夜郎自大な戦闘機開発で夢をふくらませるのは危険。

そもそも防衛省には当事者能力がありません。FXのときも国産生産基盤をどうするのかきちんとした構想がありませんでした。42機の調達でライセンスするなんてコストから考えれば無理な話です。しかもできもしないF-22が欲しいといってみたりして時間を空費して、その間にF-2の生産は終わってしまいました。
結果としてF35を導入して戦闘機生産ラインを廃棄してしまいました。こんな腰の定まらない胡乱な連中に付きあっていられないと、住友電工やダイセルといった有力ベンダーも戦闘機、防衛から撤退しています。

そしてその後はF-35の調達をB型含めて140機以上にした。これで空自の戦闘機の半分以上はF-35で、これらは国産の搭載兵器を詰めない。積むならば米国の許可がいるわけです。F-35のサプライチェーンは複雑であり、我が国の劣悪な交渉能力では無理でしょう。
そうであれば国産ミサイルなどの搭載兵器の調達を続ければ調達数は今の4割程度まで下がります。ただでさえもろくに試験しなくても割高な国産搭載兵器を開発、調達できるわけはありません。

次期戦闘機、多難な道のり=技術・費用課題、日本主導どこまで
https://trafficnews.jp/post/96057



>「日本主導」は、自身のタイミングで改修や整備を可能にするメリットがある。F2開発では、日本はエンジンなど重要構成品の技術を持たず、日米貿易摩擦のあおりもあって米国主導の開発を余儀なくされた。米側からは設計上の機密情報が開示されず、改修や整備に苦労した。
>F2の苦い経験を踏まえ、次期戦闘機は基幹システムやエンジン、レーダーなど主要部の国産化を目指す。


そうであれば米国をパートナーとするのははじめから除外しなければなりませんが、
政治家、防衛省も米国から協力してもらって情報も開示してもらえると信じている。
まるで情弱な軍オタと同じレベルです。

>「米国の下請けはしない」(防衛省幹部)と拒否。
貴方にそんな能力はないでしょう。それに首相官邸は和泉首相補佐官らはじめとして、米国の歓心を買うために米国が儲かれば、自衛隊を弱体化させてもいいと思っているから尚更です。

>空自関係者は「どこまで米企業が持つ核心技術の情報開示を得られるかや、米製部品の適時供給が担保できるかが今後の焦点」と指摘する。

未だにこんな寝言を言っているなんてお花畑もいいところです。米国が核心技術を渡すわけがないでしょう。

>「1機200億円超」とされる費用も課題だ。国産にこだわれば、国内産業の技術基盤を維持できる半面、費用が膨らむのは必至。コスト削減のため、政府は新戦闘機を開発中の英国と技術協力に向けた協議を続けている。


最大でもF-2とどっこいどっこいの100機しか生産しないならば、200億ではすまないでしょう。F-2だって100億円超えたのですから。
空自のUH-Xは当初の予定の23・75億円から50億円です。官製談合やっていないならば、空幕は調達の当事者能力に根幹的な欠陥があるとういうことです。このような組織が200億といっているならば400億円ということも十分ありえます。結果半分も調達できずに中途半端に調達して予算と資源の無駄使いになるでしょう。でも誰も責任もとならない。

量産効果を出すならば、せめて150機は必要です。ですが戦闘機の定数を考えればそれは無理です。
無理に作れば米国から核心部分はブラックボックスを強要されて、値段は1機300億円、しかもF-35のデッドコピーというような代物になるでしょう。

そもそも我が国にまともな戦闘機を開発する能力はありません。ここの要素技術では優れたものがありますが、戦闘機というシステムは無理です。そのための情報収集もしてことなかったし、ノウハウもない。なんとなく見た目がそれらしいものを作れるだけです。

しかも秘密主義も問題です。F-2のレーダーに不具合があったわけですが空幕は「何の問題もない」と大本営発表を続けていました。その後に調達数を削減しました。F-2が駄目な戦闘機だったという証左です。
そのようなネガティブな情報を納税者に開示せず、官は誤りを犯さずという尊大な態度をが習いグセになっていますから、誰も責任を取らず、何度でも同じ過ちを繰り返すことになります。

他所様に売れる機体を作るがどのくらい難しいかはMRJ(現スペースジェット)を見ればわかるでしょう。それで理解できないならば当事者意識がないということです。

ぼくは本当に国内の開発・生産基盤を維持したいならば、米国以外のパートナーとの共同開発をするべきだと思います。

どうしても主導して国産をやりたいならば高い性能は求めず、米空軍のレッドホークのような練習機を採用し、それをもとに軽戦闘機を開発すべきだと思います。そうすれば練習機、戦闘機合わせて200機以上は生産が確保でき、調達単価も下がるでしょう。

現在の方針で戦闘機を開発するならば、ドブに金を捨てることになって、航空自衛隊を弱体化させるだけです


Japan In Depthに以下の記事を寄稿しました。

【NEW】防衛大臣囲み取材は「三密」
https://japan-indepth.jp/?p=51726


軽装甲車の防御力強化策のトレンド
https://japan-indepth.jp/?p=51500

現代の主力戦車の進化は限界 前編
https://japan-indepth.jp/?p=51241

現代の主力戦車の進化は限界 後編
https://japan-indepth.jp/?p=51261


European Security & Defence に以下の記事を寄稿しました。
https://euro-sd.com/2020/04/articles/exclusive/17070/bulldozer-contract-win-for-hitachi/


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

培養肉がこの先「有望」な食材になりうる事情
環境負荷や食料自給の観点からも期待集まる
https://toyokeizai.net/articles/-/342551
防衛記者クラブの「台所事情」何とも厳しい実態
不要不急の支出、財政破綻の危機を迎えていた
https://toyokeizai.net/articles/-/343696

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Suica割
2020年05月05日 12:57
日本の防衛関係者と防衛産業の大きな問題は、出来たらいいな。あったらいいな。とできました。の間に大きな溝があることを理解していない事ですね。
実現したいという願望と実現したという結果をごちゃ混ぜにしてるのではないでしょうか?
防衛省の中の人「アメリカの核心技術を入手して強い戦闘機を作る。」
清谷氏「そんな大事な飯の種渡すわけないわ。」
これだけ認識が異なるということは覚えておくべきですね。
typhoon
2020年05月05日 13:27
清谷様

僭越ながら…レッドアローズは英国空軍ですので、ご訂正いただいた方が宜しいかと思います。
なお、このコメント消して頂いて結構です。
通りすがりの名無し
2020年05月05日 13:48
まあ防衛省もアレですが、アメリカも機密部分を公開しないなんて意地が悪いというか。情報保全体制がガバガバとか言われているからとか機密部分を公開しないんじゃないかと言われていますが、よくわかりません。
個人的には、ダッソーかサーブですかね。
で、国産ミサイル搭載可能かつ対ゲリラ戦法の対地攻撃もできる戦闘機を共同開発と言ったことですかね
キヨタニ
2020年05月05日 14:19
ご指摘ありがとうござます。
レッドホークでした訂正します。

>typhoonさん
>
>清谷様
>
>僭越ながら…レッドアローズは英国空軍ですので、ご訂正いただいた方が宜しいかと思います。
>なお、このコメント消して頂いて結構です。
通りすがりの名無し
2020年05月05日 14:25
あと戦闘機とは関係ありませんが、「にじ魂」っていう、反出生主義というサイトあるのですが、その管理人は
・海軍は役に立たない。ミサイルの的になるだけ
・日本は韓国にすら勝てない。理由ら日韓演習でいつも韓国に負けている、韓国は弾道ミサイルや巡航ミサイル所有、日本は韓国に比べ判断力や指揮能力が悪い
・中国には勝てない。尖閣諸島防衛は無駄。尖閣諸島を中国に明け渡して戦争回避
・植民地支配されるのも悪くない
だそうです。もはや破滅的過ぎて聞くのもいやになりますが、対地ミサイル持ってないだけ不利なのは確かかと。やはり中国韓国には勝てない、ある程度被害を減らすことしかできないかと。日本は
偽陸士
2020年05月05日 15:03
この何度も同じ失敗を繰り返す学ばない人達。
旧日本陸海軍と同じメンタリティー。

そんな人達が予算をぶん取り消化する権限が有るのですから堪りません。

戦前の日本も莫大な国費を投じて軍備を整え、国民も強く支持した。

やはり読み書きソロバンばかりでは自身で考える力は身に付かない様で、これも文科省の狙いどうりかと。

國守・シバ様の仰るとうり、読書の習慣は必須ですね。
やれやれ
2020年05月05日 16:58
「そもそも防衛省には当事者がありません。」
なんか日本語が変ですね。当事者がいませんか当事者意識がありませんでしょう。

「こんな腰の定まらない胡乱な連中に付きあっていられないと、住友電工やダイセルといった有力ベンダーも戦闘機、防衛から撤退しています。」
気持ちはよく分かります。それにしてもコマツもそうですが何処かに売却とかしないんですかね?買い手も0円でもいらね、不良資産増やすな位のものかもしれませんが、もっと早く売り飛ばしておけばと思わなくもない。
自粛要請もそうでが、金は出さないが維持だけはしてくれだと国粋主義者でもいい加減逃げ出すでしょうね。愛国心じゃ飯は食えません。金も出してくれないと自粛しきれないのと一緒。我慢の限界を超えたら...破滅に向かうわけです。

「積むならば米国の許可がいるわけです。
F-35のサプライチェーンは複雑であり、我が国の劣悪な交渉能力では無理でしょう。」
許可と言うのかなんと言うか国産ミサイルを運用するためのプログラムですよね。スマホアプリを追加するような簡単さでは無いでしょうからお手軽にはできないしそもそもウェポンベイに入ってランチャーに装着できる形でないと運用以前の問題。まあステルス性を捨ててパイロンをくっつけて引用すればいいんでしょうけど。実際どのようなデータが必要か分かりませんがプログラムの修正は大変でしょうね。たかだか米国製ミサイルと機関砲を運用できるようになるブロック3Fにアップデートするまで相当時間がかかりましたからね。
常識的に考えてLMは日本の与太話には付き合えないでしょう。LMが日本語で冗談はよし子ちゃんっていいかねない。
現実的にはF35の兵装は国産を排除して輸入にするべきでしょうね。機関砲弾位は大丈夫...かな。

「政治家、防衛省も米国から協力してもらって情報も開示してもらえると信じている。」
お金払えば(払う気無さそう)教えてもらえると思っているのでしょうか。そうだとすればお目出度すぎますね。

「日本側は「米国の下請けはしない」(防衛省幹部)と拒否。日米は近く官民合同部会を設置し、構想の具体化に取り組む。」
大笑いですね。まずアメリカから相手にされませんよ。米国からはうちらの言うことを聞いたらてつだってやってもいいよって言われて終了でしょう。仰るように最初から米国と手を組むんなら拒否権は米国側にありますからね。

「空自関係者は「どこまで米企業が持つ核心技術の情報開示を得られるかや、米製部品の適時供給が担保できるかが今後の焦点」と指摘する。」
激しく笑った。つまり日本には何の重要な技術も製造技術も持っていないと自白したようなもの。
部品のライセンス(費用はは別として)生産をさせてくれるかどうかも不透明。

F2を基準に考えると3~400億でも不思議ではないですね。

私もレッドホーク等のライセンス生産で良いと思いますよ。
それとも日本版の経国(台湾)や金鷲(韓国)みたいな独自っぽい軽戦闘機&練習機とか。
私は新型コロナのお陰で防衛省のゴミ戦闘機を新規開発する余裕は無いと見ています。下手すりゃ中古のF16のブロック50位でお茶を濁すか三沢のF16をそのまま買い取るとかそれくらい考えた方がいいかもしれません。
偽陸士
2020年05月05日 17:06
通りすがりの名無し様。

処方箋です。


・海軍は役に立たない。ミサイルの的になるだけ

銃刀法撤廃で海上民兵を主体にする。
護衛艦はRWSを多く載せてハリネズミに。
特設空母の準備とF35BとAW101AEWの調達。
臨時滑走路とLIFT機、Coin機の整備。
一部のCoin機は水上機とする。
オスプレイとF35Aはキャンセル。


・日本は韓国にすら勝てない。理由ら日韓演習でいつも韓国に負けている、韓国は弾道ミサイルや巡航ミサイル所有、日本は韓国に比べ判断力や指揮能力が悪い

陸の弾道ミサイルは金が掛かります。
SLBM搭載の潜水艦を3隻揃えましょう。
イージスアショアはキャンセルです。
判断が遅い防大は縮小して久留米を拡充するか、曹クラスを一般大に送る。
任期を勤めた士には大型免許の他希望するならパイロットコースかIT専門教育も用意する。


・中国には勝てない。尖閣諸島防衛は無駄。尖閣諸島を中国に明け渡して戦争回避

尖閣諸島と言うより通商航路なんで明け渡すと、生け贄の羊宜しく頸動脈を切られます。
回避したくば相手に目的に見合わない死者数を想定させるしかありません。


・植民地支配されるのも悪くない

次は日本の武装解除と民族浄化ですね。
チベットや東トルキスタンになるなら他国へ逃げるか全滅するまで戦わないと、全人代に代表なんて送れませんよ。
彼等が頭上に頂いているのは中央集権で、それらの残忍な仕打ちは枚挙のいとまがありません。

問題は生まれより、誰に何に銃を向けるかです。
こんな小さな国が非効率、低モラルな大きな政府で、巨大且つ残忍な周辺国を相手にしては戦争どころか外交もままならないのです。

小さな政府、巨大な民兵と正規軍予備でも未だ苦しいのですが、今よりはマシです。
やれやれ
2020年05月05日 17:55
Suica割さん、
「出来たらいいな。あったらいいな。とできました。の間に大きな溝があることを理解していない事ですね。」
ドラえもんが存在しないことを理解できないのび太みたいですね。

通りすがりの名無しさん、
「アメリカも機密部分を公開しないなんて意地が悪いというか。」
あの、意地が悪いとか悪くないとかそんな話ではありません。例えば戦闘機の情報を全部日本に公開する代わりに、日本の機密情報、財務状況、自衛隊や企業の持っている機密情報などなど個人情報も含めて全てまとめて全ての情報寄越せと言われたらどう思います?(まあイラネって言いそうですが)公開しないのはセコいと思いますか?そりゃ一部は国民にも世界にも発信しているのありますけどね。ま、それ位の価値はあるかも知れませんよ。なんせ日本には無い宝物ですから。

機密情報にも色々ありますが、どこの世界に最新鋭の戦闘機開発に必要な情報を気前よく教えてくれる国なんて何処にも無いですよ。それと未だにF15Jにもブラックボックスがりますよ。もしかしたらF4EJ改にも残っているかも知れません。ブラックボックスとは文字通り秘密の箱なんですよ。分解することも許されていない。分解したら国の信用問題になるでしょうね(韓国はヤラカシましたが)。それに昔は教えてかくれましたよ。60年以上も前の古い練習機や戦闘機は。
仮に民間だって重要な技術情報は公開しませんよ。
重要なノウハウは門外不出、一子相伝(かどうかは知りません)、会社ごと買い取らない限り無理なものもあります。
特許とかだと特許料払えば使用できます。
本当のトップシークレットだと特許にすらしません。
特許申請した途端に世界中に情報を公開されますからね。
そこで特許庁はじめ各企業が自分の持っている特許に抵触しているかしてないかを確認します。確認すると言うことはそれを回避する技術があれば回避できるわけで最早重要な情報ではなくなります。それに特許は特許が切れるまで独占できますが、切れたら一斉に同じものが出回ります。分かりやすい例だとコルトガバメント(M1911)銭形警部が使っている拳銃です。優秀な拳銃なので世界中の銃器メーカでコピーされて今でも類似品で溢れています。今話題の薬アビガンも国際特許は切れているので中国が独自で生産しています(ジェネリック薬品ってやつです)。
絶対真似られない自信があれば特許にしないのが一番の情報秘匿です。
もっとも特許にも何にもなりようが無いと思いますが(ビジネスモデル特許とかシステム特許の類いにはできるかも?)
実際の実戦情報みたいな情報は日本は実戦経験が無いので持っていません。ノウハウが無いって奴です。
そういうデータを分析したりして戦術コンピュータに入れたり今だとデータリンクで相互運用、データの共有化などなど面倒くさい事を色々コンピュータプログラムに打ち込まないといけないだろうし、素人的に考えただけで頭が痛い。
こんな感じで複雑怪奇になっている日本が逆立ちしても手出しできない部分は作りようがないわけです。ノウハウも無いですから。ま、適当で良ければそれっぽいものはできるかも知れませんが、それっぽいだけでは意味がない。だから米国にすり寄っているんですよ。なんとかしてよドラえん...じゃなかったジャイアンって。
米国ってドラえもん+ジャイアン+財力ですね。
日本はスネ夫の方が近いか。頭はスネ夫より悪いけど。
キヨタニ
2020年05月05日 18:36
ご指摘ありがとうございます。
訂正しました。

>やれやれさん
>
>「そもそも防衛省には当事者がありません。」
>なんか日本語が変ですね。当事者がいませんか当事者意識がありませんでしょう。
>
>「こんな腰の定まらない胡乱な連中に付きあっていられないと、住友電工やダイセルといった有力ベンダーも戦闘機、防衛から撤退しています。」
>気持ちはよく分かります。それにしてもコマツもそうですが何処かに売却とかしないんですかね?買い手も0円でもいらね、不良資産増やすな位のものかもしれませんが、もっと早く売り飛ばしておけばと思わなくもない。
>自粛要請もそうでが、金は出さないが維持だけはしてくれだと国粋主義者でもいい加減逃げ出すでしょうね。愛国心じゃ飯は食えません。金も出してくれないと自粛しきれないのと一緒。我慢の限界を超えたら...破滅に向かうわけです。
>
>「積むならば米国の許可がいるわけです。
>F-35のサプライチェーンは複雑であり、我が国の劣悪な交渉能力では無理でしょう。」
>許可と言うのかなんと言うか国産ミサイルを運用するためのプログラムですよね。スマホアプリを追加するような簡単さでは無いでしょうからお手軽にはできないしそもそもウェポンベイに入ってランチャーに装着できる形でないと運用以前の問題。まあステルス性を捨ててパイロンをくっつけて引用すればいいんでしょうけど。実際どのようなデータが必要か分かりませんがプログラムの修正は大変でしょうね。たかだか米国製ミサイルと機関砲を運用できるようになるブロック3Fにアップデートするまで相当時間がかかりましたからね。
>常識的に考えてLMは日本の与太話には付き合えないでしょう。LMが日本語で冗談はよし子ちゃんっていいかねない。
>現実的にはF35の兵装は国産を排除して輸入にするべきでしょうね。機関砲弾位は大丈夫...かな。
>
>「政治家、防衛省も米国から協力してもらって情報も開示してもらえると信じている。」
>お金払えば(払う気無さそう)教えてもらえると思っているのでしょうか。そうだとすればお目出度すぎますね。
>
>「日本側は「米国の下請けはしない」(防衛省幹部)と拒否。日米は近く官民合同部会を設置し、構想の具体化に取り組む。」
>大笑いですね。まずアメリカから相手にされませんよ。米国からはうちらの言うことを聞いたらてつだってやってもいいよって言われて終了でしょう。仰るように最初から米国と手を組むんなら拒否権は米国側にありますからね。
>
>「空自関係者は「どこまで米企業が持つ核心技術の情報開示を得られるかや、米製部品の適時供給が担保できるかが今後の焦点」と指摘する。」
>激しく笑った。つまり日本には何の重要な技術も製造技術も持っていないと自白したようなもの。
>部品のライセンス(費用はは別として)生産をさせてくれるかどうかも不透明。
>
>F2を基準に考えると3~400億でも不思議ではないですね。
>
>私もレッドホーク等のライセンス生産で良いと思いますよ。
>それとも日本版の経国(台湾)や金鷲(韓国)みたいな独自っぽい軽戦闘機&練習機とか。
>私は新型コロナのお陰で防衛省のゴミ戦闘機を新規開発する余裕は無いと見ています。下手すりゃ中古のF16のブロック50位でお茶を濁すか三沢のF16をそのまま買い取るとかそれくらい考えた方がいいかもしれません。
>
通りすがりの名無し
2020年05月05日 19:02
やれやれさん
まあそれもそうですよね。
できればまあ自国でやりたいわけだが、70年以上前にノウハウをGHQに潰されたわけですから、基礎研究などやるにもかなりの時間と労力必要ですしね。継承できなかったことが悔やまれます
ブロガー(志望)
2020年05月05日 19:49
お邪魔します。
 仏教説話に「芥子の実の譬え」というのがあるそうです。幼い我が子を亡くした母親に生き返らせて欲しいと懇願されたお釈迦様は「なら芥子の実を手に入れなさい。ただしそれは今迄死者を出した事が無い家から貰ってこなければいけません。」と言い、その母親が「死なない人間はいない。(当人が早々に死んだ場合を除いて)死別の哀しみと無縁の人間などいない。」事を悟るように仕向けるといったお話です。ですから「戦闘機ガー」とか言っている人間に事実をそのまま言っても聞く耳など無いでしょうから、例えば「どんな戦闘機?何のために何をやらせるの?」といった質問を投げかけ、「速い戦闘機」と言えば「それはマッハ幾ら?それとも亜音速?後F15はマッハ2以上だけど新しいF35はマッハ1.4程度だよ。」という問答を繰り返す事で行き詰まらせれば、自ら気付く者も出てくるかも知れません。無論逆切れした挙句人格攻撃とイメージ操作に走る輩の方が多いかも知れませんが。
KU
2020年05月05日 23:28
>国産戦闘機開発コロナで中止へ

http://japan-indepth.jp/?p=51791

こちらはこちらで説得力があります。ただ、清谷さんの今回のブログ記事に対してと同等か、それ以上に脊髄反射的に反発する人々が出てくるのでしょうね。
2020年05月05日 23:49
国産戦闘機開発コロナで中止へ
https://japan-indepth.jp/?p=51791
文谷さんも私と同じ様に開発中止になると見ている
様ですね。普通に考えたら海のものとも山のものとも
分からない新型戦闘機(しかも開発に20年は掛かるだろう)
に何兆円も無駄金を使えるとは思えない。
どんなに頑張てもレッドホークとかその辺のライセンス
位のもんでしょう。その金もひねり出せないと中古のF16とかになるのかなと。F2の代わりには良い程度でしょう。

通りすがりの名無しさん、
「70年以上前にノウハウをGHQに潰されたわけですから、基礎研究などやるにもかなりの時間と労力必要ですしね。継承できなかったことが悔やまれます」
それは全く違います。単にやる気がなかっただけです。
皆米国のせいにして気分良くなりたいだけです。日本は悪くなかったと言うために。根本原因は日本のやる気が無かった事です。ブラジルは戦前飛行機なんて作っていませんでしたが、国の産業にするんだと技術者呼んで勉強しながら地道に努力を重ねエンブラエルの現在があるのです。少なくとも日本より余程進んでいますよ。それと無条件に米国に何も言わず交渉すら怠ったのは日本です。戦後ドイツは交渉し小規模でも地道に飛行機の研究をさせてもらい続けていました。ドイツはフランスと合体してエアバスに進化しました。共同開発で戦闘機開発に参画しました。全ては地道な努力を怠ったツケです。三菱F1以降ろくに何も開発実験していないので(T2-CCV位か?)F2はF16ベースだったから曲がりなりにも形になったと思ってます。もし完全独自だったらマトモに飛んでないし実戦配備もされないでF16かFA18辺りにおちついたでしょう。
それにそんなWW2とか大昔のノウハウが必要なのでは無いですよ。ミサイルを使い出したベトナム戦争頃から現在までで十分です。実戦経験はなにも米国にしか無い訳ではありません。米国と手を組むということは否応なく米国の手のひらで踊るしか無いという事です。それで良いと防衛省は言っている。そこからして努力していたとしても努力の甲斐も何も無いわけです。自分達は能力も経験も無いと自白したのがその証拠。最初から米国頼みで無いものねだりをしているだけなんですよ。米国にまかせれば(金は掛かっても)日本は色々楽ですからね。
スタッドレスタイヤ
2020年05月06日 01:24
空自のF2後継機、英国が共同開発の有力候補に浮上=関係者
https://jp.reuters.com/article/airforce-f2-uk-idJPKBN1YG2T9

去年の暮れまでは少なくとも「米国以外」が念頭にあって英国も候補に上がっていたようですが何があったんでしょうね
まぁ今となってはどうでもいい話ですが(笑)
typhoon
2020年05月06日 02:34
通りすがりの名無し様

「アメリカも機密部分を公開しないなんて意地が悪いというか。」
既にやれやれ様がご返信されておりますが、私としても一つ加えさせていただけたら…
貴殿に対して曲がった他意はございませんので、あくまで客観的な視点で読んでいただけましたら幸いです。

一つの事例として、F-35にも搭載されております統合型電子戦システムですが〜友軍もしくは敵対勢力のレーダーを照射された際に自動的に相手の機種もしくはミサイルを検知し、ジャミン及び防御行動(チャフフレア放出)を行ってくれる優れた防御装置ですが…何故、敵対勢力のレーダー照射を検知できるかを疑問に思いませんか?
敵対勢力や我々西側陣営も相手には知られず一方的に撃ち落としたいのは一緒ですよね?
ですので、レーダー照射データを入手するにはギリギリまで相手を挑発して本気でロックオンしてもらいたい訳ですが…この行動はとても危険ですが照射データは防御する上で絶対に必要な情報であり、現代でしたら軍事衛星やハッキングなどで比較的安全に入手出来るかもしれませんが、冷戦時にはスパイが命懸け(英国なら、無敵の007が情報を入手する前に006や009が命を落としてるかもしれない)で潜入して手に入れる物なのです。
このデータを基に自国企業がブラックボックス化して同盟国に有償(政治判断で無償の場合も)提供する訳です。

貴殿は、この貴重な情報を同盟国なんだから〜良いじゃん教えて頂戴よ♡と仰ってるに等しい訳です…まあ、一般的な方々はそういう地味な事を想像されませんから仕方ないと思います。
因みに、先程はハッキングで比較的安全にと書きましたが〜東西両陣営とも、明確なハッキングは宣戦布告とみなす!とお互いに牽制しておりますので…まあ、お互いに出所をボカシしてハッキングしてる筈ですが、ここら辺は我々には窺い知れない(裏切者スノーデンが暴露した分は判るけど)水面下の戦いでしょうね。

長くなり申し訳ありませんが…そんな訳で同盟国といえども、いつ陣営が変わるか判らない訳(韓国やトルコ等)ですので、軍事情報やシステムを易々と渡せる物ではございません。
typhoon
2020年05月06日 10:42
文谷氏の記事は、清谷様の記事と同様に客観的で拝見させて頂いてますが…国産主義者には都合が悪いので、よく攻撃されてますよね。

そのアンチコメントの中で、日本のカメラは世界一なのに知らないのか的な…え?カメラが造れれば戦闘機も造れるの?笑
車が造れるなら戦闘機も造れる!こういう人が大半なので仕方ないかもしれませんね。
Suica割
2020年05月06日 12:44
typhoon様


>文谷氏の記事は、清谷様の記事と同様に客観的で拝見させて頂いてますが…国産主義者には都合が悪いので、よく攻撃されてますよね。

国産主義者に言いたいけど、過去の2作どうだったのか客観的に語って欲しいですね。

やれやれ
2020年05月06日 12:48
2020年05月05日 23:49は私です...
すっかりだらけて物忘れが...

なんかイージス・アショアの配備を秋田市から変更する検討に入った様ですね。
だいたい市街地、中心部からも遠くない隣接地に設置しようという考えが理解できない。風力発電所もレーダーの邪魔でしょう。そもそも高出力のレーダーが至近にあっていいわけないでしょう。空港や気象のレーダーじゃあるまいし。

KUさん、
19式なんて所詮そんなもんですよ。陸自の人にも教えてあげたい(笑)。真面目な人は怒りを覚えるでしょうね。
戦争ごっこだけでいい人にはふーんで終わるかも知れませんが。

typhoonさん、
電子戦情報抜けていました。今やこれが無いとですね。
そのための電子情報収集機のC2もどんなもんだろうか。現役のYS11EBとか海自のEP3とかもどんなもんなのだろうか。
戦闘機は戦闘機で空中戦でもしないと出してくれない怪しい?電波もあるし、それこそ実戦、或いは挑発してわざと出させないと分からないでしょうね。空自はフレア撒いて退散した事もありますから(実際使用痕がある機体が飛んでいるのを那覇で見ましたから割と挑発受けてる?)いくつかは取れているかブラックボックスが反応したかしたんでしょうけど。

「そのアンチコメントの中で、日本のカメラは世界一なのに知らないのか的な…え?カメラが造れれば戦闘機も造れるの?笑」
本当にこれですよ(笑)。どれだけ恥ずかしい事を書いているか分かってない。製品も違うし民生品だし、根拠が無茶苦茶。こうでも言わないと心の平安が、精神の均衡がとれないのでしょう。可哀想に...大日本国の技術はせかいいいいいいち!とJoJo立ちでもしてカッコつけられないのかもですね。
通りすがりの名無し
2020年05月06日 14:39
どの記事で文谷氏が「国粋主義者」に都合の悪いこと言っているのかわかりませんが、文谷氏は支持できません。中国の最新駆逐艦は脅威じゃないだの、戦闘機買うなら中国製にすべきだの、中国に屈しろだの、中国寄りの意見ばかりが目立ちます。
さすがに叩かれるのもやむ無しかと。
やれやれ
2020年05月06日 14:46
米と共同開発が有力な「F2」後継、“国産主導”のカギを握る長距離ミサイル
https://newswitch.jp/outline/22136

「軍事先進国は必要情報をブラックボックス化し、日本企業が技術を習得できる機会は狭まっている。」
なんでもかんでも教えてもらえる時代は50年前に終わってますよ。一部でも教えてもらえるだけラッキーでしょう。
普通は独自に研究開発をするところですが。満足なものは
無いからこんな話になる。
それにしてもここでも技術力の無さを白状している(笑)。

「独自技術や強みがないと共同開発しても日本側に発言権がなく、米の言いなりになるおそれが多い。」
当たり前といえば当たり前の話だが独自技術も強みもない日本には最初から発言権は無くいいなりを受けるか拒否するかの二択しかないわけで。

にしてもこんな社会状況で戦闘機開発ができると業界紙は思っているんでしょうかね?
KU
2020年05月06日 16:05
>>>イージス・アショア

こちらの記事ですね↓

>イージス、秋田の候補地への配備断念 ...25年運用開始ずれ込みか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00050033-yom-pol

このまま、調達その物を取り消せば良いと思いますけど、まず止めないですよねぇ。正に「やめられないとまらない」orz。


>>>日本のカメラは世界一

もう、これわ笑うしかない(>_<)。未だに日本の製造業が世界最先端と本気で思っている人がいるんだぁ...。
偽陸士
2020年05月06日 16:38
東芝の偵察ポッド。

飛行時の空気との摩擦熱に耐えられ無かったそうです。
本来三菱辺りに作らせたかったようですが・・・・

電子情報も昔は電子偵察機で相手の領空ギリギリまで接近して、自らレーダー照射される事でデータを得ていました。
相手にくしゃみをさせる事からシックナーと呼んでいたそうです。
今は流石に無理でしょうけど。

ヒューミントも命懸けですがエリントにしてもそれは同じです。
ふきのとう
2020年05月06日 18:34
単価200億でも輸入F-35以上ですね。レッドホークのような機体を開発し練習機と戦闘機で使い分けるとするとT-4後継とF-Xをひとまとめにするというのは可能性に入りそうでしょうか。政治的理由から練習機と攻撃機を厳密に使い分けるとしてもかつてのF-1/T-2よろしく攻撃機型はシート一つ潰すとかにすればいけるのでは。実際にはレッドホーククラスの軽戦闘及び練習機でも諸外国に同クラスがあって、調達価格でもある程度縛りをかけないとそういうのを買って多少改造した方がコストパフォーマンスが良い、という自体になりかねない。

このエントリを読んでさらにもう一つ考えたこととして「ミサイルって国産である必要あったんだろうか?」という問いを立ててもいいですよね。空対空ミサイルとか、対戦車ミサイルとか、国外にある同クラスのミサイルでも良かったのではないか?と。費用対効果を後から検討するくらいのことはやっていいように思います。

国防は人で言うなら生死の問題、コストなど考えるなっていう人って自分たちがまともにコスト負担する案(例えば増税)ってあんまり出さないですよね。前々から思ってましたけど。自分たちの負担するコストだけはちゃっかり考えてるあたり二枚舌も良いトコロだと思います。
typhoon
2020年05月06日 19:12
やれやれ様
ご返信有難うございます。
海外で売れない物を〜にて返信させて頂きました。

Suica割様
ご返信有難うございます。
海外ではランクルはレクサス以上に誇れる名車ですよね!

通りすがり名無し様
情報に賛同する必要ないと思いますが、違う視点の情報もあることを知ることが出来れば〜それだけで良いなではないでしょうか?
勿論、相容れない様でしたらご覧にならなければ良いだけですが…ただ、ご自身が好む情報に先導されてしまう可能があるかもしれませんが、全ては自己判断ですね。
ん?なんか内容がないコメントで申し訳ありませんでした。汗
Suica割
2020年05月06日 19:46
ふきのとう様

コストが人の生死を左右する事も踏まえておかないといけません。
数も力です。
同じ品質でも、数を買えた方が安心して戦えます。
同じ予算でいかにいい装備を揃えるか。
いかに使える状態を維持するか。
そういう頭があれば、陸のヘリコプター部隊みたいなことになってない。
Goodman80
2020年05月08日 22:46
F-35を140機、F-15の改修機100機購入するのに、こんな妄想に予算を使うのはばかげている。台湾の経国をベースにX-2のステルスデータでも設計すれば、それなりの機体が開発できる。T-4も退役が近いから練習機もベース設計は可能だろう。アホな防衛省の妄想など、どこのメーカーも実現は不可能だ。
偽陸士
2020年05月09日 01:46
通りすがりの名無し様。

>どの記事で文谷氏が「国粋主義者」に都合の悪いこと言っているのかわかりませんが、文谷氏は支持できません。中国の最新駆逐艦は脅威じゃないだの、戦闘機買うなら中国製にすべきだの、中国に屈しろだの、中国寄りの意見ばかりが目立ちます。
さすがに叩かれるのもやむ無しかと。

これは逆に読む物です。

脅威じゃない。→他に優先すべき物が有る。

戦闘機買うなら中国製。→これくらい安いの作れ!

中国に屈しろ。→経済破綻したら自衛どころじゃないぞ。

でもこれ一番忸怩たる思いをしているのは、文谷氏本人で有り中国の脅威を最も感じているからに他なりません。

文谷氏の皮肉を読み取れるか否かが、酷使様で止まるか士大夫になるかの別れ道です。

自分も唐変木ですが、此処までは理解しているつもりです。