コロナウイルス感染拡大の元凶は記者クラブ

さて、コロナウイルスの感染拡大が問題となっています。

ことに我が国では人災という側面も無視できません。
厚労省の無能のために不要な感染拡大が起こっています。ダイヤモンド・プリンセス号にいった検疫官が「専門知識があるから」と、検査を受けなかったとか、官邸が厚労省に大したことがないというレクをしろ、と言ったり、文春で話題のコネクト大坪女史が、検疫予算80億円を自分のゲノム解析に流用したりやりたい放題です。

また以前から厚労省の官僚たちは新薬やサプリでも特定業者と結託して、自分たちの検疫のために他社の製品開発を潰してきました。更に申せば「消えた年金」問題もありました。

はっきり申し上げて厚労省は伏魔殿であり国民の福祉よりも自分たちの権益やメンツを優先する傾向が強い役所です。
それを支えているのが厚労省記者会、いわゆる記者クラブです。記者クラブは他の媒体やフリーランスを記者会見だけでは多くの取材機会から排除しており、厚労省の実態や問題点を国民が知ることができないようになっています。今回のコロナウイルスやコネクト大坪女史の問題でも報じたのは週刊誌やネットメディアです。

記者クラブは厚労省の暗部を隠す役割を果たしているとすら言えます。

今回のコロナウイルスの問題でもそうですが、医療や薬学の専門の専門媒体や専門記者は会見にでられません。
記者クラブの記者のほとんどは医学や薬学や厚生問題の専門知識がありません。単に会社の辞令で配属されただけです。新聞社やテレビ局では殆どの記者はジェネラリストと言えば聞こえはいいのですが、多くの分野を転々としているので専門知識がありません。例外的に専門記者もいるのですが、経費削減のために減らされています。つまり紙面や画面を作っているのは素人です。

その素人が記者会見やその他の取材機会から専門家を排除しているわけです。しかも記者クラブは当局が困る質問はできません。そういう質問をすると後で役所から意趣返しで、その社だけ情報を知らされずにいわゆる「特オチ」を強要されることがあるからです。

記者クラブの仕事は報道でも権力での監視でもなく、当局となれ合いの関係を続けて、情報を独占することです。やっていることは報道機関ではなくPR会社です。
諸外国から発表ジャーナリズムと揶揄される所以です。
記者クラブは国民の知る権利から役所を守るために存在していると言っても過言ではありません。

これは防衛省でも全く同じです。すべての役所が記者クラブによって国民の知る権利から守られています。つまり記者クラブは国民の敵、ということです。

一般にはあまり知られておりませんが、官庁の記者会見は少なからず記者クラブが主催しています。防衛省でもそうです。ですが、町内会と同じ民間任意団体、しかも誰から選ばれたわけでもない組織が国民、報道機関の代表を僭称して記者会見を行っているのは我が国だけでしょう。
これが果たして民主国家といえるでしょうか。


●感染症予防あれこれ
○体温を上げる。体温が一度あげると免疫が3割ほどあがるという話があります。半身浴、腹巻きなどをしたり、体を冷やす飲食を避けて温める食事をするほうがよろしいと思います。

「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 - 石原 結實
「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 - 石原 結實
○過度の殺菌剤を使わない。手洗いやうがいなどでも殺菌作用の強いものを避けるべきです。殺菌剤は悪玉菌だけではなく、体を守ってくれる善玉菌ももれなく殺します。ある意味敵味方構わず絨毯爆撃して皆殺しにするようなものです。「味方の地上部隊」がいなくなれば「敵」の侵入がより容易になります。
あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた - アランナ・コリン, 矢野真千子
あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた - アランナ・コリン, 矢野真千子
○慢性上咽頭炎を治療する。喉と鼻の間にある上咽頭が腫れている人は以外に多いです。これは副鼻腔炎や後鼻漏を伴っていることが多いのですが、上咽頭は鼻、目、耳、口の接点にあって人間の免疫の最前線です。EATという慢性上咽頭炎に治療を行うと、免疫があがって副交感神経が優位になります。喉の痛み、コリ、肩こり、ウツ、アレルギー持ちなどの人は慢性上咽頭炎を疑うべきです。また鼻うがいもこれに効きます。
慢性上咽頭炎を治せば不調が消える (扶桑社ムック) - 堀田 修
慢性上咽頭炎を治せば不調が消える (扶桑社ムック) - 堀田 修

つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい - 杉原 徳彦
つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい - 杉原 徳彦

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ひゃっはー
2020年02月25日 17:50
鼻毛も切らないで伸ばしておいたほうがいいんでねえの?
濡れネズミ
2020年02月25日 17:56
中国では軍事物資の生産工場から回復を図りたいと思っている様ですね。

そしてヨーロッパはイタリアが感染爆発を起こしつつあり、危険な兆候が。

日本もやはり、最初の段階で中国からの渡航を禁止するべきでした。
冷戦が終わったからとリベラル派のクズ共に従って病院船や生物兵器対策をしなかった上に、観光産業というゴミをつけ上がらせた報いが今回の件をここまで拡大させた原因だと思います。

ドイツはどうやらワイマール共和国時代に逆戻りした様ですね

https://grandfleet.info/military-trivia/german-soldiers-are-supposed-to-be-cars-and-trained/

オーストラリアの次世代歩兵戦闘車計画のボクサー兵員輸送車はどうなるやら。
偽陸士
2020年02月25日 18:00
やれやれ様。

確かにマスクではウイルスの侵入を完全に防ぐのは難しいと思います。

ですが、喉や鼻の粘膜の乾燥を防ぎウイルスの侵入を阻害する可能性は有ると思います。

後はマメに手洗い、小まめに緑茶を飲むのも有効かなと思います。

やれやれ
2020年02月25日 18:34
「自分たちの検疫のために他社の製品開発を潰してきました。」
権益ですかね。本当に検疫してくれた方が役立つとは思いますが、汚染が大好きの様ですので無理か。

記者クラブだけが悪いとは言いませんが(元は役所が悪い)、本当に大本営発表しかしませんね。自分でスクープを取るとか相手に噛み付いて徹底的に調べる、或いは密かにリーク情報を掴むと言う記者魂は持ち合わせていないようで。恐らく物書きでも無い私でも務まるレベルでしょう。会議の議事録をまとめるだけの仕事とさして変わりません。もっとも役所や政権に睨まれないように配慮した書き方は一流のテクニックが必要かも知れませんが。

それと最近気になるのは右翼的思想の方々や御用記者?が大したことはないオンパレードで政権を間接的に応援している事です。恐れるならインフルとかインフルほどでは無いとか。そりゃ感染の仕組みやワクチン等の予防方法、薬などが確立されていればインフルより取るに足りないのかも知れませんが、問題はどれもない事だと言うことが分かっていない。思考が引きこもりなんでしょうね。こういうのを真に受ける輩がいないことを祈りたい。

それに厚労省が今回特に酷いのはやはり政権の意向、忖度が働いているから、又はトップが馬鹿だと下も馬鹿になる理論で馬鹿な指示をそのまま受けた結果かも?どっちにしろ利権がらみだと思いますが。
だからそれを暴いてくれる人が必要と言うのは分かりますが...
日本には正義(死語?)というものは無いのかも知れないですね。

「はっきり申し上げて厚労省は伏魔殿であり国民の福祉よりも自分たちの権益やメンツを優先する傾向が強い役所です。」
厚労大臣が馬鹿なのも官僚の言いなりだからでしょうね。或いは同意見と言う救いがたい方かも知れませんが。

何れにしろ日本の未来は暗い。どれくらい暗いかはGWの季節の頃には分かるかも知れません。のんびり連休を謳歌できれば良いのですが、恐らく自宅に引きこもりが良いところかと...。
偽陸士
2020年02月25日 18:37
連稿失礼します。

役所が情報隠しの為、素人記者を取り巻きにするのは当然です。
情報こそ権力の源泉なのですから。

でもそれ以上に問題なのが、メディアの受け手の考え方です。
役所とケンカすれば中々情報も取れず特落ちもするでしょう。
特ダネを役所のプロパガンダだと批判的に視れない、官尊民卑な消費者の側に落ち度があります。

権力は必ず腐敗し、規制対象に篭絡され、放置すれば肥大化、非効率化するのは世の常です。

公民でも歴史でも社会科の授業でも税金で賄われれば、役所を税金を法規制を礼賛します。

義務教育なんて前期教育以下です。
CPR
2020年02月25日 19:04
往々にして政治家の言葉は信用に値せず、政治家と結託し、あるいは走狗となっている者も同様でしょう。
行動と実績から判断するしかありません。
とすると、今の日本は右も左も関係なく米国の属国であり、かつ中国の属国でもあります。
今回のコロナウイルス対処の惨憺たる有り様は、起こるべくして起きていると言えます。
国際関係を別にしても、戦争・内乱を前提に考えている国との差でもあります。
幸いにして今は様々な情報が手に入りますので、取捨選択して自己防衛に努めるべきでしょう。
防衛問題と同じく、大本営発表を鵜呑みにすると足下を掬われかねません。
やれやれ
2020年02月25日 19:07
大本営発表側の苦しい舞台裏のようです...

嘘つき総理のお陰でどれだけ苦労するのか考えたら胃が痛くなります。
また自民隠蔽政権がコケたとき彼らはどうなるのか、又はどう行動するのか見ものかも知れません。

10人の部下を持つ人間がウソをつくと、10人のウソつきが誕生する
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00116/00058/?P=1

さて厚労省の場合、果たしてどっちが主体的に嘘を言っているのか?首相か官僚か興味が湧きます。
色糸
2020年02月25日 23:03
防衛省に年度末に納入する機材、不具合が出てしまった。年度を跨ぐと契約解除の可能性もあるし、風邪気味ぐらいじゃ休むことなんかできる状況じゃない。なんか基本方針が出されたみたいだけど、官への年度末納入の機材に関しては言及なしのようだし、体調悪くても満員電車に乗って出動だ。
ひゃっはー
2020年02月25日 23:26
厚労省といえば薬害エイズ事件も忘れちゃいかんですよ。
政府が一時期、エイズ感染予防のためのコンドーム着用キャンペーンを大々的に打ったのは、厚労省がエイズに汚染された非加熱製剤をばらまいた犯罪行為から国民の目を背けさせて、エイズは性交渉で感染するものだ、という第一印象を国民に与えるのが目的だった、とも言われていますもの。誰でもいいから厚労省に核ミサイルを撃ち込んでくれないかな。

「自分たちの検疫のために」の部分は「自分たちの権益のために」の誤りです。
やれやれ
2020年02月26日 16:11
どこかの首相は小手先の対策で何とかしようとしている様ですよ。
いつのまにか首相官邸お墨付きポスターが
会社中のトイレ、ドア、掲示板にベタベタ貼ってありました...
http://www.cas.go.jp/jp/influenza/pdf/densen.pdf
http://www.cas.go.jp/jp/influenza/pdf/kansen.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593495.pdf

ついでに微妙な対策案も。
国内のスポーツ・文化イベント、2週間自粛要請へ 首相
https://www.asahi.com/articles/ASN2V45C8N2VULFA00L.html?iref=comtop_8_02

それと良い情報かも知れませんが、新型の検査機を買うようです。
現状6時間→15分で感染判断 新検査機器、来月導入へ
https://www.asahi.com/articles/ASN2V4DBSN2VULBJ00D.html?iref=comtop_8_03
写真を見る限り杏林製薬のマイクロ流路型遺伝子定量装置GeneSoCの様ですね。昨年末から売っているみたいですが、使えるなら何故さっさと使おうとしなかったのか?色々疑問も出ますね。