清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国に勝てない防衛装備庁の開発

<<   作成日時 : 2019/03/28 15:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 37

かつての防衛省技術研究本部は組織改編で防衛装備庁に吸収された形になりました。
ですが、装備の開発調達は旧態然で、全く進歩していません。これでは仮想敵国である中国にはまったく勝てないでしょう。

中国が後進国だったのはかつての話であり、今や急速に開発力と実力をつけています。

例えば装備庁は対UAVレーザー砲を開発しようとしていますが完全に周回遅れです。

防衛省、高出力レーザー兵器開発へ=ドローン、迫撃砲対策
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018123000216&g=pol

>防衛省は2019年から、低空を飛来する攻撃・偵察型ドローン(小型無人機)や迫撃砲弾の迎撃を目的に、高出力の軍事用レーザー兵器の研究を本格化させる。今年度予算には開発費として87億円を計上。年明けに陸上配備型の研究試作機製作の入札を行い、23年度までに技術的検証を終えたい考えだ。

>防衛省は、最大50キロワットのレーザー発生装置を開発しているが、迎撃には100キロワット程度の出力が必要になる。将来的には長距離巡航ミサイルや戦闘機などの迎撃に使用することを目標に研究開発を進める。

高出力のものは既にラインメタルやMBDAなどがかなり先行しています。

そして、例によってレーザーシステムだけを研究するのでしょう。迫撃砲やロケット弾の迎撃まで行うのであれば、アイアンドームやスカイシールドなど、ミサイルや機関砲を使ったシステムが既にありますが、そういうノウハウの蓄積あるいは研究が必要です。それには防大なカネと時間がかなりますが、そんな予算は出さないでしょう。

単なる技術屋のマスターベーションで終わるでしょう。

レーザーによる迎撃にしても中国にかなわないでしょう。
中国のポーリー社は既にAAD2016で商品として紹介しています。

http://www.tokyo-dar.com/news/2277/

出力は5〜30kwで、出力5kw時の射程は200〜800m、10kw時で200〜2000m、30kw時で200〜3000m。レーザーは目標の追尾にも利用できる

今回のIDEX2019にも出展していまましたが、輸出を通じてスパイラル的に能力を高めていくでしょう。2016年に登場したということはその数年前から開発していたことうことです。


装備庁が開発を終えてもそれが装備化されるかもわかりません。
技本時代からそうですが、防衛省の開発は単なる技術実証なのか、装備化を前提とした技術実証なのか、装備開発なのか非常に曖昧です。

東日本大震災のときの原子炉偵察も国産UAVは信頼性が低くて使い物にならず、後追いで研究していたUGVはとっくに量産、小型化が進んでたIロボット社のパックボットが投入されました。日立が主契約者となって開発されていたUGVは時間がかかっていただけで、小型化もできず、未だに装備化されていません。
多額の時間と血税を使って開発者のマスターベーションをしているわけです。

主契約企業がそもそもUGVを作ったこともない会社で、しかも開発の着地点も分からずに開発する。自衛隊以外の警察や海保などのユーザーすら想定していない。

そして開発時に法的なことが全く考えられません。
新しい装備を開発する際に法的な問題が起こることは多々あります。ですが、全て既存の法律枠内でやろうとします。ですからどんなに装甲車両が重たくなっても横幅は2.5メートルとか眠たいことをいっているわけです。

レーザーでUGVや迫撃砲弾を撃ち落とすとして、その副次被害をどうするのか?全く考えていないでしょう。仮に装備化されてもFFRSなどと同じで演習場専用のおもちゃとなるでしょう。


最近でもこういうことがありました。

自衛隊、離島で電子戦訓練できず 携帯電話と混信恐れ、総務省が認めず
https://www.sankei.com/politics/news/190326/plt1903260045-n1.html

> 自衛隊が電磁波を使う電子戦の訓練をめぐり、沖縄県の離島への中国の侵攻を想定した電波妨害訓練を行えず、支障が生じていることが26日、分かった。訓練で活用する電波の周波数について総務省の承認を得られない状態が続いているためだ。携帯電話の通信の送受信に使う電波と混信する可能性があるのが理由で、国防と民需で電波の争奪戦が激しくなっている。

>現行通信規格の第4世代(4G)では電波周波数は極超短波(UHF)の2ギガ(ギガは10億)ヘルツや800メガ(メガは100万)ヘルツの周辺が使われている。



東日本大震災の時には陸自の無線が通じなくて大混乱になりました。それは何世代のもの無線機の混在も理由でしたが、本来軍用無線にふさわしくない周波数帯が自衛隊に割り当てられているからです。
ぼくはこの点を震災以前から指摘していましたし、自衛隊内でも震災の教訓の分析で当然出ている話です。

ところが何の変更もせず、総務省と話し合いもしていません。
陸幕はNECがつくった、現場では全く通じねぇと非難轟々の広域多目的無線機を導入して涼しい顔をしています。

要は法律を変えたくない、他の省庁と面倒くさい交渉はしたくない、できるだけ楽をしたいというのが防衛省と自衛隊のスタンスでしょう。
次に大震災が起きたり、戦争が起きて国民が死傷すればその責任は歴代の防衛大臣、防衛官僚と、自衛隊首脳、総務省の責任ということになります。

仮想敵の中国よりも、悪質な敵が防衛省、自衛隊と総務省です。

かつての防衛庁は内閣の外局であり、自衛隊の管理だけがお仕事だったでしょう。ですが既に省に昇格して何年ですか。そんなに政策官庁の仕事が嫌ならば、また防衛庁に戻すべきです。

例えば富士フィルムだってデジカメ時代に即して、商売を変えています。延々と写真用フィルム作っていれば楽だったでしょうが倒産していたでしょう。潰れない会社はいいですよね。まあ、そのつけは我々国民が税金と血で支払うことになるのですが。

ネットワークが中心の時代に、ネットワークが通じないのでは軍隊として終わっています。そんな状態でサイバー戦がどうのと防衛大綱に書いても諸外国から鼻で笑われるだけです。

いい歳した大人が、他人の納めた血税で遊ぶのはいい加減にして欲しいと思います。

こんなことで中国の兵器開発には勝てません。
海外の主要な見本市に3年ぐらい通ってみればそれがよく実感できるかと思います。


■本日の市ヶ谷の噂■
防衛省の志賀佐保子広報課長は、防衛省の記者会見の主催者である防衛記者クラブが了承したフリーランスの会見参加を手続きの不備を理由に無期限で延期、この問題の担当者も責任者もおかず、取材も受けつないと主張。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時
技本の開発者は下町ロケットに登場するエンジニアの爪の垢を煎じて呑むべきでしょう。
技本の開発者の能力は低いのか?私はそう思いません。問題なのは環境や仕事のシステムではないでしょうか?
適切な例えではありませんが、学力優秀な生徒が荒れた底辺高校に通ったため 学力が低下した。そんな感じがします。 つくば市の研究機関で修行し、刺激を与える。考え方を変える。他の研究者と交流する。そういった人事も必要だと思います。
試合のしない運動部と 模擬試験を受けない受験生は進歩なし。変化なし、進歩なし、学習能力なし。戦争どころか試合にも勝てない。だって引きこもりの自閉隊だから。
元キャプテン
2019/03/28 16:04
マレーシアのLIMAに来ています…毎度のことながら暑過ぎる…
日本展示館ありました。
今年は装備庁とNEC、新規でIHIでした。
富士フイルムもあるんですがここは現地法人が独自に出店しています。
色々お話しさせて頂きました。
装備庁はパネル展示と地対空ミサイル用のレーダーでした。格好が皆ビジネスモードなのでわからなかったのですが三菱電機からエンジニアが来ているそうです。
NECは浄水設備、顔認証、飛行場用地上レーダーなどで全部ビデオ展示。
IHIはジェットエンジンなどは一切無く
潜水ドローンとイプシロンロケットなどで
こちらも小さな模型とパネル展示です。 おまけのビデオ。明日からパブリックデーですが装備庁はお帰り、NECとIHIは少しだけ
展示するそうです。装備庁に文句言ったらまだそこまで展示する予算と理解がないそうで。今後の課題と言うことで。まだ日本がどんな装備を持っていて軍民共用で使えそうなものから展示しているんだそうで。
やれやれ
2019/03/28 16:20
追われる者の弱みですかね。追い越されているかもですが。
必死さがないです。
自衛隊と同じで戦争なんてないと思っているのでしょうかね。
米国がいる安心感でしょうか??
19190213
2019/03/28 21:37
くそ暑いランカウイからです。
今年のブースは三菱電機は撤退、NTTデータも撤退、前回は富士通が撤退と言う有様です。明日からパブリックデーですが一応NECとIHIは時短?でやるようです。装備庁は撤収します。色々お話しさせて頂いたのですが、どこも日本がこんなこともやってるよ程度の事でどこまで本気で売り込もうとしているか正直よく分からないです。言い方は悪いですが日本を宣伝すれば取り敢えずOKみたいな感じです。で、清谷さんばり?に噛み付いて見ました。迷惑でしょうけど暇だからいいよね…まず装備庁ですが、基本地対空ミサイルのレーダーの売り込みみたいです。それも自衛隊が使ってるのより一段落としている模様?あまり詳しくないので。それと他のブースを、見ているか聞いたらちょっとは見ている模様。で、空自の3佐(多分技術士官)がいてちょっと聞いたら自分のブース以外しらないそうで…駐在では無く今回の為に出張だそうです。マレーシア空軍もロシア空軍もSU30持ってきているのに見て無いそうで。ホールの上をガンガン飛んでうるさいな位のもんで…仮想敵の戦闘機が目の前にあっても無関心と言うのも凄いなと。ツッコミいれたらそう言われればそうですね。休憩時間に見とけば良かったですね位の関心でした。多分レーダー専門だとそうなのかも知れないですけど何かしら見て思う所ないのかな?と思わなくもないです。スホーイの戦闘機なんて外国でしか見れないから素人でも興味深々なのに。会社の他の仕事には興味ないのかな。
やれやれ
2019/03/28 23:14
広多無はまず、諸元通りの通達距離がまったく出ない、また操作も繁雑で使いずらく、構成品、特にコード類が多く取り回しが悪い。さらには故障も多く、後送してもなかなか修理されず、稼働率も低い。極めつけは、せっかくGPSで位置情報を自動であげられるのに、陸自指揮システムとリンクできないので、指揮所で位置情報を手打ちしなくてはならない。(広多無はNEC、指揮システムは富士通だから)
採用ありきの性能試験で、見切りで採用され、全ては現場にしわよせがいく。まあ自衛隊らしいですね。
そんそん
2019/03/29 08:07
そんそんさん
元か現役なら不味いやもしれません。
気の使い過ぎなら良いですが暈かした方が良いし清谷様も伏字に換える処置をした方が良いかもしれません。
情報を公開したほうが公益になるやもしれませんが個人を守る事もまた重要です。
図星だから焦ってると言われるとうんともすんとも言えませんが・・・。
昨今重箱の隅を楊枝でほじくる風潮がたえませんのでご用心をば。
19190213
2019/03/29 10:42
   
あれがなければ、私は装備面においても目を瞑ることは多かったかもしれません。
現代戦においてC4iや電信と言う物は不可欠であります。
もう語る必要もないくらいに・・・。
各職種を繋ぐのが通信でありそれがなければ・・・・・・・・・・・・機能しない。
こればかりはわかりません。
なぜときっと問いたい人間は大勢いるはずです。
しかし問えない。
誰かが死ななければ若しくは負けなければ。
情報を大事にせず責任の所在も曖昧。
どこかの敗軍に似ています。国民をどん底に落とした間抜け共と被りやしませんか?
19190213
2019/03/29 11:20
>いい歳した大人が、他人の納めた血税で遊ぶのはいい加減にして欲しいと思います。

清谷様としては、このような状況を改善するためには、どのような改革を行うのが良いとお考えでしょうか。
ブリンデン
2019/03/29 11:49
ランカウイのLIMAのNECブースで広域無線の件に話を振ったらよくご存知で…という感じでした。NECと言えば通信でしょう、関係部署に文句言って下さいと無茶振りしてきました。
やれやれ
2019/03/29 14:10
やれやれ様
展示会に情報収集専門の制服はいなかったのでしょうか?
せめて他国の戦闘機に関心を持ってもらいたいところですが。

そんそん様、19190213様
報道で明らかになっていることは別ですが、赤裸々に書きすぎるのは控えた方がいいかと存じます。
どこで足を引っ張られるか分からないご時世ですので。

衛生についても惨憺たる状況ですが、こちらは報道されていることが多いです。
救急法検定の内容、医官の充足状況、装備品など、海外と比較すればいかに駄目か分かってしまいます。
また、秘匿性の高い通信と違って、災害医学会のように外との繫がりがあります。
どちらも第一線を支える重要な機能で、どう改善すべきか分かっている分野のはずなのですが……。
昨年フィリピンで殉職隊員が出ましたが、何か変わる動きはまだ見られないですね。
CPR
2019/03/29 16:12
間違いなく保全関係の人間が見ていますからね。
特に通信関連ともなれば引っ張られてもおかしくはないです。

”自衛官辞めたらただの人”ようやく民間人らしさが出てきたところです。数年が経とうとするのにいつまでもコメントするのも考え物とは思っていたところです。
今後、私もコメントを控えるようにします。
19190213
2019/03/29 17:24
皆様、ご忠告ありがとうございます。
そうですね、まあ気をつけたほうがいいですね。自ら衛ることを専らとする組織ですからね。
そんそん
2019/03/29 23:10
中国軍の脅威は装備開発だけでなく、その元になる軍事ドクトリン(接近阻止・領域拒否A2/AD)をきちんと打ち出してる事です。ドクトリン無しに装備の開発なぞ、バカげています。自衛隊に欠けてるのはそこです。装備の自力開発がムリなら、買ってくる手もありますが、それもカネがあればの話です。海外でカネを稼ぐ能力を示す対外純資産は、第2次安倍内閣発足の2014年以来、一貫して下がっています。2位のドイツに抜かれるのは時間の問題、3位の中国と4位の香港を足すと、すでに抜かれています。日本は時間が経つほど不利になりますよ。
マリンロイヤル
2019/03/30 00:47
CPRさん、
少なくとも見かけませんでした。
今回に限らず何処でも見たこと無いですね。ステルスだと分かりませんが…
因みに海自も護衛艦派遣していますので
居ても良いのですが見ないですね。中国海軍はバス手配して団体で見に来ていました。
やれやれ
2019/03/30 06:18
すっかり夏バテのランカウイからです…
今回は展示機も展示飛行も種類が少なくなって低調です。スホーイ祭りと言っても良いかも知れません。あとは目玉のインドのテジャスでしょうか。屋内展示もブースはビッシリですが内容は防衛、民間共に低調です。あまり買ってくれないからでしょうかね。マレーシア空軍のブースすら中身が以前より薄くてグッズ売り場が多くなっている有様。米軍、中国含めてドローンは多いですが驚く程では無くむしろ少なめ。中国ですら少し縮小です。日本もやる気無さげですが他もあまりやる気を感じなかったですね。以前と比べるとパワーダウンしています。そんな中でトルコだけは元気でした。色々輸出したいのでしょうね。
やれやれ
2019/03/30 07:05
NECのブースですがビデオとパネル展示だけでした。他のブースの見学とか他社の調査とかどうしています?と聞いたらあまり見てないそうで。一応引き合いはあるそうですが契約までこぎつけないようで。パブリックデーも元気にやっていました。どこかの軍のお偉いさんが訪問していたので声はかけませんでしたが、パブリックデーとは言え思わぬお客様は来るようですね。
IHIは模型は片付けてパネルだけでした。
見たときは日本人1人とマレーシア人2人でした。誰もこないので手持ち無沙汰でした。防衛装備庁は当然無人。もぬけの殻です。自衛隊装備の写真の前で記念写真撮ってる兵隊さんがいたので少しは見てくれたかも?
やれやれ
2019/03/30 07:22
現代ビジネスの部谷氏のドローンについて書かれた記事に対して否定的な自衛官や技官ばかりですし
彼らには新しい装備や戦術について学ぼうって意欲はなく単に今までのことを反復して給料もらおうって人間ばかりですな
山銅
2019/03/30 09:10
19190213様
そんそん様

現役時代、職種・職域・階級・補職は違えども同じOBです。
通信、運用、装備開発、情報等保全や守秘義務はあります。そういう節度はあります。しかし、お話ししている内容は守秘義務に反しているか?と言われればそうとはいえないと思います。OBも軍事雑誌や出版で現役時代の得た経験を語っています。内容を精査していますが。 情報保全隊のモニタリングもありますが 支障はないでしょう。内容はたいしたことないし、そこまで暇ではない。警戒しているのはカルト教団・過激派・外国の工作員との接触です。私が問題視しているのは現役のバカ共が2チャンネル?らしきものに個人の誹謗中傷、部隊の不満、根拠のない噂を投稿することです。
組織から金と仕事を貰っている分際でさんざん文句、誹謗中傷している矛盾した行動しているバカ。文句あるなら辞めてから言え!ですよ。辞める度胸や根性がないキチンですよ!
どういう事情や理由で退官したかは置いておいて、現在は自衛隊から仕事と金を貰っていないので 義理立てする理由はないし、主張している内容は守秘義務も含め社会通念上問題はないと思います。 将官や1佐クラスは別としてペイペイの持っている情報は価値がありません。過度に心配することはないですよ。
私はOBこそが積極的に情報発信すべきでしょう。情報を閉ざすことが誤解・歪曲を生みます。、組織の健全性に効果があり、モラルハザードを抑制すると思います。守秘義務や個人のプライバシー・名誉に配慮する義務も同時にあります。総合結論、問題なし、心配なし。
元キャプテン
2019/03/30 09:52
そんそん様、19190213様
誤解を与えたようですので、正させてください。
諸元など明かすことが不適切な部分を除き、コメントを控える必要はないと思います。
基本的に防衛問題に疎い国民性ですから、草の根であっても現実を発信し続ける方が大事だと思います。


やれやれ様
ご返答ありがとうございます。
やはり官民共に情報収集はなしですか。
実は身分を隠してやっている、と希望を持ちたいところですが……。
中国は団体でとはさすがですね。
性能向上が著しい直射火器とドローンを組み合わせた戦術を十全に使われた場合、今の陸自は自分の射程外から一方的に叩かれるのではないでしょうか。


米空軍の精鋭「戦闘管制要員(コンバットコントローラー)」と共同開発した水溶性粉末サプリメント『MCN-40』
https://news.militaryblog.jp/web/MCN-40-powder-supplement-reflects/opinions-of-USAF-Combat-Controller.html
一般販売もされるようです。
軍の需要だけでなく、民間にも販路を広げて、事業を成り立たせようとする。
食品ですから販路を広げやすい話ではありますが、日本の防衛産業も見習うべき点です。
CPR
2019/03/30 11:18
元キャプテン様

確かに、しっかり声をあげることは大切ですよね。一番の問題点はおっしゃる通り、自衛隊の閉鎖性にあるのでしょう。

自衛隊は創隊の経緯からか、憲法論のためか、国民の態度が手放しに肯定するか、頭ごなしに否定するかになってしまっていて、健全な批判をされてこなかったと思います。昔は否定派、今は肯定派が多くなってますが、その実、自衛隊に対して理解の深い国民は、知識人含め驚くほどに少ないです。
自衛隊側の問題としては、批判をされた時、それを否定ととらえているところでしょう。そして頭を撫でてくれる肯定派とともに(肯定派は、自衛隊についてろくに知りませんが)、狭い世界に閉じこもっています。
国民はもっと自衛隊について、理解を深めなくてはならない。手放しで誉めても、頭ごなしに怒ってもだめで、しっかりと事実に基づいた批判、清谷様のように叱ることが、自衛隊を育てることになると思います。
そんそん
2019/03/30 13:40
>>>トルコ

やれやれさん

お疲れ様です。にしてもトルコ...ウチの陸軍も、あんな装甲ドーザーとか、そんな水陸両用車とか、こんな軽戦車を大人買いすれば良いのに!(切実)。

>防衛省、次期装輪装甲車の試験車両購入と耐爆技術研究を要求

http://jm2040.blogspot.com/2018/09/2019-draft-wapc.html?m=1

※次期装輪装甲車(試験車両)における提案要求書の案に対する意見招請に関する説明会について

http://www.mod.go.jp/atla/rfi.html

さて、どんな車体が採用されることやら。
KU
2019/03/30 19:03
マリンロイヤル先輩へ

ドクトリンなしの装備体系・開発はない〜。
まさに仰せの通りです。私がGー4・兵站幕僚時代に充足基準を手掛けていました。装備品を各部隊に割り当てることですが。 運用サイドの意向・事情や各部隊の任務上の特性を考慮しなければなりません。ややもすると セクト主義や引きこもりになり、実態とはそぐわないものになります。そこにもドクトリンが基礎となっているでしょう。簡単なようで結構悩みました。
開発もビジョンやコンセプトがないと 投資した資源をドブに捨てることになります。仕事やプライベートで研究者や技術者とお話しする機会があります。研究開発もドクトリン?らしきものがあり、研究計画を策定し、時期・目標・資源の配分が定められ、個人の嗜好・道楽が入り込む隙はありません。仕事ですから 小学生の夏休みの自由研究とは違います。 求められるのはオンリー・ワン。二番煎じや上書きコピーは邪道だと。やはり問題は資源の確保で研究費、人材、実験設備。フェロークラスはそこに頭を抱えているそうです。資源の確保と配分。その仕事は文科省の官僚とレジェンドの科学者の仕事ですが。
研究開発はカネや時間が掛かるし、必ずしも成果が出るとは限らないし、研究者・技術者だけ解決できる問題ではない。政治の力学も必要でしょう。
元キャプテン
2019/03/30 19:15
そんそん様

批判に剥きになる。大人ではない。ガキでしょう。まぁ大人の幼稚園と揶揄される所以でしょう。認めてくれ、評価してくれ。アマチュアで子供なんですよ。シビアに言わせていただければ。
認められる、評価されるには行動と結果しかない。中学生の運動部未満ですよ。そんなことを言うなんて。
私の働いている会社なんか 恐喝まがい、恫喝まがいのクレームなんて日常茶飯事ですよ。清谷さんの仕事なんて 脅迫どころか 訴訟やテロは日常茶飯事。何を甘いこと抜かしているんですか。
自衛隊の足りないところ、プロ根性! 私が退官して痛感しました。曲がりにも金を貰っているプロですから。私はそう思います。厳しいこと言って申し訳ございませんが。
元キャプテン
2019/03/30 19:45
そんそん様

先程は冷たいコメントをいたしまして済みませんでした。
以前の情報発信の必要性の話題の延長線ですが。
私の現在の職場の先輩からこんな 意味深の提案がありました。
古巣の職場=自衛隊で兵士〜下士官〜将校を経験し、最終的立場は組織のピラミッドの中間に位置している。会社組織でいえば課長職かマネージャー。経営陣の将軍クラスと末端の平社員の曹士と接して仕事している。組織を一番熟知している。また、官と民間を経験しているハイブリットで 客観的に古巣の職場を分析・観察できると。古巣の職場の問題提起や組織病理に関する本を出筆・出版したら?多分、冗談だと思いますが。
文才、時間、出版社のサポート、資金等条件が必要ですが。先輩の提案もまんざら的外れではないと思います。
OBがこのブログにコメントするのは 些細なことですが防衛政策に利があると思います。欲を言えば大学教授や教師として働けば 正しい情報と知識を普及しやすいと思います。
元キャプテン
2019/03/30 20:58
写真のテストをします。見れるかどうか。
LIMAのトレードデーの様子です。
防衛装備庁ブース
https://i.imgur.com/YTTTmiL.jpg
写真撮るときよく見てなかったんですが、
日本人で空将補?
https://i.imgur.com/v5jzfni.jpg
売りたいものの様です
https://i.imgur.com/SLs13Xv.jpg

IHI
https://i.imgur.com/2WEYH5P.jpg

NEC
https://i.imgur.com/0c6kh4M.jpg
https://i.imgur.com/o8v6EuE.jpg

本日が最終日でこれからランカウイを発つのですがブースはどこも概ね午前中だけで午後は展示飛行があるので撤収準備する所が多いです。NECもIHIも本日の午後は無人でした。当然ビデオも流していません。
パネルだけが残っています。
やれやれ
2019/03/30 21:46
CPRさん、
仕事では無くて趣味で来ている人はいるかも知れませんね。写真マニア、戦闘機マニア、武器マニアの現職さん結構いましたから。前々回はLIMAの会場で現職さんに会いしました。
それと後で写真を見たら空将補みたいな人がいたのでもしかしたらお偉いさんも来ていたのかも?
それとわざわざ身分を隠して見学する様な所ではありません。何処の国の軍隊も軍服か制服、飛行服を着て見学しています。なので中国海軍の軍人さんも制服が白で肩に赤星と八一が書いてあるワッペンがあるので中国と分かるわけです。東洋系なんて見ただけでは何人か簡単には判断出来ないですよ。会場でも良く中国語や日本語で話しかけられました。改めて言うまでもなく制服やワッペンを見れば所属やどんな仕事をしているかすぐ分かる場合もあります。特にパイロットなどは自分の操縦する飛行機のワッペンつけてますから。そんな方々が一般人と一緒に見学してたりしますし、軍関係の学校の学生さんは見学が必須と思います。そんなのが会場にいっぱいいます。

そうそう海を見たら偶然海自のあさぎりが見えましたので間違いなく参加しています。船の中から出ないのか出られないのか海自の人も見ないですね。まあ人が多いので見かけないだけかも知れませんが。
やれやれ
2019/03/30 22:11
>南西諸島防衛 部隊常駐で対処能力を高めよ

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20190330-OYT1T50298/

なんとも勇ましく、イケイケドンドンな記事なんですが。
KU
2019/03/31 10:49
お邪魔します。
 元外交官の佐藤優が、CIAがモサドと比べてパッとしないのは、諜報活動の成否が国家の存亡に関わる度合いがアメリカとイスラエルで違うからといった事を言っていたように記憶しています(アメリカは”力技”が可能だから?)。防衛装備庁の開発の成否も、日本の存亡どころか安全保障にも大して影響しないと思われているでしょうし、中国と違って日本のお偉方は「自分の思い通りにならないとネチネチいじめる」事はしても、「スッパリ斬り捨てる」ような事はなかなかしないからではないかと思われます。
ブロガー(志望)
2019/03/31 19:21
>護衛艦の英訳はデストロイヤー(駆逐艦)。世界有数の“軍隊”隠そうとして起きる矛盾

http://www.businessinsider.jp/post-188219
KU
2019/04/01 06:35
山銅さん、
彼らはミサイルなどの誘導兵器がドローンの一種だと言うことを分かって無い様ですね。誘導の無い脳筋兵器の方が頭使わなくて良い分簡単だと思っているのでしょうかね?無誘導で当てる方が難しいと思うのですが。偵察や攻撃する側は安全だしどう考えても普通にドローンの方が良いという結論になると思うんですがね。
やれやれ
2019/04/01 13:08
防衛省も装備庁も「オレたちはどんなバカなことをやっても米軍がいるから、まあいいか」なんてノリでいるからこんなことやってるんですよ。自衛隊は最初から自分たちが国を守る主役だという主体性の意識を持った組織として誕生してないからまともな責任感もないんでしょうか。それでもゼロから出発した開国期に仏独軍など複数の軍隊を通じて近代的軍隊を作ったのと同様、米軍とは別に自主防衛をしてる国の軍隊との交流やそこへ中堅幕僚らを留学させたりして空気を吸わせるなどすることで意識を変えることは可能でしょう。
新しい選択肢
2019/04/01 23:17
LIMAパブリックデー初日の防衛装備庁ブース
https://i.imgur.com/e9l8sYo.jpg
同じくNECブース 何処ぞのお偉いさんが来客中。お姉さんは日本人です。
https://i.imgur.com/rZsyoJ9.jpg
同じくIHIブース 。写っているのは現地スタッフ。
https://i.imgur.com/qYEZctB.jpg

LIMAパブリックデー最終日
パワーダウンした中国展示館の一部
流石に最終日の展示飛行前なのでそろそろ
分解に入ってます。
写っている人は見学者です。
中に出入りできました。
https://i.imgur.com/3fxHKRx.jpg
https://i.imgur.com/WiwuUkY.jpg
空の部。説明員はまだいます。
Y12とドローンを売りたい模様。
https://i.imgur.com/52qgZd1.jpg
https://i.imgur.com/KhDy0qX.jpg





やれやれ
2019/04/01 23:45
LIMAパブリックデー最終日
やる気十分のトルコ展示館
トルコのドローン
https://i.imgur.com/T80RgM1.jpg
トルコ展示館の一部
https://i.imgur.com/qjzswtG.jpg
https://i.imgur.com/Zvo3yFe.jpg
船の部。空の部は撮るの忘れてました。
https://i.imgur.com/ho6puj5.jpg

インド展示館空の部
https://i.imgur.com/1rDilKe.jpg
テジャス
https://i.imgur.com/5OpcdDE.jpg

アメリカ展示館はあまりやる気無さそうで
ろくな展示していませんでした。
米軍はFA18Gを二機、P8など結構持ち込んでいました。あとMQ9かRQ9か説明が無かったのですが実使用のドローンです。
https://i.imgur.com/0CPtgMW.jpg

今回は渋滞が酷くて海事の展示会場に開場時間にたどり着けなかったので行けませんでした。
辛うじて海自のあさぎりと米海軍の旗艦ブルーリッジが遥か彼方にちょっと見えただけです。
やれやれ
2019/04/01 23:55
>宮古島外に弾薬搬出へ 防衛相、陸自駐屯地問題を謝罪

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201904/CK2019040202000286.html

東京新聞が書かなければ、知らぬ存ぜぬで済まそうとしたのでしょうか?
KU
2019/04/02 19:02
KUさん、
「>宮古島外に弾薬搬出へ 防衛相、陸自駐屯地問題を謝罪」
こんな事をしているから住民から信用を無くすんですよ。
木更津のオスプレイ暫定配備の時もそうですが、事前の連絡も無いのに勝手にOKだと思いこむのは信頼を失う元ですよ。それとも隠蔽政権同様に忖度してくれると思ったのでしょうか?
やれやれ
2019/04/02 20:37
新しい選択肢 様

仰る通り、米軍も含め日米安保条約・アメリカの核の傘に依存。問題の根元でしょう。
安保条約は永久に不滅か?
国際政治は一寸の先は闇で、昨日の友は今日の敵になるし、昨日の敵は今日の友になります。 石破茂先生も同盟は助けられるメリットはあるが見捨てられるリスクもある。 そりゃ そうでしょう。外交は国益最優先で、利益や利用価値がなければ関与しません。
組織だけではありません。隊員個人も相対的に他力本願のが多い。
自衛隊に足りないのはプロ根性だけではない。自立心。私はそう思います。
元キャプテン
2019/04/02 22:39
新しい選択肢様

旧技術研究本部 現 防衛装備庁 の技官は所詮、作業服を来た役人しか過ぎない。 イノベーション=技術革新を求めるのは無理。個人の能力・資質ではなく、組織の体制や体質が問題。 なぜか? 競争原理がない。結果責任を求められない。やってますよ〜!がんばってますよ〜!と体裁だけのお役所仕事。 進化を求めるのはチンパジーに因数分解を解かせるのに等しい。
科学者・技術者と公私にわたり お付き合いしていますが、イノベーションとは創造的破壊であり、過去の慣例をぶち壊すこととある科学者が申しておりました。
前例踏襲主義、旧態依然の体質には小手先の改善は無意味でしょう。
元キャプテン
2019/04/03 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国に勝てない防衛装備庁の開発 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる