陸自の戦車は100両でいい。

次の防衛大綱では戦車は100両に減らしていいんじゃないの。
今の大綱でも大規模な着上陸作戦はほぼないとしている。
であれば、戦車は機甲戦能力の維持だけのための種火程度でいい。

現在定数は300両(まだそこまで減っていない)
攻守3倍の法則ならばざっと上陸してくる敵戦車は千両程度でしょう。それも洋上撃破されないで、ですからね。洋上での輸送艦撃沈の損失を含めればもっと必要です。そんな輸送力を持った国は同盟国の米国含めてありえない。
それは火星人やゴジラが攻めてくる、レベルのフィクションです。

100両に減らしても敵は、300両は必要なわけで、これですら周辺諸国で可能な国はないでしょう。
戦車大好きな戦車フェチや軍オタさんたちは新しい戦車が大量にあったほうが楽しいでしょうが、税金使って彼らを喜ばせる必要はまったくない。
はっきりいえば趣味と情緒で税金使って整備する国防を語るべきではないわけです。趣味と国防は分けて考えないといけないのに、自称「軍事通」には両者を分けて考えられない人が多い。

それに戦車だけあっても戦争は勝てません。陸自はドローン、精密誘導砲弾も無く、ネットワーク能力も非常に低い。コータムにしても通じないし、諸外国の数分の一の通信速度しかなく動画も送れない。同盟国の米軍とは事実上合同作戦で戦えません。
しかも戦車以外の装甲車は、歩兵戦闘車含めて近代化改修も後継が採用されているわけでもない。いくら戦車があっても昭和の軍隊であり、現代的な機甲戦闘はできません。

戦車が交戦するずっと先から、ドローンなどで場所を特定され、ミサイルや迫撃砲、榴弾砲も誘導砲弾、UGVで攻撃されて狗のように打ち殺されるだけです。

同様に火砲も300門も必要ないでしょう。大規模な着上陸作戦なんかないんですから。
であれば155ミリ榴弾砲、装輪式MLRS、島嶼用の軽量155ミリ榴弾砲含めて120門あればいいでしょう。99式自走榴弾砲は全廃でいいでしょう。


本来90式の近代化で良かったものを千億円の開発費投じてクズの10式を作ってしまった。
しょうがないから10式を戦車として残すならば90式は重APC、99式の車体はICVや指揮通信車、APCなどに転用すればいい。
本来冗長性のない10式は廃棄すべきです。主砲やコンポーネントは取り去って、それを90式に移植すればいい。残った車体はモスボールすればいい。

それで第7師団を戦車旅団にして、2個機械旅団で1個師団を編成。後は各方面対に分散配備する独立戦車連隊。それに富士教導団が実質機械化旅団となります。本土に上陸を許すならば富士教導団を投入するような事態でしょう。

浮いた予算、人員で戦闘部隊の近代化を行い、兵站や調達部門に転用すべきです。また一部隊員は海自でも回せばいいでしょう。

■本日の市ヶ谷の噂■
20式小銃用の弾倉は当初豊和工業で開発していたが、出来があまりに悪いのでマグプル社製のものを採用したとの噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やれやれ
2020年09月23日 14:28
「99式は全廃でいいでしょう。」
これは90式戦車の事でしょうか?

「■本日の市ヶ谷の噂■」
マガジン一つ開発できないんですね...
もっともプラ製品のマガジンでという話になるとモデルガン以上に難しいかも知れません。それなりに強固でないといけないし金型を作るのも難しいし何より高価でしょうから。プラのマガジンって軟そうに見えて結構しっかりした作りなんですよね。良いエンジニアリングプラスチック使っているのかな?それにプラの成形品はそれなりにノウハウが無いと良いものが作れないし時間も金も掛かります。自社ノウハウが十分では無くて外注してまで作らせる位なら既にある物を買った方が余程効率的。
開発するなら金属マガジンの方が開発費も安く簡単だと思いますが89式のマガジンはNATO規格?のハズなのにM4に付けると外れにくいとか引っかかるとかするそうなので豊和工業自体あまり良いものが作れないのかも?
Goodman80
2020年09月23日 14:34
日本本土の防衛には戦車など一両も必要ない(海空自の攻撃を振り切って上陸作戦を行えるのは米軍だけ。)現在の部隊は市街戦用の装輪装甲車を主体に編成しなおすべきだろう。フランスの軽師団的な物で十分。イギリスも戦車を今より減らそうとしている。
日本には分不相応な第七師団は解体して、水陸機動団へ編入し、北方領土の奪還作戦を構想した部隊に再編成。90式を改修すると多大な改修費が掛る上、大した性能にはならないので、ロシアのT-90Mか中国のVT-4クラスを100両程度、BMP-Tを200両程度購入すれば、陸自の改修費とほとんど変わらず、新規調達することが出来る。
九州の水陸機動団には重装甲車両は必要ない。オスプレイでも配備して、移動時間の短縮を図るべき。浮行能力の有る装輪装甲車を少量配備すれば問題ない。
キヨタニ
2020年09月23日 14:36
99式は自走榴弾砲です。
>やれやれさん
>
>「99式は全廃でいいでしょう。」
>これは90式戦車の事でしょうか?
>
>「■本日の市ヶ谷の噂■」
>マガジン一つ開発できないんですね...
>もっともプラ製品のマガジンでという話になるとモデルガン以上に難しいかも知れません。それなりに強固でないといけないし金型を作るのも難しいし何より高価でしょうから。プラのマガジンって軟そうに見えて結構しっかりした作りなんですよね。良いエンジニアリングプラスチック使っているのかな?それにプラの成形品はそれなりにノウハウが無いと良いものが作れないし時間も金も掛かります。自社ノウハウが十分では無くて外注してまで作らせる位なら既にある物を買った方が余程効率的。
>開発するなら金属マガジンの方が開発費も安く簡単だと思いますが89式のマガジンはNATO規格?のハズなのにM4に付けると外れにくいとか引っかかるとかするそうなので豊和工業自体あまり良いものが作れないのかも?
通りすがりの名無し
2020年09月23日 15:57
まあ上陸するなら、相手が電子戦をしない限りは、海自空自陸自の対艦ミサイルで揚陸艦や揚陸挺を、空挺部隊相手なら対空ミサイルでドカンできるし、むしろミサイルを増やすべきかと思いますね。

Goodman80さん
ロシアや中国がそんなもの売ってくれるとは思いませんし、何より敵国に塩を送るだけだと思います。ならアメリカから中古の戦車などを安く調達して運用する方がマシだと思います。
やれやれ
2020年09月23日 16:27
清谷さん、すいません。
戦車の話だからてっきり戦車の方かと勘違いしました。
99式自走榴弾砲も韓国のK9に置いていかれましたね...

10式戦車は74式戦車の後継の位置付けで90式戦車と
ハイローミックスしたかったのかも知れませんが...
色々考えると大金かけて何で作ったのか不思議です。そこまで素晴らしい戦車かと言うと高いだけで防御力も弱そうですし売り物になりそうもない所が何とも。しかも数減らして機動戦闘車作る位ですから結局深く考えずに新型戦車が欲しかったのかな、と。しかも90式戦車はアップグレード無しですから結局戦車が本当に必要か?という事を真面目に考えて無かったのでしょうね。
通りすがりの名無し
2020年09月23日 16:49
そもそも、日本における大規模着上陸作戦って、どんなときなんでしょうかね?たぶん離島奪還とかがこれに該当すると思うのですが。
質問で申し訳ありませんが、
1、99式は自走りゅう弾砲としてではなく、歩兵戦闘車やAPCなどにすべきとありますが、203ミリ自走りゅう弾砲はどうなんでしょう?
2、装輪式MLRSは、トラックでもいいのか
3、155ミリりゅう弾砲はFH70のことか
4、自走迫撃砲は96式みたいでなく装輪式か
キヨタニ
2020年09月23日 18:02
203ミリは旧式で不要、MRLSは装輪が便利、車体はキャブを装甲化したトラック、FH70は退役でしょう。120自走迫撃砲は装輪型導入が決定しています。

>通りすがりの名無しさん
>
>そもそも、日本における大規模着上陸作戦って、どんなときなんでしょうかね?たぶん離島奪還とかがこれに該当すると思うのですが。
>質問で申し訳ありませんが、
>1、99式は自走りゅう弾砲としてではなく、歩兵戦闘車やAPCなどにすべきとありますが、203ミリ自走りゅう弾砲はどうなんでしょう?
>2、装輪式MLRSは、トラックでもいいのか
>3、155ミリりゅう弾砲はFH70のことか
>4、自走迫撃砲は96式みたいでなく装輪式か
通りすがりの名無し
2020年09月23日 20:40
清谷氏、質問ばかりですいません
1、清谷氏の陸自の理想像は最終的にはどんなものなんでしょうか
2、自走りゅう弾砲の代わりはどう考えで
ヨハネコ
2020年09月23日 21:02
20式小銃(FN SCARパチ)マガジンの件、5.56X45mmマガジンは遠い昔からSTANAG規格のはずですが、なんでまた豊和工業がわざわざ開発したのでしょうかね。
最初っから他社のを採用すれば済むお話じゃあないですか。
内情詳しくない素人疑問でした。
19190213
2020年09月23日 22:37
機甲科の連中はトランスポーターが足りない事を解っていたからこそ10を作ったのだと思いますが、だったら事前集積でもやっておけよと僕は思います。(90でも別に国内で戦闘に使うのは可能・・問題は戦略機動)
90の何が面倒なのかと言えば戦略機動を含めた運用だと思います。
トランスポーターを増やすなんてのは優先順序的に無理なんでC4isrなんかを理由にしたのかなと。

要は動的防衛力とやらに矛盾している訳です。
おまけに次のお題目はクロスドメイン戦略。
はっきり言って運用を完全にこなしているとは言い難いです。
防衛白書に書いてある通りに整備を目指す為には運用出来ていない部分はカットしていくべきかと思います(本気で動的防衛力を構築したいなら余剰をデポに回すべきです)。
機甲科のコア化こそやるべきで何故73戦車連隊をフル化したのかは疑問に思います。
訓練は北海道でやるが戦場は不明というのはもう仕方がないとしても戦車をわざわざ北海道から機動させるのは陸自の輸送キャパから言って無理筋に近いかと思います。
真面目にお題目を完成させる気があるんでしょうか?
動的防衛力を謳った指揮官は強制力に欠けているとしか思いません。
組織をデザインする能力に著しく欠けています。

個人的には軽量155ミリは島嶼部で使い物になるかと言えば微妙だと思います。
緊急配備するぐらいならば砲だけでも事前集積を行えば良いですしそもそも我が社に砲から弾薬から人員その他資材まで緊急配備できるだけの輸送キャパがあるのかと言えば多いに疑問です。(これは16、19も同様です。)
緊急配備で達成できるのは精々弾薬・人員ぐらいかと

どうせ尖閣単体なんかじゃ地積、地形の関係から砲を扱う野特の出番はないんで先島辺りと推測しますがFH単体でも適当に置いておけば良いんじゃないかと(生存性があるかどうかは別の話ですが)。
砲に金はかけなくとも他に回した方が良いと思います。

防衛省は装備導入に当たり主導した官の姓名は公表するべきかと思います。
失敗すれば人事に反映するべきですしそうでもやらないと真剣にやらないと思います。
KU
2020年09月23日 23:32
>>>市ヶ谷の噂

何でもかんでも国産化しようとするから、そんな有り様にorz。それとマグプルとは、どんなメーカーなのやらと思いググると↓

>アメリカの銃器パーツメーカーMAGPUL(マグプル)とは??

http://orga-inc.jp/outline/about-magpul/

アサルト向けに、いろいろなアクセサリーを製造販売しているんですね。

>>>120自走迫撃砲

ベース車体は、三菱のアレでしょうか?
偽陸士
2020年09月24日 03:14
通りすがりの名無し様。

電子戦は不可避です。

戦車はウクライナからT-80UDを買うか、中古のM-60をイスラエルでサブラに改造すれば良いのです。

それ以上にドンバスでの電子戦の情報や、イスラエルとトルコのドローンの方が欲しいのですが。
KU
2020年09月24日 10:18
>医療従事者5000人超は無報酬 五輪組織委、コロナ前の計画変えず

http://www.tokyo-np.co.jp/article/57341?rct=national

典型的な、お役所仕事ですね。何がなんでも当初の計画どおりorz。バカじゃないと組織委って勤まらないんですかね。
キヨタニ
2020年09月24日 10:31
理想はありませんが、せめて他国の軍隊並みになって欲しいとは思います。
99式後継は必要ないでしょう。

>通りすがりの名無しさん
>
>清谷氏、質問ばかりですいません
>1、清谷氏の陸自の理想像は最終的にはどんなものなんでしょうか
>2、自走りゅう弾砲の代わりはどう考えで
19190213
2020年09月24日 15:46
M777は良い砲なんですけどね・・・。
個人的にはM777の改良案がそそります。
M777の良い所はそのままにトラックに載せて自走留化しつつ必要ならば分離できるようにもなるとか・・・。

真面目に動的防衛力うんねんを幕が謳うならば19式はこのアイデアをパクれば良かったのになと。
つまりは、軽量15留+車載化(任意で変更可能)にすれば今まで以上に使い勝手は良かったのではないかと思います。
装甲化は僕は必ずしも必要ではないと思いますが(例えば99のような遠隔化+自動化と主要パーツだけの装甲化でも良いかと、一番危険な対射撃でやる時に兵員は離隔するか穴を掘ってそこから操作。)

そうでなくても既存のFH砲身を利用した比較的安価な自走化案ならば砲が雑多な国に更新用に売っても良いし着上陸も起きないんであれば安価なその砲を採用しても良かったと思います。(GPS+INSは必須ですが。この部品が高いならここは海外製でも)
何にせよFHを・・国民の金で作ったものをスクラップにタダするのは勿体ないです。
 話は変わって74式で言えば英のように工兵戦車化するのは面白そうです。エンジン足回りは弄る必要性があるでしょうけれども。
ロシアではチェルノブイリ原発事故の際にNBC対応工兵戦車が活躍したそうですしその辺も考えてみても良いかもしれません。
いっその事原発を持つ電力会社にNBC対応改造74を買って貰うのはアリですかね?
碌でもないお金を動かしているようですから金銭的な余力はありそうです。
Goodman80
2020年09月24日 17:52
NESSOCRAの記事で
イージスアショアのレーダー導入疑惑に特捜が重大関心
何ていうものが有りました。最初から?な物でありましたが、段々導入決定までにきな臭いものであったことはバレてきたようです。
イージス洋上案など消し飛ぶかもしれません。契約分活用などどいう半端な物など止めて、完全に最初からの見直しが賢明と思います。
マリンロイヤル
2020年09月24日 20:55
「動的防衛力」なんて机上の空論。第二次大戦で、敵がどこに来るのかサッパリ判らず、兵力を分散して各個撃破&遊兵化して無力化されたのを、もうお忘れのようだ。沖縄戦で、旧日本軍は沖縄本島のどこに敵が上陸するかさえ、予想を外してる。日本国内は移動が難しく、戦車に限らず戦力は「重要な場所」に最初から居るしかない。しかも、移動を容易にするために戦車を軽くするなど、本末転倒。日本に敵が上陸するという事は、海空で敵が優勢だ。日本の戦車は、優勢な敵の海空からの「火力」にまず耐えねばならない。日本の戦車は「防御力」重視で装甲を積み増して、世界一重くなっても止むを得ない、今の日本はエンジンが造れるから、戦車が重くなっても問題は無い。劣化ウラン使用の複合装甲を造り、載せ直したらいい。
Suica割
2020年09月24日 23:17
戦車は国防に必須装備。
減らすわけにはいかない。
揚陸作戦をしにくくするベッドチップだから削れない。
まあ、わかります。
周りもバカではないですから、揚陸作戦のためのベッドチップを積み上げるようなことはなかなかしませんし、ハードルを上げることで、時間稼ぎにもなる。
相手にとったら、戦車だけでなく、揚陸艦や輸送船のコストも強いられる点を考えたら、悪い選択肢ではない。
しかし、それならなおのその、装備の有効性と価格は大事になる。
わざわざ高い低性能製品を買うこともない。
コスパ良い対抗手段のメリットを生かす選択を日本は取れていない。
海外から良いものを安く買う合理的な選択をするという条件のもとに戦車重視論者の言い分を聞いていいかと思う。
Suica割
2020年09月24日 23:36
マリンロイヤル様
動的防衛力を言う前に、前提が出来てませんね。
輸送機器がない。(戦車のトランスポーターが足りない時点で、察しましょう。輸送機も輸送船もまだまだ足りない。)
インフラがなってない。(飛行場や港湾施設が貧弱。滑走路一本では全く所要を満たせない。)
これでは掛け声だけです。
アメリカ空軍の輸送機の数を知れば、本当の動的防衛力を構築するためにはこれほど力を注がなくてはならないかわかります。
大量の物資人員を速やかに送るには、それだけの積み上げがないと無理なのです。
19190213
2020年09月24日 23:46
マリンロイヤル様
動的防衛力に関しては私は貧乏の目白押しだと思っています。
ただそれは、コンセプトそのものではないです。器材や運用に関してです。
露軍は似たような発想で冷戦期の軍隊の余剰で無駄に長大な部分を消して近代化に成功しました。
それは人件費の使い道をちゃんと考えた上で即応性の高い戦う部隊を厳選し資本を集約化したという事です。
つまり戦略機動をする場合は人員だけ飛ばして事前集積の受領後に戦闘加入させる方式を取っている訳です。(勿論現地にもちゃんと部隊がいますが。このやり方の方が大規模な予備役や無駄な部隊を持つよりも即応性や練度において勝ります。厚みは昔ほどないですがね。)
現代において大規模な侵攻や着上陸であれば実際の所衛星等によって何週間か前には警戒できると訊いた覚えがあります。
その準備期間において(※大体の場合は)緊要地形を抑えることは可能です。
仰る通り攻撃側は確かに攻める場所を自由に決める権利がありますが防御側が緊要地形を抑えることは大体の場合は巧くいくはずです。
戦車装甲や耐久力は同感です。
自衛隊は有事なんて起きないとおもっているのかそれとも本心では正面装備を見限っているのかは知りませんが本来であれば事前集積を心掛けて敵よりも有利な盤面を作るべきだと思います。(輸送の為に設計を控えめにするのは少し筋が悪いです。)


 一方で従来の戦い方と違ってグレーゾーン事態を多用し様々な領域(インターネット領域(サイバーから宣伝戦まで)、電子戦領域、法の及ばぬ領域、旧来の陸海空、経済的な脅迫、宇宙まで)を活用し政治的な目標を確保する戦いにおいては冷戦期重宝されていた現物の価値が低下した事も事実です。

 ※先程大体の場合緊要地形を抑えるのは巧くいくと書きましたが例外もあります。
それはウクライナ動乱で示されるように歩兵等の制圧力の高い戦闘部隊がいない隙間は例外だという事です。
支配領域として確定していなければ当然敵方は工作員、特殊部隊員等を活用し警察力の排除を行えます(先行事例のフォークランド紛争では廃品回収業者の中に攻撃側の特殊部隊が紛れ込んでいました。)。
 現代ではそれと同時にサイバー戦や電子戦等で当該地域を離隔します。その後に敵主力が来ます(特に敵第一波は比較的小規模故に察知しにくい)。

歩兵(少々の特殊部隊では排除できないレベルの)が国境線にいない場合は緊要地形の確保に失敗すると思います。
19190213
2020年09月25日 00:09
 南西諸島においては、距離的な特性やお互いの策源地も込みで考えるとやはり不利な戦場であると思わざるを得ないところです。
何せ通信電子戦だけじゃなくて物理的な側面でも遮断をされやすい環境が整っている・・・。
そういう意味では尖閣だけで済めば御の字に成りかねないかもしれません。

あの島は地積もそんなにないし地形も比較的険峻。
彼らが南シナ海のように工事をするならば、時間の掛る”それ”はこちらからすれば完了までは脆弱な目標になり得るのかもしれません(これは相手からも言える)。
尤もアクセスできるだけの射距離がある火器があればこそかもしれませんが・・。
囲碁で言うところのコウに近いかもしれません。
図らずも噂の日中密約で行政的にもコウに近い状態になっているのは不思議な共通点ではあります。
2020年09月25日 00:17
重車両1000両ぐらい普通に陸揚げできると思うけどな。
1910213
2020年09月25日 00:56
誤り・・コウではなくセキですね。どちらもアクションを起こしにくいと。
しかしそれは時間の経過で相手が手を出せるようになりつつあるのも事実です。
どうしたものなんでしょうかね・・・。
均衡状態を維持するには・・・
通りすがりの名無し
2020年09月25日 01:49
産経によると、イギリスが戦闘機との共同開発に協力を呼びかけているそうです。

次期戦闘機開発へ日本と協力呼びかけ 英国防省が寄稿「広範囲な貿易強化を」 産経ビズより
通りすがりの名無し
2020年09月25日 01:59
87式自走高射砲とかはどうなんでしょうか?

19190213さん
榴弾砲がアレなら迫撃砲あたりでしょうか?それなら携帯にも便利かと思うのですが。
Goodman80
2020年09月25日 09:44
Dfense Newsによるとフランスは、ジャーガー装甲車42両、グリフォン装甲車271両調達する様です。2017年にジャーガー装甲車20両、グリフォン装甲車319両を調達しています。日本本土防衛用なら、テロ対策、市街戦用にこの手の車輛が最適と思います。新型装甲車の選定は未だなんですかね。この手の派生車輛のベースとなる車輛なので、装軌の決定をお願いしたいところです。
皆さん、揚陸作戦の件で盛り上がっている?様ですが、揚陸の為にはそれ用の艦船が必要であり、真面な隻数を保有しているのは米国のみです。机上の空論は面白いですが、ページの無駄です。
やれやれ
2020年09月25日 10:27
Goodman80さん、
「イージスアショアのレーダー導入疑惑に特捜が重大関心」
なんで特捜が?と思わなくもないですが、ロッキード事件の様に
よっしゃしょっしゃと言った首相とお仲間がいたんでしょうかね。
ありがちですが。令和ロッキード事件と後に言われるようになるといいのですが。まあロッキード・マーチンだからいいですよね。

マリンロイヤルさん、
むしろミサイルや砲弾用の要塞でも作ったほうが良いのでは?
東京湾の海堡の様に。バンカーバスターでも喰らわないと壊れないような頑丈な作りなら戦車より持ちこたえるかも知れません。

2020年09月25日 00:17さん、
「重車両1000両ぐらい普通に陸揚げできると思うけどな。 」
自衛隊もカーフェリーをチャーターしていますし同じ様にカーフェリーや自動車運搬船をわんさか手配すれば十分可能です。
撃沈されなければですが。つまりその状況は既に空海が負けて戦争もほぼ敗戦が決まって悠々と上陸できる場合ですよ。
通りすがりの名無し
2020年09月25日 11:14
ある掲示板に、1年前の記事ですが、

全滅レベル」 軍事技術のプロにダメ出しされた陸自の実力
https://news.goo.ne.jp/article/sinkanjp/trend/sinkanjp-9171.html


自衛隊特殊部隊の訓練方法に世界が驚愕「ハリウッド映画の銃撃シーンを見て感想文を提出」
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1600330566/

その反応の一つ

日本のサラリーマン社会の非生産性を濃縮したようなものだな。こっちがハンコ捺すためにコロナに罹る危険を冒して出勤なら、ヤッコさんらは鉄砲ゴッコと映画DE軍師かよw
カネとヒトデの浪費の極み!
もうね、解体するしかないから。陸海空全部解体!
それで、「災害救助隊」とかなんとかに改組して専ら自然災害とかに対処してもらえばいい。実績は既に十分ある。
これなら名実ともに軍事組織じゃないから、外国からでもHELPコールがあればいつでも派遣できる。この方がよほど世界から信用される。「ニッポンノ キュージョタイ カコイイネー」とか「海外の声」をテレビが取り上げたら、ジャップの大好きな「ニッポソしゅごいオレしゅごい」もできるぞw
19190213
2020年09月25日 11:39
通りすがりの名無し様
尖閣という話であるならば迫撃砲は有効だと思いますよ。ただし最低射程がありますから120迫の運用は難しいかと思います。やるならば81や60迫でしょうね。
 
高射機関砲は恐らくアフガン侵攻や軽歩兵の掃討に多用されているからだとは思いますが、例の島の場合はそもそもどれぐらい高射が通れる道があるかは分かりませんし木々も多く今中東で活躍しているような植生とは違うので一概に成功するとは言えないです。
ただ・・・シルカなんかもそうですけれども居れば相当に嫌ですよね。
有効に機能するかどうかは別として敵歩兵からすれば相当に怖いと思います。
先例では防御側がM2を巧く使った事例もあるのでこちらもそれなりに直射火力を持っていないといけないかと思います(84とかLWMMGとか分隊内に7.62の選抜射手を設けて精度で火力を補うとか。84はあるんですけどね未だに主として5.56しか本邦では扱っていないことを考えるとちょっと厳しいかもしれないです。)。

私個人としては艦船、航空機なんかで火力はぶん投げた方が工数は少なく済み兵站も助かるとは思います。
ただ直協火力として継続且つ密接的にやるには艦船はなるべく近海に留まる必要性がありますし航空優勢もなるだけ確保する必要性があると思います。
それらがなければ(相殺されたとか)自隊の迫だけになるので火力において優越するのが困難になるかもしれません。
19190213
2020年09月25日 12:05
Goodman80さま
私も大規模着上陸なんてのは杞憂に近いかと思っています。限定的な制御された局地戦の可能性の方が高いと思います(これも可能性は低いですが)。
しかしながらそれはある程度ベッドチップを積んでおけばの話であって幕がなんとか防衛力を唄ったのは保険なんだろうなと思います。

揚陸できる隻数で言えばまだまだ中・・・対象国は実用段階にはないと思いますが将来的には7個旅団(今は半分ぐらいだったかと)にその機能を与えるようです。
071型や075型などの新鋭艦が建造されていることは極々少ないながらも気を割く必要はあるかもしれません。

正直なところ接近拒否とグレーゾーン阻止の歩兵を配備しておけば幾分のベッドチップと時間は稼げると思いますし、動的なんちゃらなんてオマケにしかならないかもしれません。
KU
2020年09月25日 12:40
>尖閣領海警備を強化 巡視船ヘリ2機新造へ-海保

http://www.jiji.com/sp/article?k=2020092500394&g=soc

自衛隊と違い、官邸官僚からアレ買えコレ買えと圧力が掛からないんでしょうね。だからこそ、本当に必要な機体を堂々と買えますね。
偽陸士
2020年09月25日 15:39
戦車を伴う上陸作戦ですか。

たとえ1000輛持って来られても、四駆にミサイル載っけたテクニカルやドローンでシリアやリビア・チャド国境紛争同様、戦車は全滅でしょう。

対して守る側の戦車は北海道、四国、九州に戦車50輛ずつ本州は16式で充分かと。

富士教導団はアメリカ・ヤキマに移転すべきです。
ここの戦車も50輛有れば充分です。
訓練の度に装備も旅するのは時間が掛かるので隊員だけ移動させれば良いのです。

通りすがりの名無し
2020年09月25日 18:47
特殊部隊全滅の記事について、こんな反応も

63. 名無しの共和国人民 2020年09月25日 17:32 ID:ZBajVOON0
自衛隊は縮小して、災害救助隊にすべき。
戦闘部隊は今よりだいぶ小さな規模にして、
アメリカ軍に金払って、毎日訓練させとけばいいよ。

実戦経験を積ませたいとか言って先制攻撃仕掛けそうで怖い。

67. 名無しの共和国人民 2020年09月25日 18:05 ID:3.I0cPp20
>>63
それって陸自のことだろ?←これは自分が書き込んだものです

68. 名無しの共和国人民 2020年09月25日 18:24 ID:ZBajVOON0
陸海空全てです。
どうせ装備はほぼ米国製か似たようなモノだし、一流の軍隊と一緒に
訓練した方がスキル上がるでしょ。

戦闘部隊以外の輸送機や船舶、施設は迅速に活用できるようにした方がいい。その方が現場の隊員も楽しいだろうし。
Goodman80
2020年09月25日 19:28
航空万能論GFの記事に
韓国の文大統領、日本全土を射程圏内に収める「準中距離弾道ミサイル」開発を示唆
https://grandfleet.info/indo-pacific-related/south-korea-suggests-medium-range-ballistic-missile-development/
と言うものが有りました。何処の国を攻撃する物か見え見えですね。これはイージスアショアでは対応できません。THAADミサイルの導入とか抜本的な迎撃システムの見直しが必要でしょう。こうも簡単に牙を剝いてくれると対応が簡単で良い。
19190213
2020年09月25日 19:30
偽陸士さま
私は嫌ですよ。
たった数十両の戦車を伴う機械化部隊でさえ止めるのに四苦八苦したんですから1000とか馬鹿らしくてやってられないです。
交通網を破壊して撤退しますよw
とは言えど、そんな量の戦車を海を隔てて運用できる国なんて地球上に存在しないんで・・・
無益ですよ。

海外に訓練部隊を展開するという案には大賛成です。
米国でも良いんですがドイツにどでかい市街地訓練施設があるんでドイツも悪くはないかなと・・(彼らが使わせてくれるかは別ですけれども)
Suica割
2020年09月25日 19:35
尖閣諸島なら、空母部隊作るより、トマホークを千発買ったほうが安いし、安全だし、隊員も楽と思ったことはある。
一発2億円なので、2千億円で事足ります。
血塗れになるよりも、火力で焼き払った方が早いし楽。
19190213
2020年09月25日 20:59
清谷様
もしかしてなんですけどもM777って魚釣島とかだったら北・南小島とか久場島に据えたりするおつもりですかね?
確かに複数砲目線があれば山を考えなくても良さそうです。M777も普通に使えますね。
キヨタニ
2020年09月25日 22:21
あそこでは不要かと。
ただ空輸できる155ミリ砲はたの状況で、あれば便利だと思います。

>19190213さん
>
>清谷様
>もしかしてなんですけどもM777って魚釣島とかだったら北・南小島とか久場島に据えたりするおつもりですかね?
>確かに複数砲目線があれば山を考えなくても良さそうです。M777も普通に使えますね。
2020年09月25日 22:34
通りすがり氏へ

匿名掲示板の内容でも、引用するなら許可を取るべき。
勝手にコピペしないでもらいたい。
マリンロイヤル
2020年09月25日 22:38
19190213さん
>>衛星等によって何週間か前には警戒できる

イラク軍は、湾岸戦争でソ連(当時まだ存在していた)から偵察衛星情報の提供を受けたが、クウェートシティ正面の米海兵隊の上陸行動が、偽装か本物か見抜けませんでした。結局、米軍が西の砂漠を迂回して包囲環を閉じる直前に北に脱出してますね。衛星情報でも、敵の「意図」までは掴めません。



やれやれ さん
>>要塞でも作ったほうが良いのでは?

完全に軍事用途では予算が出ないだろうから、県庁所在地の都市には、地下鉄か地下街の建設をさせるべきです。旭川~名寄の宗谷本線、厚木以西の小田急線、九十九里に並行した総武&東金&外房線、北九州~福岡~久留米を結ぶ鹿児島本線、宮崎~鹿児島間の日豊本線、こういった所は大深度で地下鉄化したらいかがでしょう。

偽陸士
2020年09月25日 23:24
19190213様。

>私は嫌ですよ。
たった数十両の戦車を伴う機械化部隊でさえ止めるのに四苦八苦したんですから1000とか馬鹿らしくてやってられないです。
交通網を破壊して撤退しますよw
とは言えど、そんな量の戦車を海を隔てて運用できる国なんて地球上に存在しないんで・・・
無益ですよ。


無益とは限りませんよ。
オーストリアなんかPKO目的の戦車大隊があるくらいですから。
カナダもアフガンでレオパルド買いましたし。
日本国内だと日本全土制圧なんて可能性は低いですが、海峡に面した地域の占拠なら充分あり得ます。
この場合だと戦線の拡大阻止には有効かと。
ただ、今みたいにドローン無しテクニカル無しでは苦戦するのは当然です。
戦車はまだまだ使えますが、主役ではありません。

>海外に訓練部隊を展開するという案には大賛成です。
米国でも良いんですがドイツにどでかい市街地訓練施設があるんでドイツも悪くはないかなと・・(彼らが使わせてくれるかは別ですけれども)

ドイツですか。
確かに整備や補給のみならず、情報収集の観点から観ても魅力的ですね。
ドンバスにも近いし。
周辺国の演習に参加出来たら得る物も多いかも。
はて?
2020年09月26日 17:22
毎度おなじみの繰り返しなんだが、一体侵略軍はどこで戦車を水揚げ(<水揚げって言うな!)してどこ方面に向かう設定なんだろうか?

 正月とお盆と連休中だと、陸自はどこの駐屯地からも現場にたどり着くことは出来ないし、戦場となる地域の国民の避難はどうするつもりかもなんの説明も無い。
 国を守るらしいんだが、国の中に国民が含まれていない気がしてならん。


 全然関係ない話だが、Twitterに「はて?」という馬鹿なハンドルつかうヲレと同じレベルの馬鹿が現れているが、芸風が違うのを留意されたし。
 
Goodman80
2020年09月26日 19:33
YouTubeに30FFMの建造状況の物が有りました。
30FFM: Japan’s Next Generation Frigate Taking Shape at Two Shipyards
https://www.youtube.com/watch?v=t6gBX-k52mE&t=18s
まだ船体と前艦橋部しか出来ていませんが、大体予想図通りに完成しそうな感じです。令和の”松型駆逐艦”と言うところでしょうか?
拡張性が売なので世界情勢に合わせて改修が出来れば良いのですが。改修手腕の見せ所ですが、海自上層部がメーカーを指導できるか楽しみです。まあ、メーカーの足を引張って改悪で終わりそうですが。
通りすがりの名無し
2020年09月26日 22:52
今更ですが、16式はどうなんでしょう?どなたがおっしゃったのですが、16式は装輪戦車としての役割から、ガトリングガンと対戦車ミサイル(打ちっぱなし)をつければそれなりに使えると言ったわけですが
19190213
2020年09月27日 00:28
偽陸士様
主語が足りませんでした。
戦車が不要という意味合いではなく宇宙人と戦う想定は無益だと言いたかったのです。
確かに近年の非対称戦の火力は増していますが露軍とやり合う事に費やしてきた身としては戦車に対する恐怖が身に染みているのです(あとFTCでは戦車になぶり殺しにされた同期の話とか訊くと・・)。
それを踏まえて1000両なんてとんでもない、そんなの相手にするぐらいならば・・・コマンドーのジョン・メイトリックスと殴り合いをする方がマシだと思うのです(作中ではあれの行動も第三次大戦が起きるぐらいのレベルらしいですが・・・幾分マシです)。
 

マリンロイヤル様
仰る所は間違っていないですよ。
エスパーでもない我々は意図までは分からないものです。
しかしながら動的なんちゃらの主眼というのは後詰をなるだけ素早く現地指揮官に引き渡すというある種の動員計画の工夫の一部だと考えます。
現地部隊・・例えば15旅なんてのは予備兵力もないのです(二線級という意味ではなく指揮官にとって流動的に使える切り札)
このままであれば氏が不満にあられるように敵は機動力を駆使しこちらの思惑を躱す事ができるでしょう。
であればこちらは機動防御をベースに考えなければなりません。

緊要地形を抑えつつ氏が仰るところの予測できない敵の意図に予備戦力というパッチを充てないといけないのです。

 その為には仰るとおり抵抗の両肩として現地部隊の生存性や兵器そのものの防御力は大事です(私は自己完結性も付け加えたいです。支援する本管が小さすぎます。)。ロシアなんて島嶼部に唯一の師団を置いて厳重にその抵抗点を堅持してます。
 二点目に指揮官は機動打撃ができる部隊をもたないといけません(これが予備隊)。



本邦においての動的なんちゃららが微妙なのは事実なんですが予備戦力を素早く結集する努力というのは机上の空論ではなく必要な措置だと考えます。
これは陣地に固執するとか機動力に対抗できずに敗れ去るのを防ぐためにこそ”逆に”大切なんだと言えます。
本邦のやり口が失敗しているのは同感です。
第一に島嶼戦闘が起こる環境下に適応した計画(戦車定数等)とは言い難いですし現地の部隊の能力が限定的すぎます。

概ね同感なんですが、現地指揮官の切り札である予備兵力を作る為に類似する発想は必要だと具申します。
19190213
2020年09月27日 00:36
通りすがりの名無し様
120迫は使えますわ。訂正します。
確かWW2で島を攻める時には隣の小島なんかに砲兵隊を布置して運用していましたのでそういうことは出来なくはないかと思います。
ただ・・・やるのは中国側になるかも知れないですけどね。
偽陸士
2020年09月27日 16:12
19190213様。


>確かに近年の非対称戦の火力は増していますが露軍とやり合う事に費やしてきた身としては戦車に対する恐怖が身に染みているのです(あとFTCでは戦車になぶり殺しにされた同期の話とか訊くと・・)。


其処です。
陸自には非対称とされる火力が圧倒的に足りないのです。
日本で戦車と戦うのにクラスター砲弾は使えません。
戦車は移動もままならない。

だとすると、中古だけど重くリファブリッシュされた戦車を各地にモスボールするか、移動の容易なテクニカルやドローンに主軸を移すしかありません。

確かにサブラやT-80も魅力的ですが細長い本州に関しては、非対称火力の整備を進めるのが得策です。

戦車から対戦車に主軸を移すべきです。
ブロガー(志望)
2020年09月27日 20:39
お邪魔します。
 山本七平が学生将校として戦時に徴用された時に受けた教育は中国大陸で旧ソ連軍他との戦いを想定したものだったそうです。南方は程々で切り上げて、ナチスドイツと旧ソ連を挟み撃ちする意図かと思っていたら、何の事は無くそれ以外の事など教えられなかったからに過ぎなかったとか。何せ昭和17年の時点で「誰も知らない対米戦闘法」だったそうですから。陸自の戦車他も「それしかできない」からではないかと思ったりもします。それか海自が艦艇、空自が航空機を並べるから、「戦車や自走砲他をずらりと並べないと海自や空自に見劣りする。」とでも考えているのかと。
 後かつて帆船時代とかには舷側にずらりと砲を並べていたが、回転する砲塔を幾つか据えれば並べるのと同等以上になると聞いた事があります。それと日本は島国なので、いっそ陸自の部隊はフリーダムシップ(全長1000メートルを超える船に町を丸ごと載せる計画)みたいなのに兵站も含めて乗せて、必要に応じて移動させた方が効率的ではないかとも思ったりもします。無論この船は味方の後方に位置し、敵前上陸とかには参加しませんが。
ふきのとう
2020年09月27日 23:57
「固定電話機がそろそろ寿命。ファックスもだいぶ使ってる。テレビも20年モノ…」という時に、「じゃあ固定電話とファックスとテレビを買わなきゃ」みたいな発想しかないのがいけないんでしょうね。「スマホ買ったら固定電話要らなくね?」「ファックスもほとんど使ってないしどうせ書類作成は先方もPCなんだしメールで送ってもらえばファックスなくてよくね?」「スマホで動画も観れるからテレビも買わなくてもよくね?買う前に今ある家具や家電をどう使ってるのか、何ができないと困るのかそういうとこ良く考えようぜ。安い買い物じゃないんだから」っていう感じですよね。なんか。
TEE
2020年09月28日 09:40
「無題」
対着上陸作戦・砂地防御訓練のため、あるいは上陸部隊阻止を目的に全国の沿岸部に近い場所に演習場を持っていますが、果たして訓練と実戦が合致して行えるかは不明です。某演習場は周辺に住宅地が・・・今や住宅地の真ん中に演習場がって状況だそうですが。
自衛隊の演習の想定では、「敵1個機械化師団の一部である機械化連隊隷下の1個大隊が上陸し、その数日後に連隊主力が上陸するので、その1個大隊の侵攻を阻止する。」って事で連隊戦闘団が防御する・・・というのが概ね昭和の時代からのシナリオですが、まさか敵1個大隊来るの指銜えて見てるって訳ではないんでしょうが、部隊は演習場で準備、地域住民は全て避難完了、市街地は全て無人・・・ゴジラ相手にする訳じゃあるまいし、それは無いでしょう。(ゴジラでさえ、住民は全て避難していません。)戦車を使うなら沿岸部に配置して、上陸部隊の撃破でもさせればいいでしょう。それにしたって1個連隊は要らない、1個中隊13~15両あれば足りるでしょうし、仮に市街地戦になっても、連・大隊規模の投入は無理かと思います。まあ、無人の市街地で戦闘するんでしょうから、投入できるのかも知れませんね。陸上自衛隊のシナリオ通りならですが・・・。

先ず第2師団の戦車連隊は5個中隊から3個中隊プラス本管中隊に1個小隊あれば十分足りるかと思います。第7師団は3個戦車連隊と11普通科連隊を解体して、米軍の様な機械化大隊(普通科・戦車各2個中隊に本管中隊)にすれば戦車は大幅に削減出来ます。第7偵察隊の戦車は90式を1個中隊程度残し、余剰分の一部を機甲教導連隊に振替して、九州も各師団に4個小隊編制の戦車隊にするくらいで間に合うのではないでしょうか?残りは全て廃止でいいと思います。北方に戦車を集中させていますが、第5旅団と第11旅団は戦車じゃなく機動戦闘車でも、次期装輪戦闘装甲車でもいいとも思います。
あれもこれも欲しい欲しいと言って揃えた結果が財務省から減らせ減らせじゃ何のための装備品(兵器)か分かりませんが、少なくとも佐官ポスト維持のための部隊編制であれば確かに不要だと思います。しかし、戦術的にどうしても必要なのであれば、その戦術を大きく見直すべきです。でなければ、誰よりも現場の隊員たちが納得しないのではないのかなと思います。決して機甲科と言う職種が不要だとも思いません。一定の抑止力・戦闘力としての機甲火力は必要だと思いますが、その根拠となる現戦術、自衛隊の訓練想定と防衛力整備計画は、現実離れしています。防衛省・陸幕が現実離れしているうちは、戦車も特科の203mm・155mm自走砲はいつまでも現役で、定数もそのままです。それは納税者と現場の隊員のためになりません。そう思います。
山銅
2020年09月28日 12:37
北方と西方に1個大隊ずつの100両もあれば現状十分でしょうね
余談ながらラインメタルがついに130mm戦車砲の開発終えたそうでただでさえ小さいわ狭いわで改修余剰がない10式がどんどん陳腐化していきますね
Goodman80
2020年09月28日 12:41
2020.08.29の航空万能論GFの記事で
ロシア、次期主力戦車に電熱利用化学砲や垂直発射方式のミサイルを採用か
と言うものが有りました。今の発射薬を使用する物だと装甲の発達に追い付けない為に、電熱利用化学砲等の新しい戦車砲がT-14の後継車には搭載されるかも?と言うことらしい。確かに130mm砲を使用しても貫徹力1050mmで、現在の複合装甲にやっと対応出来る程度なので、砲自体を電磁砲等の新方式にする時代になったのかもしてません。
Suica割
2020年09月28日 18:10
トップアタック対戦車兵器を使うのがいいかもしれませんね。
いくら、四周は強化出来ても、上のハッチとかはそういうわけにはいきませんから。(重すぎたら、乗り降り出来ない。)
その意味では、長距離誘導体使用迫撃砲とかは考えてしかるべき兵器かもしれません。
2020年10月11日 07:52
適切に運用できれば100両で良いと思いますが100両全てを一か所に集めるのは問題があると思います。
例えばどこかの国が九州に上陸したがっているので100両を集めたら対ロシアの北海道はどうする?とか問題が出てきます。
なので数に拘るより運用単位で余裕があるのが一番だと思います。
元土木
2020年10月21日 10:23
89式の弾倉はペラペラのド鉄仕様なので弾倉開口部が広がり易かったので
特殊工具として弾倉ゲージなるものが部隊の89式小銃用特殊工具セットの中に備え付けられてました。
(開口部が広がりすぎると弾を込めても吐き戻される)
そもそも弾倉自体が鉄で錆び易く、摩耗変形し易い作りだったので、脱落防止は必須でした。
やれやれ
2020年10月21日 15:05
元土木さん、
「89式の弾倉はペラペラのド鉄仕様なので弾倉開口部が広がり易かったので
特殊工具として弾倉ゲージなるものが部隊の89式小銃用特殊工具セットの中に備え付けられてました。」
本当ですか?これは弾倉1つ満足に開発できなかったという事ですよね?
プラスチックの海外製を輸入したくなるのも分かりますね。
もしかしてこのような軟な作りが災いして米軍のM4などに付けるなって話もあるんでしょうかね?取り付け互換性があるはずなのに引っかかって抜けないことがあるとか聞きましたが。