令和元年11月5日防 河野衛大臣記者会見 全部官僚に丸投げ、敵前逃亡が大臣の仕事

令和元年11月5日防 河野衛大臣記者会見に出席してきました。
https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2019/1105a.html


以下はぼくの質問でと河野大臣のやり取りです。

>Q:10月8日の質問に関して、事務方から御回答をいただきましたが、今年に入って、何度か出して、数カ月黙殺された取材依頼に関しては、全く触れていないです。広報課として、フリーランスの取材には答える義務が無いというお考えでしょうか。それから、フリーランスの記者会見参加に関する問題ですが、フリーランスを防衛省A棟に入れるのはセンシティブな、色々と問題があるということで、検討をしていると聞いていますが、クラブの皆さん、個々に関して、精査をしていないかと思いますが、これは、大きな会社に入っていれば信用できて、フリーランスは信用できないとお考えでしょうか。

A:フリーランスの記者の方に入っていただくということで、幹事社と防衛省で合意ができていると思いますので、そのルールだと思います。詳細は事務方にお尋ねください。

Q:それは聞いていますが、誰が責任者、若しくは担当者かと言っても、前室長を含め、何人も、担当者も責任者もいませんと、検討はしていますと、それでいつになるかも分かりませんと。先日、いただいた回答でも、担当は広報課であると、つまり担当者はいないという回答ですが、こういう理解でよろしいでしょうか。

A:広報課が担当なら、広報課の責任者が担当です。

Q:広報課長が責任者ですか。

A:広報課の責任者だと思います。

Q:この問題で1年近いのですが、全く進展していないし、いつになるかも分からないのは、これは、防衛官僚が無能じゃないということであれば、意図的にしているのでしょうか。違いますでしょうか。

A:詳細は事務方にお尋ねください。


つまり河野大臣はこの問題は大臣が関わるべき重大な問題ではないと認識されているのでしょう。元外務大臣ならば諸外国の記者会見で、役所が主催せずに記者クラブという怪しげな、町内会と同じような任意団体が自らを報道関係者の代表だと僭称し、他のメデイアやジャーナリストを排除して会見を主催している例を見たことはないはずです。
河野大臣は報道の自由をさほど重要なことではないと思っておいでみたいです。


Q:フリーランスが、色々とセキュリティ上問題があるのであれば、例えば、講談社、小学館、中央公論社等の出版社の記者であれば入れるということになるのではないですか。ところが実際は入れていない訳です。それは不公平ではないのでしょうか。菅長官は以前、産経新聞の取材に答えて、記者を平等に扱うのは民主国家として当然とおっしゃっているのですが、大臣も同じお考えですか。

A:会見のルールについては、幹事社と防衛省で相談の上決めているかと思いますので、事務方にお尋ねをいただきたいと思います。

Q:事務方ではなく大臣のお考えとして、記者は平等に扱うべきかということなのですが。

A:報道については、最大限の配慮が必要だと思います。


これ産経の報道が誤報でなく(笑)菅長官の発言の通りならば、我が国は民主国家ではない、ということになります。「配慮」ですむような問題ではなく、民主国家の根底に関わる問題です。記者クラブという一部の報道機関が政府と癒着している現在、国民の知る権利が阻害されています。国民が知らなければ、政府を監視、批判する材料がないということです。菅長官の発言は我が国が民主国家ではないという意味では極めて正しいわけです。



Q:先日質問した、19式自走りゅう弾砲に関してなのですが、事務方の方からですね、クーラーとかCBRNシステムについては答えられないということだったのですが、ちょっと前に、陸幕広報室の方に16式機動戦闘車に本中期防からの調達に関して、クーラー付けるかと聞いたら、ちゃんと教えてくれるのですよ。なぜ、こうした16式と19式で違うのでしょうか。あとですね、結局、諸外国の装備でカタログ的なものが公開されているものは、防衛省でも公開された方がいいのではないでしょうか。結局、全部秘密にしていると、我々メディアもそうですが、国会も国民も実際にどのように違うのか分からないと思うのですね。結果として、クズのような装備が、高額で買われている事実があるわけですよ。大臣はこれをどのようにお考えですか。

A:装備については事務方にお尋ねいただきたいと思います。

Q:事務方が答えてくれないので。陸幕は、クーラー付いていますと言うわけですよ。内局報道室に聞いたら、答えられませんということなのですよ。結局、何を基準にしているかわからないし、何でもかんでも秘密にするというのは、保身なんじゃないですか。諸外国で明らかにしているようなことに関しては、基本的に公開するのが民主国家の文民統制のあり方だと思うのですが、いかがでしょうか。

A:理由があってそういうことにしているのだと思います。


つまり河野大臣は、装備に関して国会にも、国民にも最大限の情報を開示する必要はない。お前ら素人は黙っていろ、と言っているわけです。防衛省の情報開示は民主国家のそれではなく、中国や北朝鮮に近いと思います。
まあ、実際情報が開示されれば何十人も「キヨタニ」が現れて、装備の不備や予算に関して報道されるでしょう。普通の民主国家ではそれが当たり前です。
それをしないからクズのような装備が高いコストで調達されています。
大臣はそれでよし、とするようです。


Q:19式自走りゅう弾砲に関して追加なのですが、19式を調達しても、実際、航空観測の手段が陸上自衛隊の特科にはないと思うのですよ。OH-6は来年度で全機退役しますし、OH-1は全機飛行停止。FFOS、FFRSも機能が十分でないということで、国会で、防衛省は認めているのですが、そうしますと、航空観測がないということは、日露戦争と同じような感じで戦うということなのでしょうか。更に申せば、中国の人民解放軍ですら導入している精密誘導弾、自衛隊の特科は導入しておりませんが、日本という都市部に7割の人口が集中する国で、精密誘導砲弾がなければ、副次被害が広がると思うのですが、そういったものは調達せずに、新しい自走砲だけ調達することに意味はあるのでしょうか。

A:事務方にお尋ねください。

面倒なこと、突っつかれたたくないことは官僚に丸投げしているそうです。

Q:P-1の稼働率が非常に低いと聞いております。その原因はですね、富士通が作った光学電子センサーが、非常に故障が多いと聞いております。来年度の予算で、これが、P-1の能力向上ということで、予算の計上がされているのですが、こういうことの不具合を直すこともこの予算の中に入っているのではないでしょうか。違うのでしょうか。

A:事務方にお尋ねください。



都合の悪い質問はすべて事務方に丸投げして、「敵前逃亡」するのが河野防衛大臣のスタイルみたいですね。自分の言葉で答えようともしない。

防衛大臣が敵前逃亡するのはいかがなものでしょうかね。
そうであれば事務方の親分である事務次官に防衛大臣を兼任してもらったほうがいいんじゃないでしょうか。

さて、事務方が後日どのような回答をするのか楽しみです。
いつものことですが、これらの質問に対して報道室からメールで質問の内容を教えてくれと連絡が来るんですが、
ぼくの日本語能力が低くて質問がわからないのか、彼らの日本語能力が低くて質問がわからないのか。

では何のために大臣会見やっているのか、という話にもなりますよね。

所詮現状は大臣会見はやってます感を演出するだけのセレモニーなのでしょう。


■本日の市ヶ谷の噂■
陸自の75式ドーザーの後継は斎藤統幕長が陸幕長時代の肝いりのプロジェクトで、約30両が調達されるが、トルコのFNSSと日立の一騎打ちとの噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

KU
2019年11月06日 12:28
この間の質疑応答も軒並み、知らぬ存ぜぬでしたけど今回も酷すぎるorz。会見前に、まともなレクチャーを受けているのか不安としか。英語は得意なのでしょうけど、ねえ。


>>>装甲ドーザー

FNSSの車体は分かりますが日立は、どんな車体を送り込むのやら。
やれやれ
2019年11月06日 12:49
「これ産経の報道が語法でなく(笑)」
誤報、では無くわざとでしょうか。

キヨタニ
2019年11月06日 12:54
ご指摘ありがとうございます。訂正しました。

>やれやれさん
>
>「これ産経の報道が語法でなく(笑)」
>誤報、では無くわざとでしょうか。
>
>
やれやれ
2019年11月06日 13:00
「これ産経の報道が語法でなく(笑)」
誤報、では無くわざとでしょうか?(笑)入ってますし。

それにしても河野大臣使えねえ...
少なくとも真面目に答える気が無い事は確かですね。
流石アレ総理の閣僚。制震構造も同じなのでしょうかね。

装備品へのツッコミの回答は答える気が無いのか興味も何も無いので知らないから答えようがないのか。どっちにしろ駄目ですね。
とりあえず波風立てずにそのままスルーしてくれる人をお望みのようで。
まあ面倒な事は官僚に丸投げはどの大臣も同じでしょうが、官僚はアレ総理に忖度するから迂闊なこともできないし有耶無耶にしたいから何も答えない、で大臣に物申しても官僚にで堂々巡り。
この国の政治家も官僚も腐ってます。だから不祥事も耐えないし防衛省も自衛隊も記者クラブと言う防波堤が守ってくれるから好き勝手するのでしょうね。

75式ドーザの代わりかどうかは知りませんが、防衛装備研究所で遠隔操作型のドーザ(日立)も研究していました。ショベルカーは展示があったのですが(デモする予定が急遽中止)ドーザの方はパネルだけでした。

それにしても富士通...コンピュータもセンサーもアレですか...
やれやれ
2019年11月06日 13:02
すいません、書き込み中に無線マウスが暴走し途中で送信してしまいました(汗)。
濡れネズミ
2019年11月06日 13:41
知らぬ存ぜぬ尽くしとは、、、

あいつら本当に利権しか頭に無いですね。

何処をどうやったらまともにやるんじゃなく質問を無かった事にするのか。

と言うかまともな仕様を要求したら答えられない時点でもう製造メーカーとしては終わっている気がします。

こんな真似をしても国産派は味方するんですかね、だからあいつらはつけ上がるんだと思います。

あと、装甲ドーザーははっきり言ってFNSS一択でしょう。

日立というか国内メーカーは本当に反吐が出ます。信用できる訳がない。

何がカタログで頼めばすぐに来るだ!
いつになっても交換パーツが来ないくせに!
廃車置場で何度も使えるパーツを探させられたことか!
やれやれ
2019年11月07日 08:14
濡れネズミさん、
「何がカタログで頼めばすぐに来るだ!
いつになっても交換パーツが来ないくせに!
廃車置場で何度も使えるパーツを探させられたことか!」

これ国産兵器の事ですよね?国産である意味が全く無いって事ですか。
メーカ、いやその下請けでしょうけどいつ注文がくるか
分からない保守パーツを何十年も作ったり保管できる訳がありません。何故なら極めて効率が悪く不経済だから。なので作れるうちに予想される数量を予め作って保管する(メーカか自衛隊かは置いておいて)もんですが。
もうパーツを構成する小部品もない場合は共食い整備する事もありますがそのような場合は保守期間を超えて修理の依頼が来る場合位ですよ。民間の製品だと長くても最終出荷から10年くらいで保守期間満了で(この辺はお客さんと事前に協議します)、延長の場合も保守パーツの在庫限りか体力があればです。普通はその間に新製品に入れ替えで旧製品の保守を止めます。航空機や防衛装備品、兵器関係は平気で30年以上でしょうね。会社や店舗が30年存続したら立派と言われるようですから中小零細企業なら潰れたり解散する所もあるでしょう。本当に30年以上使うなら予備のパーツ類を作れるうちに確保するしかないんですがね。汎用品ならともかく専用性の高い兵器の部品ではどこでも作れるだろ?とは行かないですよね。同じものを作らせるにも製造設備の開発が必要なので時間も掛かる。なので部品が枯渇した、コスパが悪すぎるって場合に寿命が来るように調整して新型に入れ替えるよう考えて調達するんですがね...自衛隊は違うようですかね?
やれやれ
2019年11月07日 08:39
米国議会が怒る“係留はしけ”状態の最新原子力空母
トラブル続きで実戦配備が遅れに遅れる「CVN-78」
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58160
米軍でさえ新型装備の開発に苦労しているようで。
まあF35Cも開発が遅れているし結果オーライかも知れませんが、日本から見たら湯水のように税金を投入してもこの有様ですからね。性能も必要かも知れませんがコスパも考えないと実用化に時間がかかり過ぎてはね。米軍の場合は喫緊に困ることは無いでしょうけど数で中国を圧倒するのは無理かと。中国の場合は最高を求めずできる範囲でコスパ優先、数を揃える方に注力しているように見えます。
個人的には清谷さんの意見に賛成ですが
2019年11月07日 21:08
フリーランスを入れてくれないと嘆く前に自己の影響力(共感者)を確保しましょう。今は昔と違い個人で発信できる媒体もあるのですから。

清谷さんの意見は客観性があり、尚且つ他国をベンチマークをしているので素晴らしいと思いますが上記の事が残念で仕方ありません。
キヨタニ
2019年11月07日 23:39
影響力は政治家、官僚、業界、自衛隊、OB含めてそれなりにありますよ。じゃなかったら防衛省、自衛隊の広報関係者や中央調査隊がブログ見ていませんよ(笑

問題は他国ならすぐに知ることができる情報を、人脈と時間を使って探し出すこと必要なことです。
スポーツなら他国ではグラウンドが整備されているのに、我が国では荒地切り開いてグラウンド作るとこから必要なわけです。

だからぼく以外にはほとんどこういうことができないわけです。

別に難しいことを言っているわけではなく、他の民主国家とイコールコンディションにしてくれと言っているだけですよ。

あなたは独裁国家並みの情報開示レベルを是としますか。


>個人的には清谷さんの意見に賛成ですがさん
>
>フリーランスを入れてくれないと嘆く前に自己の影響力(共感者)を確保しましょう。今は昔と違い個人で発信できる媒体もあるのですから。
>
>清谷さんの意見は客観性があり、尚且つ他国をベンチマークをしているので素晴らしいと思いますが上記の事が残念で仕方ありません。
キヨタニ
2019年11月08日 00:24
影響力といっても書いてあることだけが全てじゃないわけですよ。意思決定者や影響力がある人物に直接インプットすることもある。そういいことは書けないわけですよ。あと、10年とか20年とかすれば書ける書けるかも知れないけど。口が固いから信用もあるわけで、これは情報のインプットもアウトプットも同じ。

「ここだけの話」をあちこちでする人は信用されません。

キヨタニ
2019年11月08日 00:28
基本合理主義者だから不要な苦労をしたくない訳です。
アメリカに飛行機で行けるのにわざわざ泳いで行くことが偉いですか?

民主国家では当たり前のことを当たり前にしろと言っているだけです。それがいかんというならば民主国家の看板を下ろすべきですよ。

>個人的には清谷さんの意見に賛成ですがさん
>
>フリーランスを入れてくれないと嘆く前に自己の影響力(共感者)を確保しましょう。今は昔と違い個人で発信できる媒体もあるのですから。
>
>清谷さんの意見は客観性があり、尚且つ他国をベンチマークをしているので素晴らしいと思いますが上記の事が残念で仕方ありません。
偽陸士
2019年11月08日 09:24
>フリーランスを入れてくれないと嘆く前に自己の影響力(共感者)を確保しましょう。

政府の持つ情報は有権者の物です。
フリーランスだろうと町内会だろうと、公平に扱うのは当たり前です。

それが出来ないならミリタリーオンブズマン制度を導入するしか有りません。

民主国家の看板を下ろしたいのなら、話しは別ですが。

ブロガー(志望)
2019年11月10日 22:22
お邪魔します。
 人妻パテシバと密通した古代イスラエルの王ダビテは、パテシバの夫を最前面に立たせ、かつ味方を引かせる事で戦死させました。河野防衛相も"敵前逃亡"せねば、パテシバの夫と同じ事になったでしょう。
 今の大臣は「自己運動する官僚組織の上にただ乗っているだけ」の存在です。だから身内のつまらない選挙違反で辞めるような政治家でも務まるのです。大臣主導で何かをやろうとしても、それで停滞なり機能不全が起これば悪者にされるのは大臣ですし、それが見えるようになるまでその地位にいられる保証もありません。
 本来マスコミは「情報だけを供給、それをどう受け取るかは受け取る側次第」のはずです。例えば「日韓関係の悪化」に対しても「日本が譲歩して速やかに修復しなければならない」も「韓国との縁切り上等」もそれぞれの価値観です。しかし日本のマスコミは「無知蒙昧な愚民共を啓蒙してやる」というのがスタンスで、予め自分達が考えているような事を相手が言わないと怒りだすのです。かつ「所詮専門バカ、井の中の蛙」で専門的な知識及び専門家にもあまり敬意は払いません。記者クラブももしかしたら日本のマスコミの「無知蒙昧な愚民共を啓蒙してやる」スタンスを抑え込むための仕組みかも知れません。となれば「フリーとかを入れたらジャーナリストという運動家が押しかけて、例えば
『オズプレイは危険ですよね。』
『今迄に無い機体なので、開発段階では犠牲者も出しましたが、それが克服できたので実用化されました。』
『危険なオズプレイを危険と認めないのは、アメリカに魂を売ったからに違いない。』
みたいな事になりかねない。」とでも思っているのではないかと思ったりもします。