どうせ日本は属国なんだから、国防は米国に丸投げして自衛隊解体したら?

どうも我が国は戦後の占領時代からの刷り込みのせいか、思考停止でアメリカ様にも未定で媚びへつらうのが安全保障と思っているようです。
ですから自衛隊を機能させるための法整備も行わず、戦争ごっこの状態からも変わりません。国会にまともな安全保障の専門家もおらず、秘密会議すら開けない。
防衛省、自衛隊にはまともな安全保障政策の立案能力もない。情報収集分析もできない。
装備調達の当事者能力がなく、官邸はアメリカ様に揉み手で媚びへつらうために、トップダウンで防衛省に不要で高価な兵器調達を押し付ける。

まあ、控えめにみても昔のフィリピンみたいなもので、当事者能力が欠如しています。
いっそのこと自衛隊を解体して、例えば年間3兆円で防衛肩代わりしてもらったらいいんじゃないですか? 今の防衛費は買い物予算と化した補正予算ふくめて6兆円弱ですから、約3兆円が浮きます。そのうち2兆円を国の借金払いにあてて、1兆円を貧困対策とか、奨学金とか、研究開発とかに当てたほうがいいんじゃないでしょうかね?

河野大臣も米軍に占領され続けている横田空域は問題ないと会見で仰っていました。

防衛省自体は米国との調整のために残すにしても、500人もいればいいでしょう。であれば労働市場に25万人以上が投入できます。人口減少の我が国では得難い労働力です。

そして自衛隊がなくなれば、米国に海外派遣しろと言われなくて済みます。


無能に防衛任せるよりは遥かに国民にとっていでしょう。更に申せば、円をやめてドルを通貨にすればいい。少なくとも為替損益が激減するというメリットはあります。

どうせ属国なんだから開き直って、属国として生きているのもあり、じゃないですか?

以下は朝日新聞のわりと刺激的な記事です。

(日米安保の現在地 近未来の同盟)戦闘機、米圧力で共同開発へ 英との連携、阻まれた日本
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14504674.html?_requesturl=articles%2FDA3S14504674.html&pn=2


>「(日米)両国の企業同士が、日米政府の関与の下で協議することが妥当であるとの結論に至った」
>日本からは三菱重工など8社を、米側からボーイングなど3社の企業名をあげ、官民合同の「日米企業協議」を設け、開発の全体像と経費、スケジュールを協議したいと呼びかけた。
>防衛省関係者は「日米の協議は共同開発を確約するものではない」と予防線を張るが、文書は「日米」が固まったことを意味する。


>F2後継機をめぐり、防衛省内には、同盟国・米国ではなく、あえて英国と連携を模索すべきだとの声があがった。「F2戦闘機の開発で、米国に技術もカネも吸い取られたトラウマがあった」(防衛省幹部)


まあ、我が国の政府に外交能力があれば、先のFXでもアメリカ様と同じ戦闘機欲しいよう、とすり寄ったりはしなかったでしょう。戦闘機開発生産基盤を維持するという政策維持であればF-35Aの調達は論外で、ユーロファイター一択だったでしょう。
そうすれば当然、アメリカに対してもゴリ押しするとあれこれ他所から買うよ、いい?というメッセージになって、外交のカードが増えたはずです。ところがカードゲームやっているのに全部相手に見せてプレイしているようなものが我が国の外交です。

>F2後継で英国と連携を模索した理由を、防衛省幹部は「最終的に米国に協力を仰ぐにしても、まず英国と組んで開発を進めれば、米国に押さえ込まれずに済む」。そんな日英連携の動きを察知した米国は昨春から、すかさず巻き返しに動いた。
>「英国と組めば、日米でネットワークやシステムを連動させるインターオペラビリティー(相互運用性)が図れなくなる」「トランプ大統領の反感を買うぞ」


 米政府関係者や元高官らは政権幹部らに接触、こう吹き込んだ。官邸も「日米共同開発」に軸足を移し、政権幹部は「大事なのは日米同盟。米国以外と組むことはあり得ない」と語る。

アメリカ製買わないと相互運用できないなら英国もオーストラリアも相互運用が出来ていないことになります。NATO諸国もそうでしょう。こういう常識すら知らない芋掘り代議士のいかに多いことか。

(日米安保の現在地 近未来の同盟)米兵器「爆買い」、突き進む日本 購入額16倍超、米の不満かわす
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14504642.html?iref=pc_rensai_article_long_366_next

>トランプ氏は上機嫌だった。日本政府が、導入予定だったF35の42機に加え、半年前の閣議了解で105機の追加購入を決めたことをほめたたえ、こう語った。
>防衛計画大綱では戦闘機の保有機数を「約290」と規定する。戦闘機は通常、不具合に備え、特定の機種に偏らないよう、3~4機種保有する。ところが、将来はF35が5割超を占める。
>安倍政権がF35の大量購入に突き進むのは、トランプ氏が掲げる「バイ・アメリカン(米国製品を買おう)」に呼応した動きとみられている。政府関係者は「今後開発するF2後継機の枠をも狭める米国製F35の爆買いをする必要があったのか」と首をかしげる。


ただでさえもF-35導入で国産ミサイルなどの開発に止めをさされたようなものです。F-35に我が国独自の兵装は積めませんから、それが過半数になればミサイル開発なんできないのは子供にも分かる話です。


>FMSが増えればその分、日本国内の防衛産業が圧迫される。それでもなお、FMSに依存するのはなぜか。

>防衛省幹部は「日本周辺の安全保障環境が悪化する一方、日本の技術開発への投資は不十分で米国の最新鋭装備に頼らざるをえない」と言う。ただ、「費用対効果で疑問視されるものも少なくなく、導入決定は政治的要素が大きい」と認める。

これも防衛省幹部の不勉強です。はじめからアメリカに洗脳されています。防衛省、自衛隊のエリートは米国留学組が多い上に、実際に外国に赴いて情報収集したり、分析したりしません。外国=アメリカです。経済学者と同じメンタリティです。
10年ほど前でも技本の海外視察費は92万円でぼくの取材費より少なく、しかも過半数は退職前の偉い人の卒業旅行ですから、情報収集なんぞできるわけがない。出張費用からいえば清谷信一というヤクザなジャーナリストよりも劣っているということです(笑 そういう組織に専門性があるんでしょうか。ぼくがこれを問題にしてから視察費は増えましたが、それでも財務省を悪者にして出張を認めないケースも未だに多いようです。情報軽視がネイチャーの軍事組織は存在自体が悪であり、税金の無駄使いです。

だから防衛米軍に丸投げししろと言っているんです。

>オスプレイの陸上自衛隊への導入も、陸自幹部は「もともと我々から要求したわけではない。降ってわいた決定だ」と語る。輸送力は、既に保有するヘリコプターCH47Jの方が倍以上ある。オスプレイは運用も限定され、「使い勝手が悪い」(防衛省幹部)という。

>陸自に反対が根強い中、1機100億円近い高額の輸送機を導入した背景には、米軍普天間飛行場(沖縄県)への米海兵隊オスプレイ配備に対し、地元の反発を和らげる狙いも透ける。「オスプレイは安全と印象づけるため、官邸が陸自への導入の道筋を作った」と証言する防衛省幹部もいる。


当時の岩田陸幕長も上記の政治的な意味での導入ならば3~4機は仕方がないと思っていたようです。ところが蓋を開けたら17機です。調達予算3600億円は陸自ヘリ部隊の調達予算の約12年分、年間維持費170億円は陸自ヘリ部隊の維持運用費の3分の2を食います。どうなるかはこれまた子供でも分かる話です。
官邸の無茶振りを防衛官僚も制服組も人事での報復が怖くて断れなかった。メディアや野党もオスプレイの機能や費用対効果を指摘せずに欠陥機と鐘や太鼓叩いて騒いでいただけでした。

>秋田県への配備をめぐり迷走する陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」も中国や北朝鮮が開発・配備する新型ミサイルへの対応は困難とされ、費用対効果を疑問視する声が少なくない。
>費用対効果が悪いと知りながら、後戻りできない事情は何か。ある政府関係者は、(1)米国との契約を覆せば、日米関係に政治的な悪影響が出る(2)政治家や役所は『政府のやることは常に正しい』と主張したがり、決定を覆せば、当時の判断の妥当性が問われかねない、と打ち明ける。


だって安倍総統官邸の和泉補佐官らが本来なんの権限も無いのに暗躍して、アレな総理を煽てて、話を決めて、それに防衛省の内局官僚の一部が出世欲しさにつるんで戦わずに正門を開いちゃったわけです。ナチス末期と全く同じ。


>FMSでは、米国の装備の納入遅れや、過払い金の「未精算」が問題化しており、17年度の未納入が85件で349億円分、未精算は568件で1068億円にのぼるとし、改善を求めた。
>防衛省でも、無駄な事業を見直す仕組みを16年から導入した。大型装備の導入決定後も、廃棄までの「ライフサイクル」費用が見積もりより15%以上上回れば、「導入の見直し」を、25%以上なら中止も含めた「事業継続の必要性を検討する」と通達を出した。

>制度の手本になったのは米国の国防授権法のナン・マッカーディー条項。
>議会への報告や承認を義務付け、コスト管理を徹底させる考えだが、日本の制度にはこうした厳格さはない。


これは導入時に骨抜きになりました。陸自のUH-Xなんぞもその好例です。

>その形骸化が早くも露呈したのが、安倍政権が14年にFMS契約で米国からの導入を決めた無人偵察機グローバルホークだ。
>見積もりより一時23%のコストが上昇。制度導入後、「15%以上」を超えた初のケースとなった。20年度までに、約680億円超が計上された。

>防衛省内では「運用面でも、相手領土上空を偵察するのが基本設計なので自衛隊の使途には向かず、高高度すぎて海洋監視にも適さない」(幹部)と導入を疑問視する声も根強かった。
>17年夏には実務レベルで「取得価格が23%上昇している。コスト増のリスクがぬぐえない」「取得を中止する方向で官邸などと調整する」との内部文書までまとめていた。
>にもかかわらず、政府内で調整した結果、「安全保障上、必要不可欠な装備」と結論。事業継続を決めた経緯はわからぬままだ。


全く不要な装備です。対してオーストラリアはグローバルホークの海洋型のトライトンを導入しました。


アメリカ様のために空軍の調達が減ったグローバルホークを不要なんだけども買わせていただきました、みたいな話です。こんなのもはや独立国家じゃないでしょう。

>「通達を必ずしも守らなくていいという先例を残した」。今年4月の衆院安全保障委員会で、野党議員が追及したのに対し、河野太郎防衛相は「日米同盟の強化と地域の安定化に資する」などと答えるのみ。防衛省幹部は「事業継続は政治判断だった」と語るが、継続に至った経緯や議論は、定かではない。


何のための導入か意味不明、納税者不在のグローバルホーク。
https://kiyotani.at.webry.info/201807/article_10.html

>>DW(ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー)の7月4日号のAustralia to acquire six MQ-4C Traiton UAVs
という記事もあります。
オーストラリアは哨戒機、ポセイドンを補完するために、6機のトライトンを約5600億円で導入、戦力化します。これは同国のエアー7000というプログラム一つで、オーストラリアは19機のAP-3Cオライオンを12機のP-8Aポセインドンで更新します。オライオン2023年に全機リタイア予定です。ポセイドンは2,016年から調達が開始され、既に7機が調達されています。12機のポセインドンは2022年には完全戦力化される予定です。
>最初の機体と運用施設の建設には約1200億円が見込まれています。


>限られた防衛費の枠内での米国製武器への過度な依存は、日本の防衛産業を先細りさせ、新たな日本の先進技術の開発・投資も阻む。それがまた、米国製武器依存を高めるといった、悪循環を生みかねない。
>さらに日本の防衛政策の選択肢をも狭めかねない。防衛省幹部は「米政権から『中東に自衛隊を出せ。さもなければ、武器や部品を提供しない、武器を制御するソースコードも教えない』と言われかねない」と弊害を懸念する。

> 将来の脅威を見据え、どんな装備体系を築いていくか。日本の技術を発掘し、日本が研究開発につぎ込む予算と方法は適切か。装備選定の透明化や、国会や国民にも情報開示し、費用対効果を吟味する仕組みをつくらない限り、日本の財政を圧迫したあげく、政治に翻弄(ほんろう)された「いびつな装備体系」になりかねない。


仰ることはごもっともですが、その原因を作ったのは記者クラブでしょう。
他の媒体やフリーランス、特に我々のような専門記者を会見や取材機会から排除して、
軍事の知見もない記者を防衛省に常駐させて、当局と馴れ合ってきた。

新聞記者の多くは軍事の知識や勘所もないので、他国との比較もせずに。防衛省の言い分をそのまま書くか、情緒的は反政府、自衛隊記事を書いてきた。

国民も政治家もまともな情報を与えらずに、右も左も神学論争を繰り返してきた。

このような事態を変えたいのであれば朝日新聞は率先して記者クラブの開放、あるいは解体を進めるべきです


Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
 
陸自新小銃に多くの課題
https://japan-indepth.jp/?p=52127

防衛省、陸自の新小銃と新拳銃公開
https://japan-indepth.jp/?p=52014

19式自走榴弾砲を安価に調達する方法
https://japan-indepth.jp/?p=51931

日本に最先端戦闘機開発の能力無し
https://japan-indepth.jp/?p=51870


防衛大臣囲み取材は「三密」
https://japan-indepth.jp/?p=51726

European Security & Defence に以下の記事を寄稿しました。
https://euro-sd.com/2020/04/articles/exclusive/17070/bulldozer-contract-win-for-hitachi/


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

培養肉がこの先「有望」な食材になりうる事情
環境負荷や食料自給の観点からも期待集まる
https://toyokeizai.net/articles/-/342551

防衛記者クラブの「台所事情」何とも厳しい実態
不要不急の支出、財政破綻の危機を迎えていた
https://toyokeizai.net/articles/-/343696

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

偽陸士
2020年06月07日 20:15
清谷様。

防衛を米国に丸投げ。

それで良いかも知れません。

誰も真面目に政治を考えず、軍事も疾病対策も出鱈目。

投票にも行かず、行っても惰性で自民に投票する。

日本はアメリカの属国の道を進み、沖縄は独立して中国の冊封国に戻るのがベストなのでしょう。
Goodman80
2020年06月07日 20:23
戦前に国民を洗脳して、戦争に走らせた連中が無いを言ってるんだか?
日本は属国などと言うレベルでは無く、未だに米軍の占領下にあり、在日米軍は再占領の為に、存在している。日本政府は植民地政府に過ぎず、米国(米軍)の顔色を伺いながら政治を行っている。最も、誰が主であろうが役人達には、全く問題ないのだが。
白人は統治をおこなう場合、現地人の都合のいい連中を管理者に指名し、彼らに統治させる。統治に失敗すれば、恨まれるのは彼らであり、新しい統治者を指名すれば、白人は常に現地人民の解放者となり、支配は続く。
なので、現地人に恨まれることはしない。常に善意の提供者でいられる。現地人に銃口を向けるのは常に現地の軍隊でなければならない。米国は日本に貢がせればいいのであって、それが減らない限りにおいて、口は出さない。むしろ米軍と真面に戦えない方が望ましい。占領中の米軍のテリトリーが侵されない限り、彼らは動かないし、彼らの船舶を守る為の、海自の護衛艦は、彼らの弾除けに過ぎない、使い捨ての戦力。
防衛記者クラブは、戦前と同じ御用記者の集団に過ぎない。要するに、かわら版屋の御用聞きに過ぎず、新聞の部数が売れれば正義のでっち上げ記事など当たり前なのである。なので、場当たり的に注目される耳障りの言い記事を書ければ、噓八百など全く気にもしない。これは、防衛記者クラブに限った事ではなく、かわら版屋の本性なので、売れれば何でもいいのだ。彼らにマスメディアという隠れ蓑を与えたのは、全くの間違いなのである。
ブロガー(志望)
2020年06月07日 20:51
お邪魔します。
 最近歴史作家の井沢元彦氏が武士の政治を作った男源頼朝について語ったものを聞きました。平安時代中期以降当時の支配者であった貴族階級が血と死と人の恨みに穢れた軍事を蔑視して放棄し、その結果地方が無政府状態に陥りました。そこで自衛のために生まれた武装勢力が武士団で、その武士団を平氏のような(娘を天皇に嫁がせ、その子を天皇にするといった)貴族の後追いでない形で政治に組み込む事に成功したのが源頼朝です。
ここからは私の考えです。その後江戸時代に武士の政治は完成されましたが、それは同時に武士の貴族化をもたらしました。だからこそ幕末には武士階層出身でない奇兵隊や新選組が出てきたのです。明治以降欧州列強に対抗するため徴兵制で国民皆兵にしましたが、先の大戦の挫折及び戦後の高度成長で一億総平安貴族になってしまったのが今の日本ではないかと思われます。客観的な状況を見れば「いっそ米国の属国である事を認めれば」であっても、事実と論理が無く心情と空気と目先の人間関係しか無い日本人はその状況を直視すらしないでしょう(感覚や価値観が異なるアメリカに組み込まれる事自体が耐えられないため)。人口減少の結果として移民が増えていくでしょうが、専ら目先の人間関係で秩序を作ってきた日本人は移民やその子孫を自分達の中に組み込む事はできないでしょう。そして平安中期以降の武士団のように、移民やその子孫が日本人化する事無く日本の政治を動かすようになるでしょう。「まともな」防衛論議はそれから始まるのではないかと思ったりもします。千年以上国無しでアイデンティティを保ち続けたユダヤ人と違い、日系人は三世四世になると急速に同化するそうですから、昔からの日本人は移民やその子孫達に同化していくのでは。
通りすがりの名無し
2020年06月07日 23:56
あーあ清谷氏もここまで来てしまいましたか。さすがに賛同しかねます。属国とはいえ、米軍が日本を守るなんて確証はどこにもないし、むしろ見捨てる可能性すらあると言うのに。確かに自衛隊の武器調達などはひどいですが、この発言は中国に屈しろとか言った数谷氏以上にひどいものですね。
通りすがりの名無し
2020年06月08日 00:02
偽陸士さん
私が一度やけになって占領されればいいって言ったときに、そんなのごめんだとおっしゃったのはあなたじゃないですか。
なのに清谷氏の言っていることは、絶対的に正しくて鵜呑みにすると?沖縄は独立しろ?シーレーンはどうするんですか。本気に言ってんですか?
通りすがりの名無し
2020年06月08日 00:06
清谷氏、本気に言っているんですか?
極左とか言われても文句いえませよさすがに。
やれやれ
2020年06月08日 00:23
私が個人的に米国の51州目にでもなればと言うのも
同じような理由です。特に安倍政権、トランプ政権になってポチが加速し今や駄犬のような気がします。
なにもトランプの顔色伺いながらここまで謙る必要は無かった。同盟をぞんざい(トランプからしたら同盟国に食い物にされたと言うでしょうが)にするのが怖かったんでしょうがだからと言って弱体化を加速させる無駄な買い物で誤魔化すのは違うと思います。

「仰ることはごもっともですが、その原因を作ったのは記者クラブでしょう。」
その通りですね。朝日もこれだけの記事がかけるなら防衛省のおかしさもよく分かるでしょうに。記者会見で徹底的にとっちめれば少しは変わったかも知れませんが仲間はずれになって大本営発表を聞けないのが嫌なんでしょうね(呆)。どうせ大本営発表なんだから記者会見で聞かなくても発表資料だけで良いのでは?

新型コロナのお陰で開発費が捻出できるとは思えないのでそれを口実にF3とイージスアショアを葬って欲しいものです。
無い袖は振れないと言えば理解は示してくれるでしょう。
米国だって他人事じゃないのだから。

トライトンについてですがグローバルホークを買った後にトライトンに変えさせてくれって契約変更できないものかとも思ったのですが操作にポセイドンが必須ならポセイドンも必要になりP1の存在意義が失われる...
自己否定が大嫌いだからP1は捨てないでしょうから地上からトライトンを操作する方法が無ければ結局ダメかな。
見た目が同じだから(グロホの派生機種ですから)センサーやカメラが違うのか?と思いますが同じ様に使えれば有効活用できる方法があるのかどうか。
酷使様はこれで北朝鮮と中国を偵察できるぜ位にしか思って無さそうですが。それと同じグロホでも無駄に古いモデルを大枚叩いて買ったんですよね。AH64Dと同じ匂いしかしませんが...色々救いがたい。
やれやれ
2020年06月08日 00:50
パイロット養成機、不足続く=ブルーインパルスにも影響―空自
https://trafficnews.jp/post/96965
正しい判断だと思いますが...それにしてもIHIのやらかしは不安材料ですね。40年使う設計が20年少々でこれでは。
たかが練習機のエンジンでこれですからXF9の信頼性も品質も長期的には信用できない代物ですな。何事も証明するのは実績ですよ。

19190213
2020年06月08日 01:03
言いたかないけども、もう米国になった方が幸せなのは事実かもしれません。
誠に悲しいですけども。
TEE
2020年06月08日 08:41
昔はイラスト、現在は衛星画像・・・CIA日本支局長が官邸に持参して見せるたった1枚から数枚のデーターと説明だけで防衛政策が決定したり変更される。某作家氏の著書に書かれていましたが、実際そんなものなのでしょうね。であれば、無駄な金を使い自国での装備開発をせずに、現場のニーズに合った装備品を購入するなり、ライセンス生産あるいは共同開発に完全シフトするのがベストだと思います。いくら自衛隊が装備や訓練を自慢しても欧米には追い付けず、アジアでも馬鹿にされ、「訓練のための訓練」しか出来ない陸上自衛隊では、この様に言われても本来であれば反論出来ないはずですが、官邸や防衛省は意味の無い根拠を基に反論するんでしょうね。機動戦闘車やFV等の国産装備品を全て不要決定にして、ストライカーを1個旅団分一括購入して北部方面隊から順に全て旅団化した方がいいんじゃないかな?と思います。『存在しているだけでいい組織から行動して評価される組織になった。』自己評価はそうですし、そう思っている隊員(特に幹部)が大半でしょうが、もしもの時に何の補償も無い、本当に戦えるか?疑問符の付く装備品を押し付けられていると感じている隊員にとってはありがた迷惑です。流石に米軍に丸投げはそれこそ米国側の思うつぼですので、せめて自国の防衛は自国の組織でと思います。なので、いつも言っていますが本当に役に立つ組織・政策をしてもらいたいと思います。尚、防衛政策については防衛官僚や各幕に任せるより、国民からコンペ方式で広く集めた方がマシな案が出るんじゃないかとも思います。まあ、お花畑な意見で埋め尽くされるので、それも危険ですが、防衛官僚よりまともな考えを持っている現場の意見が反映されるようになればとは思っています。
偽陸士
2020年06月08日 10:33
通りすがりの名無し様。

諫言耳が痛い。

偽陸士
2020年06月08日 10:44
通りすがりの名無し様。

他国の属国となり軍事丸投げでは、いつ切り捨てられてもおかしくは無いのも事実。

ただこの国の有権者に真剣さをどう持たせるのか。

酷使は酷使でとんでもない方向に走るし。

いいアイデアは無いものか。

19190213
2020年06月08日 10:58
通りすがりの名無し様
弁証法のアンチテーゼだと思いますよ。

尤ももし本心だとしても人は間違える生き物ですし全てが正しいわけじゃない上に自分と他人は別の生き物で意見や思想を完全に統合なんて出来ないもんです。
見習う所だけ見習えば良いんです。
要らない所は要らないと判断すれば良いんです。
通りすがりの名無し
2020年06月08日 11:14
19190123さん
本気で言ってんですか?
キヨタニ
2020年06月08日 11:17
こういうことかくと本気にする人がかならず出てくるんだよねえ。
そんなことできるわけがないじゃないですか。

こういう話をすると現実の問題が浮かびかがる、どれだけひどいか、が理解できるから書いているんだけどねえ。
Suica割
2020年06月08日 11:27
日本国政府がキャンプにフェラーリ乗ってきたりとか、野菜の収穫にダンプカー持ってくる馬鹿だから、こういう言い方になるのでしょう。

買い手が馬鹿だと、売り手も横暴になります。
そのうち売り手も馬鹿になるのでしょうね。
今は国内メーカーだけだけど、そのうちアメリカメーカーにも、その毒が回りそうです。
19190213
2020年06月08日 12:26
通りすがりの名無し様

清谷様と違って私は半分本気ですよ。
それだけ焦ってますよ。
失われた20年そして安倍さんがこれだけ予算を用いても成功しなかったアベノミクス。
正直な所、もう日本人という括りで世の中を見れる程に甘くないのが実情だと思いますよ。
勿論元は国家の犬ですしかなりこの国にはかなり愛着がある。
ですが、将来的に考えて子々孫々が繁栄できるかと天秤に掛けると悲しい現実が見えてきます。
決して国を売りたいとかそんな話ではなくて頭の固い年寄り共をぶっ飛ばしてもっとシステマティックな社会になって欲しいとも思うのですよ。
かつて明治の御一新の時のような変革が欲しいとも思っているのです。(革命したいとかそんな危険な話ではないです。)
通りすがりの名無し
2020年06月08日 13:35
清谷氏
すいませんねえ冗談や例えが通用しない人間で
偽陸士
2020年06月08日 15:17
通りすがりの名無しさん。

清谷様は冗談で19190213様は半分でしたが、自分は本気です。

このまま逝くと国家が滅亡するどころか、民族が絶滅しかねないからです。

それなら属国でも日本人が絶滅するよりましかなと考えた次第です。
やれやれ
2020年06月08日 15:38
19190213さん、
まだ何かしらの希望をお持ちなようで。
私は安倍が総理に付いたときからずっと絶望していますよ。
アベノミクスはうまく行かないだろうと思ったらやはり失敗しました(政権やリフレ派の経済学者はけして認めないでしょうが)。
税金を無駄に投入しただけで経済回復していません。未来への投資は結局殆どありませんでした。復興事業、オリンピック含め箱物ばかりです。大学の専門学校化とか愚かな事は行うし大学には金を出さず研究費も少ないまま。お友達には手厚い保護。トランプの言いなりでろくでもない兵器ばかり無断で買ってくる。予想よりもっと酷かった。それに少子化が問題なのに少子化対策が一向にすすまず出生率は落ちる一方。なのに老人は毎年増え続けている...
これでは税収は上がりません。無駄遣いも多いし国債の償還費も多い。実質国家予算60兆円の国ですよ。そのうちの6兆円もつぎ込んで自衛隊はこの体たらく。泣けてきますよ。どっかでリセットしないと衰退から逃れるのは無理でしょうね。リセットといっても軍事革命ではありませんがせめて国会議員、国会運営、すべての役所をせめて中小企業並みに運営する能力を保持する所からなんとかしないと議員の好き勝手が横行しているようでは先がありません。
もう手遅れ気味なのは分かっていますがそれでも不正や不明瞭な意思決定を排除しないと無駄遣いばかりしている放蕩息子じゃなかった老人を養う貧乏息子と言う構図は変わらないと思います。
せいぜいきっかけ程度にしかならないと思いますが、証拠に基づいた運営とコスパを考慮した政策を行わないとどうしようもないと思いますよ。下手すりゃその前にデフォルトが起こって国際金融からの信用を失うか、デフォルト回避して1億総貧乏になるか、そんな時代がそろそろ来そうな気がしています。
あと大地震の予兆みたいな地震や異臭が出ていますのでコロナ禍とあわせ技で来られるとそれこそ致命傷になる可能性が高いと思います。
明るい未来が見えません。
通りすがりの名無し
2020年06月08日 16:15
偽陸士さん
がっかりしました。

やれやれさん
ならもう諦めるべきなんですかね?むしろ自分や清谷氏や19190123さんみたいに希望抱く連中全員バカとでも?
aaa
2020年06月08日 18:06
そうだけど、そう言う現状に甘んじてるから、自衛隊は米軍の属軍としているわけでしょう。

そしてその問題点を理解できないジャーナリストや政治家、官僚たち、知識人たち、ということでしょう。

身の回りのことにはやたらにこだわるけど、それ以外のことには興味も示さない国民たちということでしょう。


こういうのには全滅が待ってるだけですけどね。
Goodman80
2020年06月08日 18:07
どうせ、日本という国は討幕の為に成り上がりの志士達のでっち上げですから、日本政府などと言うものが、米国になっても一般庶民には関係ないのですが、米国にはそんな気は全くないでしょう。
元々、対ソ連用前線基地として米軍基地を置いているだけの場所で、ソ連が勝手にコケて、それが中国になっただけ。自衛隊など、自分たちの弾除けぐらいにしか考えていない。日米地位協定を読めば、米軍がご主人様であることは、誰の目にでも判ることです。彼らに取ってみれば、使い捨ての土地に過ぎず、米国の州になるなどおこがましい行為でしょう。WASPの連中から見れば、日本人など猿以下のシロアリ程度の下級生物に過ぎない。(「宇宙の戦士」に出てくる昆虫みたいな生き物は、硫黄島の日本兵がモデル)
まあ、彼らにしてみれば、日本人という生き物は、踏み殺しても、靴が汚れたということだけなわけです。
よって、日本政府にとおて米国大統領となれば、神にも等しい存在であり、彼らが存在し続ける為には、忠実な僕として使え続ける必要が有る訳です。
aaa
2020年06月08日 18:08
自衛隊を、警察予備隊として作れという命令を出したのもGHQだし。


いろいろな証言を見ると、朝鮮戦争で、そういう兵を投入するために、そう言う命令を出したということですしね。

当時の政治家は、そこは抵抗したと。

いまの坊ちゃん臭きつい政治家たちは、だめですけどね。
aaa
2020年06月08日 18:12
逆にそういう属軍に抵抗して、主張を繰り返す自衛官や政治家はパージしてきたというのが、今までの体質では?


それを評価する知識人、市井たちと。
2020年06月08日 20:37
通りすがりの名無しさん、
個人的に現在の状況に希望を持てないので絶望しているだけで他の人の希望を否定しているわけではありませんが。

それに希望があるとしたら米国が黒船よろしく51番めの
州にしてくれれば日本の昭和的ろくでもない政治や役人の
不正、文書管理の徹底をしてくれるでしょうね。
レベルがアメリカ並みには進化すると思います。
彼の国は自分に都合の悪い文書や証拠であってもいつの日か
公開してくれますからね。どうでもいいレベルなら直ぐに閲覧できるようですし。膨大な書類の山から探し出すのは骨が折れるかも知れませんけどシュレッダーで捨てたよりマシですよ。希望と言うかもう一つの願望はせいぜいその程度でしょうか。先に書いた願望はまあ自民政権ではまず無理で余程政治改革に熱心な政権でもなければ安倍隠蔽内閣を踏襲するでしょう。何より政治家が悪さをするにはもってこいの悪い見本ですから、多分絵に描いた餅が食えるようになるまで望み薄でしょう。黒船が来ない限り日本は変われませんよ。
新型コロナで目覚めた国民が改革の黒船にでもなれば良いのですが、こちらも望み薄ですかね。
やれやれ
2020年06月08日 20:37
しまった、名前を入れ忘れました。
19190213
2020年06月08日 21:13
通りすがりの名無し様
例えばですが、自分がやっている競技や好きな趣味が先行きが暗かったとしても自身が手を抜いて良い理由になるでしょうか?
私はならないと思います。
私自身かつて組織に失望していた時期があってその間はベストでなくても良いやベターでいいでしょと手を抜いていました。
しかし、その結果は良い物ではなかったです。
悪い側面と良い側面それらは混在していますし長所の裏側が短所だったりもします。
自身の手を抜く理由を他責に求めるのは自身の人生を棄損しているのと同等です。

それと同じように希望を棄てるというのは戦うのを諦める事に繋がりかねません。
ですから、恐らく厳しくなっていく環境に適応するためにもご自身は勉学や体力練成に励み戦力を涵養されるのが良いかと思います。
私の学生時代と違ってネットを探せばいい教材も師も見つかります。

良い所や希望というのは見つからないなら自分で探していくべきなんですよ。
それがか細い光であるならばその場所に立てるだけの準備を為せればいいと思います。
まだお若いのですから戦える戦場を見つけて将来長きにわたって活躍されることを祈念します。
二重燭台
2020年06月08日 21:32
日本民族が滅びることはないね。北朝鮮の連中かアフリカの貧乏独裁国みたいになる程度。

即死じゃなくて半殺し状態ね。
濡れネズミ
2020年06月08日 23:00
中隊員の多くが防弾チョッキを着用する演習に反対で、車両向けの増加装甲、新型無線機導入に反対する上層部と言うステキな職場だったので「なんも言えねー」状態です。

中共がインド国境に展開して、ギリシャ(サムおじさんからブラッドレーとガーディアンという太っ腹なプレゼントを貰ってましたね)、エジプト軍が4回もやった中東戦争と真逆にリビアへの軍事介入を目指して準備している状況です。

こんな情勢で呑気に騒いでるのが将棋界とシカだった先週を思い起こすと正直なところ全く信用できないのです。
お高く止まった皆様が大好きなアンティファはテロ組織認定されそうですし。

精神論大好きな古き良き侍よりもまだ、混乱しているとは言え気前の良いサムおじさんの方が素晴らしいプレゼントを買ってくれそうなので彼らの側に着く方がマシだと思います。
ご立派な遵法精神のプライドの果てがラダック地区やスプラトリー諸島、北方領土や竹島、対馬への軍事侵攻なら何の意味があるのでしょうか。
通りすがりの名無し
2020年06月09日 00:24
やれやれさん
結局日本は解体、他国と併合すべきじゃないと気がすまないんですね。もういいです。結局あなた方が正しいです。どーせ我々日本人はバカですから併合されてアイデンティティー侵されようが差別迫害されようがヘラヘラしておしまい。希望抱く私も清谷氏も正そうとする野党もみーんなバカなんですから。
やれやれ
2020年06月09日 07:42
通りすがりの名無しさん、
どうしてそう考えるのかよく分かりませんが、
現実には51州目にはならないだろうし独自に政治改革改革もできないでしょう。現状からは少子高齢化が進み、中長期的には経済は衰退し、税収は下がり国債は積み上がりどんどん衰退は加速するでしょう。それだけですよ。
まあこれ以上議論しても結論がすぐに出るわけでも無いのでこの件はこの辺で。結果は数年後~数十年後には分かるかも知れませんが、その日が来るまで待ちましょう。

自分の願いを叶える手っ取り早い方法は自ら国会議員~首相になるか、願いを叶えてくれそうな人を担ぎ上げるかです。
何もしないとなるようにしかなりません。
KU
2020年06月09日 08:00
オスプレイも イージスアショアも、まるで止める気配なしorz。挙げ句にアレな総理の機嫌を損ねることだけを避けるために血税を無駄遣いですか...。早いとこ、アレな総理には1日も早く退陣していただきたいものですが。


>内閣支持率が急落、浮上する秋のコロナ解散説

http://toyokeizai.net/articles/-/355268?display=b

これでアレ総理の退陣に繋がれば一番、良いですが、野党も当てにならないしなあ。
スタッドレスタイヤ
2020年06月09日 18:46
「血の同盟」が聞いて呆れますよね。
向こうは「同盟」だなんてカケラも思っちゃいないのに(笑)
ドモドモ
2020年06月10日 21:03
ドモドモです

ユーロファイターは、個人的には、無い部類で、アメリカとしても無いでしょう。でなければ、一次大戦後に日英の離反工作はしなかったでしょう。
なので、個人的には、重邀撃機としてイーグル(2?改?)を120機。前線邀撃機としてグリペン240機。偵察戦果判定機としてF35を60機程の体制がよろしいかと。

横田空域については、日本人が外交セクターの軍事についての理解が出来なければ、開放されないでしょう。

沖縄のついても、主要基地が”国連軍指定基地”である以上、指定解除をしないと、下手をすると敵国条項で対処されますが、日本人は脳無しなので、朝鮮国連軍に交渉ではなくアメリカ・国連にゲバデモ繰り出す可能性が高いので、政府としても発表も交渉も出来ないでしょう。

私も含めて、日本人は、国と云う物と、執政学についての学習を、他国が一定の評価になるまで行わなければならないでしょう。

ドモドモ
2020年06月10日 21:18
ドモドモです

そういえば、防衛省で主様に聞いてもらいたかったんですが、
グローバルホークは、大ざっぱに言えば、陸上を監視する機材なので、其れしか無いならまだしも、トライトンが
あるのは中国・ロシア共々知ってる訳なのにこれをチョイスするって事は、大陸監視するのか?と不信感もたれてもよいと考えてるのですか?
トライトンなら両国の首相が両国の国民に対し「あれは海を監視する機材だから、漁船は兎も角、陸上の安全は守られている」。って声明も出せますが?