岸防衛大臣記者会見令和2年10月6日(火)における質問

岸防衛大臣記者会見令和2年10月6日(火)におけるぼくの質問です。
https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/1006a.html

Q:コロナ対策についてお尋ねします。先ほどトランプ大統領の話であるとか、朝霞で30人ぐらい罹患者が出たという話があったのですけれども、いつもこの会見の後に記者会の皆さんと囲み取材を受けてらっしゃるかと思うのですけれども、あれは先週の火曜日お見かけした限り、非常に「3密」で、大臣、マスクもされていなかったと。それで、そういう形で隊員に示しがつくのか。もしくは、大臣通達で厳しく言うといいますけれども、トップがこのような調子で、下の隊員に示しが本当につくのでしょうか。いかがでしょうか。

A:今おっしゃったところですね。前回の記者会見の後ですか。

Q:記者会見の後に囲み取材受けてらっしゃいますよね。オフレコの。大臣会見の後に恒例でやっていらっしゃるかと思うのですけれども、前の河野大臣の時からずっとやってらっしゃるんですね。コロナの問題が発生してから、ずっと「3密」状態で、大臣もそうですし、内局の事務方の方もそうですし、記者会皆様もそうですし、自分たちはコロナにかからないというような、トランプ大統領のようなお考えをお持ちなのでしょうか。もし、これでクラスターが発生したら、どなたがどのように責任を取られるのでしょうか。

A:今おっしゃっているような状況というのはよく分かりませんが、いずれにいたしましても、私もコロナを広げることのないように、また、コロナに感染することのないように、細心の注意を払ってまいりたいと思います。

Q:よく分からないとおっしゃっていますけれども、すぐそこで、先週の火曜日もやってらしたじゃないですか。非常に緊密に集まって。そういうことでOKであれば、別に、大きな省議室でやってる感を出すために記者会見をする必要はなくて、10階の会見室で会見してもよろしいじゃないでしょうか。

A:ぶら下がりの内容については記者会にお尋ねいただければと思います。

Q:内容じゃなくて、「3密」でぶら下がり取材を受けることがどうなのかと、それはコロナに罹患する可能性はないのかということを伺っているのですけれども。

A:「3密」は可能な限り避けなければいけないと思っています。

Q:今後はそういう形でのぶら下がりはやらないというふうに了解してよろしいですか。

A:やり方については記者会の皆さんとご相談をさせていただきたいと思います。

大臣会見のあと、記者クラブはオフレコの「ぶら下がり」とか「囲み」と呼ばれる取材をすることが慣例になっています。話はここで聞けばいいや、ということで記者クラブの記者諸君は会見では大臣が困るような質問はしないようにしているようです。
まあ、会見はある意味八百長のプロレスや相撲と同じ馴れ合いなわけです。

まさにPR機関です。

新型コロナ対策だからと記者会見を会見室からより広い第一省議室に移しているわけですが、大臣がマスクもしないで3密状態で取材を受けているわけです。

IMG_7097.jpgIMG_7094.jpg

IMG_7097.jpgIMG_7097.jpgIMG_7096.jpgIMG_7098.jpgIMG_7095.jpgIMG_7100.jpg

厚生棟にはこういう表示があるが、虚しく見えます。

河野前大臣。岸大臣、大臣官房、記者クラブは危機管理意識&能力が欠如しているしか言えません。危機管理よりも大臣と記者クラブの癒着関係が大事なようです。
で、以下はこの会見での記者クラブの記者の質問です。

これでは部下に示しがつかないでしょう。部隊のモラルが下がっても、今回のような気の緩みから来るような集団感染が起こっても仕方がないでしょう。

Q:自衛隊の新型コロナウイルス感染についてですが、感染拡大の要因として、朝霞駐屯地で教育課程を履修していた隊員のバーベキューが挙げられています。このバーベキューについて適切であったかどうか、大臣の受け止めをお願いします。

A:今ですね、自衛隊としては、宴会は厳に慎むということになっております。バーベキューそのものが、良かったか、悪かったかと一概に判断できませんけれども、一般的にバーベキューには大声で話すということも含めて、適切ではなかったと、ではないかというふうに考えております。

Q:朝霞駐屯地での教育課程のコロナの件に関してお伺いします。教育課程の期間が9月29日までで、修了式が29日にあったということですけれども、最初に感染が分かった隊員が医療機関を受診されたのが9月29日と聞き及んでおりますが、9月29日に一人受診をされているのに、学生隊員を各地の所属部隊に帰してしまったことは、適切な判断だったのでしょうか。

A:最初の発熱が確認されたのは、正確に言いますと9月28日であります。その時点で、朝霞駐屯地においては隔離していましたけれども、新型コロナウイルスの感染について疑うには至らなかったということであります。そのために、9月29日の修了式を迎え、そして、それぞれの部隊に帰隊させたと報告を受けているところですが、このような対応については、不適切なものであって改善の余地があるものと考えております。教育課程における対応について、課程参加者に高熱等の症状が確認された場合には、感染拡大の恐れを十分に考慮して、ちゅうちょなく全隊員の部隊への復帰を停止すること等について改めて徹底するよう、私からも指示を出したところでございます。

Q:話題戻りまして、朝霞駐屯地でのコロナの拡大の件で一点確認させてください。昨日、記者説明の場では、バーベキューの行われた後の参加者の体調管理については、健康状態は特に異常なかったというふうに説明を受けたのですが、先ほどの大臣の御説明ですと、9月28日の段階で、つまり発熱というのを把握されていたということなのでしょうか。そこの整合性をもう一度教えてください。

A:参加者、隊員については、日々、健康状態はチェックをし、把握をしていたと考えておりますけれども、最初の隊員の発熱については、9月28日に発熱を確認したということでございます。その時点では、朝霞の医官の診察を受けて、コロナではなさそうだということでございましたけれども、引き続き隔離をしていた状況だったというふうに報告を受けております。

Q:すみません。重ねて、では、コロナではないとその時判断をされたのはなぜだったのでしょうか。

A:これは医官の判断であります。医学的な見地から判断がなされたものというふうに考えております。直前に、腸炎で発熱をした隊員がいたのですが、これは腸炎という判断であったというふうに聞いています。そういった情報が少しあったものですから、コロナの疑いがないという判断に至ったのだと思いますけれども、いずれにしても、自衛隊で団体行動をしていたわけですから、それを原隊に復帰させるという判断は適切ではなかったというふうに考えております。

Q:復帰させるべきではなかったというのは、その一人も含めて全員をという意味ですか。190人全員をという意味でおっしゃられていますか。

A:はい。

よくもまあ、自分たちのことを棚に上げてこういう恥知らずな質問ができるものです。

もう一つのぼくの質問です。
Q:では大臣、個別のことと言いますが、10式戦車、何両自衛隊が調達するか御存知でしょうか。

A:そういうことも含めて、事務方にお問い合わせいただきたいと思います。

Q:主力装備に関して、実は、国会で議論するときに、調達数・調達期間、総予算を全然明示させないで国会で議論をされて予算が通るのですが、民間企業で言えば設備投資なのですけれども、社長や役員会が設備投資の予算も期間も、どのくらいの規模かも分からずに、予算を通している感じだと思うのですけれども、こういう現状はいかがお考えでしょうか。

A:予算全体について国会では議論をしておりますけれども、一つ一つの調達の内容については、事務方にお問い合わせいただければというふうに思います。


これまたはぐらかしです。ぼくの質問の意図は、大臣も含めて政治家も装備の調達数、調達期間、総予算を知らないでしょう?知らないで国会で予算通していいんですか?
ということです。岸大臣の回答は誠意があるとは思えません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やれやれ
2020年10月07日 13:02
安倍弟はトランプ並みに危機感が無いのでしょう。
河野大臣もそのようですが政府、官邸がそもそも危機感が無い証左でしょう。所詮は他人事、ホワイトハウスのようにクラスタでも発生しないと今の状況が三密だと理解できないのでしょうね。
これからコロナの季節が始まるというのになんとも呑気な。
官邸、あちこちの省庁でクラスタが発生する未来が見えるようです。
Goodman80
2020年10月07日 19:52
ロシアのウランちゃんはかなり過激なロボット戦車みたいです。

ロシアのウラン9ロボット戦車はどれほど強力か
https://www.youtube.com/watch?v=nxVuJKEBFcc
日本の自衛隊こそ隊員の生命保護の為、この様な兵器が必須項目と思うのですが、ロシアのT-72系列で兵員の装填装置巻き込まれを放置したように、74式の装填手巻き込まれ事故を放置した陸自のエリート様には関係ないのかもしれません。海自は掃海とか外国の機材が入ってくるので空中以外はそれなりに普及していますが、陸空は真面なUAVとかUGV機材が全く有りません。陸自は市街戦でUAV、UGVは必須アイテムなんですが、何を考えてるのか?まあ、大臣がこれだから何にも考えずに、お偉い誰かが言ってくれるのを待っているんだろう。防大のハンモックNOで昇進するお気楽さんたちには不要な事なんだろう。
匿名希望
2020年10月07日 20:45
対策が必要かどうかは、まあ置いておいて。
現状、自衛隊として、各種の対策はまず不可能です、間違いありません。そんな事したら何もできなくなります。自衛隊だけ責めてもね。
そのため、ただポーズを取っているだけなので、そこをいじめても仕方ないと思います。他もみんなポーズを取っているだけ、なんじゃないですか?
19190213
2020年10月07日 23:46
常々思うんですがね。。
隊員はあくまでも人であって何時までも一か所に閉じ込めて置くなんてしてればこういう事も起きる訳です。
どうせ打ち上げをやるなら、駐屯地内でやらせるとか考えれば良かった。大方クラブなんかじゃ飛沫が飛ばないようにアクリルのパーティションで区切っているだろうしそっちの方がマシかもしれない。

隊員の娯楽がない。
特に駐屯地内では非常にその傾向が強く半ば自由のある刑務所状態です。
今回恐らく多くの部隊が外禁or待機となったはずですが相当にストレスも溜まったはずです。
常設で駐屯地内に娯楽施設を作るとか作れないならば、フードトラックなり呼んで隊員に息抜きを提供しておけばこういった事も避けられたんではないかと。
https://www.youtube.com/watch?v=Rovb-APh11I

戦地では特に宿営地なんかで兵隊に買い物をさせたりしてストレス軽減をやったりするとか訊きますし自衛隊は今回のみならず災派においても戦力回復にこういった民間の行商を利用するべきです。

なんというか自衛隊において多くの場合の問題解決方法が対症療法的になりがちです。
その結果官品で統制しまくって不便が生じたり今回のように多くの隊員がストレスフルになってしまう。
対症療法だけでモノを正そうとすれば多くの場合別の場所に歪みが生じます。
両方を用いて柔軟に対処して頂ければ良いのになと感じますね。

多くの駐屯地でトランプ、花札類が禁止されていますけれどこれもどうなのかなと。
米軍なんかじゃ敵の重要人物の顔を刷って兵士末端までそれを記憶させたり工夫を凝らしていますしなにより娯楽性が高い。
要はやりようではないかとも考えます。

防衛省共済組合はその辺を考慮して新しい支援組織に変化していくべきです。
偽陸士
2020年10月08日 00:06
清谷様。

記者会見お疲れ様でした。

頸はすげ変われど、危機感の無さは相変わらずですね。

これで末端のバーベキューをあげつらうのですから、記者も大臣も厚かましい限りです。

これからも自衛隊の弱体化と税金の浪費が続いて往くのですね。
自由惑星同盟をリアルで視聴している気分になります。

政治家が無能なのは許せます。
ですが諫言に耳を傾けず、ムラの空気とその調和を優先し、学ぼうとしない姿勢は救いが在りません。

これからは自己の生命財産の安全も保守派の大好きな自己責任になりそうです。
Suica割
2020年10月08日 09:40
囲み取材なら、電話ボックスに大臣が入って、台車移動すればいいような。
大臣が感染らないだけマシでしょう。
19190213
2020年10月08日 10:56
Suica割様
それかなりシュールなんですが(笑)
19190213
2020年10月08日 11:26
Goodman80様
ウランちゃんよさげですね。
こいつらが威力偵察に来ると考えればかなり苦戦しそうですね。
市街地でもこれらが先陣を切れば陣地の位置を暴露しかねないし防御側はかなり考える必要性がありますね。
防御側のシリア民兵が考案した対戦車火器の機動運用というのは実は最適解だったのかもしれません。

本邦にも各種ドローン運用を実験試行する部隊があっても良いと思うのですが・・・・。
いずれにせよ国内において置いても成果が上がらなさそうですから米国に置くかそれか別の国に置く方が良いかもしれません。
運用の共同研究をしてくれそうな良い国があれば良いんですが・・・。
Goodman80
2020年10月08日 12:41
ウクライナ、トルコ製無人航空機「バイラクタルTB2」を48機追加調達か
https://grandfleet.info/european-region/ukraine-to-procure-48-additional-bayraktar-tb2s/
ウクライナでは今評判のバイラクタルTB2を試験中で、トルコは売る気満々らしい。トルコでは入手困難になった戦車用エンジンや戦闘ヘリ用のターボエンジンの実績のあるウクライナから入手する為らしい。
自衛隊の各旅団に必要な兵器だと思うのだが、頭が前大戦レベルの市ヶ谷の方々には無理か。
バイラクタルTB2の発展・強化型(MQ-9リーパー相当)とも言える「バイラクタルAkinci」の開発を進めているらしいので共同開発とかやってほしい。ドローンに関しては米国は先進国とは言えない、イスラエル他様々な国家と歩調を合わせて行くべき。
偽陸士
2020年10月08日 15:22
Suica割様。

それでしたら大臣には防毒面と化学防護服を装着して頂いたほうが、宜しいかと。(笑)
Goodman80
2020年10月08日 21:58
イージス洋上案の調査委託 4月末までに最終報告―防衛省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100801161&g=pol
「イージス・アショア」の代替案を今頃になって民間に調査委託だそうです。何御考えているのでしょうか、「民間に調査してもらったけどダメらしいです。アハハ!」なんて言うつもりなんでしょうか。良くおじさんが言うらしい「責任者を出せ!」と言いたい気分です。まあ、責任者が岸防衛大臣では「検討して(誰かが)、後ほど回答(原稿読むだけ)します」だろうから、過去の発注分を傍観して責任なんか誰も取る気も無い。ド三流官庁に物凄い予算を無駄に与えた結果、使い道も判らず元大臣の言う通りに使えない装置を買わされる羽目になった。大金の使い道も判らない貧乏人の悲哀なんでしょうが、金の使い方を民間に管理させる必要が有る。
マリンロイヤル
2020年10月09日 08:29
この内閣は、記者クラブを使ってマスコミをコントロールする方針を踏襲、というよりその方針を創った張本人が首相なので、フリーランス排除は続けるんでしょう。岸信夫は、総合商社勤務経験ありで小麦の輸入をしてたそうですが、そういう知見を生かして欲しいですね。
Goodman80
2020年10月09日 08:38
米国にとっては痛し痒し、UAEに続いてカタールがF-35A購入を要請
https://grandfleet.info/middle-east-afria-related/qatar-requests-f-35a-purchase-following-uae/
イスラエルとの講和を条件にUAEにF-35を売却することにした為、他の国が購入を希望した際、断れない公算が高いそうです。価格も経済が優良な発展途上国でも導入できる程度に下がったので、F-16の替わりに世界中に拡散していくかもしれません。高性能なドローンの拡散と相俟って、先進国などと言っていると痛い目に合う時代になってきている。

斬新な運用形態、グレネードランチャーから射出するUAVをイスラエルが発表
https://grandfleet.info/middle-east-afria-related/israel-announces-a-uav-that-can-be-launched-from-a-grenade-launcher/
40mmのドローンには大した能力は無いでしょうが、視界の悪い場所(市街やジャングル等)では携帯性が高いので歩兵銃用のグレネードランチャーから射出すれば、手軽に使えるのではないでしょうか。サバゲでもばえること請け合い。今の自衛隊では活用どころか、購入を考慮すること自体難しいだろうが。
発想は面白く構造的に便利なので、戦車砲とか迫撃砲とかから発射するのに適している。大型化すれば、速度、航続距離、センサー性能等向上させられるので、使用範囲は広がるのではないかと思われる。
2020年10月09日 11:20
Goodman様

ロッキードマーティンにカタログスペックでいいの出来るよと騙されて、引っ込みがつかなくなってるとしか思えません。
アメリカ海軍のイージス艦に載せていくとしている組み合わせなら、地上イージス断念しても、イージス艦に搭載して事なきを得たという形に出来たのに。
Suica割
2020年10月09日 11:20
Goodman様

ロッキードマーティンにカタログスペックでいいの出来るよと騙されて、引っ込みがつかなくなってるとしか思えません。
アメリカ海軍のイージス艦に載せていくとしている組み合わせなら、地上イージス断念しても、イージス艦に搭載して事なきを得たという形に出来たのに。
やれやれ
2020年10月09日 11:54
Suica割さん、
電話ボックス...いい感じにシュールで良いですね。ついでに国会も電話ボックスで移動とかすれば面白いかも?
国会もいっそリモートワークで発言権を貰えないと発言できないようにすれば下らないヤジもなくなるでしょう。政治家が大好きな地元に根を下ろしつつ東京の国会に顔出せる訳ですから。

偽陸士さん、
ガスマスクと防護服もシュールで良いですね。
記者の皆さんも同じ格好をすればより完璧かと(笑)。
いかにも有事という感じがにじみ出ていれ良さげです。
それにしても皆さんなんて心優しいんでしょう。私なんてさっさとコロナに掛かれば少しは懲りる位にしか思っていないのに。

Goodman80さん、
仰るように自衛隊はウラン9の様なUGVやUAVでの偵察や攻撃に導入も対策も無頓着過ぎるので何か考えないと一方的にボコられて殲滅って結果しか見えないのがなんとも。少しはアゼルバイジャンとかの戦争映像をよく見て分析した方が良いですね。中国はこの辺でも相当先に行っていますから舐めていると奪われた挙げ句的に被害しか産まない結果だけが待っていると思います。

19190213さん、
トランプも花札も駄目なんですか?まあ賭け事はNGにしても
普通に余暇で遊ぶくらいは良いのではないかと。
ボードゲームであるのかどうか分かりませんが、
戦略や戦術を磨くタイプのゲームとか、
いっそのことパチンコ、パチスロやゲーム機を
コンテナに入れて遊ばせるのも有りかも?
もちろん賭けや景品交換は無しでですけど。
Goodman80
2020年10月09日 19:08
岸防衛大臣が急に突っ込んだ発言したらしいのですが大丈夫かな。
「年内に一定の方策」地上イージス代替策
https://www.news24.jp/articles/2020/10/09/04737809.html
をぶち上げたようです。委託調査契約は来年四月までらしいのですが、これをやると法律違反になるんですが、契約時に一定の結果を年内に提出することになっていればいいんですが、アホな防衛省がそんな気の利いたことをするとは思えないんだが。思慮遠望な菅総理がアホなお坊ちゃまを大臣になんてする訳が無い、きっと大丈夫。菅総理が何とかしてくれる。
偽陸士
2020年10月09日 23:02
やれやれ様。

>国会もいっそリモートワークで発言権を貰えないと発言できないようにすれば下らないヤジもなくなるでしょう。政治家が大好きな地元に根を下ろしつつ東京の国会に顔出せる訳ですから。

リモート国会、良いですね。
ついでに自動的にユーチューブにアップして、選挙前に有権者が議員の発言をチェック出来る様にしましょう。
地元の選挙民にオラが先生の活躍を観て頂くのです。
それ対外は読書しようが、居眠りしようがご自由にどうぞ。(笑)

但し発言の内容がコロコロ変わると人気も急落しますが。
Goodman80
2020年10月10日 10:08
漸く米海軍のFFGの建造が決まったようです。
米海軍、次期フリゲートFFG(X)1番艦を「コンステレーション」と命名
https://grandfleet.info/us-related/u-s-navy-names-the-next-frigate-no-1-as-a-constellation/
唯、簡略化されたイージスシステム、建造費に関する疑問等問題は山積みの模様。米海軍の度重なる虚偽の建造予算の報告に議会は完全に疑惑を持っている様です。ズムウォルト級もあれだし、アーレイ・バーク級駆逐艦FlightIIIを建造するのが日本に取って最善の道かもしれません(売ってくれればですが)。
通りすがりの名無し
2020年10月10日 10:51
そういえば、川崎がバイクのエンジンを利用した無人機を開発したそうで、これを30FFMに搭載するのはいかがと提案してるそうです。
哨戒程度なら使えそうにも思えますが、性能がイマイチ分からんです。
それに、清谷氏が毎回言うように、輸出を想定しているのかも不明ですので、やや不安です。
URL、やり方分からずすいません。
aaa
2020年10月10日 12:15
個人的にはコロナは集団免疫しかないと思っているので。

密は避けるべきだけど、OKなので。
Goodman80
2020年10月10日 12:18
ロッキード・マーティン、米陸軍の極超音速兵器「LRHW」を初公開
https://grandfleet.info/us-related/lockheed-martin-unveils-us-army-hypersonic-weapon-lrhw/
この様な兵器であれば陸上自衛隊に配備が判りますが、人が多いんだからと言う理由の地上イージスは疑問でした。「LRHW」の様な兵器を演習場に壕を造って保管すれば周辺国へのアピール(威嚇)になると思います。某韓国も日本を狙う射程800km以上の弾道弾や1200kmの巡航ミサイルを開発中ですから、最低限この手の物は必要でしょう。
通りすがりの名無し
2020年10月10日 23:18
Goodman80さん
結局FFGよりも旗艦能力はないイージス艦ってことですかね?

>>アーレイ・バーク級駆逐艦FlightIIIを建造するのが日本に取って最善の道かもしれません(売ってくれればですが)。
ライセンス生産っていう形ですかね?
Goodman80
2020年10月11日 09:02
通りすがりの名無しさん
FFG(X)はベースの艦船がFREMMの物と決まり、これにAN/SPY-6(V)3が搭載されます。9個のRMAで構成されますが、フライトIII用は37個のRMAなので、捜索性能は明らかに下がります。SM-2 Block 3Cを搭載する予定なのである程度の能力は有ると思われますが、VLSが32基なので継戦能力は低くなります。1番艦の価格も1,380億円と言われており、海軍が議会に示した価格も初めから疑問視されています。であれば最初からアーレイ・バーク級駆逐艦FlightIIIを建造するほうが効率的です。
アーレイ・バーク級駆逐艦FlightIII相当の艦を建造すればいいと思います。米海軍でもタイコンデロガ級がアーレイバーク級に対して指示を出しています。
やれやれ
2020年10月11日 19:54
偽陸士さん、
「リモート国会、良いですね。
ついでに自動的にユーチューブにアップして、選挙前に有権者が議員の発言をチェック出来る様にしましょう。」
実は私の目的もそのへんにあります。
TVの国会放送を見なくてもPCやスマホで生放送や好きな時にストリーミング配信で国会を見れる、速記の記録だけでなく生中継を登録する、証拠は映像付き発言。下らない事するとたちまち炎上。ニコニコ動画並みにコメント機能もあると国会中継も少しは面白くなるでしょう。
ご指摘の通り何度も説明をコロコロ変えたり宗旨替えしたこともすぐ分かるし、言った言わないなど下らない事も一発で分かるわけです。
国会でも委員会でも分科会でもオープンに議論するべきものは全部映像で流しまくればいいんですよ。
議員先生や候補も街頭で喋るだけで誰も見ていない、聞いていない位ならネットにガンガン自分の意見を垂れ流すべきかと。揚げ足取られても聞いてもらえないよりマシかと。
IT化で遅れているんならせめて国会や議員だけでも先に行けば良いかと。選挙カーもウザったくて嫌いなんですよね。
来ないと無視されたとど田舎過ぎる所から文句出たりしますが、今日日ネットで情報を仕入れるほうが効率的だと教えるべきかと。

通りすがりの名無しさん、
川崎のはこれですね。知ってましたけどまだまだ初飛行の段階。
現時点ではネタにするほどでもないかなと思い無視しました。
https://ennori.jp/7196/kawasaki-k-racer-with-ninja-h2r-engine
バイクと比較すると陸自のFFOSより大きそうです。
良い所はタービンエンジンを使用しないで市販のバイクのエンジンを使用するのでコストが大幅に安くなることと、両翼端の推進プロペラ(メインロータの回転トルクも抑える)で速度アップが期待できる所でしょうか。中に詰め込める機材や行動半径がどのくらいかは分かりませんが、将来的には期待できるかも知れませんが、飛行機型よりは長時間飛べないでしょうね。
しかし同じ形態のヘリをJAXAも研究しているし絡んでいるのかも?
形式としては昔からあるし、むしろ懐かしいタイプなんですが量産化された物があるのかは知らないですね。
だから一回りして珍しいのかも?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E5%90%88%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC
Suica割
2020年10月12日 22:06
やれやれ様

航空用ディーゼルエンジン(グーグルで探すと、それを載せた航空機の記事が出てきたりします。)もありますし、川崎の研究もありでしょうね。
ただ、燃料は航空ガソリン(今はとても希少で高い。)使わずに車用ハイオクまでにしないとコストパフォーマンスや入手可能性が悪くなる。
ついでに過去の知識なんで、今は違うかもしれないが、4エチル鉛なんてものを入れているので、毒性があって扱いが難しくなる。
そこらへん川崎の人にはわかっていて欲しいですね。
燃料は安く扱いやすいに限ります。
やれやれ
2020年10月12日 23:27
Suica割さん、

バイク用エンジンなので航空機用のAVGAS(航空機用有鉛ガソリン)では無いでしょう。ご指摘の通りAVGASは危険な燃料です。小型ガソリン機は未だにAVGAS使用していますから環境にも人体にも良くないのですが。川崎のはベースのエンジンが有鉛では無い普通のハイオクガソリンですからわざわざ有鉛は使用しないでしょう。

それと航空用ディーゼルエンジンは結構あります。燃料も航空用ジェット燃料のJETA1(ぶっちゃけ灯油)が使えるものもあります(最近は燃料の共通化でこっちの方が多いのではないかと)。
この辺のエンジンは有名ですね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Thielert_Centurion
http://www.continentaldiesel.com/typo3/index.php?id=2&L=1

ダイヤモンドのDA42とか日本のアルファアビエーションが福島空港で飛行機免許の訓練で使っています。あとセスナ172(一番ポピュラーな小型セスナ機)もディーゼルエンジン仕様の物を使用しているようです。福島空港でそうとは知らずディーゼル音がするので初めてディーゼルエンジン機を購入したんだと知りました。
大昔はもっと多かったと思うんですがガソリンに駆逐されてまた増えてきたって感じでしょうか。未だに有鉛ガソリンって所が問題なのでディーゼル回帰ってのもあるんでしょうね。航空機用ピストンエンジンは信頼性とか実績優先のようで設計が保守的と言うか自動車に比べると新技術の採用が遅く大きく遅れている印象ですね。第二次大戦頃とは大違い。最も空でエンジンが止まったら脇に寄せて止めて修理とかできないであの世行きですから気持ちは分からなくもないですが。