財務省、財政制度分科会(平成30年10月24日開催)の防衛予算に関する資料を読む。その10

財務省の財政制度分科会(平成30年10月24日開催)において防衛予算に関しても討議されまた。その資料を財務省がHPで公開しています。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia301024/03.pdf

引き続きこれについて重要な指摘とその解説を行います。

>装備品の効率的な調達等に向けた取組み(P60) 財政制度等審議会財政制度分科会(平成28年10月20日)資料

>○ 防衛省は、装備品の効率的な調達に向けた取組みとして、「防衛生産・技術基盤戦略(平成26年6月)」において、①装備品の取得方法の効率化・最適化をはじめ、②装備品のライフサイクルを通じたプロジェクト管理の強化、③「防衛装備移転三原則」(平成26年4月)を踏まえた装備品等の海外移転、④研究開発に係る知的財産権の活用、⑤国内産業の組織再編・連携を自ら掲げており、早期の具体化を図る必要。その際、各取組みの進捗状況が外部から分かりにくいため、同戦略の進捗を可視化する工程表を策定する必要。
○さらに、装備品の価格の低減等を図るため、⑥原価の監査の徹底、⑦GCIP率の在り方、⑧契約時における価格上昇リスクの抑制に取り組む必要。


無論これらは重要なのですが、それ以前の問題があります。
マトモな兵器を選んだり、開発する能力がないことです。
例えば4人乗りの軽装甲車である、軽装甲機動車を主力APCに選び、その後継の小型装甲車もこれを踏襲しようとしています。そこいらの軍オタよりも程度が低い。

海自のFFMのRWSにしてもそうです。常識で考えれば、コストダウンのためとはいえ、元々ついていたレーザー測距儀と自動追尾装置を外すことなんてありません。本来近接防御のためのRWSの近接防御能力を取り去るわけですから。そこまでコストダウンを図るならば、M2機銃もFN製を入れればよかった。ところがFNの5~6倍も高い国産を使っています。そして機銃はRWSの2丁だけ。カバーできる範囲はせいぜい240度で、後部はがら空きです。諸外国の水上戦闘艦はRWSも12.7mmクラス2基、20~30mmクラス2基さらに、ミニガンや、7.62ミリ機銃を多数そろえています。こんなもの「世界の艦船」眺めるだけでも分かる話です。
まったくもって戦うことを考えず、コストダウンだけを考えて作っているとしか思えません。レーダーなどにして然りで、海自OBがFFMは浮かぶ棺桶と嘆くのも頷けます。

つまり軍隊としてマトモな軍事的な思考をみにつけて、諸外国の動静に気を配り、将来の世界のトレンドはどうなるかを予測する柔軟な思考力を身につけるべきです。それがなければ、いくら川下のコストを弄っても本当の意味での調達改革、コスト削減はできません。

クズを努力して如何に安価に調達、運用してもクズを選んだ時点で税金の無駄使いです。

これ以降の記述に共同開発などもでてきますが、このような素人並の知見で、諸外国とマトモに共同開発ができわけがないでしょう。

防衛省、装備庁、自衛隊の情報に対する意識と、戦争に備えた装備調達をするという当事者意識&能力を改善しないかぎり、テクニカルなコストセービングだけをやっても意味がありません。


■本日の市ヶ谷の噂■
海自の企画している哨戒艦は事実上だめ装備の典型例のミサイル艇の更新で、海自の焼け太り。これで無用な予算と乗員を無駄使いして自らを弱体化との説。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

やれやれ
2019年11月03日 14:47
■本日の市ヶ谷の噂■
これって三胴船の事ですよね?
そもそも船体の設計からして出来なさそうですが、設計をオーストラリアに出すのでしょうか?
そもそも三胴船にする意味も分かりません。
無理にでもヘリを載せたい?
いずれにしろ無駄に費用が掛かりそう。
他にも色々ありそうですがそもそも船体がゴミだとどんな装備もゴミになりそう。
ゴミにゴミ載せるのは勘弁願いたいです。
濡れネズミ
2019年11月03日 17:03
やはり、軍事と言う物を悪として教育してきたツケが大きくですね。

会計などの専門家が関わりたく無いとこれまで積極的に知識を深めようとしなかった。

他の公共事業と違い、彼らエリートにとって言ってしまえば「賎業」である軍島は飴を与えて黙らせる物だった。(共産党、社民党の輝かしい功績です。)

しかしながら、アメリカでも抑えられない、もしくはなし崩しに軍事衝突を認めさせる構えを見せる敵国にそんな物は通じない。

そろそろ会計のエリートさんにも海外の本物の「戦争」を見てもらう時期が来たんでしょうね。

国産はゴミと言う現実を見てもらう時期が。
KU
2019年11月03日 20:32
>>>RWS

調達する側もアレなら、それを使う側も気合いで的に当てます!ですもんねorz。今時、精神論かよと。たしか、装備年刊にはトレンドらしき物が載っていたかと思いましたが、少なくとも現場レベルで軍研だのPANZERだの世艦だのを読む人もいないのでしょうね。


>防衛関連企業の経営監視強化へ 政府、外国企業買収に救済検討

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000071-kyodonews-pol

今の中国を見ていると、何も日本の技術力に頼らずとも自前で全て揃えられそうですが。
KU
2019年11月03日 20:47
連投、失礼します。

“対中監視の最前線”米軍訓練同行記

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20191101/k10012158121000.html?utm_int=news_contents_tokushu_003

やっぱりコレを買いませう!(((^_^;)。そういえば世艦最新号にも載っていますが、「あたご」も水上レーダーやTASSをアメリカ製に換えたんですよね。バウソナーも就役時から米国製を搭載しているし、取り換えたとなると、レーダーもTASSも国産品はアレすぎたということなんですかね⋅⋅⋅。
濡れネズミ
2019年11月04日 07:03
多分、防衛省はこの記事をまともに読む気がなかったんでしょうね。

https://www.armyrecognition.com/belgian_army_belgium_military_equipment_uk/naval_remote_weapon_station_remotely_controlled_operated_rws_for_ships_vessels_sea_defnder.html

まあ、国産派にしても今回の酷い調達品に良い評価を与えていない現実は目を逸らしても無駄です。
上層部は諦めて会計をハッキリと晒して是非ともブタ箱に家族共々ぶち込まれていただきたい。

外車やら素敵なお家の代金は自分の稼ぎでお支払い下さい、天下り先の賄賂で買う物じゃないです。
偽陸士
2019年11月04日 10:46
国産兵器も然ることながら、軍事が賎業とする思想そのものがクズです。

被服から半長靴、小銃、鉄帽に至るまで満足に揃えられない癖に、高額な兵器に執着する自衛隊を誰も止められない。

陸士の受難は続きます。
aaa
2019年11月04日 12:16
所詮腰掛けをぐるぐる繰り返してるだけでしょう。

仕事というより、小役人的なミスのなさが評価や昇進に影響してると。

典型的なダメ役所という。

兵器にでちゃってると。



ユニクロの社長が、官僚や税金を半減しろ、などと叫んでたけど。

現状、天下りなどの為に後ろ向きに出費を強いられてるのは、やはり半減くらいを目指せるはずだけど。

天下り禁止など、不可能なコトを叫ぶより、合理性や生産性など改革してかないと。

お役所仕事と、官僚計画経済のダメなとこがモロにあらわれちゃってると。

トランプのせいでアメリカも危ないし、どうなっちゃうかなと。
もう米中も勝負付いちゃってるのでは。
ふきのとう
2019年11月07日 20:57
FFM自体が当初は米国のLCSのカタログスペックに近いものを提示していたのが、紆余曲折を経たということになると運用構想にどこまで明確なビジョンがあったのかも疑わしく思います。後追いをするにしても、なぜそのスペックが必要であるのかというところが詳しく詰めきれていなかった証左ではないでしょうか。
思考しない結果としての前例踏襲(他国なり自国なり)が多いような気がします。