を並べて喜ぶ幼稚さ等、今迄も眩暈を感じ続けていたため、非常に心配である。
やれやれ
2020年10月22日 17:24
スタッドレスタイヤさん、
一般的な商材なら良いんですが航空機となるとそう簡単じゃないんですよね。整備や修理などの保守サービスが重要なので。
国内だけなら自分の工場まで飛ばすなりすれば整備できるのですが
海外だと既に整備拠点を持っている航空機会社にお願いするか(MRJはボーイング)自分で整備拠点を築く(三菱はお手軽にボンバルディアのを買収しましたね)など金が半端ないんですよね。
そのための整備マニュアルの作成や整備部品の準備も大変。
日本国内だけで見たら大企業でも数千億円をポンとだして整備拠点を北米、欧州に作るのは大変ですよ。しかも売れるかどうかも分からない飛行機の開発と試験にかかる費用までを考えたら民間機でも1兆円超えちゃいますね。アジアから徐々に販路を拡大し数を売り儲けつつ実績を積み上げて販路を拡大し整備拠点も充実させる。
これができれば良いのでしょうけど、そこまで気力と体力のある会社があるでしょうか?自家用機ならもっと楽でしょうけど。
スバルはエアロスバルですらギブアップですからね。ホンダは戦略的に無理せず自家用ジェットに参入したと思います。主な市場は北米だし他は徐々に増やせばいい。三菱もMU2,MU300はそうだったんですが、MU300ビジネスを売却して、そこでぷっつり切れましたからね。
個人的にはKAIの様に航空宇宙会社は全部集約の方が良いかと思います。航空機部品やライセンス製造だけして自前の完成機を設計開発して造って販売しないから衰退が加速していると思います。
ガネット
2020年10月22日 21:40
MRJ、お陀仏になったみたいですね。
偽陸士
2020年10月23日 01:06
コロナを理由にMRJ凍結ですか。

政商のやることは、結局上手く逝かない。

YS11も後が続かなかったし。

日本の航空産業はゆっくりと沈んでいくのだろう。

やれやれ
2020年10月23日 09:49
これですね。今朝知りましたが、外国人技術者を首にして
縮小した時からこうなることは分かっていました。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6374437

コロナのお陰で型式証明の試験も中断したまま先延ばし。
コロナが回復してから航空機需要が盛り返すまで数年かることを
考えたらとてもやっていけない事は明らかです。
コロナで止めを刺されたのは間違いないでしょう。
ただしここまで開発が遅延し型式証明が取れずに
製造販売まで持っていけなかったのは偏に三菱の
経験の無さと根拠のない驕り高ぶりですから
自業自得としか言えません。
予定通りとはいかなくても4,5年前に型式証明が
取れて販売していれば次世代機を作るくらいは我慢したかも
知れませんが、生まれる直前に死産ではどうしようもありません。
これで国産ジェット旅客機の夢は完全に消えたと言って
良いでしょうね。
酷使様やネトウヨはP1ベースでとかアホな事言いそうですが。
Suica割
2020年10月23日 11:58
やれやれ様

P1ベースでやれといっても、遅いです。
そういう話はMRJ開発開始のときに始めるものなので、もう遅いです。
P1からMRJを派生させるべきでしたが、後の祭りです。
やれやれ
2020年10月23日 15:35
Suica割さん、
「P1からMRJを派生させるべきでしたが、後の祭りです。」
それがそもそもの無理筋なんですよ。
最初に旅客機として販売していた737等の機体をP1に転用は可能ですが、逆は型式証明が取れないので不可能なんです。
そのためにはP1を設計開発しつつP1と似たような旅客機を全く新規に設計開発する必要があります。ロッキード・エレクトラを後のP3Cにすることはできても逆は無理なんです。それだけ軍用機と民間機の設計思想、特に安全に対する思想が異なっています。
型式証明の審査には設計段階からFAAなど審査機関にダメ出しされます。それが理解できていなかったのが三菱です。何度も設計を見直してこれで行けそうと思ったら外国人技術者にダメ出しされてこれでは設計審査に通らないとまた見直し。
川重はヘリでは型式証明取っていますが、BK117はエアバスヘリにH145と言う同じ型のヘリがあるから一緒に型式証明に向かえるのであって固定翼機は経験すら無いですからね。川重も金も時間も掛かり経験もない型式証明は無理と白旗上げてますから。
それにP1は低空低速で効率のよい翼と捜索に向いた機首になっていますがこれでは高空を高速で飛ぶと効率が悪くなります(燃費が悪い)。加えて4発なので双発、後退翼で翼は全て再設計。
機体規模は737やA320と同じ最も売れるゾーンなのでボーイングやエアバスが整備依頼を受けるかどうか。MRJは大手とかぶらないカテゴリだから良かったですが、受けてくれない時点でビジネスは終了です。自前の整備拠点を設けないと国外の誰も買いません。旅客機ビジネスは機体を開発して売れば終わりでは無く、そこからが始まりです。サポートの受けられない飛行機は誰も買ってくれません。その辺は兵器とかも一緒ですね。小火器ならまだしも複雑なシステムは保守整備などのサービスが充実していないと稼働率に直結しますから。

これで売れなくなったMRJを自衛隊に押し付けられたらたまりませんね。海外の軍用機も戦闘機などは無理にしても基本旅客機ベース、型式証明取得機種にしようとしているのに流れに逆行するし
どのみち今のままでは足が短いので燃料タンクの増大など大幅な見直しが必要になるだろうし、数量も少ないので流用はあまり良い手では無いと思います。
将来開発を続けるつもりなら1機位試験機として残して後は博物館に負の工業遺産として残すのが良いかと思います。
Goodman80
2020年10月23日 15:37
ロシア製のKa-52の新型Ka-52Mに射程100kmの巡航ミサイルが搭載され、対空システムの脅威になりそうです。
Russia’s upgraded Ka-52 gunship with long-range cruise missile to complete trials in 2022
https://tass.com/defense/1166749
昔、ロシア製のヘリが民間で使用され信頼性等で非常に評判が良かったので、近頃評判の悪いアメリカ製に見切りを付ける頃合いですかね。AH-64のロッキードはもう滅茶苦茶な感じですし。
Suica割
2020年10月23日 19:16
やれやれ様

ありがとうございます。
よく知らないもので、P1C2方式でどうにかなると思っていたもので。
共通するところは共通させて、P1の民間機に使えない部分は大改造でどうにかすれば、出来ると思ってたので。
あの哨戒機も輸送機も共通出来るところは共通で開発するといっても,重なる部分が少なくて、かなりの部分が違っているから、P1からMRJもいけると考えてました。
やれやれ
2020年10月24日 16:20
Suica割さん、
そこが民間機と軍用機の大きな違いですね。
見た目が同じようでも安全性に対する考え方が全く違うんです。軍用機は軍用機で使う範囲で安全なら軍がそれでOKしておしまいですが、民間機は過去に起こった事故や事件を元にできる限りの対策を毎年盛り込んでいく。なので毎年型式証明の敷居は高くなっていきます。そして審査と実機で飛行試験も行い安全性を確認する。厳しさの方向が違うんです。C2やP1も30年前なら型式証明通ったかも知れませんが、それらの開発時点では最早手遅れです。A400Mの様に最初から型式証明を取るつもりで設計を開始したか、C130の様に大昔型式証明を取っていれば派生機として敷居が下がり同型機は取りやすくなる場合もあります(派生機種が今の型式証明の基準に沿っている場合等)。
型式証明対応しようとするとそれだけ安全性に対する設計が厳しくなり審査も試験も受けないといけなくなり開発遅れと費用増大になるので相当なノウハウと覚悟がないと難しいでしょう。旅客機での型式証明で豊富な経験があるエアバスだからできた可能性が高いです。エンブラエル C390も型式証明取ったようだし経験が無い川重では不可能でしょう(MRJの様に大量に経験のある外国人技術者を雇わない限り)。
今後のトレンドは輸送機や哨戒機など直接戦闘しない機種や戦時以外は安全性を優先する機種は型式証明有りが導入の要件になるかもしれませんね。
二読者
2020年10月24日 21:41
>Goodman80さん
攻撃ヘリに長射程巡航ミサイルとは、かの国は考えることが一味も二味も違いますね。
まあ、ロシア製ヘリ導入はないでしょうが、戦術思想は参考になりますね。
あと、AH64はロッキードではなくボーイングかと。
Suica割
2020年10月24日 22:45
やれやれ様
>今後のトレンドは輸送機や哨戒機など直接戦闘しない機種や戦時以外は安全性を優先する機種は型式証明有りが導入の要件になるかもしれませんね。
むしろ、合理的な発想だと思いますね。
人員やバカ高い機材を事故によって失うくらいなら、型式証明ありを買ったほうが安心できますから。
何でもそうですが、軍用機材にもコモディティ化の波が押し寄せているようです。
ブロガー(志望)
2020年10月25日 15:18
お邪魔します。
 日本人は何だかんだ言っても「血と死と人の恨みに穢れた軍事」に対してまともに向き合えないのでしょう。アメリカでもあれだけ銃犯罪がありながら「銃規制はアメリカ建国の精神を損なう」といった考えから脱却できず、全米ライフル協会等が銃規制に繋がりそうなものを問答無用で潰しまくっているそうですから。韓国の場合は儒教圏で伝統的に「文官重視武官軽視」でも「穢れ」とまでは考えず、かつ危うく世界地図から消されかかったばかりかその消そうとした相手が未だ目の前にいるため、その分まともでいるのではないかと思われます。その意味ではなまじ北朝鮮が倒れて朝鮮半島が統一された後の方が、近代以前の朝鮮に回帰して内向きかつ後ろ向きになるのかも知れません(大国の顔色を窺う事に腐心し、民衆の事など省みなくなるとか)。
 かつて中央の政争で藤原氏に敗れた源氏や平氏は、地方の武装勢力である武士団の頭となる事で、平清盛は太政大臣になり、源頼朝は鎌倉幕府を開きました。また関ヶ原の負け組として外様に追いやられた薩摩や長州が中心となって明治維新が行われました。しかし今の日本では所謂「辺境」は本当に無いない尽くしで、「中央」に取って代わる事など期待できません(却って補助金等で中央に依存しているか)。となればいっその事意欲や能力のある日本人は外国(特に途上国)に行ってそこで頑張ってもらい、日本の「中央」が衰退した時に帰ってきてもらうようにでもした方が良いのかも知れないと思ったりもします(行った先で骨を埋める人の方が多いかも知れませんが)。
はて?
2020年10月26日 12:28
盆と正月と連休中は駐屯地から陸路で現場に辿り着けない説を提唱している立場からすると、使える回転翼機が僅かである状態なのは本当に勘弁して欲しい。

 枯れ果てている新型機体も、考えようによってはトラブルの起こる可能性が極めて少ないと自分に嘘がつくことが出来る。


 そこそこの性能の兵器で数を揃えるのは基本であるのと思うので、韓国は渋い一手を打ったのではないかと思う。