清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京新聞GJ! <税を追う>F35A国内企業参画中止 産業育成 絵に描いた餅

<<   作成日時 : 2018/12/09 13:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 17

<税を追う>F35A国内企業参画中止 産業育成 絵に描いた餅
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201812/CK2018120902000133.html

>ステルス戦闘機F35A=写真=の生産を巡り、国内の防衛産業の育成という防衛省の狙いは、軌道修正を迫られることになった。千八百億円もの国費を投じながら、国内企業が生産に参画できるのは、ごく一部。巨額の税投入に見合うだけの恩恵は得られていない。防衛省の見通しの甘さに、企業からは「税金の無駄遣いだ」との声も聞こえる。(「税を追う」取材班)

>「やむを得ないと思う。議論はあると思うが、価格差が出ているから」。防衛省幹部はそう漏らした。

 防衛省は年末の二〇一九年度予算案の作成に向け、国内企業が機体の組み立てや一部の部品製造に参画してきた当初の計画を撤回。一二年度から導入を進めてきた四十二機のうち、残りの八機は来年度から米国製の完成品輸入に切り替える。

>この幹部が撤退理由に挙げたように、国内企業が加わると機体価格は完全輸入よりも割高になる。昨年の財政制度等審議会でも、財務省から「国内企業の参画は在り方を見直してはどうか」と注文が付いた。

>三菱重工業が担う組み立ては主翼や胴体を接合する程度で、エンジンやレーダーの部品製造も、一機で何万ともいわれる部品のうち国産はわずか二十九品目。それも米側から原材料が届かないなどの理由で、いまだに搭載されていない。

>すべての国産部品の搭載は「早くても三十五機目以降」と、計画の大幅な遅れを余儀なくされたが、三十五機目以降の八機を輸入に切り替えることになれば、当初描いた構想は絵に描いた餅に終わりそうだ。

>航空自衛隊の元空将は「結果的に痛い出費。技術習得のメリットはなかった」とみる。自民党国防族のある議員は「コストがかかるのに恩恵は少ない。次期戦闘機を国内主体で開発したほうが、防衛産業の育成に寄与する」と話す。


FX選定当時ぼくはユーロファイターを推していました。
F-22のリリースはありえない。ありえないことを待っている間にF-2の生産ラインは止まる、そうなれば協力企業から撤退が相次ぐ。

これはそのとおりになりました。

国内の戦闘機の生産維持基盤の維持を考えるならばF-35Aの選択はありえず、FA-18はブラックボックスが多く値段の交渉も、自前の改良も困難だからです。
加えて申せば欧州製の戦闘機導入によって米国に対する発言権や外交カードの入手が可能であるからです。
さらにF-35を導入するのであれば、F-35Bを輸入(せいぜい二個飛行隊)で導入し、英国型の陸上基地と軽空母を併用するべきだと。

そうであればステルス戦闘機の導入は可能であり、またユーロファイターの近代化を通じて技術の移転も可能であり、国際共同開発のノウハウも学べる。そのためにはそもそもFX42機というのは少なすぎる。最低70機程度を調達すべきだ。そうも主張しました。
仮にFX後に共同開発を含めた国産戦闘機開発及び生産に関する政策の見直しも、タイフーンを導入してその間に行えばよいと。

F-35Aの導入ではライセンス国産は出来ず、このため技術移転という旨味はないし、FACOであれば単にコストを押し上げるだけだだから輸入にしろと主張しました。

F-35Aの導入はすなわち、国内戦闘機生産基盤の破壊であり、それを選択するのであれば政策の変更を明確にすべきだが、その覚悟があるのか、それがないならF-35Aの導入はやめるべきだ。

いまでもこの主張は間違っていたとは思いません。
むしろ指摘したことが、現実化していると言っていいでしょう。
国産戦闘機の自主開発は白日夢でしかありません。永田町の先生方は現実を見ない、空幕、防衛省、業界の都合のいい話を鵜呑みにているのでしょうが、現実を見れば我が国にまともな戦闘機を開発できるノウハウも技術力も、生産基盤もありません。大カネつかってクズを作るのが関の山です。
F-2から何も学んでいない。テクノナショナリズムの夢をみているだけです。

ぼくは安倍政権には全般的に否定的ですが、この戦闘機国産、そして調達改革を進める姿勢は評価します。
それからあまり認識されていませんが、小野寺大臣時代にFMSの値段や


> ただ、生産を担ってきた企業の心境は複雑だ。関係者は「防衛省は完全輸入に切り替えた方が、コストがかからないと、そろばん勘定したのだろう五百億円もかけてFACO(組立工場)を造ったのに、つぶしてしまうのか」とこぼす。

>機体の整備は国内企業が引き続き担うが、「整備だけするのはリスクが高く、下手に手を入れて整備不良を起こしてはかなわない」と不安を漏らした。


こういう寝言を平気で言っているから日本の防衛産業は駄目なんです。まったくの国営企業体質です。
で、P-1の稼働率はどうなのだ、F-2のレーダーの不具合が長年治らず、それを治ったと言って納税者を騙してきたのは誰なのだ、高い国産コストに食われて、整備が確保できず、共食い整備しているのは誰のせいだということです。

それにそれならばエアバスヘリは国内で生産していませんが、神戸の施設で整備だけではなく教育までおこなって、自衛隊よりも遥かに稼働率にシビアな警察、消防、自治体民間の機体を整備できるのだ。君たちが無能なだけではないか、という反論にどう答えるのでしょうか。


>背景にあるのが、安倍政権で急増する米国政府の対外有償軍事援助(FMS)による高額兵器の輸入だ。国産も含めた兵器ローン(後年度負担)は五兆円を突破し防衛費を圧迫する。
>ある政府関係者は「そのまま輸入する方が予算的には浮く。FMSが増える中で、こういう部分を削らないと立ち行かなくなっている」と話している。


安倍政権が米国に防衛費を貢ぎ、国防を怪しくしています。このため防衛費が圧迫されて、調達の合理化が待ったなしなったということでしょう。つまり防衛省や政府の前向にな改革ではなく、追い詰められて背に腹を代えられないという事態になったということです。

この局面においては官邸、NSC、自民党国防部会も、防衛省、自衛隊の世迷い言よりも、財務省の指摘に合理性を感じたということでしょう。

更に申せば記者クラブがこれまであまりにも防衛費の使い方、特に装備調達に関して無関心だったことが上げられます。
すでにご案内のように、記者クラブは専門誌やぼくら専門のフリーランスのジャーナリストを記者会見その他の取材機会から排除しています。記者会見では当局の意向を忖度して厳しい質問もしません。そして多くの記者には専門知識がありません。結果記者クラブは国民の知る権利から当局を守る防波堤となっています。

以前外国メディアの人間として記者会見にでて、具体論を上げて質問しても防衛記者クラブ会社は全く後追いしませんでしたNHKは有ろう事か、そういう質問を妨害しようとさえしました。

無論一般メディアと我々専門記者の興味の対象は異なることが多いのですが、それでも例えばオスプレイにしも危ない、危ないと騒ぐだけでした。対してぼくのようになぜ米陸軍が採用しなかったか、運用上必要なのか、17機で陸自航空隊のヘリ調達費の12年分、年鑑整備費の2/3を食ってまで調達すべきなのか、事前にきちんとしたリサーチをしたのかなどということを追求してこれば導入は見送られたかもしれません。

今回の件でも戦闘機100機1兆円より保育園をという極論を叫ぶよりも、ボクのようにFACOは無意味だ、調達を輸入に切り替えろという主張が通れば、かなりの防衛費をセーブできます。
野党もそのような形に戦略を代えていかないと、納税者の支持をえることはできないでしょう。
無論、米国の7倍8倍9倍の値段で火の出る玩具を買うならば、輸入に切り替えて防衛費を下げて、その分を社会保障に回せという主張は大いにすべきですが。


この〈税を追う〉シリーズにはぼくが最初から協力をしましたが、こういうコラボレーションも記者クラブを開放すればもっとスムーズに行えるはずだと思います。



■本日の市ヶ谷の噂■
陸幕が来年度予算で要求している「装輪自走りゅう弾砲は」出来が悪く、富士学校では導入には消極的な意見が強い。このため今年予定されていたプレス公開も見送られたとの噂。


Japan In Depth に以下の記事を寄稿しております。
陸自のAH-Xを分析する その1
https://japan-indepth.jp/?p=43052
陸自のAH-Xを分析する その2
https://japan-indepth.jp/?p=43061



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
「ステレス戦闘機」ステルス戦闘機ですね。

個人的にはラファール押しですが、恐らく米国に阿ってスパホに決まると思っていましたがまさかのF35でした。

記者クラブに専門記者を入れないのは都合の悪いことを聞かれたくないからなのでしょうね。お蔭で税金の無駄遣いを放置する結果になりましたが...粉じようなものを高額で買う無駄使いをチェックするシステムが無いといけませんね。
やれやれ
2018/12/09 17:46
やっぱり清谷さんがバックに付いていると、取材班もイケイケになるんだなあと(^_^)。むしろ今まで、こうした無駄遣いが継続的に報道されなかったのが不思議です。逆に自衛隊ちゅごい!な報道は産経新聞を筆頭に山ほど、あったようなorz。それにしても、何やら装輪自走りゅう弾砲も雲行きが怪しそうですね。もし仮にコケた場合、代替品になりそうなのは...あんな汎用ヘリでも楽々運べる牽引式の、りゅう弾砲でしょうか。それならそれで、またトランプ大統領が喜びますかね。
KU
2018/12/09 19:11
>ステレス

修正しました。ご指摘ありがとうございました。
キヨタニ
2018/12/09 19:57
このあたりってどういう動きが国内であったのかもう一度総括したい気持ちもありますね。防衛産業側としては、官需に頼らないと生きていけないからFACOで国内に還元して欲しいという意識。それと、空自のやはり第五世代戦闘機が一刻も早く欲しいという意識。それとそれらを後押しした、日本は技術立国だからハイエンド戦闘機くらい作れるし、作れなければ恥ずかしいというテクノナショナリズム。こういった組織内の心情を擦り合わせた結果としての計画であって、現実と将来をどこまで見ていたかというと疑わしいものであった、とするのが妥当でしょうか。

かつてビッグスリーは世界を席巻し、アメリカだけで世界で生産される鉄鋼の半分以上を占めていたのだ、アメリカ人は駄目じゃない、やればできるのだみたいな過去の栄光にすがった自慢話を聞かされれば、日本人としては「でもそれはブレトウンウッズ体制下、西独や日本が復興する以前の大昔の話だろ。今は状況が変わったんだよ」と呆れることでしょう。でも今の日本人のテクノナショナリズムってそれとかなりの程度で類似していると思います。
ふきのとう
2018/12/09 21:02
>自衛隊海外派遣論議が深まらないわけ

http://synodos.jp/politics/22249

何十年経っても、同じことをしていそうですけど。
KU
2018/12/10 06:48
>いずも空母化 常時搭載の戦闘機部隊は設けず 政府・自民党

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20181211/k10011742601000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001

この辺りが妥協点なのでしょうけど、いつまで名称に拘っているのやら。だいたい、空母かどうかに拘っているのは政界だけで、世間様は大して気にしていないような気もしますけどね。
KU
2018/12/11 07:42
>ゴーン容疑者再逮捕、海外メディア手続き疑問視

http://www.yomiuri.co.jp/national/20181210-OYT1T50085.html

いつまで海外メディアに疑問視されるような、時代遅れで前近代的な司法制度を続けるのやらorz。
KU
2018/12/11 10:03
KUさん、
どちらも今に始まった事じゃないですよ。
誰も責任を取りたくない無責任体質だからじゃないですか。
ぐちぐち言われるのが嫌だから、起訴したら絶対有罪にしないといけないからって根底にあるから立ち向かうとか失敗を恐れるが故の行動ではないかと。
検察は無罪であったと知っていても起訴した後なら自白させてでも有罪にしないと気が済まないしその為の制度と言って良いかと。何度も問題起こしているのに反省も改善も法改正もしないのだから海外から白い目で見られるのも仕方ないかと。
推定無罪では無く推定有罪ですよね。自分達が失敗した事で悪者になりたくない容疑者に罪をなすりつける無責任な体質かと。政府の、特に現政権の言う事は無責任な責任回避ばかりだし。
それと空母は常に艦載機を載せている訳では無いのは米空母を見れば分かりますよね。用がなければ普通航空基地に居ますよ。訓練や演習以外で空母に艦載機を載せる意味は無いのである意味当然の答えかと。
私が勘違いしていなければですが、本当に載せない事を前提とした部隊とするならF35Bを買う意味がありませんし空母化する意味もありません。むしろ米海兵隊の為に空母化するのか?と突っ込み入れたくなります。欺瞞もここまで来ると白々しくて呆れますが。
やれやれ
2018/12/11 14:37
>いずも「空母化」明記 F35B搭載が念頭 防衛大綱に

http://r.nikkei.com/article/DGXMZO38776980R11C18A2MM0000


>護衛艦「いずも」改修で“空母化”を 防衛大綱の骨子案

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20181211/k10011743071000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001

結局、攻撃型かどうかが最大の問題なのでしょうけど、世間一般の人達にとっては、どうでも良い話なような。あと、AEW用に、あんな大型ヘリを追加購入して欲しいですけど。ラ国生産でなく完成品で。
KU
2018/12/11 15:22
連投、失礼します。

>訂正:与党、護衛艦「いずも」の空母化を条件付きで了承=関係者

http://jp.reuters.com/article/defense-izumo-idJPKBN1OA0G2

公明党が了承しなかったのは、いったい何だったのか。
KU
2018/12/11 16:37

お邪魔します。
 旧軍の精神主義はもしかしたら「合理性の範囲内では日本は欧米に到底勝てない」という劣等感の裏返だったのかも知れません。今の自衛隊の現状も「日本が守られるか否かはアメリカ様の胸三寸で、日本自身が何をしたところでどうせ勝てないし守れないのだから、せめて俺達の好きにさせろ。」で、TVで視た「何もする事が無いと病院を出された末期癌患者の人生最後の喫煙」みたいなものかも知れません。日本の国防・安全保障を想う真っ当な指摘が、こういったある種のニヒリズムを突破する事は可能なのかと思ったりもします。
ブロガー(志望)
2018/12/11 23:00
>>>無責任体質

やれやれさん

それで有無言わさず、起訴されるのじゃ敵わないですね。ホント、検察って大阪地検のやらかした、例の証拠改ざん事件とかから何も学んでいないのでしょうね。

>護衛艦の”空母化”方針「専守防衛の範囲内」と説明へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20181212/k10011743791000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_004

>>>F35Bを8機ずつ搭載できるように

一度にフルには積まないんですね。

>南西諸島の「有事」に対応、陸・海自で統合輸送

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20181211-OYT1T50048.html

てっきり、陸が単独で輸送艦艇を持つのかと思いましたが、常設の統合部隊を編成するわけですか。
KU
2018/12/12 06:41
KUさん、
建前でも平和の党wである公明党がさしたる根拠もなく空母を容認する方が可笑しいですよ。条件の内容は知りませんが、草加との乖離が激しいのでそのうち見捨てられるのか、草加が政治権力欲しさ自民にすり寄るのかは分かりませんが。
それと攻撃型もなにも攻撃機を搭載する時点でお察しだと思いますが。まあ言葉遊びの件はともかく実際にそう運用するのかで世界がどう判断するか決めると思いますよ。

それと搭載機数ですが暫定空母で8機ならそんな所だと思いますよ。米強襲揚陸艦もヘリやオスプレイとミックスだと6機位が定数の様ですし。そもそも飛行甲板も格納庫もそこまで大きくないのでヘリと同居なら良いところじゃないでしょうか。元はヘリ空母ですから。
「てっきり、陸が単独で輸送艦艇を持つのかと思いましたが、」これも非効率ですよね。理想としては軍として一体運営できれば良いのです。3社ばらばらで一体感が無いのがそもそもの問題かと。旧軍からの流れとはいえ根付いた文化は変わらないもんですな...

ブロガー(志望)さん、
個人的には海自の思惑と米軍の思惑の産物ではと思っています。要するに海自を良いように使おうという事です。安倍がそう言ったようなものですからね。問題は日本に主権があるならそれを日本の都合で拒否できるかどうかだと思います(好まない出兵には拒否を示す)。同盟だからといって何でも言いなりにならないといけない訳では無いはずです。
やれやれ
2018/12/12 10:40
>いずも「空母化」与党了承 大綱案に事実上明記 専守防衛逸脱の恐れ

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201812/CK2018121202000131.html

専守防衛って何なのでしょうね。専守防衛と唱えていれば、平穏無事に世の中が進むのでしょうか?
KU
2018/12/12 12:38
護衛艦「いずも」の“空母化”?改修とF-35B戦闘機導入で、できること
https://www.fnn.jp/posts/00399240HDK
オーストラリアの強襲揚陸艦はF35Bを配備しないんですね。と言うか海軍が拒否した様ですが、方針の変更なんでしょうか。
それはともかく米海兵隊への使用が半ば前提となっているのでしょうね。
出雲と加賀もそんな使われ方だけならまだマシな方かも知れませんが...
やれやれ
2018/12/12 13:23
やれやれ氏へ

草加ではなく、創価です。
東京都足立区で生まれ、埼玉県草加市で育った信者ではない私には、かなり違和感があります。

混同されやすいのは、漢字の読み方が同じなのと、声優の本名陽子氏が埼玉県草加市出身で創価大学の卒業生だからでしょう(笑)。
Masaya Hariu
2018/12/13 01:38
ついに土砂投入 辺野古工事は“13年2.5兆円”でも終わらない
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/243741
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/243741/2

これも防衛費の無駄遣い。東京新聞も日刊ゲンダイに負けじとどんどん切り込んでほしい。

ってか、2.5兆円って(白目)別の日記で「辺野古土木利権は1兆円」とする週刊実話の記事を紹介しましたが、2.5倍かよ…orz清谷氏推奨の安い戦闘機(1機50億円)が500機導入できますな…
被本塁打大王
2018/12/14 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京新聞GJ! <税を追う>F35A国内企業参画中止 産業育成 絵に描いた餅 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる