12月13日防衛大臣記者会見における質問。

12月13日防衛大臣記者会見におけるぼくの質問です。


Q:イージス・アショアについてですが、現在、海上自衛隊のイージス艦は、沿岸から50海里にならないと、スパイレーダーに火を入れないと聞いておりますが、イージス・アショアが安全性に問題ないとおっしゃっているのであれば、停泊時にも、イージスレーダーを使えるということになると思うのですが、そういった理解でよろしいでしょうか。
A:イージス艦の能力その他についてお答えすることは差し控えます。
Q:全く同じレーダーですが。(※この発言は、実際は型式が違うレーダーで同じようなというニュアンスで質問しました)
A:運用についてお答えすることは差し控えます。
Q:危険だからということで、50海里離して使っていると理解しているのですが。
A:運用についてお答えするのは差し控えます。

イージス・アショアの設置が可能であればイージス艦のイージスレーダーも港内でも使えることになります。河野大臣はこの問題から逃げだ、ということでしょう。秋田県などのイージスアショカ候補地の方々はこのことを追求されるべきだと思います。



Q:先日伺った新小銃についてですけれども、先ほど事務方の方から連絡が来まして、30年で調達するとおっしゃっていたのですが、89式も30年かかっているのですが、諸外国ではだいたい7年か8年で終わっているが、かなりスローなのではないでしょうか。その間、教育とか兵站が二重になるのですが、こうしたデメリットはどのようにお考えでしょうか。つまり、30年のうちに戦争が起きたら新しい小銃はないことになり、訓練も二重になりますけれども、それはコストがかかるのではないでしょうか。
A:予算の制約の中で、やれることはしっかりやっていきたいと思います。



米軍は既に6.8ミリ弾採用に舵を切っています。今後見直しがある可能性はないとは言いませんが、このまま進めば米軍では今後10年後ぐらいには口径と銃の更新が終わっているでしょう。その後も延々と5.56ミリ機銃を調達するのでしょうか。また陸自では5.56ミリMINIMINIの後継機銃も5.56ミリ機銃で置き換えようとしています。これまた米軍は6.8ミリ機銃に更新されるでしょう。あるいは7.62ミリのオートマチックライフルに更新されるでしょう。にもかかわらず陸自は新型の5.56ミリ機銃を漫然と調達する予定です。


Q:先日、前々回の質問に対する御回答を事務方からいただいたのですが、記者クラブに対する質問に対しては全くスルーされているのですが、これは課長が回答しないということでしょうか。
A:知りません。それは課長とやってください。



大臣は責任を持たない、ということでしょう。

Q:先日質問した際、大臣は新小銃については分からないので、どの程度の期間で調達されるのかということをレクチャーを受けますと、お話をされていたのですが、ただ、防衛に詳しい議員の方に聞いても、例えば10式戦車があるとか、89式小銃があるとか、装備はどの程度のタームでいくらの総額でというのを知っている方がいらっしゃらない。国会の中でそういう装備の調達の数とか期間とか総額が分からずに調達を決定するというのは、問題があるのではないでしょうか。

A:国会のことは、国会でお聞きください。


河野大臣は、防衛省は国会に対して装備調達の概要すら伝える必要ないとの見解らしいです。他国、北朝鮮や中国は知りませんが民主国家においてはありえない話です。計画もしらないのに議論して結論を出せというのは無責任です。文民統制の根幹は議会が軍隊、我が国では自衛隊の人事・予算を掌握することですが、大臣はそのようにはお考えではないようです。財務省に見せている程度の書類も国会には見せていない。これは文民統制では官僚統制です。



Q:本年度の補正予算ですが、4,000億円ぐらい追加されると報道で出ているかと思いますが、基本的に補正予算は前年度に決まっていなかったこととか、予期せぬハプニングが起きた場合に出すものだと思いますが、大震災以後、装備を買う予算として使われているかと思いますが、これは防衛費が二つあるのと同じなのではないでしょうか。これに対して大臣は問題ないとお考えでしょうか。

A:補正予算について、まだ調整中でございます。



防衛予算に限りませんが、来年度予算と本年度の補正予算が一体化されおり不明瞭会計となっております。いい加減、こういうインチキで見かけ上の予算を少なく見せかけ、GDPを膨らませてアベノミクス大成功という印象操作をするのはやめるべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

やれやれ
2019年12月17日 13:51
河野大臣使えねえ…

米軍が6.8mmに統一されたら弾の融通ができなくなりますね。他の国の軍隊とも。
正直一気に更新されるのか?と疑問まあります。まだ流動的なのかなとは思いますがその辺どう考えているのでしょう?
全世界的に切り替わるなら遅れを取るのはリスクになりますが、そうでないなら次期大綱でも間に合いますかね?
いずれにしろ今のタイミングで国産の新型小銃に切り替えるのは良くないですよね。当分輸入でごまかして6.8の導入を睨む位考えてないと。
自衛隊は装備品調達に戦略が無いですよね。
戦術は汚い補正予算と言う裏技を使いますが。
やれやれ
2019年12月17日 13:54
「秋田県などのイージスアショカ候補地」
アショアですね。
濡れネズミ
2019年12月17日 15:37
弾道誘導弾防衛計画は複雑怪奇ですね。
やっぱりミサイル発車前に潰せる限り潰して防御し、発射後に仮想敵国に報復を取れる体制じゃないとダメだ。

6.8mm口径の米軍採用が決まった途端に小銃が再度採用やり直しになったら笑えますね。
そうなると新型機関銃も選定し直しです。

記者クラブに関してはやはり、広告スポンサーの企業に配慮出来る記者のみに参加を許す様にして余り現実に目を向けない様にしたい思惑があるんでしょうがここまで情勢が悪化してしまったら無駄でしょうね。

不調の西側諸国の軍事企業を尻目に東側は活発になりつつありますね。

強いロシアの復活を掲げるプーチン大統領の政権下で低迷してきたミグが復活しつつあります。
https://jp.sputniknews.com/russia/201912176941120/
CPR
2019年12月17日 19:53
何ですか、この答弁は。
はっきり言うのはいいとして、その内容は全く駄目ではないですか。
知りません、他に丸投げ(部下に投げるにしても進展は見込めず)、この程度なら新卒にも務まるのでは?

小火器については、もはや米軍から外圧が掛からないと変わらないのではと思います。
何せ陸幕の当事者意識はゼロですから。
富士学校教育から具申があっても握り潰しているのではないかと。
濡れネズミ
2019年12月17日 20:23
濡れネズミ
2019年12月17日 20:32
すみません、誤操作で送信してしまいました。
インド軍が新しい装輪式兵員輸送車を採用する計画を発表した様ですが過酷な同国の環境にも関わらず重武装でより良い機動性を求めています。
https://www.armyrecognition.com/december_2019_global_defense_security_army_news_industry/indian_army_looking_for_new_8x8_apcs.html

こうした現実を是非とも各報道機関には追求していただきたいです。

平和維持軍等に積極的に参加するならこのレベルが必要なはずなのに陸自上層部は鼻を穿って興味無さげにしている。
やれやれ
2019年12月18日 10:49
http://www.tokyo-dar.com/news/7146/
HOWA5.56の写真が出てますね。今まで外観図だけだったので
実銃があることをやっと確認できました。
とりあえず見た目は今風ですが、やはり耐久性が心配。それにプラのストックもこころなしか...
構造は知りませんが、銃身とマガジンを交換すると?口径が変わるアサルトライフルもありますよね。ユニット構造で簡単にバラせて銃身だけ交換すれば6.8mmに変身!なんて事まで考えてたら感心しますが、多分そんな事はないのでしょうね。
ふきのとう
2019年12月18日 20:05
SPY-1シリーズでも小型のFとかK系列ではなく、AからDに至るメインモデルしか弾道ミサイル迎撃能力を持たないのであれば、イージスアショアもアンテナの出力(=電磁波の影響を測る基準)がイージス護衛艦と同等であるとの趣旨ですよね。問題ないのであればそれを裏付ける資料は提出してしかるべきだと思いますし、仮に今手元になくても後で出させるべきでしょうねぇ。
KU
2019年12月19日 13:31
※また、大石さんのブログのコメ欄で見つけました。↓

>本日の装備実験隊

http://mobile.twitter.com/kusurou_/status/1207265388980887553

共通車体の後方に見える車体は初めは89式かと思いましたが、砲塔は89式でも車体は、操縦席の斜め前にカメラがあるなど全くの別物ですね。試験走行しているとなると、近いうちに実用化されるのですかね。
偽陸士
2019年12月20日 04:08
濡れネズミさん。

不真面目な幹部は、その国の国民の不真面目な性質の反映でしかありません。

外国の紛争で邦人が死んでも、はね上がったボランティアの自己責任か威勢のいい貧乏人の倅(自衛隊員)に税金で食わしてるんだから当然と考える大多数の群衆。

彼等にはエボラウイルスよりも厄介なAKの危険性なんて理解出来ないでしょう。

当然、装甲車輛も真剣に検討しなければならないのに興味すら持たない。

先ずはAKの購入と実際に使う所から始めた方が良いと思います。

昔の米海軍が零戦やUボートを捕獲し研究したように。
aaa
2019年12月20日 06:40
そういやスパイレーダーは出港してからよね。

運営はどうなるのかなと。

今時地上レーダー基地はドローンであっという間に破壊されちゃうんじゃ。
aaa
2019年12月20日 06:44
あと、銃器だけど、他国ではせいぜい10年と。

他の国は調達終わったらどうしてるのかなと。

日本国内にも生産基盤は保持はしてなきゃマズいだろうけど、転用するだとか、派生型を生産するだとかでラインは30年維持し続けるだとか、他国はうまいことやってるんじゃ?

そういう事例は取材しないのでしょうか?

M16はスポーツモデルや民間モデルなども発売はされてるけど。
それで乱射事件なども起きてるのは問題ではあるけど。
濡れネズミ
2019年12月20日 14:20
偽陸士さん、正直言って外交官、海外駐在員や海外旅行などに良く行く人にとって輸送手段は笑い話では無い筈なんですが「何それよく分からないよw」状態ですよね。

私の叔父も海外駐在員だったんですがあまりピンとこない様です。
今も仕事でかなり治安の悪い国にいるようですが。

ブッシュマスターで結局は今までの装甲では話にならないと理解できる脳みそが無い。
これこそニュースにして欲しい問題です。
偽陸士
2019年12月20日 15:49
aaaさん。

銃器の製造基盤なんて無理に維持することも無いと思います。

日本企業の場合、どうせ市場で売れないのを自衛隊に寄越すでしょうし。

それと乱射する奴は別にアサルトライフルでなくとも、散弾やボルトアクションでもやりますよ。

それに連射は意外に当たらん物です。
むしろ自動散弾銃でバックショット使われたら目も当てられません。

陸自の場合、銃剣道やるならやっぱりAKが一番かな。
やれやれ
2019年12月20日 16:05
偽陸士さん、
AKはいい銃だと思いますが、防衛省の問題はそこではありません。
まず使い勝手と耐久性と整備性と命中精度ですよね。そして一番ダメなのが価格…
100万発撃っても平気とか主要部品が壊れないとかからでしょうか。通常の整備も油さしたり汚れや埃拭き取る位、工具なしかドライバなどの簡単な工具だけで全部分解組立可能とか。過酷な自然条件でも動作するとかは必須としても価格は十万円位で抑えないと。三倍もするなら輸入で10万のを必要数の二倍買った方が結局安いですよ。修理出来なければポイ捨ての方がいい。日本の場合、三倍高くて寿命が半分で修理しながらなんて言ってると一丁あたりのライフサイクルコストが40万とかになったりしたら目も当てられないです。適当な数字入れて書いていますが輸入で安く買った方が日本はオトクだと思います。どうせライン生かして増産してもその間に負けて終了ですよ。数年で一括買いの方がいい。国内でゲリラ戦でもするなら豊和しか作れない銃ではダメで尚の事構造の簡単な安い銃でないとオウムみたいにその辺の町工場で作れないですから。
そうそう肝心な事忘れていましたが、世の中にはAKのコピー品、ライセンス品、改良品が星の数ほどありますから。機構が同じでカラシニコフ弾以外の口径の銃身のも一杯あるし選り取り見取りでしょう。豊和が作っても仕方ない。
やれやれ
2019年12月20日 16:19
aaaさん、
国内生産の方が安くて高性能なら維持する価値はあるかも知れませんが、そうでないなら輸入で良いです。30万で買った銃を修理しながら使ってライフサイクルコストが40万になる位なら10万円の銃を二倍の数か1.5倍の数と修理部材沢山買い込んだ方が結局はコスパが良いです。なんせ導入コストが半分で済む訳ですし増産せずとも必要数より多い訳ですから倉庫から持ってくるだけです。日本が鎖国に入るか海外から村八分になる前に揃えれば良いわけで、貿易上問題がないならいつでも海外から購入できる訳で、わざわざ国産にする意味は無いです。
それに豊和もAR18の民間版を製造し輸出もしていますがそんなに売れていません。高いのもあるでしょうがメーカーは一杯あり需要が多い訳でもないでしょうからどこもそんなに数は売れないですよ。国が補助金でも出さないと小銃だけだと倒産するんじゃないですかね?もっと高くて付加価値の高い物を売らないと。例えば無人の銃を付けた偵察ドローンとか。或いは兵器以外の民生品をバンバン売って穴埋めするんですね。
やれやれ
2019年12月21日 09:48
豊和工業の中間決算によると
https://ssl4.eir-parts.net/doc/6203/ir_material_for_fiscal_ym/74096/00.pdf
「火器は、防衛省向け小銃は減少しましたが、その他の装備品などが増加し、また、海外向け猟用ライフルも市場のニーズを捉えた新製品を投入したことにより増加し、売上げは、前年同期に比べ17%増の15億円となりました。受注残につきましては、防衛省向け小銃やその他の装備品の受注が減少し、また、海外向け猟用ライフルも、米国市場で供給過多の傾向にあることなどから減少し、28%減の10億5千万円となりました。」
防衛関係、狩猟用ライフルなどの火器事業の売上が15.5%、
建築材料が13%と若干低い位。主要は工作機械で30.3%。
ついで不動産などが19.3%などで、火器より多い。15.5%のうち89式小銃でいくら売り上げたのか知りませんが、全体の数%でしょうね。
火器全体で15億円のうち10.5億円が米国市場向けという事は小銃、迫撃砲など防衛向けより減少している米国向けライフルの方が売上に貢献しているようで...国内の売上を伸ばすためには新型小銃が必須だということですね。

それにしても豊和工業の売上が半期とはいえ上場もしていない自分のいる中小企業の通期以下とは。従業員数でも資本金でも何倍も大きい会社なのに。うちの会社も景気は全然良くないんですがね。余程利益率の高い仕事していないと食っていけないと思うんですが。不動産収入かな...うちも本業より不動産収入の利益の方が多いので...
KU
2019年12月21日 22:01
>首相、報道写真展を観賞「日本が世界で輝いた年」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191221-00000096-kyodonews-pol

輝いたって一体、どこの世界の日本の話なのですかね?( ´-`)。こんな事をドヤ顔で言っちゃう総理大臣を一向に引きずり下ろせない野党も大概ですよね...。
aaa
2019年12月22日 06:13
宇宙軍だとさ

コスパの悪い話でしょう
軍種でしょう


アメリカやトランプ支持者も正気に返れないのか。

アメリカの自滅はいよいよか。
偽陸士
2019年12月22日 11:04
KUさん。

与党を引き摺り落とすのは、有権者の責任です。

野党が素人なのは、当たり前。
それに経験積ませて育て無ければ。いつまでたっても改善されません。

与野党逆転と行かなくとも拮抗させるだけでも充分なのですから。

現状を打破できないのは、投票所に足を運ばない有権者の自業自得でしかありませんな。

悔しいと思うなら投票所へ、諦めるなら海外へ逃げるか沈黙するしかありませんな。
aaa
2019年12月22日 17:34
皆さん、リコメ

ありがとでした。

リコメはあり得ないと思ってたので。
濡れネズミ
2019年12月22日 22:40
トランプ大統領は今年のクリスマスにあまり良いプレゼントは貰え無さそうですね。

しかしまあ湾岸戦争でスカッドミサイル狩り、パトリオットによる迎撃を苦労してやる羽目になったんだからもっとうちの国を重視して欲しかったんですがね。
例えばAさんに国内左派を押さえ込んでさっさと先制もしくは報復攻撃を可能な体制にするよう強く訴えるとか。
国内の容共派を立場に関係なく強硬に拒絶する姿勢を打ち出させたり、仮想敵国の友好国の外交官を召喚して説明を求めさせるとか。

今話題になっている小物の容共派のスパイなんぞトム・クランシーじゃ無いですがスキャンダルになる前に疑惑の交通事故か重武装の強盗事件に遭わせたりした方が安定して今回の件に当たれた筈です。
和平交渉を成立させるなんて下手な欲をかいたせいでみんな泣きっ面に蜂になってしまいました。
ブロガー(志望)
2019年12月22日 22:50
お邪魔します。
 かつて河野防衛相の父河野洋平が出した河野談話を国辱的と言い、河野洋平を売国奴と言った連中がいました。そういう連中に対して首相は安倍談話でそれを正すみたいな事を言っていましたが、実際に出された安倍談話は河野談話を更に進めた(河野談話ですら認めていなかった事を認めた)代物であったと聞いていますが、先に河野談話や河野洋平をボロクソ言っていた連中が首相を「裏切者」と批判したとは寡聞にして聞きません。つまり今の日本では「真面目にやる事」は「目先の人間関係で優位に立てない奴等が仕方なくやる事」で、今の政治家に求められている事は「現実の問題に取り組む事」などではなく、「その時その場の心情や気分や空気に寄り添っているかのように振る舞う事」なのです。大多数の人間は実は「現実の問題への取り組み」を望んでいたとしても、心情や気分や空気への寄り添いを求める声は大きくかつしつこいので、大多数の人間は口をつぐまざるを得ないのではないかとも。首相はそういった大声に臆面もなく寄り添うふりができるから長期にわたってその地位にいられるのでしょうが、河野防衛相にはそんな事はできないので、マラソンの札幌移転に対し小池都知事が「合意無き決定」と言ったように、防衛省に対しても「お前等が今迄やってきた事の邪魔はしないが協力もしない。」というのが精一杯なのではないかと思ったりもします。もし河野防衛相がトイレットペーパーの一件を、現場の隊員にとって必要な他の何かを犠牲にせずにどうにかできたら、「お手柄」かも知れません。
 それと河野防衛相は実は父河野洋平と同じく心情はハト派なので、軍事関連にはあまり首を突っ込みたくないのかも知れません。