陸自が2種類の8x8装甲車を導入するホントの理由はこんなところじゃないのかね?

陸自は間隔を少し開けて、共通戦術装甲車系列と次期装輪装甲車系列の2種類の8輪装甲車ファミリーを導入する予定です。

共通戦術装甲車系列は16式機動戦闘車に随伴するもので機動連帯に配備され、歩兵戦闘車型、偵察型、120mm自走迫撃砲が調達される予定です。公式見解ではまだ車種は決まっていないことになっていますが、実際は16式ベースのMHIのMAVに決定しています。
この導入の経過は極めて不透明です。他に候補なんてなかったでしょう。

対して次期装輪装甲車系列は96式装甲車の後継であり、APCと野戦救急車が調達される予定です。
候補はMAV、パトリアのAMV、GDのストライカーとなっております。

陸幕の説明では前者は16式に随伴してウエポンシステムを搭載する目的、後者は人間を運ぶものということになっております。



これ、そのまま信じていいですかね?
これが8輪と6輪とか4輪なら分かるんですが、両方とも8輪です。しかも要求される能力に大差はないように思えます。
実際次期装輪装甲車系列の候補にMAVが入っています。語るに落ちたとはこのことではないでしょうか。

ぶっちゃけ、1車種でいいでしょう。そうすれば量産効果が効きますから調達単価も、教育、維持メンテコストも低減できます。

これはぼくの想像ですが、共通戦術装甲車系列ははじめからMAVに決まっていて、次期装輪装甲車系列はコマツに決まっていた。
つまり、装甲車メーカー2社に等しく仕事をふるつもりだった。

ところがコマツの試作車の出来があまりも悪かったので、これがキャンセルになった。しかもコマツは事実上、装甲車ビジネスから撤退します。そこでこれもMAVに振りたいところだが、そうなると2つの装甲車両を別個に調達する建前がつかない。


そこで急遽、形ばかりの競合入札を行うことにした。
こんなところではないでしょうか。そうであれば本命はMAV。
外国の候補は当て馬。
そうであれば外国メーカーをバカにした話です。こういうことをやると空自のインチキ競合同様、防衛省の体外的な信用を大きく毀損します。
つまりは国益を害します。

更に申せば96式の後継って簡単にきめていいんでしょうか。
今後軽装甲機動車と高機動車の統合後継も導入される予定です。
軽装甲機動車は事実上陸自の主力APCです。

こんな1個分隊も乗れない4人乗りの軽装甲車をAPCにしている胡乱な軍隊は他にありません。

本来軽装甲機動車と96式の後継を統合すべきです。
こういうことを考えていないのでしょうか。

自分たちの不始末をごまかすような、組織防衛が目的の調達であれば大変問題であります。

■本日の市ヶ谷の噂■
米英など他国では5.56mm分隊支援火器の後継には、セミオートの小銃を導入するトレンドにあるが、陸自は5.56mmMINIMIの後継は、何も考えずに5.56mm機銃で更新予定でHKがMG4、FMはミニミMkIIIを提案。よせばいいのに住友重機も自社開発機銃を提案との噂。

























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

やれやれ
2019年09月24日 10:35
本当によく分かりませんね。MAVの性能、完成度の程を知らないので何とも言えませんが、実は完成度が高くないのでは?しかも色々なタイプがあるようで開発が大変で遅延気味とか?
あと思ったのは海外の装甲車を参考にベンチマークを取って同程度の性能に将来持っていこうとか考えていたりしませんかね?海外販売の足がかりにでもなればと。自衛隊の国産兵器はガラパゴスばかりで少なくとも海外で売れるものではありませんよね。せめて性能、仕様だけでも同等にしないと見向きもされないでしょう。そのような思惑があったりするにかな?と。

それにしても住重懲りもせす参戦ですか?信頼できない実績なら一杯あるのでもう手を引いて欲しい...
濡れネズミ
2019年09月24日 11:09
前の記事も拝見しました。
やはり、自衛隊の側面から見るとワザと導入をしないのだと思います。

性能が明らかに劣った製品、高価すぎる製品は操作がしやすい。
ワザと不足させて外国製品を不利にさせ、一般隊員に国産を優位に見せる操作をしているのだとしか思えない。

現役時代に何度も国産品に煮え湯を飲まされる羽目になったので今回の次世代装輪装甲車計画は正に日本の悪質な腐敗を体現した一件だと思っています。

性能が明らかに劣った製品を笑いながら納品するのが連中の仕事です。

皆様には様々な意見があると思いますが国内メーカーには「くたばりやがれゲス野郎共!」としか言えない。

臆面もなく不良品を送られた経験から薄汚い出来レースの腐った匂いがして反吐が出ます。
KU
2019年09月24日 18:30
>>>8×8装甲車

先月発売のPANZERでは、竹内さんが三菱の装甲車の生産能力が関係しているのでは、と推察されていましたが、その辺りはどうなのでしょうね。


>>>分隊支援火器

装備庁の令和元年度の調達予定品目を見ると、武器調達官の欄に「機関銃(試験用、Ⅳ型)」が、輸入調達官の欄に「機関銃」(試験用、Ⅰ型)
~(Ⅲ型)とありましたが、これらですか。にしても、住友も懲りないと言うか...。

吹雪
2019年09月25日 17:31
5.56軽機関銃を導入との噂ですが、そもそも6.5ミリ弾(だっけ?)を米軍が試験を本格化させているのに小銃含め、今更新すべきなのでしょうか?
せめて口径変更可能なものならいいのですが。(どうせ住友重機には無理な要求だからやらないでしょうけど。)
とりあえずSCARを水機団と特戦軍に導入しておけば時間稼ぎできると思うのですが。
KU
2019年09月26日 20:46
KKベストセラーズの「歴史人」を見ていたら、こんなメーカーの広告が↓

https://www.fnss.com.tr/en

思わず、画面をタップしてしまいましたorz 。装備庁の調達品目にも装甲ドーザが載っておりましたが、そろそろ品名が公表されても良さそうですけど。
やれやれ
2019年09月27日 10:25
翼の部品破断、原因不明=陸自ヘリ墜落で調査結果-防衛省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092700411&g=soc
結局AH64Dの墜落原因はよくわからないって事に...
長い時間を掛けて調査して結局よくわからなかったって...
調査能力に疑問を感じますね。それともどこかに忖度して真因を明らかにしたくなかったとか。何れにしろやれやれな結果に終わりそうです。
ふきのとう
2019年09月27日 21:15
素人考えですが、APCやIMVくらいの能力ならコストにもよりますけどブッシュマスターの買い増しとかどうなんでしょう。国内で使わないとは言いませんがこれまでの陸自の歴史を鑑みると96式も軽装甲機動車も国内ではなく海外で初の実戦投入がなされたわけですし。輸送防護車の調達って一台あたりだいたい2.5億くらいでしたっけ?一つの指標にはなりそうな値段にも思います。
2019年09月27日 21:48
装備品不足も“マンパワー”でしのぐ自衛官たち…陥ってはならない「靴に合わせて足を切る」の愚
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000015-ykf-soci

予算の中身を見て、兵站の問題に踏み込んでいます。
イージス艦のミサイル不足はあまり知られていないのではないでしょうか?
火の吹くおもちゃを増やしても、火の元がないなんてことになりそうです。

小火器1つとってもまともな調達が出来ないのが現状ですから、装甲車もお役所仕事的な言い訳作りで残念な結果になるのが落ちでしょう。
第一線の隊員が不憫でなりません。
2019年09月28日 19:49
アメリカ政府は
「極東アメリカ軍」
として自衛隊を育てる気がなかったのでしょう。そういう気があったなら、自衛隊に対ししょっちゅう干渉し厳しく躾けていたはず。

それではなぜ自衛隊を創ったのか。暴動鎮圧と匪賊狩りのためでしょうか。兵器を売りつけこづかい稼ぎするためか。いずれにしても悪臭が漂います。
ブロガー(志望)
2019年09月28日 23:17
お邪魔します。
 前記事の自治体と同様、「自分の目の前に無い非常時や納税者など、自分の目の前にある人間関係と比べれば取るに足らない。」のでしょう。「列強の植民地にされるのは嫌だ」で作られたはずの旧軍も結局は目先の人間関係に絡めとられたようですし。更に言えば自衛隊それ自体が「(4年も死闘を繰り広げた)日本が再び戦えるようになればアメリカ自身の脅威となる。しかし日本が全くの丸腰になれば旧ソ連や共産主義中国の侵略を誘う(だから国民党が中国の天下を取っていれば、日本は最貧国の一つで良かった)。」が故に作られた「一見戦えそうで、実は戦えない。精々旧ソ連や共産主義中国の手先となった日本人をいたぶるのが精一杯の戦闘集団」であり、それが「根幹」であるが故に「アメリカ様の顔色を伺っていれば済んだ時代」が過ぎてもそれを変えられないのではないかと。
2019年09月28日 23:29
アホの戦争マニアにだな。
--
金がないんだよアホ!
--
とはっきり言ってやるのが人徳というものだよ。
--
CPR
2019年09月30日 13:58
兵站軽視は旧軍からの宿痾ですが、米国の外圧でもあると思われます。
朝鮮半島で共産勢力の侵攻を止められない場合、日本を戦場にして防波堤とする。
これが陸自創設時の米国の対共産勢力構想のはずです。
自衛隊が外征能力を持たないよう在日米軍を瓶の蓋とするのは既に知られている通りです。
米国(米軍)というぬるま湯が防衛省(庁)から当事者能力を奪い、組織を守ることに終始する利害関係が固まってしまったのだと思われます。
当事者能力がまともにあれば、弾薬の戦略備蓄以前に、現に任務中の艦が弾薬満載でないなんて胡乱なことになりません。
KU
2019年10月01日 06:41
>海上自衛隊、観艦式で若者世代に猛アピールの「なりふり構わぬ事情」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/67477

ただでさえ、いじめやパワハラで自殺者まで出ているのに...。それでいてフネの数を増やしますとか言っているし...
KU
2019年10月01日 21:09
>PKO訓練に陸自医官派遣 ウガンダ、日本6億円拠出

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000138-kyodonews-soci


>陸自医官をPKOプロジェクトに初派遣へ

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3792248.htm

「衛生分野で評価が高い日本」...まともな戦場医療体制どころか装甲救急車すら1台も無いのにorz 。それって陸自の話ではなく、日本赤十字とか国境なき医師団の日本人スタッフの話じゃないんですか?
2019年10月01日 23:16
兵站を一番軽視してるのがキヨタニ大先生
前回の記事で色々指摘したらPCでの書き込み禁止だよ
プロなのに情けない・・・
CPR
2019年10月02日 06:23
PKOの現場では、適切な救護措置が受けられなかったため死亡するケースが多く、今回特に衛生分野で評価が高い日本に対し、派遣要請があったものです。
以上、医官派遣の記事より引用

文面から病院前外傷救護を指すと思われます。
この医官は世界標準の外傷救護を学んだ人なのでしょうか。
この派遣にあたって特別の教育を受けて、世界標準の知識と技能があるならいいかもしれません。
陸自レベルのままで行くなら、質の悪い冗談です。
悪名高い衛生ドクトリンを現地で披露しなければいいのですが。
キヨタニ
2019年10月02日 10:33
同じテーブルで議論できず、自分は偉いアピールしている人間と話しても時間の無駄です。

>さん
>
>兵站を一番軽視してるのがキヨタニ大先生
>前回の記事で色々指摘したらPCでの書き込み禁止だよ
>プロなのに情けない・・・
2019年10月02日 18:28
若いころ、SFマガジンという雑誌で
「百万ドルの一発」
という短篇を読みました。震えあがりましたよ。医療技術が進んだ未来の戦場で何度も再利用される兵士の話でして。コリャア実現するかもしれないと思わせる生々しさがありました。もちろん医療技術の進歩は素晴らしいことです。しかし!!!

黒釜ナオという漫画家(おそらく無名でしょ)の作品が恐怖を蘇らせます。壊れた兵器を修理する行為と、壊れた人間を癒す行為。明らかに違うでしょう。でもその違いに気づかない人も多い(社会に出て痛感しました)。

やれやれ。県立図書館でSfマガジンのバックナンバーを呼び出してみましょうか。真冬に冷水をかぶるように。
やれやれ
2019年10月21日 15:22
ちょっと過去の写真事調べ物していたら中国の珠海で
トラックに乗せた榴弾砲を思い出したので。
何人乗りか知りませんが一応防弾の様です。
自衛隊のよりは安全で快適かと。
https://i.imgur.com/ay8dNGh.jpg

衝撃抑えるのは普通の榴弾砲っぽいですね。
自動装填でも無さそうだし。
https://i.imgur.com/3lKYqHn.jpg

おまけ。どこまで役立つか知りませんが
小型の自走榴弾砲です。二人乗りなので
二人で運用?多分輸出専用?
https://i.imgur.com/oPNZBd3.jpg
やれやれ
2019年10月22日 11:18
中国の装輪榴弾砲ですが
SH15型 155mmです。