日本学術会議は軍事を知らずに軍事を否定している低教養の団体


日本学術会議は軍事を知らずに軍事を否定している低教養の団体です。ここでは菅政権による任命拒否は置いておいて、軍事研究をすべての研究者に禁止するような圧力を与えている日本学術会議の存在意義に焦点を当てます。

結論から言えば、日本学術会議の軍事に関する見識はそこが浅いだけではなく、特定にイデオロギーに基づくカルトであります。軍事研究を放棄すれば平和は実現するというものです。これを国家の機関という権威を利用して、大学などの組織に圧力や影響力を与えております。このような組織を維持する必要はありません。

研究をする、しないは個々の研究者が決めることです。特定のイデオロギーを強要するのは学問の侵害であり、そのような団体に公的な権威を与えるべきではありません。

例えば日本学術会議は中国に対する技術移転、研究、ODAなどの資金提供を否定していません。
言うまでもありませんが、中国には民主主義はありません。思想は統制され、チベットやウイグルでは人権侵害が行われています。過去武力あるいは武力による恫喝を続けています。

中国に対する技術協力が「火の出る玩具」では無くとも、独裁国家、覇権主義国家の中国の軍拡には大きく寄与しています。まず経済が拡大すれば当然中国が軍事予算を増やすことができます。またODAにしても空港や道路、港湾などをこれで作れば、その分の予算を軍事に使うことができます。またこれらは特に戦時には、軍隊の移動や運用に利用されます。

さらに幅広い科学技術が向上すればこれまた軍事に利用されます。例えばゴムパッキンやバネといった、ありふれたもの、あるいは素材研究であってもその質や性能が向上すれば戦車や戦闘機、軍用のエンジンなどの能力は飛躍的に向上します。

また同時に中国の兵器輸出も飛躍的に増えています。30年前まではプリミティブな兵器ばかりで、その多くは旧ソ連のコピーでした。ですがその後急速に開発力、技術力を挙げて航空機、艦艇、ミサイル、UAV、コンピュータ、防空システムなどの高度な装備を、紛争地を含めた世界中に売っています。まさに死の商人です。

そして現実中国は経済的に大きな発展を遂げて、世界の工場と言われるようになりました。このため毎年二桁の軍事予算を使うことが可能となっています。また中国の兵器の能力向上も著しいものがあります。それに貢献しているのが天安門事件後も中国に物分りのいい我が国が経済的、技術的支援を継続してきたことです。

無論これは我が国だけではなく欧米先進国も同罪ですし、特に我が国政府、産業界の見識の無さの結果でもあります。
ですが、日本学術会議がこの危険性を早期に予知し、警鐘を鳴らしていれば随分と状況は変わったはずです。ところが日本学術会議はそのような警鐘を鳴らしてきませんでした。軍事技術=理工、火の出る玩具を作る技術という幼稚な思い込みがあるからでしょう。

その反面軍事のモンスターと化した中国に対抗するために防衛省が、大学など依頼する研究には圧力を掛けているわけです。そして文系の学問の軍事研究はなんの制限もありません。加藤陽子教授が会員に推薦されていることでもわかるでしょう。文系の軍事研究が軍事や戦争に使われないというのは随分とおめでたい発想です。


そして日本学術会議の会員たる、お偉い先生方は日本のアカデミズムを劣化させてきました。その多くが社会に出たことがなく、子供レベルの社会常識しかなく、しかも妬みそねみが強くて、品性が低いからです。これが若手学者の芽を摘んできました。
徒弟制、派閥によって自分の意のままになる人間を引き上げるが、才能があっても自分の意にそぐわない、あるいは自分の地位を脅かすものは排除してきました。

また大学の学長選挙や教授の選定もそのような派閥が幅をきかせて醜い抗争が行われています。既得権に維持は意地汚いわけです。
反面若い学者はただで奴隷のようにこき使われ、また非正規の1コマいくらの講師としてこれまたこき使われています。彼らは研究費も支給されず、学会の参加費用も自腹を強要されています。ですから才能とやる気がある研究者は外国に「亡命」します。
あと20年もすれば、日本の大学のレベルは惨憺たるものになるでしょう。

しかも多くの学者には本来学者に必要な想像力、発想力がありません。彼らは外国文献の翻訳屋、あるいは卒論の添削屋でしかありません。それが教授として安定した身分にしがみついて、若手を搾取しているわけです。

こういう現状を日本学術会議は放置してきました。
このような組織を公費で維持する必要はありません。



■本日の市ヶ谷の噂■
日本製のFH-70、155ミリ榴弾砲は長射程で射撃をすると、頻繁に油圧系統が故障する、劣化コピーで演習でも苦労が多いとの噂。



Japan In Depthに以下の記事を寄稿しました。
危機管理意識欠ける防衛大臣と記者クラブ
https://japan-indepth.jp/?p=54238

日本学術会議は解散したら?
https://japan-indepth.jp/?p=54181



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

通りすがりの名無し
2020年10月17日 13:00
>>https://news.yahoo.co.jp/articles/9389cfb5fff523e160a5626b8634c466ae07f423?page=2

当の組織側は否定してるようですが

>>日本政府&ネトウヨ「日本学術会議は中国に軍事協力している!」⇒根拠のないデマと判明…??
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1602281792/

ヒゲの隊長のツイート然り、本当なら大問題ですが、はっきりした証拠がない以上、解体しろと言うのは難しいかと。それに軍事面だけで解体しろは、逆に技術研究開発の芽を潰してしまうのではとも思ってしまいます。左翼側は日本の技術の衰退を招くと言ってますが
ドナルド
2020年10月17日 16:08
清谷様

学術会議が政治的な発言をすべきだと(一部の先生方が)考えていることが、よくないのだなと、本当に思います。学術会議は他に実に重要な多くの仕事をしており、日本の学術研究者の総意が得られるはずのない、「非軍事や軍事」を意見するなど、なんとも間違ったことをしたもんだと思います。

ただし、中国の成長を学術会議が警告しなかったことを批判するのは、私は違うと思います。それならばよほど政治的に大きな影響力を持つ経団連や日本医師会、自民党や民主党、朝日新聞や読売新聞などが、はるかに強く非難されるべきことです。もちろん、欧米の全ての諸国も、同じ批判をされるべきです。(*ただし、末尾にコメントあり)

一方で、学術会議がその専門とする学術だけでなく、政治や軍事においてまで、なんらかの「偉い提言」をできる、せねばならぬ、と勘違いしている一部の方々には、心底文句を言いたいです。反軍事の視点に立つのであれば、清谷さんのおっしゃる様に中国を未開のままとする努力を続けるべきだったはずだし、反軍事をそこまで広く捉えていないという立場なのであれば、日本国内の軍事につながる研究に反対するのも、また、おかしい。

本来学術の基本は、よく調べよく学び、しかるのちに問題点を見つけ、進化を図ることです。もし万が一学術会議が軍事に意見をしたいのだとすれば、当然そこには軍事の専門家がきちんと存在し、科学史や技術史、軍事技術の専門家(軍事の専門家とは別人種)、外交や国際経済の専門家がいて、喧々諤々の議論をし、さすがと思わせる考察を添えて論議すべきもので、イデオロギーで論ずべきものでは一切ありません。特に軍事は冷徹な数式に基づくべきものであり、現実のみを論ずるべきもので、本来イデオロギーとは無縁のものです。(イデオロギーの影響があるのは政治であり、戦争は政治が始めるものなので(決して軍事が始めるものではない)、政治の世界ではイデオロギー論争はあって良い)。


理系では、自然法則も数式も、イデオロギーなんて気にしません。事実は事実としてそこにあり、えらい先生が言おうが、若手の駆け出し学者が言おうが、先に事実を発見した者の言が正しいだけだからです。


もちろん未来の科学を進めるための投資の方向を決める際に、事実とは別に主観が入る余地はあります。なにしろ、いまだ正解をしらない新しい地平線を開こうと言う時に、どの道を進むのがもっとも近道なのかは、論理的には確定しないからです。ここでは「論争」がおき得ます。本来、こここそが、学術会議の仕事のはず。。。


唯一「人間の主観=人倫」が大事となるのは、人類を滅ぼしうる技術を開発している時の対応です。人DNA関連の技術や、ウイルス研究、核兵器やコンピュータウイルスなども、その技術管理には注意が必要です。何らかの倫理的見地に基づき、管理・規制するわけです。歴史を見れば、倫理とは時代時代で変わってゆくことは明らかなので、その時代その時代でよく議論をして、公平=関係者の大半が合理的と判断できることが重要です。


非軍事のイデオロギーを語っている一部の学者たちは、上記の倫理判断を、軍事政治技術一般に適用すべきだと考えているわけです。結構なご意見ですが、当然、軍事や政治を専門的に深く学んだのでない人が意見するのは筋違いですから、(個人的には)論外と思っています。本来、学術会議が「学者の国会」なのであれば、学者の総意が反映されるはずで、今この時点でそれをやれば、そのような考えは当然排除されます。それができていない。その意味で、学術会議の改革は、ぜひすべきではないでしょうか。


#ところで、実は私個人は、中国への世界各国のこれまでのアプローチ自体は、あまり批判されるべきとは思っていません。中国は実力でのし上がったのであり、それを見据えたからこそ、各国が中国に擦り寄ったのだ、と思っています。彼ら12億の人民の力は凄まじいですから。欧米各国は実にしたたかに動いただけだと思いますよ。

長くなってしまいました。すみません。。。(やっと学術会議に文句を言うコメントを書く場面が来た:笑)
偽陸士
2020年10月17日 17:55
投稿失礼します。

学術会員全て嫌日とは申しません。

ですが会議の存在が古参兵にお墨付きを与え新兵イジメを助長するなら学術会議法は廃止すべきです。

何でもそうですが、税金が入ると腐敗するものです。

日本も自国民への武器所持、製造、輸出、技術移転を撤廃すれば済むのです。

そこから研究費が出ます。
使える製品が出来ます。
外国の死の商人、国家の動向を日本のビジネスマン以外の一般人も知る事で現実に向き合う事が出来ます。
日本政府も革命怖さにバカな政策は出来なくなります。
日本の周辺国も舐めた真似が出来なくなります。

平和と繁栄が日本とその周囲にもたらされます。

役人頼み税金頼みから脱却すべきです。
のもんはん
2020年10月18日 10:25
加藤陽子先生の著作によると、日本海軍航空隊はハワイ真珠湾停泊中のアメリカ艦隊を低空から魚雷で攻撃した。なぜなら戦艦には主砲と言うものがついていて上空からの爆撃だとそれに撃ち落とされてしまうから、だそうです。これが軍事を知らずに軍事と外交を語る、東大教授にして学術院会員候補の実態です(笑)
スタッドレスタイヤ
2020年10月18日 11:58
前回にも増して筆が乱れていらっしゃるようですが……。

スタッドレスタイヤ
2020年10月18日 12:47
前回にも増して筆が乱れていらっしゃるようですが……。
清谷さんが問題とされている「中国との繋がり」にしろ「アカデミズムの劣化」にしろ、いささか牽強付会が過ぎると思いました。

前者については、他のコメントですでに書かれているように、もし中国への各種支援を問題とするのならば、その支援を行なった主体たる政財官界の方こそ厳しく批判されるべきではないでしょうか。
清谷さんは「日本学術会議が……警鐘を鳴らしていれば随分と状況は変わったはず」と仰っていますが、国民の大半がその存在すら知らないような組織の「警鐘」が果たしてそこまでの効力を持ち得たでしょうか。
「中国との繋がり」を問題化しようとするあまりに、無意味なたらればの議論をされているように思われます。

後者については、なるほど学術会議の先生方がやっているような政治闘争であるとか、若い研究者をパシっていることも要因の一つではあるでしょう。また、軍事研究に対して否定的な姿勢を貫き、自由な研究環境の醸成を阻害していることも批判されて然るべきです。
しかし、これらはあくまで学術会議内部の話であって、風呂敷をいきなりアカデミズム全体に広げるのはこれもまた乱暴な議論だと思います。「アカデミズムの劣化」の根本にあるのは、こんなちっぽけな組織のくだらない政治闘争などではなく、我が国のあまりに劣悪な研究環境・研究者への待遇です。そして、それを決定しているのは学術会議ではなく、文部科学省をはじめとする政治サイドや経済界です。軍事研究の阻害に関しても、学術会議が成立した所以からして自然なことですし、今回の政権側がとったアクションはもろに戦前の軍部がとっていたものと被っていますから、反駁されるのも当然でしょう。

こんな組織一つ潰すことに熱を上げて、10億円ぽっちの税金を浮かすよりは、
アゼルバイジャン-アルメニア戦線で使用されている無人機の研究をするとか、
10億円どころか1兆円食うとすら言われる洋上イージスアショアの是非を今からでも議論するとか、
そちらの方がよほど国防と国民福祉に貢献すると思うのですが……こちらの目を撹乱しようとしての今回の動きであれば、これは一杯食わされたとしか言えませんね(笑)

(コメントの途中で「書き込む」ボタンを押した後、慌ててブラウザの中止ボタンをクリックしたので、二重送信しているかもしれません。その場合は申し訳ありませんがご容赦願います)。
偽陸士
2020年10月18日 18:29
スタッドレスタイヤ様。

>しかし、これらはあくまで学術会議内部の話であって、風呂敷をいきなりアカデミズム全体に広げるのはこれもまた乱暴な議論だと思います。

この学術会議のアカデミズム全体への影響は無視出来ません。
軍事に直結する研究となると、それを潰しにかかる。
日本の自由と独立と安全にとって宜しくありません。

学者の国会より政党会派ごとのシンクタンクの方が必要です。

役人にせよ学者にせよ、政治に無関係ではありません。
ならば加入組合か所属政党を通じてか、政治信条ごとに集まるのが筋です。

学術会議は解散か少なくとも税金を投じられるべきではありません。
賭け
2020年10月18日 20:59
偽陸士さん、
貴方は日本学術会議のスパイですか?
軍事研究全面否定の主張は読売新聞の社説では
「時代錯誤も甚だしい」と酷評されていたじゃ
ありませんか、
学術会議の主張は私から見れば、我々民衆を
馬鹿にしているとしす思えません。
確かに、戦前横暴で傲慢で役立たずの
軍部の独裁を受け入れてしまった。
私達日本国民にも責任があるのは、
認めます。
でも、時代の流れは進んでいる北朝鮮の日本国民の拉致問題と
中共国の尖閣諸島問題と関して軍事研究の必要性を感じるますし、
それをどうするかは今の若者達を始めとする民衆が判断をする事で
あって嫌日左翼の考え大事する時代遅れの学者する事ではないのが
私としての考えです。
(偽陸士さんが、このコメント関して反論して一向に構いません
私は貴方の戯言に付き合うつもりはありません)
偽陸士
2020年10月19日 00:14
賭け様。

>私は貴方の戯言に付き合うつもりはありません

私も貴方に付き合いません。
19190213
2020年10月19日 03:55
政治の話は荒れますね。

偽陸士さま
私は、役人は可能な限り政治に関わるべきではないと思います。
可能な限り機械に近づくこと。
私も貴方もそれを求められてきたのだと思う所です。
違いますか?

尤も我々は既に辞めた身ですから現在は違うとは言えますが在任中は一個の機械として色々な物を犠牲にしてきたはずです。
政党に所属する事は個人として投票する事は良しとしても自己の立場を利用して思想を浸透しかねないと感じています。
例えば、極左極右の連中が教職員として無垢な子供を洗脳していく可能性もはらんでいる訳ですから我々公僕は絶対に政治や思想から遠ざかる努力をするべきです。

>この学術会議のアカデミズム全体への影響は無視出来ません。
軍事に直結する研究となると、それを潰しにかかる。
日本の自由と独立と安全にとって宜しくありません。

同感です。
逆説的に言えば10憶も懸けているのに影響力がないなんて猶更不必要ですし解体するべきです。



>学者の国会より政党会派ごとのシンクタンクの方が必要です。

同感です。


 10億が国家予算比から見て安いとか、某首相の葬儀1億が同様に安価だとか言う方もいらっしゃいますが、税金というのはそういう物ではないです。
もし病気の子供を抱えた親がいたとして麦の一粒でも薬の一錠でも子に与えられる事ができたとすれば治らなくても少しでも生き永らえる事が出来るかもしれない。それがお金ですし言い換えれば希望です。
 もし子供や家族を喪ったとしてもまた前を向けるようになるためにもその人が納得できるような金の使い方をしないといけない。
少なくとも誰かに怒りや暴力を向けさせる原因を作ってはなりません。
自己の人生を他人のせいにして苦しむ不幸を作る訳にはいきません。少なくとも納得できるものにしなければなりません。
血税は重いものなのです。
19190213
2020年10月19日 03:57
塵も積もれば山となる。
10億といえども座視できません。
私は改善するべきかと思います。
偽陸士
2020年10月19日 09:22
19190213様。

>尤も我々は既に辞めた身ですから現在は違うとは言えますが在任中は一個の機械として色々な物を犠牲にしてきたはずです。
政党に所属する事は個人として投票する事は良しとしても自己の立場を利用して思想を浸透しかねないと感じています。
例えば、極左極右の連中が教職員として無垢な子供を洗脳していく可能性もはらんでいる訳ですから我々公僕は絶対に政治や思想から遠ざかる努力をするべきです。

自分は公私の区別をつけるならば、公務員の政治関与は別に構わないと思いますよ。

勤務時間、課業中にやってたり公の肩書で発信すればそれは非難に値しますが。

日教組は勤務時間中、しかも教師の立場で生徒に意見を押し付けているのが問題なのです。

やれやれ
2020年10月19日 11:58
「研究をする、しないは個々の研究者が決めることです。」
この点は同意します。

「例えば日本学術会議は中国に対する技術移転、研究、ODAなどの資金提供を否定していません。」
学術会議以前にODAは国が決めたことですよね。技術移転は中国が進出の代わりに要求しているし中国の戦略勝ちかと。
それと不況でしぶちんの日本と違って豊富に研究資金を出してくれる中国は魅力でしょうね。これも戦略が有効に効いている結果でしょう。
果たして日本はこのような事を考えていたでしょうか?
軍事もそうですが政府も産業界も学会も確固たる戦略が無いのでは?日本をどうするのかビジョンが欠落していると思います。
ある程度の成功で満足してそれ以上大きな会社にしようとしない
そこそこの中小企業みたいに。

「無論これは我が国だけではなく欧米先進国も同罪ですし、特に我が国政府、産業界の見識の無さの結果でもあります。」
学術会議以前にまずここでしょう。パクリでもなんでもとりあえず作り核兵器も自国で作った。鍛えれば地力のあるスポーツ選手みたいなものでそれを世界中で協力して一生懸命育ててきたわけです。
自分が今持ってない、将来必要なものを戦略的に取り入れてきて成果が出た、そういう事です。身の回りの物がMade in Chinaばかりになって来た頃から誰でも分かった事だと思いますよ。
問題は国民が裕福になれば中共の自縛から離れて自由主義になると思ってしまった事でしょう。現実は相変わらずで思惑が外れました。私も中共が潰れると期待していましたが中共は当然その対策にも余念がなかった事でしょう。国民は飢えないで裕福で生命の保証がある程度担保されていれば、多少の不自由でも政府転覆までする気は無いんですよ。
転覆しないんだったら中共は富と技術を手に入れよいよ増長するだけになってしまったと言うオチです。
将来の国のビジョンに向かって突き進む、今の日本には無いことでしょう。
しかもそれを着実に実現していっている。
産業界は遅くとも20年位前には今日の発展は想像できたと思いますよ。中国企業と仕事をしていた自分でもそう思いましたからね。
彼らはある意味優秀で教えたことだけを忠実に熟すロボットでは無く自らの意思で勝手に改良(改悪含め)してくる人間だと。
Aと言う物を作らせるとA+αを作ってくる(A-αもある)。
何でそうしたのか聞くと理由があってこうしたと論理的に回答をする。それがコントロールしにくく非常にウザかった事もありますが彼らが単純に受け入れるだけの存在でないことは直ぐに分かります。そう考えればパクリだろうがなんだろうがどんどん発展していく理由も分かるでしょう。優秀な人材をどんどん作っているのですよ。

「このような組織を公費で維持する必要はありません。」
民間に移管で良いと思います。

「日本製のFH-70、155ミリ榴弾砲は長射程で射撃をすると、頻繁に油圧系統が故障する、劣化コピーで演習でも苦労が多いとの噂。」
これでは売り物にならないですね...





19190213
2020年10月19日 13:08
偽陸士様
我々は人間という不完全な生き物です。
かつて共産主義国家が己の崇高な理念を体現出来なかったように人間には出来ない事と出来ることがあると思うのです。
政治というのは信念というものを形成しやすいですしそれが普段の生活、言動にも表れるものだと思います。
それらを鑑みれば、公務員の政治的な活動というのはより制限されるものだと思います。

実際問題として大阪における業務中の政治活動や某省におけるビラ配りなんかを見ると人間はそもそも信念まで昇華したものと切り離す事が出来ないように思えます。
出来る人とそうでないものがいる場合、公器として職務に専念させるためにはやはり切り離すべきかと思います。
勿論これは私個人の考えでありますし近年の最高裁の考えなんかとは乖離しています。

私はそこまで綺麗に別けて出来ない人が大半なんじゃないかと考えています。
偽陸士
2020年10月19日 15:15
19190213様。

>私はそこまで綺麗に別けて出来ない人が大半なんじゃないかと考えています。

そこは同感です。

ただ禁止すると隠れてやる御仁も出てきます。

公務員の政治活動は課業外に私人として、自腹で、自己の政治信条を明確にするならば、自分は容認します。
マリンロイヤル
2020年10月19日 16:23
軍事研究を否定するのは学者失格ですよ。世の中の進歩を、軍事研究がリードしてるのは明白なんですから。まさか、軍事を否定する学者先生は、コンピューターや携帯電話、インターネット、腕時計、トレンチコート、ティッシュペーパーを使ったり、レトルト食品、スナック菓子を食べたりしてないでしょうね(笑)全て軍事研究から出て来たモノですよ。科学の進歩より自分の政治イデオロギーが優先というなら、その人達は日本のルイセンコと呼ぶべきでしょう。それから、現代人の歩き方は「徴兵による軍事教練」が元だから、軍事を否定する学者は手と足を左右交互に出す歩き方をしてはいけない(笑)相撲取りのようにすり足で歩くべきだ。
19190213
2020年10月19日 19:48
マリンロイヤル様
これからは教養があるかどうかはナンバ歩きをしているかどうかで解りますね(笑)
後彼らは教養があるから別にGPSを使わなくとも後方交会法使って地図判読していくんですね解ります。
邪悪な電信やインターネットも使ってはいけないので連絡は手旗信号か狼煙ですね!

ある意味素晴らしい!
2020年10月19日 22:51
大学の「軍事研究を禁止する」日本学術会議は少なくとも主流派は反日としか言いようがありません。支持率が下がったので菅義偉が日本学術会議廃止まで踏み込むかわかりませんが、日本学術会議は百害あって一利なしの組織です。菅義偉及び自民党には日本学術会議の廃止を期待します。
ロハスな人
2020年10月20日 17:16
 清谷さんがおっしゃるように日本学術会議の人たちは『軍事を研究(考えなければ)しなければ平和になる』という言霊思想?的な思想に憑りつかれて、『悪意なく日本の防衛を危機にさらしている』わけですね。

 ところが、安倍政権や菅政権は『自分たちの作ったルールを自分で破って』今回の任命拒否や安保法制のごり押し成立をさせています。

 ※先日の中曽根氏の『国葬?』で菅政権は私事への『自衛隊利用』という前代未聞の行為をやらかしています。
 
 実は元幕僚長が『アメリカと勝手に安保法制の成立を約束』したように、(一般自衛官の方たちはほぼ善良だと思いますが…)自衛隊上層部は利権層とずぶずぶです。

 安倍政権崩壊で危機感を高めた利権層中枢部は『利権を守るためにできた菅政権』に利権の中枢の一人だった中曽根氏の葬儀の価値を高めさせるために『自衛隊上層部を巻き込んで』とんだ茶番をやらせたようです。

 もちろん、冷静に見れば『俺たちは軍事専制国家を作るんだ!』的な『法律無視』の国民の目にあからさまな行動を取っていますから、『悪意のないアホ』な日本学術会議の人たちよりも『悪意のあるドアホ』の集まりである菅政権(安倍政権も)は極めて悪質であると思います。

https://johosokuhou.com/2020/10/19/38575/
故中曽根元首相の葬儀に自衛隊動員か 会場付近に多数の警護部隊 「自衛隊の政治利用」と批判が噴出! 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163406
☆米に安保法案を“確約”…河野統幕長は文民統制無視の確信犯
2015年9月4日 日刊ゲンダイ

「戦争法案」に突き進む安倍政権を陰で支える“振付師”は、この男だった。2日の参院安保特別委で、防衛省制服組トップの河野克俊統合幕僚長が、安保法案の成立を米軍幹部と“約束”していたことが発覚した問題。河野統幕長は3日の会見で「法案の成立時期は国会の判断」なんて釈明していたが、トボけるのもいい加減にしてほしい。

 とにかく「更迭」必至の発言だろう。共産党の仁比聡平議員が暴露した防衛省の報告書によると、河野統幕長は昨年12月17日に訪米した際、オディエルノ米陸軍参謀総長に安保法案の成立見通しを問われ、「与党の勝利により来年夏までに終了と考える」と回答したという。
ロハスな人
2020年10月21日 00:20
 悪意のない「脳内お花畑」の日本学術会議の方たちは残念なことに日本の防衛の足を引っ張ってしまいます。

 しかし、『悪意があり、科学的知識に欠ける』安倍政権や菅政権は『兵器関連』だけでなく、『原発関連』でも知識がないせいか、あるいは『良心がない』せいか、『放射性物質たっぷりの福島原発の不完全処理水』をこっそり『海に放出』しようとしていました。

 東電が大量保管しているのは大半が『不完全処理水』で、『処理水の8割以上が基準超え』しており、昨年2019年は『1日に180トン平均』の汚染水が増えていたそうです。

 毎日180トン程度の汚染水を『基準内になるように浄化』する必要がありますが、『初期にはALPSの作動不良』もあり、本当に予定通りに基準内に処理することができるのでしょうか?

※1 普通の原発排水は『核燃料と冷却水が直接触れない』のですが、汚染水は『燃料デプリと直接触れる』ため、普通の排水とは比較にならないくらい膨大な放射性物質を含むことになり、ALPSで何度か処理しないととても基準内に収まるように放射性物質を取り除けないそうです。

※2 (トリチウムの環境排出が禁止されている)ロシアは『トリチウム除去装置』を開発しており、日本でもそれが使えればいいのですが…。

※3 原発関連で本気で国民の命を守る気がない今の政権が、防衛に関しても本気で国民の命を守るつもりがあるのでしょうか…。
 日本学術会議の組織改編は『まともに国民を守る気のある内閣』にやっていただくのが正解だと思います。

https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/syorisui-1
☆国と東電の説明は。数字で見る福島第一原発の「汚染水」と「処理水」の行方
福島第一原発から生まれている「処理水」の行方が注目されている。
瀬谷健介 BuzzFeed News Reporter, Japan 2019年11月23日

〇溶け落ちた核燃料を冷却するため、常に水をかける必要がある。ただし、それによって水は、高濃度の放射性物質を含む「汚染水」となる。

〇2020年には1日あたりの発生量を150トンまで低減することを目標としている。
(2019年は180トン平均)

〇処理水の8割以上が基準超え
偽陸士
2020年10月21日 09:21
ロハスな人様。

>故中曽根元首相の葬儀に自衛隊動員か 会場付近に多数の警護部隊 「自衛隊の政治利用」と批判が噴出! 

葬儀の参列者より動員された隊員のと列が目立つ異様な光景。
これが日本の未来を暗示しています。

多額の税金が投じられ隊員も動員されたのに、どこもこの葬儀の模様を報じない。

我々は一体どこの時代に居るのだろうか?
ロハスな人
2020年10月21日 20:59
偽陸士様>

中曽根氏の合同葬は『自衛隊の私的利用』以外にも厚かましいということも含めて不可解なことが多いのです。

⚪昨年11月に亡くなった中曽根氏の合同葬をなぜ『今』行うのか❓
(当然、普通の葬儀は終わっています。)
⚪皇室の最重要行事の一つ、神嘗祭となぜ『同じ日』にしたのか❓
⚪なぜ大学等に弔意表明を要請するという『前代未聞』のことを行ったのか❓

 菅政権を動かすグループ❓(菅首相あるいは?)は『自衛隊に影響力』を持ち、『皇室より影響力が強い』とか『誇示でもしたい』のかと疑いたくなってしまいます。

※多くの人たちの反感を買うのは間違いないのに中曽根氏の合同葬の様々な『厚かましい行為』をごり押しした理由を知りたいですね。
 大手マスメディアはその理由を知っているから『報じられない』とも推察できそうです。

https://johosokuhou.com/2020/10/17/38500/
⭐神嘗祭と同じ日に中曽根氏の合同葬!保守派からも不満噴出!一水会「けしからん」「中曽根氏の方が大事なのか」
偽陸士
2020年10月22日 00:49
ロハスな人様。

>菅政権を動かすグループ❓(菅首相あるいは?)は『自衛隊に影響力』を持ち、『皇室より影響力が強い』とか『誇示でもしたい』のかと疑いたくなってしまいます。

これが保守派同士の権力闘争なら合点がいきます。
対立者に対する示威行動と参加の有無を踏み絵にしていたのだろう。

たが合法では在っても慣例、習慣、掟に反し不敬そのもの。

自分は保守でも革新でもない無政府・市場原理主義者ですが、此処まで狼藉者には成れません。

ましてやそんな事に頭号師団を捲き込むとは。

昨日迄は恐ろしく感じていたが、今は怒り心頭です。