河野防衛大臣記者会見令和2年5月22日(金)における質問

河野防衛大臣記者会見令和2年5月22日(金)におけるぼくの質問です。

https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0522a.html
音声

https://www.youtube.com/watch?v=cYj_zqvkkpg&feature=youtu.be
https://www.youtube.com/watch?v=Wa5SvcFWPI8&feature=youtu.be


Q:黒川検事長の話なんですけれども、これは訓告処分ということなんですけれども、いささか処分が軽くないでしょうか。というのは、過去の漫画家の蛭子さんがすぐに逮捕されておりますし、自衛隊の処分を見ても過去6日から40日の勤務停止とかですね、そういう処分があるんですけれども、その辺に比べて非常に軽くはないか。あと、人事院の出している4月2日の書類によると、賭博に関しては、賭博をした職員は減給又は戒告とする、常習として賭博をした職員は停職とする、と書いてあるんですけれども、報道が正しければ、黒川さんは常習していたと思うんですけれども、この辺いかがでしょうか。

A:法務省にお尋ねください。

Q:防衛省では、例えば記者クラブと高官のそういう賭け事というのは、一切ないと考えてよろしいでしょうか。

A:記者クラブ内で、お尋ねいただきたいと思います。

Q:それは記者クラブでなくても当事者が高官の方もあれですから。今回も、黒川さんの話も記者クラブへ聞けばいいという話になってしまうんじゃないですか。違いますか。

A:確認します。


Q:それからもう一つ関連なんですけれども、以前も聞いたんですけど、各幕の記者懇談会で、記者クラブがビール券を使っているんですね。これはどういうふうに使われているかとお尋ねしたんですよ。課業内にお酒を飲んでいるのか、それともビール券を各幕に渡しているのか、あともう一つ、大臣の外遊に際して、同行する記者の立替え費用を報道室の人間が個人的に立て替えているということがあるんですが、これに関しても一切まだ事務方の方から話伺っていないんですが、これはいかがでしょうか。こういうことがあると、やっぱりじゃあ賭博もと疑っても仕方がないと思うのですがいかがでしょうか。

A:個人の立て替えの件につきましては、以前の記者会見で御指摘ありましたので、確認をして、そういうことがあるということでしたので、それは良くないということで、しっかりとそうしないやり方を考えるように指示をしておりますので、おそらく次回、海外出張の時には、そういうことにはならないようにおそらく内局の方で考えていると思います。ビール券のところについては、承知をしておりません。

Q:いつもそういうふうに、事務方からという話が全然返ってこないことが多いんですけども、これは例の記者クラブの連絡官に関しても、もう去年の1月からそれでその後も課長が回答しますとお約束して、いまだに帰ってこないんですけど、やはり記者クラブとそういう関係にあるのかなと我々としては思ってしまうのですが、いかがでしょうか。

A:そこは事務方からしっかり回答できるように指示します。


Q:新小銃についてお尋ねします。今週の月曜日に報道向けに公開されたのですけれども、基本的に公開されたのが、8倍のスコープですとか、グレネードランチャーが展示されていたのですが、具体的にそれらのいわゆるアクセサリー類がどういうふうに調達されるのか、もしくは、どういう形で運用されるのか全く決まっていないとお話を伺ったんですね。今は小銃というのはシステムとして組んで使うものなので、小銃だけを調達するというのは30年ぐらい前の感覚なんですけれども、そういう古い感覚で調達されているのではないでしょうか。いかがでしょうか。

A:ちょっと確認して、後程お答えしたいと思います。

Q:ちなみに、諸外国では普通のライフルマンが等倍のサイトとか、3、4倍のサイトを使っているわけで、同じ条件、イコールコンディションで撃つと、当然撃ち負けるわけですね。グレネードランチャーにしても、結局、20式小銃を持っている部隊しか使えないわけです。そうすると、89式を持っている部隊はグレネードランチャーを使えなくなるわけで、当然ながら火力に差ができますよね。例えば、1コ中隊という形で戦力見積もりができなくなるのですが、こういうことは大臣、あまり問題になるとは思ってないでしょうか。

A:確認します。

Q:最近、三菱電機の新型ミサイルの性能に関して漏えいしたんじゃないかという報道があるんですけれども、以前にも三菱電機で情報漏れがあったという、サイバー攻撃を受けたという話がありますが、その後、三菱電機は外部の評価、いわゆるサイバーセキュリティに関する評価というのも、まったく受けてなかったと、諸外国のメーカーでは、普通にやっていると思いますが、どうも我が国の防衛産業の会社はですね、そういうところが緩いのではないかと。あと例えばそういう、例えば三菱には限らないことなんですけれども、日本のそういうメーカーに対して防衛省のサイバーセキュリティ部隊が、実際、例えば模擬に攻撃をかけてみるとか、そういった演習というものをされる予定というのはありますでしょうか。

A:同じ事案が、再度報道されたというふうに認識しております。今、三菱電機については調査が進んでいると聞いておりますので、当初の報道に加えて、何か新しい事実があったということではないと思います。

Q:もう一つよろしいですか。オスプレイ、今導入されつつあると思いますが、あとAAV7もそうですが、これ機銃とかでもFMSで調達されているのですが、これ例えば、機銃とかですね、別に他からベルギーのFN社から直接買ってもいいんですけれども、そうすれば多少なりとお安くなると思うんですけれども、例えばFMSで、コアの部分がそうでしょうけれども、それ以外の部分、付属的な物に関してはFMS以外で調達をするというようなお考えはお持ちでしょうか。

A:これも以前の記者会見でご指摘を頂きましたので、今そういうことができないかどうか調べさせているところでございます。

Q:もう一つですけれども、今陸上自衛隊の方で、オスプレイに搭載する川崎重工製のATVという四輪バイクですが、これは導入しているのですけれども、日本の場合、ATVを入れるときに、非常に法的な問題があってですね、中々使えないと。例えば、今入っている川崎重工のやつも国内用に改修して、本来外国で売っているものを日本用に改修している形なんですけれども、それを普通に改修すれば、例えば法律を公的機関に限ってはOKにするみたいなことをできるかと思うんですが、実際、電気製品でいうPSEだと公的機関は別にPSEを取らないで良いという話がありますが、そういった法律を変えていこうとかというアプローチというのは、防衛省の方では考えておいでなんでしょうか。

A:ご指摘ありがとうございます。調べてみます。


黒川検事長と記者クラブの問題には端切れが悪かったです。

人事院の懲戒処分の指針について において以下のようにあります。
https://www.jinji.go.jp/kisoku/tsuuchi/12_choukai/1202000_H12shokushoku68.html

第1 基本事項
本指針は、代表的な事例を選び、それぞれにおける標準的な懲戒処分の種類を掲げたものである。

③ 非違行為を行った職員の職責はどのようなものであったか、その職責は非違行為との関係でどのように評価すべきか
 ④ 他の職員及び社会に与える影響はどのようなものであるか

(8) 秘密漏えい
   ア 職務上知ることのできた秘密を故意に漏らし、公務の運営に重大な支障を生じさせた職員は、免職又は停職とする。この場合において、自己の不正な利益を図る目的で秘密を漏らした職員は、免職とする。

 個別の事案の内容によっては、標準例に掲げる処分の種類以外とすることもあり得るところである。例えば、標準例に掲げる処分の種類より重いものとすることが考えられる場合として、

① 非違行為の動機若しくは態様が極めて悪質であるとき又は非違行為の結果が極めて重大であるとき
 ② 非違行為を行った職員が管理又は監督の地位にあるなどその職責が特に高いとき
 ③ 非違行為の公務内外に及ぼす影響が特に大きいとき

第2 標準例
(8) 秘密漏えい
 ア 職務上知ることのできた秘密を故意に漏らし、公務の運営に重大な支障を生じさせた職員は、免職又は停職とする。この場合において、自己の不正な利益を図る目的で秘密を漏らした職員は、免職とする。



 3 公務外非行関係
(9) 賭博
   ア 賭博をした職員は、減給又は戒告とする。
   イ 常習として賭博をした職員は、停職とする。


記者クラブの記者と慣習的に賭け麻雀をやっていたわけです。であれば単なる親睦ではなく、記者たちにリークをしていたということでしょう。過去多くの事件で記者クラブメディアは検察のリークをそのまま検証もせずに垂れ流してきました。
検察はこれによって世論操作を行って、公判を有利にもっていくためです。松本サリン事件、厚労省の村木氏件などの冤罪もこのようにして作られています。そもそも起訴有罪率が99.99%などという数字は民主国家、法治国家ではありえません。
検察の走狗となって冤罪事件を量産し、容疑者や被害者の家族にメディアスクラムをかけて個人情報を晒すのは報道機関のやることではありません。
また植草一秀の件では車のトランクにセーラー服があったという報道がありましたが、別に違法行為ではない個人の性癖です。事実を知っているのは警察と検察でしょう。これまた捜査上しり得た個人情報のリークです。それを喜んで報道したのは記者クラブです。


また黒川検事長は公務員としてだけではなく、検察という法の番人である組織の高官です。それが自衛隊の曹や兵隊の賭け事よりも遥かに軽いというのは上記の人事院の基準ではありえないことです。

そしてこういう報道が。
「『訓告』に決めたのは法務省でなく官邸」共同通信のスクープ報道の意味
https://news.yahoo.co.jp/byline/mizushimahiroaki/20200525-00180184/

>>賭けマージャンで辞職した黒川弘務前東京高検検事長(63)の処分を巡り、事実関係を調査し、首相官邸に報告した法務省は、国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断していたが、官邸が懲戒にはしないと結論付け、法務省の内規に基づく「訓告」となったことが24日、分かった。複数の法務・検察関係者が共同通信の取材に証言した。

>>安倍首相は国会で「検事総長が事案の内容など、諸般の事情を考慮し、適切に処分を行ったと承知している」と繰り返すのみだった。確かに訓告処分の主体は検事総長だが、実質的には事前に官邸で決めていたといい、その経緯に言及しない首相の姿勢に批判が高まるのは必至だ。

これまた官邸の独断専行を法務省に押し付けたわけです。法務省の決定だという安倍総理の国会答弁は嘘だったということになります。

法治国家とは言えません。今後自衛隊で、賭博で処分されても皆裁判を起こすでしょう。
自分たちより遥かに高い雲の上にいた法の番人がお咎めなしならば、俺たちもだということになるでしょう。自衛隊に限らず公務員はそう主張するでしょう。
公務員のモラルハザードは一気に進むでしょう。

 今回の件に産経や朝日の記者が関わっていますが、両者とも取材に応じていません。
取材する時は威勢がいいのに、自分が取材対象になるとだんまり決め込むのでは今後取材に応じる者はいなくなるでしょう。
 こういう態度を取れば取るほど、記者クラブメディアや新聞に対する信用を失って読者を失うと思いますが、そんな簡単なことも分からないほど当事者能力がないのが新聞社です。

記者クラブは国民の知る権利から当局を守る防波堤として機能しております。
記者クラブこそ民主主義の敵です。



標準例の以下の項目は安倍晋三総理及び官邸首脳についても適応されるべきでしょう。
13) 公文書の不適正な取扱い
   ア 公文書を偽造し、若しくは変造し、若しくは虚偽の公文書を作成し、又は公文書を毀棄した職員は、免職又は停職とする。
   イ 決裁文書を改ざんした職員は、免職又は停職とする。
   ウ 公文書を改ざんし、紛失し、又は誤って廃棄し、その他不適正に取り扱ったことにより、公務の運営に重大な支障を生じさせた職員は、停職、減給又は戒告とする。




Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
 
防衛省、陸自の新小銃と新拳銃公開
https://japan-indepth.jp/?p=52014

19式自走榴弾砲を安価に調達する方法
https://japan-indepth.jp/?p=51931

日本に最先端戦闘機開発の能力無し
https://japan-indepth.jp/?p=51870


防衛大臣囲み取材は「三密」
https://japan-indepth.jp/?p=51726

軽装甲車の防御力強化策のトレンド
https://japan-indepth.jp/?p=51500



European Security & Defence に以下の記事を寄稿しました。
https://euro-sd.com/2020/04/articles/exclusive/17070/bulldozer-contract-win-for-hitachi/



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

培養肉がこの先「有望」な食材になりうる事情
環境負荷や食料自給の観点からも期待集まる
https://toyokeizai.net/articles/-/342551

防衛記者クラブの「台所事情」何とも厳しい実態
不要不急の支出、財政破綻の危機を迎えていた
https://toyokeizai.net/articles/-/343696

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2020年05月25日 15:31
黒川検事長と記者クラブの悪弊については知っていても知らなくても口は重くなるでしょうね。言わぬが花ってやつでしょうか?
うっかり口を滑らせるとヤバいでしょうから...
にしても
「A:記者クラブ内で、お尋ねいただきたいと思います。」
「A:確認します。」
これで口を割る記者クラブのメンバーはいないと思うんですがね。
大臣自ら内情をバラさないと...すると自分の首の閉まる事案が...

「検察はこれによって世論操作を行って、公判を有利にもっていくためです。松本サリン事件、厚労省の村木氏件などの冤罪もこのようにして作られています。」
記者クラブと言う組織がこのような役に立っている事を割と最近知りました。よく考えたら検察の発表を記者クラブ経由で各マスコミが知るわけですからね。

「これまた官邸の独断専行を法務省に押し付けたわけです。法務省の決定だという安倍総理の国会答弁は嘘だったということになります。」
安倍政権の十八番、プロレスですな。

「公務員のモラルハザードは一気に進むでしょう。」
まあ安倍自体モラルってなんですか?な人ですからね。しかもそれを官僚に押し付けてきた。これではマトモな官僚もカビて腐ってしまうでしょう、腐ったミカンの方程式で。金八先生はいないでしょうから蔓延するのはコロナとどっちが早いでしょうね?

「今回の件に産経や朝日の記者が関わっていますが、両者とも取材に応じていません。」
この辺非常に不思議ですね。取材対象が自社にいるのに(笑)。
自分の所も取材しないし他社にも取材させないしでは道理が通りませんよ。これこそマスコミが腐っている証左といえるでしょう。
痛い腹は自分でも探られたくない。しかも犯罪を犯した当事者ですからね。哀れな子羊となった記者を狼の群れに放り投げるのは心が傷んだのでしょう(呆)。子羊に麻雀してでも聞いてこいといった本社の責任が問われるでしょうからね。マスコミ相互で検閲するような自浄作用のある仕組みでも取り入れないと難しいのでは?ついでに民間で独自に組織した監視委員会も。

マリンロイヤル
2020年05月25日 15:53
イタい所をガンガン突きますね(笑)
KU
2020年05月25日 20:40
>「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

http://mainichi.jp/articles/20200525/k00/00m/040/236000c

>>>女性のアカウントは24日昼に突然、凍結されて使えなくなり

こんな事でも、Twitter的には現政権を批判したと判断しちゃうんだ...。そうまでして現政権を擁護するTwitterって、何か弱味でも握られているんですかね?
ブロガー(志望)
2020年05月25日 23:22

お邪魔します。
 その内清谷様の会社に不可解な税務調査が入り、今迄普通に認められていたものが何の説明も無く突然認められなくなり、そういった中で例えば「清谷信一申告漏れ(または脱税疑惑)か」といったリーク情報が出るでしょう。それは清谷様に不都合な真実を指摘され続けてきた特定の連中の意向というよりも、日本社会による「仲間内政治で得られた和を壊そうとする破壊者の排除」ではないかと。
 歴史作家の井沢元彦氏が「戦国時代は治安が悪いだけではなく、同業者組合である座の支配によって物価も割高だった。それに辟易していた当時の人達が一銭斬りという"劇薬"で治安を良くし、楽市楽座という規制撤廃で商工業を活性化した信長を支持した(そのために当時は既得権益の総本山でもあった比叡山を焼打ち)。それが尾張の一大名でしかなかった信長が天下を獲れた理由である。」といった事を書いていました。清谷様の場合も今の日本国民が「自分達をしっかり守れる自衛隊」を望むのであればそれが後ろ盾になるのでしょうが、残念ながら今の日本国民にとって自衛隊は「何かがあればどこかからやって来る、あたかもウルトラマンのような存在」でしょうから、前記のような「清谷潰し」が出てきた時にも検事の定年延長問題のように声が挙がる事無く潰されてしまうのではないかと危惧しています。
やれやれ
2020年05月26日 00:39
KUさん、

「こんな事でも、Twitter的には現政権を批判したと判断しちゃうんだ...。そうまでして現政権を擁護するTwitterって、何か弱味でも握られているんですかね?」
本当だとしたら酷い話だ。これに限らずですがTwitterは理由も明らかにしないままいきなり停止が多すぎて使えません。
あまりにも恣意的運用が過ぎます。建前としては脅迫とか攻撃的な内容とかですが倫理委員会にでも掛けるわけでも無さそうだしAIを使っているのかも知れません。少なくとも長いものには巻かれろ的な運用みたいですね。政権の暴言はスルーしたとしても個人の文句レベルには過剰に反応する。
普通の人はアク禁になったら面食らうでしょうね。なんで?って。アベノマスクは絶対正義で学校の指定マスクでなければならないんですよ。深谷市は政府からの依頼を書いただけで忖度したわけでは無いでしょう。他の自治体にも自民から圧力が掛かっているのではないかと想像します。
防御力も抑止力もほぼ0に近いアベノマスクを推奨する気がしれません。あまりに生地の隙間がスカスカすぎて飛沫が直接入ってくるし咳で飛沫がマスクをすり抜けるんですよね、これ。ご丁寧に実際に実験した所もありますし。
花粉症予防で大昔はこれ使っていましたが花粉の防止に
すらならない。本当にこのマスクは何の役にもたたないですね。
無よりマシ、サージカルマスクが100なら1位のもんでしょう。
こんなゴミマスクを有難がるように仕向けているのが政権と自民ですよ。いい迷惑の上に無駄に466億円+8億円も
税金をドブに捨てた。しかも色々明かさないし隠蔽臭漂う。
しかも未だに私の所に届きません。
関東一都以外の6県に住んでいるのに。

Twitter震災時に役立ったと言う事で一応アカウントはありますが必要な時に見るだけで自分ではつぶやきません。利用率は1月に1,2回でしょうか?ほぼ使ってないですね。
偽陸士
2020年05月26日 15:38
ブロガー(志望)様。

清谷様はさしずめ現代の佐久間象山といったところですね。

ただ幕末と違うのは役人が清谷様に悪さをすれば、それが世界中の軍事、治安関係者に知れ渡る事でしょうか。

ひゃっはー
2020年05月26日 18:44
24日(日)の読売新聞の記事によれば、防衛大学校も学生が賭けトランプをした疑いで警務隊が捜査してるそうじゃないですか。これ、もしも本当にやってたらどんな処分になるんですか?訓告ですか?
偽陸士
2020年05月26日 22:27
ひゃっはー様。

イカサマで金を巻き上げてる奴は訓戒でなく、利き腕をへし折って川に放り込むのが妥当かと。
19190213
2020年05月27日 01:47
少し本題と逸れますが・・・。

防大の賭けの話が出ていますがうーん何とも言えないですな。実際は賭けの禁止という事でカード類もあんまり良い顔されないんですよね。
花札とかは持っているの自体禁止だったかな?
よく覚えていませんが。
しかしながら、屋外や余所の場所に長期滞陣しているとどうしても待機時間が苦痛になるものです。
私個人としてはトランプ位構わないだろとも思うのですがまぁ上は許してくれないと。(賭け事は良くないですが)
一つ言えるのが兵隊と言えども人ですから精神的に豊かである為にも災派や有事の待機時間と言うのはある程度の緊張の緩和としてそういった娯楽を持ち込むのは悪くないのかなとおもうのです。
露軍なんかは芸術家を戦場に派遣して壁なんかに絵を書かせてみたりと一見不思議に見えるアプローチを掛けています。
後良く聞くのが愛玩動物を飼育したりだとかキャンプでは買い物をさせるとか・・・。
平時ではあんまり良くないとは思うのですが有事に限っては何らかの緊張を緩和する策を講じる必要性があるのかなと。

作戦後に精神を壊さない為にも自衛隊はもっと策を出さないと今後厳しい任務に当たった時に非戦闘損耗を出し続けるかもしれません。
厳密に見れば間接的な戦闘損耗かもしれませんが。
ドモドモ
2020年05月28日 21:36
ドモドモです。

ん~他の件は兎も角、自衛隊(敢えて軍としますが)の賭博禁止は、それが指揮命令系統に亀裂を生じさせるからだったはず。
例えば、曹士が幹部にかなり巻き上げられていたら?

平時の内務官僚と立ち位置が全く違うと思うのですが。

所で、黒なんとかの腕がへぼいのは想像出来ますが、(負けず嫌いで朝方までカツまでやるらしい)必ず握ってたのソースって何なんですかね?
Suica割
2020年05月28日 22:21
偽陸士様

イカサマじゃなくて、運と実力で巻き上げる本当のプロだったら、どげんしましょう?
まあ、素人相手に無双して、焼け野原にするのは、大人気ないと言ったら、大人気ないですが。
カイジの班長みたいなヤツは川に投入でもいいと思いますが。
Suica割
2020年05月28日 22:30
河野防衛大臣の本音は、うちはうち。よそはよそ。
法務省の人事についてとか、管轄違うから聞かれても。
でしょう。

歯切れが悪くなるのは仕方ないですが、自分の管轄はきちんと殺るように祈るしかないですね。
偽陸士
2020年05月31日 18:14
どもどもさん。
Suica割さん。

隊内の賭事に自分が良い顔をしないのは、金銭問題から隊内での窃盗、イザコザの元に成るからです。

ただでさえストレス一杯な所で、金の心配まで抱えたら堪りますまい。