清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS だめな軍オタさんたちは事実が見えないお花畑な軍事音痴

<<   作成日時 : 2018/12/20 11:20   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 29

さて、新しい防衛大綱、中期防が発表されました。
これに関してはおいおいのべていきますが、色々と自衛隊大好きな軍オタさんたちには残念な内容になっています。
彼らは自衛隊が大好きで、当局のいうことは全て正しい、現状は全て完璧だ、てな考えです。当然ながら、現状は常に問題があると指摘したぼくの主張は彼らには受け入れられません。
では近年どちらが正しかったでしょうか。

○キヨタニの主張:護衛艦=駆逐艦というのはどんぶり勘定であり、海自は隻数が決まっているならば、運用を考えずに大きな艦をめざす。だから例えば、駆逐艦、フリゲート、コルベットに分けて、それぞれどのような任務を振り分けるかを明らかにすべき。
●軍オタさん達:防衛省、海自は正しい。全部護衛艦でいい。

☆現実:護衛艦にフリゲートである、FFMが追加され、更に次期大綱では1000トン程度の警備艦も追加される。


○キヨタニの主張:いずも級は火砲やミサイルなど駆逐艦の要件を満たしておらず、実質ヘリ空母であり、F-35の運用も潜在的に可能である。
●軍オタさんたちの主張:防衛省は正しい、いずもは護衛艦=駆逐艦。

☆現実:防衛省は相変わらず駆逐艦と強弁するも、いずも級を改良してF-35Bの運用能力を付加して事実上の軽空母化。


○キヨタニの主張:世界の趨勢では下車歩兵は40ミリグレネードランチャーを装備、06式小銃擲弾は時代遅れ。
●軍オタさんたちの主張:M203には欠陥もあった。陸自普通科に40ミリグレネードは不要。06式は正しい選択。

☆現実:陸自は次期小銃の仕様で、アンダーバレル式の40ミリグレネードランチャーを運用を要求。



○キヨタニの主張:世界では途上国を含めて装甲夜戦救急車を持つのが常識。装甲野戦救急車を持たない陸自は異常。
●軍オタさんたちの主張:陸自は独自の運用構想があり、装甲野戦救急車は必要ない。

☆現実:次期大綱ではわざわざ装甲野戦救急車の導入を明言。


○キヨタニの主張:陸自の個人衛生キット、特に国内用は極めて貧弱であり、改良の余地あり。
●軍オタさんたちの主張:陸自の個人衛生キットは問題ない。

☆現実:国会でもこれは問題になって、昨年の補正予算案で個人衛生キット増強に9億円がついた。


○キヨタニの主張:日本の機銃の能力、品質はライセンス生産品でも低い。
●軍オタさんたちの主張:機銃は品質に問題ない。

☆現実:品質、性能の長年の偽装がバレた。


○キヨタニの主張:日本の装甲車開発技術は低い。
●軍オタさんたちの主張:日本の装甲車開発技術は世界最高水準。

☆現実:コマツの新型8輪装甲車は性能、品質に劣り、調達中止。


○キヨタニの主張:自衛隊でも耐地雷装甲車が必要。
●軍オタさんたちの主張:自衛隊に耐地雷装甲車は必要ない。

☆現実:陸自は耐地装甲車、ブッシュマスターを導入。


○キヨタニの主張:空自のF-35AのFACOはコストが上がるだけで技術移転もなくコストが上がるだけ。輸入にすべき。
●軍オタさんたちの主張:FACOは利益がある。正しい選択だ。

☆次期大綱でF-35は今後輸入に変更。

○キヨタニの主張:US-2、P−1、C−2は世界では売れない。特に民間転用は耐える耐空、型式証明もとっていないので事実上不可能。
●軍オタさんたちの主張:優れた日本製軍用機は世界に売れる。

☆現実:未だに一機も売れず。




まあ、こんなもんでいいでしょう(笑

ぼくの主張してきたことは、さほど奇異なことではありません。
海外の専門誌(マニア誌ではない)を何年か定期購読し、当局の発表を鵜呑みにせず、防衛予算には限度があり、優先順位をつける必要があることを理解できれば、さほど奇異に感じることはないかと思います。

自衛隊が大好き、国産兵器が大好きというアイドルと同じようなレベルの感覚で軍事を捉え、また盲目的に当局を信じるというメンタリティでは目が曇っていて、真実が見えません。

しかも理由もなく自分が軍事通だという強い自信があり、ぼくを含めてジャーナリストが調査報道した内容を、ネットの情報などを元に上から目線で否定します。

率直に申し上げて、こういう蒙昧な軍ヲタさんたちやマニアさんたちを説得しようという気持ちは全くありません。それはカルトの信者の洗脳を解くようなものですから、赤の他人に多大な労力を費やしてそこまでする義務はありません。

むしろ広く納税者に問題点をアピールすることこそがぼくの仕事だと思っています。
ですから東京新聞の「税を追う」のような企画にも協力しています。望月さんのいうことに、必ずしも賛成はしませんが、議論を起こすことが大事だと思っているから協力しています。頭の悪い軍オタよりも彼女の報道の方がよほど国益になっていると思います。


今年は防衛産業の終わりの始まりであり、今後防衛産業が生き残るためには「血と涙」、すなわち撤退や事業整理、廃業、倒産を伴うということです。それなしには防衛産業の未来はありません。

また同時に防衛省の意識改革も必要ですが、これは極めて難しいと言わざるを得ません。

個人的には現状のまま防衛予算を増やすのは、税金をドブに捨てることに等しく、むしろ4兆円ぐらいまで下げて予算の効率化を促し、その上で増額を検討すべきだと思います。

更に申せば、現在の安倍主張のNSC、官邸主導の自衛隊を頭越しに米国製装備調達決定というまるで、ナチスドイツ政権のような有り様は、国防を大きく歪めて自衛隊を弱体化させ、国防を危うくすると思います。



■本日の市ヶ谷の噂■
10月にフィリピンでの演習で自衛官二名が交通事故で死傷したが、同演習で医官は派遣されておらず、治療は現地の病院任せ、C-130による搬送は検討すらさらず、事実上見殺し。この件は自民党の国防部会に報告もされず、との噂。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷さん、これからも頑張ってください。
蛸八
2018/12/20 12:35
いやもう、ここまで情け容赦なく全否定されちゃう軍ヲタって何なのでしょう(((^_^;)。あと、装輪155mmりゅう弾砲用に三菱のアレではなくMANの軍用トラックを使います、なんて話の際にも、愛国心溢れるヲタな方々は全力で清谷さんの情報を否定していましたね。結果は清谷さんが書かれたとおり(>_<)。それでも日立の車体を使うだの何だのと真意不明なネタを披露して文谷さんの失笑を買うというオマケ付きw。SPA!で自衛隊愛を熱く語っている、あんな女性もですけど、何かと自衛隊を擁護する人たちって自分達の言動が、結果的に自衛隊の足を引っ張っている自覚が無いのでしょうね。
KU
2018/12/20 12:52
清谷さん、
「特に民間転用は滞空、型式証明もとっていないので事実上不可能。」
耐空(耐空証明)ですね。

軍ヲタさん達は正直痛いと思います。まあそう言う人達に耳障りの良い記事を書く雑誌もアレなんですが、現実をストレートに書いて指摘すると使えない軍隊が露呈して色々都合が悪いのでしょうね。記者クラブ同様出入り禁止になると死活問題でしょうし。
海外(米軍でも良い)と自衛隊の装備を見比べると色々見劣りするのに正面装備だけは真似している様に見えますね。特に海外行くようになって見比べるとこれで大丈夫?って疑問を生む位の違いがあって大丈夫かいな?と思うようになりました。元々国産兵器には夢もロマンもありませんでしたが、絶望があるとは思いませんでした。

「同演習で医官は派遣されておらず、治療は現地の病院任せ、C-130による搬送は検討すらさらず、事実上見殺し。」石原が噛み付いていましたが飛行機での輸送は患者の状態を見ないと適切かどうか分かりませんが。それよりそういう事を診察し判断する医官が派遣されていない事が信じられません。それこそ今回の事故に限らず現場(相手国、米軍)に任せで投げっぱなしって事ですよね。医官って演習に1人も派遣できない程少ないんですか?そっちの方が問題かと。
あと別件ですが防衛医大、自衛隊病院について現役の知り合い数人に医療費無料?で羨ましいと聞いたら、絶対行かない!と強く拒否されました。金払って民間病院の方が数倍マシ、訓練中に事故で意識失って担ぎ込まれたら諦めるとか。意識があったら民間病院がいいそうな。人を物扱いで治療とは言えない雑な治療等など他にももっと怖い話も聞きましたが知らなかった事にして忘れました(汗)。外の人では確認の仕様も無いですし。
やれやれ
2018/12/20 15:52
清谷様

清谷様がご指摘の「軍オタ」という皆さまが「アマチュアの兵器愛好家」であるならば、プロが目くじらを立てるほどでもないような気がしますが‥

私が気になっているのは、アマチュアの愛好家から、セミプロになっている方の主張です。最近、ネットメディアでは、軍事評論家という肩書きがついている方の中にも、怪しい主張をしている方もいるように思います。

その点について、清谷様は、どのようにお考えでしょうか。

それから、海外で怪我をした隊員を輸送する目的で、確かU-4に大型貨物ドアを取り付けたという話を耳にしたことがあるのですが、今回の場合など、C-130よりも適しているような気もします。
ブリンデン
2018/12/20 17:18
>耐空(耐空証明)ですね。

ご指摘ありがとうございます。
訂正しました。
キヨタニ
2018/12/20 17:34
次期大綱・中期防で海自に哨戒艦部隊を創設へ
http://www.tokyo-dar.com/news/5073/
模型もあるんですね。しかも三胴船...インディペンデンスの真似ですかね?この手のトリマランとかウエーブピアサーと言う形状の船を日本は設計も建造もしてないと思うんですが大丈夫なのかな?ナッチャン2隻も米軍の高速輸送艦もオーストラリア製だし。インディペンデンス級はと言うと...やはりオーストラリアの設計の様で。これも船体構造が複雑なので入念な研究と試作をしないと難しいのでは?双胴船なら高速船も作っていたんですがね。

横道にそれましたが、無駄遣いが過ぎたのか海自のUH-Xが事業中止になっているんですね。驚きました。結果としては良かったのかも知れませんが、選定の件で首になった海幕長が重ね重ね哀れですね。正義が負けて悪が張りこび、その悪が勝手に自滅した様な感じですか。
やれやれ
2018/12/20 20:41
ツイッターでキモヲタがいちゃもん付けてますね。
ガネット
2018/12/20 21:11
需要が少ないのです。(これについては衛生キットも同じです。今まで戦う事を本気で想定していなかったのかもしれません。これからは違うと思いますが。)
医官が少ないことや経験が少ない故に自衛隊病院の医療レベルに疑問を持たれるのです。
一般病院と比べると勝てませんわ。(もっと交流できない物でしょうか?)
ハクソーリッジを見て私は驚きましたね。70年近く昔なのに前線で輸液しているのですから。ブラックホークダウンでもそうですね。衛生陸曹が我々との違いですと肩を落としていたのが非常に印象的でした。(ブラックホークの衛生は特殊部隊員ではありましたが・・・。)
止血は前提条件としても輸液をしない事にはそこから救命率は上がらんとは思います。
道具もそうですが法も最善を尽くす余地が欲しい物です。

そういう現状も一般の人が周知することで改善してもらう事しか望めませんね。
自衛隊は身内より国民から物言われた方が効きますからね。特に適切なら尚更。

事実として医官は少なく尚且つ演習に参加していなかった。
ただ、今回の件で医官が参加していても助かったかどうかは難しい所でしょうか。

軍オタはごちゃごちゃ言っていないで一度、官になれば良いのですよ。
そうすれば官が戦傷死に対して如何に無防備か国産よりラ国を始めとする機材が如何に優秀かわかると思いますよ。
国産にも良い物はある事はありますがね。
過信するのと自信をつけるのは違うと思う次第です。
19190213
2018/12/21 00:17
やれやれ様、19190213様
佐々木氏が指摘していますが、医官の充足率も非常に低いのが現状です。
自衛官は体が資本ですので、基本的には健康体です。
平時は外傷患者が多く発生するわけではありませんので、自衛隊内の医師(医官)は臨床数が少ない。
結果として、民間の医師の方が経験を積んで腕がいいという状態になります。
軍医として動ける医官を育成するならば、平時は救急医として民間病院勤務をすれば臨床数を稼げるはずです。

19190213様が言うように、一度自衛官として勤務する窓口を広げるのも一手ではないかと思います。
そうすれば、勘違い軍オタはいなくなるでしょうし、予備役の数を増やせます。
とはいえ、受け入れ側の負担を考えるとそう簡単に実現できるわけでもありませんが。
部隊再編、事業仕分け(無駄な行事や訓練を削る)など、自衛隊そのものにも「血と涙」は必要だと思います。
CPR
2018/12/21 10:46
オタクに限らず昔から日本全般が兵器愛好家です。何が必要ではなく自分の好きな兵器を揃えてるだけですから。
へりぼう
2018/12/21 15:06
やれやれ様

新しい記事のこちらにお返事させて頂きます。
モルヒネの件ですが、モルヒネが全く使われなくなったかのように受け取られる書き方をしてしまったので、一部訂正させて頂きます。
モルヒネは選択肢の一つですが、第一選択ではありません。
痛みの度合いに応じてアセトアミノフェン、フェンタニル、モルヒネ、ケタミンが用いられます。

日本の衛生隊員が鎮痛薬を持てない理由ですが、日本は麻薬の管理が非常に厳しいためです。
これも憲法改正以前の法整備が必要な部分でしょう。
衛生については憲法改正よりずっと壁が低く、やろうと思えば一気に向上させられる部分のはずです。
CPR
2018/12/21 16:00
CPRさん、
モルヒネの件、了解しました。
持てない理由も噂では聞いていましたが、空薬莢を回収してまで数を数える位だから訓練直前に衛生に渡し、訓練後回収。数量チェックを徹底すれば緩和しても良さそうなものですが、悪いやつは何処にでもいますからねハードルが高いのかも知れません。しかし医者でさえやらかす奴がいるのだから銃や鉄砲玉と同様の管理(実は緩い?)で厳重保管で良いと思いますが。
いつもは部隊の金庫の中で複数の鍵を同時に開けないと開かないようにするとか将官クラスの立会も必要ありとか、どうしても無理なら医官に携行してもらい現場で管理するとかでお上のお許しをもらう事を考えた方が良いかとは思いますが、なんせ外の人は聞こえてくる噂くらいしか知りませんから必要な状況で使えないと言う発想がそもそも無いんですよね(映画でもやってる位だから当然使っているだろう位の認識)。
やれやれ
2018/12/21 18:41
CPRさん、
長くなったので分けました。
アセトアミノフェンは風邪薬や頭痛薬によく入っている奴ですね。フェンタニルとケタミンは麻薬指定されている鎮痛剤の様で。調べたらフェンタニルは飴の様に舐めるタイプ(米軍が使用)もあるようで。確かに平時に悪用されてラリパッパになってもらっても困るのですが、イザと言う時に使えないのでは拷問ですよね。歯医者の治療でも悲鳴上げる私にはショック死が待っていますよきっと。思うのですが駐屯地祭の訓練展示でも負傷者を担いだり担架に乗せたりで救護する展示も時折ありますが、マネキンで良いので手足吹っ飛んだり内蔵ぶちまけたりだのちょっとグロい感じになった負傷者の救護も取り入れたら隊員も観客も実際はどうなるか分かるかな?とは思うのですがどうでしょう?珠海の救急車両(といっても簡易車両ですが)に骨むき出しの負傷者の人形とかを車両に載せて展示していました。目を背けるほどリアルでは無いのですが、健康?な人形が寝ているより驚きがありました。分かっていても頭で想像するより人形でも負傷者なら視覚効果はあります。見た目がリアルなら余計いろいろ考えて心配になると思います。書いているうちに綺麗な物ばかり見ているから現実感が無いような気がしてきました。血しぶきを飛ばせとは思いませんが、負傷者は負傷者らしい見た目は必要かなと思います。
やれやれ
2018/12/21 19:02
>衛生については憲法改正よりずっと壁が低く、やろうと思えば一気に向上させられる部分のはずです。

アレ総理に進言しても「麻薬取締法や薬事法等を改正しても歴史に名が残らないじゃないか!」「亡きお祖父ちゃんの悲願である憲法改正を最優先するの!」と言って耳を貸さないと思います…orz

いっそのこと、アレ総理の愛妻アッキーに働きかけますか?大麻解禁に肯定的なようですし(無論、逆効果になるリスクもありますが…)

大麻解禁派にのめり込む安倍昭恵夫人 官邸は危うさを心配
https://www.news-postseven.com/archives/20170626_566633.html
被本塁打大王
2018/12/21 19:18
CPRさん、
またしても連投失礼。
「佐々木氏が指摘していますが、医官の充足率も非常に低いのが現状です。」
そうなんですか。医大まで持っていながら足りないとは思ってもいませんでした。9年自衛隊で勤めれば学費無料、卒業後直ぐに退官したら5千万円の支払いですから余程金持ちでなければある程度居残るとは思うのですが、民間で金を稼いで学費返納した方がマシって人も多いのかな?それにしてもこれでは有事の場合、医者も駆り出されますね。以前清谷さんだったかな?戦闘になったらその町の病院と薬を使って治療とかとんでもない想定をしているのを指摘していました。何となく背景が分かった気がします。一応組織として完結している自衛隊も医療の分野(他にもあるのかも?)は足りてないって事ですね。

「軍医として動ける医官を育成するならば、平時は救急医として民間病院勤務をすれば臨床数を稼げるはずです。」これは素晴らしいアイディアですね。民間も救急は大変だそうですし何より事故などの負傷者なら実戦経験が積めますね。思っている程実現は簡単では無いのでしょうが、救命救急も戦場での医官も内容的にはかなりかぶりそうですからイザと言う時の処置には有効ですね。近くに自衛隊病院が新設されてよかったと思っているお花畑より余程現実的です。
やれやれ
2018/12/21 19:20
「いずも空母化」は自衛隊の要望ではなく実は「自民党主導」だった
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59052
本当だったらヤバくないですか?
運用のされ方は概ねこんな感じではと危惧しています。それとここでも予算不足が、って書いてありますね。本当にどうなる事やら...
やれやれ
2018/12/21 20:48
「兵站なくして運用なし」と偉い人が言ったにも関わらずしてこれですから・・・
見直しもせず(責任取りたくないから)新しい政策やら装備品やら・・・
上が無能だと苦労しますね。
元土木
2018/12/21 23:13
自衛隊川柳作りました。

「チコちゃんにしかってほしい幕僚長」
「売れないよガラパコスだもん日本兵器」
「行きたいな天下り先どうしても」
「買ってやる天下り先ほしいもん」
「死んでから考えればいいや隊員の命」
「中国に勝っているのは見た目だけ」
横浜の黒豚
2018/12/22 08:58
横浜の黒豚さん、
なかなか面白いですね。
残念ながら見た目でも中国に負けてます…
色々と。正直勝っている部分が何処にあるのか分かりませんって感じです。10年前ならそれも通用したかも知れませんがね…
やれやれ
2018/12/22 10:04
やれやれさん、ありがとうございます。
確かに見た目でも負けてますね。
ボディアーマーとか。
抜本的な組織改革が必要だと思います。
横浜の黒豚
2018/12/22 15:45
日本製兵器は値段で中国製に圧勝してますね。
ガネット
2018/12/22 20:55
ガネットさん、
これは1本取られました。まさしくその通りです。
それで高性能ならまだ良いのですが…
文谷さんではありませんがいっそのこと
中国から武器を安く買った方が良いかも知れませんね。
何れそんな日がリアルに来たりしたら…
やれやれ
2018/12/22 22:34
お邪魔します。
 日本人には「事実と論理」が無く、「心情と"空気"と直接的な人間関係」しかありません。軍オタも「事実はどうなったか」などどうでも良く、「軍オタ同士で連帯(というか付和雷同)できる」「徒党を組んで、自分が優位に立てるであろう相手を見つけられる」事こそが重要ではないかと。
 後防衛省及び自衛隊の上層部では、仲間内の政治で劣勢になるとどんなババを押し付けられるか分かったものではありません。だから現場の隊員といった「下々」などに目をくれない人間が優勢になり、無視できない人間は劣勢になってしまいます。米軍とかが「無い事は無くても、日本よりはそうなり難い」のは、議会や有権者の目がそれなりに厳しいからでしょうが、日本の場合は「血と死と人の恨みに"穢れた"軍事」を正面切って考え難いので。
ブロガー(志望)
2018/12/23 14:48
やれやれ様
兵站能力の弱さという点で、衛生以外の好例としては炊事が挙げられると思います。
被災地に派遣された部隊が暖かい食事を被災者のために作り、自身の分は缶詰というのが美談として語られますが、兵站能力の低さを美談化して誤魔化しているだけです。
下記のような災害対応もあるわけですし。
イタリアの避難所ですぐ届くもの3つって何でしょう?
http://www.risktaisaku.com/articles/print/6286

ブロガー様
「穢れ」の思想は日本人の深層意識にあるとは思いますが、GHQの日本人愚民化政策の方が大きく効いているのではないでしょうか。
教育はある種の洗脳ともいえますが、教育の成否は国家の興亡に繋がります。
愛国心が破壊されれば自国を自分たちで護るという意識はなくなり、軍事から目を背けることになります。
CPR
2018/12/25 09:42
CPRさん、
リンク先を見ました。国が違えば考え方も色々違いますね。学校への一時避難は一時的には良くても数日、数週間だとかなり堪えるでしょうね。トレーラーの様なトイレ車も無いし(民間にあるにはありますが自衛隊では見たことが無い)。陸自だとお馴染み野外炊具1号ですよね。空自にはパトリオット部隊等にトレーラー式の炊事車とか宿泊車なども用意していますが数がかなり少ないですよね。基本的にミサイルと一緒に移動するための設備でしょうから。被災地の方からカレーばかりで飽きたと言うような話もありましたし(個人的には毎日でもOKですがそんな人は少ないかな)用意できるメニューのバリエーションもそんなに多くないのかな?これは材料と炊事係の腕にもよると思いますが。それと1000食用意するのは並大抵ではないですね。特に被災地で混乱している状況では。非常時に使えるケータリングのシステムでもあれば良いのでしょうがいつでも野外炊具で調理と言うのもお互いきついでしょうしね。いざ戦闘が、災害がとなったらある程度長期化は避けられないので大型の移動炊事車かコンテナが駐屯地に1個位あっても良いかもしれませんね。毎日戦闘食料とかレーションなど非常食では指揮が下がっていきそうですから。
やれやれ
2018/12/25 18:42
CPR様
(多分名前からして衛生さんだとは思いますが・・・)
輸液パックは、戦闘職種についてまわる准看持ちの陸曹は実戦では携行するものなのでしょうか?
とても極端な話、補助担持ちの人間や衛生モス持ちの陸士でも簡単に輸液はできないものでしょうか?
(自動注射器のような機材の工夫は可能でしょうか?)

衛生分野で輸出が出来るものがあるとすれば何でしょうか?(教育は得意分野とは思いますが。)

話は変わりますが、私は清谷さまが指摘なさるのが全てかというとそうではないと思います。
実際に負傷しても戦闘中はほとんど手当は出来ませんので自己治療がとても大事になります。(機材がたくさんあっても出血により意識を失う前に複数個所を治療しきれるか自信がないです。)
CAT、SOFの類も自分でやります。片手でやれるように基本的には・・。
ただ、複数の機材(眼球保護の機材や携行エアウェイ)はあっても使えない物とは思います。ただし衛生陸曹の持ち物であるならば大いに有益とは思いますが。
理由は、法整備上の問題(気管挿管)と受傷の頻度を考えると出血性ショックを止める事の方が優先すべきとは思うからです。(包帯やSOFは増やしても良いかもしれませんが)

衛生の意識は現場では高いとは思うのですよ。(場所によるのでしょうが)
海外の戦傷の写真を見せながら行なわれた教育では、如何に実弾や破片が人体に猛威を振るい大穴を開け死に至らしめるかを教えて頂きました。(ショックの種類やその割合で重視すべき物などなぜ人は死ぬのかという基本的な所も印象的でした)
検定で衛生の項目が追加され受講義務がありますので昔に比べると飛躍的に進化したとは思います。
まだ足りない所はあるのでしょうが全く考慮されていなかと言うとそうではないと思います。
19190213
2018/12/25 19:47
CPR様
連投失礼します。
キシロカインのような局所麻酔はどうなのでしょうか?
以前切創を負った時に吹きかけたのですがとても良く効いたので・・・。
19190213
2018/12/26 03:02
19190213様
実戦では持つことになるのだろうと思われますが、それらをしっかり使いこなせるように日頃から訓練しているかというと……。
これまた普通の病院で働いている看護師の方がよっぽど実戦経験豊富ですからね。

輸出が出来るもの
戦傷医療に使えるという条件をつけると、無いのではと思います。
国内に需要が無いので発達してない分野ですので。
教育は世界的に広がっているITLSがありますが、日本ではミリタリーコースをやっていないという状態ですね。

おっしゃる通り現場隊員自ら、あるいは現場隊員同士でしっかり救護出来るかどうかは重要なことです。
米軍のように現場隊員に能力があれば、爆発で四肢を全て吹き飛ばされても救命出来るわけですから。
眼球保護具と経鼻エアウェイは現場隊員レベルの救急品です。
しかしながら、現場隊員や第一線にいる衛生隊員の意識が高くても、上は清谷様が過去に報じた通りですから、制度や基準が変わらないという……。

麻酔について
死ぬような外傷には麻薬のような強い鎮痛効果が求められること
あらゆるプロトコルは簡潔にすることが求められ、疼痛管理においても同様であること
個人携行救急品にコンバットピルパックという経口薬セットがあること
私見ですが、上記のような理由から米軍では使用する鎮痛剤の種類を少なくしているのだと思われます。
調達の面からも物品の種類は少ない方がいいですしね。
自衛隊にもコンバットピルパックがあれば、キシロカイン等を用いる必要はないかと。
CPR
2018/12/27 00:10
○キヨタニの主張:世界では途上国を含めて装甲夜戦救急車を持つのが常識。装甲野戦救急車を持たない陸自は異常。
●軍オタさんたちの主張:陸自は独自の運用構想があり、装甲野戦救急車は必要ない。

☆私の見解。
あった方がいいやろ。いや、その前に救急システムについて、どうなっているか疑問は無いのか?
非装甲救急車両すら無いのかどうかとか考えないのか?(救急車両自体、無いのは地獄)
○キヨタニの主張:陸自の個人衛生キット、特に国内用は極めて貧弱であり、改良の余地あり。
●軍オタさんたちの主張:陸自の個人衛生キットは問題ない。

☆私の見解:どういう構成なのかすら、興味が無いのか?軍オタのみなさんは、話の中身すら吟味しないのか?

○キヨタニの主張:日本の機銃の能力、品質はライセンス生産品でも低い。
●軍オタさんたちの主張:機銃は品質に問題ない。

☆私の見解:さすがにライセンス品はきちんと出来ていると思ってたし、ホーワはライフル輸出していたから、大丈夫と思い込んでた。

○キヨタニの主張:自衛隊でも耐地雷装甲車が必要。
●軍オタさんたちの主張:自衛隊に耐地雷装甲車は必要ない。

☆私の見解:周辺国は地雷の廃棄をしていないのだから、耐地装甲車は必要やろ。

軍オタのみなさんは、人の主張をきちんと聞いてない、読んでない。
言った人に対して、脊髄反射しかしてなさそう。

そりゃ、予想が当たるわけない。

いずもについては、あれは、テストヘッドであり、ヘリ専用のアメリカの強襲揚陸艦的なものとして運用。
次から、本格的な軽空母を作ると思ってました。
Suica割
2019/01/08 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
だめな軍オタさんたちは事実が見えないお花畑な軍事音痴 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる