イージス・アショアは必要ない。

陸自にイージス・アショアは必要ありません。寧ろ有害です。

アショア導入によってアメリカ様の歓心を買おうというのは、官邸特に和泉補佐官の独断専行であると思われます。安倍首相が軍事に情弱なことをいいことに、独断で話を進めたようです。

しかも海自の導入しているレイセオンのものではなく、全く別のロッキード・マーティンのものをいきなり導入と官邸で決めてしまった。当時の小野寺防衛大臣は知らせを聞いて大臣室で怒号をあげたといいますから、防衛省は蚊帳の外だったのでしょう。補佐官にそんな権限なんかありません。

まさに、(安倍首相、このフレーズすきですよね)、ナチスドイツの総統府が思いつきで国防軍にあれこれ高圧的に命じるのと同じです。第二次安倍内閣はナチスを手本としているのでしょう。国威発揚のためのオリンピックも大好きですしね。コロナ問題がいつ収束するのか変わらないのに、来年にオリンピックやるんだと決めていることろ、大戦末期のヒトラー総統を彷彿します。

軍事的な整合性もなく、非常に高価な装備を自衛隊に押し付けることよって、自衛隊の戦力が大きくそがれることになるでしょう。中国や北朝鮮は大喜びでしょうねえ。


話をイージス・アショアに戻しましよう。問題点は幾つもあります。まず、日本の安全保障上の貢献度は小さい。できるのは蓋然性が低い北朝鮮からの弾道弾攻撃への対処のみ。中国の脅威対処等、他の海域の日本の安全保障には役に立たちません。また2か所で約3,000億円(下手すると6千億円以上の費用は費用対効果が低すます。

次に自衛隊が、その存立基盤である国民、住民の支持を失うことになります。
既に何度もご案内のように海自イージス艦のレーダーは距岸50マイル以遠のみ運用可(レーダーによる影響度が大きいため。)近隣住民の健康懸念は当然です。レーダーはサイドローブと呼ばれる軸線以外の広範囲への漏洩電波輻射は避けられないため、超高出力のSPYレーダーは近隣に影響を及ぼすことを避けられません。逆に申せばアショアがOKならばイージス艦は停泊地でもイージスレーダーを使用することになんの問題もない、ではなんで50海里も離れて使用しているのだ、という話になります。

このような問題があるにも関わらず、強硬に導入すれば候補地の住民及び県民の自衛隊そのものに対する反対反応を招きます。

そして自衛隊、特に陸自の負担が増します巨額な出費で陸自の負担が増加(装備更新・訓練・整備費が不足して任務に支障を来たします。
運用認定試験はハワイの米軍の設備(システム)で実施せざるを得ない。これはハワイの試験用設備(システム)まで日本の負担とされる恐れ大きいでしょう。しかも実際の施設で試射もできず、迎撃はぶっつけ本番になります。

更に申せば海自のイージスレーダーとの互換性がなく、訓練、兵站でも二重となり効率が悪い。開発費まで日本が負担する可能性もあります。当然導入コストがかかります。またアショアだけ導入するだけですまず、ドローンを含めて対空システム、またゲリラコマンドウ対策も必要であり、この費用もかなりかかります。またドローン、巡航ミサイル、コマンドウなどの攻撃を迎撃するさいに地元のに副次被害がでます。例えば30ミリ機関砲で射撃を行えば、かなりの範囲で爆発する弾頭をばらまくことになります。それは


イージス・アショア導入計画は廃止すべきです。違約金を払っても、イージス・アショア計画を廃止すべきです。そうすれば住民の健康被害懸念及び住民(地方自治体)の反対は無くなります。

その代わりに海上自衛隊にイージス護衛艦3~4隻を追加します。艦艇は移動可能であり、様々な脅威や事態に柔軟な対処が可能です。イージス艦は弾道弾対処以外の脅威対処能力も汎用護衛艦より高い。1隻あたり約1,800億円(4隻で約7,200億円)と少し高額となるが費用対効果は高い。

また既存のイージス艦と同じシステムを使えば米軍の試験設備(システム)や、開発費の日本負担の可能性は無くなります。既存の海自教育体系の中でイージスシステム関係者の教育が可能ですから効率もいい。

その代わりに海自の旧式護衛艦の除籍促進・能力の低い艦艇の建造を中止すべきです。現代戦を戦えない、きり級護衛艦以前の艦艇全て(18隻)を短期間に除籍する。こうすれば維持経費の削減、人的資源の確保、有効活用が可能となります。
更に能力の低い艦艇(FFM及び哨戒艦)の建造を中止し、その代わりに滞空型無人機導入による海自の警戒監視任務負担軽減と能力向上をおこなう。

艦艇隻数減に対する警戒監視任務の負担軽減と能力向上のため、MEAL型の滞空型(24時間以上の滞空時間)大型無人機を5機~6機導入すれば十分でしょう。洋上警戒監視任務は一義的に無人機の任務とし、監視エリアが拡大、遠距離から昼夜の監視(光学・電波・レーダー・AIS)が可能になります。
艦艇では近接しないと確認できない。広い海域は監視できないので、監視、警戒と言う意味では遥かに効率的です。また、近接による無用なトラブルを避けられ、更には海自航空部隊の労力の軽減にもつながります

この方法ならば対米関係をより良好にもできるでしょう。イージス・アショアは2セット分のみですが、新たにイージス艦を3~4隻建造するなら、米国企業は1.5~2倍の売上を期待できます。米国企業の利益が大きければ米国政府は賛成するでしょう。ですからアメリカ様のご機嫌を損ねることはない。移動可能なイージス艦は、台湾有事や他の様々な脅威に対して機動的に米海軍と連携し、米国のアジア戦略に寄与することができる。つまり運用の柔軟性があります。

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
任官拒否防大卒業生は非国民か
https://japan-indepth.jp/?p=50819

■本日の市ヶ谷の噂■
陸自のヘリパイロットの年間飛行時間は約80時間で北朝鮮以下とあるといわれているが、その理由のはバカ高い買い物をしたツケ、で整備費や部品代が賄えないこともあるが、更に老朽化したAH-1Sの機体寿命を持たせるために、飛行時間を制限していることも要因との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2020年03月29日 17:01
全く仰る通り。このレーダーの問題点はこれから試験をする所から始まる所で、システムも現行と互換がないのでソフト含め大幅な見直しが必要になるでしょうね。見た目は同じでも中身が違う。オリジナルのF16とF2を比べると分かりやすいかも知れません。
導入して戦力化するまで相当な時間を要すると思います。
順調に進んでも10年くらい掛かるのでは?
本当に必要で急いで導入するならポーランドと同じ従来型を導入すれば3年ほどで完成、5年以内に戦力化できるかも知れません。秋田と山口が同意したらの話ですが。
全く馬鹿げているとしかいえません。
どうしてもイージス・アショアを導入するならフロートとかひゅうが型に乗せて秋田と山口の沖合に浮かべれば良いと思いますよ。
隊員は内火艇で送迎し交代すればイージス艦より快適でしょう。日本海の真ん中まで出向かなくても陸上よりマシでしょう。
やれやれ
2020年03月29日 17:17
「かなりの範囲で爆発する弾頭をばらまくことになります。それは」
それはに続く空白は伏せ字でしょうか?
イージス・アショア近隣半径4~10キロ位の住民には
破片の被害が及ぶでしょうね。必ず海から襲ってくるとは限りませんからね。大凡秋田市街地全域でしょうか。
避難区域に指定しないといけないレベルかも知れません。

「当時の小野寺防衛大臣は知らせを聞いて大臣室で怒号をあげたといいますから、」
薄々防衛省にお伺いを立ててないで独断で決めたんじゃと思いましたが身内にも内緒で決めたんですか...
小中高の一斉休校もそうですが、特に親しい人の言うことを真に受けて身内の大臣や官僚にも相談せず話を勝手に進める辺り
独裁者然としていますあ。しかも自分では責任を取らないのでヒトラーより悪質かと。

「中国や北朝鮮は大喜びでしょうねえ。」
間抜けだと助かるんですが中国は違うでしょうね。

「■本日の市ヶ谷の噂■」
AH1Sも死に体ですからね。そろそろ全機寿命が近いのでは?
F4同様次が決まるまで延命でしょうかね?
今度は陸自のヘリパイ養成組から大量離脱者が出ないと
良いのですが。単発事業用ヘリの免許でもTH135より
劣るとしても需要はあるでしょうから。
通りすがりの名無し
2020年03月29日 17:48
アショアについては大まか同意です。
ただ、
1、きり級を抹消したら、その代替はどうするべきと考えていらっしゃるのか。
2、フリゲート艦は従来の護衛艦よりも建造コストは低いので、武装を強化する形に変更なのはダメなのでしょうか?
Suica割
2020年03月29日 18:44
イージス艦四隻の方が絶対額も少なくつく。
住民への補償金を考えたら、地上型イージスは危険な選択。
地上型イージス置くにしても、そもそもなんであんな平地に置くのか?
大抵、レーダーサイトは山の上とか島に置いてある。
場所も悪すぎ。
もっと良く考えろと言いたくなる。
キヨタニ
2020年03月29日 19:55
FFMは安かろう、悪かろうです。
30隻も作らずに10~15隻に減らしてその代わり能力は向上させるという手はあるでしょう。

>通りすがりの名無しさん
>
>アショアについては大まか同意です。
>ただ、
> 1、きり級を抹消したら、その代替はどうするべきと考えていらっしゃるのか。
> 2、フリゲート艦は従来の護衛艦よりも建造コストは低いので、武装を強化する形に変更なのはダメなのでしょうか?
19190213
2020年03月29日 21:00
米国では自律型哨戒艦(艇かも)の案が出てましたがFFMの半分はそれで良いんじゃないかと・・・・
MDというのは底なし沼ですよ。
陸自はMDに噛めなかったので躍起になっていますがここは躍起になるところじゃない。
毒飯を食わされているようなものです。
大体日進月歩のMDを半端な覚悟で首を突っ込もうとするのがおかしい。
ソビエトでさえその過剰な構想に振り回され焼き殺された。
その覚悟があるのかと。
やるならばやるで他の国も巻き込まなければなりません。
イランが脅威となっているイスラエルや他の国家群等・・どうせまともに使えるようになるには複数国家でもなければ足りんでしょと。

イージスのMDを推進したのだって相互確証破壊ができない故の国民への責任に過ぎないわけで実際は相手が本気ならば飽和攻撃を防ぐことは至難というか殆ど出来ないはず。
建て前に過ぎないんですよね。

それに北が実際に領土に撃てるかと言えば話は全く以てちがうでしょ?
って思っちゃうんですよね。
毎度ながらそれだったら別な事に使った方が余程良いんじゃないのと・・・
通りすがりの名無し
2020年03月29日 21:00
なるほど。あさぎり型やはつゆき型の代替としては、イージス艦に加え、汎用護衛艦(駆逐艦)の方を8、9隻ほど追加する方がいいと考えました。ある程度多く持っていた方がいいと思ったので。
ところで、なぜフリゲート艦や哨戒艦の導入に否定的なのか、意見をお聴きしたいのですが。おそらく哨戒艦は、長距離航行に向かず、特性上汎用性が悪いから清谷殿は否定的であると考えましたが
キヨタニ
2020年03月29日 21:29
警備艦なら海保と同じです。海上哨戒なら無人機の方が能力がたかいからです。

>通りすがりの名無しさん
>
>なるほど。あさぎり型やはつゆき型の代替としては、イージス艦に加え、汎用護衛艦(駆逐艦)の方を8、9隻ほど追加する方がいいと考えました。ある程度多く持っていた方がいいと思ったので。
>ところで、なぜフリゲート艦や哨戒艦の導入に否定的なのか、意見をお聴きしたいのですが。おそらく哨戒艦は、長距離航行に向かず、特性上汎用性が悪いから清谷殿は否定的であると考えましたが
キヨタニ
2020年03月29日 21:31
フリゲート自体は否定しませんが、安くて隻数を稼ぐことが目的化して低性能で浮かぶ棺桶です。

>通りすがりの名無しさん
>
>なるほど。あさぎり型やはつゆき型の代替としては、イージス艦に加え、汎用護衛艦(駆逐艦)の方を8、9隻ほど追加する方がいいと考えました。ある程度多く持っていた方がいいと思ったので。
>ところで、なぜフリゲート艦や哨戒艦の導入に否定的なのか、意見をお聴きしたいのですが。おそらく哨戒艦は、長距離航行に向かず、特性上汎用性が悪いから清谷殿は否定的であると考えましたが
通りすがりの名無し
2020年03月29日 21:46
わかりました。まあ、個人的には
・フリゲート艦は多くて6~8隻で、清谷氏 が指摘する箇所を改善する
・あさぎり型やはつゆき型の代替として、イージス艦に加え、汎用護衛艦を8~9隻ほど追加する(フリゲート艦なしなら、11隻)
という考えなんですが、如何なさいましょう?
やれやれ
2020年03月30日 07:19
陸自、将官級の天下りあっせんか
組織的疑い、監察本部が調査
https://this.kiji.is/616966484469400673
陸上自衛隊の将官級(陸将、陸将補)の天下りをあっせんするため、自衛隊法に反し、陸上幕僚監部の募集・援護課職員らが企業側と接触した疑いがあることが29日、防衛省関係者への取材で分かった。防衛監察本部は既に、退職した陸自の将官級100人以上の再就職について調査を開始。組織的にあっせんしていた可能性があり、防衛省は処分を検討している。

果たしてどうなることやら。これで膿が少しでも出れば良いのですが。
SSAO
2020年03月30日 08:44
清谷さん質問です。イージスレーダーのデメリットとして人体に与える影響以外にもあるのでしょうか?
例えば電波が強すぎて味方の通信や他のレーダーも妨害してしまう様な事はあのでしょうか?
キヨタニ
2020年03月30日 09:18
そういうことは井上さんあたりの方が詳しいかと^_^

>SSAOさん
>
>清谷さん質問です。イージスレーダーのデメリットとして人体に与える影響以外にもあるのでしょうか?
>例えば電波が強すぎて味方の通信や他のレーダーも妨害してしまう様な事はあのでしょうか?
元土木
2020年03月30日 11:13
削るべきは無駄な経費ですね

地域手当が多い関東全体や市ヶ谷でも横行しているみたいですが無料官舎に住む人が多すぎです。
何でそんなに緊急○種要員がいるのでしょうか?(そもそも緊急時に呼集掛けても直ぐに出勤して来ませんし、定期的に行ってる呼集訓練は予め日付と時間を漏らしてるので訓練の意味ありませんし)

本当にこの組織大丈夫なのか心配です。
SSAO
2020年03月30日 15:57
>そういうことは井上さんあたりの方が詳しいかと

井上さんと言うのは井上和彦氏の事でしょうか?
キヨタニ
2020年03月30日 19:26
孝司さんの方です^_^

>SSAOさん
>
>>そういうことは井上さんあたりの方が詳しいかと
>
>井上さんと言うのは井上和彦氏の事でしょうか?
SSAO
2020年03月31日 07:37
>孝司さんの方です
清谷さん。教えて頂きありがとうございます。
ブロガー(志望)
2020年04月05日 21:31
お邪魔します。
 お言葉ですが第一次大戦後のドイツは過酷なベルサイユ条約と大恐慌の生き地獄に喘いでいました。かつ当時真っ当とされた方法では打開できる見通しがありませんでした(尤も今では当たり前の「公共事業による雇用創出」もその当時の人達には「社会主義か」だったようですが)。その中で「真っ当でない」ヒトラーが選ばれたのです。また画家くずれのヒトラーは「感覚・感性で一気に正解に到達する」タイプの人間だったので。政権獲得や経済や外交ではある程度正解に到達できたのでしょうが、軍事では外しまくったのではないかと思われます。一方首相の実態は「如何に不平不満を言おうが、実際に何かを変えようとすれば、それによって引き起こされる摩擦や軋轢に対して怒る」今の日本の有権者の意向を受けた「如何にも変えそうで実は何も変えない人間」ではないかと思っています。岸信介を含む戦後の日本政治が一貫してとってきた「アメリカ様に負けた以上、日本はアメリカ様のお情けにすがって生きていくしか無い」を堅持するためには、アメリカに「脅威」どころか「手を貸さなくても良いのでは」と思われてはいけないので、日本を「実戦が可能な国」にしないようにしています。かつては所謂「左翼」にその一翼を担わせていましたが、旧ソ連崩壊で左翼の言説に説得力が無くなったので、政権(与党)自身が「如何にも防衛力を強化するかのように見せかけて、実際には弱体化させる」やり方に変えたのではないかと推測しています。
Suica割
2020年04月13日 22:08
まだましな案とするなら、実戦成果もあるザードに置き換える。
ロッキードマーティンのレーダーは、能力向上のための研究素材として使い、実戦配備出来るメドが立ったら、何かに使うですかね。