選挙に行かなかった愚民に、政権や政治を批判する権利はない。

先の参院選挙では選挙区は立憲民主党、比例は令和に入れました。
別にこれらの政党を支持しているわけではなく、単に自民党の議席を削れる選択として投票しました。
結果、両方共死票にはなりませんでした。

今回もまた例によって投票率が低かったようです。
ですが、投票に行かないということは今の政権を是とすることになります。

すでに安倍首相が首相就任前からぼくはアベノミクスは個人消費を冷やすだけで、失敗すると申し上げておりました。
事実そのとおりになっています。しかも消費税を上げたのに国の借金は増え続けています。

更に申せば、森友などの公私混同で行政に横車を押して、情報の隠蔽や改ざんを行っております。
また安倍首相自身、選挙妨害を通じての暴力団との付き合いも指摘されています。
多くの不正行為、GDPや統計の改ざんもおこなれております。

またGDPを嵩上げするために補正予算を湯水のように使い、国の借金を増やしています。


更にはアメリカの言いなりになって、まともな検討もしないでAAV7、グローバルホーク、オスプレイ、イージスアショアなどの高額製米国製兵器を買いまくって自衛隊を弱体化させています。
これらの高額装備に予算を吸い取られてて、部隊の現場では大変なことになっています。


これが20年前の我が国であれば安倍政権は5,6回は総辞職に追い込まれていたでしょう。

ぼくは日本人が劣化しているのだと思います。かつてのような一億総中流といった意識がなくなり、いわゆるアンダークラスと
呼ばれる低額所得者が増えています。また国力が落ちたために、過剰な愛国主義を標榜するカルトなネトウヨも増えています。

この危機を招いた要因は複数だと思いますが、政府と癒着している記者クラブ、それと無能な野党の責任は大きいと思います。


野党の多くは消費増税の中止、あるいは消費税自体の廃止を掲げましたが。ですがこれは衆愚迎合です。税収を確保できねれば、その分国の借金は増えます。そうなれば将来のますますの増税や社会保障負担はさけられません。

現状でも国家予算の四分の一、特別会計は三分の一ほどが借金の利払で消えています。借金の元本を返さない限り、これが続き、更に増えることになります。消費税は税収の約二割です。富裕層や法人、特に大企業への課税強化だけでは無理です。これらに加えてさらなる消費増税はさけられません。


安倍政権の問題は消費増税をしたのに、それで国の借金が減らなかったことです。その理由が大企業などへの減税、アベノミクスの失敗、財政の大盤振る舞いなどが上げられます。こうしたことを本来野党は争点とすべきでした。
ですがそれをしませんでした。

長いことアベノミクスに対するエビデンスに基づいた反論をしてきませんでした。「アベノミクスによろしく」の著者、弁護士の明石順平氏が
は長年ブログで公開情報を元にアベノミクスを批判してきましたが、野党が彼に注目したのは最近のことです。弁護士が仕事の合間にやってきたことを、政党がなにもできなかったということは野党の無能の証左でしょう。


そもそもこれだけ国の借金が増えたのは、与党のバラマキを歓迎した人たちだけではなく、選挙に行かなかった国民にもおおきな責任があります。ですが世にフリーランチはありません。自分だけがいい思いをしようと思って、結局は国民全員がそのつけを払うことになります。
この借金はバックレることはできません。

国の借金が増えれば、将来増税、社会保障費の負担増は必至(事実そうなっています)、そうであれば皆消費を減らして、貯蓄するでしょう。
さらに個人消費は冷え込み、所得税から税収は期待できないだけではなく、景気はよくなりません。


選挙に行かなかったということは、間接的に安倍政権を支持したに等しいことになります。将来被るであろう不利益に対して、選挙に行かなかった人が不満を言う権利はない、ということです。


■本日の市ヶ谷の噂■
海自の哨戒機、P-1の低稼働率の主原因は機体やエンジンよりもEOセンサーの不調で、このため飛べても任務の遂行ができないこととの噂。




























それからリニューアルされたこのブログのシステムは改悪です。
「保存」ボタンを押すと公開されます。一時保存するためにはずっと下にある、公開/保存を選ぶようになっています。
従来からのユーザーには誤解しやすいシステムです。
クズのようなリニューアルならばやらないほうがマシです。
ブログを別なところに移すことも検討しています。

この記事へのコメント

KU
2019年07月22日 23:09
今回は選挙区(埼玉県)では公明党候補者に比例は、れいわに入れました。後の与野党は当てにして良いのか悪いのか、さっぱりでしたのでorz。両者ともに清谷さん同様、死票にならずに済んで良かったです。

>参院選 1票の格差 選挙の無効求め提訴

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20190722/k10012003061000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_015

もはや、国政選挙後の恒例行事になっている感がしますが。てか、この人達って投票した事ってあるのですかね?
やれやれ
2019年07月23日 06:31
全く仰る通り。私も学生時代はどうせ自民(或いは現職)が勝つんだから行っても無駄と特に支持する政党や候補者がいないと時間の無駄とばかりに選挙に行きませんでしたが、社会人になって明確な反対の意思を示さない限り勝った人を容認するのと同じだと気づき選挙に挑んでいます。このことに気づかない人がどれだけ多いことか。ニュースでベルギーは選挙に行かないと罰金という事を言っていましたが、以前より投票しない人は罰金か税金を増やすなど何らかのペナルティが必要と思います。もっとも現政権は選挙に行くな昼寝してろって連中ですからね(投票率が下がるほど相対的に政権に有利)。直接的に政権に文句を言う簡単な機会は選挙しか無いというのに。

それとP1の稼働率は低いのですか?P3Cと比較してどの程度低いか分かれば良いのですが。どこのセンサーを使っているんでしょうね。
ひゃっはー
2019年07月23日 12:10
今の日本にはマクナマラみたいな政治家はいないのでしょうか。民間にも本当にいないのでしょうか。
マリンロイヤル
2019年07月23日 12:52
勝者の居ない選挙でしたね。10月に消費税増税したら大損害を被る国民も敗者です。
琉球土民子
2019年07月23日 21:29
選挙は共産党が、うるさいので長いこと投票に行ってません。どうせならN国に投票して欲しかったな。
KU
2019年07月23日 22:36
>コマツ、装甲車輌開発から撤退

http://japan-indepth.jp/?p=47023

結局、特機部門を三菱などに売却することもなく、ただ単に畳むだけですか。けれども防衛省も経産省も我関せずorz。あんな汎用ヘリの調達から何にも学んでいないんだなあ、と。それはそうとコマツが撤退するとなると、あんな海外製装甲車は完成品を輸入する形になりますか?
濡れネズミ
2019年07月24日 12:48
やはり、与野党ともに安全保障は二の次で馬鹿馬鹿しい理想主義に塗れているように感じます。

対無人航空機防御システム、低価格ミサイル防御システムなどと言った技術面だけでなく、ホルムズ海峡のイランとサウジアラビア、イスラエルの対立を真剣に考えていない。
インドネシアの軍備拡大に対抗して周辺国が大規模な軍備拡大を進めて、オーストラリアは核武装の検討を始めている。

そして、中共の海洋戦力の増強とロシアの復活。

こんな状態でどこに安定しているなんていう認識ができるのでしょうか。

救い難いのは警察、自衛隊関係者にもこうした思想の持ち主が多い事です。
国難突破選挙
2019年07月24日 21:43
単純にいうと、今回、現状維持、肯定を選んだ大勢の選択とは、つまるところ下り坂をどんどん降りつつある現実を肯定したということです。あと10年後、どうなっているのでしょうね。日本(笑)となっていなければいいのですが、そうなる公算は高そうですね。
ブロガー(志望)
2019年07月28日 11:16
お邪魔します。
 自分も「棄権=現政権への白紙委任」と思っているので棄権はしませんが、棄権したくなる気持ちも分からないではありません。本来選挙はそれこそ「今度こそ消費税率を10%に上げるか否か」という賛否の分かれる事に対してそれを選択するものでしょうが、選挙では専ら「景気を良くします」とか「福祉を充実させます」といった反対のしようが無いというか「本当にそれができたらいいね」としか言いようの無い事しか言わず、実際にやる事といえば専ら「後出しじゃんけん」なので。現首相も「消費税率引き上げを延期するか否か」を争点で選挙をやりましたし。尤も政治家にとっては有権者なんかよりも「他の政治家や官僚にハブられる」方が怖いのでしょうが。
さらに言えば山本七平は旧陸軍を「組織が自己運動し、その中で個人の意志や責任が埋没している」と言いましたが、今の日本も仕組みそれ自体が「自己運動」していて、違うように動かそうとするとたちまち機能不全に陥るので、有権者には実質「選択の余地が与えられていない」のかも知れません。