防衛産業にも通じる、日本の大企業が駄目な病巣。島耕作型経営者では勝てない。

元パナソニック開発者がアイリスオーヤマに入社して驚いた「超効率経営」
https://diamond.jp/articles/-/226434

>大手家電メーカーが品目数を減らし始めた2009年に家電事業へ本格参入。白物家電でラインアップを広げた後、19年には黒物家電(テレビ)へも本格進出を果たし、総合家電メーカーへまい進するのがアイリスオーヤマだ。

>不採算などの理由で三菱電機(洗濯機)、日立製作所(テレビ)、東芝(白物家電、テレビ)など、大手家電メーカーが次々と品目を減らす中、逆に「家電ラインナップ拡大中」と我が道を進むのが、アイリスオーヤマだ。

>よく知られているように、アイリスオーヤマの家電開発部員の多くは大手家電メーカーなど同業他社からの中途採用者であり、約100人のうち7割を占める。大手で早期退職募集があったため移ってきた人や、やりがいを求めて移ってきた人など、背景はさまざまだ。パナソニックやパナソニックの下請け会社からの中途採用者は現在約10人ほどだという。

>――パナソニックからアイリスオーヤマに移って驚いたことは何でしょうか?

>人件費の違いによるコストダウン効果です。だいたい1人当たりの給料がパナソニックの3分の2。さらに開発部門の人員がパナソニックのざっと5分の1。あるプロジェクト開発でパナソニックでは50人かかるところをアイリスオーヤマでは10人で、という感じでしたね。大手は仕事をしない人がいらっしゃる(笑)。一方、アイリスオーヤマにはいません。各人が仕事をしないと回らないからです。

>アイリスオーヤマは中途採用が多いので一人一人のノウハウがすごい。一人一人の責任が重く、領域が広く、その結果、知識は益々広く深くなります。

>会社としての意思決定が速く、「あかんなー」と思ったら止める柔軟性もあります。一番ひっくり返すのは……、大山健太郎会長、大山晃弘社長(笑)。反対に大手は内部で時間をかけて「決定」を積み上げていくので、なかなか後戻りができません。

>大手家電メーカーは機能の横並びでも負けないようにしつつ、特長を出す工夫を行っているのに目立たない。それはこのスペック表が原因。だってスペック表は○か×かしか評価はないですから。実際は同じ○でもレベルが違う。特にパナソニックはすごい。アイリスオーヤマはスペック表なら×ばかりでしょうね。でもとがった機能を訴求してお客さんに、「これがほしい」と指名買いしてもらえる家電を世に出しています。加えてアイリスオーヤマの家電には“値ごろ感”があります。
>パナソニックは巨大化し、当初の生活家電事業で利益を出せる体制ではなくなっています。特に人件費は膨大で、必要のない業務を切り落としつつも、構造的に今後の伸長は困難。総花的な事業は切り離さざるを得ないでしょう。低価格の家電事業はいずれアイリスオーヤマのような超効率的な運営ができる新興企業、あるいは中国企業に置き換わっていくと思います。

>創業者である松下幸之助さんの理念を現代風に読み換えて、生活感ある血の通った商品の開発に取り組むのは、「お客様視点」のパナソニックの使命ではないでしょうか。少なくとも重電系の日立製作所や三菱電機の発想ではできないと思います。

>――大手家電メーカーとの開発の違いは?

>決裁スピードが断然速いです。大手では5~10個のハンコが必要な書類でも、うちだと1、2個。下手したらオーナーのハンコだけなんてことも。

>任せられる仕事が多いのでやりがいがあります。それは新卒入社でも同じで、だからパナソニックなど大手家電メーカーと併願していても、それらを蹴ってうちを選んでくれる学生がいます。大手家電メーカーだと、開発の一部分しかやらせてもらえない。一方うちは新人でも新製品を「どーん」と任せます。もちろん簡単な製品からですが。

>家電量販店が大きくなりすぎて、家電メーカーが言いなりになってしまいました。量販店は毎年新しいものを欲し、売り上げが下がらないようにしようとします。お客さんがいくら安いものを求めていても、できれば毎年上げようとする。家電メーカーがそこに乗っかると、製品はつまらないものになってしまいます。家電メーカーはそこと一線を画さないと。対決するぐらいでないと、いいものづくりはできないと思います。


まあ、ざっくり言えば、島耕作型の日本の経営者では勝てない、ということです。

日本の大企業は未だに高度成長期時代の負の遺産を負っているのに、それを自覚していないわけです。新卒一括採用で社風に「洗脳」した社員ばかりです。個性がある人間は疎まれるか、社外に弾き飛ばされる。
当然、世界といえば社内だけ。精々同じ業界だけ。常識といえば「社内の常識」が「常識」と勘違いしている。

こうしてできた金太郎飴的な組織で、無難にやってきた人間がトップになる。そら、70年代ぐらいまでの欧米に追いつけ、追い越せの時代には効率的な軍隊蟻的な組織だったでしょう。
ですが、現在の環境においては全く機能しません。経営陣にも社員にも強い個性がないし、個性や、異論を尊び、受け入れる度量がない。

パナソニックなどの既存の家電メーカーが、同じ日本企業であるアイリスオーヤマに勝てない、しかもこれらの会社を辞めた人間を雇用しているアイリスオーヤマに勝てないとのは経営者と組織の文化に問題があるからです。
更に申せば、ぼくらの、かつては新人類とよばれたバブル世代に問題があります。未だにバブル時代に思考から抜け出ることができずに、ガンバリズムを強要する。
高い給料をとって仕事しないだけならばともかく、後進や部下の邪魔をする。こういう重りを吊り下げて、まともに利益を上げることは不可能でしょう。

経営者に強い個性も決断力も指導力もない。社員は金太郎飴で、大事なのは「社内の世間体」だけです。時代に追いつくことすらできない。
これで苛烈な国際ビジネス社会で勝てるわけがない。中国や韓国企業の後塵を拝するのは道理です。


これはNEC、東芝、富士通あたりにも共通した話です。これらの企業は防衛部門も有していますが、本丸が危なくなっても、将来に渡って国際競争力もなく、国にぶら下がっているだけの防衛部門を温存することしか考えていない。
将来性もない、技術波及も期待できない駄目な部門を温存して、利権にしがみつくために貴重なリソースを無駄に食っている。

本気で防衛部門を存続させるならば独立採算性にして、他社の事業を買収して規模を拡大して、輸出も視野に入れてR&Dとコスト削減に力をいれないと無理ですが、そんな気はサラサラない。世界の市場で生き残っていく技術と能力がなければ将来性はありません。
ところが現状維持だけに汲々としているわけです。将来まっているのは茹でガエルの緩慢な死です。

防衛省も早く大手に見切りをつけて、まともな中小企業の振興に力を入れるべきです。
まあ、本当に防衛産業基盤を維持したいのなら、ですけども。


■追記■
以前ぼくに因縁をふっかけてきた自称某「経済の専門家」の死亡を本日、勤め先に連絡して確認しました。
悪は滅びる。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

SSAO
2020年01月24日 12:26
久し振りのコメントです。

https://diamond.jp/articles/-/224708

少し前にもこう言う記事がありました。
海外と競争する前に社内で対立してるようでは、今後更に競争力は無くなると思いますね。去年にはXiaomiが参入してますし。今日本企業で勢いがあるのは、アイリスオーヤマ、SHARP、SONYぐらいでしょうか?

SONYはCES2020で車を発表した時、挑戦を続けてるなと感じました。
やれやれ
2020年01月24日 14:56
日本の企業は大企業病を患っていますからね。
お付き合いのある大企業はまるでお役所のように官僚的で硬いです。手続きも多くて時間も掛かります。ただ出る杭は打たれるで嫌気が差して辞める人もいれば打たれ続けても居座り伸びる人もいてそれぞれなんでしょう。後は学閥とか派閥とか色々あるようですが、足の引っ張り合いは外の人からは見えにくい。社内の問題点を自覚している人は頑張って反抗し何とか認めさせて進化する場合もありますが、その足取りは当然極めて遅くなります。改革には時間が掛かります。反抗勢力が実は社内という事は日本でサラリーマンやっていると当然の様に出くわしますね。ベンチャー企業、またはベンチャーマインドのある会社はまた違うのでしょうけど。

件の島耕作も長年読んでいますが特に会長編を見ても分かる通り社内の魅力あるプロジェクトと有能な人材を引き上げてって話は無いですね。既にあるものの改良、海外の新しいアイディアや取り組み、海外の人材など外向きの話題は豊富ですが、TICOT自体から出てきたものでなく島耕作自身が足を運んで動向を調べていますね。つまりTICOT(或いは日本)自体は新規性のある事業が無くネタ切れに陥っているとも言えます。
まあ経済動向を元にした漫画というだけなんですけどね。それでも日本の衰退が分かるというもの。これで経済が上向くはずもなく。
一番言えるのはどの企業も将来研究に投資しなくなって目先の開発を優先しているという事です。
某社の総合研究所はその昔、本業に関係なさそうな事も含めて総合研究所では色々研究していた様です。今では当たり前になった技術も昔は夢物語の代物でそんなもの金になるのか?という物を地道にやっていました。一部はそれで大儲けしてましたし一部は他社に先に製品化され、一部は特許が切れたら他社が製品化したものもあります。製品化のセンスは研究とは別の所にあるんでしょうが、今はすっかり世界の後追いですよ。とにかく完全に守りに入って思考が内向き。これでは画期的な製品は出ません。

アイリスオーヤマは新規性が素晴らしいわけでもこの世にまだない製品を出すわけでは無い。既存の製品でユーザーが求める物を素早く製品化しているだけです。それが受け入れられている。それには速さとセンスが求められます。内向きの大企業にはそんなセンスは無いでしょう。何でもかんでも高機能にして高価格にして利益を稼ぐビジネスモデルが問題なのです。ユーザーはそこまで求めていない、不要な機能まで満載だから。ユーザーは機能的で使いやすく、自分の求めている物が入っていてコスパが良い製品を望んでいます。特に家電はそうです。だから外国製品に負けたり工場が外国に行くわけです。
大企業は多分分かっていてもそれを実現することができないのでしょう。アイリスオーヤマがライバル(笑)、ほっとけそんなの。良いものを出せば売れるんだ、みたいな意識が上にあると無理でしょうね。

実質ヒキニートな既存の防衛産業には何も期待していません...
やれやれ
2020年01月24日 17:28
こう言うのも参考になるかも知れませんね。
なんか大企業業と共通の病巣がありそうです。

米製薬ベンチャー幹部が明かす「日本での新薬開発が進まない理由」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69417
ひゃっはー
2020年01月24日 18:13
>悪は滅びる。

自称某「元1等陸尉」の元キャプテンさん。まだ生きてらっしゃいま
すか? 生きてたら返事をください(笑)
Suica割
2020年01月24日 18:24
家電部門をアメリカやヨーロッパのトップ3(中国企業等への技術流出対策)に売って、その金でダイソンを買い、運営はプロパーの経営者に任せて、利益を頂く位の事が出来てたら、Panasonicもそこまでボロボロにならなかったのでは?
あるいは、明るいうちに他社の軍門に下る選択もありました。
会社をこかしてしまうより、よっぽど、株主、社員、取引先に優しい選択です。
キヨタニ
2020年01月24日 22:21
件の「経済の専門家」を抹殺したのは事実上ぼくです。藻谷浩介さんの敵もとったし。
どうやったかは企業秘密ですが。役所をうまく動かしたとだけはいっっておきます。

アイリスオーヤマが防衛産業に参入してくれたらインパクトはあると思います。
19190213
2020年01月24日 22:44
もしかしてですが、一般企業も自衛隊も似たようなものかもしれませんね。
ニーズを理解せずに自分が作りたいものを作るという点においては。
そういう意味では、自衛隊はあらゆるニーズを知るところから始めるべきかもしれません。
それは現在の戦場であったり、国民のニーズであったり隊員が不満に思う事であったりと。

ゴールがおかしいから合理的になれないのであって今更ですが各分野マーケティングをしっかりやるべきでしょうね。
それを知り果断に実行するには強いリーダーシップが必要です。
大臣直下にそういう班を置くべきかもしれません。
Suica割
2020年01月24日 22:46
少し位、デコボコでも、特徴あるものが売れるように思います。
性能ミドルエンド価格ハイエンドでも、売れるものに出来る。
電池が無茶苦茶持つとか、電池が安全に入れ替え出来るとかあれば、御不満ある層が買ってくれる。
Suica割
2020年01月24日 23:33
19190231様へ

災害時の最終的バックアップ(それが良いのかという是非はここでは論じない)として、求められているのですから、兵站能力と衛生能力の強化は、確実にやるべきですし、認められる可能性は高いでしょう。
国民ニーズと戦時ニーズを重ね合わせると患者搬送ヘリや燃料費はかかりますが、装甲救急車は今より増強すべきでしょう。
生活用品の備蓄も増やすべきです。
いざという時に買い集めることは出来ますが、それよりあるものを持っていった方が早いのは当たり前です。
医療関係者やその養成段階にあるものに希望者に対して補助をして、緊急時には救命のために召集する制度も創設しても良いでしょう。
まあ、日本には足らないものがたくさんありすぎて、書ききれないですわ。
Suica割
2020年01月24日 23:43
日本の防衛サンギョウガ実質引きこもりニートになったのには仕方ない面もある。
防衛輸出三原則(非常識に厳しい)とその履行の代わりに飴としての防衛省の甘やかし。
ようやっと、現政権で常識的ラインに寄ってきているので、まずは、列国に並ぶ合理的規制に輸出規制を改め、それより後に、市場原理に基づく、入札を本格化すべきでしょう。
10年自由にしてもダメな企業は退場頂くべきです。
Suica割
2020年01月24日 23:50
>そら、70年代ぐらいまでの欧米に追いつけ、追い越せの時代には効率的な軍隊蟻的な組織だったでしょう。

アメリカ軍の方が下手な日本企業よりもまともと思いますよ。
競争相手に勝つべく先端技術投資はしてますし、きちんと勝つ手立てはしっかりと考えていますし、ダメなものはきちんと切っている。
ひゃっはー
2020年01月25日 09:13
元キャプテン氏の過去の発言集(要約)
・「幹部の仕事は誰でもできる」と言っておきながら「自衛隊の幹部に資格を取らせろ」「幹部を一般の会社に研修に出せ」と抜かす。
・「南西諸島を中国に取られても一般の生活に影響ないから構わない。」
・「現役時代にパワハラを受けて精神崩壊した。自衛隊は国営ブラック企業」と言っておきながら「自衛隊に囚人部隊を作れ」「自衛隊には兵隊ヤクザが必要」と抜かす。

で、お前の発言はおかしいではないか、と意見すると、なんで現役の隊員や他のOBを批判しないんだ、と責任を回避する。つまり傲慢で謙虚さの欠片もない。
御自分は下らんことを好き勝手に放言しておいて、おまえは発言するな、と一方的に命令してくる。お前が発言する理由を示せ、と抜かしてくる。
こんなバカで自分勝手な卑怯者が自衛隊から逃げ出した後で「自分は大隊長や部長の仕事はできる」と豪語する。まさに負け犬の遠吠え。
生きているのか死んでるのか知りませんが、コメント欄から消滅して清々しました。ケンシロウに復讐を果たして高笑いする、ジャギになった気分です。清谷さんもケンシロウよりもジャギの方が好きでしょう(笑)
ひゃっはー
2020年01月25日 14:22
清谷さん、その「うまく動かした役所」とは北海道教育委員会でしょう(笑)
清谷信一
2020年01月25日 15:33
だけじゃないだな、これが。
役所動かすには突く方法があるんですよ。

>ひゃっはーさん
>
>清谷さん、その「うまく動かした役所」とは北海道教育委員会でしょう(笑)
ひゃっはー
2020年01月25日 16:34
清谷さん今からでも構わないので、その人が書いた本をアマゾンレビューで星1つを付けて徹底的にこき下ろすのはどうでしょうか(笑) 楽しくて筆が進むと思いますよ。
aaa
2020年01月25日 18:29
悪は滅びる、というのはちょっと・・・

ホントに大手は滅びるでしょうけど
ひゃっはー
2020年01月25日 18:54
元キャプテン氏は「自分は自衛隊OBで軍事の専門家だ(要約)」と威張ってる一方で「自衛隊は大人の幼稚園だ。自分はその先生だった」と抜かしやがる。そんなら御自分は軍事の専門家ではないことを自分で証明したことになるではありませんか。にも関わらず「自分は将官と防衛問題に関して議論する自信がある」と抜かしやがる。
で、言ってることは「沈黙の艦隊」「右向け左」「宣戦布告(映画版)」「亡国のイージス」「空母いぶき」がどうのとか、自衛隊の人事の制度はこうだ、みたいな話ばっか。
「ガチンコ ファイトクラブ」「渋谷のコギャル」「ここがヘンだよ日本人」とかの時代錯誤なサブカルチャーを話のネタに出す割には、自衛隊の編成・装備・戦法に関する見識は皆無。他の人が自衛隊の衛生救護はどのようになっているか、と真っ当な質問をすると逆切れする。「俺に質問するな!」が決めセリフの仮面ライダーのキャラのつもりですか。
あと「渋谷のコギャル」っていつの時代の話なのよ(笑)せめて「渋谷のJK」と言ったらどうなのか。これだけでも元キャプテン氏が時代錯誤かつ未開の野蛮人であることが分かります。
Suica割
2020年01月25日 19:17
原作が、サラリーマン漫画の殻を被ったファンタジー漫画ですからね。
付き合った女がキーパーソンの親密な関係者だった展開とかなかなかあり得ないし、そういう夢を見せる漫画としては出来がいいと思います。
今ならなろう系サラリーマン漫画でわかる人はわかりますね。

ただ、きちんと家電業界の事を追っているのは高い評価せざるを得ない。
韓国製テレビ品質良いやないか!!と、記憶が曖昧ですが、取締役編位から認めてましたから。(間違ってたらすいません。)
少なくとも、国士様(笑)よりは現実を見てました。
濡れネズミ
2020年01月26日 12:50
防衛事業は産業界の協力が必要不可欠である事は重重承知していますが、何でもかんでも国産はダメなのは思い知らされました。

海外に輸出している猟銃の弾倉に欠陥があった時は3カ月程で改良した癖に小銃の改修はしないH社は好例ですね。
海外で物資輸送、爆撃まで出来る機種があるのに大型で偵察しか出来ない機種を意気揚々と提示するK社とかやめて欲しいです。


まあ、幹部陣は天下り先の優遇がしたいんでしょうが基本性能がカタログスペックの段階で既にゴミなのは話を進めちゃダメでしょう🙅‍♂️

先日陸自時代の友人と飲みに行きましたが、定年した高官がかなり評判が悪い装備を後輩に押し付けるだけなので国産装備を信用できる日は来ないと言っていたのが悲しいです。


aaa
2020年01月26日 17:59
しかし、しまこーさく、と。

ああ言うので勝ちを繰り返すのがウケと。

それで勝つことが出来なくて、欲求不満を募らせてるのでは?
失われた30年だとか、そういう不満を募らせたサラリーマンたちの恥ずかしさと。

そういうサラリーマン社会がいつか戻ってくると、お祈りを繰り返してるのが日本人では。

随分イタいけど。
Suica割
2020年01月26日 18:15
自衛隊って、実態を言って募集したら、ブラック企業の経験者しか安心して来る人がいないように思う。
給料きちんと払うブラックですからね。
濡れネズミ様

安心出来る国産は、燃料とセメント、後、少数の品目位じゃないかと思ってます。
天下り糞野郎だらけならば、禁止すべきです。
最低、三◯、川◯、旧称富◯、豊◯、日本製◯所への天下りはさせちゃいけない。
ブロガー(志望)
2020年01月26日 21:25
お邪魔します。
 生と死は対立するものではなく、「死に向かって一歩一歩歩いていく」事が「生」なのではないかと思ったりもします。古いものがいつまでもあると新しいものが生まれてくるのが難しくなりますし、ある時代ある状況での最善が次の時代番う状況では却って枷にもなりかねませんので、大企業が大企業病に陥るのは「双六の上り」というか、外部的要因で押しつぶされたり、不祥事等で潰れたりする企業がある中「天寿を全うできただけ幸運」だったのかもと思ったりもします。
 三菱スペースジェット(旧MRJ)の現状は、「日本がかつて(戦前、戦中)航空機を開発及び生産していた事など忘れる時期が来た」という事なのかも知れません。今後航空機を作ろうとするなら米欧といった航空機を開発及び生産し続けている国に子会社でも作り、その国の開発及び生産の経験を持つ技術者を雇って作るしか無いという事でしょう。そうやって知識や経験を獲得しても、それを日本人の技術者に学ばせられるかどうかは分かりませんが。
 最後に余談ですがラインメタル社が130ミリ戦車砲を開発していると聞きました。戦艦の46センチ砲は大和型という「46センチ砲のためのプラットフォーム」が建造されましたが、戦車の役割の中で火力支援というか「歩兵の盾」の割合が増えている今、120ミリ砲搭載戦車の改修型すらできるかどうかでしょう。尤も陸自だけは90式、10式に続く三個目の第三世代戦車を作るかも知れませんが。
Suica割
2020年01月29日 23:26
携帯は、みんなに売れるものを作ろうとして、みんなに売れないものを作っているのかもしれません。
オッポは、みんなSNSで仲間作りしたい。
思い出を共有したい。
ならば、我々はその人達のためのモデルを売り出そう。
他は他のみなさんにお譲りします。
そういう明確な哲学で大きくなったメーカーです。
これだけは他所に負けない。
そんな尖ったもの作りを出来ないエリートが日本の携帯を没落させたと思いますね。
オッポの成功は一部にコアな顧客を作った事でしょう。
そこそこの幕の内弁当より、米だけは他所に負けない。
揚げ物は一番だ。
そういった特長ある幕の内弁当みたいな携帯の時代なんでしょうね。
昔はメールが打てる携帯とか、今より特長重視の商売がされてたように思います。
ニ読者
2020年02月01日 22:12
>ひゃっはーさん
>元キャプテン氏
2、3年前に、ブログ主様が止めに入るほどの大喧嘩を彼と繰り広げたのが私です(笑)
このコメント欄の皆勤賞だったのに、いつの間にか出没しなくなりましたね。
彼が本当に元幹部自衛官だったのかは判りませんが、もっと自分の軍事的知見を活かした意見をしてくれれば参考になったのですがね。
(今は偽陸士さんや濡れネズミさんがその役をしてくれていますね。)
ひゃっはー
2020年02月02日 10:41
元キャプテン氏は清谷さんのことを崇拝しておきながら、その著書やここのブログもろくに読んでいない。だから「FXの時はどの機体を推薦していたんですか?」と聞いてくる。「自衛隊 大人の幼稚園」「KYな自衛隊」「田母神論文」とかの本や論文があることは知っているが、その中身は読んだ形跡がない。
現役の時も衛生救護の勉強も訓練もろくにやってこなかったのでしょう。だから自衛隊の衛生救護はどのようになているのか、と聞かれた時に意味不明にも逆上する。分からないことは分からないと素直に言えや(笑)
自称某「軍事の専門家」の正体は「敵を知らず己を知らず学ばざる」秋田県の普通科高校卒の歯が抜けた40過ぎのオッサン(8月15日生まれ)ですね。自分の投稿は清谷さんの記事にも採用してもらった、と抜かしてましたが、誰がこんなバカの書いた投稿なんぞを記事に採用するもんですか。笑わせるな。
ひゃっはー
2020年02月02日 20:54
元キャプテン氏に捧ぐ「お前が言うな」集
「お前は自分の知識を誇りたいだけなんだろ←お前が言うな」
「自衛隊には頭の固い連中がいた←お前が言うな」
「自分の意見を他人に押し付けてくるのはオウム真理教や共産主義者と同じ←お前が言うな」
「自衛隊はむさ苦しい脳筋連中の集まり←お前が言うな」
「この口だけ大将の評論家野郎が!←お前が言うな」
「渋谷のコギャルにレンジャー訓練を施してやりたい←まずお前がやれ」
「言いたいことがあるなら本を出せ、やりたいことがあるなら政治家になれ←お前が言うな。この口だけ大将の評論家野郎」

元キャプテンは滅びる。