我が陸軍は無謬

本日防衛省で陸自の広域多目的無線機(コータム)に関する取材機会がありました。
これはぼくが1月に大臣会見でコータムは通じないという声が多い、実際はどうなのだ、と質問したのがきっかけで実現しました。

会議室における説明と、野外でのデモがあり、デモでは通常の見通しのある場所、建物を間に挟んだ場所、移動する車両からというものでした。

結論からいいますと、陸自は間違えない。コータムは問題ないというセレモニーで終わりました。

実際のところ部隊の通信関係者、OB、業界の10人に聞いて10人が問題ありというものですから、こういうセレモニー的なデモをやっても意味がないと思います。
周波数帯も軍用無線機向いていないのではないかと質問しましたが、全く問題ないとのことでした。

陸幕がやるべきことは関係者へのヒヤリングなどを行い、それをまとめて検討する。また他国の同等の無線機を購入して実際に使って比較してみるということが必要でしょう。
例えば米陸軍・海兵隊が使用する同種のAN/PRC-160(HF/VHF無線機)、AN/PRC-158(UHF/VHF無線機)、AN/PRC-163(UHF/VHF無線機ハンドヘルド型)などと比較してみるべきです。別に在日米軍に協力してもらうならば、わざわざデモ用の機材を買う必要はありません。ぜひとも同じ条件で米軍の無線機と比較をすべきです。

DSC09161.jpgDSC09157.jpg

単に防衛省の敷地で恣意的な環境で小芝居をして「問題一切ございません」いってハイそうですか、信用するわけにはいきません。今回のデモでは20名を超える人員がかかわっていたかと思いますが、単に大臣に言われたでやりましたとイニシエーションで終わるならば時間の無駄使いです。

今日は河野防衛大臣も顔をだされたので、その旨ははっきり申し上げました。そうしたら大臣からは「そういうことはドンドン言って」と言われました。

実際問題として個人衛生キットにしてもかつて陸幕は米陸軍のシステムに匹敵する性能といっていましたが、ぼくの追求で撤回しました。その後多少は改善されました。
空幕の広報室はかつてF-2のレーダーに問題があると認めていましたが、調達機数削減が決定されると手のひらを返したように、F-2に問題は一切ありません。そういう報道は全部嘘です!と断言するようになりました。実際は問題を抱えていたのは皆さんご存知の通りです。

こういうことが積み上がれば、防衛省、自衛隊のいうことを信用していいの?
という疑問を常に持たれてしまいます。失った信用を取り戻すのは容易ではありません。

今回撮影は基本許可制でした。特にPADの画面は取らないようにといわれましたが、
こんなものは他国の軍隊やメーカーはでは全部見せているものです。これを部外秘だと
手の内がわかると隠していると諸外国から馬鹿だと思われます。こういう何が機密かもわからずに、何でも隠すという習いグセは納税者の知る権利を侵害しています。
また他国の製品との比較を困難にして、納税者の監視が届かないことになります。

今回不具合の改修はあったのかと聞いたら、それはないが性能向上のための改修はおこなっているとのことでした。前者であればメーカーがそれを負担し、後者であれば防衛省が費用を負担することになっています。ところが少なからず不具合の改修を「能力向上」に紛れ込ませているという証言も多数あり、コータムに関しても疑われても仕方ないと思います。

あとコータムに対する問題をいくつか指摘しておきます。
●携行型がフレームと一体化しており、他国のシステムのようにフレームと本体を分離して、バックパックなどに収納することが非常に困難である。バックパックはフレームの上から背負うことになるので、フレームの分だけ余分な重量が増える。
現場の隊員たちからは背負うと背中が痛いという不満も聞いております。
●電池が専用。そりゃ、メーカーのNECは儲かるでしょう。ですが戦時に充分な備蓄がありますか? それはないでしょう。しかもリチウム電池は定期的に充放電しないと使えなくなります。諸外国では米軍やNATO規格の汎用電池を使うことが少なくないようです。
そうであれば兵站の負担が減ることになります。
●写真がPAD内臓のカメラで撮ったものしか送れない。他のデジカメなどで撮った写真は送れないそうです。これでは特に偵察隊が使う上で不便です。また動画も送れません。
●こういう問題があるし、また世界的には動画などデータ通信の速さと容量が必要とされているわけですが、導入から10年経ってもそういうことに対応する近代化は計画されていないそうです。更に申せば、コータム車載型は基本中隊長などようで、例えばここのトラックなどには基本無線はついてないそうです。これまた問題だと思います。
個々の隊員にクローズでのみ使えるSIMカードを刺したスマホでも支給すべきです。そうであれば一人あたり数万円で済みます。イージス・アショアもやめることですし、そのくらいの予算はなんとかなるでしょう。なんなら10式戦車の調達やめてその予算を回してもいいでしょう。



それからレクの前に防衛記者室にはっているな内局、各幕、そのたからの案内が貼っていある掲示板があるんですが、そこに貼ってある資料をメモのために撮影しようとたら写真取るなと、東京新聞のY記者から言われたので、コノヤローということになって(笑)、抗議をしました。そんなこというならばもう東京新聞に協力しねえぞ(笑)、とか。君等記者クラブは偉そうにしているけどテナン料も払っていないだろう、だいたいだれが君等を報道の代表ときめたの?自分たちが僭称しているだけでしょう。白人が黒人や黄色いのよりてめえたちが偉いといっているのと同じで差別主義だとかあれこれ申し上げました。
防衛省の連絡員のクラブへの労務提供もおれが質問して、ふさわしくないと停止になっんだろうが。とかわりかし言いたい放題いいました。
内局の人間と3名でお話合いをして、内局の方から掲示板は公共部分であるからOKであるという見解がでて、Y記者も納得しました。
表にはあまり出ないこういところでのせめぎあいも、事なかれ主義で許さないという戦いをしているわけです。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Goodman80
2020年07月13日 16:34
旧式のシステムを更新する為の基幹となる、NECが開発していたソフトウェア無線技術が完成の域に達していないというところでしょう。情報共有による機能強化とコスト削減の両立などと言う、戯言に引っかかった防衛省が無能なだけ(いつものこと)。
最初から米国の機材を採用すれば大した問題にはならないし、米軍との情報根幹も円滑になるんですが。10式でどことも繋がなかったないことを全く考えもしない。いつものことながら何をやってんだか。
やれやれ
2020年07月13日 17:40
細かいですが、
「会議室における説明と、野外でのデモがあり、でもでは通常の見通しの」
デモでは通常の、ですね。

「記者クラブは偉そうにしているけどテナン料も払っていないだろう」
テナント料ですね。

「結論からいいますと、陸自は間違えない。コータムは問題ないというセレモニーで終わりました。」
素晴らしい大本営発表ですね。
最大でどれくらい離れた試験だったのでしょうか?ハンディのアマチュア無線機や特小無線機でも大丈夫な距離では心もとないような。

「陸幕がやるべきことは関係者へのヒヤリングなどを行い、それをまとめて検討する。また他国の同等の無線機を購入して実際に使って比較してみるということが必要でしょう。」
同等品とベンチマークを取ると言うのは割と普通の事ですけどね。
裏でMAVに決まっていたとしても外国の装甲車と比べるのは
まさに比較して性能差や使い勝手を見ることでしょうに。
無線機だけ別ってのはよろしくないかと。
こういう所でも身近なお手本があるのだから少しは見て比べること位はするべきかと。

「単に防衛省の敷地で恣意的な環境で小芝居をして」
悲しい...せめて練馬駐屯地とか目黒駐屯地とかそれなりに
離れた場所で試して欲しいですね。ビルが悪影響しそうですけど、
関東大震災が起こったらそんな事もいっていられないし。

「そうしたら大臣からは「そういうことはドンドン言って」と言われました。」
イージス・アショアや中古品販売など良い方向で前向きな所は評価できます。

「こんなものは他国の軍隊やメーカーはでは全部見せているものです。」
ショーでは普通見せますよね。それが商売になるんですから。
それに一般に見せる時はダミー演習画面とかですよ。
そんなに気になるなら関ケ原の合戦でも入れとけばいいんですよ(呆)。

それにしても使い勝手もそうですが日本のお役所のIT並に遅れていますねえ...書類に判子突いてFAXで送信みたいな古めかしさ...
流石IT大国ニッポンの製品ですよ(泣)。


キヨタニ
2020年07月13日 18:02
ご指摘ありがとうございました。
訂正しました。

>やれやれさん
>
>細かいですが、
>「会議室における説明と、野外でのデモがあり、でもでは通常の見通しの」
>デモでは通常の、ですね。
>
>「記者クラブは偉そうにしているけどテナン料も払っていないだろう」
>テナント料ですね。
>
>「結論からいいますと、陸自は間違えない。コータムは問題ないというセレモニーで終わりました。」
>素晴らしい大本営発表ですね。
>最大でどれくらい離れた試験だったのでしょうか?ハンディのアマチュア無線機や特小無線機でも大丈夫な距離では心もとないような。
>
>「陸幕がやるべきことは関係者へのヒヤリングなどを行い、それをまとめて検討する。また他国の同等の無線機を購入して実際に使って比較してみるということが必要でしょう。」
>同等品とベンチマークを取ると言うのは割と普通の事ですけどね。
>裏でMAVに決まっていたとしても外国の装甲車と比べるのは
>まさに比較して性能差や使い勝手を見ることでしょうに。
>無線機だけ別ってのはよろしくないかと。
>こういう所でも身近なお手本があるのだから少しは見て比べること位はするべきかと。
>
>「単に防衛省の敷地で恣意的な環境で小芝居をして」
>悲しい...せめて練馬駐屯地とか目黒駐屯地とかそれなりに
>離れた場所で試して欲しいですね。ビルが悪影響しそうですけど、
>関東大震災が起こったらそんな事もいっていられないし。
>
>「そうしたら大臣からは「そういうことはドンドン言って」と言われました。」
>イージス・アショアや中古品販売など良い方向で前向きな所は評価できます。
>
>「こんなものは他国の軍隊やメーカーはでは全部見せているものです。」
>ショーでは普通見せますよね。それが商売になるんですから。
>それに一般に見せる時はダミー演習画面とかですよ。
>そんなに気になるなら関ケ原の合戦でも入れとけばいいんですよ(呆)。
>
>それにしても使い勝手もそうですが日本のお役所のIT並に遅れていますねえ...書類に判子突いてFAXで送信みたいな古めかしさ...
>流石IT大国ニッポンの製品ですよ(泣)。
>
>
>
ひゃっはー
2020年07月13日 19:19
セレモニーというよりも、デモストレーションという名のイニシエーションですね(笑)
Suica割
2020年07月13日 19:39
●電池が専用。そりゃ、メーカーのNECは儲かるでしょう。ですが戦時に充分な備蓄がありますか? それはないでしょう。しかもリチウム電池は定期的に充放電しないと使えなくなります。諸外国では米軍やNATO規格の汎用電池を使うことが少なくないようです。
そうであれば兵站の負担が減ることになります。


>本当に補給の手間を減らすのなら、究極的には単3電池で動きます位の目標を持って開発すべき。
単3電池なら、電気屋どころかコンビニにでも転がる汎用品ですから。
同じ性能なら、特注品が少ない方がいいに決まっている。
田舎者
2020年07月13日 20:10
広多無は通達距離の問題も有ると思いますが、使い勝手が悪いのも敬遠される一因かと思います。
従来機ならスイッチを入れてすぐ使えたのに、タブレット・スマホが起動するのを待たなければならずやきもきです。
カメラ性能もお察し過ぎて、NECの不良在庫端末の流用かと疑ってしまいます。
中身が古いAndroidってのも、なかなか不安を煽ります。
そもそも、話せば数秒で終わることを、わざわざ前線で何分もかけてメールやデータにする必要について考えたんでしょうかね?
バッテリーの装着も面倒で、特に寒冷地や暗所では困難かと。
フレームからは外せますが、必要な部分がプラプラになってしまうので、創意工夫資材として自作しているところもあるようです。
バッテリーの持ちも良いとは言えず、荷物は確実に増加です。
これくらいのことはもうご存知かと思いますが、書かずにはいられませんでした。
田舎者
2020年07月13日 20:38
連投すみません。
バッテリーに関して、従来は一見専用バッテリーに見えて中身は単2だったりもしました。
そもそも、スマホでWi-Fiの設定することすら怪しいオジサマ達には、各種設定方法を覚えることは難しいようです。
マリンロイヤル
2020年07月14日 10:40
陸自は無線機よりもDENREIを強化すべき(笑)
やれやれ
2020年07月14日 11:22
陸自元課長ら数十人懲戒処分へ
天下りで防衛省
https://this.kiji.is/655575762025694305

ふむ、良い傾向ですな。
これで少しはマトモになれば良いのですが...
Suica割
2020年07月14日 18:22
やれやれ様

将官クラスは、援護なしで退職有給一年付与の方が自衛隊並びに国益的にいいような気がする。
変な装備を買わされると、費用がかかるし、戦力強化にもならない。
偽陸士
2020年07月14日 23:03
清谷様。

取材お疲れ様です。

マスコミによる国民の知る権利の妨害ですか。

時代と寝るならまだしも、取材先と爛れた関係とは。

大本営発表よりむしろ、この鬩ぎ合いの方が見過ごせません。
これからもどんどん書いてください。
有権者には届かずとも、未来の人々への貴重な教訓になります。

何故国家と国民が道を誤ったか。
東京新聞も近い将来A級戦犯の仲間入りは避けられないでしょうから。

19190213
2020年07月15日 00:53
まあ初期と比べたら良くなっているとは聞きます。
専門でもないのですがアクセスノードを介して通信するのとそうでないのは大分違うと訊く所です。
では実際に分・小・中隊間或いは諸業務・支援での警戒員が運用する時はわざわざ師・旅団の通信大隊が出張ってくるかと言えばそうではないのだと思います。
実際問題として無線機を使う仕事は非常に多く普通科のみならず隷下部隊の雑多な業務全てを補完する事は出来ないのだと。

で・・・・例えば検閲や災派であれば通信大隊が出張るから通じやすくなるし、一方で普段使いすると一寸通じない。
コータム使える派とそうでない派がいる事とその割合を肌で感じた結果そうではないかと推察します。

今回何故通じたかと言えば恐らく万全の体制で通信大隊のアクセスノード車とかもフル稼働させた結果だと思います。
しかし実勤務では雑多で様々なシチュエーションがある以上は通信の補完を受けれないこともあるので、スペック落ちが発生する。

普段の業務を補完するとすればローコスト案で言えば旧来の新野外、85とかは員数外にして所持しても良いかもしれません。
一方でちゃんと補完するならばもう少しばかりノードに頼らないでも比較的短距離かつ雑多な地形でも通じるようにするか、トランシーバー(なるだけ強力なやつ)のような廉価版を持たせるぐらいでしょうかね。

私としては新野外や85は員数外にして普段の雑多な業務に使うべきだと思います。

そして初期のコータム運用は必ずしも適切ではなかったという事の中に末端のユーザーが通信機を巧く扱えていない低練度者も多分に含まれていた事もあるのではないかと。
例えば85でも通じない場合は電波が通る場所を見つける為にアンテナの設置場所やアンテナの種類を変えたりその他いろいろな小さな工夫が必要になります。
実際にそれらをやったのかと言えばアンテナを折って使う人が散見されたりとユーザーにも非があると思う所です。(これは、陸自初頭教育において器材数の少なさ、時間が有効に使えていない等から通信機材の扱いが部隊に入ってからモノにするといった事をやっているのだと思います。この辺り服務教育や小銃手入れを馬鹿みたいに繰り返すよりも現場において使える隊員を増やすには通信機材の扱いを習熟させた方が良いです。)
海外軍の話を聞くとやはり電波が通りずらい場所というのはあるので末端ユーザーたる通信兵はそれなりに機材の扱いを工夫するそうです。

あとフレームは外せます。
確か...前にも書いたのですが分解してバックパックに突っ込みます。(コードやらバッテリーやら本体やらでごちゃごちゃです。固定出来たりすれば良いんですが・・・)
個人的に申し上げるとしたら背嚢がクソです。
例えばですが背嚢の中に無線機を固定する場所があっても良いですし、なんならモールシステムのようにある程度外付けにして機材をバックパックを開けないでも触れるようにしてもよい。
通信手だって生活必需品を使うのですから器材とそれらがごちゃ混ぜはストレスです。
バッテリー交換にしても仮にモールシステムでバッテリーと端末の一部が露出出来るようにしていれば容易にできます。
市販の通信手用のバックパックの使い心地がどれだけ良いか。
是非とも通信手用のバックパックを開発して頂きたいです。

あと配線が汚いイメージが強いです。
生理的に汚いのではなくケーブルがごちゃごちゃしているのが個人的に無理です。

同時に背嚢から操作端末やインカムの線が伸びているのもうっとおしい。
パソコン関連でコード束ねないで尚且つそれらを携行している姿を想い浮かべてください。
想像するだけでもううっとおしいです。

https://news.militaryblog.jp/web/integrated-power-cables-for-Soldiers/In-modernization-push.html

こういったシステムがあれば、こういう細かいストレスは無くなります。
個人装具関して言えば人間工学や現場で使ってみてどうであるかを追求すべきです。
19190213
2020年07月15日 01:32
Suica割様
私は、MBAなり中小企業診断士と言った資格なり生産・システム工学や会計学なり専門性の高い学問の学位を納めないと天下りは認めない(尚且つ行き先は納めた学問に準じる)といった基準をもうけるべきだと思います。

こうすれば、多くの将官は退職後はメーカーに転籍できなくなりますし、努力する過程でマシな見識を納めることに繋がると思います。

一方でこうすれば多くの将官は企業ではなく法人や役所、官公庁に行こうとするはずです。
そこで思うのが佐クラス以下であればそれらは可能にして将はそれらを不可能にすれば良いとも思います。
実際に県庁の災害対策に携わり成果を上げておられる方もいらっしゃるので現場を良く知る(元)佐や(元)尉クラスがいることは必ずしも悪ではないと思う所です。
匿名希望
2020年07月15日 06:05
現場に対する裏切りですね。

あまりに使えないものだから、市販のトランシーバーを各自で自腹購入して使っている部隊もあるっていうのに。

トイレットペーパーなんてどうでもいいから、こういうところをしっかりすべき。
元土木
2020年07月15日 08:24
付属のタッチペンで叩いても反応しない動作性能、野外で使うと破損するケーブル端子部分、複雑怪奇な分厚いマニュアル
そして繋がらない、通話できない、感無し終わり。
更に車両用広多無は電気無駄に喰うので車のバッテリーがすぐ上がる・・・
欠陥品を使い続けるのが防衛省自衛隊らしいですね。
やれやれ
2020年07月15日 13:58
Suica割さん、
私も19190213さんとほぼ同意見です。
例えばですが装甲車にしろ戦車にしろ国内はおろか海外でも通用する乗り手、使い手、性能や問題点を熟知してしてメーカに直言できる人なら良いのですが、天下って美味しい思いをした上で糞兵器を防衛省に買わせるために汗するような人は御免被りたい。
普通に防衛とは無関係の企業に再就職で良いのではないでしょうか。

19190213さん、匿名希望さん、元土木さん、
コータムのレビュー?実態?ありがとうございます。

航空祭や駐屯地祭で特小無線機をよく見ますが、あれは自衛隊の
備品なんですよね?私物だったらちょっと泣けてくる。
駐屯地祭だと背中に無線機背負っている隊員もいますが、
遠距離通話でもないと余り使わないのかも知れませんけど。

海外のショーでは個人装備のカメラ、軍用スマホ、タブレット、バイタル情報を発信するデバイスが色々展示されていてエイリアン2の宇宙海兵隊の様な通信も、データ転送も、生体情報も隊長がモニターできるようなシステムがあり戦場でのデジタル通信と言うかネットワーク化が一層進みそうですが、コータムの状況を見聞きすると時代遅れ感がありますね。大丈夫なのでしょうか?と言う思いが湧いてきます。民生品の普通のスマホの方が実際は使えました!とかだと何だかなと思わなくもない。
19190213
2020年07月15日 18:15
やれやれ様
大体は特小無線機は部隊の物であって官品ではない場合が多いかと思います。
つまり隊員が皆でお金を出し合って購入した部隊の物品です。
一方で・・・他国軍(米軍は別として)でもこういった訓練費というような形で提供し合って購入するようなことはあるそうです。

雑多な任務に対しての無線機数というのは足りないんですよ。
ただ、別にコータムとか85とかを使う程でもないといった場面も非常に多いわけです..。
ですから部隊で特小を使うこと自体は決して悪ではないと思います。
Goodman80
2020年07月16日 13:28
国内の演習で使えない無線の代わりに、携帯を使用して楽勝したことが、どこかのサイトに載ってました。国内はNTT回線を使用すればデータ伝送は高速に行えます。海外であれば衛星を利用したデータサービスが有るので、それを使用すればいい。HF帯でデータ伝送なんて、戦前のLF帯の無線のレベル。自衛隊の大本営の方々の頭の中身もそのレベルなのでしょう。敗戦から何の教訓も学ばない、頭でっかちの無能集団。何の為の米国出張なのか。遊び過ぎで妙な病気を頭に感染しているんだろうな。
田舎者
2020年07月17日 02:18
数年前まで特省無線機を教育訓練費で購入出来ましたが、今では出来ません。
無線機が装備されているのだから、それを使えやってことらしいです。
そう考えると、新たなしがらみを作ることが仕事だと本気で考えている人たちは、特省を一切認めなくなるんでないかななんて恐れています。
Goodman80
2020年07月18日 13:20
陸自の装備する対空武器は、中SAM、短SAM、自走高射機関砲、近SAM、携帯SAMが有りますが、これらのレーダデータ等を上級部隊で収集し、状況を分析、判断の後、各員に対し、各個に指示しなければ、真面な対空戦闘は行えません。
個々に端末を渡し、それらと有機的なやりとりを行って初めて、展開部隊の対空的な安全が確保出来るのです。
これは、対戦車、対砲撃等に対しても同じです。これに対する装置は陸自も配備してますが、上級部隊程上等な設備な為、下級部隊はせいぜい中隊か小隊程度、演習すら真面に行えないでしょう。唯の高価な玩具です。
情報の伝達をVHF、UHFで行おうなんて時代遅れと言うより、全く無理。HFに関しては、キチガイ沙汰としか言いようが無い。
ブロガー(志望)
2020年07月19日 21:31
お邪魔します。
 歴史作家の井沢元彦氏が鎌倉幕府三代将軍実朝暗殺は東国武士の「総意」ではなかったかと書いていました。鎌倉幕府は朝廷に対抗して東国武士の権利を守るために作られましたが、三代将軍実朝は朝廷との協調路線を進めようとしたので、実朝を排除する事で協調路線を否定したと。自衛隊は「血と死と人の恨みに穢れた軍事なんかに関わりたくない。戦争大好きのアメリカにでもやらせておきたい。だけど(侵入した泥棒に恵んでもらった)貧乏長屋になるつもりはない。」の日本人がそれを実現するために作った「一見(素人目には)強そうに見えるが、実は(玄人目には)戦えない組織」です。おそらく河野大臣はそれを理解しておらず、(清谷様から見れば不十分でも)それなりに防衛・安全保障に役立つようにしようとしていると思われるので、実朝と同様に内閣改造を待たずに排除され、後釜には元法相のような「一大疑獄事件などではなくつまらない選挙違反とかで捕まる」レベルの人間が就任するかも知れません。
19190213
2020年07月20日 00:07
ブロガー様
意外と小心で人様の眼を気にする組織なんで河野さんの人気がある以上は安易に排除は出来ないと思います。
強きに従い迎合する気風は酷い言い方をすれば動物的な雄の倫理かもしれません。
あそこは、社内政治が巧くいけば居心地は良いが泥沼のような環境を提供してくれます。
私は義理とか人情は嫌いですが、彼らは良くも悪くもそれらを好き好みます。
心遣い一つしっかりやれば、酷いやり方で仕返しはないかとも考えられるものです。
山銅
2020年07月20日 21:07
特定の動作するとフリーズ起こしてまた電源入れ直さなきゃならないって欠陥もありますよ
やれやれ
2020年07月21日 10:14
山銅さん、
スマホ含めこの手のデバイスによくある現象ですね...
つまるところスマホより回線が細く切れやすい重くてかさばるだけの無線機と言うところでしょうか...
軍用無線という分野には使い方含めて疎いのですが、
昔ながらの音声通信だけの小型で簡易版とスマホと同等以上のデジタル通信用と分けた方が良いのでしょうか?
緊急事態に何度も再起動すると言うのも間抜けな話ですよね。
もっとしっかりバグ出ししないと。
スマホなどは操作も複雑なので新製品のバク出しの為に
百人以上も集めてスマホを1台づづ渡し、それぞれ別の操作確認マニュアルみたいな物を渡して操作が正しくできて機能する事や想定されるイジワル操作をして問題点が生じるかどうかと言うのを比較的短期間で一気に調べてバグを洗い出し修正の繰り返しっていう事をしているそうです。出荷してからはユーザーからのフィードバックですね。AndroidなどOSの根幹に関わるバグはGoogleに投げないと
直してくれないのでしょうけどアプリは自分たちで直すのでしょうね。

それにしても使用しているユーザーと言うか隊員からのフィードバックで修正って行われているのでしょうか。いくら評判が悪くても
地道に修正していけば多少は良くなるものだと思いますけど。
根本的に救いがたい代物でなければですが。