陸自に攻撃ヘリを導入する予算的余裕も当事者能力もない。

現在陸幕では少数でも新型の攻撃ヘリを導入しようと画策しているようです。ですが、それは止めたほうが宜しいと思います。大失敗したAH-64Dの二の舞になります。

62機調達する予定だったAH-64Dがわずか13機という中途半端な機数で調達頓挫。
一個飛行隊しかなく、クルーの人事移動も大問題です。そして稼働率は整備費用の不足もあって稼働率が低く、飛べる機体が5~6機程度、そのうち武装も使えて実戦に投入できる機体はその半分、つまり2~3機しかないわけです。部隊として戦闘できる状態にはない。そのAH-64DももうすぐD型のサポートが終わるので鉄くず同然となります。
更に申せば、リンク16も搭載していないのでネットワーク能力がひくくて、米軍との共同作戦も不可能です。こんなものを1千億円以上かけて維持しているのですからまさしく税金泥棒です。

AH-64Dとペアを組むOH-1は、調達単価は当初安く作れるといっていたが蓋を開けたら24億円という法外なお値段になり、250機調達予定がわずか34機で打ち止め。
AH-64Dと組むのにリアルタイムの通信は音声無線だけ。しかもブレードの問題で2年以上全機地上停止、その後はエンジンのトラブルでこれまた3年以上も飛行停止。それが解消するには9年かかる。費用はエンジン改修に1基が6千万ですから1機あたり1億2千万円、さらにトランスミッションも改修が必要ですから1億5千万円はかかるでしょう。その時間と費用をかけて音声通信しかできない機体を改修し、10年後に戦力化しようというのですから当事者能力欠如です。
その上、この出来損ないの偵察ヘリをベースに攻撃ヘリをつくろうという勢力が未だに陸幕には巣食っているわけです。そのくせ今年で全機退役するOH-6の後継は考えていない。陸自の小口ヘリ輸送、連絡が不可能になります。

それだけではありません。今後オスプレイやイージスアショアが本格的に導入されれば、陸自の予算は破産状態になります。オスプレイの調達費用3,600億円だけでも陸自のヘリ調達予算の12年分、年間の維持費は1機10億円ですから17機で170億円、陸自のヘリ整備予算の2/3がこれで食われる計算です。
現状でさえもヘリ搭乗員の飛行時間は年間125時間から80時間に激減して、北朝鮮並みと現場では自嘲している状態です。UH-Xだって調達はかなりのスローペースになるでしょう。
しかもただでさえ、陸の予算を縮小して海空に配分しよういうトレンドです。
攻撃ヘリなんぞ買う余裕なんてありません。

導入するのであれば、偵察が可能な汎用機ベースの武装へりでしょう。例えばAirbusヘリのH135MやH145Mに武装キット、Hフォースを搭載したもの、あるいはこれに固定翼のターボプロップの攻撃機を組み合わせたポートフォリオでしょう。
H135MやH145MにHフォースを搭載するのであれば新たに開発が必要ありません。
そして、連絡や軽輸送にも使えて、高いUH-Xを補完することも可能です。特に災害時には有用でしょう。またメディバック用のヘリとして使えます。双発なので洋上航行も可能です。単発のAH-6はさらに安いでしょうが、洋上では使えないでしょう。

米軍では空軍がターボプロップのCOIN機をOA-Xとして調達を検討していましたが、プログラムはUSSOCOMに移り、75機を調達する予定となりました。有力候補であるA-29スーパーツカノは概ね調達単価は10~19億円です。運用コストも時間あたり4万5千から5万円程度で攻撃ヘリよりは格段にお安いです。
スーパーツカノは速度で攻撃ヘリの概ね2倍、戦闘行動半径は440キロです。ISRに関していえばヘリより遥かに高空から可能であり、そのうえ射出シート、防弾も装備しているので攻撃へりより安全です。当然ながら小型の誘導滑空爆弾も使用できてスタンドオフ攻撃もできます。この種の機体はUAVなどの迎撃にも有用です。当然ながら対地支援も可能です。

離陸滑走距離は900メートル、着陸滑走距離: 860 メートルです。しかも不整地でも運用可能です。我が国多数存在する小型飛行場で運用すればVTOL機能がないことはさほど問題ではありません。

またこれと合わせて空自の練習機のツカノを導入すれば整備、兵站はほぼ共通であり、運用コストを更に低減できるでしょう。同様な機体にはAT-6B、AT-802Uなどがありますが、トルコやUEAなどでも同様の機体が開発されています。

汎用ヘリベースの武装ヘリ、ターボプロップのCOIN機の組みあせて、それぞれ2個飛行隊ぐらいの調達が宜しいのではないでしょうか。


なおOA-Xについてはバツの悪い思いをした御仁がおります(笑

清谷さん「これからはCOIN機の時代だ!」⇒しかし米空軍のCOIN機再配備計画は中止されてしまう
http://obiekt.seesaa.net/article/152916462.html

>アメリカ空軍はCOIN機を自軍に配備する気は失せており、友好国の事情に合わせた機種が選定される事になるでしょう。
>このCOIN機の関連で非常にタイミングの悪い人が一人・・・6月10日発売の「軍事研究」誌7月号で、軍事ジャーナリストの清谷信一氏が以下のような記事を載せています。
■「世界的に再評価進むターボプロップCOIN機」 軍事研究2010年7月号,清谷信一 108ページ

>前述の通り、アメリカ空軍のCOIN機再配備計画は潰れました


キヨタニ憎しのあまりに、怪しげなサイトの情報を鵜呑みして勝利宣言しています。それが10年前のことです。

これは完全な誤報をもとしているのですが、その上で、

>無人機に搭載されるEO/IRセンサーの発達は、有人COIN機の利点である「人間の直接目視による観測」の優位性を埋めてしまいました。そして無人機の「人的リスクを気にする事無く攻撃できる」という利点が有人COIN機のコストが安いという特性を上回ると評価されています。

頭が悪いとしかいいようがありません。であれば今頃有人機の偵察、軽攻撃機は存在していないでしょう。EO/IRセンサーの視界は肉眼に比べて相当狭く、多くのUAVは安定して長時間を飛ぶことを第一にしているので急な機動はできません。

さらに前にはこんなことも書いていました。

ターボプロップの軽攻撃機では攻撃ヘリの代わりにはなれない理由
http://obiekt.seesaa.net/article/110103945.html

>久しぶりにキヨさんのブログを見に行くと、「陸上自衛隊は攻撃ヘリの代わりにターボプロップの軽攻撃機を採用しろ」という記事が二つもあり、果たしてこれは釣りか何かかと思いましたが、どうやら本気らしいのです。
>どこからツッコメばいいのだろう?
>ああそうか、「なぜヘリが対戦車攻撃に有効なのか」を一から説明しないとダメなのか・・・

>知り合いの一等陸尉にこのネタを振ると『NOEとか地形利用の待ち伏せって意味がわかってないんじゃないかな。』という感想で苦笑いしていました。ヘリコプター(回転翼機)と軽攻撃機(固定翼機)の飛行特性の違いからくる運用方法の違いは、基本中の基本の筈なのです。

この話を陸自の複数の航空隊OBにしたら、鼻で笑っていました(笑

自分に幹部自衛官の知り合いがいると自慢したかったのでしょう。彼らは航空学校校長や方面隊航空隊司令を歴任してきた人たちです。
「知り合いの一等陸尉」ってツイッターで呟いていた自称でしょう。まあ、自衛官にトンデモな知識をひけらかす輩が少なくはないですが。
彼はもう亡くなったようですが、全く頓珍漢なことばかりいっていました。それに彼は航空科でもなかったでしょう。将校なら軍事の森羅万象を何でも知っていると思っている、しかも「知り合い」といってもツイッターのやり取りだけで、実際にあったこともないでしょうに。遠い親戚の芸能人がいると自慢する田舎のおばちゃんと同じメンタリティですよ。恥ずかしくないでしょうかね?


>NOE(Nap-of-the-Earth)飛行とは地形追従飛行の事で、匍匐(ほふく)飛行と訳されます。地形に沿って低高度を維持したまま飛ぶ航法で、回転翼機は固定翼機に比べて地形追従能力が高く、より低い高度を飛ぶ事が出来ます。(中略)一方これが固定翼機ならば地形に隠れ続けるなど不可能で、単純に飛んできて攻撃、退避を行うだけになります。固定翼機は回転翼機ほどに低高度飛行を維持することはできないので発見されやすく、速度が多少速かろうと生存性は期待出来ません。

これも考え方が昭和時代の発想です。現在の攻撃ヘリが求められているのは匍匐しての対戦車ミサイルによる攻撃ではなく、ISRや火力支援です。現在では地上部隊のセンサーの性能があがり、ミサイルの射程も伸びています。それに地上部隊のセンサーの発達や対空ミサイル、RWSの普及でヘリの匍匐攻撃は自殺的であり、このためオランダのアパッチは一定以下の高度に下がらないようにしていました。JSF君はこういう現在の状況を全く知らなかったわけです。

>撃墜されても構わないUAV(無人機)に武装を施したものなら、ターボプロップの軽攻撃機でも構わないと思いますし、実際にアメリカ軍がアフガニスタンとパキスタンの国境で多用しています。島嶼戦に投入する場合でも、航続距離が有人軽攻撃機よりも遥かに長い無人軽攻撃機ならばかなり役に立ちそうです。偵察、監視に加え攻撃も可能であるならば、攻撃ヘリの代替は無理でも無人軽爆撃機の存在価値は高いでしょう。こういった観点なら無理が無いのに、どうして有人軽攻撃機などを持ち出したのか・・・清谷さんの発想はよく分かりません。

UAVは撃墜されても構わない?JSF君はこの手のUAVがタダ同然で無限に出てくるとでも思っているのでしょう。ところが米軍は攻撃ヘリも、固定翼の攻撃機も廃止していません。有人の偵察機も同様です。UAVで完全に代用はできないからです。

結局JSF君は単に攻撃ヘリと同じことはCOIN機にできないよと強弁しているだけです。
繰り返しますが昨今求められていることはISRと火力支援です。別にそれをやるために攻撃ヘリではいけないという理由はありません。それが全く理解できていない。

更に申せばコストも問題です。極めて調達・維持費が高いわりに上空での滞空時間が極めて短いヘリの問題点を理解していません。駄目な軍オタにありがちな、経済的な問題が理解できないとい悪癖ですね。恐らくは消費税以外の税金を払うような経済行為をしたことがないのでしょう。

>迷彩塗装がスリランカの植生と合ってない気がしますが、とにかく軍用機っぽくなって気合が入っている感じです。防空警戒網が無いに等しいスリランカ空軍はZlin-143改の奇襲爆撃を食い止める事が出来ず、ロシア製のMiG-27M戦闘爆撃機やイスラエル製のクフィル戦闘機といった本格的な機体を保有しているにも拘らず、有効な反撃を行えていません。(中略)軽攻撃機が通用するような正規軍とは、これぐらいのレベルの低い軍隊ぐらいのものでしょうね。とはいえ本気で狩り出せばZlin-143程度が何時までも生き残れる筈が無いのですが・・・そういえば今年は機影すら見せていませんね。

これまた昭和の発想です。今のCOIN機はF-16あたりと同レベルのFCSと高いISR機をもっており、また精密滑空爆弾なども使用できます。射出座席も装備しています。低空で攻撃を行うかつてのCOIN機とは異なる存在になっているのにそれを知らないようです。
まあ、電車が普及しいる時代に、鉄道といえばSLという固定観念を持っていて、列車が通るとばい煙がでて周辺住民が困ると主張するようなものです。


更に申せば我が国は本格的な着上陸作戦、すなわち戦車が連隊単位で揚陸してくるような事態は基本的に想定しておらず、島嶼防衛やゲリラ・コマンドウ事態などを主たる脅威と想定していることは防衛大綱にも書いてあります。JSF君は防衛大綱の存在すら知らないのでしょう。

JSF君が自称している大学院終了で、英露語に堪能というのは眉唾でしょう。

こういう人物がお金を貰って軍事の記事を書くことは犯罪行為に近いと思います。


Japan in depth に以下の記事を寄稿しました。
空自輸送機調達のいい加減さ
https://japan-indepth.jp/?p=50589


■本日の市ヶ谷の噂■
AH-64Dのミリ波レーダーは海上ではクラッターが多くて使い物にならないが、間抜けにも陸幕は事前に調査せず、導入後に気がついた、との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2020年03月16日 15:30
「匍匐しての対戦車ミサイルによる攻撃ではなく、ISRや火力支援ですセンサーの性能があがり、ミサイルの射程も伸びています。」
ISRや火力支援です。センサーの性能があがり、でしょうか?

「その上、この出来損ないの偵察ヘリをベースに攻撃ヘリをつくろうという勢力が未だに陸幕には巣食っているわけです。」
ありえませんね。なんかまたしてもOH1のエンジンの調査に予算がついているみたいですが、懲りずにもっと改良しようとか考えているのでしょうか。その先がOH1ベースの攻撃ヘリだと笑えないのですが。

個人的にはピラタスPC9かPC21です。スーパーツカノも好きですが。軽攻撃機としてどちらが優れいているのかは分かりません。
それとどうせなら空自の次期練習機と機種統一した方が効率的かと。スバルがライセンスがいいと言えばそれでも良いかもしれません。AH64Dの時よりマシになるでしょう。

「■本日の市ヶ谷の噂■」
これは...米軍はじめ他の国のAH64はどうなんでしょう?
別のレーダーだと問題ない?なんか間抜けな話ですが
島嶼部の防衛には使えません、海上では使えませんと言っているようなものでは?
台湾もシンガポールもAH64使っていますが同じ問題があると陸上しか使えなくないですか?
キヨタニ
2020年03月16日 19:07
ご指摘ありがとうございます。

>やれやれさん
>
>「匍匐しての対戦車ミサイルによる攻撃ではなく、ISRや火力支援ですセンサーの性能があがり、ミサイルの射程も伸びています。」
>ISRや火力支援です。センサーの性能があがり、でしょうか?
>
>「その上、この出来損ないの偵察ヘリをベースに攻撃ヘリをつくろうという勢力が未だに陸幕には巣食っているわけです。」
>ありえませんね。なんかまたしてもOH1のエンジンの調査に予算がついているみたいですが、懲りずにもっと改良しようとか考えているのでしょうか。その先がOH1ベースの攻撃ヘリだと笑えないのですが。
>
>個人的にはピラタスPC9かPC21です。スーパーツカノも好きですが。軽攻撃機としてどちらが優れいているのかは分かりません。
>それとどうせなら空自の次期練習機と機種統一した方が効率的かと。スバルがライセンスがいいと言えばそれでも良いかもしれません。AH64Dの時よりマシになるでしょう。
>
>「■本日の市ヶ谷の噂■」
>これは...米軍はじめ他の国のAH64はどうなんでしょう?
>別のレーダーだと問題ない?なんか間抜けな話ですが
>島嶼部の防衛には使えません、海上では使えませんと言っているようなものでは?
>台湾もシンガポールもAH64使っていますが同じ問題があると陸上しか使えなくないですか?
>
KU
2020年03月16日 21:01
>>>JSF

ヤフーのニュース欄を見ると、ちょくちょく署名記事を見掛けますね。まず、読まないですが(((^_^;)。


>>>AH-64D

結局、コブラに続いて何にも改修をすることもなく、ひたすら旧式化して飛べなくなる日を待つだけですか...。おまけに只でさえ陸自の取り分は海空に取られ減る一方orz。これわいよいよ、陸の攻撃ヘリパイロットは、あんな垂直離着陸できる戦闘機に機種転換する日が近いかもしんない。もしくはスーパーツカノかテキサンIIの武装型などを乗り回してCSARや近接航空支援その他の任務をこなすとか。にしても未だに、OH-1をAH化することを諦めていない一派が陸幕に巣くっているんですね。



>「五輪延期」かわした安倍首相の会見 裏で進む「消費減税5%」と電撃解散計画

http://dot.asahi.com/wa/2020031400020.html

野党は相変わらずバラバラだし...。解散しても、あまり自民党は議席を減らさないような気もしますが。てか、ここまできたら経済は、これ以上は悪化しないだろうし、日本政府自ら潔く五輪開催返上を表明したほうが良いのでは?そうすりゃ、多少は内閣支持率が上がるかも。私個人はアレ総理が何をしようと支持しませんけどw。
濡れネズミ
2020年03月16日 21:31
自衛隊が海外派遣を増やす方向になるなら確実に支援機が必要になります。
この先、地方空港の大部分がどうせ真面に維持できなくなるのだからこうした空港を利用できるようにするのは大賛成です。

米軍のFARA計画が防衛省にどんな影響を与えるにせよ陸自の航空機部隊はその存続を懸けた転機を迎えつつある。
富士重工や川崎重工、三菱重工に阿る調達はもう無理です。

OH-1の武装型はイエメンでアパッチ、ウクライナでハインド、クルディスタンでコブラが携行式対空ミサイルで撃墜され、14.5mmの重機関銃に迎撃されたときに命運が尽きて然るべき話です。

個人的因縁のあるオルランシリーズと連携したウラガンMLRSの記事ですが
https://www.armyrecognition.com/march_2020_news_defense_global_security_army_industry/russian_uragan_mlrs_crews_use_orlan-10_uavs_for_target_reconnaissance.html

こうした動向を見るにCOIN機を導入して、無人機を撃墜する案は確かに良さそうですね
偽陸士
2020年03月16日 22:59
清谷様。やれやれ様。

スイスではピラタスの操縦席をにFA18と同じデザインにして訓練の質を上げているとか。
ウルヴァリンも元はピラタスの発展したものと聞いてます。
coin機、練習機、戦闘機にそれぞれ関連性を持たせる事が出来ればかなりのコスト削減になるのでは。

ただ自分の推しはAT802-Uです。
対地攻撃、薬剤散布、消火活動、電子情報収集とマルチに使えて水上機もあるので、島嶼部の行動に打ってつけかと。
19190213
2020年03月16日 23:24
私はAH意外と使えないのではないか信者ではありますが、AHの最大の魅力って匍匐飛行ではなく飛行場に依存しない事だと思うのですよ。
それこそ、前線近くで整備から補給まで済ませれる。
国内運用(北海道や本州、九州)に限れば、足の短さは野戦飛行場での運用をすればなんとかなるし、進発する場所が近ければ前線の要求にも比較的短時間で火力協力出来る。
一方で・・・彼らが歩兵が持つようなSAMに弱いのは事実で”使えれば強いが、環境が許さない火器”になりつつあるのは事実ですな。
自衛隊においては、今後どうやって使っていくのかは定かではないですがOHとAHの運用を統合する(OH寄りに)とかそのような感じになるんですかね・・・?
大規模着上陸はないからやはりそこまで大きな予算は振らなくてもいいとも思ってしまいます。
やはり活路はOHに兼任させてでも技術の継承だけやっておいて雌伏の時を待つほかないのかなと。

まあ個人的にはAHとか軽攻撃機に限らず空からの対地は、(無人機に投げる・それが困難だけどやらないといけないような重要な目標に関しては空自さんに)投げれば良いのではないかと思うのです。
貴重なパイロットを摩耗したくないですしCH、UH、OHの方が需要は大きいので割り振って欲しい位です。
マリンロイヤル
2020年03月17日 00:28
私はシコルスキーS97レイダーを推します(笑)兵器には単純さが必要ですが、二重反転ローター&推進プロペラでも、オスプレイのようなチルトローター機よりも単純さで分があるように思います。中型大型も開発中のようですから、オスプレイよりもこっちの方が良さそうじゃないですか。
山銅
2020年03月17日 02:36
某三文字君はGoogle翻訳使ってるだけのただの無職です
通りすがりの名無し
2020年03月17日 23:24
ヘリについては、uh1に武装施すようなもんじゃダメなんすかね?
あとターボプロップ機を導入すべきなのは、いまいちピンと来ないのですが。
キヨタニ
2020年03月17日 23:31
機体が高いし、武装をロールオン、オフできないと。

>通りすがりの名無しさん
>
>ヘリについては、uh1に武装施すようなもんじゃダメなんすかね?
>あとターボプロップ機を導入すべきなのは、いまいちピンと来ないのですが。
ブロガー(志望)
2020年03月20日 22:03
お邪魔します。
 冷戦の頃、数の上では優勢な旧東側の戦車群に立ち向かうための言わば「空飛ぶ戦車」として作られたのが攻撃ヘリです。往年の巡洋戦艦同様、機動力を突出させる事で優位には立ちましたが、相手方の対処能力が向上すると防御力の低さが仇になりました。「空飛ぶモノ」に陸の戦車や往年の戦艦のような「撃たれても尚戦い続ける」防御力など望めなかったのでしょう。敵の戦闘車両が直接なだれ込んでくる地続きの国なら兎も角、島国である我国にとっての必要性自体がさほど高くはなかったのではないかと。
 今戦車に求められているのは「歩兵の盾」であるように、今ヘリに求められているのは、地上部隊に随伴して「ちょっと(人や物を)運んでくれ」「ちょっと見てきてくれ」といった要請に応える事と思われます。それに「(機銃なり爆弾なりで)ちょっと叩いてくれ」が加わるのではないかと。