F-35再生産決定はアメリカの希望か。

ステルス戦闘機F35A 国内組み立て継続へ 政府
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191211/k10012211201000.html

NHKの記事ですが日経の記事とほとんど同じです。
恐らくは両方とも政治部の記者が官邸筋からのリークをそのまま裏も取らずに書いたのでしょう。

>航空自衛隊への配備が進むステルス戦闘機F35Aについて、政府は、国内での組み立てをやめて輸入するとした方針を見直し、組み立てを続ける方針を固めました。

>政府は、愛知県の三菱重工業の工場で最終的な組み立てが行われている航空自衛隊向けのステルス戦闘機F35Aについて、導入コスト削減のため、去年、完成した機体を輸入する方針に変更しました。

>しかし、組み立ての作業工程を見直すなどしたところ、国内で組み立てたほうが、輸入よりも1機当たり4000万円から5000万円ほどコストを削減できる見通しになったということです。



F-35の輸入への切り替えは防衛省と財務省が喧々諤々で議論をして決定したことです。その段階で詳細な情報が出されており、輸入の方が断然安い。国内生産は技術移転もなく、単に調達単価を上げるだけだと両省で認識が一致したわけです。当然大臣同士も了解していたわけです。

工学的な常識があれば、わずか半年やそこらで、何割もコスト削減が可能になるなんて与太話を信じないでしょう。それが自社製でも大変なのに、箸の上げ下げまで米国防総省とロッキード・マーチンに指図されている状態でそれが可能なはずがないでしょう。

更に申せば防衛省の調達単価予定は全く信用できません。空自のUH-Xでは一機23.75億円で調達するUH-60Jの改良型が2倍の約50億円です。これなんて完全に官製談合が疑われて然るべき案件です。陸のUH-Xも12億円が18億円になっていますが、調達が本格化すれば更に高騰する可能性があります。
海自のMCH-101に関して言えば、丸紅にわざわざ輸入よりも川重による生産が安いというインチキの見積もりまで出させました。他の国との調達価格を比較すれば嘘は歴然です。そういう高い値段で調達したので、英海軍あたりで行っている101のシステムの更新をする金も捻出できないわけです。

 ぼくの知りうる限り、今回のF-35の国内調達への回帰は米国側の都合らしいです。ロッキード・マーチンの生産ラインに余裕がなくなり、できれば日本向けの機体を生産するのを止めたいという思惑があるそうです。それもパーマネントではなく一時的なものらしい。
同社としてはあまり生産規模を大きくすると今度は縮小しなければならないから、一定規模に維持したいのでしょう。
結局国内生産に回帰しても、調達価格は上がる可能性があり河野大臣含めてだれも責任を取らないでしょう。あとは初度費を膨らますことでごまかす可能性もあるでしょう。

官邸の意向をそこまま咀嚼もしないで走狗宜しく、記事を書くような記者クラブメディアは消えたほうが宜しいかと思います。それは新聞記者の仕事ではなくPR会社の仕事です。「PR会社」が記者会見含む取材機会からジャーナリストを締め出すのは止めてほしいものです。


■本日の市ヶ谷の噂■
空自のC-2輸送機は設計の経験不足で主翼を前につけすぎたので重心バランスが狂ったので、約1トンの鉄板を機首に貼り付けて、バランスをとっている。このためペーロードがその分低下したとの噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

濡れネズミ
2019年12月12日 14:56
戦力としてのF-35が必要だったのは認めますが明らかに費用が嵩み過ぎている。

ましてやまともな経験も無いのにノックダウンどころかライセンス生産、コストダウンなんか出来るわけがないです。

C-2に関してはやはりもう一度検証するべきだと思います。
搭載量を減らす必要がある欠陥なんてあり得ないでは有りませんか。
やれやれ
2019年12月12日 17:18
清谷さん、
「ぼくの知る売る限り、」
知りうる限りですかね。知っている知識を売るほうが儲かりますけど(笑)。

あーやっぱり組み立てしきれなくなったからお前のところで組み立てろって事ですか...ユニットの方は大丈夫なんでしょうかね?最終組立のラインを増設したくないってことなんでしょうけど。
ま、仕方ない面はあるしにしろ問題はコストが輸入に比べて実際はどれくらい高くなるのか、何機くらい作らないといけないのかですね。三菱は無くなった仕事がまた貰えて嬉しいかも知れませんけど、150億って言われるとちょっとねえ。

C2...シミュレーションもあるし風洞実験だって行っただろうに...なんで?間抜けだ。もしかして後部を強化し重くなったツケを前にも回してバランス取っているとか?
そうそう先日木更津航空祭に行ったのですが、宇都宮駐屯地のブッシュマスターを持ってきて展示していました。PKOに使わないのか聞いた所、輸送防護者なので海外脱出しか考えていない、PKOで使えるようだと数を増やすことも考えているって言っていました。直ぐに増やす予定は無いとの事。それと海外からの輸送にはC2を使うそうですが、なんとC2内に固定する位置もまだ決まってないそうで、直ぐには輸送して展開っていう事もできないそうです。1回実車を乗せて飛んでいるそうですが、その時の状況を元に重量バランスを考えて検討中らしいのですが、決めてから実車を乗せて試験して運用など考えてとかまだまだ戦力化への道のりは長そうです...いったいいつ買ったんだよ!とかツッコミ入れたくなりますね。
一応ブッシュマスター自体は結構訓練で使っているとは言ってましたが。
キヨタニ
2019年12月12日 17:56
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

>やれやれさん
>
>清谷さん、
>「ぼくの知る売る限り、」
>知りうる限りですかね。知っている知識を売るほうが儲かりますけど(笑)。
>
>あーやっぱり組み立てしきれなくなったからお前のところで組み立てろって事ですか...ユニットの方は大丈夫なんでしょうかね?最終組立のラインを増設したくないってことなんでしょうけど。
>ま、仕方ない面はあるしにしろ問題はコストが輸入に比べて実際はどれくらい高くなるのか、何機くらい作らないといけないのかですね。三菱は無くなった仕事がまた貰えて嬉しいかも知れませんけど、150億って言われるとちょっとねえ。
>
>C2...シミュレーションもあるし風洞実験だって行っただろうに...なんで?間抜けだ。もしかして後部を強化し重くなったツケを前にも回してバランス取っているとか?
>そうそう先日木更津航空祭に行ったのですが、宇都宮駐屯地のブッシュマスターを持ってきて展示していました。PKOに使わないのか聞いた所、輸送防護者なので海外脱出しか考えていない、PKOで使えるようだと数を増やすことも考えているって言っていました。直ぐに増やす予定は無いとの事。それと海外からの輸送にはC2を使うそうですが、なんとC2内に固定する位置もまだ決まってないそうで、直ぐには輸送して展開っていう事もできないそうです。1回実車を乗せて飛んでいるそうですが、その時の状況を元に重量バランスを考えて検討中らしいのですが、決めてから実車を乗せて試験して運用など考えてとかまだまだ戦力化への道のりは長そうです...いったいいつ買ったんだよ!とかツッコミ入れたくなりますね。
>一応ブッシュマスター自体は結構訓練で使っているとは言ってましたが。
KU
2019年12月12日 19:14
>>>F-35

道理でNHKの記事も、日経のソレと瓜二つなワケですね。これでいながらモリカケサクラを追及しようとか片腹痛いですよ。LMはLMで、予想以上に売れたので生産が追い付かないのでしょうか?


>将来戦闘機、20年度予算で開発開始、構想設計着手へ

http://www.jwing.net/news/19866

で、気が付けばエンジン・アビオは米メーカーががが。
はて?
2019年12月13日 15:21
 東京オリンピック方式で実際の生産が始まったら大きく育ててしまうのは目に見えているところが笑かす。

 しかも、原因不明で、また墜落しそうなところがなんともかんとも。
やれやれ
2019年12月13日 16:10
KUさん、
LMと組んでも現時点ではF35しか選択肢はありませんよ。
まあアビオやミサイルをLMから買うくらいでしょうか。
オブザーバーとして助言が得られればまだ良い方で
普通にF35追加発注しろで終了かと。
ふきのとう
2019年12月15日 23:49
これって結局T-7調達の時と似たようなお話じゃないですか?当初の価格よりもずっと安い価格でやろうと思えばできますって。仮に説明どおり組み立ての作業工程を見直すとかでそこまで圧縮できたのであれば、逆にそれまでどんだけ余分なコトやってたんだっていう感じしかしませんけどね。

このあたりのコスト意識ってアメリカの方がもっとシビアな気がします。予算超過に対する対応とか。ハード面での米軍の充実ぶりを羨む本邦の人間は多いですが、その精強な米軍を支える一端は単に防衛支出の量だけではなくコスト意識の違いもあるのではと私は思います。
やれやれ
2019年12月16日 14:38
ふきのとうさん、

多分それは違います。T7の時はピラタスPC7が安かったから渋々値下げしただけです。赤字を何かで補填したのか、逆に設けを赤字の埋め合わせにしたかったのかは分かりませんが、意図的に高い値段を付けていたんですよ。
今回は購入するユニットの価格が大幅に下がるか、FMSの費用が安くなるかしないと安くなりようがありません。もしかしたらトランプが恫喝まがいで安くしてくれたお陰かもしれませんが。
なんぜ殆どの部品、ユニットは完成品の輸入で、しかもLMかLMの息のかかった所からしか輸入できないでしょうから、市販の汎用部品を安い所から調達してコストダウンしたという事はできないんです。殆ど全体が完成したレゴブロックを輸入して戦闘機の形に積み上げただけですから。製造技術で安くすることもできません。あまりに数が少なすぎます。数百機規模なら多少あるかも知れませんが。何れにしろ三菱が何も知らないという事は全て政治の世界で決着したという事で生産に関する改善ではありません。単なる誤魔化しですよ。
山銅
2019年12月20日 22:32
てかF-35はライセンス生産だと言い訳してたはずなのに今までやってたのは単なるノックダウン生産だって認めてるよねこれ
やれやれ
2019年12月21日 19:28
山銅さん、
三菱がライセンス生産はしない、と言うニュースは有りましたが、三菱で組み立ててるF35がライセンス生産だと言う話は聞いたことがありません。もしニュースサイトでそのような書き込みがあったとしたら国内生産=ライセンス生産(今までが全てそうだったから)との思い込みから間違って書いたか(後日訂正とか)ネトウヨや酷使様が間違った知識でSNS等に書いたものでしょう。
簡単にググった範囲でも見つかりませんでした。