自衛隊はクズ機銃、74式機銃をいつまで調達するのか?



カナダ軍新汎用機関銃C6A1を追加発注 2023年納入完了予定
https://otakei.otakuma.net/archives/2020012903.html

>カナダ政府は2020年1月24日(現地時間)、カナダ軍の汎用機関銃C6の後継モデル、C6A1を総額9697万カナダドル(約79億9800万円)で3626挺、コルト・カナダから調達すると発表しました。これは2017年7月の発注に続くものです。

>カナダ軍ではC6を現代の要求性能に合致させるべく、性能向上版となる「C6A1」を構想し、メーカーのコルト・カナダに試作させました。それにより完成したC6A1は「FLEX」というサブネームが与えられ、従来の木製に比べNBC兵器使用下での除染が容易な樹脂製のストックが採用されたほか、オプション品が取り付けられる汎用のM1913ピカティニー・レイルを本体上面に装備。拡張性が高められました。

>カナダ政府は第1次分として、1148挺のC6A1を総額3210万カナダドル(約26億4761万円)で2018年9月から2019年6月にかけて調達。今回の追加調達で、残るC6をほぼ置き換えることになります。


調達単価はC6A1が約220万円ですが、一方自衛隊の74式7.62ミリ機銃ですが、まず調達単価は500万円前後と2倍以上です。更に申せばC6A1はレールマウントなどを追加しています。しかもFN社にライセンス料を払って生産してこの値段です。

そもそも74式は駄目機銃である62式をベースに開発されており、性能、信頼性も低いわけです。同軸機銃型にしても装填が面倒くさくて、時間がかかり実戦的ではありません。

しかも陸自は普通科から7.62ミリ機銃を廃止して、5.56ミリミニミに置き換えてしまいました。こんな奇特なことをやっているのは陸自ぐらいでしょう。我が国は狭いから7.62ミリ機銃の射程は必要ないんだと。であればシンガポールや台湾、ベルギーだって必要ないでしょう。ですが廃止した国なんてありません。

しかも74式は弱装弾を使用していますから、射程貫通力ともNATO弾よりも劣ります。

空自は救難ヘリUH-60の機銃に5.56ミリミニミを搭載しています。普通の国では7.62ミリ以上の機銃を搭載しています。これでは自衛用として不十分です。どうせ形だけならば
東京マルイのエアソフトガンのMk46でも買えばいいんです。お値段は162800円と、国産MINIの1/20以下です。

陸自のヘリには12.7ミリのM2がドアガンとして搭載されていますが、これは俯角をかけるとよく弾づまりを起こします。
戦争するきがサラサラないならば、自衛隊の武装を解除して防災組織に鞍替えするべきです。そうすれば予算は半分以下ですむでしょう。当事者意識&能力のない組織に多額の血税をつぎ込むのは無駄意外の何ものでありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やれやれ
2020年01月31日 15:35
「しかも陸事は普通科から7.62ミリ機銃を廃止して」
陸自ですかね。

驚くべきは74式ってまだ買っていた?信じられない...
よく考えたら10式戦車用なのでしょうか?戦車が新型でも機関銃はポンコツのままな所がなんとも。
陸自で駄目装備って言えば素人でも真っ先に上がるのでは?てっきりMINIMIが置き換えだと思っていたのですが戦車用がありましたね。しかも500万円...ゴミに500万円...
マニアに無可動実銃として売れば儲かりますよ...きっと。
もう住重も豊和もマニア向けに新品の無可動実銃を売る商売でも始めたほうがいい。

メーカと癒着して(忖度して?)品質も性能も劣るものを買ってくる位なら輸入で良いです。金も勿体ないですし。
Suica割
2020年01月31日 15:46
https://otakei.otakuma.net/archives/2020012001.html

いっそ、これでドアガン型(あれば。無ければ開発させる)、車載型(同じく。)、歩兵が使う普通の型すべて、自衛隊の機関銃を置き換えて欲しい。
ミニミは予備や訓練用として、M2は適所で使用するとして、国産のあれはいらないですね。

高い金出すなら、こっちの方がまし。
キヨタニ
2020年01月31日 16:15
ご指摘ありがとうございます。
訂正しました。

>やれやれさん
>
>「しかも陸事は普通科から7.62ミリ機銃を廃止して」
>陸自ですかね。
>
>驚くべきは74式ってまだ買っていた?信じられない...
>よく考えたら10式戦車用なのでしょうか?戦車が新型でも機関銃はポンコツのままな所がなんとも。
>陸自で駄目装備って言えば素人でも真っ先に上がるのでは?てっきりMINIMIが置き換えだと思っていたのですが戦車用がありましたね。しかも500万円...ゴミに500万円...
>マニアに無可動実銃として売れば儲かりますよ...きっと。
>もう住重も豊和もマニア向けに新品の無可動実銃を売る商売でも始めたほうがいい。
>
>メーカと癒着して(忖度して?)品質も性能も劣るものを買ってくる位なら輸入で良いです。金も勿体ないですし。
偽陸士
2020年01月31日 18:41
本当に薩長閥の役人に武装する権利を独占させるとロクな事にならない。(笑)

長岡藩との戦いから今に至るまで、敵より優れた機関銃を装備出来た試しが無い。
他人が他人の為に武器を調達すれば、いい加減に成るのは当たり前です。
市場原理が最良の規制になるのです。
逆のケースが有ったらご教示頂きたいものです。

銃刀法、火薬類、武器等製造法、武器輸出三原則、ココム、全部要りません。

犯罪者、侵略者、税金泥棒を利するだけです。

誰が何を持とうが、管理は自己責任です。

酷使様も自己責任大好きでしょ!

一世帯毎に狙撃銃、分隊支援機関銃、ロケットランチャー、迫撃砲、P-SAMが有っても良いじゃありませんか。

日本の右も左もガンコントロールに御執心。

民生が安定しているのなら、巷に武器が溢れても騒乱には成りません。
それとも御自身の経済学に自信が無いのでしょうか。
出羽の守がお嫌いな常識人の方々は如何お答えになられますか?
Suica割
2020年01月31日 18:59
防衛省の調達品目のPDFを見たが、30年度、元年度予定には74式の文字がなかった。(見落としならばすいません。)
Suica割
2020年01月31日 19:13
清谷様
https://japan-indepth.jp/?p=41406

過去の御自分の分析が答えではないかと思います。
本当に新規納入しないようにトドメ打ってないじゃないかという意味で今回の記事を書かれていたのなら、納得します。

しかし、調達情報の品目で米軍からの戦闘機納入等を一式処理するのは辞めてもらいたい。
一式、一体何機か全くわからない。
せめて、一式(◯機)のように書いてもらいたい。
まあ、いろんなセットがあろうが、本体の数はきちんと示してもらいたいものです。
CPR
2020年01月31日 19:17
ゴミクズ機銃を未だに不適正価格で調達し続ける調達を見るに、仏作って魂入れずから脱却出来ていないようで。
外面(分かりやすい正面装備や式典)だけ良くても、中身が伴わないのではどうしようもないです。
斯様な姿勢では、面子を重要視する隣国を笑えません。
当事者能力欠落による調達不備は馬鹿な指揮官と同等の恐ろしさだと思います。

https://news.militaryblog.jp/web/EuroOptic-exclusive-Barrett-MRAD-Mk22/USSOCOM-Advanced-Sniper-Rifle-Systems.html
SIG MG338と弾薬を共用できる狙撃銃はこちらですね。
M21SWSも調達を止めるべきでしょう。
いっそ機関銃はMG338、狙撃銃はMk22に更新という手もありかと思います。
残念ながら、そんなことはまず実現しないでしょうが。
濡れネズミ
2020年01月31日 20:39
今日日、大抵の武装勢力はPKM使ってますし、車載用なら下手するとドシュカどころか23mm、無反動砲を積んでいる。
でかいトラックならロケット砲や57mmを積む事ができる。

弱装薬弾を使う74式が射程、威力共に対抗できると思えないです。

過去にヨムキプール戦争(第四次中東戦争)ではイスラエル軍の機甲部隊は戦車の機関銃をヒビが入るまで使い潰したり、戦時量産の不良弾薬が原因で故障を起こすケースが頻繁したために機関銃が足りなくなってしまいました。
この為、イスラエルの戦車兵は自らの短機関銃と手榴弾でアラブ連合軍の対戦車ミサイル陣地を潰す羽目になりました。

そして、アメリカからの軍事支援物資が届くまでに多大な損失を被ったのは機甲科ならよく知っている筈なんですが。

そしてここ数年の第5次中東戦争です。
はっきり言って5.56mmの凋落は激しい。
ミニミじゃダメでしょう、かと言ってM2を積むと予備弾の数が減って継戦能力が下がる。

この様な状況で華奢な74式に苛烈な運用が耐えられるとは思えないです。
そもそも、アメリカ軍から供与される可能性があるM80弾が真面に使えない時点でもうダメです。
素直にFN社からMAG58のライセンスを買って採用するべきでした。
19190213
2020年01月31日 22:36
Suica割さん
74は恐らく古い車両から管理替えしてるだけでしょうしその話だと思います。

偽陸士さん
私はガンコントロールは必要だと思いますよ。
それこそ、簡単に入手できるようであれば秋葉原殺傷事件や何処かのアニメ会社のような悲劇はさらに酷い物になる。
ましてやそれに対抗する為にさらに税金が投資されますしテロやゲリラ戦を敵が仕掛けることも容易になります。
今の暴力装置(社会学用語)はそのような勢力に余力を割けるのでしょうか?
無理ですよね。
ただでさえ悲鳴を上げているのに。
私は社会がそれを抑制できないと思っています。
Suica割
2020年02月01日 00:18
しかし、自衛隊の調達センスの無さには驚く。
原型ミニミが弾倉給弾式が不具合があるとわかったら、翌年からベルト給弾のみ二型と銘打って発注、今までのは、二型に作り直す。
64式は後日、改良型を改でも、二型でも、新しい年式でもいいから出す。
それくらい、やれるでしょうということをやってない。
元々、F1も対艦ミサイルは二発積みだったから、そちらは現状維持で、オリジナルか最小限の改良で新型機を買うなり、電子機器の強化と整備性向上に主眼を置いた改造機をF2にすべきだった。
C2も速くて多少大きいC130と思えば、悪くないと思うが、不整地で止まれないのは決定的にマイナス。
そこ、どうにかせんのか?
と思います。

要するに怠慢と明らかに大事なポイントを外したぼやけた開発というしょうもない調達が多いのが自衛隊の調達ですね。
Suica割
2020年02月01日 00:29
CPR様
そのセットで揃えていくのは、最適解のひとつでしょうね。
ラプア弾使う狙撃銃を導入決定して、機関銃はそちらに合わせてトライアルでも、今よりは絶対ましと思います。
昔、なんでM2の弾として、使用弾薬の在庫あるのに、バレット買わないんだ?と思った事があります。
清谷様
例の機銃が永遠に発注停止になってくれればと思います。
しかし、早く発注中止になってくれんかな。
停止は復活出来ますしね。
しかし、気づくタイミングが遅すぎる自衛隊もトロ過ぎる。
19190213
2020年02月01日 01:07
Suica割さん
所詮需要がない国なのですよ。
それは安全だったといことかもしれませんがね。
差し迫って危機が本当に来るかと言えば、今までは東アジアで米国に喧嘩を売るような真似をするわけがないというのが常識だったのでしょう。

まあ実際に必要性がなければ予算がつかない訳でそうなると自衛隊も改良は二の次になりますよね。
というか当の本人が胡坐をかいて惰眠を貪るレベルで平和だったのですからそりゃまあやりませんよ。
となれば部内で改善を訴える声も傍から見れば”何言ってんだこいつは”となる訳ですな。
Suica割
2020年02月01日 09:41
濡れネズミ様

5.56ミリ弾の凋落はあるにしても、ロケーションが悪すぎるのも大きいですね。
7.62ミリから5.56ミリになったのは、ベトナムが森林地帯で交戦距離が短く取り回しが良い銃がいいとなったから。
見通しがいい乾燥地帯では、必然的に交戦距離が長くなり、5.56ミリではきつくなる。
用途があってないものを使えば、そうなります。
5.56ミリ弾は、市街地や遮蔽物が多い野外に適応した弾薬であり、市街地戦闘では、今でも一級の性能を持つ弾薬であろうと思います。
偽陸士
2020年02月01日 12:47
Suica割さん。

外国の機関銃を調達するまでは、安心できませんよ。
いつの間に74の調達再開なんて事も十分にあり得ます。

19190213さん。

反社会的勢力は規制が大好きです。
麻薬、買売春、賭博、武器、これらは規制により値段が高騰し彼等の懐を潤しています。
むしろこれ等を合法化して、競争原理に曝し値段を下げ雇用の増加、税収の確保に繋げたいものです。
また武器も強力な物ほど隠し持つのは困難です。

地下鉄サリン、秋葉原、相模原、これ等の大量殺傷はガンコントロールの役立たずぶりを世界に晒し我が国を笑い者、卑怯者に貶めています。

武器が治安の悪化を招くのでは有りません。
ノルウェーやオーストリアをご覧なさい。
問題は食うに困るかどうかだと思います。

日本人の違法伐採した木材が中国に輸出され、向こうが悲鳴をあげてますよ。(笑)
Suica割
2020年02月02日 22:26
19190231様

需要がないから。
うん。腑に落ちる答えです。
けれど、そんな需要があるとは思えないカナダすらきちんとやれている事をやれてない自衛隊ってなんなんでしょうね?

大きな需要があるはずの災害派遣にも役立つ個人救命セットや野戦生活装備がショボいのもおかしいお話。

何か致命的な問題が自衛隊にはあるのではないかと思います。
Suica割
2020年02月02日 23:36
C6の中古でいい。
使えない骨董品を使える骨董品にする方がまし。
19190213
2020年02月03日 21:28
Suica割様
今我々が批判的な眼で見ている装備なんかが逆に需要があったからだと思います。
動かないとか直ぐ故障するとか言う話は一旦置いておいて、三自衛隊の一番の敵はソ連だったわけでその一番に警戒が成されていたのが北方での正規戦闘、つまり大規模着上陸だった訳です。
 ですが・・・敵から実際に大規模着上陸するかというとこれまた非常に算段が難しくなるところです。
 何故ならばソ連の主眼がヨーロッパ方面であったことはその編成や装備開発面から疑う余地はなく主敵はNATOであったのだろうということです。
つまり、ソ連にとってのアジア方面は攻勢にでる或いは、絶対視するべき物ではなかったのではないかとも思えるのです。
従って防御側としては、抑止力に偏重し元々戦力を割きたくない相手が作戦を躊躇う程度の圧力があればよろしい。
それは、海自においては米軍来援までにその経路を確保する為に海峡封鎖ができるそして対潜哨戒ができる構成、陸自は来援までに敵に圧殺されないそして敵補給線に多大な負担を強いる為(優勢な敵に対抗する為には火砲や戦闘装甲車両等、重火器を使う事を強要させる。つまり港湾の確保(作戦の強要)と大規模な補給が必須になりただでさえ輸送船舶がギリギリな露軍には相当な負担になる上に海自潜水艦にとっては餌である輸送船を大規模に使わずにはいられない。これを実施する為に侮れない規模の機甲戦力及び火砲)に北海道に7師を始めとする機甲戦力を置いたのだと思います。
これは冷戦期は良かった。
つまり、相手が躊躇うための現物が戦車であったり火砲の数であったりしてそれが実際強いかどうかというのは未知数でも良い。

だから、極端な話をすると重要でないものはモデルガンのような物であったとしても””相手がそれを解らなければ””それで良くて大事なのは抑止になる事。
そして、総隊以来先の大戦に反省しまくっている彼らは根本的に自国での生産体制の確立に血道を挙げてきた訳です。それは、上記二点が達成されるならば多少の品質に目をつぶっても良かろうという事になるのです(今は悪くても基盤さえ作れば将来的には良くなるだろうと当時の人たちは思っていたのかもしれませんがね)。

ですから、今になって”真に戦える組織”なんて寝ぼけたことを言い出すのです。

それに対してカナダ軍の立ち位置というのはどうなのでしょうか?(統一軍が失敗したとの報しか知りませんが)
恐らくは”自国生産の縛り”が元々ないのではないかなと(WW2でのレンドリースも経験しているし、近隣に危険な国家もなく海上封鎖もなければ隣は米国で国家の孤立もない。従って貴重な国家のリソースを振り分け今更後発で兵器開発で先進国を追うよりも輸入でベターな形にしておけば良い。)
そして、軍事費が掛け捨ての保険であると良く国民が理解しているのかもしれません。
だからこそ取捨選択が出来る。
そんなところではないでしょうかね??
軍事力の取り扱い方が歪であるのが根本かもしれません。
Suica割
2020年02月03日 22:33
Wikipediaより
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/M27_IAR

こいつがコンセプト的にとても良いと思うんだが。
こういう気の利いたものをなぜ買わないのか理解出来ない。
戦った事がないにしろ、戦った奴等の教訓を汲むべきだろう。
64式小銃と74式機銃の代わりがこれなら喜んでくれると思います。
偽陸士
2020年02月05日 20:48
Suica割さん。

気持ちは良く解ります。
国産で無ければ病の克服は困難です。
安っぽいプライドを捨てるには勇気が要ります。
しかし役人には無理でしょうね。
山銅
2020年02月12日 23:07
某補欠の訓練召集で元機甲の方が「ちゃんと弾出る分M1919の方が断然良かった」「74式の初期型なんか弾薬ベルトを下から手で支えてやらないと給弾してくれなかった」とか言ってて笑った