12月10日河野防衛大臣記者会見における質問

12月10日河野防衛大臣記者会見におけるぼくの質問です。

https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2019/1210a.html


Q:横田空域についてお伺いします。敗戦国の中で、ドイツ、イタリアはないと思うのですが、わが国だけはいわゆる横田空域がありまして、日本の主権が制限されている、米軍が管理している空域になりますけれども、これは主権の問題として問題ないとお考えでしょうか。

A:横田空域に関しては、現在、米軍に管制をしてもらっているところでございます。将来的には、日米の間で色々と検討することが必要だろうと思います。

Q:それはいつぐらいという、例えば完全に取り戻すというようなことはいつぐらいと考えていらっしゃるのでしょうか。

A:特にありません。


Q:来年度の予算で、新小銃が要求されたと思うのですが、これはどのくらいの期間で調達するという予定なのでしょうか。現用の89式小銃を約30年かかっているのに更新が終わっていないのですが、いかがでしょうか。

A:事務方から答えさせます。

Q:大臣は御存知ないということなんですね。

A:はい。

Q:大臣が御存知ないことを、いわゆる普通の会社で言えば設備投資ですよね。それが何年でかかるのかだとか、総額いくらかかるかということを分からないで国会にこれを審議していただいているということなのでしょうか。

A:いえ、予算審議の前にはしっかりと説明を受けます。


Q:中谷大臣のときも質問しましたが、当時、自衛隊の部隊で医官の充足率が2割、これは掛け持ちをしている駐屯地を含めての話ですが、ほとんどの駐屯地に医官がおらず、薬剤官が売薬を配っている状態ですが、これは改善されているのでしょうか。

A:事務方から答えさせます。

Q:大臣は御存知ない。

A:知りません。

Q:これに関して、護衛艦にも医官はほとんど乗っていません。護衛艦の場合、海外派遣の場合のみ医官が乗っていると聞いていますが、そういう医官が少ない状態で、今後の中東派遣で更に追加の艦艇を派遣する場合に、医官がちゃんと回していけるかということは考えていますでしょうか。

A:艦船における医療体制については、調査するように先日、命じたところです。その結果を待ちたいと思います。

Q:約1カ月前に、お尋ねした件を、事務方から回答されると伺っていますが、未だに回答をいただいておりません。なぜでしょうか。

A:督促させます。

Q:能力が無いということでしょうか。

A:知りません。

Q:1年程になりますが、フリーランスの会見参加に関しては、進展がないように思いますが、なぜ1年近くかかって、進展がないのでしょうか。

A:慎重に検討していると思います。



以下に前回の大臣会見の質問に関する報道室からの回答を掲載します。

回答(11.5大臣会見).pdf回答(11.5大臣会見).pdf回答(11.5大臣会見).pdf回答(11.5大臣会見).pdf

■本日の市ヶ谷の噂■
F-35は一旦輸入に変更となったものが再度国内生産が模索されているが、これはアメリカ様の事情によるものとの噂

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

KU
2019年12月11日 20:23
1年も前に申請した事を未だに慎重に検討している?それこそ能力が無いんじゃないですかね。F-35の件は、例によって日経の飛ばし記事だろうとばかり思っていましたが、今回は違いましたか。しかも、アメリカ側の事情とは...。


>災害派遣自衛隊員の環境改善へ 補正予算案でベッド1万台購入 来年度予算案では自衛隊事務官を大幅増

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000557-san-pol

簡易ベッドを購入するのは分からなくもないですが、トイレットペーパー89万個購入は理解不能です(>_<)。あんな本の悪影響が早速、出ているのでしょうか?
やれやれ
2019年12月11日 22:42
河野大臣もそこらの大臣と同じと言うか無能ですね。
問題点の把握も改善も考えてないし官僚に指示をしている訳でもなさそう。大本営のスポークスマン程度の存在なんでしょうね...多少は何か期待して良いのかと思ったけど中谷大臣だって大したことがなかったので期待するほうが悪かったんでしょうね。調達にしろ医官にしろ改善は見込めそうもなさそうですね。

F35アメリカ様の意向ですか...米国での生産が追いつかないからお前も自分の分は組み立てろって事なのかFMSの金欲しさに恫喝されたのか...追々分かることでしょうがコストダウンできたからという訳ではなさそうですね。結局無駄遣いをするわけですかえね。
ひゃっはー
2019年12月12日 00:01
予算審議の前にはしっかりと説明を受けているにも関わらず、知らないと断言するとは。

よくもまあ、こんなバカなことが言えたものです。それとも概算要求と政府予算案策定時のやり取りを、もう全部忘れたのでしょうか。
濡れネズミ
2019年12月12日 00:41
ようやく普通の国の対応が出来るようになったかと思えばこれとは。
政治は本当に難しい。

医官になっても外科じゃなくて内科とかあんまり軍事医療方面に行かない方が殆どだとか聞くので難しいですね。
そもそも医学生(ほとんどボンボン)にとっても医官はあまり魅力的では無いと医学生から聞いた事があります。

実体験として、演習場で怪我をした時にたらい回しにされた人(後遺症が残りました)が居たり、噂では自衛隊病院内の医療ミスによる心臓の手術中の事故死(和解は成立した様で余り知られて居ませんとなかなかの信憑性です。)など嫌な話のオンパレードでした。

そして、F-35の戦力化は本当にどうなるんでしょうか。

https://jp.rbth.com/science/82961-nato-wo-odokasu-mig-sentouki


https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2019/12/11/akaruguo-fang-xiang-s-400woakiramerunadolun-wai-1321490

https://jp.rbth.com/science/82968-roshia-ga-suterusu-sentoki-wo-tanchi-dekiru-redamo-wo-setchi

いやもう正直な話、トライアンドエラーで力をつけてきた中国の成都飛機、復活を図るミグや勢力的なスホーイも新型を投入する筈ですからもうゴタゴタは沢山なんですが。

CPR
2019年12月12日 06:45
河野大臣は外務大臣時に改革を図ったという話がある分、前の大臣よりましではないかと思います。
問題は大臣を支える背広、制服の隠蔽体質ではないでしょうか。
大臣どころか幕僚長さえ知るべきを知っていないことがあるわけですから。
象徴的だったのは日報問題でしょう。
言い訳になるわけではありませんが、歴代のまともな大臣は苦労したのではないかと思います。

医官の充足は解決が厳しい問題です。
平時の自衛隊員の健康管理を基準に医官の数を設定し、それに合わせて防衛医大の定員も決まっています。
なので、元々の枠が少ない。
また、ここで内情を暴露してくれた方がいましたが、若手医官の扱いがブラックで、離職者も多い。
軍政の問題と組織体質の問題、両方を解決しないと充足は上がらないと思われます。
わかさま
2019年12月14日 23:36
「来年度の予算で、新小銃が要求されたと思うのですが、これはどのくらいの期間で調達するという予定なのでしょうか。」と聞かれて即答できる人は文官である大臣はもとより防衛官僚や制服組でもごく少数では?医官の話など自衛隊の組織にいたことがない大臣はもちろん現場の最高指揮官である師団長すら即答できるかどうか?
予め質問内容を通告する制度があるといいと思う。
ブロガー(志望)
2019年12月15日 22:50
お邪魔します。
 河野大臣は清谷様の事を「政治が分かっていない」とでも思っているのかも知れません。ある程度以上の規模の組織の体質改善には5年10年それ以上の時間を要しますし、自衛隊の場合は半世紀以上かけて今の様に成り果てています。それに日本の組織の多くは「上が言った事を、下はその言葉通りに実行する」のではなく、「上は『良きに計らえ』としか言わず、下は上を忖度して実行する」です。更に官邸に何時ちゃぶ台をひっくり返されるか、後ろから撃たれるか分かりません。

「トランプ大統領と話し合って、○○(高額兵器)の導入を決めてきたぞ。」
「それ何に使うのですか?」
「それを考えるのがお前の仕事だ。」
「導入しようにも予算がありませんよ。」
「何か他のものを削ればいいだろう。」

みたいになるのではないかと。それと省内とかで対立する事態になったとしても、首相は「お友達」でない河野大臣など本気で守らないのではないかと思われます。その意味では河野大臣はある意味「正直」な人ではないかとも。

 それから「本人としてはやりたくない事でも、やると決まればそれに全力を尽くせる人」と「尽くせない人」がいて、河野大臣は後者ではないかと思ったりもします。