日刊工業新聞に防衛産業の記事を書く能力はない。

日刊工業新聞には防衛産業について記事を書くための基礎的な能力が記者にも、 記事を精査するデスクにもないようです。「工業」の専門紙ですから、これを信用する読者も 少なからずいることでしょう。罪作りな話です。 宙に浮く「F2」後継機゛…開発経費計上は見送りの公算 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

アメリカ様に言われましたと、南西諸島で使えないAAV7を入れた陸幕の見識

さて先日、軍事見本市、MASTジャパンに行ってきました。 前回も初回よりもしょぼかったのですが、今回は更にスペースが約半分に縮小されておりました。 余り見るべきものがなかったというのが正直な感想です。次もやるんでしょうかね? さて、防衛装備庁のブースでは三菱重工がオウンベンチャーで始めて、いまは装備庁の開発予算がつ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

陸自MLRS退役。 特科のポートフォリオは?

■本日の市ヶ谷の噂■ 陸幕は今中防衛大綱、中期防から203ミリ自走榴弾砲の退役を実施、合わせてMLRSも退役させる意向との噂。 さて、遅々として進まない戦車、火砲の削減ですが、どうせならFH-70よりも203ミリを優先させるべきでした。 口径が違う、年代もモノの上に、装軌式、操作要員も多い。203ミリの退役を優先させ、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

パリ航空ショー、C-2、P-1地上展示の愚。

>航空自衛隊は、6月17日に開幕する世界最大規模の航空ショー「第53回パリ航空ショー」にC-2輸送機を参加させる。C-2の同航空ショー参加は初めてで、前回自衛隊機として初参加した海上自衛隊のP-1哨戒機も参加する。 >空自によると、国外運航訓練の一環で、航空支援集団第3輸送航空隊の隊員約15人が参加するという。主催者によると、2機…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

IHIの防衛需要頼りのいびつなジェットエンジンビジネス。

IHI、トランプ発言に喜べぬ航空エンジン事業 >「日本は(米ステルス戦闘機の)F35を105機買う。日米両国の危機への対応力は増すだろう」。日本の防衛関係者は28日のトランプ大統領の発言を半ばあきらめ顔で聞いていた。この話はすでに昨年12月に出ており、米政府の提示額や納期を日本側が受け入れる「対外有償軍事援助(FMS)」に基…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more