防衛予算あれこれ 世論操作に協力する記者クラブメディア

防衛予算、最大の5.3兆円超 来年度概算要求
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48248150V00C19A8MM8000/

>防衛省は2020年度予算の概算要求について、米軍再編関連経費を含めて5兆3千億円超を計上する方向で調整に入った。過去最大になる見通しだ。当初予算ベースの防衛費は13年度から7年連続で増加している。

>20年度予算の概算要求額は過去最大の5兆2574億円だった19年度の当初予算に比べ約500億円以上増える。宇宙やサイバー空間といった新領域の防衛力強化などに充てる。最新鋭ステルス戦闘機F35の取得費など、米国からの装備品の調達費も盛り込む。

>防衛省は18年末に決定した19~23年度の中期防衛力整備計画(中期防)で、5年間の予算総額の目安を米軍再編経費を除き27兆4700億円と定めた。年平均の伸び率の目安は前の5年間の0.8%から1%超に拡大した。装備品の代金を複数年かけて支払う「後年度負担」が年々増加している。


記者クラブメディアの書く防衛予算関連記事の典型例です。概算要求から米軍費用などが事項要求として除外されています。これが約5.3兆円、あれこれ削って、政府案になるのですが、これも5.3兆円です。そしてもっと問題なのは来年度予算と、当年予算の概算要求の一体化です。昨年の例でいえば、補正予算のうち3700億円は事実上本来の防衛予算での「お買い物予算」です。これを足せば、実質防衛予算は5.7兆円です。
防衛費の昨今の装備などの「お買い物予算」は約一兆円ですから、補正のお買い物予算を足せば、1.4倍に膨れあげることになります。記者クラブメディアはこれを問題と認識していないようです。

これをほとんどの記者クラブメディアは解説していない。野党、特に共産党ですら問題にしていない(笑)

詳しくは東洋経済オンラインに寄稿した記事を参照してください。

日本人は防衛予算の正しい見方をわかってない
2020年度は「5.3兆円超」でなく6兆円前後に?
https://toyokeizai.net/articles/-/313774

今年は災害復旧とか、消費増税対策ということで全省庁的に補正予算が大盤振る舞いされるはずです。総額で20兆円を超えるらしいから防衛の補正予算も相当額が上積みされるでしょう。そうであれば実質的な防衛費は6兆円を超えることになるでしょう。
このような不透明な軍事費の増大に「社会の木鐸」が沈黙を守っているのは極めて不思議であります。


新小銃・新拳銃の決定について
https://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/12/06b.html

既にご案内のように豊和工業の製品に決まりました。
既に概算要求では調達数(3,283丁)、予算(10億)、更に初度費用(1億)と計上されているから既に豊和工業に決まっていたということです。

単純計算すると1丁例よって30万円と89式小銃並にお高い小銃になっています。これに光学照準器などのアクセサリーが含まれているかは現時点では不明です。
新小銃に関しては空砲をNATO規格にすればいいものを、わざわざ国内規格を仕様に盛り込みました。これは海外の競合メーカーに対する事実上の非関税障壁です。

いい加減に調達単価の上限を決めて、調達期間と総額を明記した上で、国会で承認するシステムに変えるべきです

更に申せば国内の火器メーカーは統廃合しないと生き残れません。新小銃の発注は技術的に劣って、コストもバカ高い国内産業を保護することによって更に足腰を弱らせる麻薬のようなものです。つまりは防衛省の問題先送り。国産小銃を採用するのであれば火器メーカーの統廃合を前提とすべきでした。


新拳銃に関してはやっと外国製になりました。調達単価は約9.3万円ですからまずまずでしょう。現在の9mm拳銃は既にご案内のように2500発程度でフレームにクラックが入る不良品です。SIGのオリジナルより耐久性が一桁すくない。これを暴露したら陸幕では大騒ぎになったそうですが、採用時に耐久性を仕様に盛り込んでいなかったと聞いております。
ただ選定に関しては多々問題ものこり後々火種になる可能性があることは指摘しておきます。

■本日の市ヶ谷の噂■
陸自の5.56ミリMINIMI後継で、FNは5.56ミリ、MINIMI MkIIIを、住友重機は自社開発の5.56ミリ機銃を提案する予定との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

やれやれ
2019年12月07日 14:07
清谷さん興味深いお話ありがとうございます。
普通軍用拳銃って試験で一万発撃っても動作する事とかあったと思うんですが、自衛隊のは三千発も持たないとか…酷すぎる。
市販のグロックでも連射2万発とか撃ってどこまで使えるかって恐ろしく金と時間の掛かる遊びで一万五千発位は壊れず稼働していました。コイルが逝かれたみたいで取り替えて2万発打ち尽くしてましたよ。YouTubeだったかな?上がってました。ミネベア、南部の拳銃もろくなもんじゃ無いですね。ライセンスでこれですから。オリジナルのP220も涙している事でしょう。
輸入は良いとして選定された銃の悪い噂を聞いたのでどうなのかな?と。それでも9ミリ拳銃よりマシかも知れませんが。

それと住重は追い出すべきです!こんなロクデナシな改竄会社の銃なんて使うもんじゃ無い。きっと動作不良と故障で使い物にならないでしょう。オリジナルのMINIMIを輸入すれば良い。住重より高品質で安いでしょうから。
濡れネズミ
2019年12月07日 15:44
いやー、やっぱり小銃は豊和に決まりましたか。
6.8mm口径に標準口径を更新する計画がアメリカ軍で持ち上がっているのにどうする気なんでしょう。
H&K社のVP9も正直なところ上層部がゴタゴタしていて、ベルリン警察でリコールがかかった機種なんで不安ですね。

予算関連の話題は自衛隊や親元の大企業を悪役にして「自分達は正義の味方だ!」が基本の野党に期待するだけ無駄ですよね。

機銃に関してはアメリカ軍が.338NMという大型の弾薬を使用するものを検討している時代に7.62mmすら耐えられない代物を納入した前科持ちの住友を何故追放しないのか本当に不思議です。
KU
2019年12月07日 23:30
>>>新小銃

やっぱり、はじめに豊和ありきですかorz。陸自もいろいろ学んだかと思いきや、何にも学習していない( ;∀;)。拳銃は拳銃で、何でまたゴタゴタを招くような選択をするのやら。で、機銃は住友案が日の目を見ちゃうんですかね...。
偽陸士
2019年12月07日 23:30
なんてこったい。

またこの国の政府や国民は、ライフルマンにマトモな装備を支給しない気なんですね。

それなら携行出来る火器くらい自腹で購入させて欲しいものです。

AK74なんて570発も連続射撃出来るのに・・・

ちなみ自分は政治信条はリバタリアニズム(夜警国家)を経済学はオーストリア学派なんで、ガンコントロールや巨大な正規軍より民兵主体のやり方が好みです。

自衛隊も方面隊ごとに調達は任せて、競争させるべきです。

それも民兵を補完する形の方が無駄もなく、侵略に対して有効に撃退できると思います。

専守防衛を政府も国民も国際社会に説明し、それで信用を得て貿易で成功してきた筈です。

防衛の基礎となる個人装備でマトモな製品を隊員に支給もしなけりゃ、有権者に購入、所持を認めない。

基本的な事が出来てない癖に敵地攻撃なんて話していると、外征型の国になろうとしてる嘘つき国家と見られても仕方がありません。

周辺国家のメディアの言い分の方が説得力を持ちます。

もちろん一桁台の戦略輸送機や空中給油機、早期警戒機、輸送艦、揚陸艦で他国を侵略なんて出来ませんし、むしろ専守防衛の範囲と言えます。

ですが滑空弾より先に早期警戒衛星をエアバスから買うのが先では?

目標の発見誘導ならドローンで攻撃ならイプシロンをトレーラーで移動式にすれば安価に出来ると思えますが。
2019年12月08日 02:36
軍事費の増加は決して悪いことだとは思いませんが、米軍費用や「お買い物予算」を誤魔化して少額に抑えたように見せるのは国民への背信です。
記者クラブに加入している大マスコミは文民統制を叫ぶくせにこういう基本的なところを問題視しないのですから酷いものです。
防衛省記者クラブに限らず記者クラブは解体すべきです。
既得権に汲汲としている記者クラブマスコミと記者クラブマスコミを通じて情報を操作したい安倍晋三、自民党、官僚は記者クラブを解体することは決してありませんが。
何かと叩かれる民主党政権ですが、少なくともこの点だけは安倍晋三よりマシでした。

小銃もマトモに調達できないのは溜め息がでます。「実戦」はとてもではないですが無理ですね。私は左翼ではありませんが、戦後74年日本に戦争がなくて本当に良かった。もし戦争があったなら自衛隊の兵士が山のように死傷しているところでした。

北朝鮮が核兵器と弾道ミサイル開発に勤しむのは、通常兵器が劣化、陳腐化して戦争ができないからでしょう。「外交」を優位に進めるために核兵器と弾道ミサイルの開発をするのです。核開発をしなければ資源もないあんな貧乏独裁国家など誰も相手にしません。

日本の自衛隊も朝鮮人民軍とは別の意味で「戦えない軍隊」のようですから、むしろ「策源地(敵基地)攻撃能力」を保有して外交の裏付けとすべきではありますまいか。北朝鮮は「力」しか信じていません。攻撃する可能性が0.1%もない日本など相手にしないでしょう。

核とミサイルの問題は米国に任せるとしても、日本人拉致被害者の問題だけは日本が主体的に取り組まなければなりません。拉致被害者奪還のためには戦争やむなしとも考えますが、政府も防衛省自衛隊も国民も戦争するつもりはないでしょう。

トランプはあれでいて戦争が大嫌いのようです。トランプが大統領のうちは北朝鮮を攻める選択肢はないでしょう。強硬派のボルトンを解任していますからね。米軍が北朝鮮を攻めれば自衛隊にも出兵を求められたことは確実です。安倍晋三に限らず自民党政権は断れないでしょう。しかし小銃すらこれでは自衛官が哀れです。
CPR
2019年12月08日 11:22
国産小銃は愚を繰り返すわけですか。
市ヶ谷に当事者意識と学習能力は……ないからこその結果ですね。
小銃の仕様書には、耐久仕様が入っていません。
防塵性、排水性、耐久温度が示されているくらいです。
耐久試験も水槽に沈めた小銃を引き上げて撃つ試験はあっても、銃身耐久性を検証するような試験、砂塵にまみれさせてから撃つ試験、極寒環境で放置してから撃つ試験といったものはありません。

Ammo Firm Unveils 6.8mm Cartridge for Army’s Next-Gen Squad Weapon
https://www.military.com/daily-news/2019/09/10/ammo-firm-unveils-68mm-cartridge-armys-next-gen-squad-weapon.html

6.8mmの計画は進行中です。
いっそ、小銃、機関銃の更新はもう少し待って、6.8mmで統一するのも一手ではないかと思います。
5.56mmと違って幅広い射程で殺傷力を発揮できますし、小銃・機関銃の弾種が一種類で済みます。
実際に共同作戦に当たる可能性のある米軍戦闘部隊とも弾薬の共通性が保てます。
(現在流れている報道では、6.8mmを使用するのは一部の近接戦闘部隊)
5.56mmの射程内での戦闘しか想定していないという陸幕の考え方が変わっていなければ、小銃の改革すら絶望的ではありますが。
やれやれ
2019年12月08日 21:05
CPRさん、
「小銃の仕様書には、耐久仕様が入っていません。
防塵性、排水性、耐久温度が示されているくらいです。」
マジですか?これでは話になりません。SCARでも200万発撃って故障しないことみたいな感じですが。Youtubeや海外の情報など見ると小銃や拳銃のトライアルの試験をしているのも見ますが、同じことを89式や9mm機関拳銃で行うとどうなるのか興味があります。恐らく動作不良を起こすでしょうね。冗談抜きでここまで過酷な試験するの?って位凄いことやってますよね。それでも実際に砂漠やジャングル、水際や雪山で使うことを考えたら最もだなと思わなくもないです。AKなんて動作不良が起こらないようにカラシニコフが苦労して設計しましたからね。豊和のは例によってAR18をベースにしているんでしょうけど、独自性があるわけでもないし、いっそトランプの足を舐めてM4でも輸入した方が日米、米軍、自衛隊の為になるんじゃないかと思いますよ。
それと6.8mmはまだこれからの規格ですからすこし行く末を見て使えそうなら陸自向けに導入と言うのはありだと思います。5.56mmの弱装弾?減装弾?を自衛隊が使っているのは普通だと反動が大きく命中率が下がるからだそうですから(呆)6.8mmだと5.56mmより反動も大きいでしょうから好んで導入するかどうか。
濡れネズミ
2019年12月08日 23:11
CPRさん、やれやれさんまたぞろ癒着の腐った臭いがしますね。

何日か前に公開されたサウジアラビア軍所属のアパッチ攻撃ヘリコプターと翼竜型UAVの撃墜される動画の説明を翻訳して下さった方のリンクです。

http://zapzapjp.com/56153485.html

この他にロシア軍のキンジャールミサイルやアメリカ軍が進める超高速発射体などの記事も翻訳なさっています。

こうしたサイトを見るのは基本的に自衛官の仕事の筈ですが実際にはよく閲覧する人員の家族を含めて監視対象になるのがこの国の現実です。

この件の担当者は真面に報告すると多分左遷されるので「あー、あー、聞こえない!」をやっていると思うので何を言っても無駄かと。
しばらくは陸自の隊員はアメリカ軍払い下げの30連弾倉を漁る羽目になるでしょう。

ちなみに駐屯地内の闇市場プレミアム価格だと1本で7,500円くらいします。

私も安月給で泣く泣く買いました。
理由は演習場で勝手に部下の小銃を持って行って弾倉を紛失した疑いがある2曹(アル中の疑いも有りました。弾倉は後に発見されましたが破損しており、部下の陸曹候補生は指定取り消しと婚約破棄まで付いて一人で泣いていたのを覚えています。)と一緒に演習に参加する羽目になったからで、案の定2日目に体調不良の別の陸曹の付き添いで富士学校に行っている間にやられました。

弾倉捜索の準備に掛かっていた大隊に無線機で官品の弾倉は無くなっていないことを伝えてもベテラン勢(皆同郷の九州男児w)に文句を言われたので、問題の2曹がかなり酒臭いのを逆に問いただして黙らせた苦い思い出があります。(黒霧島、いいちこは大嫌いです。心の底から消滅して欲しい。)

彼はその後すぐに九州の原隊に戻りましたがそれ以来九州の人間を全く信用していません。

ガネット
2019年12月22日 20:13
補正予算のからくりは最近になって赤旗も取り上げていますね。