【防衛省でコロナ感染拡大の危機】三密大好き選民集団、防衛記者クラブって馬鹿なの?

4月10日の防衛大臣会見のあと、会議室の外で記者クラブ会員の記者たちが、いわゆる「囲み」をやっていました。大臣を取り巻いてあれこれ質問するわけですが、いわゆる三密に当たる行為です。

河野防衛大臣記者会見令和2年4月10日(金)における質問。
https://kiyotani.at.webry.info/202004/article_7.html

本日の大臣会見でこの件に質問しました。河野大臣は問題があるという認識でした。

ところが、会見が終わった後も記者クラブの記者たちは会見室の外でスクラム組んで大臣の出待ちをしておりました。

あんたら馬鹿なの?
先程の質問聞いていた? 
大臣が罹患したらあんたらや会社はどう責任とるの?

恐らくは10日以降の会見で同じような囲みをやってきたのでしょう。これだけコロナ問題が大事になって会見でコロナに関する質問を多く自分たちもしているのに当事者意識&能力欠如でしょう。

それともフリーランス風情の質問なんぞ無視したれ、俺たち記者クラブ様だぞ、特権階級だぞとでも思い上がっているんでしょうか?

やっていることは未だに営業しているパチ屋やパチ屋に屯している頭の悪そうなおっさんたちと同じレベルでしょう。
そういう新聞やテレビが、三密を避けろだの、パチ屋や繁華街に行くなだとか上から目線で報道しているのは滑稽としかいいようがないです。

まあ、テメエたちは感染しないと思っているのでしょう。あるいは選民意識が強いか。意識が低いんじゃなければ、昭恵夫人のお気に入りのドクタードルフィンと同じぐらいのカルトですよ我々選民たる記者クラブ記者はコロナに罹患しないのだと思っているのでしょう。

そういうカルト集団が報道関係社の代表を僭称し、中央官庁の記者会見を主催してその他の媒体やフリーランスを排除しているわけです。


防衛省の広報も問題です。10日の囲みについて、お目付け役(ぼくが1階まで降りるまで監視している人)に、これは問題だと指摘しました。
広報課、報道室はぼくのブログもモニターしていますから、この件を知らないわけがない。ところが、その後も囲みを放置してきたと思われます。そして今日も何の注意もしませんでした。

河野大臣が罹患したら伊藤茂樹報道官、末富理栄広報課長らはどう責任を取るんでしょうかね?役所やめますか? それともだんまりですか。

こういう行為がまかり通るのであれば、防衛省職員や自衛官の士気にも影響するでしょう。トップが記者クラブと馴れ合って密接接触しているのに、なんで俺たち下々だけがクソ真面目に三密対策やらなければいかのだと。そうして対策がなおざりになれば防衛省、自衛隊でも罹患者が増えるでしょう。


IMG_6716.jpg
IMG_6712.jpg

衛生に関する意識がパチ屋パチ屋に集う意識低い系おっさんたちの同じレベルの防衛記者クラブの皆さん。

これが許されるならばわざわざ大会議室で会見開くのはポーズだということになり、防衛省はまともに防疫をやる意識はないと内外に宣伝しているようなものです。

内局の広報課も当事者意識&能力、そしてこういうことを放置したどうなるかという想像力が欠けています。こういう人たちがのほほんと出世していいでしょうかね?

それとも何か記者クラブに強く言えないような弱みでも握られているんでしょうか?


いずれにしても防衛省という危機管理にシビアであるべき役所の危機管理がたるんでおり、
また報道の代表、選民であると僭称する記者クラブも同様であるということです。


このような胡乱な記者クラブが会見を主催するべきなのでしょうか。まともな当事者意識も責任感もないならば、記者会見は中止にすべきです。

また記者室も多くの記者が屯しており、いわゆる三密状態です。これもコロナ終息まで閉鎖すべです。更に申せば記者クラブに対する根拠なき優遇をやめるべきです。




東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

培養肉がこの先「有望」な食材になりうる事情
環境負荷や食料自給の観点からも期待集まる
https://toyokeizai.net/articles/-/342551
防衛記者クラブの「台所事情」何とも厳しい実態
不要不急の支出、財政破綻の危機を迎えていた
https://toyokeizai.net/articles/-/343696

Japan In Depthに以下の記事を寄稿しました。

現代の主力戦車の進化は限界 前編
https://japan-indepth.jp/?p=51241

現代の主力戦車の進化は限界 後編
https://japan-indepth.jp/?p=51261

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

偽陸士
2020年04月24日 15:33
清谷様。

記者会見お疲れ様でした。

記者クラブ制度、報道される側とする側が馴れ合いもたれ合い見苦し限りです。
こんな連中が読者視聴者に高説を垂れ、世論をミスリードし国力を傾け、国難をもたらす。
アメリカなら未だ実業実務を重んじトランプ勝利と成りましたが、日本では真逆の忖度と称する媚びへつらいが幅を効かします。
お役人と政府の男妾ならそれでもいいのですが、国のオーナーたる有権者まで奴隷根性で政府ヨイショでは逝くとこまで行来ます。

この國は惨めな最後を迎えますが、此処に来る皆様なら争いと戦を嗜み状況を楽しめる方々なので、ある意味楽しみです。

周りが敵だらけなら、自分みたいな補射の常連でも射てば当たるでしょう。
実に素晴らしい。

正常性バアイアスの強い99%の自称常識人の皆様の幸運を祈念致します。

濡れネズミ
2020年04月24日 17:43
いや、なんでテレビ局といい集団感染やらかすのか。

感染防止訴えてる側がやらかしてばかりですね。
このご時世でも続いてる周辺国の軍拡、海外情勢は無視して感染症関連しか聞いてないなら要らないです。
やれやれ
2020年04月24日 22:19
彼らは選ばれた人間、しかも防衛相内、罹患する可能性なんて
1mmも考えていないのでしょうね。無菌室で生活していると思い込んでいるとしか思えません。
河野大臣は閣僚の中では早い時期からマスクを付けていたし、つい先日も
呼吸器内科医「手書きの発生届やめようよ…」⇨河野大臣「平副大臣担当かな?」⇨平副大臣「引き取ります」
https://togetter.com/li/1498110
と古い因習が残る手続きに担当者に話を通すと言う
事までやっています。少なくともボンクラばかりの閣僚の中ではマシな人でコロナの危険性も理解している方だと思いますが...こういう方が罹患してしまうのは惜しいですね。
むしろボンクラの総本山が罹患したほうが国の為になろうかと思わなくもない。
身内の中で油断してしまうのは人の性かも知れませんが、
最早市中に無症状感染者だらけの状況ではいつ誰が罹患しても不思議ではない。人を見たらコロナと思えが合言葉です。
症状が出る前がウイルス拡散の最盛期とか今までのウイルスとはかなり異なり厄介です。河野大臣も囲み取材など付き合う事もないし、記者クラブの連中もいい加減空気読めって感じです。おそらく官邸に緊張感が無いから周りもそんなもんだと思っているのでしょう。特に卑近にいる記者クラブの会員は特権意識もあるので家族同様位に思っているのかも?

通りすがりの名無し
2020年04月25日 01:04
かなりの問題ですね。しかし清谷氏もあまり言いたくありませんが、口が悪いように思います。

偽陸士さん

惨めな最後を向かえるって、不吉なことを…。どういうことです?
やれやれ
2020年04月25日 04:10
軽装甲車の防御力強化方策のトレンド
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200424-00010001-jindepth-pol

せっかく清谷さんが写真付きで丁寧に説明されているのに
頭の悪い酷使様のヤフコメが...
酷使様は自分の命が掛かってないから気楽なもんですよね。
国内で運用するからゴミでいいって言ってのける感覚がもう...
偽陸士
2020年04月25日 11:51
通りすがりの名無し様。

文字通りです。

現在、半分アメリカの植民地みたいな我が国ですが、曲がりなりにも独立国です。

ですがアメリカ一強が終れば、別な国の植民地になります。
そこがアメリカ程寛大かというとそれは無いでしょう。
経済的にアメリカほど余裕の有る国が他に在りますか?
全方位等距離外交なんてアクロバティックな芸当はスイスやスウェーデンの様な軍事力、経済的の有る国がやることです。
基本植民地もない貧乏な日本が真似すべきではありません。

省や州ならば未だ議会に代表を送れますが、植民地ではそれも出来ますまい。
この国の周辺国が少数民族にどんな仕打ちをしてきたか名無し様も良く御存知でしょう。

自国の軍事力を玩ぶ馬鹿有権者に明るい未来は有りませんよ。

義務教育を真に受けて軍事に無関心なのは論外ですが、関心が有っても議員も酷使様も頭の中身は戦前の少年倶楽部。
その上、記者も背広も制服も研鑽と改善を嫌い、やろうとすれば同調圧力で邪魔をする。

行き着く先は民族浄化です。
日本という国も地図から消えるでしょう。

水も食糧も分かちあえる程余裕がありますかね。

それとも先方の慈悲の心でも試してみますか?
通りすがりの名無し
2020年04月25日 12:35
偽陸士さん
それはやはり、改善しなければいずれそうなると?
Suica割
2020年04月25日 13:28
犯罪被害者や遺族を守りましょう言いつつ、取材で追い回す奴らだから、仕方ないです。

いわゆる、おまいう状態な訳ですけど、いうことが正しければオッケーなんで、そこはいいでしょう。

しかし、正しい批判を受け入れない事と、社会の上層部を気取りながら、やることやらないのは本当に呆れるしかない。

マスコミとは、自己肯定感が極めて高いけど、自己を客観視する能力には乏しい集団と考えて付き合うべきですね。
偽陸士
2020年04月25日 14:11
通りすがりの名無し様。

その通りです。

製品に圧倒的な値段差が有るにも拘わらず、海外製品の方が高いと宣うミリオタ。

国内で増加装甲は不要とまで言う始末。
侵略者が日本の薄い装甲に忖度してくれるとでも。

これが国のてっぺんから爪先まで、こんな有り様では戦争には勝てませんね。

酷使が腹立たしいのは、真摯に学び知識を吸収する姿勢が全く見られない所です。

これで多額の税金を費やし、兵士は惨めな被服と装備に身を包む。

清朝末期もこんな感じだったのかな?
ブロガー(志望)
2020年04月25日 21:07
お邪魔します。
 かつて西洋で用いられた女性用のコルセットは内蔵等を圧迫して健康を損なうこと甚だしかったそうですが、当時は専門家であるはずの医師ですら「女性がコルセットを付けないのは無作法」といった当時の固定観念を超えられなかったと読んだ記憶があります。人が今迄当たり前に思ったりやったりしてきた事を疑う事は思ったよりも困難なのかも知れません。
 日本の場合記者は政治家等と直接的な関係を築く事で、「公式にはこう言っているが実は・・・」を聞き出し、それを「適切(と自分が思う)」形で出すのが役割とでも思っているのではないかと思われます(だからそんな"配慮"などしないフリーの連中は徹底的に排除)。「父祖ならぬ諸先輩の道(やり方等)を改めない」という共同体(ムラ)の論理なのではないかと。
Suica割
2020年04月25日 22:17
偽陸士様

同じオタクにすら、世界三大ウン◯銃と酷評される(他はイギリスのブルパップのあれとロシアの画期的性能に見せて、メカニズムが複雑で軍からダメ出しされたヤツ)64がまだ残っているという悲惨な状況ですからね。
国史様はそんな状況でも、自衛隊には問題ないと言い張るのですかね?
いっそ、64代替では、AK47集めた方が今よりは何倍もましなんですけどと言いたいですね。
故障に強いですから。
いざって時にいきなり詰まりかねないものはいりません。