清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本にまともな戦闘機は開発できない。そこを認識すべき。

<<   作成日時 : 2018/12/12 16:14   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 19


FMS増加、中谷元防衛相が危惧「防衛力、自国開発が基本」
https://digital.asahi.com/articles/ASLD552XCLD5ULZU00L.html?iref=comtop_list_pol_n02


> ――FMSによる武器調達が急増しています。背景と問題点をどう見ますか。

> 「厳しい安全保障環境を踏まえ、防衛力の整備のために必要だということで、陸上配備
型迎撃ミサイルシステム『イージス・アショア』や早期警戒機E2D、迎撃ミサイルSM
3などをFMSで購入し、これが巨額になっている」

> 「必要性はわかるが、日本の防衛産業への影響は無視できない。F35もFMSだが、
日本側ができるのは戦闘機の組み立てだけで、技術の開示はない。FMSでの武器輸入で
は、日本の技術的向上にはまったく寄与するところがないのが問題だ」



まあ、中谷さん一流のおとぼけだとは思います。

でもね、F-35Aの導入を決めたのは民主党政権だったんだから、ちゃぶ台返ししてもよかったのよ。

実際ぼくは、FACOは技術的に得ることはないし、調達金額がつりあがるだけ。しかも調達単価が上がれば、
ただで遅れているFX調達が遅れる。森本さんはF-4EJ改を地上で留め置けば、いくらでも時間稼げると一緒にでたテレビでいったけど、それは空軍基地じゃなくて、航空博物館ですよ。

こんないい加減な防衛大臣が決定したことなわけですから、政権に返り咲いた自民党がひっくり返してもよかった。
FXをもう一回やれとはいわないけども、FACOから輸入には切り替えられたわけでしょう。

実際、今度はそれをやるわけです。その間安倍政権は6年もの時間と1800億円近い血税をドブに捨ててきたわけです。

なぜFACOを選んだのか。そもそも論でいえば、常日頃指摘したように、F-35Aを選んだ段階で、国産戦闘機生産基盤が失われることを意味していたのにに、現実を見なかった。民主党なら仕方がねえなあ、ですみますが(ホントは済みませんが)、長年与党の地位にあった自民党も「お花畑」だったわけです。

今回だって財務省と、会計検査院が政治の無能のケツを拭くための絵を描いて、それに乗っかっただけでしょう。
そういう幼稚な自分たちを自己批判すべきです。


そもそも論で言えばFXでF-35Aの調達=戦闘機生産基盤の破壊は正しかったのか。

またF-35Aの調達でなぜ単にコストを上げるだけのFACOを選んで1800億円以上の血税をドブにすてたのか。

ステルス戦闘機取得と、戦闘機生産基盤の維持の両立が本気で可能だと思っていたのか。

などについて、真摯な調査と分析、責任の追求が必要です。でないと同じことを繰り返すでしょう。
ですが、恐らくこれらはおこなれず、また同様の血税をドブに捨てることになるでしょう。
無責任は常に税金の浪費を伴います。





> ――F2戦闘機の後継機選定では、純国産は厳しい情勢のようです。

> 「日本の防衛産業は、機体もエンジンも自信を持っている。(実証機の)X2で実験し、
ステルス性能でもよい結果を残しており、国産も不可能ではないと思う。最初から諦める
必要はない。日本は新幹線も自動車も世界一安全で技術もあり、航空機でそれができない
わけではない。財務省は経済性から国産を問題視するが、国の安全保障、防衛という見地
から、国産に向けた努力を傾注する姿勢が大事だ。自民党内ではF2後の次期戦闘機は国
産主体で考えようとの意見が強い」



ところが未だにこんな「大本営発表」を繰り返す。そもそも我が国にまともな戦闘機を作れる技術はないし、数兆円かかる開発費をどう工面するのか。医療費でも削りますか?

未だに、機体、エンジン、アビオ全部やる気でいる。結局中途半端な開発費を按分してつぎ込んで、クズをつくって、調達コストだけはバカ高いというF-2二の舞になることは必至です。

出来ないことを出来ないと認めるのは勇気です、それがないのは意気地なしです。

エンジンにしてもそんなポッと世界最先端のものができりゃだれも苦労しません。
まだ地上試験もろくにしておらず、ものになるかもわからない。
カタログスペックだけで世界一流のエンジン作れるならば誰も苦労はしません。
なんで世界のエンジン市場に新規参入が少ないのか、シェアを取れるメーカーは更に少ないのか。
よく考えれば、分かる話でしょう。
しかもIHIにまともな戦略もない。これがGEやRRに伍するとは言わないまでも、背後を見ることができるような
エンジンメーカーになるという構想はない。単に例によって官需でお勉強できればいいや、という根性でしょう。
ジェットエンジンなんて千基は作らないとまともな商売として成立しない。
国産戦闘機作ってもせいぜい100〜200機でしょう。初めから成立しない話です。
ガレージきっとレベルの数のプラモ作るのに金型作ってインジェクションで生産するようなものです。
そして例によって、試験も端折るのでろくなものができない。できなくとも出来たことにする。

F-2のレーダー不具合だって空幕は長年隠してきました。
そういう組織を納税者が信用できますか。


>「日本の防衛産業が次々と撤退している。あまりにもコストダウンが求められ、初期投
資の回収ができないからだ。武器輸出三原則は緩和されたが、主要装備では輸出ができて
いない。日本政府は、日本の防衛産業のサプライチェーン維持のため、代替困難な技術を
持つ企業を保護する必要がある。防衛・民間の相互応用を可能にして、企業努力、学術研
究の正当な評価で国内産業を活性化させるべきだ」

これまた随分な言い草です。
官の側がまともなコスト管理をせずに来たつけを民間に払わせているだけでしょう。

まず、調達するときにまとめて調達する計画がない。毎年なし崩し的にほそぼそと調達する。
それがいつ終わるのかわからないこれが諸外国であれば、例えば5年間で1000個調達し、総額いくらか決定して契約します。それがない。君たちはどこの未開人ですか?レベルです。

当然メーカーは合理的な生産計画が立てられません。

また、市場が小さいのに同じ分野で重複するメーカーが多数あり、それを食わせるために細切れ発注をする
という側面もあります。事業統合、業界再編をすべきですが、防衛省に当事者意識も能力もなかった。

まるで高く買おうとしているとしか思えません。売上規模が小さいし、海外市場も考えないので、まともな設備投資、研究開発ができるわけがない。そのような防衛産業には将来がないのは当然ですが、市ヶ谷や永田町の先生方は
まだ夢をみているようです。以前中谷さんとご一緒したプライムニュースで、ぼくは「現実を見よ」とフリップに書きましたが、未だに不都合な現実をみることができないようです。

装備に限らず、需品でも防衛依存で、高値で食っている企業はすくなくありません。
水筒にしも陸自の水筒はカバーなしの裸で単価が7千円です。市場では千円でカバーつきのものが入手可能です。桜のマークがつくだけで、市販品と対して変わらないものが何倍も高い値段で売られています。

前から申しているように、防衛産業をまともにするためには「血と涙」が必要です。事業統合、事業撤退、新規参入を促して技術や競争力がない企業には撤退してもらう。また果敢に海外市場にも挑戦してもらう。これをやらない限り、防衛産業の再生はありません。夜郎自大では緩慢な師を迎えるだけです。



■本日の市ヶ谷の噂■
陸幕が要求している「装輪自走りゅう弾砲」は射撃時の安定のために8輪トラックを採用し、このためC-130での空輸はできなくなった。だがそれでも不十分で、側面に更に駐鋤を追加しないと安定しないとの噂。

画像
 写真提供:防衛装備庁

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
あれ7千円もするんですか・・・・。
一寸・・・何考えているんですかね。そんな多機能なものだったかな・・・。
ヤバいですね。
19190213
2018/12/12 21:07
そりゃ国産で戦闘機が作れればそれに越した事は無いでしょうが現実はかなり厳しい。ましてや10年後には配備を始めたいとなったら現有機かその改造しかありえません。工業製品を開発した事のある人なら容易に想像できるでしょうが、開発中の要素技術、主要コンポーネントの現在のレベルは機能試作レベルでありそれを試験(初期レベル)している段階で製品には程遠いレベルです。ましてや機体は存在すらしていません。順調に開発が進んだとして20年後。XF9エンジンにしても試験して修正しF9試作、F9量産試作、F9先行量産、F9量産位の段階を踏まないと製品としての完成度は上がらないでしょう。トラブル解決、品質アップ、製造性整備性、コストダウン等など大雑把に製品化まで4回位は設計見直しあるでしょうね。当然最初からこれらはある程度盛り込んでいるとは思いますが、そこから追い込んで作り込んで完成するのが製品です(過剰品質じゃないですよ。最低限でこれくらいです)。普通の工業製品でもこの位ですから軍用だと更に厳しいのでは?ノートラブルでも10年以上は掛かるでしょう。しかも最終段階まで性能を維持できるかどうか...(コストは青天井になるので触れません)意欲的な性能は良いですが、文谷さんも書かれている様に他に代替するエンジンが無いことが最大の問題です。大きさだけならF414、推力もとなるとF135位しか無いでしょう。ステルスで無ければ最悪エンジンの周りだけ改造すれば済みますが、ステルスだと機体全部見直しが必要になるでしょうね。ぶっちゃけ一からやり直しです。最初からF135を載せる前提で機体を設計しエンジンを後から細いF9に載せ替える手はありますが...それとIHIの設計したエンジンの品質も問題です。T4のエンジンF3の品質が良くないとの噂があります。T4が余っているから問題にはなってないようですが。
やれやれ
2018/12/12 22:18
連投失礼
ウェポンベイも機能試作レベルで製品には程遠い完成度です。少なくともFTBに載せて飛行中やGを掛けた状態での開閉試験、問題が無ければ実弾を使ったミサイルや爆弾の発射実験を繰り返し性能を確認する必要があります。そして戦闘機を改造するかYF3試作機に搭載して徹底的に試験し問題点を洗い出さないといざ実戦でドアが開かない(閉じない)、ミサイルが発射しない(閉まったまま発射して自爆)などが起こらない様に技術的に追い込まないといけません。どう見ても順調に行ってFTBの試験開始からモノになるまで10年以上掛かるでしょう。爆弾を落とすだけの旧式爆撃機と違って高機動中でもミサイル撃てないと困るでしょうから。順調にYF3で試験が進んでもF3として量産化されるまで10年は見ないと。なんせ日本では前例のない技術ですから。車輪の出し入れと同じ程度と考えていたら大違いです。車輪だって出ないこともありますからね...ましてやミサイルや爆弾では(冷や汗)。
やれやれ
2018/12/12 22:34
またしても連投失礼
あとステルス性ですが中谷さんもX2ごときで戦闘機ができると思っているあたりお花畑が酷い。技術者視点から戦闘機として見たら本当にただの形状試作、機能試作の模型、油絵で例えると素人が有名画家の油絵を見て鉛筆デッサン(1/2サイズ)と言った所でしょうか。有名画家ならそれだけで価値あるでしょうが完成した油絵より価値は低いでしょう。つまり戦闘機としては完成には程遠いレベルです(要素技術の実証機ですけどね)。とにかく戦闘機の試作YF3を作って飛ばして戦闘機としての試験をした上でステルスを検証しない事には何も無いのと同じです。それで完成したとしても現有ステルス機より上かと言うと疑問符が。首尾よく完成したとしても現在のSu57より性能低いかも知れません。ぶっちゃけ仕様てんこ盛りで大きさもSu57とかJ20とかと変わらない巨大機になるのはほぼ間違い無いのでSu57をライセンスして魔改造でもした方がまだ短期に開発できて安くて高性能かも知れません。検討する価値は大いにあると思います。文谷さんのJF17を買ってくるより夢があって面白いと思いますよ。
やれやれ
2018/12/12 22:57
>>>装輪自走りゅう弾砲

駐鍬を側面にまで追加しないと安定しないんですかorz。富士学校側が良い顔をしないのは、そうした理由もあるのですかね。にしても防衛省って、大金掛けてガラクタを作る名人ですよね。
KU
2018/12/13 06:48
 日本には、世界に誇る「MRJ型開発手法」があるので大丈夫。

 部品の国内製率が30%代でも純国産機。 いざとなったら頼れる国外の仲間に丸投げ(という噂)もありの、なんでもあり。

 まあ、少し欠点というか致命的なのは、未だに完成していないところが玉にキズ。

 例のF9エンジンも、いつもの「ラインメタルの大砲を安くライセンス生産する」ための飾りかもしれないので、純国産F−3が完成したらエンジンその他の重要部品がライセンス生産又は輸入品であっても特に驚かない。(T_T)
はて?
2018/12/13 08:27
水筒って高いんですねー(棒)。魔法瓶型でも2千円位で売ってますよね。小学生の遠足に負けそうな予感...きっと12.7mmも防げる耐弾性があるんですよ(焼)。もう軍ヲタに中古1個1万円で売り払って隊員にはアウトドアショップで売ってる良さげなのでも支給した方が良いのでは?一事が万事これだと思うと俺の血税返せと言いたくなりますね。もっとコスパを追求しないと。

「装輪自走りゅう弾砲」これ後ろにつけている衝撃防止が不十分って事ですよね?色々見直した方が良いと思いますよ。これも機能試作レベルですね。まだまだ商品化への道のりは険しそうですが。それで問題点が明らかになって設計見直ししないといけないレベルだったと分かった訳ですから適切に見直して再設計するべきなんでしょうけど杜撰な提案している時点で...
やれやれ
2018/12/13 11:17
陸自の水筒って水がかなりポリ臭くなりますよね。
環境ホルモンBPAが溶出し放題な感じです。
妖精
2018/12/13 12:51
>あれ7千円もするんですか・・・・。
一寸・・・何考えているんですかね。そんな多機能なものだったかな・・

ホームセンターで10000円前後で売られてるファンヒーターや灯油ストーブのタンクを落っことして凹ませて新しいタンクを別途購入すると、7000円くらいしますw
まるで新品を買えという嫌がらせのように高いんですw
なぜそうなるのかと言えば、製品販売終了後(補修部品は七年間でしたっけ)の部品在庫分の小ロット生産の価格だとか管理費用云々だとか言わずもがななんでしょうけど。
昨今はジャストインタイムと部品在庫削減でその型番専用の大物はちょうどくらいの数しか作りませんからねえ。小ロットは別途生産になると、ドンと高く付きます。
たぶん自衛隊の水筒そういうのと同じ理屈なんでしょうね。
ほんとチマチマ発注すると高いんですよ。
生産ラインで小ロットの生産の連発なんて来ると
機械の調整やら冶具の交換やらいろいろと難儀なんですよ。
昔の車種の部品の発注が50個(ホントは必要なのは1個だったりする)だけ入って棚の上の奥にしまってある何年に一回しか使わない(ABCD分析で)Dランクの冶具を取り出して機械も調整してと・・・考えるだけでウンザリしますよw


666
2018/12/13 15:49
666様
理解しました。
もう言葉にできないですね。
あそこのアホっぷりは・・・。
もうこれは信じるしかないですね。12.7ミリにすら耐える耐弾性を(笑)

話は変わりますが、自走留は駐鋤を付けるものだと認識しておりましたがそれは世界から見れば遅れていることなのでしょうか?(それとも重量?)

自走化自体は今後必要かとは思いますが
(航空優勢が取れるか疑わしい事と空輸能力の欠如と陣地変換速度向上の為)
予算が逼迫するなか今なのかと言うと疑問です。
FH70はまだ使えますから中砲けん引車と駄目になりつつある部分を直しながら上手い事騙し騙しやっていくしかないかもしれませんね。
19190213
2018/12/13 22:06
素人はよく言うんですよね。市販品で売ってるような部品や製品とくらべて装備品が高いって。なんでか考えたことないんでしようね?水筒\7,000にも意味があるんですよ。清谷さんも分かってらっしゃるんでしょうけど意地悪。いつも解をお示しにならない。好きなこと言って、絵空事を少し書いて、ご飯が食べられて良いですよね。
かい
2018/12/14 22:32
簡単な話です。そういう業者から買わないか、潰せばいいだけの話です。様々な事柄について処方を示しておりますが読めませんか?
キヨタニ
2018/12/14 23:02
>桜のマークがつくだけで、市販品と対して変わらないものが何倍も高い値段で売られています。

桜のマークでなく萌えアニメキャラがついていたら、キモオタがもっと高値で買ってくれるのでは?(苦笑)
被本塁打大王
2018/12/15 08:09
お邪魔します。
 かつて「"黄色い猿"には航空機なんか作れない」とか言われていた日本が、世界的名機とまでは言えなくても欧米の一線機と渡り合える零戦を作りました。国産戦闘機をと言っている人の中には「日本に戦闘機が作れないとか言っている奴等は、『日本人など所詮"黄色い猿"』とでも思っているに違いない。」とでも思っている人がいるのかも知れません。日本人は劣等民族ではないでしょうがスーパー民族でも無いので、「さしたる人・モノ・金を継続してつぎ込まなくても、努力を積み重ねなくても、そうした事をやってきた他国と同等以上の戦闘機を作れる」という事はないのではないかと思われます。余談ですが2020東京オリンピックでメダルを取りまくる事を目指しているようですが、日本人が「人種として」圧倒的に勝っていない以上、ロシアみたいに組織的にクスリを使っても難しいのでは。手塚治虫の「ビッグX」はありませんし。
 それと状況は常に変化し、かつ現在の延長線上にあるとは限りません。今から戦闘機作りを目指しても、できた頃には主流は無人機になり、「無人機とパイロットを引き換えにせざるを得ない」状況になるかも知れません。
ブロガー(志望)
2018/12/15 21:08
国産兵器に固執する自衛隊とそれを信奉する軍オタ・軍クラって、貿易赤字削減に固執してかえって米経済を疲弊させているトランプ大統領と重なって見えるんですけど、私の気のせいかな?

>アメリカ人は、安い中国製が買えなくなって、高いものを買う羽目になる。

>市民だけではなく、アメリカ企業が部品や原材料の仕入れも。
産業が国内回帰するというけど、そんなにうまく行くものかね
-----------------------
> アメリカ企業は、これまで安い中国製の部品を使ってたのが、高い国産に変わると、原価が上がって国際競争力が落ちるわけだぞ。

>そんな美味いことばっかりな訳ないわ。

http://my.shadowcity.jp/2018/12/post-14463.html

「安全保障上の観点から、自衛隊の装備品は国産すべき」と言うのなら、燃料や部品の原料まで国産にするのが筋ですが、とんでもないコスト高になりますな(白目)
被本塁打大王
2018/12/15 22:58
零戦はエンジンがカーチスライトの技術、脚がチャンスボート、20ミリ機銃がエリコンのライセンス、照準器はドイツの無断コピーでしたね。
ガネット
2018/12/16 01:02
ガネットさん、
可変ピッチプロペラ(ライセンス)のハミルトンもまぜてあげて下さい。

それはそうと昨日飛行機写真仲間で集まって忘年会やったのですが、日本主導のF3は無いわで私以上に冷めてました。技術系が多かったからかも知れませんが技術の熟成レベルは私の見込みより厳しい見立てでしたね。じゃあどうなると言うと提案受けた内容を知らないとなんともで終了。少なくとも10年後の配備開始で新設計はありえない、YF22->F22の開発見れば分かることだし日本にそれができる技術的蓄積が無い。写真撮る側からしたら新機種は興味の対象ですが絵に描いた餅には用がないようで5分で終わりました。議論の対象にすらならないレベルです。
やれやれ
2018/12/16 09:47
要件定義がまともにできるんでしょうか?
あとソフトウェア開発をナメてますよね?
猫丸
2018/12/18 00:53
元陸自で戦争医療に詳しい照井資規さんがF-35導入を批判する記事をJapan In-depthに寄せています。

F35は日本の防空に役立つか
https://japan-indepth.jp/?p=43328

ここの常連さんなら思わず膝を叩きたくなる内容だと思いますよ♪
被本塁打大王
2018/12/24 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本にまともな戦闘機は開発できない。そこを認識すべき。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる