国営仮面ライダーショーこと、総火演は廃止してもいいんじゃないの?

陸自の富士学校では総合火力演習(総火演)が毎年8月に行われております。今年は東京オリンピックのために、5月に開催するようです。
 
もう総火演は止めたほうがいいでしょう。実質的に益のある演習ではなく、単なる見世物です。要はお味方勝利のお話で、いわば国営仮面ライダーショーです。仮面ライダーショーはテーママークや遊園地に任せるべきです。

これに数億円の弾薬予算をかけ、富士学校の機能を2〜3ヶ月も止めてやる必要があるのでしょうか。もうやめるべきです。そんなカネがあるならば、米国のヤキマでの演習への派遣を増やすべきです。あるいはその小銃や個人装備を揃えるべきです。今度の新小銃でも光学照準器も40ミリグレネードランチャーも同時には調達されません。
また開発実験隊などの装備開発関係者はじめ富士学校の人間を海外の見本市に多数送るべきです。年間数百人出しても大した金額にはなりません。訓練を兼ねてKC767やC-2で派遣すれば尚更カネはかかりません。

あるいは銀座や二重橋、あるいは表参道あたりでパレードするのもいいでしょう。その方が見物できる人間は多いです。

税金で仮面ライダーショーをやって富士学校の人間を長期に渡って拘束するのはナンセンスです。
やるにしても精々3~4年に一度でいいでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ひゃっはー
2020年02月10日 18:11
自衛隊の協力団体ばっかりが総火演に招待されてんだから「総火演を観る会」に改名したらどうなのか。
野党が招待者名簿の開示を請求すると、同日に名簿を富士学校がシュレッダーで破棄するとか。データーも破棄して復元も不可能と言い張ったりとか。マルチ商法の親玉が招待されていたりとか。
やれやれ
2020年02月10日 18:57
以前にも書いたのですが
「税金で仮面ライダーショーをやって富士学校の人間を長期に渡って拘束するのはナンセンスです。」
ここは同意なんですが、総火演と言っても日曜日の一般向け本番だけじゃないんですよね(実際は招待者以外の抽選で当たった人が4割とかそれ以下だったような)。日中は防衛大学校、高等工科学校など防衛省、自衛隊の学校の見学とかも入っているんですよね。
あと夜は夜間演習も。なかなか国内で実弾をぶっ放せる機会が少ないのである意味総火演は重宝しているとも聞きますが、参加するのが射撃の上手い部隊に偏るとかの問題もあるようで。上手い下手では無くできるだけローテーションで回るほうが良いかとは思いますが。後は賞味期限切れ間近の弾の始末とかも考えると規模はともかくあっても良いのでは?

それにしても
「富士学校の機能を3ヶ月も止めてやる必要があるのでしょうか。」
ここまで負担が掛かるとすればそれはおかしいと思いますね。
広報部隊ではないのに負担が大きすぎます。せいぜい1月でしょう。
本当だったらそれこそ無駄な事をしているだけです。
無駄に模擬戦形式の後段演習を止めて実弾射撃と紹介だけの前段演習だけでも良いと思います。
正直言うと後段演習は遠くから見るだけなので実戦形式ぽいだけでなんだかなと思わなくもないです。それに観客や隊員の安全に配慮しているので見にくい分かりにくい迫力ないで駐屯地祭の模擬戦の方が面白いです。

行うにしてももっとコンパクトに通常の実弾演習を見せる程度+解説だけで良いと思います。わざわざ見世物的な富士山形の榴弾砲爆破とかは無意味と思います。御殿場SA付近でも砲弾の音が聞こえますからね。いつもやっている演習を見せるだけで十分かと。サービスはお土産売り場や食べ物の屋台だけで後は実弾が飛んでいけば花火と同じで喜ぶでしょうね。
或いは観閲式、観艦式と同じ位置に組み込めば4年に1回で済みますね。それでも良いかと。

それとヤキマの方を増やすのは賛成です。流石に日本だと全力で撃てるところがない。ヤキマに行った部隊の人の話を聞くと制約が少なくて良いと言ってました。地対地ミサイルも榴弾砲も最長射程で気兼ねなく撃てますからね。より本格的な訓練ができるのでしょう。
KU
2020年02月10日 19:55
>>>総火演

毎年やらなくとも、誰も困りませんものね。せめて観閲式みたいに、3年おきでも良さそうですが。

>防衛装備庁、次期装輪装甲車の候補車両を契約

http://jm2040.blogspot.com/2020/02/next-wapc.html?m=1

採用実績でいえば、AMVがトップですよね。それでも装備庁の本命は三菱の機動装甲車なのでしょうけど。
Suica割
2020年02月10日 21:30
観閲式とか、観艦式とか、無駄な人的資源等の浪費をする行事が多すぎる。
どうせ同じ金使うなら、野外炊飯設備に投資して、広報と訓練目的で自衛隊グルメ祭りでもした方がなんぼもましなように思う。
災害派遣の給食支援の訓練になるし、今でいうなら新型肺炎の食事支援も出来るし(弁当支給と言いますけど、どの程度の弁当なんでしょうね?クラスによっちゃ、自衛隊の普通の献立の方がいいと思いますよ。)、結果として国民のために役立つし、評判も良くなるように思います。
偽陸士
2020年02月11日 12:34
Suica割さん。

自衛隊グルメ祭り。
良いですね。
自治体の人達にも関心と自分達でもチャレンジしてみたいと、思って貰えたら儲け物です。

やれやれさん。

ヤキマ演習の拡充、大賛成です。
実射訓練をショー扱いするより、はるかに真っ当だと思います。

旧弊に囚われない発想は内部からは、中々言い出せ無いのものです。
海自のカレー祭りみたいになれば、面白いのですが。
ブロガー(志望)
2020年02月11日 13:27
お邪魔します。
 「一見強そうで実は戦えない組織」を目的とする自衛隊にとって総火演は、リソースを浪費するだけではなく、素人には如何にも強そうに見せ、かつ玄人には実は実戦を戦えない事を見せるための重要な行事ではないかと思ったりもします。ですから世界が今の日本人を見て、かつてアメリカ相手に四年も死闘を演じたイメージが消え失せ、「こいつらは到底戦争できないな」と思うようになれば、総火演はその役割を終えるのではないかと。
CPR
2020年02月11日 16:25
5月に前倒しということは、次年度の事業計画を作りながらですね。
もう既に動き出しているでしょう。
4月~6月に大きな事業をやるとなった富士学校のような所は、とんでもないことになっていると思われます。
(並のブラック企業が裸足で逃げるくらい)

総合火力演習は、学生や隊員家族に実弾射撃の景況を見せる、教育(広報)の場でもあります。
消費期限切れ弾薬の処分の観点からも、取り止めは好ましくないと思います。
ではどうするかということですが、あくまで射撃訓練を見学する、訓練公開の形にすればいい。
部内公開も一般公開も、その訓練する所を見るだけ。
方面隊持ち回りで、2~3週間思う存分制約の少ない射撃訓練をする場として与える。
余計な儀式や接待はなし。
想定や訓練の説明はパンフレットを配るのでそれを見てください、と。
だいたい、百発百中、ヘリが沢山飛んでいる、島嶼想定なのに戦車が一杯等、一般市民にあらぬ誤解を与えます。
いい加減体面を取り繕った見栄え良い見世物は止めるべきです。

無駄を無くすというなら、部隊をやたら拘束する規模の大きい観閲式や創立記念行事の方が問題です。
総合火力演習は一応射撃訓練になりますが、こちらは歩くことと手を振ることが上手くなるだけですので。
こっちの方を徹底して削減した方が資源の有効活用に繋がります。
演習場整備も外注でいいでしょう。
まあお役所には難しいことばかりなので、まず無理でしょうが。

現状、「真に戦える」「将来も戦える」「ゼロレスカジュアルティ」といったお題目が泣いてますよ。
(じゃあ今まで何してたんだという突っ込みには目を瞑るとして)
333
2020年02月11日 19:09
国体と一緒で回り持ちにしたらどうなんだろう?
各都道府県が難しいなら関西エリアとか北海道エリアとかエリア毎に2~3年に一回くらいの順番で。
広く国民に理解を求めて地域との交流を考えたら関東方面だけに偏るのはどうでしょうね。
19190213
2020年02月11日 19:31
ブロガー(志望)様
いつもコメント拝見しております。
共感できる所が多々あって必ず見るようにしております。
今回の件もそうで自衛隊にとって戦わないことは至上なわけで総火演というのは精強に見せる為だけのデモンストレーションでもあります。
それは昔なら機能したでしょうし、一見ちぐはぐで調達数を考えていない装備87AWとかなんかもこういう場では活躍を見せれるわけです(今じゃ時代遅れの対空火器ですが)。


昔は居れば良いというのが陸自のスタンスでそこそこな陸上戦闘部隊がいればソ連にとっては日本は旨味のある場所ではなくなります(米軍来援まで粘られ最終の決である緊要地形を落とせない為)。

ですが今ではどうでしょうか・・・?
かつてのようなまやかしで防衛できるような或いは抑止になるような相手でしょうか??
そして陸自自身も”真に戦える部隊”を目指しているのですからこういった事をより良い物に転用していかない事には進歩はないのではないかと思うのです。

清谷様
総火演自体は普段見れない夜間の射撃や突撃破砕射撃なんかも見れるので新隊員や日が浅い隊員には”座学の予習の上”見るのは幾分参考になるだろうしイメージもわきやすいだろうと思います。(ただしこれこそが、陸自の初期教育において映像やより良い図解を多用していない事の証左でもあります。一方部隊によっては現地の幹部や曹が作った分かりやすい教材が存在している所もあります。これらを活用できないのは大きな損失です。)

正直な所毎年身内メインな所は改めなければなりません。(特に各イベントにOB幹部を呼ぶのは実務的に意味はあるのでしょうか?式典では毎年第何代方面総監とかが来ていてやたら長くなります。誰が得するんかと言えば幹部周辺だけでしょう?余生を過ごしている元自なんて呼んでも意味ないです。自衛隊OBは結構現役からすると有害だったりしますね(正直老人の自慢話は辛いです。)。)
隔年大賛成です。(観閲式と被らないようにしましょう。)

折角やるんですから、ドローンなんかを飛ばして上から分かりやすい映像を撮ったりして教材を作れば後は隔年でいいです。
富士総火演の代わりに街中を行進というのは私はお勧めしませんな。それ自体も時間の無駄なような気がします。
駐屯地祭で近隣の一般道路を行進すれば良いですし一部部隊はやっているらしいです。
Suica割
2020年02月11日 22:04
総火演の金以上になるでしょうが、どっかの島借りきって、実際の設定に基づいたような弾道弾迎撃秘密演習やってみるべきでしょうね。
訓練期間は決まっているが、いつ飛ばすかは迎撃チームには教えない。
何発打つかも決めてない。
どんな弾道にするかも教えない。
そういう前提でやるべきでしょうね。
二読者
2020年02月12日 20:04
他の方がだいたい似たようなこと書かれてますが、総火演自体は広報や教育効果の観点から廃止しない方がよいと思います。
しかし予行を減らすなど、規模は縮小してもいいですね。
昨年の観艦式同様、OBや協力会のジジババは招待枠減らし、応募客も顔認証した人が来ないと入場できないようにすれば、転売ヤー対策にもなるでしょう。
賞味期限切れ弾薬の処分は、国内外での実射機会を増やせば一石二鳥かと。

都内パレードといえば、かつては明治御苑でやっていた頃もあったのですよね。
ですが、交通規制や何やかやを考慮すれば、やはり現行の朝霞訓練場での実施の方がよろしいかと。

観艦式。
尖閣国有化で南西方面が騒がしくなる前は、ミニ観艦式的な地方隊展示訓練や、艦艇の体験航海も定例でやってましたね。
艦隊の偉容と練度を示すためにも、航行形式の観艦式を3年一度でやるのはいいんじゃないでしょうか。
無論、規模は実運用に支障ない程度にし、乗船客は精査する必要があると考えます。
濡れネズミ
2020年02月12日 21:46
総火演はやはり、現防衛省の理想とする戦闘推移を垂れ流しにしているだけになっていると思います。
概念の説明ばっかりでまともに対策を立てないで丸投げにしてばかり。


海外の情報をデマという事にしないと維持できない組織である陸自らしい行事になって居ます。

アメリカ軍のアイアンフィストAPSはやっぱりダメだったようですね。
これでM2ブラッドレーの後継計画、改修計画の両方ともダメになってしまいました。

ブラッドレーは採用の時も揉めたみたいですし呪われてるんじゃ無いかと思います。

https://www.janes.com/article/94247/pentagon-budget-2021-us-army-zeros-out-funding-for-bradley-active-protection-system
やれやれ
2020年02月13日 10:49
濡れネズミさん、
M2ブラッドレーなら
ペンタゴン・ウォーズと言うTV映画に
開発秘話が詳しいく描かれています。
https://plaza.rakuten.co.jp/kapon2/diary/200409280000/?scid=wi_blg_amp_diary_next

当時日本でも深夜映画で放送があり思わず涙しながら見ていました。その頃会社で皆がインパール作戦とあだ名するろくでもないグダクダプロジェクトを突貫でやっていたのですが、この映画の内容があまりに自分達の境遇と同じで思わず涙しました。
余りに酷すぎる開発プロジェクトです。
例えたら船を作ろうとしたら船頭多くして陸に上がって戦車になったみたいなメチャクチャな話です。ご参考までに。