IHIの防衛需要頼りのいびつなジェットエンジンビジネス。

IHI、トランプ発言に喜べぬ航空エンジン事業


>「日本は(米ステルス戦闘機の)F35を105機買う。日米両国の危機への対応力は増すだろう」。日本の防衛関係者は28日のトランプ大統領の発言を半ばあきらめ顔で聞いていた。この話はすでに昨年12月に出ており、米政府の提示額や納期を日本側が受け入れる「対外有償軍事援助(FMS)」に基づく。2019年度のFMSによる調達額は予算ベースで7013億円と18年度から7割増える見通しだ。日本の対米黒字を問題視するトランプ大統領への配慮からか日本側は購入拡大を決めており、エンジンメーカーなども含めた防衛関係者は危機感を募らせている。


>防衛省向け航空機エンジンを手掛けるIHIはこのあおりをもろに受ける。民間向け航空機エンジンが主力の航空・宇宙・防衛事業の19年3月期の売上高は4922億円と連結全体の3割を、営業利益は464億円と同6割を占め、会社の稼ぎ頭だ。防衛関連の売上高はこのうち1000億円程度だ。IHI側の試算では、FMSの影響などで今後数年でこの防衛関連の売上高が1割前後減る可能性があるという。

>深刻なのは目先の数値に表れない技術面への影響だ。戦闘機エンジンは自動車のF1と同じ。極限の能力を出すために最先端技術を投入し、民間用エンジンにはその技術を転用する。戦前に日本初の国産ジェットエンジンを作ったIHIは防衛省向け航空エンジンの設計から製造まですべてを自社で請け負いシェアをほぼ独占している。「防衛省の航空エンジンを一気通貫で手掛けていることは民間航空エンジンの国際共同開発などで信用の証し」(航空・宇宙・防衛事業を統括する識名朝春領域長)にもある。


>穴を埋めるカギは2030年代に防衛省が投入を予定する次期主力戦闘機(FX)の開発だ。IHIは昨年6月、FXを想定したエンジン「XF9」を防衛省に納入。パワーを示す推力は15トンで、性能は米ロ空軍の最新鋭機のエンジンに引けを取らないという。日本勢が開発主体になるか、米企業が主導するかが注目される。




率直に申し上げれば、IHIの企業戦略がいい加減ということです。

根っこもないのに花を咲かせようというようなもの。

そもそもジェットエンジンでは外国有力メーカーの下請にしか過ぎず、これまで自衛隊機用のエンジンもほとんどがライセンス品。
それでいて、いきなりGEやPW、RRを凌ぐ戦闘機用戦時を開発しました!採用してくれというのは普通に考えれば眉唾な話とわかるでしょう。僅かな努力と予算でそんな「夢の戦闘機エンジン」ができれば外国メーカーも苦労はしません。

そもそもIHIは独立したジェットエンジンメーカーとしてやっていくつもりもありません。
哨戒機P-1のエンジンにしても、これをもとに商品化して、独自の民間機用エンジンの開発、販売を軌道にのせて、ゆくゆくはGEやRRに追いつくようなエンジンメーカーになる(あるいはスネクマあたりに追いつくとか)、という野望があればいいのですが、それはない。

結局あれもP-1専用であり、その後のビジネスの発展性がない。単に税金を喰った話です。
しかもあの機体で4発ですから、整備に手間やコストがかかります。これが民間機用のエンジンとして世界中に売れれば、信頼性も高まっていったでしょう。また生産や整備のコストも向上するし、なによりIHIのエンジンビジネスが拡大して、雇用と税収も増えたでしょう。現状タックスイーターに過ぎません。

自衛隊機用のエンジンを開発するのであれば、それをもとにして民間機用あるいは市場でうるエンジンを作らないとビジネスとしての持続力も維持できません。率直に申し上げればP-1のエンジンだって量産試作みたいなものです。


MRJの苦戦をみれば日本の防衛産業の「世界先端」とか「高い技術」がどれだけ看板倒れかわかるでしょう。MRJにしてもゆるい防衛省というユーザーしか相手にしてこなかった。市場で勝負したらどうなったかは言うまでもないでしょう。それが日本の防衛航空産業の実力です。それを謙虚に自覚する必要があります。

本気で独立したジェッエンジンメーカーになる気がないのに、先端の戦闘機エンジン作れますなんぞという夢を語って、税金を浪費してほしくないものです。
本気で目指すならば、まずは国際共同開発に参加するとか、また小型、中型エンジンの開発販売をやるべきです。それをやらないのは経営リスクを取りたくないからでしょう。防衛需要であれば取りっぱぐれはありません。そういう根性でやってまともなエンジンが開発できるわけがありません。


自助努力はしない、世界の市場に挑戦して生き残りをかける気位も戦略もない企業に税金を投入するのは、無駄使いでしかありません。



■本日の市ヶ谷の噂■
90式戦車の砲塔の安定化装置の開発は防衛庁(当時)と厚労省の医療用機器の開発とで予算を二重取りとの噂。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

KU
2019年06月02日 13:53
揃いも揃ってヤル気ゼロorz。そのくせ、プライドだけは世界一流、てな所でしょうか。


>ロッキード「技術開示しない」自衛隊機の開発めぐり

http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000156060.html

それでも米国としか組みたくない、と考える人が政府や防衛省内に少なからず、いるんでしょうね。
やれやれ
2019年06月02日 16:51
T4がエンジントラブルで飛べなくなったF3-IHI-30Bも改良型なんですがそれが良くなかったのかな?十分な試験(特にT4に乗せて)をしないで改良したからなんでしょか。最近改修したエンジンで飛び始めたようですがさて全機復活にどれくらい時間が掛かるのでしょうかね。IHIの実力なんてこんなもんですよ。そもそも戦闘機用エンジンを開発したのが戦後70年で初めてですからね。F110をライセンスしたときはこれから開発しようと思っていた超合金が既に実用化されて使われていたと驚きを隠さなかった様だしF110量産化時の年頭挨拶で国産化率を80%まで持っていくのが目標と社長が(社外向けpdf。今はHPにも無い)言っている位ですからね。GEに遠く及ばないのは間違いない。まあGEはライセンス生産であってもキモになる技術は開示せず(コピーさせないため)部品をGEが供給するそうですから作れないのではなく作らせてもらえない可能性もありますが。そもそも自力で開発したジェットエンジンが戦時中に開発したネ20を含めても8機種しか無いんですよね。そのうち量産化したのが3機種で全て空自向けです。
民間用のV2500もRRと協業しなければ日の目を見なかったし販売もされなかった。それだけ経験が不足している訳です。GEやPWなんて軍用エンジンだけ見ても傑作駄作どれだけあるんだろう?って位ある上に試作だけってのもありますからね。民間まで広げると...X2に載せたXF5にしてもベンチでどれだけ動かしたかしりませんが、X2で32回50時間程度しか飛んでないんですよ。しかもMig29並みに黒煙吐いてるし。
やれやれ
2019年06月02日 17:01
長くなったので続きです。
それでXF9ですよ。ベンチで出力が予定通りに出たと言っていますが特定の良い条件のときだけではは意味がなく飛行試験で散々飛んで性能確認しないと咳き込むようなエンジンでは意味がなく雨や雪、あられ、鳥などぶちこむ信頼性、安全性試験とかもまだ。順調に行っても10年は掛かるのでは?それでも早い方だと思いますが。IHIには致命的な問題があって自分でFTB(飛行試験機)を持ってないんですよね(GEとか持ってます)。必ず防衛省、岐阜頼みになるので独自に飛行試験を実施できない。これは独自に航空機エンジン開発には致命的。ならJAXAとといってもJAXAもエンジン試験ができるFTBは持ってないし。開発は難しいでしょうね。何より1機しかない空自のC1FTB機が近々に用廃になり今後使えなくなります。C2の試作機がFTBになるかどうか知りませんが、FTBが無いとしたらF3含め今後各種開発に穴が空くことは間違いないでしょうね。新型レーダーや電子装備、エンジンをいきなり実機に載せるとリスクが高いのと機体ができるまで何もできませんから機体がなくてもFTBでできるものは先に試験するんですけどね。空自、装備庁もどうするつもりなんだか。
やれやれ
2019年06月02日 17:17
KUさん、
「>ロッキード「技術開示しない」自衛隊機の開発めぐり」
至極まっとうだと思いますよ。
X2も無駄なものを作っていると馬鹿にしていましたからね。当然でしょう。何の交渉材料にもなってなかったって事ですよ。劣化F22の縮小模型でビビるようなLMじゃないですよ。せめてYF22に迫る物を作らないとね。まあ戦闘機開発もしてこなかったし戦闘機エンジンも研究してこなかったから当然といえば当然ですが。F3にAB付けたりXF5程度で遊んでいるからですよ。機体に至っては...1回作って飛ばしてみたら?と言いたくなります。全部絵に描いた餅程度の試作ではね。要素技術開発を始めたばかりみたいなもんですからね。
それでも喜んでLM案を受け入れて実質LMから買うだけなのに国産戦闘機F3!とか喜ぶんだろうな...
願わくば機体とエンジンはF35ベースでは無いことを祈るだけです。実質F35の派生機種だと今回の墜落事故みたいな事が起こるたびにF35とF3全機飛行停止になりますからね。
英国案も仏独案も独自開発も時間がかかりそうで10年ほどでは完成しないでしょう。さてどうなることやら。
Suica割
2019年06月02日 21:02
海外エンジンメーカーからは、コネ要員として見られているのでしょう。
コージェネレーションとかのジェットエンジンとかから地道にやるべきですね。
濡れネズミ
2019年06月02日 22:05
何というか、外国製の兵器のカタログスペックを鵜呑みにするのも間違ってるんでしょう。
しかし、国産兵器の品質も酷かったです。

直ぐに破れる上に絡まって危険なバラクーダ、直ぐに剥がれる塗料と安物の期限切れタイヤ(クムホ)とバッテリー(台湾製)、共食い整備。職人の仕事などの嘘っぱちに反吐が出ます。

この記事の内容に湧き上がる怒りで手が震えます。
連中の改憲には反対だが外国製のライセンス生産品か国産兵器を導入しろと抜かす言葉を聞いたり、記事をみると反吐が出ます

西の共和国、半島の南北、は曲がりなりにもVLS付きの潜水艦に興味があるというのにこんな裏切り!

不良品を不良品と呼んで拒絶できる分、退職してよかった、そう思っています。
やれやれ
2019年06月03日 00:50
今更四の五の言っても仕方ないのは分かっていますが、例えばF4が導入真っ最中の時に英国がエンジンをスペイに換装したように後から独自のターボファンエンジンを作るって事でパワーも燃費も改善するぜ!って事でもやっていればまだ展望が開けたんですがね。F104でも使っていたんだし独自に開発する気があれば...金がないか。J79ターボジェットの代わりに同等推力のターボファンは敷居が高いにしても遅ればせながら1990年台にでも試験飛行できる位までできれば...まあ当時の技本もIHIも金出してまで開発しようとは思わないか。F15のF100エンジンは更に次元が高いし。せめて代替エンジン名目で開発試作でもしていればねえ。XF5は小さい上に推力不足、更に黒煙履きまくってるし。Mig29だって最新のエンジンでは無煙だと言うのに(ロシアの大部分のMig29は相変わらず旧型エンジン。交換にいは金かかるからね)。試作開発するチャンスは過去にいくらでもあった。ヲタがアドーアの悲劇(笑)とのたまったF1エンジンの改良案だって改良試作すらしなかった。ずっとオリジナルエンジンのままで高性能化はしなかった。そういう契約だったのかも知れないが結局ご本家?ジャギュアはエンジンをアップグレードしF1はエンジンそのまま。結局F1もF4もF15も独自エンジン化はやる気が無かったって事でしょうね。これじゃ進化はしないですよ、開発しているとは言えない。
KU
2019年06月03日 06:49
>>>LM

やれやれさん

ならいっそのこと、北欧のあんなメーカーと共同開発しる、ということで()




>自衛隊はこうして“抑止力”から“実際に武器を使用する時代”へと移行した

http://bunshun.jp/articles/-/12108?page=1
KU
2019年06月03日 18:13
>野田洋次郎、米戦闘機購入の政府に「腑に落ちない」

http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201906030000371_m.html

フランスもF-35を導入でんでん、てな話が載っておりますです。てか、導入に反対するもしないも自由ですが、何だか詰めが甘いとしか...。
濡れネズミ
2019年06月03日 18:54
いじめまで、なんなんだアイツら。
本当に腐ったエリートの典型例ではありませんか。
国内企業よりもまだIAIとか、ユーゴインポートとかの軍事企業と取り引きした方が良心的にいい気がします。

日経と国内メーカーの皆さん、引き抜きの話だってこれでパーでしょう。実にご愁傷様ですなぁww。

お偉い悪党の皆さま、技術取得とやらこれでご破算なんだから役に立つ兵器を導入するべきと思いますがね。
俺は生憎同情なんてしないで爆笑させてもらいますよー😂
CPR
2019年06月04日 16:26
>いじめ慰謝料など求め 英国人元技師が三菱航空機を提訴
三菱もですか。
自衛隊は日本の縮図、階級という明確な上下関係があるため、余計に起こりやすい。
自衛隊における問題は、いじめ・パワハラが指導と混同されてしまうこと、いじめ・パワハラを解消する体制が整っていないことです。

戦略が駄目という点では防衛省お抱えの防衛産業も同じようですね。
慷慨遣る方ないのは、これらが現場隊員の血で清算されることです。
馬鹿な調達や組織編成に関わった連中が戦時降格で第一線に立つなら少しは溜飲が下がるのですが。
やれやれ
2019年06月04日 16:44
日本航空宇宙工業会、将来戦闘機の早期開発着手を要望
http://www.tokyo-dar.com/news/6089/
「「わが国主導の開発」の前に「外国との協力も視野に」という文言も明記されていることについて、あくまでも日本側が主体性を持った上で、国内には無い技術は装備品を活用する形が望ましいと述べた。」実力のほどを知ってか知らずか随分お花畑な考えのようで。ほぼ全部持ってない技術ばかりで主体性と言ってもねえ。LMと組んだら下手すりゃ生産すら参加させてもらえないかも知れないのに。
やれやれ
2019年06月05日 12:59
濡れネズミさん、
展示品がモックアップであったとしても実在するものですよ。
正直何を今更って感想しかありません。
その手のものは中国に限らずごまんとあります。
珍しくもなんともないです。
自衛隊が、日本が世界から取り残されて
いるんですよ。
やれやれ
2019年06月05日 15:55
改良型も不首尾なASM-3
https://japan-indepth.jp/?p=46144
なんと新型対艦ミサイルが完成したにもかかわらず不採用になったとは知りませんでした。
その上での改良型だったんですね...
門外漢だったのでこのような問題点があるとは知りませんでした。
ロシアとかの対艦ミサイルはロケットで超音速で目標まで接近しその後ジェットに切り替えて低速で海面すれすれを飛翔して命中させるみたいです。賢いですがミサイルがその分長くなりますね。海面上をM3にもなると誘導も難しいんですね。
濡れネズミ
2019年06月05日 17:27
すみません。
現在の自衛隊の警備方針がどう決まっているのか分かりませんが、在職中と変わらないなら戦術の改善では対応できないと思うのです。

ハッキリ言って在職中に見た戦術はお粗末でしたし、何より資材が足りない。
陣地構築訓練で正規の方法が取れないので、四苦八苦していました。
そこにこんな物が投入されたら、少なくとも陸自に対応できる能力があると考えられないのです。

イスラエルのトロフィーやアイアンドームを説明してあり得ないと言い切る連中が何人生き残れるのか。

正直、上層部のお偉い悪党が自慢のオモチャがアッサリ潰される事態に発狂するときがやってくるのではと頭を抱えています。
元キャプテン
2019年06月05日 23:37
濡れネズミ様

同じ経験者・OBとして釈迦に説法になりますが、期待するのは愚の骨頂です。なぜならば 結果を求められない。競争がない。故に変化なし、進歩なし、学習能力ない旧態依然の業界ですから。他の業界 特に民間企業では時代を読めない、変化ない者は淘汰されます。ダーウインの進化論の通り、環境に適応できない進化のない生物は絶滅すると。
期待するのは止めて現在の本業でのスキル向上、キャリアアップ、個人の生活充実に努力を集中したら どうでしょうか。 誤解して欲しくはありませんがブログに主張や意見を投稿をやめろとは解釈しないでいただきたい。一線を越えない。 守秘義務、モラル、相手の名誉を守る限り 個人の責任で行動する限り問題はないと私は思います。
やれやれ
2019年06月06日 00:16
濡れネズミさん、
多分今の自衛隊に対処する手段は無いでしょう。全滅でしょうね。ドローンは偵察もできるミサイルか爆弾だと思って間違いないです。それに上空1km以上からグライダーの様に無音で侵入されたら真上を監視してない限り偵察にも攻撃にも気づかないでしょうね。発見しても撃ち落とすのは難しいと思います。それに今は榴弾砲や迫撃砲すらGPS誘導弾がありますから位置を知られるとピンポイントで狙い撃ちですよ。弾はお高くても1発で仕留められればお安い。昭和の戦法にしがみついているであろう自衛隊でどう対処するんだろう?と心配になります。
CPR
2019年06月06日 05:47
濡れネズミ様
現状、陸自の訓練体系は冷戦期のままから進歩がありません。
非正規戦、非対称戦には対応するための装備も訓練もない。
お偉方にもそれらへの知見などほぼないでしょうから、いざことが起きると大変なことになると思われます。

これについては衛生も同様です。
時代遅れの考え方を採用し、不十分な態勢・装備ですから、損耗がお偉方の想像以上に速く進んで第一線が崩壊するでしょう。
ふきのとう
2019年06月07日 02:24
まあそりゃあ現場で戦う身であれば日本製でなくてもいいからP-51やM4シャーマンに対抗できる戦闘機や戦車をクレ、みたいな気持ちにはなるでしょうね。まして今はアメリカと戦争をしているわけでもないですし。
KU
2019年06月07日 18:38
>調達予定品目(中央調達分)

http://www.mod.go.jp/atla/souhon/supply/jisseki/choutatsuyotei.html

武器調達官の所に「歩兵戦闘車」とか「偵察戦闘車」とか「ドーザ(装甲付き)」といった物品が書かれてありました。前から気になっていたのですが、(2国)とか(3国)とか書かれてある物品は、国産品なのでしょうか?
KU
2019年06月07日 19:31
3国とは3年国債のことなんですね。どうにも気になったのでググってみたら文谷さんの、こちらのブログ記事が見つかりました。お騒がせしました。↓

>国債でできるね

http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-786.html

納期も3年後の22年になっているし、あとは、どんな車体が採用されるのやら。


CPR
2019年06月08日 08:13
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
https://news.militaryblog.jp/web/US-Army-APEL-TCEP.html

電子式レンズ透過度変更レンズの製品が追加されています。
個人的にはアイウェアに電池を用いるのはどうかと思いますが、有用性があると判断されたのでしょう。
アイウェア1つとっても大きな差が開いている状態です。
運よく生き残っても、眼球摘出や視力低下となる隊員が続出するでしょう。
やれやれ
2019年06月08日 10:11
日本がF35を「爆買い」のウラで、米軍はF15の大量購入を決めた
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65008

色々ツッコミどころ満載ですが米国がF15EXを買った経緯はF35の高コスト運用費なので古くなったF15C/Dの置き換えはF15でってのは分かります。これで日本の初期型F15を米国に売ろうという目論見は消えました。無人標的機用に一山いくらなら買うかも知れませんが。
濡れネズミ
2019年06月08日 13:34
皆さん、ありがとうございます。
在職中に良くしてくれた方、仲の良い同僚が怪我をした際に保険が全く使えませんでした。彼等は何のために苦しんだのか。

ふざけたオモチャには金を突っ込んで当たり前のように裏切る。
挙句に大失敗する。

そして何故こうなったと責任を転嫁する。
一体全体、何を考えてるんでしょうか。
サウジアラビア軍でさえ、自国の利益を追求しているというのに。
ブロガー(志望)
2019年06月09日 22:42
お邪魔します。
 日本人には事実と論理が無く、心情と空気と直接的な人間関係しか無いので、「何ができて何ができないか」「どこまでできてどこからができないか」が「本人のやる気」といった主観的なものでしか考えられません。当然それで上手くいくはず無いのですが、面子や摩擦及び軋轢の回避に比べれば事実など取るに足らないので、都合の悪い事実は「水に流す」か、例えば現場の人間といった立場の弱い人間に尻拭いを押し付けるのです。
 生産量が増えれば品質や信頼性はある程度付いてきます。かつて安かろう悪かろうの代名詞だった日本製品が高品質・高信頼性を誇るようになり、中国製品もモノによってはそれなりになった一因でもあります。となれば今の兵器(特に高額・ハイテク兵器)は価格の高騰と調達数の減少という悪循環に陥っているので、品質や信頼性の低下の可能性もあるのではないかと思われます。それに抗するには「集約化による数の確保」が必要と思われるので、中途半端に関わろうとする輩など「邪魔」でしかないのではないかと。
やれやれ
2019年06月10日 13:27
F35A、飛行再開へ 人的要因で墜落と推定、機体の不具合否定
https://mainichi.jp/articles/20190610/k00/00m/040/096000c
まあ公表された通りの数値で下降してたとすると自殺のために真っ逆さまに海に突っ込んだか感覚が錯覚して水平飛行のつもりが真下向いてましたって感じかな。機体の異常なら訓練中止の無線の時に言うだろうし脱出だってしただろう。昼間だったら起こらなかったかも知れない。他に隠して無ければ他に合理的理由も見つからなかったのだろう。俄には信じられないかもしれないけど手動で雲の中をずっと飛んでいて雲を抜けたら背面飛行していたなんて笑い話もあるし自分自身も何度かバーティゴ(空だけとは限らない、地上でも起こる)を経験している。人間の感覚は結構あやふやだ。それにしても気になるのはこの時バイザーではどんな映像が見えていたのだろう?バーティゴでの事故が無くならないのは自分の感覚を優先し機械を信じきれないからなんだろうけど。真っ逆さまで飛行したら低高度の警告が鳴った時には既に手遅れだろうし。何か事前に飛行がおかしいとか出ないのかな?(今のでも低高度と失速は警告音がビコビコ鳴ってる)あんまり出るとうざそうだけど。
やれやれ
2019年06月10日 15:04
UTとレイセオン、航空業界最大の合併へ
https://business.nikkei.com/atcl/global/19/newyork/?i_cid=nbpnb_tgd
こりゃまた凄いことになるな。業界再編が加速する?
United TechnologiesはジェットエンジンのP&Wと日本でも結構使われているOHTISエレベータが有名。レイセオンは各種ミサイル、レーダーなど。合併するとどういう利点があるのかよくわからないけど、13兆円とか規模が凄い。

この記事へのトラックバック