自治体は自衛隊にたよらず自前の野外炊飯設備など持つべきじゃないのか。

 未だ千葉県では電力の復旧がかなっていないようです。
 災害のたびに給食や風呂は自衛隊に頼っています。
 ところが自衛隊の兵站は極めて貧弱です。現場では避難民に温かい飯を食べさせ、風呂にいれさせて、自衛官は冷たい飯を食って風呂にも入れない。これを美談に持ち上げて、自衛隊すげーといっている人たちがいますが、それは単に自衛隊の給食能力が低いからです。中隊規模の200名ぐらい用の野戦キッチンしかもっておらず、演習では人手がたないから飯時になると戦闘部隊から応援を派遣するという体たらくです。
 他国ではトルコなどの途上国でもより大きいコンテナ式のキッチンや食堂を持っています。単に規模が大きいだけではなく、天候に左右されず、炊事できて、食べることもできます。
 自衛隊にはありませんが、野戦ベーカリーもあります。外国人も増え、パン食に親しんだ世代も増えています。

 風呂ではなくシャワーも必要でしょう。しっかり温まれないにしてもシャワーの方が効率がいい。清潔を保つという目的からすれば十分です。他国の軍隊では野戦風呂を持っている例をぼくは知りません。

 更に申せば、コンテナ式ランドリーも必要です。風呂やシャワーで使うタオルをはしから乾かさないと行けないし、被災者の下着なども洗う必要があります。

 このような装備はもっと自衛隊が充実させるべきですが、せいぜい中隊レベルの演習を仕事としているために充実しません。予算は他国の8倍もする低性能の小火器などで無駄使いしていますし、兵站の隊員も足りない。本来戦闘部隊縮小しても兵站を充実させるべきです。戦闘部隊だけでは戦えません。十分な兵站が維持できないなら戦闘部隊をへらすべきです。戦車や火砲なんで各100両もあれば十分です。どうせ本格的な着上陸戦は起こらない。であれば小規模でも最先端の装備と厚い兵站をもった組織に変えるべきです。
 ところが意識が自衛隊は変わらない。東日本大震災で陸自のUAVは一回も飛べない屑だと露呈したのに、その後スキャンイーグルの調達が予算化されるのは来年度の予算からです。一定数は揃うのは数年先です。
 無線も震災で通じつ、その理由の一つが軍用無線にあっていない周波数帯をあてがわれているからですが、それすら見直さずにそのままコ-タムを導入してしまった。
 自衛隊を頼るのは百年河清を俟つ、です。


 それはおいておいても、自治体も学習力がなさすぎです。災害時には自衛隊に丸投げという発想をいい加減にやめてはどうでしょうか。
 野戦キッチン、ベイカリー、シャワー、ランドリーなどを例えば県単位で持つべきです。そして災害時はそれを互いに融通する協定を結んでおく。

 こんなもの高々数億円もあれば調達できるでしょう。馬鹿なオリンピックだの、不要な議員の視察旅行、いらない箱物たためば簡単に捻出できる金額です。自衛隊用の装備は高いので外国から輸入すれば安価に揃うでしょう。
 維持費に関しては平時はイベントなどに貸し出せばいい。NPOなどに使い方を教えて貸し出したりすれば、有事のボランティアのオペレーターも増やすことができる。
 牽引式のシステムは免許の関係で使いづらいならば、システムを日本でトラックに載せればいい。
 

 動かす人間は自衛隊の退職者を雇えばいい。任期制自衛官や曹クラス、幹部は30~40代で予備役にして自治体に転職させればよろしい。人件費は例えば、2割を防衛省が持つ。その代わり一定の訓練を義務課して、有事には彼らを装備ごと招集する。そうであれば装備調達費用は半分ぐらい防衛省が持ってもいいでしょう。有事に安価に兵站を厚くできるし、平時の維持費は自治体餅なら防衛省は維持予算が必要ない。
 そうすれば自衛隊の再雇用もかなり楽になるでしょう。

 自衛隊が嫌いだという自治体は自前で揃えばいい。

 また毛布、ベッド、テント、ストーブなどは欧米のミリタリーサープラスの卸業者から買えばかなり安くなります。なんなら自治体が直接買いつければよろしい。アフリカなどの軍隊ではこういう業者から調達しています。 

 これは民間防衛としてぜひとも必要だと思います。東海や首都圏でも大きな地震が起こる可能性が高いわけで、住民は自分たちで守るという意識をもっと持ったほうがよろしいかと思います。


■本日の市ヶ谷の噂■
水陸機動団の隊員が海自の艦艇に乗り込むことが増えているが、陸自の隊員のために航海手当がでない。陸幕は何が問題と涼しい顔だが、現場の隊員の間から不公平だと不満がでて士気が低下しているとの噂。








 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年09月22日 09:24
>自治体餅
美味しそうですね。
名無し
2019年09月22日 10:10
確かに著者の言う通り自衛隊に行き届いてないかもしませんが、自衛隊が災害地に行ってシャワーや温かい飯でも食ったら左の方たちからえぐい非難がくるだけですよ。自衛隊員いわく、災害地では私語禁止、被災者の目の前では飯も休みもできない。なぜならクレームが飛んでくるだけだからです。ひどい話ですよね。そう言う話は知ってて書いているのでしょか。ただただ疑問です。
luna
2019年09月22日 13:36
筆者は、自衛隊に文句を言ってるの?

それとも、元自衛隊経験者?

凡ゆる事を、他国と比較して述べているけど、常時被害が発生する日本の大地で地方自治体の貧弱さを、何処まで理解されているか?

そうさせているのは、中央政府であると言う事を、理解した上での地方批判か?

地方で総てを賄うことは、地方財政に余力があるところだけだ。東京や神奈川など比較的地方財政に余力を持て余している自治体だけでしょう!

ところが、中央は、中央の対面ばかりを表に出して、地方への配分を減らす悪行を平気でやる。
そうされた自治体は、数知れず!

要するに、政治家が面子ばかりを重んじて、国民の事など根っからツンボ桟敷にしている現状がある!
よって、地方がその総てを地方独自で行い、揃えるなら地方防災費を、別格で枠を設ける必要がある!
だが、地方議員は、全くの能無しで、この様な地方独自の防災整備に関しては、無関心である事を、認識して言って欲しい!

而も、地方行政には、中央が口出すわ!
それの先鋒が、所属する地方議員の連中だ!

地方所属の中央議員の連中は、威厳を保つために、知事や市長連中の首を捕まえて、言う事を聞かせようとする!
ご存知のはずだ!
今までも、地方が中央のやり方に反して、県民や市民に国策よりも優れた施策を取り入れると、言う事を聞かせようと、やっかみばかりを言った事例が、後を絶たない!という事を!

この様な状態で、どうして、地方が独自の施策を打ち出して、装備を揃える事ができようか!
なんなら、中央議員を捕まえて聴くが一番の早道でしょう!

だから、やりたくてもできない窮屈な政府の在り様にみんなが文句を言うのです!
保身と自尊心を守る事とと言えば、お判りでしょう!面子と対面しか考えていない連中に、国民は翻弄されまくっている!

自衛隊員は、任意で志願した人が、自衛隊員として活躍しています!地方や中央が、自衛隊員にその他の辞令を出すのなら、徴兵制を敷いた後の軍人という立場の人に言う事であって退任退職した隊員には、予備役兵に充当させられるという基本の約束事が、既に義務付けられており、何回かは予備役兵としての訓練を受けなければならない仕組みになっている!

地方が予備役兵を、雇うだけの知識があると思いますか?予算が立ちますか?
地方の公務員が、平気で不正をして、地方財政を食い物にしているのが現状ですよ!
地方公務員には、国を地域を守ると言う意識など皆無ですよ!
上から降りてきた事だけを、ロボットの様に無知の状態でこなすのが一番だと言った感覚で仕事をしています!
だから、真剣に考えて仕事をしている人は、早々に役所から退職していますよ!
残っているのは、なんの取り柄のないガラクタ職員だけと思っていた方が賢明です!

県民や市民は、地域で守る為の準備をして、市や県に頼らずに、いち早く避難や炊き出しなどを独自で行っているところもあります!

それが、地域の自治会です!イロイロ在りますがね!避難や炊き出しなど、その他の必要な事を、自分達でやっています!
中央は、口だけ!地方自治は、顔色を伺いながらの中央任せ!
自分の身は、自分で守るしかないのが、この日本という国の自己責任論です!政治家は、絶対に信用できません!自衛隊員だけに頼る事は、無理な事です!
2019年09月22日 14:01
もう、自衛隊、防衛省に期待するのは諦めたんですね。
気持ちは分からなくは無いですが。
(新参者なので過去記事見切れてませんが失礼します)
2019年09月22日 14:12
東海大学工学部で草
さら
2019年09月22日 16:00
自治体も自衛隊も、どっちもどっちだと思っています。
自衛隊は、批判や存在意義を問われる度に災害時に役に立っていることをアピールして利用しているし、自治体は災害対応能力が低くても構わない言い訳に自衛隊の存在を利用しています。
本来は、災害対応は、それを本務とする消防や警察、自治体などで行うべきであって、自衛隊は国防や限定的な補助に徹するのが基本で、アメリカでも軍は最後に現場に入って最初に引き揚げる存在となっているはずなのに、日本では自衛隊の万能感や自衛隊が出動していればと◯人助かったなど災害対応を本務とする組織の問題点を指摘するよりも自衛隊の活用こそが最適な対応とばかりに取り上げています。
そして、他の自治体や消防、警察など他の機関に資機材や部隊を整備しようとすると、予算がかかる、自衛隊があるのに税金の無駄などと、自衛隊を支持する層、しない層のどちらからも批判されます。
そして、自衛隊だけが災害対応能力がある、自衛隊をもっと活用すべきと主張する人に限って、武力攻撃などの有事の際には、自衛隊は防衛出動による防衛活動が最優先されて、国民保護や救助活動は自衛隊以外のリソースで行わなければならないという事実とどうすべきかについて応えてくれません。
兵隊さんよありがとう的な自衛隊のリスペクトは結構なんですが、そろそろ成熟した市民感覚として国防と災害対応のあり方について考えて欲しいと思います。
亡国の予備自
2019年09月22日 22:16
バカ、ジャーナリストやめろ❗
2019年09月23日 18:01
ここで下らない自衛隊の文句をダラダラと書く事しか能がない人間に比べたら何万倍も自衛隊の方が役立ってるけどね。
主たる任務は炊事洗濯じゃないって事お分かり?
予算が足りないのはこういう理解の足りない人間がいるから。
日本だけ武装を縮小を迫るなんて脳にお花のタネでも植わってるんですか?
こんな人間ですら災害時に分け隔てなく救わないといけない自衛隊が気の毒でならない。
2019年09月23日 19:55
この問題、憲法九条を改正して軍備に関する制限を取り払えば一気に解決する問題です。
また、これを書いている人は自衛官ではないし、自衛官幹部ですらないですね。そもそも、自衛隊の運用をあまり詳しくないでしょう。兵站どうこうと言いますが、陸上自衛隊や各自衛隊の有事における物資供給ラインは日本国内の交通網を利用することが前提であり、兵站のための兵站維持のために国土防衛するための戦闘部隊削減は噴飯ものの意見です。
有事においては鉄道、ヘリ輸送など、あらゆる交通網を利用して民間からも物資提供を受けて動ける分の人員維持と増強が必要です。
こちらの方はどうやら持論を展開する時代を誤認していますね。
キヨタニ
2019年09月23日 21:41
火の出るおもちゃがあれば戦争勝てると思っている人はぼくのブログ読まなくて結構です。

>さん
>
>ここで下らない自衛隊の文句をダラダラと書く事しか能がない人間に比べたら何万倍も自衛隊の方が役立ってるけどね。
>主たる任務は炊事洗濯じゃないって事お分かり?
>予算が足りないのはこういう理解の足りない人間がいるから。
>日本だけ武装を縮小を迫るなんて脳にお花のタネでも植わってるんですか?
>こんな人間ですら災害時に分け隔てなく救わないといけない自衛隊が気の毒でならない。
清谷信一
2019年09月23日 21:42
面白い冗談ありがとうございます。
あなたはブログ読まなくて結構です。

>さん
>
>この問題、憲法九条を改正して軍備に関する制限を取り払えば一気に解決する問題です。
>また、これを書いている人は自衛官ではないし、自衛官幹部ですらないですね。そもそも、自衛隊の運用をあまり詳しくないでしょう。兵站どうこうと言いますが、陸上自衛隊や各自衛隊の有事における物資供給ラインは日本国内の交通網を利用することが前提であり、兵站のための兵站維持のために国土防衛するための戦闘部隊削減は噴飯ものの意見です。
>有事においては鉄道、ヘリ輸送など、あらゆる交通網を利用して民間からも物資提供を受けて動ける分の人員維持と増強が必要です。
>こちらの方はどうやら持論を展開する時代を誤認していますね。
ブロガー(志望)
2019年09月23日 22:51
お邪魔します。
 韓非子は「人は善悪(皆にとって良い事)では動かない。己の損得でしか動かない。少なくとも他者にそれを期待する事はできない。」といった事を言いました。それから「政治では皆にとって良い事よりも、特定の誰かの具体的な利益に繋がる事の方が案外実現する。なぜなら具体的な利益を得られる人間達がその実現のために頑張るからである。」というのが導けます。2020年東京オリンピックも大阪万博も「全体としては損でも、具体的な利益を得られる人間達はいる」から実現したのでしょう。また人、特に日本人は論理が無いので、己の感覚で受け入れられないものを受け入れる事が困難です。「自治体全体にとっては望ましくても、建築土木程には特定の誰かの具体的な利益には繋がらない」「何も無い時には災害時(及び有事)の事は想像し難い(特に経験の無い人間にとっては)。」事が、自治体が自前で対災害装備をする妨げになっているのではないかと思われます。中国による離島奪取よりも南海トラフ地震による東日本大震災を凌ぐ大津波が太平洋岸を襲う可能性の方が高いように思われますので、警察や消防及び自治体が水陸両用車他の水陸両用装備を持つ事は有用と思われますし、それが同時に離島防衛の備えとなるのではないかと思っています。
ふきのとう
2019年09月24日 03:53
民間インフラを自衛隊がそうそう利用できるようにしてくれますかね。そこまで敵も優しいとは思いません。軍民共用空港や電力網や橋梁も攻撃の対象になっておかしくないですし。

兵器はあってもそれ以外の物的人的裏づけを欠いた戦闘部隊が戦闘に際して瓦解するパターンも古今の戦史では割とあったように思います。C4Iもそこまで日本が傑出しているという事も無いような…。
2019年09月24日 06:42
まぁいつものキヨタニ節だな、衛生キットが遅れてるの次は給食能力かい・・・(あっちの批判は防衛省よりまず厚労省と医師会にすべき話)
>野戦ベーカリーもあります。外国人も増え、パン食に親しんだ世代も増えています。
いや災害時に悠長に被災地でパンを焼いてどうすんのよ、そんなもん無事な他県から運べば良い話、貴重な水を使ってコメを炊くのが無駄だというならとっくにそうしてる、そうならないのはあんたみたいな外国かぶれが少数派だからだよ
>コンテナ式ランドリーも必要です。
自衛隊には野外洗濯装置2型があるぞ?
そもそも災害時に被災した自治体が物をいくら用意した所で物も人も災害に巻き込まれたら意味が無い、千葉にしたって自前の発電機は大量に余ってるそうだが自治体側の混乱でまったく活用できてないんだそうだ
だから無事な地域から駆けつける自衛隊の存在に頼るんだろ?
そもそも自治体の倉庫が無事なレベルの災害ならコインランドリーも無事だろうから発電機があれば良い話だぜ、それこそ無駄な買い物だろ
CPR
2019年09月24日 08:14
対案を出さず、対人論証しか出来ない人のコメントも公平に承認される清谷様には頭が下がります。

さて、本稿で提唱されているコンテナ車ですが、トイレコンテナ車もあれば望ましいですね。
コンテナ車の運用人員は元自衛官の他に自治体職員もローテーションで宛がう。
自治体職員もコンテナ車運用の尺度を知るべきでしょう。
毎週、あるいは隔週で県内を巡回しながら訓練を兼ねたイベントを開催して常に運用能力を維持することが必要です。
市民への意識づけにもなります。

とある国内の医療教育では有事に際して「スイッチを入れる」と教えています。
ところが、人間意識を切り替えられるものではない。
(十分な訓練を積んだ人間は除く)
よって、有事を基準に医療処置、業務を行うという考え方が医療においても進んでいます。
当然のことながら、有事医療の面でも日本は遅れています。

まあ現時点ではluna様のコメントにある自助努力をしっかりしておくのが現実的ですがね。
ブリンデン
2019年09月24日 11:45
私見ですが、都道府県単位で導入された防災ヘリが、十分機能していない状況をみると、自治体単位で災害救助用装備を保有しても、同じ結果になるような気がします。

やはり全国規模で一元管理できる組織でないと、効果的な運用は難しいような気がします。

警察が消防の領域である災害救助部隊を持っているなど、無駄な気がするのですが‥

自治体の多くは予算が乏しいため、今回の台風15号災害でも、屋根にブルーシートをかける専門能力をもった人をボランティアで募集するといった対応をしています。表向きは、予算を立てて、活動すると時間がかかるから‥となっていますが、本音はタダでなんとかならないかと思っているのでしょう。

自衛隊はタダですし、文句も言いませんから、自治体にとっては便利な組織なのだと思います。
やれやれ
2019年09月24日 13:50
日本は災害が多い土地なのに意外とそういう所まで考えませんよね。自衛隊に期待している部分もあるんでしょうけど炊事車、給水車位はあっても良さそうです。例えば県が横か盾に長いと離れた2箇所に配置するとか。物量もそうですが災害に対する心構えという点でも使えないシステムや使えないマニュアルの整備で実際の想定に役立たないのが何ともはや。直近の例だと話題の千葉県ですよね。防災システムが役立たなかった、使えても使い物にならない内容だったとか、小型発電機があるのに要請がなかったからと半分しか貸し出されなかったとか。被災した市町村がテンパっている時に県は有効に働いて無かったようで。これでは宝の持ち腐れになりそうです。東日本大震災でも被災しているのにあまり教訓にならなかったようで。地震、津波と台風は違うと言う考えは違うと思いますね。どんな被害になるか来てみなければ分からないという点では同じだし、台風は事前に来ることが分かるのだから直前に準備しても間に合う事もあったでしょう。想定外と言うより想定が甘い結果だと思いますよ。

それと清谷さん、頭の悪い書き込みにいちいち注意しなくても表示しなければ良いのでは?晒すことが目的でしたらすいません。
やれやれ
2019年09月24日 14:54
自衛隊装備、ODAで初供与 来年度 比軍に人命救助器材
https://www.sankei.com/politics/news/190923/plt1909230015-n1.html
古くなったからあげるのかな?同じようなのは消防のレスキューも持っていたし今更自治体にあげても喜ばれないかも。
それにしても古すぎてイヤゲモノにならなければ良いのですが。
2019年09月24日 19:39
良い記事です。
しかし兵站に関する理解力が武田信玄並の人々がたくさん出てきて楽しいですね!!

>バカ、ジャーナリストやめろ❗

ジャーナリストが提灯記事屋だと思い込んでいるのは理解できるが、書きたかったことはその程度なのか

>主たる任務は炊事洗濯じゃないって事お分かり?

この記事を読んで小学生レベルの感想文しか書けないのは解ったが、兵站を含めた自衛隊の機能についての理解力はその程度のことなのか?

炊事洗濯なぞ二の次なら、それこそ元亀天正だぞw

戦争に対する認識が戦国時代の合戦で終わってるよぉ

>日本だけ武装を縮小を迫るなんて脳にお花のタネでも植わってるんですか?

正面装備さえ揃えておけば大丈夫と旧日本陸軍並の勇ましさなのは解ったが、兵站の能力以上はただのガラクタにしかならないということは理解できなかったのか?

戦略は兵站の先っぽにあります!
無い袖は振れません!
正面装備は兵站能力を土台にしたピラミッド構造です。
その逆はありえません。
「戦は数だよ兄者!」


>これを書いている人は自衛官ではないし、自衛官幹部ですらないですね。

一般的に現職の自衛隊員がこんな文書を書くことはできないってことを理解できていないのは解ったが、ジャーナリズムに対する理解が石器人レベルで良いものだろうか?

その理屈で行けば
麻薬犯罪を批判否定するなら麻薬組織の一員じゃないといけないと言ってるのに等しい。

>兵站どうこうと言いますが、陸上自衛隊や各自衛隊の有事における物資供給ラインは日本国内の交通網を利用することが前提であり、兵站のための兵站維持のために国土防衛するための戦闘部隊削減は噴飯ものの意見です

もし半島某国と有事になり玄武ミサイルで先制攻撃されると
まっさきにその辺が叩き潰されることが理解できていないのは解ったが、民間からの物資提供が絵空事であることを理解していないのもいかがなことであろうか?

常識で考えたら真っ先に潰します。自衛隊が重点的に民間に
頼らざるを得ないならなおさらですよ。

ところで玄武ミサイルの1000キロ飛ぶやつって配備されたのかな?

”日本国内の交通網を利用することが前提”と言えるのは
アメリカ軍が日本にいて睨みを利かせているからです。
どこぞのアホウも誘惑に負けて引き金を引いたら、倍返しされるかもという疑心暗鬼があるからです。

>有事においては鉄道、ヘリ輸送など、あらゆる交通網を利用して
>民間からも物資提供を受けて動ける分の人員維持と増強が必要です。

お花畑ですね。
相手がゴジラならそれでも良いでしょう。
ゴジラにはまず兵站線を潰すという知能はありませんから。
有事の際に日本の鉄道や高速道路、空港を潰さないという
取り決めやルールがあるんでしょうかね?
まあ、アメリカの旦那が用心棒の先生で奥の座敷で飲んだくれてる間は安心ですね!
なんぞあったら、徳利ぶら下げながら出て来くる予定です。

そうそう、山本五十六はハワイを奇襲することでアメリカの兵站を潰しにかかりましたね。
おかげでフィリピンを攻略できましたね。

だいたお日本は横に長く幅が狭く交通インフラの動脈が狭いエリアに集中してますので大陸国と違って兵站を潰し安いんですよ。
阪神淡路大震災の時は大阪の工場から兵庫県へ届く荷物の物流が片道一週間かかりました。
一旦四国へ渡ったり北上して山陰周りで岡山から来たりとかね。
その地理的事情は改善することは不可能なんですよ。
耐震性は上ってもミサイル攻撃されたら、とてもとても・・


そもそも沖縄に陸自の補給処が無いってどうよ?
(まあ今から新設する方針だってよw)

2019年09月29日 00:30
>>3
兵站の重要性を語る割にはあなたの言動もどうかと思う・・・

>戦略は兵站の先っぽにあります!
>無い袖は振れません!
>正面装備は兵站能力を土台にしたピラミッド構造です。

それはそうなんだけど、兵站を軽視してるというよりはわざとそうしてる、話は吉田茂の時代までさかのぼるけど極東ソ連の陸上兵力150万人に対抗して50万の日本防衛軍を作るという要望が米国から提示されたけど金がないから「国内でしか戦わないならインフラは民間が維持してるから30万で良い、とりあえず18万で順次拡大する」と当事蔵相の池田が突っぱねた
目標30万も達せず18万から14万まで縮小された陸自にこの前提を変える方法は無いよ、日本政府が本腰入れて憲法改正でもしないと外征できる軍隊にはなれないしね


>もし半島某国と有事になり玄武ミサイルで先制攻撃されると
>まっさきにその辺が叩き潰されることが理解できていないのは解>ったが、民間からの物資提供が絵空事であることを理解していな>いのもいかがなことであろうか?

弾道弾の玄武2Cで無差別にインフラ破壊とか、そうなったら確かに日本の防備体制もグダグダになるだろうね、日米安保の効果をちゃんと理解しているようだから特に現状問題が起きてないと分りそうなものだが・・・・

>有事の際に日本の鉄道や高速道路、空港を潰さないという
>取り決めやルールがあるんでしょうかね?

国際法上民間施設への攻撃は違法ですよ、そこがお花畑だといわれればそうですけどね、それは置いといてに何を目的に敵が攻撃してくるのかによってまったく違う話になります
例えば目的が日本の政治的屈服であり日本の政治にダメージを与えるのならインフラ以前に都市の人口中枢を攻撃すれば良いだけです、ただしこれを行えば国際的に孤立するでしょう
占領目的の軍事侵攻のためであれば、逆にインフラには攻撃しない事が多いですよ、占領後は自分が使うものなのに徹底的に破壊するのは得策ではありません

>そうそう、山本五十六はハワイを奇襲することでアメリカの兵站>を潰しにかかりましたね。

真珠湾攻撃の目的は敵主力艦の撃沈無力化ですが?
兵站施設を無視したおかげで米国の復旧が想定よりはやくミッドウェイ攻略(これですら主目標は敵艦隊)と大敗に繋がったのは有名だと思ったのですが・・・

>阪神淡路大震災の時は大阪の工場から兵庫県へ届く荷物の物流が>片道一週間かかりました。
>一旦四国へ渡ったり北上して山陰周りで岡山から来たりとかね。
>その地理的事情は改善することは不可能なんですよ。

それは兵站の迂回路が確保されているという話なのでは?
各自治体に兵站装備を維持させるって言うキヨタニさんの話に追従してるのかもしれないですが、炊事車があっても水や食品はそうやって運ぶ事になると思いますけど?
(実は自衛隊が被災地で炊事をする場合実は材料は自治体の備蓄品であったりする、つまり逆なんだよ)

>そもそも沖縄に陸自の補給処が無いってどうよ?
>(まあ今から新設する方針だってよw)
そりゃ極東最大の米軍の備蓄がありますから冷戦中は必要性が無かっただけでしょう
2019年09月29日 00:40
と言うかこのコメント欄で「兵站大事」「炊事車や洗濯装置を自治体も持て」と言ってる方々は兵站と言うものを一番理解できてないんじゃなかろうか・・・
炊事車が有っても食品が無ければ飯は作れない、洗濯機があっても電気と水と洗剤がなければ洗濯できない
ゲームじゃないんだから補給車作れば燃料や弾薬が一緒に出てくるわけじゃないよ・・・
敵の攻撃を受けてない地域からそういった消耗品を運ぶ能力こそが大事だし、備蓄するなら食糧や薬品が優先だよ
でもって大抵の自治体は食糧を備蓄してる、自衛隊がやってるのは道具を持ってきて調理してるだけ
道具を運べるなら追加の食料や水も運べる、簡単な話
ついでに給水車なら自治体も結構持ってるし、他県の災害じゃ結構派遣してるのを見かけるけどね
キヨタニ
2019年09月29日 13:43
現状維持が正しい強弁したいだけみたいねすね。
キヨタニ
2019年09月29日 13:46
率直に申せば、陸自の主たる戦略目標と任務は中隊規模の演習をこなすことです。だから連隊、師団レベルでも中隊規模の兵站があればOKだし、戦争を想定していないから衛生もおざなりでよかった。

そのことを認識すべきです。
2019年09月29日 15:10
兵站とは端的に言えば輸送力ですよ
必要なものを必要な場所に運ぶ能力、陸自が中隊規模の兵站しか持ってないと言うのは間違いで、そもそも兵站を民間インフラに頼る設計がして有ります、業者が駐屯地に運び込む糧秣を演習場に持って行ってるだけです、あなたの言う論理に基づくなら中隊規模の兵站は米軍にもありません(自給自足なら旧日本軍が一番優れてるって話ですねw畑で野菜を育ててたわけですから)
何処から何処までの輸送を民間のインフラに頼り、何処からを軍が担うかという話に過ぎません
この根本が途絶したら兵站はまるで駄目になります
炊事車を自治体単位で保有すると言う話は、あなたの普段から言っている「火の出るおもちゃを並べれば戦争に勝てる」とまったく同じ発想ですよ
その(炊事用の)火の出るおもちゃを自治体が保有し操作人員を自治体で確保したとして、炊くコメも焼く肉も被災地に届かなければ意味がありません、そしてそれら食材を届ける事ができるのなら調理した食品を運び込めば良いだけです(実際コンビニが被災地支援で良くやりますよね)
なぜ被災地で調理する必要があるのですか?
逆転首投げ
2019年09月29日 18:16
非常に卑近な例になります。申し訳ないがみなさん我慢して読んでください。

わたしはある料理店でアルバイトをした経験があります。その料理店で、鉄道用レールを短く切ったようなナニカを目にしました。好奇心に駆られ、作業の合間に、そのレールもどきを手に取ったのです。なんということか・・・・・・・・それは砥石でした。摩滅に摩滅を重ね、レール状になっていたのです。よくよくみないと砥石とわからない状態に堕ちていた。

その砥石はほこりをかぶっていました。長い間、使われていなかったのでしょう。料理人たちは、庖丁の研ぎ方は習ったけど砥石の研ぎ方(砥石がへこみはじめたら手入れするべしという知識)は身につけなかったのでしょう。訓練に大きな穴がある。21世紀のモノノフにそういう隙がなければいいのですが。
キヨタニ
2019年09月29日 20:19
ご自分の信じるものを信じればいいのではないでしょうか。野戦キッチンを導入するというのは常識で考えれば燃料や食材の用意もふくまれています。

まああなたは戦闘機を調達するいうと燃料を一緒に調達するといっていないから兵站軽視だというのでしょう。

いずれにして現状満点主義みたいですから、ぼくのボログなんぞ読まない方がよろしいでしょう。

まあ、ロジカルに思考する能力にない方に何をいっても
無駄でしょうけども。

>>なぜ被災地で調理する必要があるのですか?
自衛隊に言ってやったらどうでしょうか?


>さん
>
>兵站とは端的に言えば輸送力ですよ
>必要なものを必要な場所に運ぶ能力、陸自が中隊規模の兵站しか持ってないと言うのは間違いで、そもそも兵站を民間インフラに頼る設計がして有ります、業者が駐屯地に運び込む糧秣を演習場に持って行ってるだけです、あなたの言う論理に基づくなら中隊規模の兵站は米軍にもありません(自給自足なら旧日本軍が一番優れてるって話ですねw畑で野菜を育ててたわけですから)
>何処から何処までの輸送を民間のインフラに頼り、何処からを軍が担うかという話に過ぎません
>この根本が途絶したら兵站はまるで駄目になります
>炊事車を自治体単位で保有すると言う話は、あなたの普段から言っている「火の出るおもちゃを並べれば戦争に勝てる」とまったく同じ発想ですよ
>その(炊事用の)火の出るおもちゃを自治体が保有し操作人員を自治体で確保したとして、炊くコメも焼く肉も被災地に届かなければ意味がありません、そしてそれら食材を届ける事ができるのなら調理した食品を運び込めば良いだけです(実際コンビニが被災地支援で良くやりますよね)
>なぜ被災地で調理する必要があるのですか?
2019年09月29日 21:51
>野戦キッチンを導入するというのは常識で考えれば燃料や食材の>用意もふくまれています。

ならば継続的補給は必要ないとでも言うのですか?継続的補給が可能ということになれば調理済みの食品を運ぶのも決して難しくありませんよ

>まああなたは戦闘機を調達するいうと燃料を一緒に調達するとい>っていないから兵站軽視だというのでしょう。

ロジカルな思考とやらは無いのですか?戦闘機の導入とその燃料弾薬の調達は別の話ですよ

>ぼくのボログなんぞ読まない方がよろしいでしょう。

偶々目にしてしまったので仕方ありません

>まあ、ロジカルに思考する能力にない方に何をいっても
>無駄でしょうけども。

その言葉はそのままお返しします

>自衛隊に言ってやったらどうでしょうか?

正直必要ないことは自衛隊側も分ってると思いますよ、あくまでも一番分りやすい支援が装備を利用した調理だというだけの話
災害派遣はある意味一番のPRですからね・・・
一方の自治体側は材料さえ用意しておけば防災意識が高いと市民にPRできるし、配送・調理・配布まで自衛隊がやってくれる

調理はあくまでもそのうちの一つだけ、自治体が全部やると肝心の被災者への行政上のケアをすべき人員まで取られる
災害時に自治体が求めてるのは調理用具などのハードではなく普段の倍以上の職務を回すための人員です、あなたの認識不足かもしれませんが災害時には他地域の警察消防はもとより役所の事務要員やごみ収集の人間まで別の自治体から派遣されます
このことを考えれば自治体がOB自衛官を雇って野外炊事車を買ったところで動かす人間が被災したら意味が無い事が分りそうなものです・・・結局予算不足の地方自治体に第2の自衛隊を作れと言ってるようなものでその弊害は計り知れません
東日本大震災のように自治体の役人自体が被災して動けない状況もありうるので結局は無事な地域から人員を融通する事が必要で、それを大規模に出来るのが自衛隊と言う事に過ぎません

そもそも食材は自治体の備蓄品です、だから自衛官はレーションを食べて自分たちの造ったものに手をつけないんです(予算上自衛官の食費は別に計上されてる為自治体の食品を食べると二重食いになる、つまり自衛官の食事は実は別に運ばれている)

自治体におもちゃの兵隊をやらせるぐらいなら、特別法を制定して電気屋から電子レンジを集めて体育館に設置したほうが早いでしょう、冷凍車で被災していない所から調理済みの冷凍食品を運べば良いだけです


自治体を批判するなら意味の無い野戦キッチン導入とかより、そういった予算も手間もかからない方法を提案したほうが良いでしょう
キヨタニ
2019年09月30日 11:45
〉ならば継続的補給は必要ないとでも言うのですか?


面白い発想ですね。常人ではできないですね。

>さん
>
>>野戦キッチンを導入するというのは常識で考えれば燃料や食材の>用意もふくまれています。
>
>ならば継続的補給は必要ないとでも言うのですか?継続的補給が可能ということになれば調理済みの食品を運ぶのも決して難しくありませんよ
>
>>まああなたは戦闘機を調達するいうと燃料を一緒に調達するとい>っていないから兵站軽視だというのでしょう。
>
>ロジカルな思考とやらは無いのですか?戦闘機の導入とその燃料弾薬の調達は別の話ですよ
>
>>ぼくのボログなんぞ読まない方がよろしいでしょう。
>
>偶々目にしてしまったので仕方ありません
>
>>まあ、ロジカルに思考する能力にない方に何をいっても
>>無駄でしょうけども。
>
>その言葉はそのままお返しします
>
>>自衛隊に言ってやったらどうでしょうか?
>
>正直必要ないことは自衛隊側も分ってると思いますよ、あくまでも一番分りやすい支援が装備を利用した調理だというだけの話
>災害派遣はある意味一番のPRですからね・・・
>一方の自治体側は材料さえ用意しておけば防災意識が高いと市民にPRできるし、配送・調理・配布まで自衛隊がやってくれる
>
>調理はあくまでもそのうちの一つだけ、自治体が全部やると肝心の被災者への行政上のケアをすべき人員まで取られる
>災害時に自治体が求めてるのは調理用具などのハードではなく普段の倍以上の職務を回すための人員です、あなたの認識不足かもしれませんが災害時には他地域の警察消防はもとより役所の事務要員やごみ収集の人間まで別の自治体から派遣されます
>このことを考えれば自治体がOB自衛官を雇って野外炊事車を買ったところで動かす人間が被災したら意味が無い事が分りそうなものです・・・結局予算不足の地方自治体に第2の自衛隊を作れと言ってるようなものでその弊害は計り知れません
>東日本大震災のように自治体の役人自体が被災して動けない状況もありうるので結局は無事な地域から人員を融通する事が必要で、それを大規模に出来るのが自衛隊と言う事に過ぎません
>
>そもそも食材は自治体の備蓄品です、だから自衛官はレーションを食べて自分たちの造ったものに手をつけないんです(予算上自衛官の食費は別に計上されてる為自治体の食品を食べると二重食いになる、つまり自衛官の食事は実は別に運ばれている)
>
>自治体におもちゃの兵隊をやらせるぐらいなら、特別法を制定して電気屋から電子レンジを集めて体育館に設置したほうが早いでしょう、冷凍車で被災していない所から調理済みの冷凍食品を運べば良いだけです
>
>
>自治体を批判するなら意味の無い野戦キッチン導入とかより、そういった予算も手間もかからない方法を提案したほうが良いでしょう
2019年09月30日 18:58
>野戦キッチンを導入するというのは常識で考えれば燃料や食材の
>用意もふくまれています。
これをもって「継続的補給も含まれてるんだ!常識だろ!」
・・・と言いたいわけですね?
であるなら、民間インフラによる兵站線は確保されており、被災自治体が野戦キッチンなんぞに無駄に金を使う必要性がないと言うことに他ならないんですが・・・

常人を超越した思考痛み入りますね
2019年09月30日 19:15
>毛布、ベッド、テント、ストーブなどは欧米のミリタリーサープラ>スの卸業者から買えばかなり安くなります。

さらに言えばこんなことも平気で言えるのが常人には計り知れない所でしょう、毛布やベッド、ストーブなんて被災地域の倉庫にあるものが無事なら被災地域の商店にあるものも無事でしょう
自治体が大手デパートやホームセンターと災害時の協定を結べば済む話です、被災地が本当に壊滅的で商業施設の倉庫がつぶれているなら自治体の備蓄倉庫もつぶれています
結局他県から運ぶならやっぱり流通業の配送倉庫でも大差ありません、欧米の業者から買い付けとなれば輸送費と関税で無駄に高くなるだけではなく、マニュアルが日本語でなかったり補修維持部品が割高だったり安物買いの銭失いとなる事は目に見えています
ついでに災害時に足りないと言う話であれば国内の流通センターから運ぶのと国外の倉庫から運ぶのではどちらが早いと思いますか?

そもそもテントなんて被災地域で被災者が使ってるのを見た事がありますか?普通は避難所となる体育館等の耐震・免震工事に予算を当てた方が費用対効果はずっと高いでしょう

兵站を語る上で一番重要な部分がすっぽり抜け落ちている事を自覚すべきですね
キヨタニ
2019年10月01日 22:20
〉毛布やベッド、ストーブなんて被災地域の倉庫にあるものが無事なら被災地域の商店にあるものも無事でしょう 自治体が大手デパートやホームセンターと災害時の協定を結べば済む話です

じゃなんで自治体や企業が備蓄しているんだろうねえ。
よく考えてからコメントしたら?


>さん
>
>>毛布、ベッド、テント、ストーブなどは欧米のミリタリーサープラ>スの卸業者から買えばかなり安くなります。
>
>さらに言えばこんなことも平気で言えるのが常人には計り知れない所でしょう、毛布やベッド、ストーブなんて被災地域の倉庫にあるものが無事なら被災地域の商店にあるものも無事でしょう
>自治体が大手デパートやホームセンターと災害時の協定を結べば済む話です、被災地が本当に壊滅的で商業施設の倉庫がつぶれているなら自治体の備蓄倉庫もつぶれています
>結局他県から運ぶならやっぱり流通業の配送倉庫でも大差ありません、欧米の業者から買い付けとなれば輸送費と関税で無駄に高くなるだけではなく、マニュアルが日本語でなかったり補修維持部品が割高だったり安物買いの銭失いとなる事は目に見えています
>ついでに災害時に足りないと言う話であれば国内の流通センターから運ぶのと国外の倉庫から運ぶのではどちらが早いと思いますか?
>
>そもそもテントなんて被災地域で被災者が使ってるのを見た事がありますか?普通は避難所となる体育館等の耐震・免震工事に予算を当てた方が費用対効果はずっと高いでしょう
>
>兵站を語る上で一番重要な部分がすっぽり抜け落ちている事を自覚すべきですね
2019年10月01日 23:12
>じゃなんで自治体や企業が備蓄している>んだろうねえ。
>よく考えてからコメントしたら?
それ、今まで俺の書いた文に答えが書いてあるけど?
特に企業の備蓄って俺の書いたデパートやホームセンターの倉庫そのままの話
PCからの書き込みブロックされてるからスマホから失礼するよ、どうせ承認しないだろうけどw
あんたほんとにこう言うネタで飯食ってるプロか?情けない
キヨタニ
2019年10月02日 10:34
日本語が理解できない、しかも自分が一番偉いと思いこんでいる人とは議論できません。
あしからず。

>さん
>
>>じゃなんで自治体や企業が備蓄している>んだろうねえ。
>>よく考えてからコメントしたら?
>それ、今まで俺の書いた文に答えが書いてあるけど?
>特に企業の備蓄って俺の書いたデパートやホームセンターの倉庫そのままの話
>PCからの書き込みブロックされてるからスマホから失礼するよ、どうせ承認しないだろうけどw
>あんたほんとにこう言うネタで飯食ってるプロか?情けない
>
通りすがりの
2019年10月02日 18:09
全体の論旨が理解できず、枝葉、些末な部分の指摘だけで論破しようとされてましたね。

自衛隊の兵たん能力については、「できません」と言えない部分を民間活用です、と言い換えてる部分もあると思いますので・・・ねぇ。