89式小銃を延命して、20式小銃の調達を減らしてはどうか?


防衛省、陸幕は89式小銃の後継である20式小銃をこれまた89式同様に30年もかけて調達する予定です。64式小銃と異なって弾薬や弾倉は共用できますが、訓練や兵站が30年も二重になります。他国では更新にかける期間は概ね7~8年のようです。

であれば20式の調達を大幅に減らして、89式と共存させてはいかがでしょうか。陸自の戦闘職種は4万人もおりません。車輌要員や後方などの職種では小銃を撃つ機会も対してないでしょう。撃つのは年に50発程度の検定ぐらいです。

例えば20式小銃は戦闘職種など向けに5万丁に抑える。豊和工業の生産力は89式をみれば、年に1万丁程度はあるようです。であれば来年以降5年で調達が終わります。7万丁でも7年で終わります。

戦闘職種以外は89式を改良して使用すればいい。どうせ年に50発程度しか撃たないわけですから、寿命も多く残っている個体が多いでしょう。

例えば、銃床を20式の伸縮式のものを改良してつける。こうすれば防弾チョッキ付けても使いやすくなります。あとはレールマウントを装備し、セレクターを改良する。3点バースト機能は取る。可能であれば銃身長を短いものに変える。この程度であれば大した費用はかかりません。

それから南アフリカのベクターCR21のように89式をブルパップにコンバージョンする手もあるでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC_CR21

CR21はガリルをベースにしたR5ライフルのコンポーネントを、ポリマーフレームに組み込んだものです。ぼくはR5もCR21も現地で撃ったことがあります。R5は前方が重たく、ぼくのような文弱では長時間の射撃は辛いのですが、CR21はバランスもよく、大変に楽で命中させること容易でした。またフラッシュハイダーの性能がよく、暗部でも発射炎をかなり抑えてくれました。

ブルパップの方が訓練も容易です。また全長も短くなるので車輌要員や後方の人間には便利です。

例えば、イスラエルのフォーブスなどの銃器のコンパチのフレームやパーツを作っているメーカーにフレームの開発と生産を委託してもいいでしょう。89式のコンポーネントの多くは流用できるので10万円以下で、余裕で調達が可能でしょう。これに光学照準器を付けても良い。

どうせ30年もかけて更新を続けて2つのライフルが共用することを許すならば、はじめから2種類の使用を前提としてもいいでしょう。

この案であれば20式の調達は6~7年前後で終わります。89式の改良はもっと時間がかならないでしょう。
これによって調達費用が大幅に浮くので、その予算を20式用の光学サイト、グレネードランチャー、フラッシュライトなどのコンポーネントの調達費当てることができます。その方が陸自の普通科の戦力を強化できます。


Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
 
防衛省、陸自の新小銃と新拳銃公開
https://japan-indepth.jp/?p=52014

19式自走榴弾砲を安価に調達する方法
https://japan-indepth.jp/?p=51931

日本に最先端戦闘機開発の能力無し
https://japan-indepth.jp/?p=51870


防衛大臣囲み取材は「三密」
https://japan-indepth.jp/?p=51726

軽装甲車の防御力強化策のトレンド
https://japan-indepth.jp/?p=51500



European Security & Defence に以下の記事を寄稿しました。
https://euro-sd.com/2020/04/articles/exclusive/17070/bulldozer-contract-win-for-hitachi/



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

培養肉がこの先「有望」な食材になりうる事情
環境負荷や食料自給の観点からも期待集まる
https://toyokeizai.net/articles/-/342551

防衛記者クラブの「台所事情」何とも厳しい実態
不要不急の支出、財政破綻の危機を迎えていた
https://toyokeizai.net/articles/-/343696

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2020年05月26日 14:56
「どう年に50発程度」
どうせ年に、ですかね。

「3店バースト機能は取る。」
3点バーストですね。

「であれば20式の調達を大幅に減らして、89式と共存させてはいかがでしょうか。」
どうせ側しか変わらない程度なら89式改にして見た目近代化
すればいいと私も思いますよ。
まあ豊和工業に少し儲けけさせて銃生産の延命を図りたいのでしょう。
よって却下の案だと思います。
キヨタニ
2020年05月26日 15:31
ありがとうございます。
訂正しました。

>やれやれさん
>
>「どう年に50発程度」
>どうせ年に、ですかね。
>
>「3店バースト機能は取る。」
>3点バーストですね。
>
>「であれば20式の調達を大幅に減らして、89式と共存させてはいかがでしょうか。」
>どうせ側しか変わらない程度なら89式改にして見た目近代化
>すればいいと私も思いますよ。
>まあ豊和工業に少し儲けけさせて銃生産の延命を図りたいのでしょう。
>よって却下の案だと思います。
Suica割
2020年05月26日 18:26
空自海自からも64式の追放する必要があるので、もう少し生産が必要かもしれません。
ただ、だらだらと長期間、必要以上に生産しないことには賛成します。
19190213
2020年05月26日 18:47
件の三点バーストですが制限点射機構を取れば連発と単発のみになってしかも3の所でも単発撃てるとか聞いたことがありますね。
89自体は動く銃ですから清谷様が仰るように残して改良しお金を掛けない方向でシフトしていくのはアリだなとは思います。

20式で言えばどなたかが仰っていたように7.62ミリが撃てる仕様なんかは作っても良いと思います。
軽機関銃をまともに仕入れる気がないならばスコープ乗っけて分隊選抜射手のような感じで補強するのもありかなとは思います。
イスラエル、米国辺りは狙撃手運用が柔軟で多様性に富んでいるようなのでそこは見習うべきなのかもしれません。
Goodman80
2020年05月26日 18:56
20式は89式より海水や泥などに強いと言うことになっているが、韓国辺りと同じ自我状態だろうけど、陸自で必要な部隊と言えば水陸機動団と空挺ぐらい。後は海自と海保に供給すれば終わり。弾を撃つのは演習のみで、弾薬は弾薬支所にしかないのだから。普段は金庫にいれて、玩具を置いとけばいい。陸自の演習なんてサバゲレベルなんだからBB弾で十分だろ(装備はサバゲのが上)。薬莢拾いも無くなる。
それより住重のゴミ兵器を何とかするのが、先だろう。住重のミニミ、M2、74式などで海外へ派遣されたら死ぬ。常時、他国の軍が守ってくれるわけでは無い。そもそも外国の軍に守ってもらうのが、おかしいだろ。
KU
2020年05月26日 19:10
>>>他国では更新にかける期間は概ね7~8年のようです。

大抵の国は、そのくらいで更新を終えるのでしょうね。なぜだか陸自には出来ない理由があるようですけど。

アンゴラースビタース
2020年05月27日 02:34
『間違いだらけの自衛隊兵器カタログ』で酷評されてた89式の延命などせず、米海兵隊がM4カービンに更新するに至って、M16A4ライフルを大量購入するべきではないかと私は思います。
 20式も果たして、信用に値する代物かも不明ですし、そもそも今の陸自は制服なり小銃よりもヘリコプターや7.62mm火器をどうにかすべきかと。
 にしても『間違いだらけの自衛隊兵器カタログ』、最新版が出版されないのが残念です…、楽しめて気に入っていたのですが…。
マリンロイヤル
2020年05月27日 08:32
20式小銃を7~8年で更新しても、諸外国並になるだけで優位性は無い。沖縄戦で日本軍が善戦したのは、日本の歩兵の主力火器が軽機関銃(38式歩兵銃とするのは間違い)で、米軍歩兵の火器に比べ「射撃の持続性」で優ったからだ。私がウルティマックス軽機関銃を小銃として推すのは、それが理由です。アクセサリー類をいくら充実させても、全員の射撃の腕が上がるわけじゃない。簡単に銃身交換でき、射撃を続ける能力が高い方が良いと思う。自ら血を流して得た「戦訓」を無視すべきではない。
Suica割
2020年05月28日 22:13
滑走路地区の警備用にまともな7.62㎜機関銃と7.62㎜小銃(射程が長いなら、他の大きさでもいい)、監視用ドローンが欲しいわ。
交戦距離が長いですから。
適材適所なものをスピード感持って入れて欲しいわ。
CPR
2020年05月30日 06:51
Vortex社 米陸軍と開発中の次世代分隊火器用電子補正照準器のプロトタイプを公開
https://news.militaryblog.jp/web/Vortex-Awarded-OTA-for/Fire-Control-Prototype-Program.html

先進装備の一環として、照準器の発達は目覚ましいものがあります。
従来のスコープ、ダットサイト、アイアンサイトとは異なり、照準補正がなされた狙点が投影されるようです。
銃単体で見ても意味はなく、弾をばら撒く意味も薄れると思われます。
小火器に対する認識を新たにしなければ、彼我の火力差は開くばかりでしょう。
マリンロイヤル
2020年06月02日 17:38
CPRさん
質と量は結局バランスで、どちらかあればどちらか無用というものではないと思います。日本は軍民問わず「質」ばかり重視する人が多い、そこが問題です。このブログの戦闘機の話題の所にも「質」で「量」を無視できる、みたいな極論が載ってます。この照準器にしても、最初は高価で全員が装備できず、この照準器を持たない歩兵の量が多いほうが有利になる。この照準器が一般化すれば、それこそ量が多い方が有利という風に、質と量のバランスの見極めが重要でしょう。
ひゃっはー
2020年06月02日 20:19
陸上自衛隊って防御訓練の時に、何で5.56mm機関銃の予備銃身や三脚や照準眼鏡を持っていかないんでしょうかね? 戦争のことを知らないのか舐めてんのか、その両方なのか知りませんけど。
Suica割
2020年06月02日 23:13
マリンロイヤル様

質と量は結局バランスで、どちらかあればどちらか無用というものではないと思います。日本は軍民問わず「質」ばかり重視する人が多い、そこが問題です。このブログの戦闘機の話題の所にも「質」で「量」を無視できる、みたいな極論が載ってます。
>それには全面的に賛成します。

この照準器にしても、最初は高価で全員が装備できず、この照準器を持たない歩兵の量が多いほうが有利になる。
>照準器を持つ兵士の割合が多い方が有利なように思います。
数自体が多い方が有利なのは、認めますが、装備の質でその有利度が上下するということでしたら、理解できます。

この照準器が一般化すれば、それこそ量が多い方が有利という風に、質と量のバランスの見極めが重要でしょう。
>全面的に賛成です。

スターウォーズシリーズを見て知ったことは、いくら強くても、数の暴力には抵抗し難いということですね。
質は量を補えますけど、限度があります。
やれやれ
2020年06月03日 15:50
先週末に非常に久しぶりに本屋さんに行ったら置いてありましたので買ってみました。
「弾丸が変える現代の戦い方: 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在 」
既に新型コロナの事まで書いてあるとは。

Suica割さん、
「日本は軍民問わず「質」ばかり重視する人が多い、そこが問題です。」
そうですね、それも問題ですが本当に質が高いのか?と言う問題も大きいと思います。主に国産兵器ですが、性能も品質もよろしくないと来てはメーカを、いや国産を存続させるためなら質も量もどうでもいいみたいな気がして仕方有りません。
それに上記の清谷さんご推薦の本を読むと米軍などは量でも失敗していますね。ベトナム戦争時代にM16の動作不良の問題が実は規格外の弾丸を多用した結果だそうです。大量に作ったM16が大量に作った規格外の弾のお陰で大量に故障や動作不良を起こしたと。

お書きになられたように量も質もバランスですね。
他にも面白い?事が沢山書かれているのでオススメですよ。

それにしてもM16の故障の原因を考えると89式や20式が国産弱装弾だと弾が無くなった時に借りた通常弾だと故障しいずれ使い物にならない未来しか見えませんが...