清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 首相官邸、NSCは陸幕を信用していない。

<<   作成日時 : 2018/12/31 13:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 22

次期中期防衛力整備計画(中期防)に以下のような記述があります。

>患者搬送を安全に実施するため、装甲化した救急車の導入に向け、必要な措置を講ずる。

http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2019/pdf/chuki_seibi31-35.pdf

常識的に考えれば、こういうことはわざわざ中期防で明言するようなことではないでしょう。
普通の軍隊であれば衛生体制強化の一貫として参謀本部に一任すればいいだけの話です。
子供じゃないんだから。

ところが敢えて中期防ではここまで書いています。つまり書いておかないと陸幕は野戦装甲救急車の
調達を怠るだろという不信感があったからでしょう。それが官邸なのかNSCなのかは知りませんが。

諸外国ではパキスタンやトルコ、ヨルダンのような我が国からODAを受けている国ですら野戦装甲救急車を運用しています。

自衛隊大好きな景気のいい新兵器大好きな軍オタさんたちは、あれこれ理屈をつけて、野戦装甲救急車は不要という主張をしてきました。ですが、カネに余裕がない途上国ですら装備しているものが果たして不要でしょうか。


かつて故君塚陸幕長の時代にぼくが個人衛生セットについて止血帯、包帯各一個しかなく不十分だろうと質問したとき陸幕は、国内には病院がたくさんあるからいいだと回答しました。

ところが止血は数分(米軍では止血帯は1分で装着しろと指導)、出血多量で死んだ人間を病院に連れていけば生き返るのでしょうか。また尖閣諸島南西諸島などどこに救急病院があるんでしょうか。そういうと護衛艦や揚陸艦に運べばいいのだという人がいますが、その護衛艦に殆どに医官は乗艦しておりません。

自衛隊は戦闘では人が死ぬ、怪我をするということを前提にしていません。そのような組織が兵器の開発や調達を行ってまともな兵器が開発、調達できるのでしょうか。本当にあ戦争ができるのでしょうか。戦争しても緒戦で被害者続出で潰走するのがオチではないでしょうか。強い軍隊ほど自国の将兵を大切にします。換言すれば自衛隊は「弱い軍隊」ということになります。

また先のフィリピンでの演習で自衛官二名が交通事故にあい一名が死亡しましたが、演習には医官が同行しておらず、装備も持っていっていませんでした。


>陸自は米比共同訓練に9月8日〜10月23日の予定で約80人を派遣。災害救助を想定し、水陸両用車「AAV7」を使った上陸訓練などを行っていた。陸自隊員が海外訓練参加中に事故で亡くなったのは初めて。青木伸一水陸機動団長は「痛恨の極み。ご冥福を心よりお祈り申し上げる。今後とも訓練の安全管理に万全を期す」とするコメントを出した。

https://digital.asahi.com/articles/ASLB73VCCLB7UTIL00D.html


陸幕の言い訳は以下のとおりです。

>石原氏の指摘について、陸自の広報担当者は「医官がいなかったのは事実だが、訓練の内容次第によって(医官の付き添いが)決まる。今回は災害対処の訓練で医療支援の訓練ではなかった。米海兵隊の医官も協力、ICUに入っていることも判断して陸自総隊とも連絡をして24時間体制で、できうる限りの手を得尽くした」とコメントしている。公務中に亡くなった隊員は1階級特別昇任(1等陸曹)している。

https://this.kiji.is/448077756002026593


装甲車まで使った演習、しかも海外の演習で医官が同行せず、また何らの装備も持っていっていませんでした。
患者は現地の病院に丸投げです。

米海兵隊の医官も協力ということは米軍は医官を派遣していたわけです。ではどういう理由で陸自は医官を派遣していなかったのか。
現地の病院の体制は万全だったのか、患者と医師の間の英語による意志の疎通は万全だったか。
場合によっては空自の空飛ぶICUを使って日本に移送した方が良かったのではないか、その判断は医官がおこなわなければならいわけです。その医官がいなかった。

こういうことを考慮すれば医官が同行していなかったことは正当化できません。

部隊の医官の充足率は掛け持ち入れても2割を切っています。
そういう問題をないことにして「真面目に背いっぱいやっています」と自分たちを自己正当化するのは
卑怯ですし、外部の信頼を失います。果たしてこのような事件を知った親御さんが自分の子供を自衛隊に入れようと思うでしょうか。

このような旧帝国陸軍以上の衛生軽視が陸自全体にはびこっているからこそ、わざわざ中期防で装甲野戦救急車を導入しろと書かれたのではないでようか。

■本日の市ヶ谷の噂■
次期大綱で陸自はOHの後継を調達せず、UAV導入で乗り切る。OH−1で更新されるはずのOH-6は用途廃止が進み、全機3年以上飛行停止の駄作機、OH-1が全機飛行可能になるのは早くても10年後。当面縁による軽輸送や連絡業務は危機的な状況との噂。


独 European Security and Defence 誌に寄稿しました。(英語)
http://esd.eu.newsmemory.com/?editionStart=European+Security+%26+Defence

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。

装輪155mmりゅう弾砲は必要か 上
https://japan-indepth.jp/?p=43224
装輪155mmりゅう弾砲は必要か 下
https://japan-indepth.jp/?p=43233





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
お邪魔します。
 かつて東横インが一旦障碍者向け設備を作り、自治体等に見せた後それを撤去しました。装甲救急車も一旦導入して返品・売却するか、帳面上だけ導入した事にして、その分のお金を自分達が使いたい事に使うのではないかと思われます。またなまじ装甲救急車があったとしても、物資や隊員輸送等に回されてしまい、「医療装備はどうした。」「人や物を積むのに邪魔だから外しました。」になるのではないかと。
 大規模テロでは「爆弾を複数仕掛け、最初の爆発の被害者を救出するための人間が集まったところで更に爆発させる。もしくは救助者の背中に銃弾を浴びせる。」事が考えられるので、地下鉄サリン事件のような生物化学兵器使用(と放射性物質撒き散らし)にも対応可能な装甲救急車を、通常の陸自部隊等ではない別の「場所」に置いておくのが良いのではないかと思います。
ブロガー(志望)
2018/12/31 18:00
「本当にあ戦争ができるのでしょうか。」
本当に戦争、ですかね?
アレな総理は戦争やりたそうだから装甲救急車の必要性を感じた、と余計な事を考えてしまいます。
将官は訓示で最強たれとか良く言いますが、戦争しない、戦闘をしない前提で語られても。映画ハクソー・リッジを見て後方で医療や救助が待っているから安心して作戦を遂行できる事が分かりました。お前がいないと怖いとか助からないとかそれだけで前線での医療や手当が重要だと分かります。どれだけ士気に影響を与えるか知っているから米軍とか充実しているのでしょう。自衛隊は精神論で乗り切ろうとしているのと大違い。
一度箱型の救急車の人にこれで戦場に行くんですか?と聞いたら防弾では無いので無理と言われました。では前線ではどうするのと聞いたら装甲車で安全な所まで運んでもらうんだとか。つまり車内では大した応急手当はしないようで唖然としました。突っ込むと可哀想なのでやめましたがあまり考えて無いようでした。

それにしても陸自の言い訳の酷い事。
災害救助ならその後医者が必要なのは自明でしょう。健康な人だけ運んでそれでOKだと?そこまで想定していないと?彼らは阪神淡路、東日本大震災、今年も災害が多かったのに何を学んだのでしょうか?むしろ日本が見本を見せても良いくらいですが、教えてもらわないといけないようですね…


やれやれ
2018/12/31 19:19
連投失礼します。
「当面縁による軽輸送や連絡業務は機器的な状況との噂。」
危機的ですね。無い機器と掛けた高度な落ちかもしれませんが。
所でこの縁とは何でしょう?ヘリの誤変換でしょうか。
OH1が出た時、2名しか乗れないので整備の人とかヘリで移動する人とかOH6の方が良かったと嘆いていましたが。
THでも買い増しした方が良くないですかね。
やれやれ
2018/12/31 19:27
>ところが敢えて中期防ではここまで書いています。つまり書いておかないと陸幕は野戦装甲救急車の
調達を怠るだろという不信感があったからでしょう。それが官邸なのかNSCなのかは知りませんが。

いつもは悪い話ばかり出てくる安倍官邸&NSCですが、今回は素直に評価したいです。

>当面縁による軽輸送や連絡業務は機器的な状況との噂。

正しくは「当面ヘリによる軽輸送や連絡業務は危機的な状況」ではないですか?
被本塁打大王
2018/12/31 19:59
おまけに戦闘ヘリ部隊も縮小する方向のようですし、陸幕って、そんなに官邸の信用が無いのでしょうか?海自なんて、あんな不祥事を起こそうと艦隊やフネが大幅に増えるというのに。

>シコルスキーとボーイングが共同開発した次世代軍用ヘリコプター「SB>1ディファイアント」を公開

http://otakei.otakuma.net/archives/2018123102.html

どうにもデザインが(((^_^;)。
KU
2018/12/31 20:42
誤字の指摘ありがとうございます。
キヨタニ
2018/12/31 22:28
皆様、明けましておめでとうございます。

>どうにもデザインが(((^_^;)。

KU様、SB>1ディファイアントですが、まるで未知の深海魚みたいな禍々しさを感じさせ、かつ流線型でいかにも高速飛行できそうなデザインなので、私は好きですよ。

なお、オスプレイのデザインは┐(´д`)┌ヤレヤレ人生オワタ\(^o^)/のAAみたいで、個人的にはあまり好きではありません( ̄▽ ̄)まあ、「所期性能を満たしていない」「安全性と経済性に疑問符が付く」等、いろいろ残念なことを知っているからかもしれませんが…

被本塁打大王
2019/01/01 00:28
人命軽視は旧軍から続く悪い伝統ですね。育成するのに長い年月と莫大な国費がかかる。パイロットですら、消耗品として扱い。戦争末期には戦力の低下をまねきました。自衛隊には旧軍出身者が大勢いたはずなのに。懲りないですね。
質の悪い軍事オタク
2019/01/01 00:28
人命軽視は旧軍から続く悪い伝統ですね。育成するのに長い年月と莫大な国費がかかる。パイロットですら、消耗品として扱い。戦争末期には戦力の低下をまねきました。自衛隊には旧軍出身者が大勢いたはずなのに。懲りないですね。
質の悪い軍事オタク
2019/01/01 00:28
皆様、明けましておめでとうございます。

>どうにもデザインが(((^_^;)。

KU様、SB>1ディファイアントですが、まるで未知の深海魚みたいな禍々しさを感じさせ、かつ流線型でいかにも高速飛行できそうなデザインなので、私は好きですよ。

なお、オスプレイのデザインは┐(´д`)┌ヤレヤレ人生オワタ\(^o^)/のAAみたいで、個人的にはあまり好きではありません( ̄▽ ̄)まあ、「所期性能を満たしていない」「安全性と経済性に疑問符が付く」等、いろいろ残念なことを知っているからかもしれませんが…

被本塁打大王
2019/01/01 00:28
皆様、明けましておめでとうございます。

>どうにもデザインが(((^_^;)。

KU様、SB>1ディファイアントですが、まるで未知の深海魚みたいな禍々しさを感じさせ、かつ流線型でいかにも高速飛行できそうなデザインなので、私は好きですよ。

なお、オスプレイのデザインは┐(´д`)┌ヤレヤレ人生オワタ\(^o^)/のAAみたいで、個人的にはあまり好きではありません( ̄▽ ̄)まあ、「所期性能を満たしていない」「安全性と経済性に疑問符が付く」等、いろいろ残念なことを知っているからかもしれませんが…
被本塁打大王
2019/01/01 00:28
新年、明けましておめでとうございます。今年も宜しく御願いします。

>>>デザインが(((^_^;)。

被本塁打大王さん

やはり個人的にわV-280ががが。

>新元号 4月1日閣議決定 公表へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20190101/k10011764591000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_003
KU
2019/01/01 06:27
やれやれ様のご指摘の通り、災害であっても医療の出番があるわけで、実効的運用能力の向上を図るのなら、医療職も訓練に参加させて然るべきでしょう。
現地としっかり連携していれば、バイタル等患者の状態は把握出来ていたはずです。
蘇生の見込みがなくても、存命の内に日本へ搬送し、ご家族に看取る時を差し上げるということは出来たはずです。
残念ながら、自衛隊にまともな有事医療能力はなく、運用能力もないことが明白になった事件ですね。
運用能力も適切な判断を下すために重要なことです。
CPR
2019/01/01 11:20
KU様、明けましておめでとうございますm(_ _)m

≫やはり個人的にわV-280ががが。

オスプレイの欠点を補うべく、いろいろ改良が加えられていますが、やはり機体胴体部に比べローダー径のサイズが小さいこと、空中でいったん静止して、飛行モードからヘリモードに転換しなきゃいけないこと、この2点についてはティルトローダー機の宿命で、変えられないんでしょうな。

>新元号 4月1日閣議決定 公表へ

猶予期間が1カ月?もっと長くした方が良いのに。昔と違ってシステム改修やカレンダー等の制作って結構手間暇かかるのだから。「新元号は新天皇のもとで定めるべき」と言って保守派は抵抗していたみたいですが、下手にもったいつけるとかえって元号離れが進むと思います。「あー面倒だ、西暦でいいや!西暦でシステム組もうぜ!」って。
被本塁打大王
2019/01/01 13:02
ブログ主さま、皆様。あけましておめでとうございます\(^o^)/本年もよろしくお願い致します。
マリンロイヤル
2019/01/01 13:19
あけましておめでとうございます。
私はディファイアントという名前からボールトンポールのアレ戦闘機を思い出してしまいます。
ガネット
2019/01/01 15:32
2019/01/01 13:02のコメを読み直したら、「ローター」が悉く「ローダー」になったました(-_-;)反省。

あと、2019/01/01 00:28のコメントがなぜか三重投稿にΣ(゚д゚lll)質の悪い軍事オタク様の投稿も二重になっているし、何かのバグ?
被本塁打大王
2019/01/01 17:50
新年明けましておめでとうございます。

CPRさん、
清谷さん他から自衛隊の医療、特に戦場における医療や応急処置が殆ど考えられてない現状に戦闘になった時の隊員の事を考えると必要以上に胸が痛みます。PKOで戦闘が無くて本当に良かったですよ。あった方が被害が甚大で色々考えてくれるきっかけにはなったかも知れませんが人命には変えられません。無くて良かった。

それとデファイアントですが、推進用のプロペラでシャイアンを思い出しました。
でもシャイアンはロッキードなんですよね。
それと名前ではスタートレックDS9のUSS
デファイアントをまず思い出しました。
フジ最後まで放送してくれなかったな…
やれやれ
2019/01/01 18:38
日本では自衛隊員に限らず人権など建前だけのものです。
別に誰かが死のうが、官僚や政治家など諸々の『体制』側に居る者達が、彼らの閉じられた世界の中でなるべく安泰に過ごしていられればよいのです。
怒髪
2019/01/02 01:04
こういったところで奨学金制度が生きると思うのですけどね。 例えば、医大の入学生を対象にして「卒業後二年勤務したら学費8割負担するよ」とか。 義理の姉が言ってた医大では軍上がりは米軍だと経験が積めるのでエリート扱いでした。 実践のない自衛隊でそれは無理でも、お金が無くても頭のよい学生にチャンスを与えられると思うのですけどね。
えいち
2019/01/03 00:55
やれやれ様
犠牲者が出たことを何かを改革の原動力とする政治手法がありますが、衛生の分野はそれをせずとも改革出来るものです。
やれやれ様のように海外の展示会等に出掛けて、「まともな」情報収集・分析をすれば、ですが。

えいち様が奨学金制度との連携を言われていますが、それをしっかり機能させているのが米国です。
現役・予備役の確保になりますし、本人も本人の力で学費を賄える。
無論、命の危険はありますが、日本と比べ物にならないくらいの軍人に対する尊敬と補償がありますので。
日本も防衛と教育(奨学金)を絡めることで人手不足をある程度解消出来ると思います。
CPR
2019/01/03 13:52
特亜の国々は海上自衛隊を相手にせず、国内のインフラや原発施設、公共機関等の同時多発テロで攻撃を仕掛けてくるでしょうね。素人の軍オタの私でも容易に清さんのblogを拝見していれば予想がつきます。
逆名利君、

日本人には想像できない真底エグい彼等がキヨさんのblogをどの日本人よりも謙虚に精査していると想像するとゾッとしますけれどね。

北方領土にロシアにS500をガンガンに配備されてあたふたしている間に自衛隊機、奴等にニヤニヤされながら又FCS照射されるか、尊い命を犬死させられるのでしょうか?

此処まで来ても日本国民が今だに国防が他人事な世の中に、FCS照射に国民総勢で怒りの声を挙げないことが不思議でしょうがない。一人の自衛隊員の尊い命を己のそれと感じ、心から日々の安全な一日に感謝せねばなりませぬ。
三等兵
2019/01/08 06:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
首相官邸、NSCは陸幕を信用していない。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる