財務省、財政制度分科会(平成30年10月24日開催)の防衛予算に関する資料を読む。その11

財務省の財政制度分科会(平成30年10月24日開催)において防衛予算に関しても討議されまた。その資料を財務省がHPで公開しています。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia301024/03.pdf

引き続きこれについて重要な指摘とその解説を行います。

>防衛監察本部の更なる活用①(P50)
>○ 通常、監察は非違行為に対するものが主であるが、防衛監察本部においては、訓令に「予算の適正かつ効率的な執行」と記載されるなど、非違行為のみならず、不正につながる行為についても対応できるようになっている。

財務省は防衛監察本部を装備調達の適正化にも活用すべきと提案しています。以下はその根拠となる法令です。

>防衛省設置法(昭和29年法律第164号)(抄)
(防衛監察本部)
第29条 防衛監察本部は、職員の職務執行における法令の遵守その他の職務執行の適正を確保するための監察に関する事務をつかさどる。
防衛監察の実施に関する訓令(平成19年防衛省訓令第57号)(抄)
(定義)
第2条 (略)
(1)防衛監察 防衛省の他の機関から独立した立場において、予算の適正かつ効率的な執行及び法令遵守の観点から防衛省における職務執行の状況を厳格に調査し、及び検査することにより、職員の職務執行の適正を確保することを目的とした防衛監察本部が実施する監察をいう。


>防衛監察本部の更なる活用②(P51)
>○ 平成18年の防衛施設庁における入札談合事案等を受けて防衛庁内に設置された「防衛施設庁入札談合等再発防止に係る抜本的対策に関する検討会」が公表した報告書において、監査・監察を行う独立性の高い組織を新設すべきとの提言がなされたことを受け、平成19年9月に防衛監察本部を設置。
※報告書:「防衛施設庁入札談合等再発防止に係る抜本的対策報告書」(平成18年6月16日)
○ 防衛省のシステムについては、一部の仕様書の記載ぶりが事実上国内大手企業しか応札できない内容であったり、システム関連の技術支援費の入札において特定企業による一者応札が続くなど、不自然な状況が見られるところ、防衛監察本部が独立した立場から厳しくチェックすることが必要ではないか。
○ このため、防衛監察本部の技術的知見を抜本的に高める取組みが必要ではないか。

>現状の取組 >・ 防衛監察本部は、「情報公開業務及び行政文書管理の実施状況」、「入札談合防止」及び「法令遵守の意識・態勢」について監察を実施(定期防衛監察)。
・ 入札談合防止においては、競争性の拡大を図るため、対象機関の過去3か年分の全契約実績(約50,000件)を対象に一者応札等契約の抽出(約8,000件)を行い、一者応札となった案件を調査し、一者応札の改善が可能と思われる品目を指摘するとともに、対象機関における一者応札改善のための取組及びその実施状況を調査するなどしている。
注1:一者応札における指摘の例として、「モップ等の清掃道具」、「油脂類」との説明あり。
注2:現在、防衛監察本部にシステムの専門家はいない。


防衛監察本部の活用は面白いアイディアだと思います。ただ現状見ると机上の空論でしかないと思います。監察本部には検察などからの出向者が多く専門知識がありません。それに近年の海自のUH-X選定を巡って海幕長が処罰された件をみても独立性を保っているとは思えません。内局の派閥の意向を汲んだ恣意的な調査をしています。この監察本部の報告書は監察本部ではなく、防衛計画課長が書いたのですから語るに落ちる、だと思います。


海自ヘリ選定巡る下克上と内局
https://japan-indepth.jp/?p=34774
https://japan-indepth.jp/?p=34784
https://japan-indepth.jp/?p=34792

防衛監察本部をこの目的で使うならば、独立性を高めることが第一、ついで専門知識をもった軍事の専門家、会計の専門家や調達の専門家を招いて陣容を調えるべきでしょう。更に財務省や会計検査院との連携を深めて出向を受け入れるべきです。また中立性を保つために外部の監視委員会を設けるべきです。

■本日の市ヶ谷の噂■
いずも級のNEC製の艦首ソナーは公試で一度使っただけ、以来一度も使用していない無用の長物で、NECへの利益供与に過ぎなかったとの噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

CPR
2019年11月04日 12:12
濡れネズミ様
パワハラ紛いの指導を受け、日付が変わるくらまで残業をする等といった幹部を見て、幹部になろうと思うのかということですね。
新隊員募集難と同じく、身から出た錆です。


天下りと調達の癒着はもちろん問題ですが、一番の問題は3自衛隊と統合の上層部が時代に即した戦略を策定出来ないことも大きな問題でしょう。
これらが複雑に絡み合って使えない装備品を生み、現場に押し付けていると。
自閉隊という表現は本質を突いており、衛生についても同様です。
派遣期間が先月の7日~18日だった、ウガンダ派遣の医官はどうだったんでしょうかね。
ウガンダも南アフリカから教わった方が余程ましだったでしょうに。


カナダの戦闘迷彩服開発企業「ハイパーステルス」社が『量子ステルス(Quantum Stealth)』の特許出願
https://news.militaryblog.jp/web/Hyperstealth-developed-Quantum-Stealth/and-applied-for-4-patents.html
人間が認識できる可視光線領域はもちろん、赤外線、紫外線、熱源波まで迷彩可能なようです。
濡れネズミ
2019年11月04日 15:49
鉄道や魚類のマニアが認められてテレビやラジオ番組などに出たりと言った形で認められるのに対して、軍事は悪党、狂人と言う認識が防衛省も含めて社会的な認識となっている現実が大きな壁ですね。

書籍、新聞、テレビ、ラジオ、インターネットにしても発言力が大きくのはやはり元将官級や大学の教授で一般の自衛官の意見は誰も聞かない。
結局は陸曹になって虐める側になるか退職する羽目になって悪循環が終わらない。

軍事研究誌や月刊パンツァー誌(元自衛官が寄稿している記事をです。)だけでなく、ジェーン年鑑を始めとした海外の軍事誌をデマだと言い切る幹部の知識も問題だと思いますが。(スポーツ、ギャンブル、新型スポーツカー、酒類、綺麗な女性店員さんの話は信用できるそうで、本気で言い切ります。)

(例、カリブルM、カールグスタフM4+84mm新型誘導砲弾開発計画について)

https://en.m.wikipedia.org/wiki/3M-54_Kalibr


https://www.armyrecognition.com/october_2019_global_defense_security_army_news_industry/saab_and_raytheon_have_successfully_tested_guided_carl-gustaf_munition.html

シリアで行われたカリブルの実戦投入を報告したら反乱分子扱いで尋問されました。

カールグスタフM4の重さを話したら当時の班長にデマ抜かすな(陸曹教育で担いだ経験からそう判断したようです。)とゲンコツを貰い、スペックを検索して見せたらそれはセールストーク(米軍採用後です)だろと言われた等の苦い思い出があり。
正直言ってここでみんな徹底的に痛い目に遭ってしまえばいいとしか思えないです。

しかしながらこうした問題が公然と口に出されるようになって非常に嬉しいです。

最後にもしも、このコメントを見ている防衛省や国内メーカー関係のサイバー部門の方々が居たらこのささやかな上層部への伝言を聞いてください。

「どっちがデマを流してるんだ❓ざま〜みろてめえらが地獄に堕ちやがれ‼️」
濡れネズミ
2019年11月04日 16:40
CPRさん、私が新隊員の時にお世話になった方が退職する事になりました。

理由は所謂「パワハラ」によって心を病んでしまったからです。

幼いお子さんが居るにも関わらずいじめぬかれ入院、退職する羽目になってしまった。

加害者たちは警務隊に厳しい取り調べを受け、処分を受けるのは当然ですが被害者の家族を厳しく尋問するのは間違っているはずです。

ましてや幼いお子さんが泣き叫んでいるのを尻目に尋問するとは!

退職している身ですが反吐が出ます!
皆さんにデマ扱いされるかも知れませんが絶対に許せないのです。

これが防衛省の掲げる「正義」なのです、ならば先に裏切ったのは奴らであってこちらではない。

上層部の奴らとその親類がどんな目に遭おうが知ったことではありません、地獄に堕ちればいいのです。
CPR
2019年11月05日 12:46
濡れネズミ様

後輩の面倒をよく見る方は若さが必要な(=世代交代が早い)軍事組織にとり、良き指導者たる人ですが、残念でなりません。
私も指導という名のパワハラで病んでしまった人を知っています。
階級というパワハラを助長しやすい要素があるため、指揮官が加害者だとどうしようもない。
監察という指揮系統とは別の介入系統は一応あるようですが、有効に機能しているとは言えないでしょう。

現場が血を流す一方で、命ずる側の連中が腐ったままというのは憤慨遣る方ないですね。