体の不調は慢性上咽頭炎を疑ってみるべき。

ぼくは子供の頃から喉の違和感があって、耳鳴りもありました。 ちょっとしゃべるとすぐに喉が痛くなるし、常に喉にしこりがあります。 そんなときに慢性上咽頭炎というのを知りました。 つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさいあさ出版 2018-02-17 堀田 修 Amazonアソシエイト 上咽頭とい…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

日本の無人機出遅れの戦犯は防衛省、自衛隊。そしてメディア。

もうパクリとは言えない 謎の「ステルスUAV」から見た中国の無人機開発事情 http://news.livedoor.com/article/detail/15900108/ 海外の軍事や航空の見本市にここ15年ほどいっていれば中国の無人機の怒涛のような出典には目を見張るはずです。確かに昔はしょぼかったし、パクリばかりでしたが、…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

空海自衛隊でそれぞれ別の電子戦機って必要なの?

中露に対抗、電子戦「無力化」狙う攻撃機開発へ https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190112-OYT1T50113.html >電子攻撃機の開発は、昨年12月に閣議決定した防衛計画の大綱の内容を具体化するものだ。大綱は「(日本への)侵攻を企図する相手方のレーダーや通信等の無力化」を…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

陸自戦車、火砲削減の欺瞞。

前回陸自の戦車、火砲の削減が遅々として進んでないことをご案内しました。 https://kiyotani.at.webry.info/201901/article_4.html 25大綱別表の注釈では以下のようにあります。 >戦車及び火砲の現状(平成 25 年度末定数)の規模はそれぞれ約 700 両、約 600 両/門…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

中期防のお買い物。

中期防衛力整備計画の主要装備の調達単価に関する資料が公表されました。 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2019/pdf/soubi_tanka.pdf 恐らく防衛省が殊勝にもみずから公開を決定したのではなく、財務省あたりから 圧力があったのかと思われます。 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

自衛隊はNATO規格の弾薬を導入すべき。

自衛隊の89式小銃(とMINIMI)の弾丸はNATO規格のSS109と微妙に違っていて、実は互換性に問題があると現場の声をよく聞きます。 殆ど同じであれば同盟国やその他の国と同じ規格を導入してインターオペラビリティを確保するべきです。 64式小銃や74式機銃の7.62ミリ弾は基本NATO規格なので、弱装弾なのでこれまた互…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

駄目な軍オタが予測を誤る理由。

駄目な軍オタさんたちは将来の予測をよく誤ります。 それはニュートラルにものが見られないからです。 更に自衛隊など当局の言うことを丸呑みするからです。所詮は官僚作文であり、不利なことは認めません。 その裏を読まないといけないのですが、初めから信じたいという願望が入るのでそれができません。 つまり好き嫌いでしか物事を見る…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いします。 昨年の年頭には今年は防衛産業、終わりの始まりになるのではないかと申し上げましたが、新防衛大綱及び、 中期防は防衛産業により厳しい内容となっています。 当事者意識と能力のない企業は撤退を強いられるでしょう。ぼくは「血と涙」が必要だと申し上げました…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more