陸自のオスプレイは空海自に移管すべき。

陸自がオスプレイを導入すると航空隊は壊滅状態になります。それを回避するためにはこれを海空自衛隊に移管するべきだと思います。

陸自が17機のオスプレイを導入する予算は初期費用含めて約3600億円。ざっと陸自のヘリ調達予算の12年分です。オスプレイ1機あたりの維持費が10億円と言われておりますから、17機ならば毎年170億円が必要です。それは陸自のヘリ整備予算の3分の2にあたる金額です。
現在ですらヘリの稼働率は低く、パイロットの飛行時間は、かつては120時間以上あったのが資格維持がギリギリの80時間程度で北朝鮮以下といわれています。

これでオスプレイを導入すればどういうことになるか子供でも分かる話です。これは単に航空隊だけの話ではなく、陸自全体の予算が逼迫するということです。これに加えて、イージス・アショアも導入される予定ですが、それが実現されたら状況は末期的になるでしょう。このような事態でも防衛省も陸幕も危機意識がないように思えます。

それを回避するためにはオスプレイの調達をキャンセルすればいいのですが、それは政治的にできないでしょう。そうであれば次善の策として海空自にオスプレイを移管するべきです。

訓練用の1機は空自に移管して、これを空海自で共同利用する。4機は特殊作戦用としてCV-22に変更して空自が運用する。特殊作戦群を輸送する特殊作戦用航空機材は第一ヘリ団のUH-60しかありません(特警隊用としては海自のMCH-101のうち2機がそうゆう仕様になっています)。
固定翼の機体がありません。ですからCV-22をそれに当てます。

せっかく特殊部隊があるのにその投射能力がないのは平和ボケもいいところです。島嶼防衛の尖兵たるべき特殊作戦群は習志野市で留守番していればいいのでしょうか。防衛省も陸幕も特殊部隊の運用を全く理解していないとしか言いようがありません。
日本の規模の先進国で特殊部隊用の固定翼航空機がないのは極めて異常です。

残りの12機は海自のDDHの輸送用に転用します。これは米海軍が空母の輸送用のC-2Aグレイハウンドに後継として採用したCMV-22Bに変更すれば宜しい。海自ではDDHの輸送用のUH―XとしてMCH-101の汎用機型を導入する予定でしたが一部の将校と内局官僚が「反乱」を起こして、任務に不適合なSH-60Kベースの機体を導入すべく独断専行を起こしました。

これを諌めた当時の海幕長が逆に叱責、処罰されるという異常事態がおこりました。
SH-60Kベースの機体では想定されている、ヘリのエンジンやローターブレードの輸送も、大人数の救難もできません。また予定されているF-35B用のエンジンの輸送もできません。
ならば陸自が導入予定のオスプレイをCMV-22Bこれに当てれば宜しい。

https://japan-indepth.jp/?p=34774
http://japan-indepth.jp/?p=34784


またCMV-22Bならば早期警戒機としても使えるでしょう。例えば英海軍のコンペでは「CERBERUS」に負けたロッキーUKの、AESAレーダーシステムをCMV-22Bに搭載すれば、ヘリよりより高い高度を、より長時間滞空できます。
これはイスラエルのIAIエルタ製AESAレーダー「EL/M-2052」 を搭載したセンサーポッドを使用するもので、固定式なので全周を常に探知はできないが軽量であり、無人機搭載に向いています。もともとAW101用に開発された機材なので、多少の改良は必要でしょうがオスプレイにも搭載はできるでしょう。

https://japan-indepth.jp/?p=23254

そもそも艦隊防衛のためには艦隊自前の早期警戒機が必要です。特にF-35Bを運用するならば尚更です。

オスプレイを海空自に移管できれば、とりあえず陸自は、一息はつけるはずです。またMV-22を17機陸自に導入するよりも遥かに有効活用ができる、費用対効果は高いでしょう。

■本日の市ヶ谷の噂■
自衛隊に不向きな、オスプレイ、グローバルホーク、イージス・アショアの導入を独断で決めたのは、コネクト大坪こと大坪寛子厚生労働省官房審議官と情を通じていると週刊文春が暴露した、首相官邸の和泉洋人内閣総理大臣補佐官。彼と通じているのが髙橋 憲一防衛事務次官。本来なんの権限もないので、大本営参謀、辻政信気取りで防衛予算を米帝に貢ぎやがってと、市ヶ谷では不満が鬱積しているとの噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2020年03月23日 13:34
中途半端な上に非常に高価な輸送機、輸送ヘリもどきのオスプレイを酷使様はありがたがっていますが正直使い道が思いつきません。
私などは米軍に買い取ってもらったほうが良いと思っていた位です。
6月には木更津に来るようですが(新型コロナ次第かも?)どうなることやら。酷使様はヘリが使えなければオスプレイを酷使すればいいじゃないと言うマリーアントワネットも真っ青の思考が多い気がしますが、単にライフサイクルコストを上げているだけのような気もします。100時間でエンジン交換して整備が必要なんでしたっけ?戦闘機じゃあるまいしそんな頻度でエンジン整備していたら大変ですよ。1日2時間使ったとして50日、2、3日に1回飛ばしたとして大雑把に半年に1回ですからね。
清谷さんの案の様に陸から空海に回すのは良い考えだと思いますが、今からCV22やCVM22Bにオーダーを変更できるのでしょうか?
既に製造完、或いは仕掛り中の物は手遅れかも知れません。追い金払えば改造してくれるのかも知れませんが。それと護衛用に機関砲を装備したタイプもあるといいですね。
にしても空海に回してどれくらい役に立ってくれるのか分かりませんが。

「せっかく特殊部隊があるのにその投射能力がないのは平和ボケもいいところです。」
C2と言う素晴らしい輸送機があるではありませんか!と酷使様は思っていそうですが。陸自の中の人も同じ考えかも?

「■本日の市ヶ谷の噂■」
国内では本当は誰が欲しいと言ったのかは知りませんが、お買い上げを決めたのは安倍ですよね。トランプへの忖度かも知れませんが。選定の経緯が公になってないのが何とも。言い方を変えると安倍を操るのは案外簡単なのかも、と言う事です。馬鹿な皇帝は裸の大様も同じで簡単に騙せますね。
KU
2020年03月23日 14:28
まさか、オスプレイ絡みでコネクト大坪女史と和泉補佐官の名前を聞くことになるとわ( ノД`)…。和泉さんってiPSだけでなく、いろんな案件に首を突っ込んでいるんですねえ。あんな総理と官房長官がバックにいるからなのでしょうけど、この先も立場が安泰とは限りませんよね。


>防衛装備庁、試験用機関けん銃を契約

http://jm2040.blogspot.com/2020/03/msdf-mpx.html?m=1

契約相手方は銀座銃砲店ですか。ミネベアでなくて良かった(((^_^;)
偽陸士
2020年03月23日 15:37
海上戦力を遠方に投射するなら、脚の長い潜水艦、艦載の早期警戒機、レーダーで捕捉された目標の確認に戦闘機が要ります。

フォークランド紛争の研究を真面目にやればSH-60シリーズを選択するなんて有り得ないのだが。

米軍頼みではナチス頼みだった戦前と何も変わりませんね。

有権者も無関心のツケが自分自身に降りかかっても理解出来ないのだろうな。

これは日教組でもマスゴミでもない文科省の勝利だ。

右翼ども言い訳してみろ。
19190213
2020年03月23日 17:23
政治絡むとね・・・・・
一番良いのは辞める事かもしれません。
良い機体でも数がなければ役に立たないですし予算を圧迫し陸自の自前のヘリの稼働率や実数が減るのなら本末転倒。
新進気鋭の機体に期待をかけたくなるのは分かるんですが如何せん航空科自体が一寸脆い。
だったら、少しばかり保守的な形を取って今ある需要にしっかり応えるべきかと思います。

戦術研究とか新しい分野にはガンガン前のめりになって貰いたいんですが、ヘリって今の需要も無視できないんですよね・・・。
一寸高すぎるんですよね・・・。
他の分野潰して捻出もしないんなら努力不足かもしれません。
Suica割
2020年03月23日 17:26
オスプレイ買う前にまともな拳銃、小銃、機関銃買う方が先ですね。
衛生セット、野外炊飯設備、各種保守部品諸々揃えると金足りません。
アメリカに金落とすにしろ、何に金掛けるか良く考えるべきですね。
通りすがりの名無し
2020年03月23日 18:53
ちょっと待ってください。清谷殿が最後の文で「自衛隊に不向きなオスプレイ」と書き込んでいますが、ならなぜ活用するべきとおっしゃるのでしょうか。自分はどちらでもいいですが、不向きとおっしゃるなら導入打ち切り、買ったものも返却するべきとでないと筋が通らないのですが
ドナルド
2020年03月23日 20:38
V22を移管されても、海自も空自も困るのではないでしょうか?

年間170億円の維持費が必要であれば、陸自の実員を1700名削減すればよい。

人員を少ない少ないといいつつ、そうれあればさぞ人員一人当たりの装備は充実できるはずなのに、セーターも支給しないほど冷遇。形ばかりの陸上部隊を数だけは揃えている状況から脱却する。それこそが今求められているのではないでしょうか?

今の実員は13.6万人ですが、これを10万人に削減すれば、年間3600億円は確保できる。これこそがV22や両用団、イージス・アショアの元資であるべきでは?少子化で若者が減っており、最も貴重な資源となってきているのだから、もっと(一人当たりの)装備の充実が必要で、これでも多すぎるくらいかと(1980年ごろと比較して半減ですから、本来当時の実員16万人の半分、8万人でも多いくらい)。

現在定員が現役15.1万人、即応予備8000人=約16万人で、8個「師団」、6こ旅団、空挺団と両用団で編成されています。「師団」は名ばかりで実態はただの「1.5個旅団」ですから、16万人の定員で20個旅団相当なわけです。これを定員9.5万人相当=12個旅団に削減し、残った5000人で、イージスアショアやV22、SSM連隊などの「新規装備」に対応すれば良いかと。(イージスアショア2個は2個旅団相当とし、SSM連隊も2個でSSM旅団とかにしてお茶を濁せば良い。)

とにかくこれを契機に、きちんとした陸自にして欲しいです。
Suica割
2020年03月23日 21:43
今のまま、防衛費を二倍にしたら何が起こるか?

ワーストケース
増えた分だけ、無駄な物を買う。
ワースケース
全てを総花的に増やす。
まだましなケース
今の縄張りで割り振る。そのあとに最低限の必要な手当てをしたら、残りを無駄な物に突っ込む。
19190213
2020年03月24日 01:51
ドナルド様
アリだとは思いますよ。
ただ・・・災派はどうなんでしょうね。
東日本とかやってもやっても終わらんかったしマンパワーはあると嬉しいっちゃ嬉しいのよね。
正直災害がこんなにも多くなければ駐屯地だって部隊だって削減を積極的にやれているんだと思います。
まあ流石に大隊を連隊と偽り旅団を師団と偽るようではポストを減らす気もないのかもしれませんがね・・・。

露軍を引き合いに出し過ぎるのもアレですが露軍では多大な将校の削減に成功しているようです。
というのも直接の指揮部隊を持たない将校を減らしつつも現場の中尉クラスを増やしピラミッド型にうまく戻したのだとか・・・。
露軍には将官(少将以上)が 1,100 人勤務して
いたが、2010 年までに 900 人に減少させ、中尉は 5
万人から 6 万人に増加させることが、アナトーリ
ー国防相により表明されたのだとか・・・これ2010年代の話ですな。

2008 年当時、国防省中央部局に勤務する人員は 10,523 人であり、下部の(各級)司令部の人員は 11,290 人であった。これらの組織の人員数を 2012 年までに 8,500 人にするとの計画だったとか・・・両組織を8500人づつにするという事でしょうけども確実に再建するためのプロセスを踏んでます。

まあ噂ではトップを軍に全くしがらみのない人物にしたからこそこういう削減ができたとか聞きますが・・本邦では・・・・どうでしょうかね?

陸自で言うならば師団は旅団、連隊は大隊にしてと言ったところでしょうかね。
中隊数はあんまり弄ると災派が難しくなりそうですから最小限にするとして・・・やはりカテゴリー2の部隊を作って装備更新の優先順位を下げて戦う部隊とそうでない部隊をはっきり分けるべきかもしれません。
調達数を抑えて輸入品で対応すれば幾らかはまともになるかもしれません。
何ならば即応力は下がりますけども現役中隊数を減らして即予備中隊(平時は上級部隊の掌握下で状況次第で付与)を編成するとかですかね。
中途で隊員の解雇して防衛省職員、即予備扱いで号俸を下げて再雇用するとか色々黒いやり方は出来そうですけども、まあ現場は不満出ますわな。
結局この難関を超えないと再編は難しいですよね。
偽陸士
2020年03月24日 10:07
MV22なんてキャンセル料の問題さえ無ければ、いくらでも購入取消出来るんですが。

こんな物買う前に、AH-1ZやUH-1Yにしとけば良かったのに。
海兵隊だって重量物はスタリオン使ってるしね。

買ってしまった物は仕方ない。
フォークランドではAEW無くてエグゾゼを防げなかった訳だしね。

SH-60じゃAEWなんて無理でしょうし丁度良いのかも。
やれやれ
2020年03月24日 11:00
Suica割さん、
確かにその通りなんですが...陸自の意向を無視してお買い物する
アホな総理がいてですね...全て台無しです。
いくら文民統制とは言え戦略も戦術も無視してエビデンスも無く1個人の裁量で高額な買い物は道理が成り立たないと思いますが、もう民主主義では無いですよね。

通りすがりの名無しさん、
「不向きとおっしゃるなら導入打ち切り、買ったものも返却するべきとでないと筋が通らないのですが」
全く仰る通りですが、果たして日本にそれができるでしょうか?と言う話があります。単純に商売として物を買うとか買わないとかの話では無く既に政治的な問題です。安倍がぜひ買わせて下さいと懇願して買ってきた物を今更いりませんとは日本国内も米国にも言えないでしょう。言わせるだけの政治家もいない。せいぜい納入時期を遅らせるか、未着手分については違約金を払ってキャンセルするかです。もう完成した機体や生産に着手した機体は難しいでしょう。オスプレイが引く手あまたなら海兵隊や他の国の分として振り替えて製造すればよいのですが、売れていませんから難しい。
ならせめて買った分だけでも何とか有効活用しようと言うのが清谷案だと思いますが。

濡れネズミ
2020年03月24日 11:52
不倫関連とかでオスプレイ導入が決まったとしたら笑い者ですね。

最近ではBRICs、ASEAN諸国の軍事費の増大が著しいです。
日頃、陸自をお遊びと笑う海空自の上層部がこのロクでもないご時世にノホホンとしているようにしか感じられないのが頭が痛くなります。
ドナルド
2020年03月24日 22:33
19190213さま

災害派遣は陸自の副次任務であって、主任務ではないので、それを考える必要はないと思います。あくまで「陸軍としての陸自」があって、これを災害時にも使えるだけ、であるべきです。

1:そもそも災害対策では民間の備蓄や避難訓練の方がはるかに重要ですし、効率も良い。救助の必要な被災民を助けることも大事ですが、それ以前に、救助の必要な被災民そのものを減らす(例えば「半減する」)ことこそが肝要ですよね。

2:それでも、やはり一定の「救助の必要な被災民」は必ず生じます。その時に、「最適化された陸自」でできる限り対応する。

3:それでも人員が足りないなら、「災害即応予備」を編成してはどうでしょう?自律的に展開でき、災害派遣や民間防衛を専門にする。また、「救助のスペシャリストではあっても自律的に展開できない」警察や消防の部隊を支えて自律性を付与する補給支援部隊。

戦車も装甲車も砲も銃もいらない。高機動車すらいらず、もっと安価な4WD車で良い。その代わり、チェンソーや情報端末、スコップや人間探知機を持ち、戦闘訓練はほとんどやらない代わりに、探索や物資輸送、糧食支援、避難誘導を重点的に訓練する、とか。(こうした組織は戦時にも役立つでしょうし。)

通りすがりの名無し
2020年03月24日 23:57
ドナルド殿、それって自衛隊を廃止しろと言っているようなものかと。陸自はゲリコマ対処に残すべきでしょうにさ確かに戦車は多すぎますが
ドナルド
2020年03月25日 09:36
通りすがりの名無しさま

「まともな装備も持たず、旅団を師団と呼び、兵が大量に欠員しているにもかかわらず、兵あたりの装備も足りない現状」をやめ、「きちんとした装備体系の陸自にすべき。少子化なのだから10万人規模として、削った人件費をその装備に投入すべき」、というのが私のコメントの趣旨なのですが、わかりにくかったでしょうか?当然、削った人件費で、V22だってイージスアショアだってきちんと使い倒すわけです。

後半がわかりにくかったかもしれませんが、趣旨は「災害派遣は、できる範囲でやるべきでしょう」ということです。

そもそも災害派遣を期待して陸自を膨張させるお金があったら、備蓄や避難所整備、避難訓練など、同額の投資ではるかに効果の高い災害対策は沢山あります。食料医薬品と宿泊所が確保され、通信や電力、水などのインフラが維持できれば、もはやそれは被災民ですらなくなり、特に余裕のある地域からは、災害ボランティアすら出せるでしょう。
偽陸士
2020年03月25日 12:50
ドナルド様。

陸自の機甲や野特を予備役をメインにして、民間防衛隊若しくは後方支援軍に再編するのもアリです。

湾岸戦争では米軍予備役戦車兵かイラクのT72を撃破してましたし。

医療、衛生科も南アみたいに衛生軍に纏めた方が良いでしょう。
通りすがりの名無し
2020年03月25日 15:31
ドナルド殿、大変失礼いたしました
Suica割
2020年03月29日 12:28
オスプレイを超高速ヘリコプターと見るか、垂直離陸可能なプロペラ機と見るかで使い方が変わる面もあるかもしれない。
俺は輸送機救難機ドクターヘリ兼任がベストだと思う。