新小銃の調達に30年かけて平然としている自衛隊と仏軍の拳銃、狙撃銃調達の違い。

1月15日付けのJane’s Defence Weekly で仏国防省の新拳銃及び新狙撃銃の調達に関する記事「France award pistol, sniper rifle contracts」という記事が出ています。

DGA(仏国防調達庁)は新拳銃にグロック17を選定。74,569丁を44万ユーロ(約54億円)となります。
当初の計画では75,000丁を調達。費用には5千100万発の拳銃弾、4百万発のメーカーのトレーニング用弾、200万発のサブソニック弾、1,500セットの昼夜兼用照準装置(フラッシュライト&レーザーポインター)が含まれることになっています。これは特殊部隊精鋭部隊で使用する拳銃やそのアクセサリーも含まれているということです。

つまり調達単価は契約額を調達数で単に割った約7万2千円ではなく、かなり安いということです。対して陸自の新拳銃調達はH&KのSFP9が選定され、来年度予算で323丁が3千万円を要求しています。調達単価は9万3千円となります。予算に計上されている数字は四捨五入されているので、9万円は割る可能性があります。

それにしても大きな差があります。フランスに限らす、他国では新小火器の導入に関してはシステムとして捉えて、訓練なども含めて調達計画を立てます。対して防衛省、自衛隊では火器単体で要求します。

自衛隊では火器に搭載する光学照準器やフラッシュライトは別な担当者が別予算で調達することになっています。これでは装備体系や訓練体系が確立できません。考え方が昭和で止まっています。率直に申し上げて硬直した官僚主義で、平和ボケしています実際に戦争しないからいいだろ、と高をくくっています。
これが我が国の「軍事の専門家」の実態です。更に申せばSIG社のP220をライセンス国産した9ミリ拳銃は2500発も撃てばフレームにクラックが入ります。つまり耐久性はオリジナルよりも一桁低い欠陥品であり、オリジナルの5倍以上のお値段で調達していました。

新狙撃銃に選定されたのはベルギーのFNハースタルのセミオートマチック式の7.62mm狙撃銃、SCAR H PRが選定されました。計画では2,600丁を調達、315万発の徹甲弾、35万発のマッチグレード弾、ナイトビジョン1,800セット、サーマルサイト1,000セットとなっており、契約額は1億ユーロ(120億円)でFNは2,620丁の小銃本体、光学サイト、2脚やサプレッサーなどのアクセサリー一式、暗視装置類は同社のパートナーのOIP センサー・システム&テレフンケン・ラコモスが担当します。デリバリーは本年から始まり、完了は2022年に完了する予定です。つまり2年間です。

小銃の調達に30年も予定し、光学サイト、暗視装置、その他のアクセサリーも調達せず、小銃単体を調達する防衛省、陸幕とは偉い違いです。
因みに陸自の採用した狙撃銃はFMS経由で爺さんの小便みたいにチョロチョロ調達しているので調達単価は100万円以上、市価の3~4倍以上です。中には銃身が錆びたものもあって、海兵隊の不要な在庫でも売りつけられたのでは、というものも混じっていました。当然というか、セットで暗視装置やサプレッサーをシステムとして調達はされておりません。

まともにやる気ない、形だけならば実銃をやめて東京マルイのエアガンで武装した方がいいいでしょう。格好は付きますし、お値段は一桁以上に安くなります。それに全部お金は国内に落ちます。調達自体が目的化しており、実用性は問わない、安ければいい、戦わないという前提で調達するなら皮肉でもなんでも無く、それでいいんじゃないでしょうか。


Japan in depth に以下の記事を寄稿しました。
空自輸送機調達のいい加減さ
https://japan-indepth.jp/?p=50589

■本日の市ヶ谷の噂■
自衛隊の現用9ミリ拳銃は、調達にさいして驚くべきことに要求仕様には耐久性が入っていなかった。このため約2500発も撃てばフレームにクラックが入る粗悪品をオリジナルの5倍以上のお値段で調達、との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

濡れネズミ
2020年03月14日 19:52
米軍部隊や一部の隊員が使用する光学照準器、赤外線ライト、無人機等を馬鹿にしていた幹部連中の姿は忘れられない思い出です。

調達が始まる新型小銃、拳銃でもどうせまともに生産ができないと思います。

噂のP220は一度触った事がありますが、そんな欠陥があったとは、やはり国内メーカーは信用できないですね。
やれやれ
2020年03月15日 00:12
酷使様は高くても気にしないようですね。
自衛隊のすることは全て正しいと思っているのでしょう。
GUN雑誌等を読むと市販品の価格が出ていたりするし
大凡の価格は分かると思いますが気にしないのでしょうね。
普通に考えたら色々おかしい、高すぎると思うところですが。外野は声あげないし、議員も無関心なら財務省にでも
突っ込んでもらわないと改善しないのかも。
財務省のほうが専門家?である防衛省より軍用品の性能や調達に詳しくなると色々予算削減言ってくるでしょうね。その方がありがたいとなると世も末のような気もしますが。

それと小銃はおろか狙撃銃のサプレッサーも見たことがないですね。特殊部隊位なんでしょうか。

東京マルイのは市街地戦の訓練とかで使ってますね。
一部なんでしょうけど。後はバトラーでしょうか、
どれくらいあるのか知りませんが。
やはり最後は口鉄砲?

「■本日の市ヶ谷の噂■」
...信じられない程無能ですね。
担当者は銃のことを何も知らない素人か
ミネベアに忖度したのか袖の下でも
貰ったんでしょうか。
新型拳銃は輸入になったので少なくとも
品質は今より上がるでしょう。

酷使様はオリジナルとの製法の違いを知っている様でしたが
それをコストダウンの為と信じていたようでした。コストダウンして5倍ではお話にならない事を理解できないようで。
それにWikiによると年に30発しか撃たないようで...
単純計算で80年。普通に使えば十分お釣りが来るのでしょう。30発って1回の訓練分じゃないですか?
やれやれ
2020年03月15日 01:35
濡れネズミさん、
「米軍部隊や一部の隊員が使用する光学照準器、赤外線ライト、無人機等を馬鹿にしていた幹部連中の姿は忘れられない思い出です。」
え?そんな人がいるんですか?
まさか気合と根性があれば当たるとか、心の目で見ろとか?
彼らは職業軍人として何の勉強も調査もしていないのですか?米軍すら見ていないとか。
きっと患部はフォースの能力をお持ちなんでしょうね。
素人でも有用性は分かりますが。サバゲの装備にも負けそうですね...
濡れネズミ
2020年03月15日 18:29
概ね、「重くなるし、電池が切れた使えないし、銃本体がそれに対応する改修が必要だし、ハリウッド映画と違って高価なおもちゃが無くても戦える。」
ですね。

「あんなおもちゃいらねーよ。」当時の班長
(当時3曹)
「高価過ぎて普及しないだろう。」同中隊長
(当時1尉)
「一時的な流行で検討に値しない。」同師団長
2012年頃なのでまだ過渡期でした。

部隊のヘリのドアガンに導入していた陸自幹部、海外派遣が多い部隊の隊員、アメリカ海兵隊なんかを何考えてんだと笑い者にしていた訳です。

2016年ごろから、アフガニスタン、イラクの治安作戦の戦訓検討が始まりましたがこうした意見が大部分でした。

彼らは否定するかもしれないですが、腹を抱えて笑っていた幹部連中は今でも覚えています。
みんなA○B48総選挙、パ○ーグの行方、天皇杯、ジャ○ラー大感謝放出祭が新型軍事技術より大事だった訳です。
濡れネズミ
2020年03月15日 19:47
連投失礼します。
DJI(当時は無名でした)の無人機を使ったドネツク人民共和国の民兵などを2014〜15年に報告したら笑い者。

イラク、イエメンで中国製「翼竜型」無人機が実戦投入された映像を鼻で笑う。

シリアでロシア製の「オルラン10型」無人機の投入が開始している情報(写真付き)をデマ認定。

海兵隊員が夜間に赤外線ライト等で目標を指示する、小銃にダットサイト、フラッシュライトを付けているのを見てあんな馬鹿な奴がいるなんて信じられないと言って馬鹿にする等です。
偽陸士
2020年03月15日 21:09
19190213様。

コンテナローダーですが、自分が相模原で観たのはフォークリフトでコンテナを上から掴む物でした。
やはり荷役自体は人手でやってる可能性があります。
ただオシコシの大型トラックは日本にも在るようで東名で事故の巻き添えに逢ってます。
CPR
2020年03月16日 07:59
小火器の調達下手は、日本人(自衛隊)が銃を刀や槍と同じ感覚で捉えているからではないかと思ったりします。
刀や槍は直接的に殺傷しますが、銃は弾丸を撃ち出す機械にすぎない。
よって、武器としては「弾丸を目標に送り込む性能」を総合的に高める必要があります。
榴弾砲や迫撃砲と同じです。
このように考えているからこそ、フランス
等のまともな調達をする先進国は付属品も含めた計画に仕上げるのではないかと。

9mm拳銃は米軍から助言があったにも関わらず、P220を選定しましたからね。
耐久性が怪しいし、装弾数少なくて心許ないし、弾倉交換しにくい、といいことありません。
耐久性が悪いのは、新小銃も耐久性が要求されてないくらいですので、驚きも失望もありません。
ただただ、使い物にならない装備を使わせられる現場が不憫でなりません。
AKを実際に手にした時は、ベストセラー小銃とはこういうものかと肌で実感したものです。
AKにレールシステムを付けたら89式より余程ましじゃないかと思います。
偽陸士
2020年03月16日 09:47
濡れ鼠さん。

陸自衛隊員の夜郎自大ぶり、旧日本軍並みで危険です。

真っ当な組織なら技術的奇襲に対抗策を講じるのですが、レーダーを笑って全滅した旧日本軍と何ら変わりません。

歴史は繰返します。

自分もそれを知っているので、役人による武力の独占には断固反対なのです。

前回の敗戦は寛大な占領でしたが、次はそうは成らないでしょう。

役人任せでは勝ち目は有りません。
SSAO
2020年03月16日 09:49
拳銃の耐久性の問題、中央即応連隊の様に海外任務や射撃訓練が多い部隊だと問題視されてるのでしょうか?
やれやれ
2020年03月16日 13:52
濡れネズミさん、
やはり実戦は無いと他人事の様に感じているから世界の紛争で何が起こってどんな武器が使われているか興味無いのでしょうね。
明日は我が身と言う発想は無いのでしょう。
だから広多無でも良いのかも知れません(呆)。

偽陸士さん、
空自陸自の輸送部隊の基地にはコンテナローダーがありますね。
空港で使っているような飛行機用のコンテナの奴ですが。
大型トラックや貨車のコンテナを運ぶローダーは見たことないですね。大型フォークリフトはありますが。

CPRさん、
「耐久性が怪しいし、装弾数少なくて心許ないし、弾倉交換しにくい、といいことありません。」
オリジナルは良いと思うんですが。なぜダブルカラムのP226にしなかったのか謎ですが。その前のガバメントでさえ日本人の手には大きいと言いますがどうでしょう?私はP226もM1911のコピーも撃った事がありますが、グリップが大きいと思った事はありません。
そもそも両手で構えますからね。片手でも大丈夫ですがこれだとまず当たらない...腕力無いです。因みに中肉中背で平均的な日本人体格です。普段運動しないので華奢です。手のひらも大きい方ではありません。それでも十分使えると感じます。そんなにグリップが太い、或いは握りにくいでしょうか?それとも片手打ちが標準とか。拳銃で握りにくかったのはデザートイーグル357マグナム、M1911コピーのダブルカラム(かなり太い)と旧型のリボルバー(ラバーグリップで無いの)位でしょうか。

「AKにレールシステムを付けたら89式より余程ましじゃないかと思います。」
AKは触った事しかありませんが、見た目の無骨さに比べて以外に構えやすくバランスも良くレバー類もいい感じの所にあり操作しやすいと感じました。それにご本家ロシア、中国は既にAKベースで各種口径、レール付きのモデルが色々あります。基本構造はAKと同じ?でも見た目からして89式より近代的です。中国はM16ベースのコピーも売っているしM82っぽい対物ライフルもあるしMP5っぽい短機関銃も。東西合わせてほぼ全てのバリエーションの小火器を作っています(呆)。
CPR
2020年03月16日 19:20
やれやれ様

オリジナルはいいのでしょうが、日本製ですから。
コメントを見てて思い出しましたが、昔は半身になっての片手撃ちが標準だったはずです。
片手撃ちだとダブルカラムは「太い」となりますね。
AKのレールカスタムは本国に先駆けて米国で出回り出し、結構な年月が過ぎているはずです。
(そもそもの設計思想が違うことは別にして)89式が優っている点は精度くらいではないでしょうか。
AKと言えば頑丈さや整備のし易さが有名でしょうが、弾薬も考えられていると感じました。
同じ7.62mmでも西側のより反動が優しく制御しやすいです。
(薬量が少ないので当たり前ですが)
弾薬からもAKの設計思想が伺えます。

中国の真似をして成長する姿勢は一昔前の日本でもあったわけですが、日本の防衛産業は内向きなので他の分野のように成長しようがなかったのが悔やまれます。
自衛隊にも濡れネズミ様の話にあるような自閉官がいるわけですし、何も防衛産業に限った話ではないですが。
19190213
2020年03月17日 00:59
割とアタッチメント類はつけないと駄目やんっていう話は聞きますけどね・・・。
だからこそ新小銃作る位ならば被頭部の交換をやって欲しいのですよ。(被頭部の破損が原因でアタッチメントを付けられないから)
それで安く済むやんと・・
口径論争も終わっていないのだからまだ決めなくても良くねと・・。

あと狙撃に関して言えば本邦は普及率が徐々に高まってきていますし運用も米実なんかを通して良くなっているとも聞きます・・。
一方で分隊選抜射手のような軽便な狙撃手というのも安価に火力を上げる方法ではあるので検討して欲しい所ではあります。


余談



HEMTT、LVS 、MTVRといい米軍は金を掛ける処が凄いです。


https://youtu.be/LAgzxMZ8Le8?t=35

アームロール、フックロールによるコンテナ積載
https://youtu.be/RaRFi_TaAMY?t=233
やれやれ
2020年03月17日 17:20
CPRさん、
「コメントを見てて思い出しましたが、昔は半身になっての片手撃ちが標準だったはずです。」
これだと手のひら、指の短い人は苦労しますね。9mm拳銃もP220オリジナルよりグリップを細めに作っているらしいのですがそういった事情なんでしょう。私には握れても片手で的に当てるのは無理ですね。どうしても構えるのと照準が遅くなる、重くて腕がプルプルしてしまう。映画やTVを見ても両手打ちが増えましたがあんな感じに構えないと私には無理です。BB弾の空気銃なら余裕ですが、実銃ではそこまでできません。それに年30発ですか?片手打ちでこれで精度上げろと言われても練習にもならない数ですよね。総火演や模擬戦などでは両手撃ちをしていました。そういった変化もあって輸入拳銃にしたのかなと思います。