経費でうまい棒を買う防衛記者会が財政破綻?

防衛記者会(記者クラブ)が2018年に出した内部資料によると、防衛記者会は数年中に財政破綻があり得るとしています。もう2020年ですが大丈夫でしょうか。

防衛記者会の支出で気になるがいくつかあります。

まず大臣外遊に際しての記者の旅費を内局の報道室のスタッフに個人的に肩代わりしてもらっていることです。業務として報道室が立て替えるならわかりますが、個人的に建て替えてもらうのは不透明な馴れ合いにつながらないでしょうか。これは昨日の大臣会見で河野大臣も問題だという認識でした。

それか各幕僚監部との記者懇談会用としてビール券34万円ほども計上されています。これは各幕僚監部に渡しているのでしょうか?だとしたら問題です。

更に記者会の予算でお酒含めて結構飲み食いしています。酒代で約6万円の支出がありますが仕事中に役所内で飲んでいるんでしょうか。うまい棒まで経費みたいです。まるでガ
リガリ君を政策費で落とすどこかの国の総理大臣みたいです。
更に購読雑誌では漫画雑誌の、モーニング、Dancyu、おとなの週末、散歩の達人などが入っておりますが、防衛記者クラブで必要な雑誌でしょうかね?
そのくせミリターバランスや、ジェーンズの年鑑なんぞは購入していないようです。

更に大きな問題は、支出に防衛省の部屋の使用代が入っていないことです。記者クラブはA棟10階内に記者室、会見室、会見控室、連絡員室を借りており、更にD棟にも部屋を借りています。これらの賃貸料、管理費、光熱費はなどは資料を読む限り払われておりません。また防衛省は連絡員2名を貼り付けていますが、この人件費も防衛省持ちです。連絡員はコーヒーメーカーでコーヒーをいれる「お茶くみ業務」までしています。

これらの経費を含めれば、恐らく月に100万円以上の経費がかかるでしょう。そのようり便宜供与が、記者会という町内会と同じような一民間任意団体に使われています。当然ながら原資は我々の税金です。

その記者会は他の媒体やフリーランスを排除しております。一応防衛記者会はフリーランスの会見参加を認めましたが、セキュリティーが厳しいA棟への入館の問題で広報課がペンデングにしています。ですが記者会は広報課に何らの働きかけもしていないようです。
更に申せば会見だけではなく、多くの取材機会から記者クラブ以外の媒体やフリーランスが排除されていますが、これは当局と記者クラブの合作です。




これが果たして民主国家の報道の体制といえるでしょうか。
本来報道は権力の監視が使命でもあるはずのですが、記者クラブは当局と癒着しており、むしろ国民の知る権利から当局を守る防波堤の役目を果たしております。そのような組織を税金を使って維持するべきではないでしょう。


連絡員の経費に関しては広報課長に直接書面を渡して尋ねておりますが、未だに回答はありません。

恣意的に同業者を排除して取材機会を囲い込む記者クラブに公金を支出することが、果たして正当化されるのでしょうか。

フリーランスのA棟への入館だけが問題ならば、会見室とD棟の記者クラブの部屋にテレビ会議の施設を導入して、記者クラブ以外の人間をそこに入れて会見に参加させればいいでしょう。大した費用かかりません。最近流行りのテレワークです。
不思議なことに会見室にはテレビ局のクルーは入っています。彼らはテレビ局の社員ではなく、下請けの外注先の人間です。セキュリティ上の問題はないのでしょうか?

大臣の会見は防衛省のウエッブサイトでログが公開されていますが、事務次官、報道官、各幕僚長らの会見の内容は、公開されていません。
これも防衛省は公開すべきです。

記者クラブの乱脈は幹事会社が月変わりという無責任体質によるのではないでしょうか。毎月幹事が変わるわけですから、まともに計画も立てられないでしょう。会社で課長や係長、あるいはマンションの管理組や町内会だって毎月トップが変わるならば機能はしないでしょう。


記者クラブという制度はすでに寿命が尽きているのではないでしょうか。


Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
感染拡大の元凶は記者クラブ
https://japan-indepth.jp/?p=50377


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年02月29日 17:27
ホームページアドレスこれであってるかな?

清谷先生、今日もありがとうございます。この国にはまるで民主主義が浸透していませんね。私は根本的に教育の時点から問題があると見ていますが...当事者意識を持った人材を育成する環境にありません。それがこういったところへも響いているのでしょうか。

・オリンピック
・イージスアショア
・オスプレイ
・IR計画
・高級ホテル計画

 全てが”全く必要ない”とは言いません。しかしちゃんと合理的・持続可能的なアプローチであったかと言うと全部疑わしいです。

 今すぐ必要だったのか? ちゃんと明確な意図があったのか? それだけの予算を投じる必要があったのか? 計画は国民に対してトラスペアレンシーを有していたか?

全部不透明で杜撰な計画です。イージスアショアに関しては噓まで付いてましたからね。

先生!よかったらAmazonの欲しい物リストのリンクでも貼って下さい。これからも先生のジャーナリズムをできる形で応援さして頂さい。喜んで46cm砲クラスの砲撃支援します!(`・ω・´)ゞ

Glad to have someone like you in our nation! Please keep up the good work!
やれやれ
2020年02月29日 18:58
「そのくせミリターバランスや、ジェーンズの年鑑なんぞは購入していないようです。」
せめて軍事研究とかミリタリー雑誌でも置いとけば...
まあ読まないでしょうけどそれっぽいかな。

にしても不明朗な会計が多すぎる。破綻していいんじゃないでしょうか。酒代にうまい棒?馬鹿じゃなかろうか。結局大本営発表してくれるメディアだけ優遇しますよクラブって事ですよね。

「不思議なことに会見室にはテレビ局のクルーは入っています。彼らはテレビ局の社員ではなく、下請けの外注先の人間です。セキュリティ上の問題はないのでしょうか?」
きっと大丈夫です。銃撃に会い血みどろの誰かが生放送されるだけでしょうから。または轟音の瞬間画面が消えるだけ。
テロ対策に弱い防衛相ならイチコロでしょう。それを国民が目の当たりにして色々気づく訳ですよ。流石我が国の防衛には一分の空きもないと。手遅れですけど。
ガネット
2020年02月29日 23:00
コスプレ雑誌のマモルはありますかね?
偽陸士
2020年03月01日 02:39
清谷様。

チンカスな記者クラブ財政破綻より先に、日本国債の未達が先に到来します。

本当は貧乏な日本が、アメリカを手本にする愚行を止めるのはその時でしょうから。

ただ日本が他の小国を手本にするのは、時間がかかりそうです。

浪費癖のある奴に、質素倹約なんて難しいのです。

横浜の黒豚
2020年03月01日 07:08
記者クラブ制度の弊害は、40年位前から当時の朝日新聞の本多勝一氏が指摘していました。いよいよもって、体制翼賛的になってきたということでしょう。
これを変革ないし廃止に持っていくためには、台頭著しいネットジャーナリズム、海外ジャーナリズムとの合同による「運動」にしていかないと実現できないと思います。
CPR
2020年03月01日 12:15
おカネのやり取りからして、癒着は明らかですね。
そりゃ大本営発表しか報道されないわけです。
防衛省はお役所体質に染まっており、真に戦える軍事組織には程遠いですが、それと結託し、阿る記者クラブにジャーナリズムの誇りは無いのでしょう。
あったらこんなことにはなっていません。

河野防衛大臣 自衛隊“パワハラ”処分を厳罰化
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200229-00000015-ann-pol
報道内容では物理的な傷害を負わせた場合の厳罰化となっていますが、精神的傷害や監察機能については触れられておりません。
それはこれからなのでしょうか。
民間の役職制度とは異なる「階級」という身分制度があるため、一筋縄ではいきません。
指揮系統に介入できる独立的な強い権限がないと指揮系統で隠蔽される恐れがあります。
さて、河野大臣は牙城を崩せるでしょうか。
キヨタニ
2020年03月01日 12:21
あれは省内でタダでみれます。

>ガネットさん
>
>コスプレ雑誌のマモルはありますかね?
>
19190213
2020年03月01日 23:05
正直な所、民主党政権下での彼らの我が社に対する物の申し方というのはあまり好きになれないものでした。
ですが彼らは記者クラブを弱めフリーでも参加できるようにしたことはとても評価に値します。
自由主義という開かれた社会において報道の自由というのはとても大切です。
寧ろこれをしなければ、社会は自浄作用を無くしていきます。
幾ら安全社会を謳っていても実態は危険社会というのは既に311で露呈した訳です。
ここで学ぶべきは、外側に綺麗なパッケージを幾ら張り付けても改善の余地は無限にありそして人間が作った以上は欠陥や欠点を孕んでいるという事ではないでしょうか?
実際に原発はそれを露呈したわけですし・・・
国民としては、それらを徒に糾弾するのではなくリスクを認識することと利点と欠点を比べて場合によっては許容すること、公共機関においてはそれを開示し改善を常にしていくこと。
それらをメディアが善導あるいは問題提起していけば良好な関係が保てるのではないでしょうか?(過度な敵対も過度な迎合も良くはないですが・・・)

社会が進歩しなくなるのは、”責任を恐れ””誰もがリスクを取りたがらなくなる”状態を常に続けることではないでしょうかね?
当然、政治家は責任を官僚に押し付けるし官僚は隠蔽体質を加速させる。そして国民は自分たちだけを正義と取り違え過度な糾弾を激しくする。
負のループが実は311以来ずっと続いているのではないかとも思ってしまいます。
”誰かに押し付けるのではなく”この失われた30年の失敗を多いに認め進取の気風を以て循環できる社会を改めて目指すべきなのかなと。
先ずは報道の自由化から始めましょうよ。
濡れネズミ
2020年03月02日 10:03
どうせ防衛省の記者クラブには、マルクスはわかっても、シリアに送られたT-62MV主力戦車の改修については分からない陸自の担当。

レーニンの名言はおぼえてるけど新型の巡航ミサイル「ジルコン」は理解できない空自の担当。

毛沢東主義者で新型の無人哨戒艇に興味のない海自担当しかいないんでしょう。

トルコ軍がロシア軍とは交戦しない代わりにシリア軍所属のS u-24を2機撃墜したなんてニュースは真面に把握して無い筈です。
破綻して当然な組織です。
ブリンデン
2020年03月04日 16:43
清谷様

よく零細企業が、コンビニエンスストアなどでタバコ、酒、競馬新聞などを購入し、領収書をもらって経費で落としていますが、あれと同じですね。

記者クラブには税務調査は入らないのでしょうね。「朱に交われば赤くなる」と言われますが、今は「朱に交わると朱が見えなくなる」状態なのでしょう。