防衛装備、官民で輸出拡大 取らぬ狸の皮算用

防衛装備、官民で輸出拡大 インドなどで市場調査
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62960690T20C20A8MM8000/

>政府は2021年度から日本製の防衛装備を海外に売り込むために民間企業との協力を拡大する。新たに輸出先の市場調査などを委託する。当面は台頭する中国への対応で協力を目指すインドとインドネシア、ベトナム、マレーシアの4カ国を対象とする。


>装備品の輸出は相手国と防衛装備品・技術移転協定を結ぶ必要がある。インドとは16年3月、マレーシアとは18年4月にそれぞれ協定を発効済みである。インドネシアとベトナムは交渉中の段階で、市場調査と並行して早期締結へ調整を急ぐ。


まあ、河野大臣が張り切っているので、なんかやらないといけないのでアリバイ作りじゃんないでしょうか。本気でやる気はないでしょう。先日はぼくの質問が発端でコータムのデモを防衛省でやりましたが、ぜったい通じる条件でした。連隊基幹の通信システムを通じてのデモですらなかったし、他国の無線機との比較もなかった。
大臣が騒ぐのでやった感を出しただけのセレモニーでした。
常識的に考えたら通信速度は他国の三分の一で、高解像度の静止画はもちろん動画すら遅れない骨董品です。にも関わらず、陸幕はメンツがあるので大本営発表です。負ける軍隊は反省をしません。ホント税金返してほしいです。

長年ぼくが報じてきているように防衛産業の問題は根が深いわけです。日本の防衛産業をどう振興するか、取捨選択、事業統合はどうするのか、防衛依存率わずか1~3%ぐらいの比率の大企業にまかせておいて本気で取り組んでくれるのかどうか。
防衛省にしがみついていればいいといいう寄生虫みたいなメーカーはどうするのか。
そもそも彼らは輸出なんて面倒でリスクを抱えたくはない。こういう企業を切ることも必要です。が、そういう厳しい現実には目を向けることはない。

いつものやっている感だけをだすイベントを行って我々の血税を無駄にするだけです。

>政府内には災害対策に使う救難ヘリコプターや通信機器の輸出に期待がある。4カ国は日本と同様に地震や津波などの自然災害が多く、自衛隊の装備をいかしやすい



政治家ですらこの程度の認識の平和ボケばかりです。自国のヘリが外国製のライセンスや組み立てばかりで、お値段は2~3倍でサポート体制もお粗末。警察海保はもちろん、民間だって国内メーカー製品なんて使っていません。外国が使うわけないでしょう。
無線機はコータムの惨状をご存じないのでしょう。ウリナラマンセーレベルのお花畑です。

味噌汁で顔洗ってこいレベルです。
だから陸のUH-Xはエアバスと川重のコンビで新型ヘリを開発する既定路線だったのを安倍内閣(和泉補佐官らしいが)が、アメリカ様に媚びへつらい、歓心をかうために、防衛省の頭ごなしでオスプレイやらグローバルホークやらを調達するので、安かろう、古かろうのスバル案を採用させた。自らヘリ産業の未来を潰したわけです。ナチス第三帝国なみの馬鹿な総統府を一掃しないとまともな防衛産業育成は無理です。

まずは自国の自衛隊が一流軍隊であり、防衛産業も一流という幻想というカルト宗教からのマインドコントロールを解かないと話はすすみません。

可能性があるのは中古の艦艇や、FH70、P-3Cなどでしょう。
あとはアメリカが生産を止めたライセンス品のコンポーネントとかでしょうか。


■本日の市ヶ谷の噂■
河野大臣がうるさいので、広域多目的無線機は通じます!という小芝居をした陸自通信科だが、その実広多無については、使えないので今後野外通信の「最後の命綱」として使用するに留め、民間回線の積極的導入使用によって野外通信量の増大に対応する方針に転じたとの噂。


以下の記事をJapan in Depthに寄稿しました。
陸自 開発実験団評価科長の尊皇攘夷
https://japan-indepth.jp/?tag=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やれやれ
2020年08月24日 13:00
ロシアのARMY2020は行われているようです。
https://www.rusarmyexpo.com/army2020

ロシアで大規模な武器の見本市 最新の兵器が公開
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200824/k10012580411000.html
コロナの最中だと言うのに元気ですな。
コロナがなければ行ってみたかった。
駐在武官の人もセミナー位は参加して動向調査位はするべきでしょう。見学も何もしてなかったら間抜けとしか良いようが無いですが。一般人でも切符買えば入れるんですからプロは行かないと意味ないと思うんですよね。スパイするまでもなく最新の情報(表層的かも知れませんが)がわんさかあるわけだし現物もじっくり見られるし。
やれやれ
2020年08月24日 14:39
すいません、「「お嬢様軍用輸送機」C-2に不整地運用能力はありや?」の方にARMY2020の事を書いたらエラーが出たのでこっちにも書きました。結局どちらも載ったようで。

マレーシアのLIMA(ランカウイ島で行われる国際海事航空博覧会)でここ3回程連続で出展していますが、目を覆わんばかりの惨状です。付き合わされるメーカも嫌気がさしたのか富士通は撤退しました。装備庁は宣伝が下手だし現地のお姉さんに資料を配らせてビデオ流しているだけで装備庁の人はブースの裏でお茶していますからね。
メーカの人は多少はマシですが、手持ち無沙汰のようで。
駐在武官はオエライサンを連れてきて四苦八苦していましたが。
もっとも武器や兵器を売りたいわけじゃなく売れそうな装備品(NECの浄水セット(駐屯地祭でよく見るアレ。パネルと模型ですが))や軍事にも民事にも使えそうな気象レーダーや地図ソフトなどですから。来年のLIMAが行われれば何か別の物を展示するかも知れませんが。

「政治家ですらこの程度の認識の平和ボケばかりです。」
一回海外の展示会を視察すると腰を抜かすでしょうかね(そもそも無知だから腰抜けないか)。現状を知らない防衛族は害悪でしか無いと思います。ある意味酷使様と一緒ですね。

「まずは自国の自衛隊が一流軍隊であり、防衛産業も一流という幻想というカルト宗教からのマインドコントロールを解かないと話はすすみません。」
島国で不沈空母に住んでいるからこのような幻想を抱くのでしょうか?せめてお隣の韓国のADEXかシンガポールエアショーにでも遊びに行っていれば少しは考えも変わったかも知れないですが。
個人的なオススメはこの秋に珠海で行われる予定のAIRSHOW CHINAです。
マジで腰抜かして帰る姿が目に浮かぶ...コロナがなければ。
今は巣ごもりの時期で仕方ないですが、元々巣ごもりで関心が無いことが一番の問題なのかと。

「■本日の市ヶ谷の噂■」
「民間回線の積極的導入使用によって野外通信量の増大に対応する方針に転じたとの噂。」
これは酷い泥縄ですね...開き直って軍用スマホやタブレットを導入したほうが良いかもしれませんよ。LINEで命令が飛んできて一斉に文句をポチポチやりだす...通じないよりマシか。写真だって鮮明なエグい傷の写真を貰って卒倒とか。やはりソフトバンクに例のソーラー送信所を早く実用化して自衛隊用に1機運用してもらうのが良さそうな気がします。

やれやれ
2020年08月24日 14:54
「防衛白書で読書感想文?」
https://blogos.com/article/480049/

「それをわざわざ「軍事ジャーナリスト」に聞いて、とんちんかんな記事を書いている。
東京新聞の記者教育はどうなっているのだろう。」
笑われていますね。
個人的には夏休みの宿題の読書感想文は嫌いだったので書こうとは思いません。ましてやお金払って見る価値があるのかどうか...と思ったらpdf版があるんですね。暇な時にあら探しでもしてみるのも一興?
やれやれ
2020年08月24日 15:12
自衛隊の装備品リストに米国が排除した「中国製カメラ」あり
https://news.yahoo.co.jp/articles/2054331e7c5ce491422e00643b289364f0eb9ef9
何の事かと思ったら最近大型ショッピングセンター等でも見かける
検温カメラですね。この手の画像検出技術やAIを応用した製品は中国の十八番で日本が遅れている部分でもある。価格も含めて数を増やそうとすると安い中国製になるわけだ。ネットに繋がない運用もできるのだろうが、画像記録が何らかの方法で持ち出されたら清谷さんのご心配も当然の事でしょう。なんせ中国企業には得られたデータは中共の要望があれば提出しないといけない縛りがありますからね。
キヨタニ
2020年08月24日 15:56
コメントしたことはあれこれ言い訳はしませんが、考えられる要素はあれこれお話はしましたが、まあ切り取られて使用されるのは仕方ないと割り切るしかないです。色々と話しをしましたが記者が使いたいところを使うのは仕方がないですね。


>やれやれさん
>
>「防衛白書で読書感想文?」
>https://blogos.com/article/480049/
>
>「それをわざわざ「軍事ジャーナリスト」に聞いて、とんちんかんな記事を書いている。
>東京新聞の記者教育はどうなっているのだろう。」
>笑われていますね。
>個人的には夏休みの宿題の読書感想文は嫌いだったので書こうとは思いません。ましてやお金払って見る価値があるのかどうか...と思ったらpdf版があるんですね。暇な時にあら探しでもしてみるのも一興?
キヨタニ
2020年08月24日 16:05
まあ言ったことは事実なのでいいわけはしませんが、あれこれ思いつく可能性を話したけど、どれを記事にするのかは記者の裁量ですからねえ。ある意味コメントのリスク。
今回は時間がなかったらしくてゲラも出なかったし。

>やれやれさん
>
>「防衛白書で読書感想文?」
>https://blogos.com/article/480049/
>
>「それをわざわざ「軍事ジャーナリスト」に聞いて、とんちんかんな記事を書いている。
>東京新聞の記者教育はどうなっているのだろう。」
>笑われていますね。
>個人的には夏休みの宿題の読書感想文は嫌いだったので書こうとは思いません。ましてやお金払って見る価値があるのかどうか...と思ったらpdf版があるんですね。暇な時にあら探しでもしてみるのも一興?
二重燭台
2020年08月24日 16:25
あ〜あ清谷さんの顔にも泥を塗ったわけだよ。東京新聞さんさぁ…
偽陸士
2020年08月25日 01:21
副大臣発案の読者感想文コンクール。

清谷様と東京新聞は仲間ハズレですか?

底意地の悪い人達も居たもんだ。

こんな人達が武力を独占して、効果的に戦争、紛争、事変、事件に対処出来るのだろうか。

最初の敗戦は悲劇だが、二度目は喜劇以外の何物でもない。

社会人としての経験から何が駄目なのか判別出来る人になるか、何か勘違いして入隊し現場で思い知らされるか。

何れにせよ、開戦の前に彼我の差を知るべきです。

負けてからでは遅いのですから。
敗戦を終戦と取り繕えば済むと思っているなら何も言いませんがね。
木村浩士
2020年08月25日 02:26
要は取材すらしてないことが問題なのですが。そこはジャーナリストとして恥ずかしくないのでしょうか?
KU
2020年08月25日 08:08
>陸自第1空挺団長「ハカイダー」のパワハラ、動かぬ証拠を入手した

http://bunshun.jp/articles/-/39675?page=1

こんなネタまで出たのに、出世コースからは外れないんですかねえ。
やれやれ
2020年08月25日 11:17
ブラック企業もドン引き、「自衛隊」の不遇すぎる労働実態
https://diamond.jp/articles/-/246421

実態の程はよくわかっていませんが、随分とアレですねえ。
何もかも見直すところが多すぎて河野大臣の手に余ると思いますが。
期待したいのはよく分かりますが、今までのボンクラ大臣よりは
少しマシなだけですから大きすぎる期待はちょっと。
自衛隊の上部がやはりしっかりしていないとハカイダーみたいなのが平然とのさばっているようでは組織が瓦解してしまうでしょうね。
Goodman80
2020年08月25日 12:33
世界に日本の軍事装備品を売るとか、バカなことをやる前にもっとやることがある。まずは日本の装備品で売れる物が有るか、なんですが、有りません。日本の防衛産業は、失敗しても「日本の国土にあった」とか、バカげたいい訳が通用してしまう。
小銃だろうが、戦車だろうが日本の優秀な自衛官では無く、外国の普通の兵隊に現地で操作してもらえば良い。真面に使えないと投げ出されるはずです。日本の都合に合わせた戦車(95式、97式)が世界では通用しなかったのは記憶に有ると思います。
自動車等は世界で通じているものを製作している。兵器も造れないはずは無いはずなんですが、日本国内で使うからと言って、交戦する相手は世界標準で製作されているので、実戦では勝てる訳が有りません。
こんな兵器を世界の兵器ショーに持っていけば嘲笑されるのは当たり前。先ずは世界のどんなところでも、どんな同様の兵器に遭遇しても対応できる兵器から作るべきです。これからの兵器を開発するのは、現在の日本の国力では無理でしょう。
まあ、純粋に日本の国防を考えると、日本製は使いたくないんですが。シンガポールとか台湾とか真面に国防を考えている国家を見習ってほしい物です。国防費は国民の命と財産を守る為に有る事を、認識しなければ、日本はどんどんダメになる。
2020年08月25日 12:54
大臣さんは記者クラブなんかをのさばらせてることを恥じろよ…
19190213
2020年08月26日 03:51
労働実態については、兵隊稼業ですからそんなの物は屁でもない物はありますよ。
例えば災派で寒い中寝るとか、缶めしを食うだとかそういうのは兵隊として普通の事。
今どき、ヒートパックが付随しているんだからそれ使わないのは個人の問題であって自衛隊の問題でもない気がします。(山に行く部隊は普段から余ったヒートパックなんて備蓄しているはずですけどね。)
寒い中寝るにしても、そういう事何度か経験すれば折り畳みのマットレスなりレスキューシートなり自分の携行物品に仕込めば済む話。
体温管理ぐらいは自分のやるべきことだと思いますね。
一寸した小道具買えば自分の仕事が楽になるのだからその辺り買えば良い。米軍の知り合いだって自分で一寸した物買っていましたし多少は自分で投資すれば良いと思います。

一方で、そのような小手先の努力が通用するのも比較的短期間だけです。継続的に戦場に立つことは多くの場合、隊員個人の力量を越えて制御出来るものではなくなります。
それが、一か月前後なのか数週間なのかは前線の負担の強度によるところが大きく、集結地である程度のインフラが確保されているのかどうかも大きな要素だと思います。
実際、災派で出るとストレスフルことって沢山あるんで集結地だけでは戦力回復の全ては賄えないので如何にインフラが良かろうがやはり一か月前後になると後方の駐屯地に一時的に下がらせて兵員を回復させる必要性はあると思います。
本来こういった事を出来ているのかいないのかと言った事を詳細に渡って調べた記事があるならばまだ解るんですが、実際は調べていない訳で。
単に解りやすく扇情的部分しか見ようとしない。
確かにその方が取材の手間もかからないしウケも良いでしょうが理解が浅いとしか言えません。
メディアで報じる多少のキツさなんてのは大体いつも検閲等でやっているし耐性もある。
それよりもまずいのは精神的な疲労だとか連続的な勤務の中に蓄積された疲労だとかそういった物だと思います。
災害が起こって最初期に行う活動というのは尖兵として多少は無理をしても仕方がないものですし、寧ろそれ以降にちゃんと集結地にインフラ作れているのかとか適宜交代できているのかと言ったことこそ見るべきなのかなと思います。
そういう意味で言えば、もう少し回復のサイクルは短くしても良いとは思います。
実際一か月前後がどうこう言ってもモノによってはもっと伸びたりすることもあるしその辺りローテーションをギリギリで組むのは良くないなと感じます。

これは日本人には理解し難いし過去の歴史などから生理的に受け付けないでしょうが、露軍では宿営地近くというよりは制圧地域での自由恋愛は可にしていた事があります。何だかんだ言って男は単純ですからそういう物があれば踏ん張ったりできるようです。

まあロシアチックなやり方は受け入れられないですから自衛隊でやるならば宿営地近くに可愛い動物を飼うとかですかね(笑)
古今東西戦場での動物との絆の話は絶えないものですしアニマルセラピーというのは実際に米国で帰還後の一部戦闘員に施しているものらしいです。
私の先輩の受け売りですが、人間が他の動物を可愛いとおもうのは何かしら赤ちゃんに近い要素を感じ取って母性本能が発揮されるからだと言っていましたね。
例外もありますが子を持った人間というのは踏ん張りが強い傾向があるのかなとは思います。
そう言う意味では、宿営地で可愛い動物を飼うのはアリかもしれません。

海外派遣で構成員の復帰を官民共に軽視しがちな日本ですが事に災害派遣というある種類似した行動があるのでこれを機に隊員の戦力回復についてもっと焦点を充てる事は将来的に大きな利益になるかもしれません。