財務省、財政制度分科会(平成30年10月24日開催)の防衛予算に関する資料を読む。その3

財務省の財政制度分科会(平成30年10月24日開催)において防衛予算に関しても討議されまた。その資料を財務省がHPで公開しています。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia301024/03.pdf

引き続きこれについて重要な指摘とその解説を行います。


防衛装備庁設置後の取組状況(①ライフサイクルコスト、②コストデータベース) (P16 )
>① ライフサイクルを通じたプロジェクトの一元的な管理
○ ライフサイクルコスト(以下「LCC」)が当初計画以下となるようプロジェクト管理を行うことが基本であると考えられるが、LCCによるコスト管理を行っている装備品15品目のうち、半数以上がコスト増となっている。プロジェクト管理を適切に行うよう、管理の在り方について不断に見直しを行うべきではないか。
○ 中期防衛力整備計画に盛り込むような主要装備品について、適切にプロジェクト管理をするために、管理対象装備品の拡大を図っていくべきではないか。
② コスト情報のデータベース化及び統計的な分析によるコスト評価手法の確立平成26年度からシステム整備(合計3億円)を進めてきているにも関わらず、未だにコストの算定や評価に活用できる状態になっていない。データに基づくコスト管理の取組は、掛け声倒れとなっているのではないか。


特にデータベースの不備が問題です。

>コストデータベースに関する予算執行調査結果の概要(平成30年7月)
>調査結果
平成28年度の契約件数は約6,800件、契約金額は約1.8兆円であるが、データベースへの登録対象は約2,200件、約1.1兆円 (計算価格が1千万円未満は対象外)となっており、登録が完了したデータはそれぞれ約1,000件、6,500億円であった。
また、登録されたデータは、航空機や艦船など装備品の種類毎で区分しているが、直接材料費や加工費等の金額を入力しているだけであった。
(注)装備品ごとに「直接材料費」等の総額を入力するのみであり、個別の資材価格などは入力されていない。
>今後の改善点・検討の方向性
コストデータベースには金額基準を設けるものではないことから、登録対象を見直すとともに、データ入力についても早急に実施すべき。また、直接材料費や加工費等の金額だ
けでなく、部品費や材料費の項目を細分化し、市場価格や企業が調達している資材価格もデータベース化することにより、LCCや計算価格算定の精度向上を図るべき。
>会計検査院の意見(平成30年10月)
ア 製造原価の取得方法やコストデータの分析手法について、組織として問題を共有して対応を検討できる体制を整備した上で、コストデータの分析に適した製造原価を取得するための方策について民間企業等と調整して、コストデータの具体的な分析手法を十分に検討すること
イ アを踏まえて、入力したコストデータの比較や分析を行って見積資料等の妥当性の検証等を行うことによりCDBシステムの有用性の検証等が可能となるシステムの在り方について検討し、CDBシステムの仕様の見直しについても検討すること、また、製造原価の取得の機会を十分に確保するために、原価調査を積極的に行う体制を整備すること

などとなっています。データベースの不備と活用の不十分が問題であると思います。付け加えるならば諸外国の動向をチェックする組織が装備庁にも各幕僚監部にも内局にもありません。データベースの構築にも外部から人材の登用が不可欠でしょう。

■本日の市ヶ谷の噂■
陸自のUH-Xは民間型の412EPIをベースにし、契約社のスバルが開発を殆どベル社に丸投げ、なおかつ試作機をケチって一機しかつくらなかったために、試験でドライランや燃料タンクのセルフシールなどの不具合が起こると飛行停止し、北米のベル社に改善を依頼するために時間と予算を浪費しているとの噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

濡れネズミ
2019年10月27日 17:02
兵器の運用効率の向上、より高い性能の追求を目指すならもう海外の実際の運用データ(実戦運用)を取得するしかないでしょう。

エリート意識の強い思想がこの国に強いている不利益(資金、性能的な)を許容できる余裕は情勢的にあり得ません、悲しいのはこれを主張したのが防衛省ではなく財務省側であると言う事です。

スバルがベル412型の設計を丸投げした挙句、再設計になった。(どうせドアガンや新型の70mm 誘導ロケット弾は非対応でしょうね。)

この愚行をきっかけにして、国内メーカーより欧州メーカーエアバス・ヘリコプターズのアフガニスタンやアフリカ等に投入されているモデルを比較する、ベルではなくシコルスキー社新型機の情報を取得して検討する。

こうした対応を声高に主張する良い大義明文ができましたね。
丸投げした挙句に遅延するなんて、やはり国内メーカーの特にエリートはやはり腐りきっている。
KU
2019年10月27日 22:04
>>>UH-X

試作品にカネを掛けないから、そんな事にorz 。これなら初めからUH-1Yでも買えば良かったんですよ。双発だし艦上での運用も考慮した設計だし、何より買えば買うほど、トランプ大統領に総理が誉められるんだし(((^_^;)。
やれやれ
2019年10月27日 23:28
UH-X...本当にロクデモナイ代物ですね。
こんなんで陸自に納品できるんでしょうか?
パリエアショーでスバルに聞いたときは(営業さんですが)共同開発と言っていましたが実質ベルですよね。まあそうだと思いましたがトラブルと泣きつくのもだらしない気が...
落ちるよりマシですが泥金の無駄遣い...

相模原の陸上装備研究所に一般公開ですが目玉は水陸両用車の研究用にAAV7を買った物を展示と電動装甲車の試験用の軽量戦闘車両(6輪装輪装甲車)の走行展示でしょうか。
小松のハイブリッドっぽい感じですがバッテリーのみで動くインホイールモーターの試験が主なようで。将来の電動車開発の要素技術だけなので実用性は0です。装輪装甲車で初めて超信地旋回を見れたのが収穫でしょうか。

あとは資料館の公開ですが興味深い内容ですが撮影禁止なので記憶だけですが。口径40mmの試験用形成炸薬弾を使った各種金属の貫通力と複合装甲の試験した試料でしょうか。
それと海自が導入したRWSの試作がありましたが、私がツッコミを入れるまでもなく既に舌鋒鋭くツッコんでいる御仁がいました。今どきリモコン操作だけ?世の中は自動追尾に対応していますよって言うのを懇切丁寧に長々と説いてました。技官はそういう状況は知ってはいるようですが自分達では荷が重いようで。一応5.56から12.7mm、40mm投擲まで対応できるのが売りらしいです。
あと写真だけですが戦車用のガスタービンエンジンの試作(燃費でボツ)とかレールガンもやってますよとかそんな感じです。色々根掘り葉掘り聞いた印象ですが、海外のトレンドは一応知ってはいるようです。どれくらい重要に思っているのかは分かりませんが。ただ研究所だから本庁が仕様を固めるときの材料にはなっても積極的にこうするべきとまでは言ってなさそうです。

防弾チョッキなどの素材で実用化されてますかと聞いたら外国製の防弾板を輸入して使っていますと素直な回答orz
研究が何にもなってませんがな、とは突っ込めませんでした。実態はどうか分かりませんが技官と話した印象だと世界基準の要素技術を開発するには物足りない感じですね。少なくとも先端では無いし現行でもない。一歩(どころじゃ無い?)遅れを研究しているような。最先端に追いつけ追い越せでは無いのは間違いないでしょう。日本で、国産で何ができるかな?止まりな感じです。

これは関係ないかも知れませんが所々に財務省という単語が出てくるんですよね。ストレートには言っていませんが度々出てくると予算がないからできない恨み節のようにも聞こえましたが、単なる愚痴だったのかも知れません。
やれやれ
2019年10月27日 23:42
そうそう忘れていました。
陸上装備研究所で小松の件を聞いてみましたが、結局ハイブリッドがどうなるのか、小松で試作してもらったものがどうなるのかは答えてもらえませんでした。秘密なのか本当に知らないのか。少なくとも知っていても知らなくてもノーコメントの姿勢でした。何も言えないと。小松を引き受けてくれるところの話もノーコメント。

関係ないですが装輪は小松、装軌は三菱と決まっていた?ようでハイブリッドの装軌車の試験車両は三菱みたいです(ハッキリとは言わない、メーカの事は既知の事でも何も回答無しです)。

よいよもって関係ないですが、10式のお披露目の時に研究所の走行(旋回)する所にマンションが見えますが、てっきり官舎かと思ったら民間のマンションでした。丸見えで良いんですかね?と聞いたら財務省が売れと言うからとの事。無駄な土地なら売れって言うでしょうね。駅から徒歩15分ですし。(日本の)最新鋭装備の試験が見れるかも知れないと言う意味では絶好の物件ですね(白目)。まあ外観見て盗まれて困るような物は無いでしょうけど。
やれやれ
2019年10月28日 22:25
陸上装備研究所で見たRWSの写真がこの記事に載っていました。よく見ると陸上装備研究所って書いてありますね(汗)。
https://japan-indepth.jp/?p=45105

記事内でも指摘されていますが、
「海外製あるいは国産試作品を実際に艦艇に搭載して運用の方法やノウハウを獲得することが必要で、これを元に必要な要求仕様を作る必要があったはずだ。」
このような考え方は無いようですね。その割にはAAV7をわざわざ購入して参考にすると言っているのでなんだかなと思わなくもないですが、それだけRWSを低く見ているのでしょう。
これに限らずですが海外製品を借りたり輸入したりして性能や使い勝手をベンチマークし国産と比較するという事をあまりしないみたいですね。
自動車会社でもライバル会社の車を購入し、試験をした後ネジ1本にまで分解して社内で公開するそうです。組み立て製、整備性、コスト、特許等を徹底的に分析し自社の優れた所、劣る所を次の開発に活かすんだそうです。まあそこまでしろとは言わないですが同等の物を比較して優れているか劣っているか欠点は整備性はコストはなど色々比較して見ることは当然だと思いますがね。
8輪装甲車の試験をしていますが陸上装備研究所では調査しないそうで。現場で実地調査をすることなので研究所では調べないそうです。じゃあAAV7は?と突っ込みたくなりましたがやめました。