空幕、装備庁は合意したC-2削減をひっくり返すつもりか。

パリエアショーに関する Flight Global の記事です。

The Kawasaki C-2 strategic transport has made its debut at Paris, appearing in the static park alongside its cousin, the P-1 maritime patrol aircraft.

https://www.flightglobal.com/news/articles/paris-c-2-p-1-underpin-big-japanese-presence-458961/

>The pair form the centrepiece of a major Japanese commitment to the show involving some 65 defence personnel, including Masahito Goto, a major general in the Japan Air Self Defense Force. An engineer by background, Goto is also deputy director of Tokyo’s Acquisition, Technology, and Logistics Agency.

>There are eight C-2s in Japanese service, not including two prototypes developed for the programme. Eventually the JASDF could obtain up to 30 examples, if budget permits.



防衛装備庁のプロジェクト管理部、後藤雅人プロジェクト管理総括官(空将補)のコメントです。
空自の将軍としての立場なのか、装備庁のプロジェクト管理総括官として発言かは知りませんが、彼は予算が許せば
C-2を30機調達したいといっています。

30機というのは当初の空自の目論見であり、それがその後25機に減らされて、それが最終的に22機で生産終了ということで財務省とも話がついています。それは当ブログでの「市ヶ谷の噂」でもご案内しましたが、朝日新聞でも報じられています。


C2輸送機の調達、3機減 価格高騰受け、予算735億円節減
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13819335.html?iref=pc_ss_date


>航空自衛隊のC2輸送機について、防衛省と財務省は、調達機数を現計画の25機から
22機に減らすことで合意した。C2輸送機は調達価格の高騰が問題になっており、今回
の見直しで総額735億円の予算節減につながるという。

>来年度から5年間に調達する装備品などを盛り込む新たな中期防衛力整備計画(中期防)
の策定にあわせ、両省が協議。18日に閣議決定した中期防では予定通り5機の調達を明
記するものの、24年度以降の調達機数は4機に減らすことになった。



正式に決定されたC-2の削減を、予算が許せば30機買いたい、というのは空自の将官兼、装備庁の高官として
それをあたかもなかったように、メディアに話すのは文民統制の面からも大変問題です。まあ例によって、防衛省記者クラブは、当局を忖度してこの問題を質すことはしないでしょう。

C-2の調達数は当初からみれば三分の二に減らされたわけです。それはP-1との共同開発、そしてコスト管理が杜撰だったからです。


C2輸送機のJV製造検討へ 防衛省、コスト管理に甘さ
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13819335.html?iref=pc_ss_date


>防衛省は、価格が高騰を続けている国産C2輸送機について、企業共同体(JV)による製造に発注方法を改める検討に入った。すでに量産段階に入っている防衛装備品の発注方法が見直されるのは極めて異例。防衛省のコスト管理の甘さが問われるのは必至だ。防衛省幹部が27日、明らかにした。

>C2の製造では、同省は川崎重工業と主契約を締結。1機あたりの価格は調達を始めた2011年度の166億円から、18年度の236億円に見積もりが跳ね上がっていた。

>同省関係者によると、C2はスバルが主翼や垂直尾翼、三菱重工業が胴体の後部など複数の企業で機体各部を分担製造し、川崎重工業が最終的に機体全体を組み立てる分業制が採られており、それぞれが利益を積み上げる算定方式となっていることから「価格高騰の原因」(政府関係者)とされていた。JV方式にすれば「二重取り」は防げるとみられている。


両機の開発前から指摘しておりますが、二機種同時開発は無理がある。当時はUS-2のプロジェクトもあり、日本の航空工業界のキャパを超えていました。結果して設計や開発が手薄になって開発は難航すると。

更に申せば両機を同時に調達する予算もかかるので少数生産しか不可能になるので、調達単価も上がると申し上げてきました。まさにその通り、それ見たことかという状態になったわけです。

そして運用コストも高騰してF-35よりも高くなってしまった。

更に申せば、二機種つくると先になって次世代の設計者が大型機を開発する機会を失います。

どう考えても技本と空幕の構想力、指導力、当事者能力の欠如です。

これは国会でも追求されたしかるべきです。議論を積んで積み上げた調達計画を「軍人」が勝手に変えてしまいかねない。これは文民統制に対する挑戦です。そういうことだから装備庁も空幕もまともなコスト意識が持てないのでしょう。


また空幕はC-2削減でも何ら輸送機のポートフォリ構想を持っておりません。既存のC-1や旧式化したC-130Hが近代化もされないならば、輸送機はC-2だけになるでしょう。
わずか数トンの貨物も全部C-2で運ぶのでしょうか。
陸自の特殊作戦群は今中期防で320名から390名に増員されますが彼らの展開を助ける固定翼の特殊部隊用輸送機も存在してません。
C-2より小型の輸送機の整備は焦眉の急であり、まして当初よりも8機も減らされたならなおさらです。

空幕には当事者意識&能力が欠如しているとしかいいようがありません。


これまた何度もご案内しておりますが、空自のUH-60J改救難ヘリにしても一機23.75億円の調達予定が、蓋を開けたら。二倍以上の50億円以上となっています。前のUN-60Jですら40億円したのですがから、23.75億円で収まるはずがないのは、子供にもわかるでしょう。
子供にもわかる話が空幕には分からなかったのか?
違うでしょう。はじめからUH-60J改の採用ありきで決定したということです。

率直に申し上げれば犯罪行為である官製談合を組織ぐるみで行ったということです。
違うというのであれば空幕の当事者能力はなく、中学生以下だということです。
肩に星をつけた人たちの見識が中学生以下なんでしょうかね?

ライフ・サイクル・コストは機体調達の2倍程度になりますから、プロジェクトの予算は2倍以上にふくらむことになりました。それはその分、他の「地味」な予算が、イージス艦一隻分削られることを意味します。

当事者意識&能力の欠如です。
これを許しているのが、大臣や幕僚長に忖度して、税金の使い方について厳しい質問をしない記者クラブにも問題があります。



■本日の市ヶ谷の噂■
16式機動戦闘車は清谷信一が執拗に指摘したこともあり、本中期防調達分から乗員用クーラーが装備されるようになるとの噂。













この記事へのコメント

KU
2019年06月20日 12:21
ついに、ついに国産日の丸な装甲車にコンピューターを冷やすためのではなく、人間様を冷やすためのクーラーが標準装備される日がやってきましたか(^_^)。清谷さんが指摘し始めて、かなりの年月が経っていますよね...?しかしまあ、担当者は、どうやって上にクーラーの装備化を認めさせたのでしょうか。「早くしないと、またキヨタニに言われますよ」と言ったわけではないでしょうけど。
やれやれ
2019年06月21日 03:16
パリエアショー行ってます。
今日はトレードデーの最終日なので
既に空き地のブースもあります。
取り敢えずC2関係から
航空工業会の人と話をしていたんですが、
C2.P1の展示飛行くらいすればいいのにとのボヤキに対して、実は装備庁は是非飛ばしたい、ついては紹介して欲しいとの事でショー関係者を紹介したそうですが、どう言う訳か展示飛行無しとなったようです。
ショー側が断ったのか、装備庁が諦めたのかは知らないそうですが、飛ぶ気はあったようです。金を出せを言われて金が無いからやめたのか、そんな事いきなり言われても今からは無理と断ったのか、展示飛行に資格が必要で承認できないから諦めなのかは分かりません。現地の隊員も知らない事のようです(箝口令があったら分かりませんが)。

以下写真
C2をバックに防衛交流
https://i.imgur.com/tHWIr2H.jpg

C2の中を公開。空自関係のパネル展示や
C2関係のビデオを流していました。
https://i.imgur.com/ABdRGvm.jpg

一般に内部公開していたのはC2とA400Mだけだったのでトレードショーとは言え人気は高かったようです。そこそこ行列ができました。
因みに明日からのパブリックデーでも同じく内部公開する予定だそうです。
明日の様子はまた報告します。
隊員は日本ブースに遊びに来てたりC2,P1の黒い袋を配ってたりしていたのでそこそこ見ているんじゃないかと思いますが、
美保基地の隊員と装備庁の関係者だけなので
総勢20人いない見たいですね。
P1は帰ったので隣は空き地になってました。丁度展示飛行のショーセンターだったので個人的にはデカブツがいない分良かったかも?

元キャプテン
2019年06月21日 06:06
過去、私は中学生以下の経済観念しか持たない高級幹部から人事権を握られ、奴隷如くコキ使われたのは何なんだったのでしょうか?怒りを越え、情けなくなりました。
私が住んでいる街で中学生が起業し、会社を経営している話題があります。中学生を馬鹿にしてはいけません。
問題の方、50歳を過ぎたいい年食ったおっさんで 重鎮の立場。中学生以下の経済センス。所詮、筋肉バカの親分!脳筋集団の親分なんでしょう。こんな方が会社の経営陣に加わったら、数ヵ月で倒産するでしょう。
昔、2空佐のおっさん 分屯地司令の職の方ですが、こんな呆けているというか舐めた発言しました。 上級幹部は高等戦術をトレーニングしているのでビジネスは難くないと。
世の経営者の方々、この台詞を聞いたら激怒するか 呆れて相手しないかどちらかでしょう。戦術をトレーニングしてビジネスが成功したら 世の経営者の方々はそうしています。
私は大人の対応で、 あなた 経済学以前に中学生の公民を勉強したらと!
私が司令部の子幕僚時代の先輩、現 2陸佐の方は、市場原理・経済論理とは関係のない柵の中で生きていて、退官したら 営業マンできないよ!潰しが利かない。 前者よりも後者の2佐の方が退官後、成功します。己の無知・無能を認識しているから。前者は始末悪く、裸の王様になり、メンツを優先するので自己否定できない。的はずれの発言や仕事をして、相手にされず居場所を失う。私はそんな気がします。
ソクラテスの無知の知 ですよ。
ぬこちん
2019年06月21日 06:31
たった20-30機しか製造しないのに新規開発とか勿体無いよなー

たらればですがc-17買えばよかったのに…
やれやれ
2019年06月21日 07:32
川重ブース
https://i.imgur.com/Nv0q7zK.jpg
興味を持つ軍隊はいるそうです。売る売らないは国が判断することだそうで。民間機では無いので川重単独では売りようがないでしょうけど。保守などサポート体制が無いので売れたら売れたで大変だそうで。こっちも国の支援が無いと川重単体では難しいのではないかと。

小型ジェットエンジン
https://i.imgur.com/KBe1qAM.jpg
無人標的機や偵察機に使えないかとの事。ミサイルに使うには大きすぎるのがネックかと。川重単独でジェットエンジン作ってるとは知りませんでした。まあこれが最初の製品らしいですが。同程度の他社エンジンより推力があり、同時に発電能力が高いので電力を多く使う用途の無人機には有利との事。隙間商品として狙っているそうですが果たして売れるか?

新明和ブース
https://i.imgur.com/1pZ8HeJ.jpg
こちらもUS2にかなり興味を持っている
軍隊はあるとの事。パンフレットは無くなっていました。売る売らないは国の考え一つとC2と同じ事を言ってました。本当に売れたらその後が大変とも言ってもいました。かなり体制を見直さないといけないでようで。基本的にはUS2より飛行機の部品製造の方がメインとの事。あとボーディングブリッジや特殊な車両。
やれやれ
2019年06月21日 07:55
IHIブース
軍用エンジンは売り出さないとの事。P1売れた時はその時はその時と言う事でとの事。軍用エンジンの担当者が来ていないので細かい事は分からないそうです。
基本民間機エンジンの部品製造とロケット関係(スラスタや人工衛星など)がメインとの事。
https://i.imgur.com/MaGwdRh.jpg
https://i.imgur.com/4tEofSV.jpg

スバルブース
https://i.imgur.com/cASX8nN.jpg
戦略を聞きました。警察向け一機売れたのを宣伝したかっただけの様で。ベルも旧型のEPIを終了してEPXに移行するそうで。思いっきりぶつかりますがと聞いたら国内向けはスバルが担当するそうです。逆にスバルが北米でわざわざセールスしてまで売ることはしないそうで。欧州でも基本は売らないそうです。お披露目以外の目的は無いそうです。ベルと競合する時は両者で話し合って決めるそうで…まあ基本アジア担当と言うか国内のリプレース向けが主な顧客だそうで。それと自衛隊向けは陸自側の強い意向があり現行のUH1と使い勝手を極力変えないでくれってオーダーがあったそうで、まあ陸自も最初からこれしか考えて無かったのでしょう。内実までは分かりませんが新しい物に興味は無いようで。
KU
2019年06月21日 10:50
>防衛装備庁、多用途機関銃を契約

http://jm2040.blogspot.com/2019/06/msdf-mg.html?m=1

記事タイトルを見た瞬間、「まーた、住重が性懲りもなく...」と思い読んだら、契約相手はJALUX+H&Kでした。にしても、近頃の海自はH&Kがお気に入りのようですね。
CPR
2019年06月21日 13:29
星付(しかも装備庁の)がこの発言ですか。
米軍がそんな組織の情報管理を信用していないのも当然という一例ですね。

海自の多用途機関銃
調達数が少ないからなのか、陸自のようにしがらみがないからなのか、まともなモノを調達出来るのはいいことです。
HK416の調達実績がありますから、同じメーカーのものをという考えかもしれません。
しかし、H&Kの経営状況がサポート体制に影響しなければいいですが。
やれやれ
2019年06月21日 19:09
パリエアショーの現地です。
これが現在のC2の状況です。珍しい飛行機の公開に結構並んでいます。
小学生位の女の子がコクピットに座っていました。軍のお偉いさんの子供かも知れませんが、サービスいいですね。
平日なので航空祭程では無いですがここまで並んでいました。
https://i.imgur.com/Tgw2ndA.jpg

C2の所にいた空自から派遣された3佐の装備庁の人に30機の件について聞いたんですが、公には今まで通り22機との事。
口止めされているのかこれ以上の事は言ってくれないですね。
やれやれ
2019年06月22日 12:35
H&Kつながりで一つネタを。
フランス入国は初なのですが、空港や会場を警備している警察官はH&Kの突撃銃使っているんですね。ドットサイト付けていたり防弾チョッキ着ていたり陸自より見た目強そう…マガジンが透明なので実弾が入っているのが分かります…2人コンビで1人が持ってます。拳銃弾じゃ無いって所が結構ヤバイ所って感じです。

この記事へのトラックバック