何を今更日本経済新聞 揺らぐ「円安歓迎論」 輸出の連動弱く

揺らぐ「円安歓迎論」 輸出の連動弱く
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO5215202014112019SHA000?disablepcview=&s=5
2019年11月16日 の日経一面の記事です。

全く何を今更です。
散々円安礼賛して世論をご誘導するような世論操作をしてきたのは日経です。

>円安が日本経済に追い風との定説に疑いが出てきている。円安は輸出先での価格競争力が上がるため、輸出が増えて日本経済にプラスになるとされた。しかし製造業の海外移転などが進み、日本からの輸出は価格に左右されにくい高級品へのシフトが進む。家電やエネルギーは輸入が増え、円安が逆風だ。株式市場は円安を好感するが、一方で円の購買力が下がり、所得が海外へ流出する。円安神話を冷静に見つめ直す時にきた。

>対ドルで10%の円安になったと仮定。外貨建てで輸出する商品の円換算額が増え売上高が膨らむプラスの効果と、輸入品が値上がりし国内の物価も上がるマイナス効果を差し引きすると、2015年は全産業の付加価値が0.9%押し下げられた。

>マイナス効果は00年に比べて3倍になった。エネルギーなどの輸入が増え、円安のコストが重くなったといえる。

>11~14年は2割強の円安でも、輸出の伸びは10%ほど。1割強の円高だった15~16年も輸出は1.7%の増加を保った。

>背景には、企業が輸出する商品で価格競争から距離を置いてきたことがある。

>内閣府によると製造業の海外生産比率は17年度に22.9%と10年前から5.6ポイント上がり、バブル期の30年前と比べると約10倍になった。

>対照的に、輸入の存在感は高まっている。スマートフォンなどの電話機は年2兆円規模の輸入がある。東日本大震災後は原子力発電所の運転停止に伴い液化天然ガス(LNG)の輸入が増え、11年には貿易収支が31年ぶりに赤字に転じた。

>日本は消費者物価が低迷してきた。円安で輸入物価が上がっても企業が吸収し、消費者には円安がマイナスとの認識は薄い。だが企業の利益が圧迫されれば、賃金に響く。

>為替相場の急な動きは市場や企業への悪影響が大きく、望ましくない。だが一方的な円安歓迎論も、日本経済の実態にそぐわない。


こんなことはこのブログでぼくが第二次安倍内閣発足前から警告してきたことです。多少なりとも実業をやっている人間であれば簡単にわかる話です。
円安になると株価が上がりますが、これは日経平均が輸出企業に偏重しているし、そもそも上場企業のごく一部でしかありません。つまり意図的に円安になると株価が上がるという仕組みになっています。そら1ドル80円でうっていたものが、130円で売れるようになれば輸出企業は儲かります。ですが、それは輸出が増えたわけではないので、不労所得と同じです。だから企業は為替差益で儲けてもそれは実力ではないと知っているから内部留保で溜め込みます。
日本株を売り買いして利益を上げている投資家の7割は外国人ですから、株式市場で得られた利益は少なからず外国に流れます。これでトリクルダウンが起こるはずもない。
しかも株価が上がった理由は円安だけではなく、政府が公金を株式市場に突っ込んだことも大きいわけです。円安だけではさほど株価は上がらなかったでしょう。

そして円安によって、GDPの6割を占める個人消費は冷えます。多くの食品、日用品、雑貨、衣服、エネルギーは輸入ですから当然、消費者の購買力は下がります。円安になっても給料はさほど上がりません。
リフレ派の人たちは物価が上がれば消費者は先を争って消費をする、と主張してきましたがそれは空理空論です。1万円のセーターが1万5千円になったら2着買いますという奇特な人はいないでしょう。そんなことは常識があればわかるはずです。


ところがリフレ派の人たちはそれを認めないわけです。
弁護士の明石順平氏も以下のように述べております。


「お仲間」は公金で花見饗応の一方、国民は円安と消費税で貧しくなっただけ<明石順平氏>
https://hbol.jp/206978

>安倍総理は「政治は結果」というが、その結果は、粉飾だらけのアベノミクス、失敗だらけでカネをばらまく外交とろくな成果も見られない。
『月刊日本 12月号』では、総特集として、長期政権の驕りと緩みが噴出しまくっている安倍政権を批判する「国家を私物化する安倍晋三 国民を裏切り続けた七年間」を掲載している。

>明石順平氏(以下、明石): 端的に言えば円の価値を落としただけです。それに尽きます。国債を爆買いして円の供給を増やした結果、市場は円売りに動き、円安が進行しました。製造業は円安によって得したかもしれませんが、物価が上昇し、それに賃金の上昇が追いついていないため、消費は冷え込みました。そこに消費増税が重なったため、国民の生活は非常に苦しくなってしまったのです。

>アベノミクスから5年で名目賃金は1・5%しか伸びていません。その一方で物価は6%も上がっています。日銀の試算によると、消費増税による物価上昇は2%なので、残る4%はアベノミクスがもたらした円安の影響です。安倍政権は増税+アベノミクスによって物価を無理やり上げましたが、賃金が1・5%しか伸びなかったため、実質賃金は4・2%も下がってしまったのです。
>これはアベノミクス前の水準に遠く及びません。もし民主党政権が続いていれば、少なくとも国民が物価高で苦しむことはなかったでしょう。

>明石:確かに総雇用者所得は増えていますが、それは雇用者が増えたのだから当然です。問題は雇用者の内訳です(図2)。アベノミクス擁護者たちは絶対に触れませんが、職種別の雇用者数を見ると、医療・福祉が6年間で125万人も増えています。その理由は高齢者が増加していることであり、アベノミクスとは無関係です。

>明石:有効求人倍率の上昇も失業率の低下も、ともにアベノミクス前から始まっており、アベノミクスとは関係ありません(図4)。アベノミクス以降もずっと改善傾向が続いているのは、金融危機が発生していないからです。

>明石:安倍総理の言う賃上げは春闘における賃上げ率のことです。そのため、当然のことながら春闘に参加した組合員しか対象になっていません。安倍総理が根拠としている連合のデータを見ると、調査対象となった労働者の割合は雇用者全体の約5%程度にすぎません。
>しかも、この賃上げ上昇率は名目値です。実質賃金上昇率を見ると、アベノミクス以降は民主党時代よりも圧倒的に低いのです

>明石:確かに株価は上昇しましたが、これは異次元の金融緩和と日銀のETF(上場投資信託)購入、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式投資によるものです。要するに日銀と年金によって株価をかさ上げしているだけです。

>もし日銀とGPIFが株価を買い支えることをやめれば、株価は暴落してしまうので、もはや後には引けません。 GDPもかさ上げされています。野党はGDPかさ上げ疑惑を国会で追及し、私も『国家の統計破壊』(インターナショナル新書)などで批判しましたが、2016年12月に内閣府がGDPの算出方法を変更し、それにともない1994年以降のGDPをすべて改定したことで、GDPが大幅にかさ上げされたのです。

>そういう意味では、アベノミクスの本質は「かさ上げ」です。アベノミクスはシークレットブーツを履きながら「私は身長が伸びた」と言っているのと変わらないのです。私たちはそのことをしっかりと認識する必要があります。


消費者の消費マインドは冷え切っています。国の借金は1100兆円を超えております。国家予算も借金で回し、予算の四分の一が利払いで消えています。ですから、消費税が上がり、個人が負担する社会保障費も増えています。将来の年金もどうなるか分からない。
実質所得が減り、将来の不安があればだれが気前よくお金を使うでしょうか。最近はMMTという怪しげな理屈が幅を効かせて、リフレ派の人たちは国の借金はいくらしても大丈夫、返す必要はないということをいいますが、国民の多数派はそんなことを信じてはいないでしょう。

膨れ上がった国の借金を地道に返して、国が身ぎれいにならない限り、消費は増えては行かないでしょう。





東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
2020年度は「5.3兆円超」でなく6兆円前後に?

https://toyokeizai.net/articles/-/313774

DSEI Japan の記事は東京防衛航空宇宙時評で。
http://www.tokyo-dar.com/


■本日の市ヶ谷の噂■
海自の哨戒ヘリ、SH-60J及び60Kの光学電子センサーはレイセオン製で故障知らずだが、P-1に搭載された富士通製は故障ばかりでP-1の稼働率を大幅に下げているが、欠陥の是正を「機能向上」と偽って来年度予算で要求しているとの噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

マリンロイヤル
2019年11月23日 17:33
円安で、ドル建てGDPが減りましたから、外国からは日本は衰退してると思われ、外交が全て空振りに終わっていますね。GDPランキングもあと2、3年でドイツに抜かれて第4位に落ちるでしょう。
濡れネズミ
2019年11月23日 18:44
現役の時何時も無駄遣いするなと言っておきながら、宴会やら駐屯地祭の準備に湯水の様に金を使っていたかつての職場を思い出しました。

P-1の件は部隊の装備更新予算がP-1の新規導入の為に流用されてしまい、老朽化した装備のせいで重傷者が出る事故が発生した為とても憤りを感じます。

しかもよりによって富士通のクソ野郎が関わっているとなると更にふざけた話としか思えないです。
やれやれ
2019年11月23日 19:35
清谷さん、
そういう世界に会社が身を置いているので安部は馬鹿か?!と即答しましたよ。
お陰で業績は右肩下がり…赤字を出さない様にするので精一杯。現状を全く知らない、経済団体か特定のお友達企業から言われただけで考えたのでしょう。こうなる事は恐らく日経も当初から知っていたと思いますよ。しかし政権他にに忖度して言い出せなかっただけかと。よいよヤバく(お花見含む)なってきたから自分は以前から指摘してきたとか思わせて逃げに掛かっているか真面目にヤバい所まで来たと肌で感じたからかも?

アベノミクスは最初から駄目のミクスと腐してましたよ。これは酷い、特定の企業しか恩恵に与れないと。日経も少しは明石さんの爪の垢でも煎じて飲んだ方がいいと思いますよ。
やれやれ
2019年11月23日 21:41
P1の件、富士通まさか民生品レベルを納入しているとか? 航空用でもMILスペックでも無いのですぐ壊れるだったら間抜けですね。よく知りませんが富士通ってセンサー強かったのかな?どうもコンピュータや通信ってイメージがあって。素直にレイセオンでもどこでも軍用品を輸入していれば良いものを。
まさか輸出を目論んで…なんてオチないですよね?
偽陸士
2019年11月23日 21:51
それにしても、P-1のセンサーの話しは酷いですね。
これでは韓国海軍が異常接近だとの主張も、言い掛かりとは言い切れなくなりますね。
不具合の手直しを能力向上とは、物は言いようです。

10式のサイドスカートですが、代わりに水タンクか予備の履帯でも吊るしてた方がマシでは?

無駄遣いの一方で現場の装備が劣化、老朽化、陳腐化して重傷者も出すとは。
生きて退職できた濡れネズミさんは、未だ運が良いほうだったのではありませんか?

武器を製造、販売、所有する権利を、お役人に独占させれば、社会が安泰と日本人は考えてます。
その結果が自衛隊の兵站、ISR機能の貧弱さ(災害時にも被災者も隊員も苦しめる)に繋がります。

大部分の日本人は島を奪われようが、保育園、給食、年金に廻すべき税金が日本の安全や国内の雇用に繋がらない事に富が盛大に蕩尽されてもデモどころか選挙にも行かず、ハロウィーンで盛大に憂さ晴らし。

半ば絶望しては居ますが、この局面を魔術師の如くひっくり返せれば
ガネット
2019年11月23日 23:19
地銀の経営統合だってゼロ金利政策で経営が苦しいせいですし。
支店の統廃合やATMの撤去など地方は金融機関の利便性も
低下しています。
濡れネズミ
2019年11月24日 00:23
ウズベキスタンが導入した中共製のFD-2000中距離対空システムが防空試験を開始しました。
アフリカ地域や中東地域の友好国に輸出を進めて行けば現代版のS-75になるかもしれません。

https://www.janes.com/article/92799/uzbekistan-conducts-first-fd-2000-air-defence-test

また、トルコは2020年までにS-400を戦力化することを目的にしているようです。
アメリカだけでなく、EU圏の強硬な反発を押し切る構えで正直言って恐ろしいです。
https://www.armyrecognition.com/november_2019_global_defense_security_army_news_industry/s-400_air_defense_missile_system_will_go_on_combat_duty_in_turkey_for_2020.html
偽陸士
2019年11月24日 13:31
濡れネズミさん。
パトリオット1発4億円でドローン1機数百万円では割に合いますまい。

ロンドンもバクダットも弾道ミサイルと巡航ミサイルの攻撃を受けましたが、それだけが理由で降伏などしてはいません。
文谷数重氏の提唱するように、空襲保険で賄うしかないと思います。
航空機による戦略爆撃に対しては既存の防空システムで対応可能と思います。

ですが、サウジの製油所がフーシのドローンに破壊された際には、ドローンが西側の防空システムを掻い潜るのに成功しています。
ドローンの長所短所を知り対策を立てるには自分達もドローンを運用、研究しノウハウを蓄積しなければならない筈ですが、それすら日本政府はやる気が無いようです。

電子銃かドローンを迎撃するドローンや、単価を押さえたRWSが欲しいところです。
国産だと数が揃わないでしょうから、輸入品がメインになるでしょうね。

あとはCoin機でどれだけ敵の数を減らせるか。

話しは変わりますが、円安に振れるなら町工場が廃業してマンションに変わる前になって欲しかったです。今更円安で潤うのはプラント輸出か自動車くらいでは?
日本国債消化の為、為替に規制を掛け円高を招いた日本人のオウンゴール以外の何物でも有りません。

日経紙の記者や読者も学校のお勉強は善くお出来に成るようですが。
濡れネズミ
2019年11月25日 07:39
偽陸士さん、基本的に陸自の対空レーザー兵器に対する反応は「デマだろww」でした。

最初に報告した時に実際そう言われました。
現在も続くイラク内戦初期から中期にかけてアメリカ軍と中共軍、ラインメタル社がテスト中である事も伝えた上での反応です。

風向きが大きく変わったのはやはりシリア内戦でロシア軍の基地が攻撃される様になって従来の対空ミサイルや制空権の概念がある意味で無力化されてからです。

かなり自分が見ていたYouTubeチャンネルを聞かれた記憶があり、当時すでにドローン ガンやドローン 用ネット弾等の対策を上申して却下されていた為本当に忌々しい限りでした。

今考えると国産化を優先して全く外国製を見ていなかったんだと思います。
皇居などに被害が出てようやく対策をする様になったんじゃないかと。
偽陸士
2019年11月25日 15:49
濡れネズミさん。

心中御察しします。
確かに自衛隊の多くの隊員は、自分の常識、固定観念に捕らわれ易く、自分の理解が及ばない物に拒絶反応を示します。

この気風が変わるまで、300年は掛かるでしょう。

護送船団方式もオペレーションリサーチも、護衛空母等、どれも民間からの提案でした。

軍人というものは昔の戦争をしようとします。

本来なら其処はシビリアンコントロールで是正すべきなのですが、皆様兵事は凶事とばかりに眼を背けます。

ここは暫く現役皆様の、お手並み拝見といきましょう。
KU
2019年11月25日 19:02
>>>光学センサー

同じ商品なのに海外製は故障知らずで国産品は故障ばかりorz。そら、あんなドイツのトラックみたいにカネを出すなら海外製を買いますね。P-1も大人しく海外製の光学センサーにすれば良かったのに、大人の事情で国産品にしたのでしょうけど。で、この体たらくと。


>空自、ドバイ・エアショー2019で各国の空軍と部隊間交流

http://flyteam.jp/news/article/118133

ヒコーキなんだから、飛ばしてナンボだと思いますけど。



>装甲車両のハイブリッド化なるか

http://newswitch.jp/p/20138

三菱が手を挙げたとなると、コマツは完全に装甲車両から手を引いたのでしょうか?


やれやれ
2019年11月26日 23:12
KUさん、
ドバイで商談がうまくいくとも思えないしせめて軍事交流だけでもって事ではないかと。
検索しても帰投する時に翼をフリフリした位ですね。
特に話題にもなってないような。2017年のC2の紹介記事の最後に不整地の運用には向かないと書いてあります(汗)。

装軌式装甲車は三菱、装輪装甲車はコマツが各々ハイブリッド車の試作車を入れていますね。試験はそれでできるでしょうが今後はどうするつもりなのか。


濡れネズミさん、
ダスキンとはダイキン工業の事ですかね?
もしかしたら本当にダスキンがグレネード作ってるかも知れませんが私は知りません。それとも部隊での隠語とか渾名なんでしょうか?
中国も色々な物作っていますよね。銃も西側東側の弾を使えるモデルを揃えているしバリエーション多いですよ。これくらい色々作らないと顧客の要求に答えられない、輸出で儲けられないんでしょうね。日本の品質では買った国が可愛そうかと。
やれやれ
2019年11月26日 23:12
KUさん、
ドバイで商談がうまくいくとも思えないしせめて軍事交流だけでもって事ではないかと。
検索しても帰投する時に翼をフリフリした位ですね。
特に話題にもなってないような。2017年のC2の紹介記事の最後に不整地の運用には向かないと書いてあります(汗)。

装軌式装甲車は三菱、装輪装甲車はコマツが各々ハイブリッド車の試作車を入れていますね。試験はそれでできるでしょうが今後はどうするつもりなのか。


濡れネズミさん、
ダスキンとはダイキン工業の事ですかね?
もしかしたら本当にダスキンがグレネード作ってるかも知れませんが私は知りません。それとも部隊での隠語とか渾名なんでしょうか?
中国も色々な物作っていますよね。銃も西側東側の弾を使えるモデルを揃えているしバリエーション多いですよ。これくらい色々作らないと顧客の要求に答えられない、輸出で儲けられないんでしょうね。日本の品質では買った国が可愛そうかと。
濡れネズミ
2019年11月27日 14:04
やれやれさん、すいません間違えました。
指摘ありがとうございます。

しかしながらなんで素直にライセンス生産しておけばいいのに変な改良という名の改悪と独自規格の弾にしたのか。

こんなんで戦争中の国に輸出できると本気で思っているあたり100年前に大陸の軍閥にマキシム機関銃の劣化コピーを売って国際問題を引き起こし、対戦中遂にまともな機関銃を作れなかった歴史を繰り返している気がします。
KU
2019年11月28日 19:11
>>>C-2

やれやれさん

交流がメインなら、それはそれで良いのですが曲がりなりにもエアショーですもんねorz 。部隊間交流が目的なら相手方の基地を訪問すれば良いのに...。


>自衛隊員のパワードスーツがさらに進化する!

http://newswitch.jp/p/20182

どうせ大した予算は付かないんだろうし(((^_^;)、お金を掛けるなら、ただでさえ周回遅れなUGVの開発とか歩兵のデジタル化に注力したほうが良いんじゃないですか?




>ラファエル、「SPIKE」性能向上型ミサイルを日本市場売り込み

http://www.jwing.net/news/19438

陸自のロングボウとかSUBARUのUH-X向けにとかって、悪い冗談にしか聞こえませんが。
濡れネズミ
2019年11月30日 13:52
KUさんスパイクシリーズはやっぱり実積があるだけに国産メーカーでは太刀打ち出来ないんじゃ無いでしょうか。

ドイツみたいになるくらいなら最初から血を吸って膿を出し切った正に信頼性の高い製品を購入するのも良いかも知れません。

仮想敵国たる韓国も一部で採用しているのもラファエル社がアピールできる点ですよね。

ロシア軍はやはりいろいろな軍事介入で痛い目に遭っている分ロボット兵器の投入に躊躇いが無い様です。

https://jp.rbth.com/science/82915-roshia-2020-nakaba-made-sentou-robot-gundan-sousetsu

こうした無人兵器の実戦投入計画は少子高齢化社会の日本でも重視すべき問題だと思います。
2019年12月01日 03:45
はじめまして。

MMTは怪しげな理論ではありませんよ。インフレにならない範囲では借金は問題ないのです。

仮に政府の債務が2000兆円になろうとも大事なのは「供給(生産)力」です。金本位制ではないのですから円は紙切れに過ぎません。ドルもユーロも紙切れです。それを担保するものは国家の信用つまり「供給(生産)力」に他なりません。

あのジンバブエは「財政黒字」でした。財とサービスを作り出す「供給力」がないためにハイパーインフレが起こったのです。米軍に焼き払われて生産力の85%を喪った戦後直後の日本のように。

いま必要なのは消費税減税と歳出拡大です。「需要」が足りないから日本はデフレなのです。債務を積み上げても問題ありません。

米国も中国も何千兆円と債務を抱えています。隠していますが。借金をして需要を満たすことこそ経済成長の唯一の道なのです。
ブロガー(志望)
2019年12月01日 20:02
お邪魔します。
 為替相場は高い安いではなく、その国の実態に合っているかが問題であり、そこから離れれば弊害が生じます。例えばギリシャがドラクマのままであれば通貨安がギリシャの農水産物の輸出を後押しし、ドイツがマルクのままであれば通貨高が輸出を抑える事でそれなりに収まるのでしょうが、どちらもユーロを使っているが故に自己制御が効き難くなっています。EUであっても国は別である以上、ドイツからギリシャへの所得移転はそれ程行われてはいないでしょうから。日本の円安誘導も海外からの所得移転に見せかけて実は日本国内の所得移転で、かつ「格差をならすどころかより広げる」逆選択だったのかも知れません。
KU
2019年12月01日 21:17
Twitterのアカウントの凍結ですが、未だに解除されませんねorz 。時の宰相をイジッただけで凍結するとか、どんだけ日本政府にビビっているのやら。

>日本主導の開発形態焦点「将来戦闘機」、来年度開発着手 米英協力も・防衛省

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000045-jij-soci

どこまで防衛省や装備庁・空幕は本気なのやら。気がついたら美味しい所は全部、米英に持っていかれそうですけど。
やれやれ
2019年12月02日 11:00
濡れネズミさん、
「こうした無人兵器の実戦投入計画は少子高齢化社会の日本でも重視すべき問題だと思います。」
私もそう思いますが、実際の自衛隊はこの手の物に凄く否定的に見えるんですよね。無人機の導入も非常に遅いし陸自の装備も人海戦術前提のようで省力化とは対局に位置していると思います。
中国は逆に率先して省力化に取り組んでいますね。それは珠海のショーを見ても明らかだし省力化で兵隊の数を削減し人件費も削っていますし。むしろ日本のあるべき姿なんですがね...最前線での人員削減は死傷者の減少にも直結するし喫緊の課題だと思いますがね。そんなに白兵突撃、最後は玉砕がお好きなのでしょうか?私ならリモコン操作の突撃銃付けた小型無人機を操作するほうがいいし、UAV偵察とGPS誘導弾を撃ち込む方が楽で安全で効率的だと思いますが。

KUさん、
恐らくライセンス生産が精一杯ですよ。導入数の数によっては全機輸入。国産兵器の搭載すら難しいと思います。何よりステルス兵器を国産していないしステルス機に積めるサイズのミサイルも無い。これから開発していては機体以上に遅れそうな気がします。有りものを買ってくるのが精一杯かと。せめてラファール開発時に戦闘機の技術実証機ラファールAを作ったみたいに次世代戦闘機の試験機を作って実用化の目処が立つくらい技術と性能を磨けてれば話は別ですがX2なんて装備庁の予算獲得と研究の実績作りが主で本気で戦闘機の要素技術の開発をするための機体じゃないですからね。飛行時間も短いし今はどこでも見られる程度の高機動飛行が少しできた位のもんでステルス性もどこまで確認したんだか怪しい代物。これじゃ相手からパチもん作って喜んでると馬鹿にされるのがオチですよ。
濡れネズミ
2019年12月02日 13:24
サウジアラビアのアパッチと思しきヘリコプターと無人機が撃墜された様です。

https://www.youtube.com/watch?v=fzE2b_mWQUs&feature=share

サウジ側が頭に血が上ってこの戦争は苛烈になるかも知れません。
偽陸士
2019年12月02日 16:12
ぬくぬくさん

MMTはいけません。

金にだらしのない御仁に打出の小槌を与えるなんて、虎に翼を与えて野に放つ様なものです。

政府の浪費に上限など有りません。
身の丈以上に借金をこさえるに決まっています。
ジンバブエの二の舞は必定です。

それに経済成長が政府の統制によってもたらされるとする考えは、共産主義と同じ結末を見ることになります。
CPR
2019年12月03日 07:24
やれやれ様
無人兵器は中国より上をいかないと、国防が危ぶまれますね。
欧米諸国は人口を維持ないし微増する一方で、日本は明治時代の水準まで減っていくのですから。(しかも高齢化しながら)
占領にあたっては最終的に人が足を踏み入れないといけないので、普通科(歩兵)と無人兵器の組み合わせは必須になるかと思います。
当然、ドクトリンや運用を一大転換する必要がありますが、今の市ヶ谷には荷が重いでしょう。


偽陸士様
MMTは全否定されるものではありません。
今の日本に適用可能な理論です。
政府の暴走を危惧されていますが、「供給(生産)能力」「インフレ率を超えない借金」に並ぶ暴走防止要素があればいいわけです。
それは「政治、政府の財政に対する国民の高い関心とその民意を反映する監査機能」です。
とはいえ、今の民度からすれば、この要素は成り立ち難いでしょうが……。
やれやれ
2019年12月03日 13:16
CPRさん、
「無人兵器は中国より上をいかないと、国防が危ぶまれますね。」
まず無理でしょう。少なくとも中国より20年は遅れています。
今から頑張っても中国はもっと先に言っているでしょう。
せめて装備くらいは同程度のものをどこかから買って穴埋めしないと厳しいでしょう。隊員もそれに対応できるように訓練することと患部...幹部は総合的にそれらを運用するように勉強し直さないと脳筋と根性だけでは無理でしょう。それと国防に特化するので対策兵器の準備は早急に検討するべきとは思いますがそっち方面も弱いんですよね。

「MMTは全否定されるものではありません。
今の日本に適用可能な理論です。」
これは無理だと思いますね。どうやって歯止めを設けるのか、歯止めが機能するのか、歯止めが効いたらどうなんるのか...問題点は一杯です。それに本当はどこまでだったら大丈夫と言うのも今の所分かりません。日本が破綻したらMMT理論の限界値が分かるかも知れませんが、その時の日本は手遅れです。良くてIMFの厳しい管理下でしょう。日本は国の財産が、とか国民の財産が、とかいう人もいるのですが、担保になると思っていても国の施設や国有地などをどこかの国に買い取らせるの?自分の貯金を差し出すの?(預金凍結や銀行全部破綻とか色々考えられますが)って所まで考えてないでしょうね。
偽陸士
2019年12月04日 18:06
やれやれ様

正にやれやれ様の仰るとうりで、政治家にせよ有権者にせよ打出の小槌の誘惑には抗い難いものです。

昨今のこの国の庶民の困窮振りにMMTを試したくなるCPR様始め各々がたの憂慮解らぬでもありませんが、ここは減税、予算の一律削減、国債の償還を進める以外には無いと思います。

先ずは税金を減らし、次に役人の権限と仕事を減らし、借金も減らすのです。

彼等は金が有ると使い切る悪い癖が有りますから。

お役人様には先ずは遣り繰りを学習して頂きましょう。

次いでに低金利政策という名前の社会実験もお止め頂きます。

購買需要が多い時は預金が減少し金融機関同士の競争による貸出意欲も減少して金利が上がり、購買需要が少ない時は預金が増大し金融機関の貸出競争により金利が下がる。

生産者は高金利の時は設備投資せず既存の設備を使い、逆に低金利の時は次の繁忙期に備え設備投資をする。

それにより生産者と消費者の資金量のバロメーターたる金利が機能します。

それを人為的に低金利にすれば、生産者は過剰投資、時宣を得ない投資(バブル)を為し必然的に崩壊をもたらします。

更には清算されるか中止されるべき事業が継続し景気回復が妨げられます。

金利操作を止めれば金融機関が社会の公器としての機能を取り戻し、金融機関、生産者、消費者の競争と選択により経済成長を取り戻せます。

長々と申し訳御座いませんが、この様な見方も有ると皆様には知って頂きたく投稿致しました。

御拝読有り難う御座いました。

2019年12月05日 02:38
>偽陸士さん
政府が金にだらしないなんて現在の政府には当てはまりませんよ。ずっと消費税増税に歳出削減の緊縮財政ではないですか。國と地方の債務を併せると1000兆円を越えるのでそれを見て「無駄遣い」をしたと考えているのかもしれませんが、緊縮財政で景気が悪化して税収が減ったから国債を発行して予算を組まざるを得なくなったのです。

経済(GDP)の維持、成長に政府の歳出が必要不可欠なことは共産主義ではありません。ケインズ主義ですよ。MMTはケインズ主義の考えですからね。

減税と国債発行は景気刺激策という点では同じです。古い自民党は国債発行による公共事業を好み、米国共和党は減税を選択したという「好み」の違いに過ぎません。
ホーベルモ効果から少しだけ国債発行による歳出を拡大の方が景気刺激になるだけです。
まあ金持ちは乗数効果が低いので減税の効果が出にくいというのもあります。手元にないのですが、米国共和党政権と民主党政権では共和党政権は年2%台の経済成長、民主党政権は年4%台の経済成長を実現したという資料を読んだ覚えがあります。
減税は消費税減税なら大歓迎ですね。確実に経済は良くなりますよ。財務省という難攻不落の壁を打ち倒すことができればですが。

>CPRさん
インフレターゲットを導入すれば歯止めになると考えます。生産力が足りなくなるまで国債発行による歳出を増やすかもしれませんが、インフレターゲットがあれば年2%以内のインフレに収めようとしますから。

>やれやれさん
円建ての債務で破綻することはありません。円を刷れば良いだけですから。もちろん円を刷り過ぎればインフレになります。そのインフレに歯止めを掛ければ良いのです。インフレターゲットはひとつの歯止めになるでしょう。

それに日本は何十年デフレでしょう。安倍総理がデフレ脱却を目指すと言っていましたが、7年前に内閣総理大臣に返り咲いた際にもデフレ脱却を目指すと同じことを言っていました。借金に歯止めが効かなくなると危惧することは日照りで水が足りないのに、台風の心配をするようなものです。あるいは逆に台風が来ているのに水不足の心配をするようなものです。
今の日本はデフレで需要不足なのですから歳出拡大で需要不足を補う必要があるのです。もちろん消費税減税でも構いませんが。


無人兵器の導入は急ぐべきですね。世界の流れですから。少子高齢化の日本は若い自衛官が足りないのですから尚更です。定員割れを起こし続けている護衛艦も機械化、効率化、省力化を急ぎ少ない人数で運用できるようになれば良いのですが。こちらは陸自の人員を減らしてでも海自に回すべきなのかもしれません。現在の科学技術でできる範囲内で最大限機械化、効率化、省力化をしているならこれ以上は人員を減らせませんから。
やれやれ
2019年12月05日 13:08
KUさん、
麻生財務相、前代未聞の潜水艦「体験搭乗」防衛省の異様な隠蔽ぶり
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68927
この記事を読む限りまともな視察には見えませんな。
全てが隠密行動(大臣としての仕事では無い)、
どう参考になったか報告書類も提出していない。
それに専門家たる他の職員も随行していない。
防衛大臣さえ乗った事がない。せめて防衛大臣のお供とか
報道とか他の人の体験搭乗のついでとかなら言い訳も
できるが麻生(大臣としてじゃ無く)の為だけに
わざわざ潜水艦を隠密理に出動させて
舟遊びをしたと言っているのと同じですよ。
そのために無駄に船と燃料と隊員をこき使った訳です。
これで潜水艦が必要だったねなんて事で済ませたら
ただの馬鹿だと思いますがね。
それとも潜水艦を仕分け対象にしようと思っていたのでしょうか?
それなら話は分からなくもないですが。
私に言わせれば政治家が大好きな海外視察と称する無料の
海外旅行と同質の悪質な出張と同レベルだと思いますがね。
やれやれ
2019年12月05日 13:25
ぬくぬくさん、
「円建ての債務で破綻することはありません。円を刷れば良いだけですから。もちろん円を刷り過ぎればインフレになります。そのインフレに歯止めを掛ければ良いのです。インフレターゲットはひとつの歯止めになるでしょう。」
それはいつ起こりますか?どれだけ剃ったらおこりますか?債務の割合がどれくらいだったら起こりますか?説明できないですよね。
それに貨幣価値を決めるのは日本人ではありません。世界です。
日本円が信用ならないと思われた時点で雪崩が起きますよ。
銀行の取り付け騒ぎのように。前兆現象が分かればまだ良いようですが、その時のことを考えてみて下さい。今まで刷りまくっていた物をいきなり止めるわけですよ。その時何が起こるかを。
今たちまち日銀が国債の買取と株の下支えをしないと何が起こりますか?それがもっとひどい状態で訪れる訳です。全然大丈夫ではないですよね。
それにリフレ派の考え方がそもそも可笑しいのです。
インフレになりさえすれば給料が上がり景気が良くなりお金が回るという事はありません。インフレはあくまで結果であって目的ではないのです。景気が良くなってインフレが起こる場合があると言うだけの事で、景気が悪くてもインフレは起こります。その場合は普通インフレとは言わないでスタグフレーションと言うと思いますが。景気が良くても普通でもデフレ或いは変化なしはありえます。要するに景気が良い(或いは良いと思わされている)場合でも給料が増えない日本などがそれです。必ずインフレになるわけではありません。
偽陸士
2019年12月05日 15:52
ぬくぬくさん。

重ねて申しますが、共産主義の様に賃金と物価を統制し成長を企てるのも景気対策として金利と通貨供給量を操作するのも、市場を撹乱するか自由な経済活動の妨げにしかならず、自律回復を遅らせるだけです。

それにAKシリーズが10万円台で買えるのに、国産の部品点数の多いシロモノを30万円も叩いて買うのは金にダラしがない以外の何物でもありません。

兵器以外にも必要性の疑われる公共事業が在りませんか?
濡れネズミ
2019年12月05日 17:08
海自が採用した「精神論」RWSなどゴミにしか思えないド本命がきましたね。

http://www.tokyo-dar.com/news/7085/

月刊「Panzer」12月号を拝見すると現場からの「周りがよく見えない!」とクレームが付いたって理由で廃止されたはずのM1キューポラ型のM60戦車の方がシリア国境地帯に展開するトルコ軍には重宝されてるみたいです。

やっぱり平時とか明らかに戦力差がありすぎる相手はともかくとして何処から攻撃されるか分からない、至近距離で猛烈な反撃を喰らう状況にはリモコン機銃とか銃塔の様なスマートでは無いけど狙撃される心配の無い兵装が必要なんでしょうね。

少なくともこの性能と各国の採用実積ってこの上なく陸自の要求を価格以外はクリアしている筈です。

後は害務省のアラブ系国家への政治判断と汚らわしい上層部の天下り先への忖度というこの国の悪癖を如何にして回避するかですね。
2019年12月06日 02:40
>やれやれさん
>それはいつ起こりますか?どれだけ剃ったらおこりますか?債務の割合がどれくらいだったら起こりますか?説明できないですよね。
それに貨幣価値を決めるのは日本人ではありません。世界です。
日本円が信用ならないと思われた時点で雪崩が起きますよ。

今の日本の経済、景気が良いと考えていますか?明らかに今の日本の経済は悪いでしょう。法人税減税でトヨタは左うちわですが、45歳以上の早期退職を募集している企業は少なくありません。
富裕層は満足しているでしょうが、年収が200万円以下の人が1000万人います。彼らは貧困に苦しんでいます。
日本経済はここまで落ちぶれてしまったのです。

彼らを救う手段は減税(最善が消費税減税。次善が所得税減税。三善が資産税減税。無意味なのが法人税減税です)か国債発行による歳出拡大しかありません。輸出を増やすという手段は米中貿易紛争の現状では無理です。貿易収支はトントンくらいになりましたが、経常収支は莫大な黒字です。外需より内需を拡大しなければ貧困から抜け出すことはできません。

繰り返しますが、ハイパーインフレで円が紙くずになることを心配して歳出を増やすことを躊躇うのは台風が来ているのに水不足の心配をするようなものです。経済が加熱すれば企業が設備投資をしますから、生産力が上がりハイパーインフレの可能性はさらに低くなります。

「市場」が円をどれだけ信用しているか。それは国債の金利を見るべきです。10年もの国債はマイナスではないですか。これは市場が日本が破綻することはないと見ているということです。

MMTとリフレ派の考えは違います。リフレ派は金融政策を採れば財政出動は必要ないとの考えですから。

もちろんインフレは目的ではありません。財政出動の「上限」です。インフレになれば歳出を減らさなければなりません。


>偽陸士さん
民間の需要、金なら善で、政府の需要、金なら悪ということはありません。例えば自衛官の「糧食」に100億円必要だとすると市場に100億円需要が発生します。消費性向によりますが、経済の教科書的な理論では波及効果で最終的には500億円の需要になります。政府の需要、金ですが、「食」を扱う企業や農家は政府需要で売り上げが増えるのです。民間の需要と変わりはありません。

>更には清算されるか中止されるべき事業が継続し景気回復が妨げられます。

小泉政権の時は私もそう考えていました。しかしそれは企業が倒産し、失業者が溢れるだけなのです。「ゾンビ企業」が倒産して市場から退場しても新しい生産性の高い企業が生まれるわけではありません。

>それにAKシリーズが10万円台で買えるのに、国産の部品点数の多いシロモノを30万円も叩いて買うのは金にダラしがない以外の何物でもありません。
兵器以外にも必要性の疑われる公共事業が在りませんか?

自衛隊が無駄に費用を使っていることは清谷さんのブログで理解しました。改善の余地が大いにあることも。5ちゃんねる(2ちゃんねる)では清谷さんの評判は悪いですが、私は的を射ていると考えたからこのブログを読み、コメント欄にコメントを書いています。ただ「マクロ経済」に関しては正しくないので、反論しています。

「無駄な公共事業」を減らした結果が橋本内閣でも「経済崩壊」です。GDPを維持するには政府の歳出がどうしても必要なのです。それを国民からは消費税増税で吸い上げ「民需」を減らし、歳出削減で「官需」まで減らしては経済は縮小するしかありません。橋本龍太郎は救いがたい愚か者ですが、財務省(当時大蔵省)に騙されて消費税を増税したことを生涯悔いていたそうです。
それに無駄な公共事業と言いますが、普段から治山治水対策の公共事業をもっと行っていれば台風14号襲来の際死者も浸水も減らすことができたでしょう。我が国は「災害列島」なのです。また「熊しか通らない道路」と言いますが、災害ですぐ寸断されてしまう日本の国土は道路を多く敷く方が良いのです。

税金の無駄は大罪ですが、完璧に有効に使うことはできません。政府の質がその程度ということです。自衛隊の兵器購入に関しては清谷さんを防衛省自衛隊の「記者クラブ」が寡占している記者会見に送り込むことが手っ取り早い解決手段だと考えております。
やれやれ
2019年12月06日 11:44
ぬくぬくさん、
もうすぐその時が来るかも知れませんよ。
安倍が財源もないのに26兆円の経済対策をしようとしています。
これは消費増税分を超えています。なんの為の増税だったか意味不明ですね。これで投資家の見方が変わるかも知れません。日本は借金を返す気がないのだと思われたら国債は売られるでしょう。国債の大部分は日銀他日本人が持っていますが10%程度は外国が持っているようです。これを全部償還したら100兆円超えますよ。1兆ドル超えです。日本円を剃ってはいどうぞとはいきません。円でもらっても嬉しくないので国外へは米ドルで換金されて持っていかれたら日本からドルが出ていきますよ。円の価値も下がる。それにそんな金(金融資産)が日本にあるとでも?それこそ国民の貯金を全部差し出せになりかねない。
それにインフレになったら刷るのをやめればいいと簡単に言いますが、それができるくらいなら今ブレーキを少し踏んでも大丈夫ですよね。しかし急ブレーキを踏んだらどうなるか。バスだったら乗客がすっ転びませんか?。シートベルトして止まっても壁にぶつかってからだと痛いじゃ済みませんよね。同様に経済的なインパクトを受けて手遅れの可能性が高いと思っています。

他方関東に今地震が頻発しています。大きな地震の前兆かも知れません。先日からNHKのドラマで都心に震度7の大地震が起こったらって想定です。もしあのような自体に陥ったらそれこそ経済危機で復興どころでは無くなるでしょう。日本にとって致命傷になりかねない。人道支援は期待できるかも知れませんが、経済支援は難しいでしょう。日本が潰れる前に金返せになりかねない。復興するにも金が無い。赤字国債乱発も難しいでしょう。それこそ日本円が紙になりかねない。最終的にIMFのお世話になるのではないかと。そういった大規模な自然災害発生後のリスクにももう対応する体力は無いと思いますがね。

何れにしろ既にチキンレースに入っているので崖から落ちるか、運良く手前で止まれるか、崖から落ちそうになっている所を誰かに救われるかの何れかだと思います。自分で止まれなかった場合のペナルティは大きい。崖がどこまで迫っているかですね。
2019年12月06日 17:16
やれやれさん
>もうすぐその時が来るかも知れませんよ。
安倍が財源もないのに26兆円の経済対策をしようとしています。

経済規模は26兆円ですが、國と地方と財政投融資による財政支出は13.2兆円に過ぎません。これで財政破綻が起こることは100%ないと断言できます。経済対策としては規模が小さすぎるのです。

>日本円を剃ってはいどうぞとはいきません。
外国人が保有する国債を売ったなら日銀が買い取れば良いだけのことです。日銀保有の日本国債は既に400兆円を越えています。100兆円増えても何も変わりません。もちろんインフレも起こりません。
中国が米国債を3兆ドル保有していることが米国に対する経済的優位と勘違いしている言論がありましたが、中国が米国債を売ったならその分FRBが買えば良いだけのことです。トランプはFRB議長と関係がいまひとつなので、トランプがFRB議長に頭を下げる必要があるかもしれず、トランプには屈辱でしょうがそれだけのことです。米国に打撃はありません。

>それにインフレになったら刷るのをやめればいいと簡単に言いますが、それができるくらいなら今ブレーキを少し踏んでも大丈夫ですよね。しかし急ブレーキを踏んだらどうなるか。
現在の景気状況をご存じないのですか?歳出を減らせばさらに失業者、生活困窮者が増えますよ。国民を貧困から救い出すには減税か歳出拡大が必要なのです。しつこいですが、それしかありません。

やれやれさんは(あるいは清谷さんも)債務を返済すれば國が身綺麗になって景気が良くなると考えているように思えますが、國が借金を返済したら経済が縮小してギリシャのようなことになりますよ。
お金というものは「誰かの債務は誰かの債権」なのです。不況時(現在です)には國が債務を増やして、需要を下支えしてやるしかないのです。民間には需要がありませんから。

首都直下型大地震に備えるためには防災、減災のために公共事業を増やすべきでしょう。死者をゼロにすることはできませんが、耐震化の工事をすることで減らすことはできます。
また東京の超一極集中も是正する必要があるでしょう。東京に政府機関、大企業本社そして人口が集中しているから災害の際耐えきれなくなるのです。「災害列島」日本は政府機能も企業も人口も分散して生きる必要があります。

>既にチキンレースに入っている
この認識が間違いです。おそらくだから私とやれやれさんの議論が噛み合わないのでしょう。日本の國と地方の債務の合計は1000兆円を越えていますが、2000兆円になっても財政破綻もハイパーインフレも起こらないでしょう。IMF管理に置かれることもありません。
偽陸士
2019年12月06日 17:43
ぬくぬくさん

やはり政府の支出は悪です。

政府の支出に他社と競い合い、効率や利便性を高める性質が有りません。

必要悪なので必要最小限にするべきです。

百年自衛隊員を養う必要性は有ります。

国をテナントビルに例えるなら、入居者を国民に管理センターを政府に自衛隊を警備員になります。
管理センターや警備員だらけでは収益に響きそうです。

それに治山ですが売れるからといって杉や桧ばかりでは、保水性が低下します。
おまけに花粉症にもなりますし。

山林もなるべく原生林のほうが望ましく、林業として経営するのであるならば地元民主体で為されるべきです。

武士の商法は宜しくありません。

住宅も空家で悩む一方、建ててはいけない所に家やマンションを建ててしまっています。
過剰な資金が保証してはいけない所までやってしまって居ませんか?

それと兵器の購入もオンブズマンや情報公開法で強要する他、武器等製造法、銃刀法を撤廃すれば国産兵器の品質は劇的に向上することでしょう。

例えば豊和工業のAR180はアイルランドで好評だったそうで、64式の分結や演習の度にマラソン選手よろしくテーピングしたり、バネやらピンが訓練の度に新隊員より多く脱落するのを見てきたのと偉い違いです。
国産擁護派は一度演習場の水溜まりで部品の捜索をやってみてはいかがでしょう。

まあ福岡県警のHP見ると日本人は本当はみんな銃やロケラン、手榴弾持ってるんじゃないのと思えますが。




キヨタニ
2019年12月07日 00:14
MMTもそうですが経済学の理論って自然科学と違って実験が不可能。俺が正しいと言いて声の大きな奴が勝つ世界です。
検証もできない理論が正しいと国家規模でやるのは極めて危険です。

新興宗教と大差はありません。

その好例がアベノミクスです。教祖のクルーグマンが自己批判しているのにいまだに強弁している手合が多い。カルトと同じです。




>偽陸士さん
>
>ぬくぬくさん
>
>やはり政府の支出は悪です。
>
>政府の支出に他社と競い合い、効率や利便性を高める性質が有りません。
>
>必要悪なので必要最小限にするべきです。
>
>百年自衛隊員を養う必要性は有ります。
>
>国をテナントビルに例えるなら、入居者を国民に管理センターを政府に自衛隊を警備員になります。
>管理センターや警備員だらけでは収益に響きそうです。
>
>それに治山ですが売れるからといって杉や桧ばかりでは、保水性が低下します。
>おまけに花粉症にもなりますし。
>
>山林もなるべく原生林のほうが望ましく、林業として経営するのであるならば地元民主体で為されるべきです。
>
>武士の商法は宜しくありません。
>
>住宅も空家で悩む一方、建ててはいけない所に家やマンションを建ててしまっています。
>過剰な資金が保証してはいけない所までやってしまって居ませんか?
>
>それと兵器の購入もオンブズマンや情報公開法で強要する他、武器等製造法、銃刀法を撤廃すれば国産兵器の品質は劇的に向上することでしょう。
>
>例えば豊和工業のAR180はアイルランドで好評だったそうで、64式の分結や演習の度にマラソン選手よろしくテーピングしたり、バネやらピンが訓練の度に新隊員より多く脱落するのを見てきたのと偉い違いです。
>国産擁護派は一度演習場の水溜まりで部品の捜索をやってみてはいかがでしょう。
>
>まあ福岡県警のHP見ると日本人は本当はみんな銃やロケラン、手榴弾持ってるんじゃないのと思えますが。
>
>
>
>
>
キヨタニ
2019年12月07日 00:15
拳銃については色々と裏の話があります。

>ura-katu-6428@docomo.ne.jpさん
>
>>新小銃・新拳銃の決定について
>
>http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/12/06b.html
>
>大石さんのブログのコメント欄に書かれてあったのを見つけたのですが、まさかのHKですか。少なくとも、SIGでなくて良かったです(((^_^;)。それは良いとして小銃はホーワ...。また、一通り部隊に行き渡るのに四半世紀かそこら掛かるんでしょうかね...。
やれやれ
2019年12月07日 01:00
ぬくぬくさん、
どうもお分かりになってないようですね。今現在の状況が将来も続く前提では話になりません。国債が買われない状況を想像して下さい。

それと議論して答えが出る話でもないので今回で最後にします。結果は1年~10年後位には出るでしょう。
それまで楽しみに待っていましょう。

別に26兆円だから起こるわけではありません。
切っ掛けになりかねないという話です。何のために消費税を上げたのか意味をなくしていると言いたいのです。こんな事をするなら消費税を上げないほうが良かった。

「外国人が保有する国債を売ったなら日銀が買い取れば良いだけのことです。」それは実際にはできなさそうだから言っている訳でどこにそんな資産があるのかと言うことです。手持ち資産で買取できれば苦労しません。紙切れ同様となった日本円では意味を持たいないのです。それに換金した分の国債を再発行しても誰も買わないし買えないでしょう。日銀さえも。外人がこぞって国債を買わないという事は日本円に価値がなくなたと同義語で裏付けのない貨幣では何もなりません。そんな国債を買う物好きな人がいるでしょうか?安く買って日本に高く買い取らせる場合だけでしょう。つまり日本から資産が出ていくのと同じ訳です。

「やれやれさんは(あるいは清谷さんも)債務を返済すれば國が身綺麗になって景気が良くなると考えているように思えますが」
景気が良くなるとは一言も言っていません。景気が良くなるか悪くなるかでは無く日本人が極度の貧乏になると言っているんです。極度のインフレによって。例えば1個100円のおにぎりが1個千円になったら、5万円の借家が50万円になったらどうします?給料がそれに追従できなければ実質貧乏になるでしょう。そういう事です。たった10倍で生きていけなくなりますよ。5倍でも死にそうです。今の不況が可愛いく思えるでしょう。全ては日本の信用度、日本円の価値を海外がどう見るかで決まります。決めるのは日本人ではありません。為替が超超円安になれば貿易だって経ち行かなくなる。1$=360円が円高すぎて懐かしくなる日が来なければ良いのですが。

それにいくら国債を発行しても大丈夫なら国家予算も思い切って2倍の200兆円にしても平気でしょう。しかし無駄遣い大好き安倍ですら100兆円で抑えている。何故でしょうね?しかもその中で使い道を自由?に決められるのは40兆円程しかありません。あとは国債と社会保障費で固定費と言っていい。防衛費だって10兆円にできるのにしない。何故でしょうね?経済対策だって26兆円とか半端でなく50兆円でも良いはず。国土強靭化ならもっと金をつぎ込むべきでしょう。不思議ですね。考えて見て下さい。
2019年12月07日 02:50
偽陸士さん
>やはり政府の支出は悪です。
政府の支出に他社と競い合い、効率や利便性を高める性質が有りません。
必要悪なので必要最小限にするべきです。

政府支出を最小限にする「夜警国家」が好みならそれでも構いません。既に書きましたが、歳出を増やす代わりに「減税」すれば良いのですから。治安維持と国防以外の歳出は最小限にする「小さな政府」もひとつの答えではあります。「減税」しないで歳出を減らすと経済が縮小してしまいます。減税は消費税から減税すれば貧困層にも喜ばれます。消費税は逆進性が強いですからね。
まあ私は「大きな政府」論者なのですが。私のブログを読みに来て欲しいところです。私の政治性向は「安倍晋三を批判する政治保守経済左派」です。

>それに治山ですが売れるからといって杉や桧ばかりでは、保水性が低下します。
おまけに花粉症にもなりますし。
山林もなるべく原生林のほうが望ましく、林業として経営するのであるならば地元民主体で為されるべきです。

私も雑木林の方が望ましいと思います。子供の頃は花粉症で苦しみました。農林省(当時)のせいと知ったときは恨みました。
河野一郎農林大臣(当時)が杉を全国の山に植えると昭和天皇に上奏したら、昭和天皇は難色を示されたそうです。山は保水能力があるべきですし、川を伝って海とも繋がっていますから杉を植林してはそれが喪われてしまうとのお考えだったそうです。残念ながら河野一郎は農林省の官僚を説得できず日本は杉だらけになりましたが。
現在でも花粉症が治ったわけではありませんが、「アゼプチン」のおかげで抑えられています。
しかし林業で「利益」を上げなければならないとすれば原生林で利益が出るでしょうか。杉や檜に特化しても林業は利益が出ていないのです。林業に限らず第一次産業には補助金を出すべきではないかと私は考えています。民間に競争させるのではなく、政府の支出です。

兵器の購入に関しては私は「できの悪い学生」か「体育が苦手で不器用な新兵」です。清谷さんのブログを参考にして「なるほど、そういうものか」と納得しているだけです。話し合いの甲斐がなくて申し訳ありません。
兵器調達は国産に拘らず、あの兵器は輸入で調達すると決めるべきです。国産に拘るのはこの兵器とこの兵器だけと限定すべきでしょう。防衛省自衛隊の天下りから国産に拘るのでしょうが。国防の観点から国産でなければならない理由があれば国産にすべきですが。費用対効果が大事です。
訓練で頻繁にバネピンを紛失する自動小銃を実戦で使えるとは思えませんね。防衛省自衛隊は「実戦」など想定していないのでしょうか。

清谷さん
>MMTもそうですが経済学の理論って自然科学と違って実験が不可能。俺が正しいと言いて声の大きな奴が勝つ世界です。
検証もできない理論が正しいと国家規模でやるのは極めて危険です。
新興宗教と大差はありません。
その好例がアベノミクスです。教祖のクルーグマンが自己批判しているのにいまだに強弁している手合が多い。カルトと同じです。

日本人は純理論分野が苦手ですからね。ノーベル賞を過大評価するつもりはありませんが、自然科学分野ではかなり受賞しています。反面日本人がノーベル経済学賞を受賞したことは一度もありません。「失われた30年」で経済は一流ではなくなりましたが、「経済学」は昔から五流です。ノーベル委員会がとち狂わない限り日本人のノーベル経済学賞受賞はないでしょう。米国在住の日系人に期待です。

アベノミクスはMMTに基づいてはいません。歳出を増やすでもなく、減税するわけでもないのですから。金融政策一本槍です。それどころ消費税増税を二度も行っています。これで経済が成長したら奇跡です。
MMTはケインズ主義の派生です。日本は古典派経済学が主流なので歳出を拡大しません。伊藤元重、吉川洋、土居丈朗は財務省の「御用学者」になり財政再建のプロパガンダに余念がありません。消費税増税を強力に主張し、経済を縮小(停滞)させました。もちろん財務省御用学者はこの3人だけではありませんが。
不況時に歳出を増やすことはMMTを持ち出すまでもなく古典的な手法です。米国が世界恐慌から抜け出したのはケインズ主義を実践したからです。もっともニューディール政策が成功したのではなく、第二次世界大戦で需要が急増したから恐慌から抜け出せたわけですが。

以前『皇国の守護者』の作者である佐藤大輔氏が死去したことをブログに書いておられましたね。『皇国の守護者』の続きを読みたかったのに惜しい人を亡くしました。佐藤大輔氏も『皇国の守護者』で景気を拡大させる代表的な手法は「減税、国債、戦争」と書いています。戦争は「軍事ケインズ」つまり国債発行と同じです。兵器を量産しなければ戦争に負けるから國の生産力をフル稼働させるわけです。それにより好景気を実現させます。

経済学は実証できませんが、歴史に学ぶことはできます。安全保障も歴史に学ぶ面が多々あるでしょう。先に書いた米国が大恐慌から抜け出すには戦争で生産力をフル稼働させたからです。たちまち需要を満たし完全雇用を達成し、戦争にも勝利したので世界一の超大国にもなりました。
ヒトラーの経済政策も公共事業や再軍備で完全雇用を達成しました。ポーランド侵攻の前に暗殺されていればヒトラーはドイツ中興の祖だったでしょう。

ガリレオも初めはキリスト教会に弾圧されました。自然科学ですから実証ができたわけですが。MMTもそのようになると考えます。今は主流派経済学者に袋叩きにされていますが。

最後に清谷さん御本人に登場していただいたので、聞きたいことがあります。「敵基地攻撃能力」を保有するべきかどうか。するとしたら何が良いのか。抑止力強化のため、また軍事力を裏付けにした外交力強化のために「敵基地攻撃能力」は早期に保有すべきと考えます。具体的には射程の長い巡航ミサイルが良いのではないかと考えますがどうでしょうか?
高価な兵器を欲しがる軍オタではないつもりです。
2019年12月07日 03:04
追記です。

「敵基地攻撃能力」は潜水艦発射ミサイルが最適だと考えていました。2006年の清谷さんのブログにも同じようなことが書いてあります。

米国が売ってくれれば「トマホーク」を購入することが手っ取り早いと思うのですがどうでしょうか。米国は売ってくれないでしょうか。
KU
2019年12月07日 06:50
名前の所にアドレスを書いてしまいました。書き換えていただけますか?
キヨタニ
2019年12月07日 11:19
名前の変更ができなかったので削除しました。

>KUさん
>
>名前の所にアドレスを書いてしまいました。書き換えていただけますか?
KU
2019年12月07日 12:11
こちらもアドレスを変更しました。お手数をお掛けしました。
2019年12月07日 12:22
KUさん、

SFP9ですか。調べてみたらとんでもない事が書いてありました。
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
https://news.militaryblog.jp/web/Berlin-Police-sends-back/1300-over-SFP9-pistols-to-Heckler-Koch.html
大丈夫でしょうか?

H&KはUSPを撃った事がありますが、なかなかいい感じでした。SFP9は撃った事無いので分かりませんが、SIG P320とどっちが使えないか。

小銃に関してはSCARかと期待したんですがね...
豊和ですからね...国産と言うだけで選ばれたんでしょうけど
また30万円超えでろくでもない銃になりそうな予感。
しかも図面はあっても実銃の写真が出てないのであまり試作も作ってないのかな?見た目だけ変えた89式かも知れませんが。短期間で試験が終了したとも思えず不安しかありません。せめて100万発位撃って動作に問題無いとか泥水に1ヶ月沈めてガチャガチャ動作させた後に撃ちまくって正常に動作するとか、輸出を目指すなら砂漠の中で砂に埋めて砂入れてガチャガチャやってその後に撃ちまくって動作に問題が無いか、海に沈めて何日後まで操作するとか-40℃の中でも正常に動作するか位は行っているのでしょうかね?
当然命中精度や使い勝手は他国の同等品と同等以上と言う事が前提ですが。ろくに試験もせず決定して現場で使って不具合満載の欠陥銃にならなければ良いのですが。

清谷さんの選定時の裏話、お待ちしています。
やれやれ
2019年12月07日 12:32
小銃に関して重大なことを忘れていました。
世界中で使用されている色々な会社の5.56mmNATO弾、5.56mmNATO弾で登録?されている弱装~強装弾、普通弾から徹甲弾などあらゆる弾の使用制限のない銃であることが望まれますね。89式みたいに弱装仕様で米軍の弾もできれば使いたくない使えな銃では売り物にもならないし、海外派兵される時に現地で調達した弾が使えないでは話になりませんからね。
だから国産ではなく外国製で実績のある銃が良かったのに...
恐らく某豊和より安くて高性能でしょうから。
KU
2019年12月07日 12:42
※再送させていただきます。

>新小銃・新拳銃の決定について

http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/12/06b.html

グロックが政治的に駄目というなら、APX でも良かったと思いますけど...。
2019年12月07日 16:52
やれやれさん
>どうもお分かりになってないようですね。今現在の状況が将来も続く前提では話になりません。国債が買われない状況を想像して下さい。

まあこれでしょうね。「財政破綻」も「ハイパーインフレ」も起こり得ないのですが、「財政破綻」が近いうちに起こると考えている人には歳出拡大は受け入れられないのでしょう。
1982年に鈴木善幸内閣が「財政非常事態宣言」をし、1995年には武村正義蔵相「財政危機宣言」をしていますが、現在に至るまで財政破綻はしていません。
財政破綻もハイパーインフレもあり得ないとあちこちで言っていますがなかなか受け入れられません。私の力不足もありますが、はじめから結論を持っている人の考えを変えるのは難しいからです。

>「外国人が保有する国債を売ったなら日銀が買い取れば良いだけのことです。」それは実際にはできなさそうだから言っている訳でどこにそんな資産があるのかと言うことです。手持ち資産で買取できれば苦労しません。紙切れ同様となった日本円では意味を持たいないのです。それに換金した分の国債を再発行しても誰も買わないし買えないでしょう。日銀さえも。

日銀が国債を買い取ることがなくなることはあり得ません。金本位制ではないのですから。直接引受けは禁じられていますが、市場から買えば良いだけです。既に日銀保有の日本国債は全日本国債の4割を越えています。円をいくらでも刷れる日銀に国債買い取りに資産など必要ありません。

>それにいくら国債を発行しても大丈夫なら国家予算も思い切って2倍の200兆円にしても平気でしょう。しかし無駄遣い大好き安倍ですら100兆円で抑えている。何故でしょうね?

私のコメントを読み返して欲しいのですが、MMTはいくらでも国債を発行しても問題ないとは書いていません。

「上限」は「インフレ」です。

現在の100兆円の一般会計にさらに年間15兆円程度の新規国債発行がデフレから脱却し、経済的に苦しんでいる人達を救うことのできる規模だと考えます。自民党の安藤裕衆議院議員などはそのような提言をしています。安藤裕議員の提言が実現することないでしょうが。

安倍晋三は「無駄遣い」など全然していません。それは思い込みか、マスコミに洗脳されています。公共事業予算は民主党政権より少ないのですから。もっとも盛大に海外にばらまいていますが。
安倍晋三が積極財政を採らないのはなぜか。財政が破綻するからではありません。緊縮財政が「財界」の利益になるからです。
たとえば水道管の老朽化が問題になっていますが、水道管の更新には公共事業予算を増やさなければなりません。しかし緊縮財政で歳出を絞り、財政が問題だということになると、政府予算を使わず「水道民営化」という話が出てきます。宮城県では県議会に「水道民営化」の条例が提出されました。おそらく可決されてしまうでしょう。「水道民営化」をした英国ではサービスの質は下がり、料金は上がり、役員報酬や株主配当ばかりで国民には何の恩恵もない「水道民営化」でした。
「郵政民営化」で良くなったことがありますか?かんぽ生命が年寄りを騙して悪質な契約を結ばせているだけではないですか。郵政民営化は小泉純一郎と竹中平蔵に日本中が騙されたのです。

もちろん消費税増税はすべきではありませんでした。経済を停滞させ、国民から税を搾り上げる最悪の政策です。

それを改めるためにあちこちで財政に問題はない。消費税は増税してはいけない、むしろ減税ないし廃止しなければいけない。財政に問題はないから経済的に苦しんでいる国民を救うため歳出を拡大しなければならないと言っていますが、なかなか浸透しないのは徒労さえ覚えます。
CPR
2019年12月08日 10:53
災害を心配するならば、なおのこと財政出動による減災のためのインフラ整備が必要でしょう。
ハイパーインフレの危険はオイルショックの時にありましたが、日本はハイパーインフレを制御したという実績があります。
同じ実績で言うならば、この20年間、先進国で日本だけが停滞しているという実績もあり、MMTが注目されているわけです。
一方で、自分たちに都合が悪い、自分たちの過ちを認めたくないといった勢力はMMTを認めるわけにはいかない。
ぬくぬく様が説明している通り、MMTは無尽蔵におカネを出せるものではありません。

世界的エンジニアが苦言。日本を叩き潰すMMT理論のバラマキ政策
https://www.mag2.com/p/news/427486
MMTを批判する記事はこういった対人論証に等しいものが多いです。
MMTをまともに勉強していないか、意図的にこのような書き方をしているかです。
「打ち出の小槌」という表現を用いたり、スペンディング・ファースト、市中銀行信用創造(万年筆マネーあるいはキーストロークマネー)、政府・民間の貨幣流通に関する恒等式といった、MMTの基本理論を分かっていない文章になっているのはその証左です。
MMTは「現代貨幣の理論」であり、政策ではありません。
MMTの理論をベースに政策を立案する必要があります。
まあ、これも一種の情報戦でしょう。
日本高官の知能は12歳児程度
2019年12月15日 21:37
愛国者もピンキリ、防衛問題系作家もピンキリ、イノウエとかサクラバヤシとかの自衛隊翼賛会とかマモル系広告代理店とかももいるわけですよ。御同様「いわゆるリフレ派」もピンキリで、クロダのように、「アホのアベに金融緩和を教えてもらった」程度もいるわけですよ。当然「アホのアベに増税も教えてもらった」程度のクロダは、率先して増税に賛成したでしょ。一方で3%のインフレ目標を掲げている時に、他方で3%増税に賛成するなんて、はっきり言って「ただのバカ」。東大卒優等生の知能・品性が知れる「シラカタ・クロダ交代ドタバタ劇」。まともなリフレ派は失笑してました「シラカタもバカだったが、クロダもバカだ」。が、経済理論的評価では「ただのバカ」でも、政権に忖度して高位と高給を得たのだから「小利口」とは言えるかも。この人たち言ってるかもね「バカの王様に意見して左遷・粛清されるのは本当のバカ。バカの王様に忖度して高位・高給を得た俺たちこそは賢人だ」なんてね。こんなことも言ってるかも「日本神道の賢人・賢臣はバカの王様に忖度して高位・高給・勲章を得る、ガハハハッ」なんてね。