陸上自衛隊、開発実験団 田川信好評価長の尊皇攘夷

月刊防衛技術ジャーナル8月号に開発実験団、田川信好評価長が寄稿しています。
「海外装備品の導入の場合でも開発分担金の負担あるかもしれないし、まとめ買いでない場合、最初ディスカウントセールで次の年度から言い値に跳ね上がる場合もある」

原因は海外装備ではなく、防衛省、装備庁、幕僚監部が無能であるからです。それを見るのがいやなのではないでしょうか。

普通の国は調達するときに、数量、調達期間、予算をきめて契約します。そうでないとメーカーだって事業計画が成り立ちません。

他所の国がみんなやっていることを我が国だけが出来ていない。それは無能ということであり、他人に責任を押し付けていてはいつまでも改善できません。

AH-64Dにして杜撰な「口約束」で導入きめたので、途中で調達やめて裁判沙汰になったわけです。ところが未だに調達方式を改めない。それは組織としての当事者意識と能力の欠如が唯一最大の原因です。

「実戦で十分に使い込まれているはずの海外装備にも、試験で初めて確認される不具合項目や改善要望がでることあるが、自前の改修はまずNGで、改善の余地はないか、全て目のための飛び出るスペシャル料金でのご対応かもしれない」

「しれない」ってなんだよ(笑
これまた原因は防衛省、装備庁、幕僚監部の無能です。
まともに契約していれば大抵は防げます。それに外国でそんな話をきいたことはほぼないですね。馬鹿だからカモられているのか、無理難題をふっかけているんじゃないでしょうか。実際海外のメーカーや商社からは実戦もないくせに自衛隊や小言幸兵衛で、思いつきで変な要求をすることが多いと聞いています。

まともに海外の新技術の動向や実戦の情報収集をしてないで、妄想を膨らませて変な要求をするからでしょう。何しろ軽装甲機動車を主力APCにしたり、俯角で撃つと弾づまりするM2をヘリのドアガンとして使い続けて、40年以上も住友重機の機銃の品質不良に気が付かなった組織がそんなことを言っても鼻で笑われますよ。

御説の通りなら、何でイスラエルがF-15にしてもF-16にしても自前の改修ができるんですかね?あれは何か別な惑星の話なんですか?

それに「国産」のFFRSやFFOSの信頼性が低いことは国会で防衛省も認めましたが、なんで改修されなかったんですかね?

自分たちが無能だと自慢をして何が楽しいのでしょうか。

「量産されているはずの海外装備を後追いで導入する場合でも、開発から既に数十年も経過していて生産ラインが開発国の量産調達を終えて閉じてしまっていると、生産再開は日本専用に準備されて初度費は国産以上にスペシャルだ」

わざわざ生産終了した旧式化した装備を調達するんですかね?
アフターサービスが悪いというのはヤクザの言いがかりみたいなものです。
原因はこれまた防衛省、幕僚監部の無能です。

ご案内のように普通の国のように調達数と、調達期間、総額を契約すればそんなことはほとんど起りません。
それに自衛隊は意思決定が遅い、ダラダラと買うか買わないかと決められずにズルズルと決定を先延ばしにします。そして調達数も決定せずに、生産終了間近になって発注する。
こういう無能が発注するから上記のような間抜けな事態が起こるわけです。

端的な例を挙げればAH-64Dです。米軍が調達終えて、まとまった輸出もないのでラインを閉めたわけですが、その直前に採用を決定して、年に1機か2機かわかりません、作ってください、だもん。頭がオカシイんじゃないですか?

まだしも諸外国のように5年で62機買いますと、コミットメントしていたら全然違った話になるでしょう。が、実際には毎年1~2機、ゼロかもしれませんだから、メーカーにしてみればおととい来やがれ、の世界ですよ。

昔調達決めた戦車架橋も決定まで10年以上かけたと商社の人が嘆いておりました。

つまりグズで決定できず、ラインが閉まりそうとわかっていて発注する間抜けが不利益を被っただけです。問題はその間抜けが税金を溝にすててきたことです。

「海外製品ならば、最初の要因育成は操作員も整備員もとても高価な海外留学か海外からの教官招聘だ。新たな装備のための保管庫、整備工場も必要で、最新技術の厳重な、高額量産単価も霞むようなスーパー御殿になるかもしれない」

またも「しれない」です。つまりは知らないけど、怖いよというアオリです。この職にあって事実関係を把握していないなら、田川評価科長は単なる無能者です。

狙撃銃M24の導入でそんなことをしましたか?またカール・グスタフ導入で新たな整備庫、整備工場つくりましたか?米軍機の整備をやっている日本飛行機は外国の企業ですか?海自のH-135は新たな整備工場やお雇外人いれていますか?

仮にそのようなコストがかかっても、例えば軽装甲機動車のように諸外国の3~5倍、機関短銃のように10倍もする国産クズ兵器の導入よりもLCCが高いんですかね。田川「大佐」は主張するのであれば実例をあげるべきです。まあご存知であればですが。

「消耗部品、予備部品が当然必要だがプ●●ターのようなビジネスモデルで、本体以上に補用品がとんでもなくバカ高くなるといったようなことには注意が必要だ。使用する時間以上に整備期間が必要な装備もある。海外でしかできない整備が多くて、不稼働期間が何ヶ月にもならないだろうか」

また「だろうか」と疑問型で不安を煽っています。繰り返しますが、そのような事実があれば具体例を上げるべきです。それをしないで(あるいは知らない)で誹謗中傷を行うのであれば1佐の階級にいることがおかしい。

因みに外国製品の稼働率の低さ、パーツの高さは自衛隊側にも大きな責任があります。国内にデポをおくことも要求せず、海外から小ロットとりよせることが挙げられます。だから、不足すると調達に時間がかかります。そして少数をDHLとかで取り寄せ日通の特別便を仕立てれば高くなるのはあたりまえです。海自のMCHー101はその好例です。

日通の社員がわずか数丁の銃を運ぶのにチャーターするなんて自衛隊って馬鹿なんですか?と疑問を持つのは当然です。バカです。
こういう胡乱な調達をすれば、高くなるのは当然ですし、商社の手数料もかかります。端的にいえば1個輸入しようが、千個輸入しようが手間は同じです。

「プ●●ター」はプリンターでしょう。こういうどうでもいいことを伏せ字にするのはSNSなどに巣食っている程度の悪い軍オタそっくりです。本体安くしてプリンターで稼ぐのは我が国を代表するメーカー、キヤノンのお家芸です。

「まだまだ大事に使用している最中に突然やってくる補用品の生産中止やサポート終了のご連絡となればビジネスの範囲を超えられない「輸入品」とつくづく実感させられる」


本当に世間知らずです。
防衛装備だってビジネスに決まっているでしょう。ビジネスじゃなければ一体何ですかね?国内メーカーは採算度外視で尽くしてくれるとでもいいたげですが、民間企業に利益を無視して役務の提供を要求するのは民間いじめです。

そして国内企業はそれでもしっかり利益が取れるように工数を誤魔化したり、マージン乗っけています。毎度出血サービスしていたら株主から訴えられるにきまっています。田川「大佐」はそんなことも知らない世間知らずなんですね。


それにご案内の通り、自衛隊は検討に時間をかけすぎ、生産終了に近くになって毎年単年度予算でチョロチョロ調達します。まともな軍隊ならば生産が終わらないうちにさっさと調達します。どこぞの間抜けな島国の軍隊みたいに小銃や装甲車を30年もかけて調達なんてしません。
30年もかければ後半既に旧化しており、近代化されている可能性が高いでしょう。当然前のパーツなんかある分けがない。
更にもうせば、きょうびはコスト低減のために民生コンポーネントの流用が多いので、当然ながらベンダーが7~8年以上パーツを生産し続ける保障はない。だからパーツの入れ替えをすることもあるし、当然ソフトもその場合更新されます。

だからこそ米陸軍はAH-64の兵站をボーイングに丸投げしたわけです。
キチンとメーカーや商社と連絡を密に取り合っていれば、生産中止になるパーツはわかるはずです。それをしないのは自分が悪いだけの話です。テメエの無能を人のせいにしてはいけません。


それに多くの防衛装備品は外国製のコンポーネントを使っています。US-2のエンジンやレーダー、10式のセンサーなどもそうですし、通信機や電子機器の多くも海外製のコネクターなどを多様しています。NECの暗視装置なんてタレス製の中身に国産の皮をかぶせただけです。
田川「大佐」のご高説が正しいのであれば、「国産」装備も同様に、パーツの枯渇、高騰は起こることになりますが、違うんでしょうかね?


更に申せば本来更新すべき旧式装備をダラダラ使い続けるユーザーの方がおかしいというだけの話です。本来ならば5~10年で調達終了すべき装備を30年後にも継続して調達すれば、そりゃパーツがなくなるのは当たり前の話です。

海自の艦艇用ジャイロは汎用品と同じですが、日本の2社が独占しています。ところが外国製の方が信頼性も高くほんとんどメンテフリーです。しかも調達コストも安い。海幕が官製談合をやっているとしか思えません。田川「大佐」こういう事実はご存じないですか?


例えば装備のLCCを30年とするならば、調達期間を5~10年とするならば、あと25~20年はサポートを受けられるでしょう。対して陸自は調達に30年を平然とかけますから、そこから更に20年ならば50年はサポートしなければなりません。旧式化したパーツを少数作り続ければ、当然調達単価とLCCは跳ね上がります。そんな異常で非常識な要求をされても海外のメーカーは困ります。


「開発から用途廃棄されるまでの何十年もの間、とことん責任を持って対応しようと、国内企業が見せてくれる『日本のために』という崇高な“理念”や“精神”の違いはとてつもなく大きい」


まさに尊皇攘夷ですよね。ビジネスに浪花節をもとめるが当たり前だと思っておられるようですが、企業の側は迷惑でしょう。


そのような「『日本のために』という崇高な“理念”や“精神”」を持った三菱電機、島津製作所、富士通、東京計器、住友精機、住友重機とかが編んで過大請求したんでしょうかね?こういう過大請求した会社て外資系なんですかね?


繰り返しますが、企業は営利団体なので、損してまで浪花節には付き合いません。その分利益を乗っけています。
バブルの頃広告代理店は担当者を銀座や六本木のクラブやゴルフで接待していましたが、それは当然ならが無料ではなく、請求書にオンされています。それと同じことです。

そういう『日本のために』という崇高な“理念”や“精神”をもった住友重機は何十年も品質誤魔化していましたよね。それに陸自は気がつかなかったわけですね?
実戦で使い物にならないFFRSのような装備を調達してきましたよね?メーカーが無料で改修しましたか?


それでももう付き合いきれねえやと、戦闘機から住友電工や横浜ゴムが撤退、コマツも装甲車から事実上撤退中、ダイセルは防衛から撤退ですよ。馬鹿に付き合いきれないと三行半を叩きつけられているのにわかりませんか?

商社の人間が外国メーカーに自衛隊の人間を連れて行くと、恥ずかしくて通訳できないことが多いという話をよくしますが、田川「大佐」はその典型例なのでしょう。

恐らく田川「大佐」は海外の見本市にいったこともなく、海外の軍人やメーカーの人間と議論をしたこともないのでしょう。海外の専門誌の調達関連の記事も読んだことがないのでしょう。基本開発実験団は海外視察をしません。

自衛隊内で身内同士で、こういう恥ずかしいオナニーの見せ合いばかりをしているから世情からドンドン疎くなっているのではないでしょうか。

富士学校の合同調査会同にしても、何の機密があるわけでないのに、メディアをいれず、校長の訓話や発表も録音も撮影も禁止です。しかも研究も大したレベルではない。だから恥ずかしい「オナニー大会」のままです。外部からの批判がない閉鎖組織は腐ります。

こういう合理性、経済原理を無視し、他所に通じない組織の論理を押し通し、世界の実態を知らない井の中の蛙がまともな装備開発や調達ができるはずはありません。


財務省は海外出張、視察に対して鷹揚です。ぼくは前から申し上げておりますが、富士学校や開発実験団こそ海外視察、情報収集をさせるべきです。それは幹部だけではなく曹クラスもです。
財務省はそれで年間数億円かかっても、性能や品質が怪しげで他国の何倍も高いクズに数百億円、数千億円かけるよりはるかにマシだと思っています。なんならぼくが口をきいてあげましょうか。

この記事はあくまで個人の感想、意見ですと逃げを打っていますが、正直卑怯です。例えば陸幕長がいざとなれば隊員にバンザイ突撃させるとか、自衛隊に反対するジャーナリストや議員は警務隊に拘束させると「個人の感想、意見」を雑誌で述べれば懲戒はさけられないでしょう。

うがった見方をすれば田川「大佐」は再就職活動の一環としてこの記事を書いたのかのかもしれません。

こういう不見識で常識のない人物を開発のキーパーソンの地位につけることに疑問をもってないのであれば、陸自にはまともな装備開発、調達を行う文化がないということです。田川「大佐」には職を辞することをお勧めします。

まあ、こういうことを仰るわけですから、外国製装備、特に評判が悪いFMSは全廃するべきだ、というふうに主張されるんでしょうね。

外国製が高いというのは防衛省側がまともな知識と交渉力がないことも要因です。例えば海自のイージスシステムのソフト導入時には米側から隻数×単価で要求されたとき、海自の担当者はほぼ同じソフトでそんな要求飲めるかと、追い返したら、後日リーズナブルな価格を提示したそうです。担当者に知識と度胸があればそういう交渉ができます。田川「大佐」にはそういう能力がないのでしょう。

反論があるならいつでも受けて立ちます。公開討論を是非やりましょう。まさか「武士」が敵に後ろをみせて敵前逃亡などしないでしょうねえ?


■本日の市ヶ谷の噂■
海幕は高価格、低品質の住友重機の5.56ミリ機銃調達を画策し、某国国営企業に打診するも「調達数は10年間で100丁で、毎年入札で」と伝えたら、「ウチは小売店じゃねえ、おとといきやがれ」(実際は丁寧な文面)で拒否された。との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

濡れネズミ
2020年08月05日 21:50
清谷さん、ロシアや中国、韓国が軍事躍進の激しいこの新冷戦に全く持って信じられない話ですね。

T-14やFK-3、K9の輸出のニュースを見てかなりまずいと感じない上層部の無能な様をはっきりと示した文章だと思います。

威力、射程不足の問題が顕在化している5.56mm口径の軽機さえまともには調達出来ないなら違法コピーなんてせずに素直にベルギーから一括大量輸入するべきです。
100年前に国際問題まで引き起こした豊平商会と何も変わらない。
やれやれ
2020年08月05日 21:50
「全て目のための飛び出るスペシャル料金でのご対応かもしれない」
これは目ん玉の飛び出る、でしょうか?方言だったらすいません。

「ビジネスじゃnなければ一体何ですかね?国内メーカーは採算度外視で尽くしてくれるとでもいいたげですが、」
nが多いですね。


「開発実験団、田川信好評価長が寄稿しています。」
この方も大概ですね。自ら無能と言っているような言い訳。

「普通の国は調達するときに、数量、調達期間、予算をきめて契約します。そうでないとメーカーだって事業計画が成り立ちません。」
うちのお客さんも大概ですが防衛省ほど悪辣ではありません。というか10年生産でもアレなんですがそろそろ生産中止させてくれとお願いしても今売れているから(と言っても月数台...)あと3年継続生産でとか平気で言うんですよ。仕方ないので3年分の生産数と必要な部品数を確定させて引き取り責任ありで継続生産します。そうしないと購入部品の方が先に生産中止になってしまい必要数を先に確保しないと生産もできなくなり、引取責任を設けないと1年後に全く売れる見込みがなくなったからもう買わない、後は知らねとか言われると部材費で赤字を抱えることになりますから。それにその分の倉庫代や管理費も大きくて馬鹿になりません。長期生産するならきちんと購入計画を出してもらわないと儲けるどころか大赤字になりかねない危険なビジネスになります。単価の高い兵器ならなおのこと。

「「しれない」ってなんだよ(笑」
これは国産兵器、産業を守るためのブラフではないかと愚考します。
むしろ国産兵器の方が色々アラが出てきてお高い上に上積みされそうな印象すらありますが。F2のレーダーなど良い(悪い)例かと。

「御説の通りなら、何でイスラエルが」
可哀想すぎるのでイジメないであげてください(笑)。
イスラエルとは違うんですよ、神国ニッポンは...
そんな能力が日本の企業にあれば輸出だってできているでしょう。

「年に1機か2機かわかりません、作ってください、だもん。頭がオカシイんじゃないですか?」
こんな仕事を引き受けるくらいならAH64Eに代えてくれませんかって提案しますね。そうでないなら60機一括契約で2,3年で全機引き取ってね、それ以外では契約しませんって私なら言いますね。喜んで引き受けるスバルもアレですが、注文する方もお頭おかしいと思います。サポートしてくれると言っても10年かそこらのもんでしょう。AH64Eにアップグレードしてくれた場合は延長してくれるでしょうけど。台湾はその辺よく分かっていますね。

「メーカーにしてみればおととい来やがれ、の世界ですよ。」
すいません同じこと書いてありましたね...
製造業をしらない酷使様には分からない世界んんでしょうね。仕事欲しさに引き受けるスバルも大概だと思いますが。
せめて引き取り責任の一筆でも貰っておけば裁判沙汰にはなってなかったでしょう。契約してくれなければそれで十分で見捨てる位でないとやっていられない内容です。
これが日本の防衛産業の良くない所なんでしょうね。
忖度して親方日の丸を信用すると馬鹿を見た。

「問題はその間抜けが税金をそうやって溝にすててきたことです。」
海外のショーに行かなければそんな事にも気づかずマンセーしている所でした。比べるものがあるって良いことですね。
国産装備のおかしさに気づかせてもらいました。

「予備部品が当然必要だがプ●●ターのようなビジネスモデルで、」
●リン●ーですね。この人も例えが古い。今やペーパーレス化が進んでトナーや用紙が減らないんですけどね。IT化の遅れた日本くらいじゃ無いですかね?通用するの。
しまった、既にツッコミが。

「因みに外国製品の稼働率の低さ、パーツの高さは自衛隊側にも大きな責任があります。国内にデポをおくことも要求せず、海外から小ロットとりよせることが挙げられます。」
この辺は韓国を笑えませんね。酷使様にも教えてあげたい。
Suica割
2020年08月05日 22:13

この記事はあくまで個人の感想、意見ですと逃げを打っていますが、正直卑怯です。例えば陸幕長がいざとなれば隊員にバンザイ突撃させるとか、自衛隊に反対するジャなリストや議員は警務隊に拘束させると「個人の感想、意見」を雑誌で述べれば懲戒はさけられないでしょう。
>隊員バンザイ突撃では、懲戒は無いでしょうけど、そういう人間に誰もついて行きたくないから、仕事にならないし、無能すぎる批判で早晩、更迭ですね。


まあ、外国性が高いというのは防衛省側がまともな知識と交渉力がないことも要因です。例えば海自のイージスシステムのソフト導入時には米側から隻数×単価で要求されたとき、海自の担当者はほぼ同じソフトでそんな要求飲めるかと、追い返したら、後日リーズナブルな価格を提示したそうです。田川「大佐」にはそういう能力がないのでしょう。
>アメリカの担当者が頭の回るタイプなら、パソコン一台につき、ワンライセンスでソフト販売はなされてます。WindowsやMacだってそうですよ?
ソフトの世界の常識的販売方法をまさか高級軍人が知らないとは?と混ぜっ返しして、日本側を嵌めてきそう。
日本の担当者良く嵌らなかったな。
■本日の市ヶ谷の噂■
海幕は高価格、低品質の住友重機の5.56ミリ機銃調達を画策し、某国国営企業に打診するも「調達数は10年間で100丁で、毎年入札で」と伝えたら、「ウチは小売店じゃねえ、おとといきやがれ」(実際は丁寧な文面)で拒否された。との噂。
>一年ごとに他国分作るついでののっけ生産でしか、採算取れないですね。他国分の注文無くて、生産しない年は入札スキップ可能ならやりますけど、受注出来るかわからないけど、毎年入札に来てくれなら、やりません。
やれやれ
2020年08月05日 22:23
今回は随分誤記が多いですね。怒りで手が震えましたかね。
「さから身内でこういう恥ずかしいオナニー」
だから、ですかね。

「自衛隊に反対するジャなリストや議員は警務隊に拘束させると」
ジャーナリスト、邪魔リストの方があってる気もします。

「まあ、外国性が高いというのは」
外国製でしょうか。

「田川「大佐」はそんなことも知らない世間知らずなんですね。」
2,3年防衛関係以外の会社で組立工の研修でもなさった方が良いかも知れませんね(呆)。机の前でふんぞり返っているだけでは何もわからないでしょう。

「コスト低減のために民生コンポーネントの流用が多いので、当然からベンダーが7年以上パーツを生産し続ける保障はない当然ソフトもその場合更新されます。」
民間でも長期供給する製品では同じことで頭を抱えています。自社で生産できる部品ならまだしも購入部品だと生産中止はよくあることです。その場合はお客さんと協議して生産中止前に引き取り責任ありで必要数を買い込みます。

「旧式化したパーツを少数作り続ければ、当然調達単価とLCCは跳ね上がります。そんな異常で非常識な要求をされても海外のメーカーは困ります。」
最後は付き合いきれなくなった国内メーカも逃げ出すだけです。現状の様に。それが分かっていないのか、最後はどこも相手をしなくなるでしょう。

「商社の人間が外国メーカーに自衛隊の人間を連れて行くと、恥ずかしくて通訳できないことが多いという話をよくしますが、田川「大佐」はその典型例なのでしょう。」
まず商社が防衛省に勉強させないといけないですかね...
世の中の商習慣や一般常識を...

「だから恥ずかしい「オナニー大会」のままです。」
やっている事が恥ずかしい内容だから秘匿したいのかと愚行します。

「■本日の市ヶ谷の噂■」
極めて真っ当な判断ですね。だから住重のような不正をやらかすメーカを野放し(知ってて野放しかも?)にして発注するのでしょうね。住重からしたら不正でもしないとやっとれんわ!かも知れませんけど、その言い訳は却下します。
最初から断ればいいんです。
マリンロイヤル
2020年08月05日 23:07
自衛官は、もっと「軍事」に興味を持たないとダメですよ。
19190213
2020年08月05日 23:38
自衛官は武士になってはいけませんしそうなったら首を差し出すべきです。
飽く迄も社会のシステムの一部で”装置”である事は間違いなく。
自らを主役と見誤り”維新”を興し国家を自らの理想に近づけようと画策したからこそ昭和の政党政治は崩壊しあの地獄の戦争へ近づいたのだと思います。

任された職域においてだけ、機能することが官僚制政治の中で武官に求められることですし、政治家に対して軍事的観点から”助言”することがスタッフの成すべきことかと思います。
飽く迄もスタッフです。

一方で武家や武士は政治や権力を武力によって確立しそれを行使する軍事と政治が完全に一体化した軍事政権型の存在とも解釈できます。

 しかしながら、近代的な官僚制に求められるのは行政への専念です。
官は自らをスタッフと自覚しそれに専念しなければいけません。
身分を保証され給与を約束された彼らは自ら技能を磨き任された専門的見識を広げそれを民意の象徴たる政治家に提供し彼らが判断し決定する。
金にならない分野(正確にはなりにくい)において専門性を修練する事が出来るのは、国民から資金を提供されているからこそ(生活の心配がないから専念できる)だと思いますし、自ら封土を持たずその手の権力から隔離されているからこそ誰にも阿ることなく納税者にその恩恵を公正に分配できる(理想的には)のだと考えます。

誰が訊いても頼っても同様に作用する・・・官は機械的に機能しないとその意義を喪失するのです。
 今回の佐官殿の発言は専門性をもったスタッフとしては非常に頼りないものですし、職務に専念しているのか非常に疑問に思います。
それは専門家として胸を張れるものなのかと。
官僚制において武官としてその程度の見識なのかと・・・もしかして我田引水しているではないかと。
以前どなたかが仰っていた軍人は教育者であり研究者でなければならないと言ったように果たして今回の言説、研究者として恥じない物だったのかと。
引きこもり部屋から出て自らの思う所を語るのは私は好ましい物と捉えますが一方で研究者として命を懸けるぐらいに真剣に発言して欲しい物とも思います。


清谷様には、可能な限り生暖かい目で見て彼らを善導し彼らが再び天岩戸に隠れんぼしないようにしていただければ幸いです。
要は英国議会のように厳粛かつ英知を振るい心地の良い皮肉で釘を刺しなおかつ熱い論戦を今後も継続できるように良き勝者として敗者を焦土化するまで殴らずにいて欲しいのです。



余談ですが
しばしばネット上では我々を擁護しているつもりの層が”暴力装置”たる社会学用語を否定します。
これは非常に由々しきことで、本質を否定しオブラートをかけ物事を歪曲化し事態を悪化させる。
これは我が国古来の悪い伝統です。
そもそも、装置たる我々は民意や法に基づいて行動し殺傷する。
それは構成員の意志ではなく個人的な意図に基づく殺人でない事の証明であり正当性のはずです。
暴力という本質を国民が見ようとしないからこそ古巣は、海外派遣において苦戦しその他多くの情報を歪曲する。
人である事は忘れてはいけませんが、行政装置としては人ではなく官は機械に近づかなくてはなりません。
又、
”自衛隊を批判しない奴は助けなくてもいい”
なんて言説も同様に下劣でこれは見返りを求めてやっている訳ではない行政装置への侮辱でもあります。
災派において、いつ何時、そう言った人々を差別し言い換えるならば自らの好む人々を優遇し我田引水したのかと。
それは官僚制の利点を殺し公務員としての存在意義の喪失でもあるのです。

自らの利益へ水を引く事をいやしくも官職を通して行うことは大罪であり機械ではないのに機械になろうとしている他の多くの構成員に対する背任行為でもあると思います。

機械ならざる者達が機械になろうと苦悩し追求していることをもっと見て欲しいものです。

武士と言えば殿様商売を今回の件からも想起してしまいますが・・・
これはある種仕方がないのかなと。
軽減するにはやはり調達会社を作るか、ベースは軍人でも民間の血が流れる人間を作る他ないのかとも思ったりもします。
防大の気風に合わない者達がいますよね。
その方々を有効活用する為にも海外を含めた民間企業に売り出して見てはどうなんでしょうかね?
勿論癒着はいけませんけれども、あくまでも任官拒否を在学中に決めた場合に多方面に売り出すカリキュラムコース(自腹)に転科し英語習得やMBA等習得を支援するとか。
馴致不能とは言いますが、それが使えない人材とは限らない訳です。
人材の多極化を図らない限り天岩戸に黴は生え誇るばかりです。
偶には新しい風を入れましょう。
Suica割
2020年08月05日 23:42
財務省も航空機や戦車までくらいならテストヘッド購入も許してくれると思います。
変な物作られたり、買われるよりは安いからねえ。
きちんと確かめれば、お買い得に見せかけた安物を掴むミスも減りますし。
Goodman80
2020年08月06日 07:53
陸自の装備品は、開発者の「だろう」、「のはずだ」、「に違いない」で造られている。碌な調査や検証もせず、井の中の蛙で他の国で持ってるから、新しい玩具を欲しがる小学生のレベル。各国が新型装甲の研究をし、試作している時代に74式を製作する体たらく。仮想敵国のロシアがT-64を開発し、低価格版のT-72を量産しているにもかかわらずだ。
唯深く潜れるだけの潜水艦を建造して、日本は世界一発言。無駄に高性能で高価なフリゲート艦を量産したり、使いこなせもしないヘリ空母を買って、高価なヘリが買えず、ドンガラ状態にしたり、やることが小学生レベル(最近の小学生起業をする人達には失礼だが)。
空自も高価な新鋭機を欲しがり、T-4の稼働率低下など、足元が全く見えていない。
戦後70年以上たって幕末の江戸幕府の無能ぶりは早すぎる。新大臣も期待したが、急にお山の大将になってきた。昔の稲田大臣を思い出させる。間のポチ大臣達は酷かったが、もう少し何とかならないものか。いっそ清谷大臣と言うのははどうだろうか?
キヨタニ
2020年08月06日 10:36
ご指摘ありがとうございました。
実際にかなりイラッとしたので一気にかきました。

>やれやれさん
>
>今回は随分誤記が多いですね。怒りで手が震えましたかね。
>「さから身内でこういう恥ずかしいオナニー」
>だから、ですかね。
>
>「自衛隊に反対するジャなリストや議員は警務隊に拘束させると」
>ジャーナリスト、邪魔リストの方があってる気もします。
>
>「まあ、外国性が高いというのは」
>外国製でしょうか。
>
>「田川「大佐」はそんなことも知らない世間知らずなんですね。」
>2,3年防衛関係以外の会社で組立工の研修でもなさった方が良いかも知れませんね(呆)。机の前でふんぞり返っているだけでは何もわからないでしょう。
>
>「コスト低減のために民生コンポーネントの流用が多いので、当然からベンダーが7年以上パーツを生産し続ける保障はない当然ソフトもその場合更新されます。」
>民間でも長期供給する製品では同じことで頭を抱えています。自社で生産できる部品ならまだしも購入部品だと生産中止はよくあることです。その場合はお客さんと協議して生産中止前に引き取り責任ありで必要数を買い込みます。
>
>「旧式化したパーツを少数作り続ければ、当然調達単価とLCCは跳ね上がります。そんな異常で非常識な要求をされても海外のメーカーは困ります。」
>最後は付き合いきれなくなった国内メーカも逃げ出すだけです。現状の様に。それが分かっていないのか、最後はどこも相手をしなくなるでしょう。
>
>「商社の人間が外国メーカーに自衛隊の人間を連れて行くと、恥ずかしくて通訳できないことが多いという話をよくしますが、田川「大佐」はその典型例なのでしょう。」
>まず商社が防衛省に勉強させないといけないですかね...
>世の中の商習慣や一般常識を...
>
>「だから恥ずかしい「オナニー大会」のままです。」
>やっている事が恥ずかしい内容だから秘匿したいのかと愚行します。
>
>「■本日の市ヶ谷の噂■」
>極めて真っ当な判断ですね。だから住重のような不正をやらかすメーカを野放し(知ってて野放しかも?)にして発注するのでしょうね。住重からしたら不正でもしないとやっとれんわ!かも知れませんけど、その言い訳は却下します。
>最初から断ればいいんです。
aaa
2020年08月06日 11:26
自衛隊は、優秀な人から辞めていく、ということです。

実感しますが。
やれやれ
2020年08月06日 17:23
興味深い話が出ています。

開発が進むトルコの第5世代戦闘機TF-X、試作機は米国製「F110」搭載
https://grandfleet.info/european-region/turkish-tf-x-us-prototype-f110-installed/

プロトタイプが2023年とは随分早いですね。ほぼ設計が終わっているのでしょうか。
もっとも3Dプリンタで作成ともありますから設計完了から胴体の作成は通常より早いかも知れませんね。
既に中国で巨大3Dプリンタによる機体の骨組みの試作を見ましたから驚きも無いですが。継ぎ目のない一体構造をチタン合金でできるのですから凄いですよ。初代の宇宙戦艦ヤマトで出てきたシームレス機同様リベット止めで無いだけで軽く強固になるでしょうね。

それはともかく見逃せないのがエンジンにF110を使用する下りです。既存のF16から引っこ抜くかスペアを使用すれば可能でしょうけど、エンジン制御コンピュータ含めてどうするつもりなんでしょうね?ライセンスしているからと言ってF110で量産化はできないと思います。IHIのF110でさえライセンス率は80%(昔IHI自体がHPに書いていた)後の20%はGEからの部品供給です。
会社の先輩がGEの戦略を教えてくれた事があり、本当に会社にとって重要な製品はたとえライセンス生産させても、重要部分はライセンスさせずに自社で部品供給するそうです。そうすると今回みたいなケースでも無許可でコピー品や応用品を作ることができなくなりますから。肝になる部分は公開もしないとか。IHIのライセンス率を信じるならその辺が簡単にコピーできない重要な所なのではないかと推察します。

コピーして苦しんでいる中国みたいな見本もありますからね。
何れ色々な情報をスパイしたり技術を独自に磨いてそれなり
には仕上げてくるんでしょうけど。

S400ミサイルの件から色々揉めますね。これが国際的な交渉と言うものなのでしょうか。エンジンも利権独り占めみたいな要求して
RRに逃げられたりと戦略と戦術が正しいのかどうなのか疑問ではありますが。
やれやれ
2020年08月06日 19:37
ご参考までに。
産経新聞32回、NHK22回に朝日新聞は3回…官邸が進める露骨な「メディア選別」の弊害
https://dot.asahi.com/dot/2020073100012.html?page=1

色々考えさせられる内容ですな。
それにしてもNHKと産経が飛び抜けて多いのは。
読売は意外と少ないけど単独インタビューもありますからね。
CPR
2020年08月06日 21:00
前にも頓珍漢な寄稿をした1佐か将補がいましたね。
「私は装備開発と調達を知らない馬鹿でーす」という一人語りにしか見えません。

これは戦傷医療も同じような形です。
国内に引きこもって実効性のないドクトリンを策定し、自画自賛。
調達や人員配置は基盤(ドクトリン)が間違っているので、適切になろうはずもなく。
伝え聞く海外の情報や情勢は無視、隠蔽。
現実を直視すれば、暗澹たる気分にしかなりません。
自衛隊は手厳しい批判に晒されるくらいが丁度いいと思います。
平時の戦争たる調達がこの惨状ですから。
KU
2020年08月07日 06:38
>退職者続出 陸自の第1空挺団長は“パワハラ”常習者で通称「ハカイダー」

http://bunshun.jp/articles/-/39533

今ごろは、誰がタレ込んだか犯人探しが始まっているんだろうなあ...
一等陸士
2020年08月07日 08:44
営門1士
2020年08月07日 08:46

ウチにも自衛隊上がりがいますが、

自衛隊上がりと書いて、「役立たず」と読む。

 
CPR
2020年08月07日 10:45
KU様の紹介記事ですが、ヤフーニュースにも掲載されていますね。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fc685d6a3814dc7e3521445c3d6781380e2a65e2

コメント欄には同じ部署にいた方の書き込みも見られます。
問題は、こうした不適格者を昇任させ、重要なポストに就ける組織風土でしょう。
個人がこのような形でニュースになるのは珍しいことですから、なんらかの暗闘の可能性も考えられます。
やれやれ
2020年08月07日 11:15
KUさん、
「この議員さんたち、本気でIHIが世界最高性能の戦闘機用エンジンを作れると思っているんですかね?」
組み立てるだけならできるのではないでしょうか?
自前での開発はあまり期待できません。XF9を育てるにしてもあと20年は掛かるでしょう。

「>退職者続出 陸自の第1空挺団長は“パワハラ”常習者で通称「ハカイダー」」
これが本当だとしたら恐ろしい話ですね。
内容を見ると使えない上司の見本みたいな人のようで。
自分はやっているつもりで会社の足を引っ張る事をして
自分は人脈とゴマすりだけで出世する人みたいな。
組織も腐っているならどこを取っても良いところがないのが
自衛隊の特徴になってしまいますね。
これで人を集めろというのも何だかなって感じです。
19190213
2020年08月07日 11:48
CPR様
ハカイダーの話はヤバいですよね。
どうも防大出のオラオラ系幹部にはこの手の人材が詰まっているような気がしてならないです。
勿論厳しい幹部を否定する訳じゃないですが、限度を知らないだとか自分には甘いだとかはっきり言って幹部の資質がない方も居るのは事実だと思います。
良好な統御なんてどこに行ったのやら。
令和の時代に花谷正なんて要らないんですよ・・・。
予備役に行って欲しいです。
Suica割
2020年08月07日 12:33
KU様
今頃犯人探しやっても遅いですよ。
辞めたOBが詳細に語りだしてますから。
汚職やっててくれないかな?
そうしたら、堂々と蹴り出せるのに。
ガネット
2020年08月07日 14:22
航空ファンを図書館で斜め読みしていて
空自とフランス空軍の練習機の差に愕然とします。
当事者はどう考えているのでしょう?

Goodman80
2020年08月07日 14:30
「民生品を使用して安価にとか」いうやつがいるが、装置の端末程度ならいいが、重要なコンポーネンツに使用すれば、更新も出来ず装置ごと廃品になる。装置を長年に渡り、維持管理するのは多大な金銭と労力を必要とする。
防衛装備品であっても常に技術の進歩に追いついて行かなければ、防衛機密の塊の古代の遺跡となる。陸自の通信装置が、民間に比べ遥かに遅れた時代物になっているのは、一例となろう。
このことは海空にも言える。自慢の最新ソナーが、民生品の魚探にかなわなかったりするのである。
軍の開発者は民間の企業や大学等の研究者と常に情報の共有等、予算等を含めた遣り取りを行わなくては、直ぐに時代からの落伍者となる。情報は<金>を肝に命じておかなけらばならない。日本の軍の師は英国、米国のはずなのに情報を取り、分析するという行為自体軽視されている。彼らから何を学んだのだろう?
ひゃっはー
2020年08月08日 09:45
プリンターのインクって何であんなに高いのかと思っていたら、そういうことだったのですか。
それにしても、40年以上前の戦車の構造を秘密にしたり、どうでもいい単語を伏字にしたり、具体例が何もないのに推測で記事を書いたりで、あまりの「自閉隊」ぶりに笑いがこみ上げてきました。AAV7なんて、アメリカとブラジルも採用しているのに、なんで装甲厚とかを秘密にする必要があるのよ。
マリンロイヤル
2020年08月08日 11:03
ハカイダーやらデリヘル経営1等海佐が出てしまうのは、人事制度に問題があるからです。アメリカ軍なんかは大佐以上への昇進には、「成績」とは違う別な「基準」があるようですね。
2020年08月08日 14:45
Goodman80さん
>海自の最新式ソナーが民生品にかなわなかったりするのである
それ本当なんですか?
Goodman80
2020年08月08日 14:57
ガネットさん
フランスの練習機はアルファジェットで日本のT-4と同時期の性能には大差ない機体だと思うのですが、どのような内容だったのでしょうか?
偽陸士
2020年08月08日 19:51
デリへルなんて被害者居ないのには処分して、被害者が多数のハカイダーは採用し出世させる。

デリへルくらい別にいいじゃないかなと自分は思いますが。

折角入隊し育った隊員を破壊する患部が跳梁跋扈するようでは旧日本帝国陸軍と大差はありません。

これを機会に空挺の規模も縮小して、輸送科、施設科に予算を振り向けるのも良いのでは?
ガネット
2020年08月09日 07:55
フランス空軍はアルファジェットの後継にターボプロップの
PC21を採用していて、コクピットの写真見たら大型の
カラー液晶パネルを多用していてまんま戦闘機みたいです。
Goodman80
2020年08月09日 09:43
マリンロイヤルさん?
もちろん日本の事では無く、お隣のK国の事であります。唯、最近の海自のソナーもあまり良い評判を聞かないので、心配ではあります。
最近の魚探は捜索範囲、表示画面、価格性能とも笑えるくらいすごいので、ちょっと見てみて下さい。ちなみに海外の軍艦の対水上レーダなど、日本のフルノ製とか結構使われてます。
ひゃっはー
2020年08月09日 10:03
清谷さんは幹部の異動が早すぎる、せめて同じ職に3年は配置するべきだ、と言ってましたけど、この人は別でしょう。どこかの第一線部隊でいいから、さっさと放り出してしまうのがよろしい。
やれやれ
2020年08月09日 10:28
Goodman80さん、
「重要なコンポーネンツに使用すれば、更新も出来ず装置ごと廃品になる。装置を長年に渡り、維持管理するのは多大な金銭と労力を必要とする。」
ご存知だと思いますが普通はMIL規格と言う米国防総省の決めた規格かそれに準拠した規格の部品やユニットを使うと思います。日本の部品メーカでもMIL***準拠という部品を売っていたりしますからね。もっとも一般人から見ると無駄に高いだけですが軍用だから厳しい規格や使用条件をパスしたと言う証ですからね。自衛隊もそういう部品で作られた製品を使用しているとは思いますが。だからと言って完成した兵器が良いものとは限りませんけどね。部品が良くても製品が良いとは限らない悪い例かもしれません。
他方パナソニックのタフブックの様に民生品で工事現場はもとより自衛隊はじめ世界中の軍隊でも使われているゴツいノート?パソコンもありますけど。
その昔はMIL規格通ったスマホもあったようです。
https://news.mynavi.jp/article/20150815-smartphone_word/

ガネットさん、
アルファジェットも教育用に使われて40年以上ですからね。そろそろ寿命だろうし後継機ってどうするのかと思ったらまさかのPC21に初等から中等、高等まで1機種でカバーさせるとは。
シミュレーターも充実させていきなり戦闘機に乗せても大丈夫な所まで教育するとは思いませんでした。
デジタル化の恩恵でしょうね。液晶パネルのディスプレイなら計器の配置をそれぞれの戦闘機に合わせてレイアウトすることも簡単である意味ゲームみたいな感じで機種を選ぶことも可能。
戦闘機で戦闘訓練するのは日本と同じですが、そこまでが最新のPC21のみって言うのも凄い。航空学生は機種転換する余計な?事をしなくても良いので常に慣れた機体でカリキュラムをこなすのは中高一貫校みたいな(入ったこと無いけど)シームレスな教育ができるのでしょうね。機種が少ないという事は整備コストも減るし教育に掛かるコストも減らせるしより効率的になるでしょう。
PC21も高価で高性能故になかなか国外のセールスが厳しかったですが、オーストラリアもフランスも採用したし採用国も増えていっているし今後も増えていくでしょうね。しかし2004年から実機を何度も見ていますがここまで高性能とは思いませんでした。そういえばご本家スイスでは高等練習機として使用しているのでそう考えれば別に不思議でもなんでも無かったですね。
何れにしろF35を沢山買う日本ではT7,T4から別の機種への切り替えが早急な課題になるでしょうね。今はベテラン戦闘機パイロットから機種転換で十分ですが、何れ新人がいきなりF35に乗らないといけない日が来るでしょうから、教育体系の見直しは早急な課題でしょう。仮にPC21を今オーダーしても日本に届くのは3年後。ピラタスと協力しながらカリキュラムを作るとしても初号機受領から3年後位でしょうか?その頃には清浜か防府北のどちらかがPC21に切り替わる位の機数が揃っているでしょう。10年後を目処に初等教育から切り替えるにしても機種も含めて検討する時間は3,4年位しか無いでしょうね。それまでにPC21,T7AにするのかPC21一本にするのか、別の練習機を輸入するのか、国産維持のために新型国産練習機にするのか考えないと。国産練習機にするなら開発期間も含めて考慮しないと。T4はあと20年使えてもグラスコクピット化する意味は無いのでその前には新型に変えるとなると15年以内に配備に目処つかないと厳しいでしょうね。アナログ操縦のT4と違ってデジタル操縦系統はバグ出しが大変ですからね。何れにしろ方針は早く考えないと余裕はあまりないって所です。
ひゃっはー
2020年08月09日 10:42
評価長ってのは装備の性能等を評価するのが仕事なんだと思います。でも御自分の能力や見識を正当に評価できない人は、装備の性能等も当然評価できないでしょう。「目くらのボクサー」なのは陸自特科部隊だけではない。この人の見識もだ。
ブロガー(志望)
2020年08月09日 14:44
お邪魔します。
 「不安を煽る」なんでまるで振り込め詐欺犯みたいなやり方です。流石「専ら(仲間内の)人間関係及びその中で優位に立つ事だけが全て」で生きてきた人だと思いました。
 人間の脳の処理能力は限られているので、しばしば「〇×」といった単純化で対応しようとします。例えば国鉄や郵便でも「お上×民間〇」で問題の解決が図られました。しかし民間が効率的なのは競争があるから、もっと言えば「儲からなければ止められる」からです。「需要の多い大都市圏に集中し、地方特に限界集落みたいな所からは撤退する」といった事を認めなければ効率的にはなり得ないでしょうし、かんぽ生命の不正販売もそういった背景があったのかも知れません。江端謙介氏の本に「兵器開発は技術者丸投げではダメ、軍人丸投げでもダメ」といった事が書かれていました。思うに兵器開発及び調達に「公式」は無く、状況別に考えなければならず、例え上手く行った(ように見えた)としてもそれが「正解・最善」とは限らないといった事でしょうか。そういった事に対応できるだけの処理能力を持たない・持てない人もいるようで。
 当記事とは関係なくて申し訳ないのですが、米海兵隊が戦車全廃に舵を切ったようです。「ドローン等の精密誘導兵器の発達すれば、戦車はカモになりかねない。」のかも知れません。しかし自分は「歩兵の盾である戦車が無くなったら、何が歩兵をドローン等の精密誘導兵器から守るのか。」と思いました。自分は「戦車をベースに(空も撃てる)回転式(無人)砲塔と短距離ミサイルを持ち、戦車よりも広い範囲に装甲を施した歩兵戦闘車」ではないかと思っています。「弾幕をはる事で歩兵をドローン等の精密誘導兵器から守る」わけで。
CPR
2020年08月09日 18:40
やれやれ様
トルコはスピード感がありますね。
変化の激しい時代に適応した開発(マーケットイン重視)をしているという印象を受けます。
陸の現場では、トーチカを3Dプリンタで造ることが可能になっています。
研究開発でも有用なのでしょうね。
どこぞの防衛装備庁は爪の垢を煎じて飲むべきです。

戒田氏は「クラッシャー上司」に当てはまるかと思われます。
10分で読める要約『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』
https://type.jp/tensyoku-knowhow/skill-up/book-summary/vol21/
将補まで昇任しているので、各段階での学校成績は優秀なのでしょう。
しかし、旧軍の愚将と同じ匂いがします。

19190213様、Suica割様、KU様
このような人を使い潰す質の人間は防大出に限らないかと。
被害に遭った人と思われるコメント以外にヤフコメで気になったコメントは、「自衛隊は一般社会と違って理不尽云々」とこれを許容する意見があったことです。
国民が軍事を知らないということは、不適格者を将官にしてしまう政治の問題につながるのだなと実感しました。

確かに軍隊は業務の中に理不尽が存在します。
合法的な殺し合いの場に身を投じるのは、究極的な理不尽です。
しかし、上官が部下を使い潰す愚行は本来許されるものではないはずです。
それも、平時とあっては尚更に。
生還率の低い任務であっても、必要とあらば実行を命じる指揮官としての非情さとは別物です。
「この人のためなら(この人の指揮下なら)命を賭けて戦える」と心服を得るのが統率の神髄でしょう。
旧軍で背中を撃たれた方々はそれに失敗しているわけで。
政治家と同じく結果責任だ、成果を出していればいい等と擁護するにしても、人手と高齢化が進む自衛隊において少なくない人材を潰した「実績」はどうするんでしょうね。

・自身の作戦を好意的に評価した英軍人の書簡を肌身離さず、葬儀で自説をまとめたパンフレットを配布した牟田口廉也
・戦後も〇〇会という形で同じ部隊だった者同士連絡を取り合い、入院の際には、かつての部下たちがお金を持ち寄って訪ねて来てくれた部隊長
教範流出の泉氏と同じように、牟田口寄りに見えるのは気のせいでしょうか。

文藝春秋2018年10月号に参考となる記事があります。
(以下概要抜粋)
昭和の軍人に見る「日本型悪人」の研究(保阪正康)
●東條英機→女子レスリング栄前強化本部長
●嶋田繁太郎→国税庁佐川前長官
●インパール作戦 牟田口廉也→日大アメフト内田前監督
など「悪の五類型」とは
https://bunshun.jp/articles/-/8901
19190213
2020年08月10日 00:11
デリヘル一佐はある意味有能ですよね。
曲がりなりにも経営をやって来たわけですし。
真っ当な公務員としては駄目ですけれども、工作機関に身を置かせて海外で工作資金調達でもやらせれば案外稼いでくれるかもしれません。
結構ダーティーで稀有な能力の持ち主かも。

自衛隊の良くない所は辞めさせない事ですが、ハカイダーのような人も居るのは事実で単純に離職者数だけで管理者の能力は図れないのかなと思ったりもします。
他の管理者が辞めさせないだけという側面もあるのかなと。

これを人事評価にしちゃうから、辞めさせない→当人が苦しんで自殺。なんてことにもなるんで難しいなと。
人事において時系列は大事だと思うのですよ。
対象者がどういう心境の変化をしたのかとか、どういった環境の変化があったのかとかそういったモノを通して真実に近い所までたどり着くのは相当に労力を使います。
それが何人も居る訳ですからね。
やはり・・・電子化は最低限やるべきですし補助的にAIを用いていくことは何れはやらんと駄目でしょうね。
19190213
2020年08月10日 00:20
ひゃっはー様
恐らくですが、諸外国との整合性とかじゃなくて秘にして伏字にする項目って多分決まってるんじゃないですかね。(そこまで自衛隊法詳しくないけども)
指定されてるから伏せてるだけの話で悪く言えばお役所仕事なんじゃないかなと。

開示の範囲がおかしいという認識でいますけれども半分ぐらいは海外の実情を知らないのでアウトかセーフの範囲が解らないというのと半分はお役所仕事的に伏字にしているんじゃないかなと。

やっぱり陸曹も海外の調達とか見本市に随行させるべきですよね・・・。
こればっかりはもっと見識を積んで貰わないと。
匿名希望
2020年08月10日 07:53
横から失礼します。人材の無さはまあしょうがないのではないでしょうか?
今の防衛省、自衛隊の偉い人達は、バブル景気でわいていた時期に、あえて当時日陰者(今の人には想像つかないと思いますけど、自衛官だなんて名乗れなかった。また防衛省も当時は防衛庁、三流省庁でした)であったこの組織に入った人達です。考え方がおかしいか、頭が悪いかだと思います。
Goodman80
2020年08月10日 08:58
やれやれさん
陸自ではタフブックやタフボーイなどが使用され、海自の艦船でも通常のミニコンやノートパソコンが使用されています。末端のシステムでは問題ないのですが、イスラエルの迎撃ミサイルでシステム制御にWindowsを使用し、OS更新でシステム再設計になりました。
ちなみにMIL規格が一般の製品より優れている訳ではありません。これは米軍が製品、部品の購入の為、規格を統一した為の物なので、民生品の開発スピードについて行けない為です。
ひゃっはー
2020年08月10日 09:29
19190213様へ
いやいや「プリンター」という単語は明らかに秘密じゃないでしょう。田川評価長も、お役所仕事的に秘密に該当する、と判断して伏字にするほどおバカさんではありません。
ではなぜ、どうでもいい単語を伏字にしたのか。それは「お前らが知らないことを俺は知っているんだ。でもお前らには教えてやんねーよ。ハハハハッ」と優越感に浸りたかったのでしょう。あるいは事情通を気取りたかったのでしょう。もしくはプリンターの会社から訴えられるのがイヤだったのでしょう。その程度の理由で伏字にしたとしか考えられません。
こういう何でも秘密や伏字にしたがって、まともな情報発信をしない人の所に、まともな情報が集まってくるわけがないでしょう。私も記事全文を読んではいませんが、具体的な例がほとんど出てこない(そのくせ「プリンター」は伏字にする)下らない記事しか書けない人が、ろくな見識を有しているわけがないでしょう。だからこの人は「目くらのボクサー」だと言ったんです。
19190213
2020年08月10日 10:50
CPR様
同感ですわ。
指揮の要訣とか幹部とは何かって散々書いてあるのにそれを活かせない人が居る・・・。
人事評価で席次が強い傾向は補正されるべきなのかもしれません。
テストで答えられても実務で指揮の要訣とか無視するんなら意味ないですよ。

確かに曹士でもこのようなオラオラ系はいますけれどもここまでは酷くないなと・・・
幹部の権能に全能感を感じてエクスタシー💕ってなっているんじゃないかと思う位ですよ。
やれやれ
2020年08月10日 11:39
ブロガー(志望)さん

「何が歩兵をドローン等の精密誘導兵器から守るのか。」と思いました。」
その辺りはどこの軍隊でも対策は急務と考えていると思います。

「弾幕をはる事で歩兵をドローン等の精密誘導兵器から守る」
ドローンは痛くも痒くもないので弾幕にはビビりませんよ。
余程高価なUAVでも無い限り。
ブライトさんが、そこ、弾幕薄いよ!などと言うことは無いでしょう。自動的に追尾して最小限の弾で撃墜すると思います(その対処もUAVが...あるかな?)。
速度は早くないので地対空ミサイルかUAV用の高射機関砲で対処できるかも知れません。
或いはレールガンとかレーザーとか。対UAV兵器が無いとやられ放題ですが、そうは問屋が卸さないでしょう。

一応自衛隊も何らか必要とは思っているのかも知れません。
https://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/kouritsuka/yosan_shikko/2016/2016/09_jisou_kousha_kikanhou.pdf#search=%27UAV+%E5%AF%BE%E7%A9%BA+%E6%A9%9F%E9%96%A2%E7%A0%B2%27

何の兵器でもですが、矛と盾の関係は崩れないと思います。
戦車を有効に使うには最低限UAV対処兵器と行動を共にする必要がありますです。そういう意味でも数が多くても仕方ないでしょうね。むしろ兵士に変わって陸上無人兵器が増えると思います。AI載せて自立化させると形は違いますが映画のターミネーターと同じことが起こるでしょうね。

CPRさん、
「合法的な殺し合いの場に身を投じるのは、究極的な理不尽です。」
どうも酷使様やネトウヨは有事は理不尽な仕事をするのだから平時も理不尽で構わないと考えているようで呆れます。
そんな修羅の国のような組織や会社があったら皆逃げ出しますよ。自衛隊が良い例(悪い意味で)かも知れません。
そんな平時から、特に訓練とか関係ない一般業務で理不尽な組織が精強な訳がないでしょう。隊員をロボットか何かと勘違いしているようで。それならさっさとドローンを導入しろよと思いますよ。

旧軍からの悪しき伝統なのか軍隊と言う組織が元々腐りやすい組織なのか。何れにしろそうならないような制度が必要かと思います。


偽陸士
2020年08月11日 02:29
19190213様。

>デリヘル一佐はある意味有能ですよね。
曲がりなりにも経営をやって来たわけですし。
真っ当な公務員としては駄目ですけれども、工作機関に身を置かせて海外で工作資金調達でもやらせれば案外稼いでくれるかもしれません。
結構ダーティーで稀有な能力の持ち主かも。

自分も同感です。(笑)
岩畔豪雄大佐の泰平組合、昭和通商宜しく、大人のオモチャならぬ火を吹く玩具を扱って頂きましょう。
彼の手コキ・・・・じゃなかった。
手腕なら濡れネズミ様が心配されるような、納期の遅れ等の不手際も回避されるでしょう。

税金でマスをかかれるよりは、遥かにマシだと思いますが。
Goodman80
2020年08月11日 08:15
CPRさん、
「合法的な殺し合いの場に身を投じるのは、究極的な理不尽です。」
戦闘では人は殺してはいけません。「如何に戦闘に参加できない程度に傷付けるか」と言う作業を継続出来るかです。死ねば放置されます。傷ついた兵は後方へ移送されますが、これには多数のの兵が参加することに成ります。
戦争とは結局縄張り争いの延長みたいなモノなので、終わることは無いでしょう。

やれやれさん
ドローン対策ですが、91式は光学センサー搭載なので、対応できますがコスパ的にアウトです。機関砲で対処することに成りますが、最近の砲弾は高機能時限信管なので、発射前に起動時間をINPUT出来るので、X帯レーダーやレーザレーダーとの組み合わせで使用されれば対応可能になります。
砲弾の有効範囲と発射速度、搭載門数等でシミュレーションすることで、落としどころを見つけるのが有効でしょう。
後は重量計算して、適応するプラットフォームを決定すれば、それなりの物が作れるのでは。唯、自衛隊方式だと最初にこの機関砲とか選定されるので、「えっ、今頃これ!」的な物にならないか心配ですが。
田舎者
2020年08月12日 02:59
19190213 さん
〉恐らくですが、諸外国との整合性とかじゃなくて秘にして伏字にする項目って多分決まってるんじゃないですかね。(そこまで自衛隊法詳しくないけども)
〉指定されてるから伏せてるだけの話で悪く言えばお役所仕事なんじゃないかなと。
〉開示の範囲がおかしいという認識でいますけれども半分ぐらいは海外の実情を知らないのでアウトかセーフの範囲が解らないというのと半分はお役所仕事的に伏字にしているんじゃないかなと。

お察しの通りです。
他幕さんがどういうやり方になってるかはわかりませぬが、なんちゃらの基準といったものがお上から下りてきて、それを基に決めています。
ただし、基準がざっくりしすぎている事も多々あり、やりすぎ感を感じている人も居なくはないようです。
ただ、後からあれこれ言われて処分を食らうのも馬鹿馬鹿しいために、せっせと従ってるわけです。

そんな作業をする部署に居る人達は、曹はもとより幹部であっても寄せ集めに毛が生えた位のもので、ライトスタッフには夢のまた夢ですね。
加えて、対価が変わらんのに処分のリスクはアホみたいに高いので、考え方は恐るべき程に保守的です。

そんな感じで作られたものが情報開示請求されると、指定箇所多すぎると内局から文句を言われつつも場当たり的な対処をこなし、良くわからんルールだけが増えていき、秘密主義に拍車がかかるわけです。
19190213
2020年08月12日 23:44
田舎者様
確かに処分のリスクは高いですよね。
自衛隊で処分って言うと世間様は当人が悪いって思うことでしょうがごく一部においては可哀そうなケースもありますよね。
はっきり言ってそういう部署についたらもう身を守るしかないと思います。
秘密主義だったり迂遠な業務だったりって案外こういうことから来てるんじゃないかと思います。
大臣が是正するべきはこういう所だと思うんですよ。
そこで働く人間が公益よりも自分の利益をなぜ優先するのか。
それは、中国風に言えば構成員個人の”核心的利益”を犯しているからなんですよ。
公務員や官僚の忠誠心というのはマックスウェイバー風に言えば報酬と社会的名誉の喪失への不安からくるものだったと述べていた気がしますね。
一個人からすれば、そのようなくだらないものから生計の道を断たれ赤字で処分を書かれてはどうしょうもない。
片方ならまだしも、両方を断たれては再起もできないし家族という存在に対する責任はどうなるのか。

もし、それが良くない事だと知っていても。それを知った人間が如何に善良だろうが有能だろうが公益に反したりことなかれ主義になってしまうのは今の日本の組織にありがちな事です。
官僚制の逆機能を断ち切るか軽減しより良いものに変える。それを実施すれば諸問題ってのは大臣が必死にならなくても自然と是正されていくものかもしれません。
一つ一つに取り組む丁寧さは大切ですが、出来上がった完成品をいちいち直すのは迂遠であり、大元の金型を正すことこそ最適解になると思います。

言い換えれば現在において装備関連で清谷様に大臣に直で提言諫言を連発される様は金型が歪んでしまっている状態であって本来ならば大臣がしばしば言う担当者がきちんと取り組まなければならない訳ですよね。
それは、確かに担当者個人の責もあるけれども根幹は防衛省内の話であったり官僚制の欠陥だったりするわけでそれを正せるのは政治家しかいない訳です。
言い方は悪いですが元自衛官系政治家には出来ない物です。
病人に病人を診させるようなもんです。
横浜の黒豚
2020年08月14日 06:22
清谷さん、文春で報道された戒田氏のパワハラについて是非河野大臣への質問をお願いします。
やれやれ
2020年08月14日 11:13
米国製無人機、調達中止も 政府、コスト増懸念で再検討―グローバルホーク3機
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081300689&g=pol

遅まきながら見直しが行われるようで。
少なくともお金の使い方を知っていて防衛産業にも米国にも忖度しない大臣が就任した効果はあったと見ていいでしょう。
今までだとなあなあのうちに導入が進んで頭を抱える事になっていたでしょうね。AH64Dの様に。
仕切り直して真面目に無人偵察機を検討してくれれば良いのですが。イスラエルから買うかトライトンが地上から使えるならそれでも良いかも?
KU
2020年08月14日 12:17
>>>グローバルホーク

スマートニュースで記事を見た瞬間、思わず「をっしゃあああ!」と心の中で叫んでしまいますた(^_^)。こうまで立て続けに、米国製の高額装備品の調達が再検討されるということは、そろそろ現内閣の終焉が近いのでしょうかね。これでオスプレイの調達も再検討します、なんて、やってくれるなら総理のことを少しは見直しますけど。
ブロガー(志望)
2020年08月14日 21:29
再びお邪魔します。
やれやれ様、コメントありがとうございます。
 あれから思ったのですが兵器は
1.それまでの兵器に対する優位性で生まれ、
2.同種兵器同士での争いになり、
3.別の新たな兵器に優位を取られて終わる。
のではないかと思われます。例えば戦車は機関銃の発達で塹壕他に引き籠るしかなくなった歩兵(第一次大戦はそれで膠着状態に陥ったか)に対する優位で生まれ、往年の戦艦は水上艦同士で優位に立つ事に特化したが故に、水上艦の主たる脅威がミサイルを含む航空機と潜水艦になって終わりました。となればドローンへの対処の中心はドローンになるのではないかと。もしかしたら海の航空母艦のようなドローン母車ができて、それが戦線の後方から前の歩兵や戦闘車両を敵ドローン他の精密誘導兵器から守るための小型ドローンを飛ばすというわけで。尤もその小型ドローンは撃破よりも偵察・捜索が主任務になるかも知れません。『丸』8月号で航空巡洋艦(旧海軍の利根型、大淀型他)が取り上げられていました。高価ですがF35Bが航空巡洋艦を復活させるかも知れないと思いました。無論「VTOL母艦+随伴する駆逐艦」が最善でしょうが、そこまでできない海軍が所有するのではないかと。陸上でも同様にドローン他が「希少人材であるパイロットは空軍に集約させた上で、地上部隊自身が限定的でも近接航空支援能力を自ら持つ」事を可能にするかも知れないと思ったりもします。
19190213
2020年08月15日 01:19
対ドローン対策
https://wired.jp/2016/12/06/droneshield-dronegun/

https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52204328/

海兵隊では・・・
https://wired.jp/2019/09/24/iran-drone-marines-energ
y-weapon/


一覧
http://www.ssri-j.com/MediaReport/CUAV/CUAV_201x.html

露軍では電子戦で抑える試みも(どちらかというと実績はこちらの方がある)
https://www.ukrinform.jp/rubric-defense/2535269-donbasu-de-fangderoshiano-zui-xinno-dian-zi-zhanshisutemuga-que-ren.html

おまけ
露軍のGPS妨害について(これはAI搭載やプログラミングされた飛行にも有効なので)
http://www2.jiia.or.jp/pdf/research/R01_Russia/07-koizumi.pdf

まあGPSをやられたらやれる事と言えばINS慣性航法装置を利用した事故位置習得になるのだろうが結局は誤差を正すためにはオフセットが必要になるしGPS妨害下では昔のように簡単にはいかないかもしれない。
19190213
2020年08月15日 01:39
自己位置習得の為にINSを使って精度を上げるためには一定距離ごとに既知点を作っていくのが良いと思うがまあ電波妨害下ではGPSも確かではないし地上に居る訳じゃないんで古典的な方法も一寸無理と。
であるならば、写真測量の要領で写真を撮らせ機体内部でAIによって演算処理させるのが電波妨害をもろに受けない抗堪性あるUAV設計かも知れないですね。
ただし、爆撃コース付近或いは途上における航空写真等のデータは必要かもしれませんけれども。
やれやれ
2020年08月17日 18:17
流石にコレは安い、第4.5世代戦闘機F-16Vの機体単価は5,000万ドル台
https://grandfleet.info/us-related/f-16v-unit-price-is-in-the-50-million-range/

機体単価だけで比べるとF35の半分なんですね。お買い得じゃないですかね?
保守部品とか色々契約価格で割り算するともっと高くなるんでしょうけど。
TEE
2020年08月18日 09:03
・・・曲がりなりにも評価科長ともあろうものの発言ではありません。国家予算を使ってクズを集めて、使えとか、高いのはしょうがない的な発言は1佐の資格すらありません。こんなお方(●●とは言えないので)が装備開発、調達に関わっているようでは、そりゃ現場は必要以上に苦労します。例えば01ATMみたいに他の熱源に引っ張られる誘導弾とか・・・(現在は改良されていますが、結局はカールグスタフの調達続いているし・・・)もう少しマシな佐官・将官はいないんでしょうか?っていうか防衛大学校の人材育成に問題があるのか?問題児しか昇任出来ない陸上自衛隊に問題があるのか・・・某ハカイダー将補殿に限らず、CGS・FOC出身の佐官には「部下を潰した事を武勇伝」にしている方がいらっしゃる傾向にあるので・・・例えば某学校の〇〇部長とか・・・とにかく●●な上級幹部は全部集めてどこかの演習場の草刈でもさせとけばいいと思います。(部下は一切つけないで自分達だけで。)こんな方々は民間に出しても現役に迷惑かけるので。飼い殺ししときゃいいんじゃないかな?って思いました。
偽陸士
2020年08月19日 03:59
TEE様。

>とにかく●●な上級幹部は全部集めてどこかの演習場の草刈でもさせとけばいいと思います。(部下は一切つけないで自分達だけで。)

チンカス議員と罵倒少佐は仲良く練習機に乗せて空に還しましょう。
地上に置いとくと鬱陶しくてかないませんから。
Goodman80
2020年08月19日 10:52
やれやれさん
F-3の開発とか無駄金使ってないで、F-16Vそのままでいいんじゃないでしょうか。T-4の後継でT-7Aを中高練習機で80機程度購入し、残りのT-4パイロットもF-16Vの複座型を購入すれば、整備、交換部品等で効果的に運用でき、高性能で高価なF-35,F-15JDIを無駄な任務で使わなくて済みます。空自もそろそろバブルの頭を切り替えないと、自分で自分の首を閉めることになる。
やれやれ
2020年08月19日 16:09
Goodman80さん、
「空自もそろそろバブルの頭を切り替えないと、自分で自分の首を閉めることになる。」
私も同意見です。無駄にF3に投資するよりF35とF16Vに集中しF15とF2を順次退役で良いと思います。
それが最適かどうかは悩みどころですが、限られたリソースを考えたら古いものをできるだけ使いつつ新しいのに順次入れ替えで戦力を伸ばすような構想をしないと中国とかに対応しきれません。
Suica割
2020年08月20日 12:31
やれやれ様

ファントムの代役はグリペンで良かったのでは?と思うことがありますね。
そこそこ器用にこなせる。
雪国仕様だから、寒冷地にも強い。(三沢にあったアレは除雪する人たちには評判が良くなかった。)
関東に国産機を押し込んで、三沢にグリペン置いておけば、みんな助かったんですよ。
戦力にすぐなるし、それなりにロシア機とも張り合えるし。
TEE
2020年08月21日 23:06
偽陸士 様

そうですね・・・どうせなら空と言わず、いっその事宇宙に行ってもらいましょう。
●●エモ●の飛ばすロケットで・・・まあ冗談ですが。

かつて、CIAはカーター政権下で大幅な人員削減がありました。確か1万人規模の職員(現場要員)が削減されたそうです。
まあ、ベトナム戦争時に増えすぎた人員のカットが目的だったそうですが・・・
陸上自衛隊に関しては、実人員に比して部隊が多すぎるのかな?
旅団規模の師団?とか増強連隊規模の旅団?とか、増強大隊規模の連隊???・・・本当に即応出来るか分からない即応機動連隊?師団は廃止して、全て『旅団』でいいんじゃない?連隊は全部『大隊』か『隊』でいいんじゃない?後、団規模の隊、連隊規模の隊、大隊規模だけど1佐が指揮する隊・・・現役でも分りにくいでしょ?と思います。部隊・ポスト・階級全て見直す時期に来ているのではないかなと思います。
「来たれ勇気ある防衛大臣!!」
きっと官邸自衛官とか官僚自衛官が邪魔して頓挫するのは間違いありませんが。